« 福家警部補の挨拶 第3話 | トップページ | ゴロウ・デラックス 1月30日 »

2014年1月31日 (金)

STOP THE SMAP 1月30日

loveletter肉まん、カレーまん、塩キャラメルまん、吾郎さんは中華まんの中でどれが一番好きですか?
塩キャラメルまんなんてあるんですね。ピザまんとか良く聞きますよね。あと豚の角煮が入っていたりとか、いろいろありますけど、シンプルな肉まんが一番好きかなぁ。あんまんはあんまり好きではないですね、甘いものがあんまり好きではないので、子供の頃からどっちかって言うと肉まん派だったりとか~気がしますけれども。

【SMAPな時間】
今週は今年放送されたテレビの感想がたくさん届いているので、たっぷりとご紹介します。
loveletter先日、吾郎さんが出演していた「ホンマでっかTV」を見ました。いろいろな診断や質問を通して吾郎さんの素を見る事が出来て、とても嬉しかったです。イケメンがやるしぐさのコーナーではマフラーをカウボーイ風に巻いたり、満員のエレベーターで彼女を守るシーンを実演されていましたね。特にエレベーターの時は、見ていた吾郎さんファンのみんなはドキドキが止まらなかったと思います。その時の心境やエピソードがあれば教えてください。
そうですね、お正月結構いろいろ番組出た中で、「ホンマでっかTV」出てましたけどホントにこの番組はさんまさん色が強いというかさんまさんの番組ですからね、僕らゲストも楽しませてくれてさんまさんワールドに引っ張ってってくれるような感じだったんですけど。
このイケメンの仕草のコーナーは、僕結構こういうの苦手なんですけどね。
何かこういうのを本気に真面目にやっちゃうのが恥ずかしいと思っちゃうんでね、ちょっとコントチックにふざけてしまったりとか。三浦春馬くんとか真剣にやってましたけど、若いうちは真剣にできると思うんですけど、何かちょっとこっぱずかしいというか、スマスマなんかでもよくありますけどね、あんまりこういう実演シーン、よ~いスタート、はいカット!みたいなの、ああいうくだりだと真面目な顔してできないですね、僕の場合。

こればっかりはドラマとか映画とか舞台のお芝居とは全く違うんでね、バラエティの中の、申し訳ないんですけど茶番劇みたいなものですからね。
真剣にはできないんで(ニヤニヤ声w)、恥ずかしいなと思いながらやってたというのが本音ですけどね。

penドラマ・映画・舞台なら何でも大丈夫なのに、役が無いと恥ずかしくなっちゃう吾郎が大好き。恥ずかしくてちょっとコントチックにすれば面白いからみんなが楽しめる。
全然問題な~い♪です。

loveletter1月1日に放送された「YOUコントしちゃいなよ」すごく面白かったです。後輩の子達との共演エピソードがあったら教えてください。吾郎さんのナレーション、凄く良かったです。本家の東山さんのようでした。本家のドキュメンタリーは見られた事がありますか?
本家っておかしいですね、あ、本物の東山さんがやられているドキュメンタリー風にやったコントという事ですものね。そうですね、この番組すごく面白かったですね。僕も紅白終わって12月1日から1日になって家帰ってきて、その日はホント紅白終わってから真っ直ぐに家に帰ったんですけどね、CDTVに出てたからあれは生じゃなかったのかという突っ込みもあるとは思いますけど、その辺はご想像にお任せしますという事で、「YOUコントしちゃいなよ」に関しては実際にオンエアを見たんですけど、すごい面白かったですね。
キスマイの子たちがああいうコントやって、しかもコントも少しねゴールデンではあまりやらないようなシュールなというか少しとがったコントでしたよね。
香取くんが結構いろいろと企画したりしてやったんだと思うんですが、凄く面白かったです、オンエア見て。
で、僕のナレーションは凄く真面目にやったというか、真面目にやればやるほどこういうのものは面白いんでね、でもナレーションを入れながら笑いが止まらないんですよね。面白くってね。
結構この番組また続編があるんじゃないかなって思わせますよね、非常に面白かったです。また声をかけてもらいたいななんて思ってます。

loveletterスマスマ新春スペシャル、楽しませてもらいました。宝塚の方々との共演素晴らしかったです。宝塚の男役の方は本当にかっこいいですね。そしてメンバーそれぞれが咄嗟にキャラ設定して個性豊かに演じる姿が魅力的でした。吾郎さんの立ち姿もみだれ髪も後姿も美しく雰囲気があって良かったです。踊りもいつもの感じと違って難しかったのではないでしょうか。宝塚の方々、いかがでしたか?
スマスマの新春スペシャル、宝塚との共演面白かったですよ。なかなか普段近くでお会いしたりとか、僕らにとっては実態のない雲の上の存在というか、実際にいるのかいないのか分からないような、何かそういう存在じゃないですか、宝塚の方々って。
ああいう身近な距離で共演させてもらってフレンドリーにさせてもらったというのは、面白かったんですけれども。
宝塚といえば、ミュージカル「恋と音楽」で真飛聖さんと共演させて頂いて、その時にファンの方に真飛さんのDVDとか宝塚時代の映像とかそういったものを頂いて、結構それから僕も宝塚にプチ嵌りしたというか、実際に観に行くまではいってなかったんですけどね、CDを聞かせてもらったりとか結構楽しませてもらってたので、その話とかしたら凄く宝塚の方々が喜んでくださって~そんなエピソードもあったんですけど。
面白かったですね。
今年は是非舞台の方も観に行きたいと思っています。

pen共演の方にこういうプレゼントの仕方もあるのですね。目からうろこです。
引き続きテレビの感想、そして新コーナー「お宝スマグッズ」、ドラマで付けている腕時計については「続きを読む」からどうぞ。

loveletter元旦の「ホンマでっかTV」で、吾郎さんの豚の絵、受けました。前に中居くんがいいともで干支の午の絵を描いていましたが、それも笑えました。吾郎さんの豚と争えるくらいの凄い午でした。二人でお絵かき発表して欲しいです。リクエストはハローお願いします。

musicハロー

【SMAPな時間】引き続きまだまだTVの感想
loveletter「笑っていいとも」のテレフォンショッキング、番組終了までにまたいいともに出演させて頂きたいと言っていた吾郎さんがいざ新年一発目に出演されると知り喜んでいたところ、途中から流れがパンツの話になってしまったのには笑いました。ストラップ獲得の新記録更新とならなかったのは残念でしたが、吾郎さんのお正月や私生活の事からメンバーの話題まで丸ごとつまった内容の濃いトークで見ていて本当に楽しかったです。
ありがとうございます。
逆に「笑っていいとも」、いつも出た後反省しちゃうんですよね。何か生でちゃんと面白い話というか、ちゃんと大丈夫だったのかなぁといつも反省しちゃうんですよ。結構緊張するっているのもあるんですけどね。
やっぱりスタジオアルタの空間でお客さんが近くてね、生放送で、やっぱり「笑っていいとも」ってみんな見てるってイメージありますし、いまだに特にテレフォンの出演に関しては緊張しますね。緊張してるようには見えないっていつも言われるんですけれども。
生 放送は緊張しますね。基本的にはタモリさんリードというかタモリさんに委ねて、テレフォンですから自分から話を展開していくっていう事ではないので、任せ てはいるんですが、いろんな話になり過ぎちゃって、一つ密度の濃い話をワンテーマで話した方が良かったのかなと思いながらも、そんな事を考えながらも話題 がどんどん変わっていったので、何かちょっと面白くなかったかな大丈夫だったかなと反省しながら、新年一発目のお仕事終えたんですけどね。でもこう言って いただけて内容の濃いトークだと言われると嬉しいですね。
「笑っていいとも」ってテレフォンで一つのテーマで長くねタモリさんとゲストの方が盛り上がる場合といろんな話題がつまっていく場合と二通りありますよね。
そういった意味では少し心配性の僕としては大丈夫だったのかなと~
あと案外コマーシャル中の方が話が盛り上がったりとか面白い話が出たりするんですよね。
でもホントに「いいとも」終わってしまいますからね。最後に「テレフォンショッキング」というコーナーに出れて凄い良かったなと思ってますね。

penファンの間でも「吾郎は何も考えていない」とか言われる事がありますが、本当はこんなに真面目なんですよね。
まだ緊張するって。これはいろいろ考えるから緊張するのであって、仕事をその時間を大切に思うからこそ緊張するのだと思うし大事な事だと思います。
進行はタモリさんに任せつつ面白い話題を探して話を膨らませる、そして放送終了後には一人反省会~陰で努力するタイプcat

loveletter「福家警部補の挨拶」とても面白かったです。福家の変人ぶりと檀さんの本来のキュートさが絶妙で、鑑識役の柄本時生さんは画面にいるだけで面白いです。そして 吾郎さん演じる石松警部、かっこいい最高です。クールなのに警部の呼び名にこだわるところなど細かい所でクスッと笑ってしまいます。キーポイントになる小 物や伏線がきっちりと回収されていて、とても真面目に作られているミステリーだと感じられました。役作りで吾郎さんが案を出された事などありましたら教え てください。
ありがとうございます。こちらももう何話か進んではいるんですけれど、好評で皆さん面白 いって言って頂けるんですけど、僕の役っていうのは、今回もやっぱり主人公とちょっと火花バチバチ散らすみたいな役なんですけれども、最近多いですよね連 続ドラマで主人公と睨み合うみたいな主人公の目の敵みたいな役が多いんですけどね。
今回は目の敵というほどでもないんですけどね、檀れいさんにとっての福家警部補にとってのちょっと目の上のたん瘤みたいな存在の役がらなんですけれども。
役 作りでは~まずしっかり福家警部補の上司に見えるようにね、その世界にいて見てる人にとって違和感無いようにちゃんと役作りしてやりたいなと思っている事 と、福家警部補も僕のやる石松警部もプライベートも明かされていないし謎の多い役なので、あまり本性が見え隠れしないように、おっしゃる通りミステリアス に演じたいなと思ってます。
あとは限りなく自然体で力を抜いて演じる事が、今回の僕の役のイメージですね。
無理に嫌なヤツとか、無理にクールにするとか無理にミステリアスにするとかいうよりも力(ちから)フッと抜けた中で、ちょっと不気味な感じが出せれば面白いかなと、いろいろ頑張って演じておりますけれども。
ホント、楽しいですね。
毎回毎回一話ごとに犯人役のゲストが変わっていくので、毎回違うドラマというか違う現場というか違う作品になっていく感じがして、やってても凄い楽しいです し、最後まで毎週火曜日夜9時からキチッと皆さんに観ていただきたいなと、また僕の役についてもいろいろと意見を聞かせてもらいたいなと思っておりますの で、今後楽しみにしていてください。

【お宝スマグッズ】
コンサート会場などでこんなグッズがあったら欲しいというアイディアを募集するお宝スマグッズです。
確かに募集していましたよね。
こんな事勝手にやっていいんでしょうかね(笑)。でも意見はみなさんから頂きたいですし、僕がスタッフの方にちゃんと伝えれば実現するっていう、ここで話が盛り上がってるのに実現しなかったらおかしいですよね。
(お便りは省略)

*フリクションボールペン(メンバーカラーの5色ペン)
*エプロン
*カレンダー(2年に一度のコンサートだったら2年分)
*目覚まし時計(メンバーの声で起こしてくれる)
*チケットホルダー(チケットの半券を入れておく)
*メンバーのCM商品を売っている出店

5色ペンいいですね、これ採用じゃないですか。これちゃんと伝えますよ、偉い人に。
エプロンあったような気がするけど(スタッフの方からSMAPショップで売っていたという報告)
僕はあまり料理する時エプロンとかしないんでね、でも可愛いのあったら結構自炊派なのでエプロンをしながらウキウキで家事をしたいなと思っております。
コンサートのチケットの半券を入れるホルダー、いいですね、こんなのグッズじゃなくてプレゼントで、チケット買ったら付いてくるくらいの勢いにして欲しいですね。
チケットホルダー、確かに楽しかったコンサートのチケットの半券とっておくもんね。
ちょっとこれはね、僕報告しますよ、ちゃんと。
実現できたらいいですよね。これ実現したら皆さんのおかげですからね。自慢していいですよ。
ボールペンやエプロンやカレンダー、目覚まし時計、チケットホルダー・・・いいかもしれない。ちょっとコンサート楽しみにしていてください。

musicDear Woman

【五六二三】
loveletterドラマ「福家警部補の挨拶」で石松警部が付けている時計が、去年のドラマ「TAKE FIVE」の岩月さんが付けている時計フルボ・デザインのF5022と同じ時計に見えたのですが、同じですか?もし同じ時計でしたら、それは吾郎さんの私物なんですか?
同じじゃないですよ、多分。え~~っ、フルボ・デザインのF5022って品番ですよね、商品名ですよね、岩月さんがしていた時計がこれだっていう事も、僕知らなかったです。
結構シンプルな時計を岩月さんしてたと思うんですけどね。あんまり時計は映らなかったと思うんですけど、でも何かチームTAKE FIVEで作戦をする時に時計を見たりしますからね、盗みを働く時にね、そういう時に時計が映ったのかもしれないですしね。
いや~間違いなく石松警部が付けてる時計とは違うと思うんですけどね。
もしかしたら同じなのかもしれないですね。この方だけじゃないそうです。
石松警部は案外ごっつい時計をしているんですよね。でもね、間違いなく違いますね。
石 松警部の時計は外しにくいんですよね。ベルトが分からないタイプっていうか、真ん中に鉄(金属?)が付いてて、輪が切れないタイプってあるじゃないです か、革なんだけどカチャってはめるみたいな、そういうタイプで結構薄い時計なんで・・・でも石松警部はコート着てる事が多いんであまり映らないと思うんで すけど、これ発見した方が何人かいるってこれ半端ないですね。自分自身も気がついていなかったんだから。もしかして同じ時計だったら笑えますね。
これ、ちゃんと調べてみますね。

musicシャレオツ

pen今週は特にたっぷりと語ってくれました。しかも早口でsign01
意外に真面目だったり、やっぱり恥ずかしがりやだったり、素もうかがえて楽しかった。
石松警部の役作りについての吾郎の考えもとても良かったし、袖口からチラリと見えるだけの時計についてのファンの熱心な関心に驚く吾郎も面白かったです(笑)。
そうです、ファンってそういうものなのです。
写真集もあきらめないわよheart要望出し続けます(毎週のお約束)

house番組HP
稲垣吾郎のSTOP THE SMAP

mailtoお便りの宛先
〒105-8002 文化放送「稲垣吾郎のSTOP THE SMAP」
メールアドレス smap@joqr.net

|

« 福家警部補の挨拶 第3話 | トップページ | ゴロウ・デラックス 1月30日 »

吾郎ラジオ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 福家警部補の挨拶 第3話 | トップページ | ゴロウ・デラックス 1月30日 »