« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »

2014年2月

2014年2月27日 (木)

STOP THE SMAP 2月27日

loveletter芸能人のお友達で、芸名ではなく本名または愛称で呼んでいる方はいらっしゃいますか?どんな風に使い分けているのかな~とか、どんなきっかけで本名や愛称で呼ぶようになるのかなといろいろ不思議に思います。そんな方がいらしたらお話してください。
そうですね、芸能人のお友達はあまりいないんですけどね、どうかな~みんなが呼んでいる呼び方なんでしょうね。ただ僕、堀越に通っていまして堀越学園、高校生の頃に芸能コースに通ってて、その時に深津絵里さん、女優の深津さんも同じ学年で同級生だったんですね、それで昔ドラマで二十歳くらいの時に共演した時に、やはり同級生だから普通に「ふかつ~」って呼んでたんですけど、今はとても「深津」とは呼び捨てできません。
多分、深津さんと言うでしょうね。ふかっちゃんとかも呼ばれていますよね。「ふかつ」とか呼び捨てにできる感じではないですね。まあまあ、あの~高校生の時の話ですからね。

pen吾郎の好きなところの一つとして、プライベートと仕事をきちんと分けている所があります。番組で一緒になっても、聞かれたり相手の方に言われたりしない限り、知り合いだったり親しかったりを言わないでいるところ。
大人になったから「ふかつ」と呼び捨てにできないのは、いかにも吾郎らしいと思いました。

loveletter52枚目のシングル”Yes, we are"発売決定おめでとうございます。ずっと未発売だった”Yes, we are"をついに聞く事ができるのが本当に嬉しいです。新曲の「ここから」も日本橋とのコラボレーションという事で今からとても楽しみです。
そうですね、ようやくというか・・52枚目、凄い事ですよね。ホントにありがたい事なんですけど、まああの”Yes, we are"という曲はニュース番組のテーマソングにもなっていて何となく覚えてきてる方もいらっしゃる慣れてきてる方もいらっしゃるとも思うんですけれども、ちゃんと僕らが歌ってるフルコーラスというのを聞いている人はまだいないと思うので、ようやく発売という感じで、僕も凄く好きな曲なんでようやくという感じなんですね。
こんなに温めたシングルってSMAP史上初めてなんじゃないでしょうかね。
もう1曲の「ここから」というのもね、日本橋とのコラボレーションで何か凄い嬉しいですよね、そういった事に貢献できるっていうのが、僕らもありがたく思っていますし。
結構可愛らしい曲ですね、こっちは。
2曲とも今からパフォーマンスで皆さんの前で披露するのを楽しみにしています。
4月9日に発売になります。楽しみにしててください。

musicシャレオツ

【メンバーとの時間】
loveletterいいとものコーナーで草彅剛くんの作品が優秀作品に選ばれました。「涙とは泣いた分だけ優しくなれる幸せへの種」。素敵だなと思ったら「実は楽屋が一緒だった吾郎さんが5秒で答えてくれたんだ」と言ったのでビックリしました。吾郎さん、この時の草なぎくんとのやり取り覚えていますか?
はい、覚えてますよ。「いいとも」観てましたし、この日。
「何か涙に関しての言葉ないかなぁ」と相談されて。
でもこれ間違ってるんですよ、実は。
「涙とは泣いた分だけ優しくなれる」ではなくて「涙とは蒔いた分だけ優しくなれる幸せの種」。涙を「蒔いた」にひっかけたんですね、種ですから。
この人、何間違ってるのかなと思いながら昼間、僕番組見てたんですけどね。僕が何か間違えちゃったみたいじゃないですかね(笑)。泣いた分だけ優しくなれるって普通じゃないですか、言葉として。
幸せへの種という「種」に引っ掛けて「種を蒔く」という意味で「蒔いた」って言ったんですけどね(笑)間違って解釈してたみたいで。それを後から僕が言うのも変だなと思ってたので、こういうお葉書があって初めて言ったんですけど。草なぎ君にも言ってないんですけれども、「いいとも」見てましたね、その時。
ちょっと自分の名前が出て嬉しかったんですけれども。
大賞は取れなかったですね。落選しなくて良かったなと思いました。
それからまだ次のリクエストがないんですけどね

結構、こういうの考えるの好きなんでね、何かまた相談されたいなと思っているんですけど。

pen剛くんと慎吾に対してはいつもちょっと兄貴ぶっている吾郎(笑)。
でも、こんなエピソードがあったんですね。
吾郎の言葉の使い方とか表現の仕方が大好きなんですけど、こういうの考えるのが好きなんですね。
やっぱり写真集ですよ。吾郎の写真と、吾郎が撮った写真、それにこういう言葉遊びみたいな文章を付けた1冊。いかがでしょうか(毎週のお約束)

3Dフィギュア、俺のイタリアン、お宝スマグッズ、エルーカシャンプー、そしてびっくりしたプレゼントについては「続きを読む」からどうぞ。

続きを読む "STOP THE SMAP 2月27日"

| | コメント (2)

2014年2月26日 (水)

映画「笑の大学」

目黒シネマで28日まで上映中sign01
・・・という事で観てきました。
確か、公開当時も終わりの方にここで上映されていて観に行ったような記憶があります。
休憩時間にSMAPの曲を流してくれたような~違いましたっけ。
上映中と次回上映分の作品についてのプリントや、映画館・上映作品についてのアンケート用紙も配られ、映画への愛が伝わってくる映画館です。

久しぶりに大きなスクリーンで観る「笑の大学」。
公開当時も何回も何回も観ました。
みんなで一緒に声を出して笑うのが楽しかったのを思い出してどうしてもまた行きたくなったのです。
いくら家庭のTVが良くなったとはいえ、やはり大きなスクリーンで観る映画は格別。

久しぶりに観たら、吾郎のくるくる変わるいろいろな表情に椿一のこの先の運命を重ねてしまって、途中から涙が出て困りました。
まだまだ笑う所なのに。
役所さんと吾郎が向かい合って立った姿がとっても綺麗。
こんなにたっぷりとお芝居を堪能できる映画に出会える事ってなかなかないでしょう。
そういう意味では、数こそ少ないけれど吾郎は素敵な作品に出会えていますよね。
役所さんとの対決、「笑の大学」と「十三人の刺客」・・・アンケート用紙にはこの2本立てをリクエストしてきました。

吾郎が全く正反対の人物を演じたこの2作品を、是非もっと多くの方に観て欲しいと思います。

映画を観終わった後は、久しぶりに目黒川沿いに池尻大橋まで歩きました。
来月、桜の頃にまた歩きに来ようcherryblossom

| | コメント (0)

福家警部補の挨拶 第7話

第7話 オッカムの剃刀 前編

「オッカムの剃刀」は以前NHKでも「福家警部補の挨拶」単発ドラマで使われたそうで、このシリーズでは目玉だったのでしょうか。
ゲストの犯人役は古谷一行さん。
金田一対決sign02なんて一瞬喜んでみたけれど、犯人と対峙するのは福家さんですものね。
古谷一行さん、大学教授よく似合ってます。
最近の歳を重ねた古谷さんを見ると、亡くなった父を思い出す。
若い頃は全く似てるなんて思わなかったのに。

今週はとうとう石松警部が激怒sign03
そりゃ、いつも所在不明、連絡無し、情報は独り占め、報告書もなかなか書かない・・・前回だって、犯人が自供した時にすぐ石松警部に連絡していたら、上司の前で赤っ恥かかないで済んだのに。
変 わり者でもわがままでも、どこか面白味があったりスキがあったりすれば愛着もわくのですが、だんさんは真面目なのかなぁ。「笑っていいとも」でもお稽古が 大好きっておっしゃってましたものね。そういう演出なのかもしれないけれど、何か可愛げがないというか正論すぎるというか・・・ちょっと犯人側に同情した くなってしまう。
元々しつこい人嫌いなので、古畑も別にそれほど好きではないんだけど、なんだろうこの気持ち。勿体ないと思ってしまうのです、私はね。
美人は美人さんで見たいです。
檀さんとは、他のドラマで観たかったな。夫婦でも不倫相手でも(笑)。

私的今回の目玉は、石松警部が怒る・怒る・怒る!!
髪の毛振り乱して怒り狂う吾郎がとってもセクシーで素敵heart
改めて、いい声だなぁとうっとり。
警部があれだけ怒るのは尤もなんですが、それでも石松警部がただの威張り屋の印象だけを植え付けないで、仕事がちゃんとできるところも最終回までに描いて欲しいものです。

| | コメント (0)

SMAPXSMAP 2月24日

restaurantビストロゲストはE-girlsから20名の女の子
「心療中」に出てきた須田アンナちゃんが可愛くて好きだったので、どんなかな~とは思っていましたが、スタジオトークから察するに日頃も厳しい規則などがあるためか、楽しいビストロでした。
最近のビストロでは吾郎が張り切って自らオチ役に徹してくれているのも嬉しいやら出しゃばるなと叩かれるのではないかと心配やらで実は見ていてちょっと複雑だったりします。
でも結局いつも、後ろからそっとメンバーからの押しがあったりするんですよね。
今回も腰フリダンスの時、剛くんがソッと。
そういえば自撮りもそうだったか(笑)。
おかげで素敵な永久保存版の写真が撮れたので~みなさんありがとうございますsign03

ビストロって勝敗の理由の言い方で、その人の気遣いとか言葉選びの上手さが分かったりする。よほど親しい仲だったら好きに貶しても面白いけれど、私は結構そこでゲストの方の印象が決まったりします。
そういう点でも今週はE-girlsの判定の理由も、それに返した慎吾=メンディーもとっても楽しいビストロでした。

musicSMAPXどぶろっく 「もしかしてだけど」
何かすごくかっこいいロックになってたsign03
私、ロックを歌う吾郎の声がとっても好きなんです。
そろそろライブのソロ、ロックとか歌ってくれないかなぁ。
または木村くんと二人でロックbomb
最後吐息に変わる「木村に抱かれたいheart04」も最高だった。

| | コメント (0)

2014年2月24日 (月)

ゴロウ・デラックス 2月20日

前室のような所で、吾郎と小島さんのわざとらしい(笑)小芝居。
「今日楽屋にさ、弁当が置いて無かったね」
何か吾郎から「お弁当」ではなく「弁当」とか男っぽい言い方を聞くとドッキリする。
それにしても、椅子に座っている吾郎の脚が細くて長い事sign01
何回、見ても驚いてしまう、同じ人間として。
わざとらしくwwAD山田くんがやってきて、
「何か変な人が料理作ってます」
「だから弁当なかったんだ!」

book今週の課題図書:ロバート馬場ちゃんの毎日毎日おいしい本

スタジオのキッチンに家から持ってきた調理器具で料理をする今週のゲスト、料理人としての馬場ちゃん。

restaurantお品書き
自家製ぬか漬け
北九州の郷土料理
料理を始めるきっかけとなった一品
今田耕司さん大絶賛の鍋

食前酒として芋焼酎で漬け込んだ4年物の梅酒、美味しそう!
自家製ぬか漬けは浅田美代子さんから頂いた50年物の糠床から。
福岡の郷土料理はイワシのぬか炊き、ぬか床のぬかを使ってイワシを煮込む。
料理を始めるきっかけとなったのはイカの塩辛。
お金がなかった頃、ほんの少ししか出てこない居酒屋さんのイカの塩辛をたっぷり食べたくて自分で作ったのがきっかけだそうです。
鍋は水炊き。寸胴鍋で野菜と名古屋コーチンを煮込んでスープ作り。
これもとっても美味しそう。今度作ろう!

名言多発のゴロウデラックスですが、何だか今回は小島さんも吾郎も
「美味しい!」「なにこれ、おいしい!なにこれ!!」ばかりでしたが(笑)、とっても美味しいのが伝わってきました。

吾郎の食べ方が上品なのがいい。
(すみません、お箸の持ち方は気にならないタイプです)
何もガツガツと食べなくても、美味しさは伝わるのです。
時々、サッとおしぼりで口元を拭いているところが見られるのも嬉しい。

present最後にお土産まで。
何と手製のアロマスプレー。
もう小島さんも吾郎もビックリして笑うしかないみたい。
リサーチして、それぞれ好きな香りを作ったとか。
吾郎はラベンダー
小島さんはベルガモット・・・山田くんのは何だったんだろう。
貰ってすぐ手首にスプレーして、両手でゴシゴシする所が結構男っぽくて見入ってしまいました。
いいな小島さん、吾郎の手首のオイルの匂い、嗅がせてもらって。

| | コメント (2)

2014年2月21日 (金)

STOP THE SMAP 2月20日

loveletter吾郎さんは名前を知らない猫を呼ぶ時何と声をかけますか?私はニャーさんとかニャンさんと呼んでいます。ちなみに犬はワンさんです。ずっと前からそう呼んでいたのですが、友人の子供に「にゃあさんだって」と笑われました。私の母は「猫、猫、ネコ、ねこ」と呼びかけます。
知らない猫に呼びかけないですよね。「にゃ~にゃ~」って自分が猫のふりしたりするかもしれないですね。名前がないからなんとかさんとか言えないんでね。ワンちゃんだったら「ワ・ワン」とか、そういった感じはあるんでしょうね。この方のお葉書、名前をまだ読んでいませんでしたね。茨城県にお住いのA子さんでしたね、失礼しました。

【SMAPな時間】
loveletter「福家警部補の挨拶」吾郎さん演じる警部の名が原作と同じとはいえ、石松和夫というのが本当に吾郎さんには似合わないです。ファンの間ではいつもドラマが始まるとキャラ名を愛おしさをこめて呼んでしまいますが、今回は警部様としか出てこないです。ちなみにTAKE FIVEでは岩月、心療中では天間先生、ハングリーでは麻生様です。ドラマが始まる前に吾郎さんが「いいとも」で刑事役が多いと言っていたので数えてみました。結果としては会社員がダントツ多いです。公務員、実業家を含めて。続いて医者と刑事でした。それよりも吾郎さんはいろんな職業を演じているところが特筆すべき事かと。放送作家にヘアデザイナー、ピアニストに弁護士にソムリエ、そして探偵は金田一と明智、一番凄いのは陰陽師でしょう。役者はいろんな職業になれて楽しいですね。今後、どんな職業になってくれるか楽しみです。吾郎さん自身、何か演じてみたい職業ありますか?
そうですね、名前ね、石松和夫って確かに。しかも和夫ってたぶん最終回までに出てこないですから。一応つけるんですね。最終回までに、岩月櫂だって出ないですもん。でもそういうもんですね、下の名前ってなかなか~まあ作品によってですが~出てこないですね。でも一応つけますもんね、人間を演じるにあたって台本にね。でもつかない時もあるんですね、意外と。和夫って思ってないですね、確かに。
石松警部~でも固い感じで今回の役に合っていると思うんですよね。僕っぽくはないですけど、檀さん演じる福家警部補より年上の設定なので、設定的に43とかなんで、何となく石松って名前がしっくりきてるんですけど。
確かにいろんな職業やりますよね。確かに陰陽師が一番凄いですね。
探偵とか多いですね、専門職が多いですね。何かに突出した才能を持っている人間を演じる事が多いですね。不思議ですね。平凡なサラリーマンとか意外と無いですね。
これからもいろんな役を演じてみたいですし、逆に平凡な役っていうのも面白そうですよね。
何か普通の会社員で普通のお父さんとかね。いろいろとイメージ沸きますよ。
それもやっぱり自分で決められる事ではないんでね、自分が作り手というか、作品を作る人間にヒットしていかなければいけないですからね、そういうためにも日頃から自分を磨くことが大切なんじゃないかなと思いますね。

loveletter今年はシェイクスピア生誕450年だそうです。「夜曲」から、今年で18年舞台を続けてきた吾郎さん、そろそろシェイクスピアなど古典も観たいです。いつも舞台楽しみにしています。
懐かしいですよね、「夜曲」やってましたよね。17年くらい前になりますよね、初舞台で。
文化放送のラジオの時に「夜曲Special」と題して稽古場の外から収録した記憶がありますね。覚えてますよ、まだSMAPみんなでやってる頃に。
「夜曲スペシャルお届けしています」
内容は夜曲と全然関係ないんですけど。たまたま僕の番が回ってきてそういうタイトルつけたんですけどね。あの時、稽古場の外の車の中で収録したんですよね、しかも。
「夜曲」って舞台も凄く好きでしたね、僕は。放火魔の役ですよ、放火魔。
シェイクスピア、確かにやってみたいですね。
舞台だったらいろんな可能性がありますものね。
映像作品でシェイクスピアやりたいって言ってもなかなか日本人難しいですからね。
そういった意味では舞台なら本当に可能なんで。
興味ありますけれども。

penこれ、私が出したハガキです。
吾郎さんの舞台大好きなので、今年は何かなぁなんて思いながら書きましたが、「夜曲」の時の思い出も聞けて嬉しかったです。

木村くんの髪型についての熱い語り、中居くんの結婚(笑)、イケテルSMAP、お宝スマグッズについては「続きを読む」からどうぞ。

続きを読む "STOP THE SMAP 2月20日"

| | コメント (3)

2014年2月19日 (水)

福家警部補の挨拶 第6話

 第6話 愛情のシナリオ

ゲスト犯人役の若村麻由美さんが良かった~これに尽きる感じがします。
強がりの中に悲しさを押し隠してしまう役に似合う事!!
今回は、最後にバッサリ終わるやり方をせずに若村さんにたっぷり演じてもらった感じ。
金田一耕助シリーズ「八墓村」でのラストの金田一と美也子の対峙のシーンを思い出しました。あれは素晴らしかった。

今回、石松警部が仕事すらできない男のようになっていて、それがとっても残念でした。
ただ、次回予告で激昂する警部が素敵で、ここばかり繰り返してしまったことを白状。
怒りに任せて早口でまくしたてる台詞も素晴らしくて、これは舞台を続けてきたからの成果ですよね。
いよいよ石松警部の内面も少し描かれるのかしら。
次回のゲストは古谷一行さん、前後編に分かれて2週連続だそうですので、少しは石松警部に割く時間もあるのかしら。
「オッカムの剃刀」楽しみです。

「福家警部補の挨拶」、犯人役ゲストのキャスティングがとても好みです。
吾郎も犯人役で観たかったな。

| | コメント (0)

SMAPXSMAP 2月17日

drama小田和正「たしかなこと」
SMAP X CHRIS HART スペシャルコラボ

吾郎の歌いだしの声が、本当に美しくて。
しかも、吾郎のななめ横顔がとってもキレイで、高いスツールに座った脚が真っ直ぐ長くて・・・
極上の時でした。
吾郎のソロが歌に合っていて凄く良くて、次に歌った木村くんもとっても良かったので、この曲を全部木村くんと吾郎で聴きたいと思いました。
今年は久しぶりに、二人で歌って欲しいな。

とりあえず、これだけ記録しておきます。

| | コメント (2)

2014年2月16日 (日)

ゴロウ・デラックス 2月13日

先週に引き続きピンクのワンピースで登場した小島さんに
「いいですね。かまぼこみたいで・・・(笑)」と吾郎さん。
こういう吾郎のちょっとした例えが大好き。

今週のゲストはホリエモンこと堀江貴文さん。
本をどうしても売りたいので何でも聞いてくださいとのこと。
吾郎:「(タブーとか聞いちゃいけない事)僕はいっぱいありますよ」

book今週の課題図書「ゼロ」
ゼロになって、自分を見つめ直して書いた本。
きらびやかな生活から塀の向こうへ~そこで反省して分かったことの一つは、「間違った自己分析」だったそう。
大学でも女性と口もきけなかった位の「引きこもりのモテない中二病の自分」というマインドのまま、成功して有名になってしまったため、世間の人が自分にもった印象とズレがあったのに気が付かなかった。
それで、自分の演出の仕方を間違えてしまった結果が「傲慢なホリエモン」だったのかな。
小島さんが攻める攻める・・・
小島:「高いTシャツ着てんだろうけど、高さが伝わってねぇよ!ってなっちゃうのよね」(笑)
堀江:(ここまで言っちゃうかと少しビックリした感じで?)分かりますよ」

女性に対する考え方、何故逮捕されてしまったか、収監される時モヒカンにしたのはどうして?など、話題は多方面にわたる。

「僕みたいに有名にならなきゃ捕まらないと思いますよ」
と言ってしまうのは堀江さんらしいのかもしれないけれど、
何故、わざわざその日にモヒカンにしたのか、世間に対する印象が悪くなってしまうのに~とどうしても理解できない小島さんと、「たぶん、その場のノリですよ」と理解してしまう吾郎。すぐに「ノリです!」と吾郎の助け舟に乗っかった堀江さん。
これは男性と女性の違いだけでなく、吾郎にもそういう計算をしない部分があるような気がすると思いましたがどうでしょうか。

1
年9か月の獄中生活は
高齢受刑者と障害者の方の介護と刑務作業の毎日。
獄中で作った「起き上がり小法師」「きのこキャップ」「くだものネット」・・・スタジオで実物を使って説明、これが結構面白かった。

獄中で考えた事「早く仕事をしたい。仕事をするという事は社会と繋がる事」。
堀江:「仕事って楽しくないですか?」
吾郎:「楽しい時と。つまらない時もありますよ。全部が全部楽しくないんで、僕は楽しくしたいなとこれ(「ゼロ」)読んで思いましたね」
・・・ああ、吾郎の正直者。
でも思わず「楽しくない仕事」って何だろうなんて考えてしまいましたわ。

人生において、何でもスタンプを押していきたいという堀江さんに
「僕もスタンプを押してきました」
と、山田くんの消しゴムはんこ作品。
筋トレをしている堀江さんを正面から見た図柄、文字は「筋トレなう」
今週も素晴らしい消しゴムはんこでした。

”ホリエモン”の印象がまた少し変わったゴロウデラックス。
どんなゲストに対してもフラットに接する吾郎さんのおかげで、こちらもリセットした状態で番組を見る事ができるのが嬉しい。
一つ一つ違う世界が覗けるのが、ゴロウデラックスの楽しみの一つです。

| | コメント (0)

2014年2月14日 (金)

STOP THE SMAP 2月13日

loveletter先日職場でおでんの話になりました。我が家のおでんにはジャガイモ、ちくわぶ、お餅のきんちゃくが定番で入ります。ジャガイモ?何で?おでんでしょ、って言われたり、ちくわぶなんてとおっしゃる方もいます。吾郎さんならではのおでんに欠かせないものって何ですか?私が好きな味は滲みた大根と餃子巻です。
そうですね、まあ何でもおでんには別に入れていいんですよ。やっぱりこう安上がりでみんなが楽しめるものなのでね。決まりは別に無いんじゃないかな。ただ入れるものによってスープの味が変わり過ぎたりしちゃうかな。揚げ物とか多いとねやたら浮いてきちゃうとか。
玉ねぎとか美味しいですね。タモリさんがやるんですよね、玉ねぎをおでんに入れて。
あと牛すじとかね、この季節には欠かせないものではありますね。
ネタによってはカロリーが高そうで気にはしてしまうんですけど、まあこんにゃくとか大根とかはね、すごくダイエット食品にもなりそうですし、おでんでほっこり温まりたい季節ではありますよね。

【SMAPな時間】
loveletterシャレオツも大好きですが、今ハローが一番のお気に入りです。とても心が温かくなる曲ですね。スマスマのキティちゃん、ミミーちゃんとのコラボ最高でした。吾郎さん可愛すぎてキティちゃんミミーちゃんとの3姉妹のようでした。普段は男らしくてダンディーな吾郎さんが時々すごく可愛くなってしまう、そんな吾郎さんが大好きです(照れくさ声w)。
ありがとうございます。
3姉妹って事は僕も女性って事ですよね。いいじゃないですかね、キティちゃんとミミーちゃんと姉妹になれたら(笑)。
これねスマスマで収録で来ていただいて凄いプロでしたよ。中に人を感じさせないというか~当たり前ですけど(笑)~本当にキティちゃんとミミーちゃんがいるようでした。
シャレオツもいいですけど、ハローもホントにいい曲ですよね。何度か歌番組でやらせてもらってますけど、すごい優しい雰囲気で。ジャケット写真も人形風な雰囲気で可愛いですしね。今後もこの曲は定番になっていくんじゃないでしょうかね。

pen私も「ハロー」大好きです。この曲を聴くと、つい歌い始めの所だけ何回もリピートしてなかなか先に進めなくて困る事があります。
実はキティちゃんとかあまり好きではなかったのですが、先日のスマスマで初めてキティちゃん可愛いと思いました。中に入っている人の良い仕事のせいですよ、これはきっと。
吾郎の歌いだしと慎吾の歌い終わりが特に好き。

loveletterドラマ毎週楽しく拝見しています。1話完結方法は1話見逃してもあまり影響なく見られるのがいいですね。石松警部のあの独特な佇まいは監督のご指示ですか?それとも吾郎さんは石松警部についてこういう人なのではないかと思って演じていますか?よかったら教えてください。
あとこの前のラジオの最後の方で皮肉なキャラのサービスをした後に「皆さん、付いてきてくださいね」とおっしゃっていましたが、ファン全員「付いていきますっ!」と返したと思います。
あのセリフは本当にずるいです、人たらしな吾郎さん、さすがです。

そうですね、僕は人たらしですからね、基本的に。まあ人がいないともちろん生きていけないですからね。そうですね、その辺が見た目とのギャップがあると思いますし、まあ石松警部と僕はだいぶ違いますね。
今回、まあ監督の指示もありましたし、後半だんだん彼のキャラクター性も明るみに出てくるので、あと石松警部と福家警部補の関係性というのも。
ま、1話完結ではあるんですけれども、このドラマの中でのメイン人物達の毎週出てる僕らの関係性というのも何か変わってくるので、その辺もちょっと見続ける楽しさというものがあると思いますけれども。そこで6話7話くらいで一気に本性というか彼の素の部分が出てくるので、それまではああいう佇まいで静かに演じようかなという感じでやらせてもらっていますけれど。
今後皆さん楽しみに最後まで見ててください。

pen石松警部は最後まであの感じでいくのかと思ったら、少しは進展がありそうですね。
とても楽しみです。
おじゃマップ出演話、後輩プロデュースについて、コンサートのSMAPグッズ、シネマナビ、バレンタインデーについては「続きを読む」からどうぞheart04

続きを読む "STOP THE SMAP 2月13日"

| | コメント (2)

2014年2月12日 (水)

福家警部補の挨拶 第5話

 

第5話 相棒

漫才コンビの話。
天才漫才師として名を馳せた相方の不調と酒浸りが原因で殺人を犯してしまう話。
ところが、酒浸りだと思っていた相方はアルツハイマーだったという悲しい事件。
部屋中にメモが貼ってある部屋、自分を殺そうとした相方の気持ちを思っての最期の言葉「捨てな・・」が何とも言えず悲しかった。
後で冷静になって考えてみると、犯人の方だって事情は分からないし自分の生活もあるんだから、殺人はいけないけれど深刻な話なんですよね。だから哀しいんです。

ちょうど大好きな米ドラマ”Law & Order”でも、若年性アルツハイマー病の息子を救いたくて起こした事件を扱っていて、まだまだ解明されない病気はたくさんあるんだなと思いました。

回を追うにしたがってどんどん面白くなってきました。
福家警部補もキャラが立ってきましたし、石松警部は実は陰でそっと部下を後押ししている出来る上司。
しかも素敵。
どうしても現場入りする後姿が、脚が長くてかっこよすぎて警部には見えない(笑)。
だから、あんなにそっけない態度をとるんでしょうか。
笑顔なんか見せちゃったら可愛くて相手になめられちゃいますものね。
会議室のような所で福家警部補のノートを読んでいる姿が本当にキレイで、早くあの立ち姿を舞台で観たい!という思いに駆られました。

cherry福家さんと警部のやり取り
「別の書類に判子いただけますか?」「はぁ?」
・・・福家さんが、警部が署名して判子押すだけになっている婚姻届けを用意していたりして~と少しだけ思ってしまった事を白状します(笑)。
別に二人にくっついて欲しいとはこれっぽっちも思っていないのですが。

| | コメント (2)

SMAPXSMAP 2月10日

ribbonVALENTINE SPECIAL remix
そのまま~君色思い~This is love~らいおんハート~しようよ

デザイン違いの白い衣装と笑顔がとっても素敵で、それだけは書きたかった・・・

| | コメント (2)

2014年2月 9日 (日)

心療中~in the Room、ふたたび

昨日は大雪のため、家にこもって久しぶりに「心療中」を観ました。

何回観ても面白い。
カウンセリングルームに次々とやってくる生徒たちと天間了との対話のみのワンシチュエーションドラマ。
第1話からちりばめられた伏線はきっちりと回収される。
結局生徒の悩みから妻の問題まですべてが天間了の過去と現在の心の闇の隠喩だった、というのがラストで分かるという凄いドラマ。
何一つ余計なものは無かった。

天間了も恩師である深山美姫子先生のカウンセリングを受けていて、自分がカウンセラーの時と正反対の姿が見られるのも面白かったし見ごたえがあった。
スクールカウンセリングの方では、私は光くんと朔也くんの回が好き。
光を前に、自分の子供の頃の話をする天間了の台詞はいつもうっとりと聞き惚れてしまう。
「ヴィーナス・イン・ファー」でクジエムスキーが子供の頃の話をするシーンを思い出しました。
吾郎って、どうしたあんなに「ちょっと変わっていて不幸だった子供時代を回想する」シーンが似合うんだろう(笑)。本人はいたってのんきで幸せいっぱいのようなんだけど。だからこそなのかな。
朔也くんに対して思わず気持ちをあらわにして怒ってしまうシーンも印象的。何に対して怒りを抑えられなかったかというのも、やはり本人が気づかない深い所での父親に対する想いが出てしまったのでしょうか。
また、巧みなアドバイスで朔也の気持ちを楽にしてあげる所も好き。
なかなか笑顔を見ることのないドラマで笑顔を見ると何かすごく幸せになる。

最終回が終わって、天間先生の自分自身と置かれた環境に対しての闘いはこれから始まる。
是非、続編を観たい。

喋っている顔のアップが延々と続くドラマ。
改めて、吾郎が本当に美しかったheart

| | コメント (0)

ゴロウ・デラックス 2月6日

ゲストは壇蜜さん。
いつものゲスト用入口も壇蜜さま仕様になって、障子の向こうからピンクの光が。
早速「障子といえば~」と指を突きさしてみる吾郎。
小島さんの衣装もピンクのシルクシフォンのワンピース。
いつもきれいな色の衣装が、目に嬉しいです。

何回か偶然見かけた番組での彼女の使われ方が好きではなかったので敬遠していたのですが、ゴロウデラックスで話を聞いたら頭の良い面白い方なんだなと印象が変わりました。
自分自身の事や立場などをすごく考えているところに、遅いデビューながら成功した訳が分かったような気がしました。

book今週の課題図書:はじしらず
美しいグラビアと壇蜜さんによる言葉によって綴られた「はじしらず」
amazonのレビューに「こいつにはゴーストライターがいる」と書かれて、最高の賛辞だと思った~という何ともタイムリーな発言も。
言葉の選び方が個性的で素敵。

それにしても、丸みのある女らしいからだつきと綺麗な肌と官能的な唇、声まで男性が好きそうな声。
でも、彼女は自分のそういう所を分かっていて意思を持ってグラビアの仕事を選んでいる感じがかっこいいと思いました。

話が弾んだようで、是非また未公開SPでいろいろ見せて欲しいです。

| | コメント (2)

2014年2月 6日 (木)

STOP THE SMAP 2月6日

loveletterたまに吾郎さんはシャレオツな黒縁メガネをかけていますが、眼鏡はどれくらい持っていますか?何かこだわっていたりするんでしょうか?
そうですね、眼鏡はよくかけてますね。実際に視力が僕は0,3から0,4くらいなので、微妙にかけなくても生活できなくはないんですけれど、でもまあ仕事がら見えないとダメなんで、だいたい仕事でテレビ出てる時はコンタクトレンズをして、あとは番組によっては自前の度付きの眼鏡を使っています。
いくつくらいかな、2~30個くらいかな。サングラスも多いですからね。
サングラスも度が入っていたりするんで、僕の場合は。
それ入れたら、もう少しあるかもしれないですけれどもね。
黒縁であったりべっ甲であったりチョコレートブラウンみたいな色であったり、結構眼鏡好きですね。
見た瞬間分かりますね、この眼鏡の形が自分に似合うかどうか、眼鏡が置いてあるところに自分の顔のイメージを持っていけますね。その位、眼鏡に関しては慣れてきちゃったというか、後はかけ心地にも凄いこだわっていて、耳にかかる部分とか鼻にかかるテンプルの部分とかそういうのがフィットするものを選びますね。
疲れてしまうのでね、合わない眼鏡をしていると。
そうですね、眼鏡好きですよ。これからも眼鏡コレクションしていきたいなと思っております。

【SMAPな時間】
loveletterSoftbankモバイルで方言リレーというCMが放送されていますが、このCMのナレーションは吾郎さんが担当されているのでしょうか。最後の声が吾郎さんの声に似ているので、とても気になっています。
・・・・んんっ?やってませんよ、僕は。
う~ん、似てるんでしょうね、じゃあね。
まあ、たまに僕に声似てるなって思う人いますからね。
顔が似てるなってっとかはあまりいないですけど、声が似てるなって時はありますね、歌声とかね。歌ってて昔よく木村くんと声が似てるって言われた事ありましたけどね。
最近はそうでもないのかな。
SMAPがレコーディングする時に音源が出来上がって、最初に仮歌の方がガイドボーカルとして歌を収録して僕らに聴かせてくれるんですね。そのガイドボーカルの人が僕と結構声似てますね。昔からそうですね。そういうのありますよね、確かにね。
でもナレーションやった覚えはさすがにないですね。
Softbankですからね。僕もナレーションの仕事好きなんで、大募集中って感じなんですけれども。

penファンになったばかりの頃、木村くんの声と吾郎の声を間違えた事ありました。
そういえば最近は似ていると思った事はないですね。
でも木村くんの声ととても合うので、今年は久しぶりに二人のデュオを聴きたいなぁ。

musicハロー

【メンバーとの時間】
loveletterスマスマを見ていたらSMAPがプリクラを撮っていてビックリしました。5人旅以来ですね。SMAPの瞳が凄く大きくなっていて女の子みたいで驚きました。落書きは慎吾ちゃんがしたんですか?可愛らしくデコレーションされていたので、私も久しぶりにプリクラを撮りたくなりました。プリクラの楽しい話、聞きたいです。
これ、SMAPのオドロキ隊みたいなコーナーでしたよね、スマスマの。他にもいろいろ驚くようなものがあったんですけど、そん中でプリクラ、実際の顔に更に盛って化粧をしてくれるプリクラみたいな。今、凄いんですよね、ホントに。
目が大きくなる位だったら前からあるったんですけど、いろいろなメイクしてくれるんですね、髪型も変えたりとか。凄い面白かったんですけどね。
しかも画質とかも凄くいいんですよね。
あれ、どこ行っちゃったんでしょうね、あのプリクラね。行方が気になりますよね。
記念に欲しいですよね。
あのプリクラの時くらいの笑顔とかが欲しいですよね、普段の雑誌の表紙とかもね。
雑誌の表紙とかだと意外ともう少しすましてたりしますからね。どっちかと言うと僕の事ですけどね。
何かあの弾けたSMAPが面白かったですけどね。
しかもあの狭い空間の中に5人きりで入るっているのがもう凄い複雑な気持ちになりますね。東京ドームのステージに出る時の5人だけ乗るエレベーターの中みたいでしたね。
東京ドーム、エレベーターで行くんですよね、ステージ行く時に。
う~ん、ちょっと行方気になるんで、ちょっと僕、極秘に入手してお財布の中に入れておこうかなって感じですね。

pen5人のプリクラを入手してお財布の中にいれておきたい~なんて、ファンサービスな発言をするようになったなぁと、ちょっとしみじみしました(笑)。
ファンサービスといえば、写真集ですよ!(毎週のお約束)
プリクラを付録に付けるとか、どうでしょうheart


可愛いイケテルSMAP、冬のルームウェア、吾郎のアンチエイジングエクササイズラジオ実況などは「続きを読む」からどうぞ。

続きを読む "STOP THE SMAP 2月6日"

| | コメント (0)

2014年2月 5日 (水)

福家警部補の挨拶 第4話

 

第4話 月の雫

原作では男性だった社長を女性に変えた所が、ドラマでは正解のように思えました。
代々続いてきた酒造会社を結婚もせず守り抜いてきた女社長、片平なぎささんが説得力ある演技で見せてくれた。
倒叙モノって、やはり犯人の側になって見てしまって捕まらないかドキドキするのも面白さの一つだと私は思っている。だから犯人の演技力は大事ですよね。
そしてドラマを見ながら犯人にも思い入れができてしまうので、あのバッサリ切った終わり方が気持ちよくて好みです。

福家さんについて、私たちは名前すら知らされていない。
第4話では社長との会話で、きっと視聴者が感じるであろうこういう事にも触れている所が面白いと思った。
秘密を教えてよ、と絡まれ「3枚です」と、それだけ。
ああ、上手くはぐらかされちゃった~けど面白かった。

檀さんも福家警部補に馴染んできて(ああ、上から目線ですみません・・・)、石松警部にいけすかない事言われて悔しそうにする口元とか、可愛いです。
個人的好みでは1話がとても残念だったのですが、どんどん面白くなってきています。
これからが楽しみ。

でも、あれだけ番宣頑張って、たったあれだけのために山梨までロケに行ったのかと思うと、やはり複雑。
石松警部、とっても素敵なだけに、もっとたくさん見たいわ。
実は彼、福家警部補の実力と頑張りは分かっていて憎まれ口叩きながら、上手く操って犯人逮捕に導いているのですよね。
たまには石松ちゃんが仕事をしている所をもっと見せてください。
ああ、2話の時みたいにとてつもない脚の組み方をしている偉そうな係長(いえ、警部です)でも良いですのでheart

| | コメント (0)

2014年2月 4日 (火)

SMAPXSMAP 2月3日

shadowオドロキ隊
今週は3Dプリンター
フルカラーで3Dプリントが可能という、いったいどんなものができるのか・・・
3Dスキャナーにて99%本人の原型がデータ収集可能だそうで、まずはスタジオでそのスキャナーを使って木村くんを撮影してみる。
中居:(まるで)MRIだね」
吾郎:「そうだね、これね」
こういう所で話が合うのが中居くんと吾郎だと思う。
ここまで見せておいて、実はすでに吾郎は撮影済みで3Dフィギュアが出来上がっていたという~スタジオはびっくり、吾郎にやにや(笑)。

一人約5分間の作業で情報収集は完了。
より正確に再現するため、モデリング(補正作業)が3日間。
最後にフルカラー3Dプリンターで約14時間、3Dフィギュアが出来上がる。

50cmの高さで実物そっくり、肌の感じ衣服のシワなど見事に再現されていました。
メンバーから口々に感嘆の声・・・
ちょっと前傾しているところ、全体が少し右側に傾いているところが吾郎だと大喜び。

横顔も完璧、耳の形までキレイだから、どこから眺めても大丈夫!
ビストロの衣装だったのが、本当に残念。
歌の衣装とかクジエムスキーとかだったら、もう大変なことに(意味不明)。

吾郎:「皆で作りたい、せっかくだから5人で」
中居:「5人5ショットで、例えば今みたいにやってもらったら撮れるって事ですか?」
この2人の提案に「時間はかかるんですが~」と言われたけど、早速5人一緒の3Dフィギュアを作ってもらう事に。
さすが、さっと5人でかたまって微動だにせずカメラの前でポーズをとる。
プリクラの時もそうでしたが、やはり伊達にアイドル続けてきたわけじゃない、そのキャリアをしっかりと感じさせてくれました。
出来上がりが楽しみ。

musicAKB48XSMAP
アイドルグループがライブのゲストだと、凄く楽しい。
見ている人を楽しませようという気持ちがとても伝わってくるから、外れないように思う。
吾郎の衣装が不思議な感じで~丈がシンメトリーに長くて薄い生地のTシャツがまるでワンピースのようでした。
このワンピース(笑)に細くて長い脚が強調されていて眼福。
今回、TVで初披露になった新曲、踊りの中に騎馬戦のようなものまで組み込まれていて、吾郎が上に乗るというオドロキな展開。
騎馬戦で担がれても姿勢の良い吾郎・・・と思ったら、ちゃんとその理由があったのには笑いました。
気遣い吾郎さんheart

何か、最近スマスマ楽しいぞ。

| | コメント (0)

2014年2月 1日 (土)

Como 3月号

「福家警部補の挨拶」に出演するにあたってのインタビュー。
真っ白なページに動きのある吾郎の写真がとってもいい。
うつむき加減の横顔、真っ直ぐな脚・・・左側ページの物陰からひょこっと顔を出した感じのショットも好き。
このニットも可愛いな。
リネンの糸で編んでも着やすくて良いかもしれない。

インタビューは、作品を作り上げていく中での自分の役割とか意識について、吾郎らしい言葉で語っています。
やはり「演じる」事について、舞台は本当に大きな影響を及ぼしたのだなって、インタビューを読むたびに思う。
演技だけでなく、一つの座組みをカンパニー(劇団)として見る意識が強くなったという事など。
どんなわずかなシーンでも人の記憶に残るように大事に演じたいという言葉、これを忘れずに吾郎の出演作品を観たいと思った。
プライベートに関しての方が欲深いとか言っておきながら、演じる事は本当に好きなのが伝わってくるインタビューでした。

SMAPの活動での立ち位置についても、やっぱりそうですか(笑)と思ったけど、でもものすごく自然に演じていて(みんなSMAPを演じているんですよね)最近はすっかり吾郎ちゃんはとても面白い人として認識されているではないですか。
でも、決して一番手柄を立てたいとか面白いと思われたいと思ってやっているのではないんですね。
優れた指揮者を持ち、それぞれが素晴らしい演者であるSMAPだからこそ、今のSMAPが出来上がったのだと思いました。

自己アピールに無欲で、芸能人不適合者なんて自分を分析していながら、
「ファンの皆さんと愛し愛されながら~」なんて、私たちを喜ばせてくれる。
吾郎さん、さすがですheart

penインタビュー記事を読む度に思う、吾郎が使う言葉が好き。
そして、昨日の「笑っていいとも」の「目指せ、言葉の達人」のコーナー。
今週のお題は「涙」、剛くんの回答が入選。
とは・・・泣いた分だけ 優しくなれる 幸せへの種
何て素敵♪と思ったら、なかなか思いつかない剛が楽屋で吾郎に「涙って何?」と聞いたら、5秒でこの答えが返ってきたそう。
それを恥ずかしそうにニコニコと正直に言ってしまう剛がとても可愛かった。
涙を前向きに考えるところが、そして「優しさ」をもってくるところが吾郎らしいなぁ。

| | コメント (4)

ゴロウ・デラックス 1月30日

小島:「吾郎さん、ゆるキャラって知ってる?」
吾郎:「全く興味ないですよ、僕」

今週のゲストは「ゆるキャラ」という言葉の生みの親、みうらじゅんさん。
登場して早々「僕もゆるキャラ苦手ですよ。存在が寒いなと思って」

12年前、レギュラー出演の情報番組のマスコット人形WINちゃんの事を嫌いだと言い切っていた吾郎でしたが、変わってなくて嬉しい(笑)。
私もゆるキャラ、全く興味ないので(というか、ゆるキャラブームが苦手なのかな)・・・
でもさすが「苦手」から入ったみうらじゅんさんの解説は面白かった。
「所在なさげにしている姿に惹かれる」というみうらさん、ものすごく納得。

スタジオに現れた鳥取のトリピーくん(鳥取県トリピーという襷をかけている)に、
「お気をつけて新潟までお帰りください」
この吾郎の言葉は天然だったのか、知っていて言ったのか(笑)・・・
何故か後姿が寂しげなトリピーくんでした。

私の中でも、こういう着ぐるみはあまり相手にされずに(中の人、暑くて大変だろうな。。。)なんて感じで横目で見られているものという認識なんですけど、ブームとか煽られて全国各地のゆるキャラが毎日のようにTVで紹介されたりすると、何か違和感あるんですよね(笑)。

moneybagいやげ物(もらっても嬉しくないみやげ物)
金プラ・・金色をしたプラスチックの置物
カスハガ・・カスみたいな絵葉書
こういう笑い、大好きです。

book今週の課題図書「キャラ立ち民俗学
今週は吾郎が海女さんの項を朗読。

bellマイブームという言葉で、みうらさんは流行語大賞も受賞していらっしゃいます。
数々のマイブームを生んできたみうらさんの最新マイブームを紹介。
これからの高齢化社会でのマイブームはこれだ!という事で、山田くんが麗々しくワゴンに乗せて運んできたのは、シィビン(笑)。
尿瓶をかっこよくこう「シシビン」って言う事にするんですって、ボサノバの感じで(笑)。
みうらさんが子供の頃入院した時に使ったもので、ガラス製。
実際にみうらさんが使ってたという尿瓶をみんなで手に取って眺めまわし~
取っ手が付いているのは日本だけだそうです(笑)。

小島:これ、お花生けてもよさそうね。
みうら:ワインだっていける。
小島:それはちょっと(笑)
吾郎:デキャンタですか(笑)。
みうら:スワロフスキーとかで出せば。
吾郎:クリスタルとか、バカラとかで。いくらでも作れるね。江戸切子みたいな感じとか。
形としては魅力ありますからね。

山田くんの消しゴムはんこは、shine尿瓶を抱いたみうらさんshine
今週の作品も素晴らしかった。

確か、先週は「命」について涙して深く考えさせられたのよね・・・(遠い目)

| | コメント (0)

« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »