« STOP THE SMAP 12月19日 | トップページ | お試しかっ!3時間半SP »

2013年12月23日 (月)

ゴロウ・デラックスSP 12月19日

house番組初の地方ロケ敢行、ツリーハウスを楽しむ
今週は那須の二期倶楽部まで出向いてのロケ。
動き回るので、吾郎も小島さんも服装はツナギ。
吾郎はデニムの細めなツナギに眼鏡無し。
ツナギを着てもエレガント。
細さが際立って、外ロケで容赦ない太陽光に照らされてもお肌は綺麗だし完璧!
ちょうど紅葉が美しく天気にも恵まれた幸運。
二期倶楽部の広い敷地内に建てられたツリーハウスで、著者のツリーハウスクリエーター小林崇さんが出迎える。

book今週の課題図書:ツリーハウスをつくる愉しみ
~ツリーハウスの第一人者である小林崇が20年間に作ったツリーハウスを写真とともに解説。
小林さんが案内してくれたツリーハウスは、子宮をイメージして作られたという茶室としての大人のツリーハウス。
地上3~4メートルの高さだそうで、高いところが苦手な人にとってはちょっと怖そう。
中には小林さん手製のソファがあり、ストーブではマキや松ぼっくりが燃えていて快適なんでしょうね。私は、もう地上から浮いてるってだけでちょっと落ち着かないかも(笑)。

小林さんの世界各地のツリーハウスの紹介の後は、ゴロウさんのプライベートツリーハウス作り!
ツリーハウス発注で出された条件
・鏡張り・ワインセラー・冷暖房完備・花瓶・本棚・ドライヤー完備
・・・というパブリックイメージに沿った注文を。
小林さんが作ってきたスケッチは
らせん状の階段・蜂の巣をイメージしたハウス・外壁には花が咲く・給湯装置が付いた暖炉を利用した床暖房と水を利用した冷房・内壁はワインの樽の木を使用・・・足を組んでワイングラスを傾ける吾郎のイラスト付きの素晴らしいスケッチでした。

restaurant小林さん指導による山田くんのアウトドア料理
・那須の地鶏香草ハーブ焼き
・取れたて野菜のクリームシチュー
・・・来年も頑張りましょうとワインで乾杯wine

dramaSMAPからは二人目、香取慎吾くんがゲストで登場!
ゲストが使う入口を使わず正面の低い壁を乗り越えて入ってきた木村くんに引き続き、吾郎と小島さんよりも先にセットに入って待っている慎吾。
SMAPメンバーは、どうしても普通に入りたくはないらしい(笑)。

ゴロウデラックスの大ファンで、とても出たかったという慎吾。
この番組が始まってからの吾郎は良い方に変わったと言われ、素で喜ぶ吾郎。
至福本に載せた私服を持ってきてもらって、普段のセットに綺麗にディスプレイされたら、いつもと違った雰囲気。
早速慎吾は吾郎の衣装を上から下までチェック。
突然跪きベルトのブランドまで確かめる慎吾(笑)、慌てる吾郎。
シンプルで素敵なブーツは吾郎の私物だそうで、慎吾に「さすが、自分に合うブーツ分かってますね。ここのライン好きでしょ」なんて言われてました。
「吾郎ちゃんの体型や着る服に憧れは常にあります」

展示してあった慎吾のローラースケート靴を見て、すぐにサンローランのものだとわかる吾郎。
実はお店で見て欲しかったけど自分がはいている姿を想像して
「ありえないな!」と思ったそう。
「普通にお店にすました顔して置いてある」という言い方が吾郎らしい。
ここから、サンローランのデザイナー、エディ・スリマンの話を熱く語りだすシンゴロー。
エディ・スリマン好きな慎吾と、イヴ・サンローランの世界が大好きだった吾郎。
吾郎:「こんな話、普段できないもん」
慎吾:「嬉しいです。嬉しいんですけど、今日の僕、いつもとちょっと違うと思う」

book今週の課題図書:服バカ至福本
全部慎吾の私服ではあるけれど、祐真朋樹さんにスタイリングしてもらっているとの事、祐真さんは舞台「ヴィーナス・イン・ファー」で吾郎の宣伝スタイリストもしていらっしゃいました。
自分の私服であってもスタイリストさんによる組み合わせはとても新鮮で楽しかったそうで、撮影しながら本の内容を決めていくのは聞いているだけでも面白そう。

SMAPファンなら知っている「木村くんにもらった財布」とか、吾郎がプレゼントしたけど一回しか被っていない帽子なども披露されました。
ベージュの品があるけど遊び心もあるような素敵な帽子が慎吾っぽい。

【慎吾服バカ伝説】
・1日1回じゃもったいない・・できたら何回も着替えていろいろな服を着たい。
・夢は10mx3本のラック
吾郎:「10mのラックってバレエスタジオくらいだよね」
慎吾:「あ~いいイメージですね」

apple最後に
小島:「今日はどうでしたか」
慎吾:「ちょっと心配ですよね・・・服バカぶりが・・・」
小島:「露呈してましたよね」
吾郎:何かのオタクの人が普通に来た回と一緒だよね
小島:「廃道好きな人とか」
吾郎:「だいたいゴロウデラックスに来るゲストの感じのテンションだよね」
小島:「そうそう、どうかしてるな?って感じ」
慎吾:「でもさすがにSMAPなんで、すっごい抑えてます今日」

ゆっくりと話す慎吾と、早口で立て続けに喋る吾郎と小島さん。
吾郎の例えはいつも素晴らしい。
確かに廃道マニアとか境界線の人とかと同じ風な熱意を持って嬉しそうに服を語る慎吾は、同類(オタク)として見ていて楽しかった。
いつもと違う慎吾が見られたのも良かったし、楽しかった。
もっとお喋りを聞いていたい~といつも思う。
MC二人の話しぶりと、優秀なスタッフさんの編集が素晴らしい。

今年も更に刺激的で面白くなったゴロウデラックス。
来年も遠慮なく突っ走って欲しい。

|

« STOP THE SMAP 12月19日 | トップページ | お試しかっ!3時間半SP »

ゴロウ・デラックス」カテゴリの記事

コメント

サイトーさま

ご無沙汰しております。みなさん年末を迎えお忙しいことと…しかし年末の吾郎さんはもっとお忙しいことでしょうね。こちらはいろいろな吾郎さんに会えてうれしい限りですが。
つなぎの美しい吾郎さん、素敵でしたね。外ロケは本当に外れがない。先日の銀座鳩居堂の回も、何度も見返してしまいます。こんな恰好で美しいとは…
慎吾くんとのまったりした感じもとてもよかったです。初見では、盛り上がりがいまいちだったのかな…と思ったのですが、これがシンゴロの独特のテンションなのかもしれませんね。逆に慎吾くんが無理にテンションを上げてこなかったのが、二人の関係性を少し垣間見られたようでよかったのでしょうか。また何度も見てしまいそうです。
年末の露出を追いかけると、実はそんなに見返す時間はないかも…後でじっくり楽しみにする事にします。

投稿: amam | 2013年12月23日 (月) 19時06分

apple amam
コメントありがとうございます。
何となくせわしない年末ですが、吾郎さんも大活躍で楽しませてもらって幸せです。
ツナギの吾郎さん、スーツ姿よりずっと華奢に見えて驚きました。こんなに細かったのね~と。
ツナギ=貴族の遊び着に見えてしまう不思議(笑)。

>逆に慎吾くんが無理にテンションを上げてこなかったのが、二人の関係性を少し垣間見られたようでよかったのでしょうか。
・・・確かに、そうですね。SMAPでいる時は二人とも周りの空気を読むながら場を盛り上げていくタイプなので、何となくそういう気遣いをせずに素のような会話が面白かったです。
普段は離れていても、たまに会うと趣味などがぴったりなので意気投合してしまう従兄弟みたいな感じがしました。

さきほど知ったのですが、年明けも「ほこたて」だけでなく、めちゃイケ、笑っていいともなど、楽しみがてんこ盛りのようで嬉しいです。

投稿: サイトー | 2013年12月25日 (水) 15時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« STOP THE SMAP 12月19日 | トップページ | お試しかっ!3時間半SP »