« コンプレックス | トップページ | ゴロウ・デラックス 3月6日 »

2014年3月 7日 (金)

STOP THE SMAP 3月6日

loveletter吾郎さんはダメ出しは嫌いですか?
う~ん、あんまり好きではないですよね、誰でもね。
でも舞台の時とかダメ出しするのが当たり前ですから。
まあ「ダメ」を言うわけではないか、言葉が良くないよね「ダメ出し」っていうね。
舞台の稽古なんかやってると必ず稽古終わってから30分から下手すると1時間くらいダメ出しの時間がありますからね。
これはダメ出しというか打ち合わせみたいなものですね。
ダメ出しというのは言葉があんまり良くないと思いますけれども。

【SMAPな時間】
loveletter信長のシェフの続編が4(?)月から始まるそうですね。すでに撮影を始めてるとか。
吾郎さんはもう撮影に参加しましたか?
久しぶりの光秀役いかがでしたか?裏話教えてください。

そうですね、続編はあるなと思っていたんですけども、ちょうど1年経って今から始まりましたね。放送自体は7月からなんですけど、収録はもう始めてて、この間京都に行ってきました。
何か楽しいですね。久々に京都に行くと。
京都ってホントに好きな街ですし、何かホッとしますし、冬の京都はホント寒いんですけどね、でも何かホッとする不思議な郷愁みたいな、生まれ故郷ではないんですけれど、ここに帰ってこれたという不思議な感覚になりますね。
今回、しかも京都でSMAPのメンバーが3人揃っていたんですよね。
木村くんが宮本武蔵の撮影をしてまして、草なぎくんもね「スぺシャリスト」の撮影で、3人ともテレビ朝日さんのドラマだったんですけど、偶然太秦でも楽屋が3人一緒で、3人一緒というか3部屋並んでいまして。
木村くんには会えたんですけどね、草なぎくんはちょうどその時ロケに出かけていて会えなかったんですけど。
宮本武蔵の撮影をやってるスタジオに僕、遊びに行きましたよ。
遊びに行ったらもう刀で思いっきり切られましたよ、木村くんに。
何もそこまでしなくてもいいんじゃないかって感じでしたけど。冗談なんですけど(笑)。
明智光秀を斬るって感じで宮本武蔵、思いっきり僕に切りかかってきましたけれど。
いくら竹でできた刀とはいえ、ちょっと痛かったんですけども。
良かったですよ、木村くんの宮本武蔵の撮影、ちょっと見させてもらったんですけれども、しかもクライマックスのシーンというか、あ、クライマックスではないか。ある戦いの中のクライマックスのシーンを撮影してて、すごく緊張感が漂ってまして。
何かしばらく見てて不思議な気持ちになりましたね。
やっぱりメンバーがステージに立っている所ってあんまり見ないじゃないですか、同じステージに立つし。テレビとかで編集されてオンエアを観ることは映画なりテレビなりあるんですけれども、実際に生でそこでやっている姿を見るっていうのはあんまり無いんでね、不思議な感じでしたね。
何か舞台を観に行った感じというか、ちょっとしたワンシーンでも何か不思議な感覚に陥りましたけれども。かっこよかったですよ、ホントに。
宮本武蔵、楽しみですね。結構大作になりそうですものね、二夜連続とかですものね。
草なぎくんのスペシャリストの方も撮影現場は見れなかったんですけれども、前回に引き続いて続編になっているんですよね。楽しみですね、この辺もね。
ちなみにその時中居くんはソチにいたらしいですけどね。実は一番寒い所に中居くんがいたみたいなんですけれども。まあ京都も寒かったですけどね。
香取くんは何してたんでしょうか。

loveletterえ~、これは木村くんの撮影現場で、二人でチャンバラごっこをしたという事で良いのでしょうか(笑)?本当に楽しそうでheart
それぞれのドラマ、楽しみです。

musicガイヤにお願い

【メンバーとの時間】
loveletter慎吾くんの「服バカ至福本」を買いました。とてもシャレオツな慎吾くんの服を見て楽しくなって、私も服をもっと楽しみたいな~って思いました。あと、おまけのDVDに出ていたストールの巻き方はとても参考になりました。吾郎さんも慎吾くんの本、ご覧になりましたか?
そうですね、慎吾くん「ゴロウデラックス」にも来てくれましたからね、「服バカ至福本」で、しかも服もいっぱいスタジオに持ってきてくれて面白かったんですけれども。
しかも「服バカ至福本」は、メンバー全員に香取くんは自分の直筆のサインを書いてプレゼントしてましたね。何でサインを書くのかなぁと僕、ちょっと思ってしまったんですけど。
でも何かあるんでしょうね、彼の中で。
凄い参考になるんじゃないかな。有名なスタイリストの方にスタイリングしてもらってね、凄い楽しめる本だなと思いますね。
とにかく服の量にビックリですね。僕はあの10分の1もないんじゃないかな。
僕も服買うのは好きなんですけど、捨てちゃいますね、やっぱりね、とっておかないというか。1年2年着て次の年とか着ないと、どんどん人にあげたりしますね、お友達とかに。
まあ、捨ててしまったり。まあ長くずっと使っているものももちろんあるにはあるんですけどね。やっぱり1個買ったら1個捨てるって感じになっちゃうんですよね、僕の場合は。
モノをためとくというのがあんまり好きじゃないんでね。
よくワインとか凄く好きでセラーとかにいっぱい貯めてるんですかとか聞かれるんですけど、それもそうでもないんですよね。ワインも飲む時に買いに行く~みたいな。
もちろん、とっといてるワインとかもあるんですけどね、あんまり貯めこむのが好きじゃないというね・・・
何か部屋の重量を軽くしたいと思いますね。
これ、他のメンバーもみんな慎吾くんのサイン入りの「服バカ至福本」を貰って。
貰った時、どんなリアクションをしたんでしょうかね、中居くんとかちょっと照れくさかったんではないでしょうかね。

pen「服バカ至福本」見せてもらいました。もうこれは写真集ですよね。いいなぁ。
吾郎、何で出してくれないんだろう。写真集、欲しいsign03
モノをためこむのが好きじゃないって、吾郎らしいなって思う。
ワインも、飲む時にその時飲みたいものを買いにいくって理想です。とても贅沢なような気がする。
私も部屋の重量を軽くしたい。
でも私の場合は雑誌の切り抜きとかビデオテープとかDVD、BDなど、絶対に捨てられない(笑)!

イケテルSMAP、春に欲しいもの、一人暮らしをした時からずっと使っているもの、SMAP曲のタイトルを使って書いた手紙、フジTVの笠井さんと舞台について~は「続きを読む」からどうぞ。

telephoneイケテルSMAP
札幌にお住いの明るい可愛い声の方。
一昨年の暮れに行った「冬の北海道」の思い出からライブの話に。
冬のコンサートいいですね!と意見が一致して楽しそうなイケテルSMAP。
札幌ドームいいよね、という話から札幌ラーメン美味しい、そして「お取り寄せ」の話、
市場に直接電話して「東京の稲垣です!ほっけと甘海老500gと~」みたいな感じで注文しているそうです。いいなぁ、市場の方、吾郎の声聞けて。

musicオリジナルスマイル

【吾郎の自由時間】
loveletter冬のバーゲン商品と入れ替わるように春の新作が並び始めます。一気に気持ちまで春めいて嬉しくなります。ドラマの撮影などで忙しい吾郎さんですが、春にこれが欲しいというものはありますか。私はちなみにパルテルカラーのハイヒールが欲しいです。
何かまだ寒かったりすると春物を買うっていう気になれないんですよね。不思議ですよね。冬が訪れる時は早めに寒い(時の)ものを買いたくなるんですけど、僕の場合。
基本的に冬服の方が好きっていうのもあるんでしょうけどね。
そうだな春は明るめのWhiteジーンズとかね、そういうのもいいかもしれないですね。
僕、結構黒が多いので、デニムだけ下白とかね、そうすると黒でも下白にする事によってちょっと明るい印象になるんじゃないかなっていう気がしますし。
春、楽しみですね。


loveletter吾郎さんはもう独り暮らし歴が長いと思いますが、初めて一人暮らしをした時から使っているものってありますか?家具とか食器とか電化製品など。
ああ、これあるんですよね。
初めて一人暮らしをしたのは僕19か二十歳の時だったんですけど、その時のマンションがその部屋がモデルルームみたいになっていて、モデルルームだけに家具 とか食器とかが置いてあったんですよ、軽く。まあ、そんな広い部屋じゃないんで、たいした家具とか食器とかじゃなかったんですけど、その部屋に入居する事 になったんですけど、もちろん家具はなかったんですけどカーテンと食器だけは置いてあったんですね。
多分持って帰るのを忘れちゃったんですかね、展示していた不動産屋さんが。
その食器が案外いいものだったんですよね、ノリタケの食器だったんですけど。
カーテンとかはもちろんそのマンションに付けて出てきましたけどね、次の物件に行く時に。食器はいまだに持ってますね。割れてないんでね。4枚ぐらいあったなかで2枚くらいなんですけどね。あ、ということは2枚は割っちゃったって事なんでしょうかね(笑)。食器だけまだ使ってますね、20年くらい。
後は何だろうな、さすがに変わってますね、電化製品とか家具とかもやはり場所によって変わってしまいますからね。そのノリタケの洋皿~食器だけはいまだにありますけれども。
今度使ってみようかな、最近使ってないから。

pen洋服は着なくなったら処分するのに、20年前のお皿をまだ持っている吾郎。
どんなノリタケの洋皿なんでしょうね。気になります。

【五六二三】
loveletterはじめまして。SMAPさんの曲名で手紙を書きました。何曲入っているかわかりますか?
Dear Woman,正義の味方はあてにならないけど、君は君だよと言ってくれた友達へ、そのまま感謝してありがとうと言おう。俺たちに明日はあるのか、どんないいことがあるのか分からないけど、この瞬間きっと夢じゃないからはじめての夏をずっと忘れないでたいせつにエンjoy!しようよ。さかさまの空を見上げて いたら雪が降ってきたから、僕の半分はこたつの中だけど、Batteryが切れる前に朝日を見にいこうよ。SMAPと共にがんばりましょう。

上手い!上手いですね。
でもさぁ、恥ずかしいんですけど、こういうの読まされるの(笑)。
で もやっぱりタイトルってとっても誌的なんですね。何か詩みたいですものね、重なるだけで。これ、SMAP50曲以上あるからできるんでしょうね。いろんな バージョンができると思うんですけれども。最後の方の「僕の半分はこたつの中だけど~朝日を見にいこうよ」ってこれいいですね。何曲あるんだろうね。 1,2・・・21曲でしょうね。正解を当てるの、見れば分かるのでクイズになっていないですけど、凄い曲数が多いからできるんでしょうけどね、ただこれに 対して僕がどういうリアクションを取ったらいいか非常に困りますけれども。
でもこれは考えたんじゃないかな、T子さん、ねぇ。他のバージョンも送ってきてくださいよ。(笑)ちゃんと読んでみますから。

pen「上手いですね」って褒めてから、読まされるのが恥ずかしいだのクイズになってないだのどんなリアクションをとっていいか困るとか(笑)さんざんSを発揮しておいて、突然「T子さん」と名前をもう一度呼んでみて、「また送ってくださいね。ちゃんと読みますから」って(笑)。
吾郎らしいわ~

loveletter「福家警部補の挨拶」のプレミア上映会に参加しました。檀さんと時生くんの3人のトークが楽しかったです。あの時、フジの笠井さんが司会をされていて、吾郎さ んが「笠井さんは舞台を毎回観に来てくださって、凄くお世話になっている」と話をされていますね。私も笠井さんは「象」の時からお見かけしていますし、 「恋と音楽」の時は席がお隣で大きい声で楽しそうに笑っていらっしゃいました。そういう繋がりって嬉しいですね。
そうなんですよ、笠井さん。嬉しいですよね。本当に舞台よく観に来てくださって。
他のメンバーの舞台も観に行ってるようですし、舞台もね元々凄い好きな方なんですよね。宝塚とかもほとんど観に行かれてるようですし。
あと笠井さんのね、舞台を観終わった後の感想っていうのが、もう素晴らしいんですよね。
本当にいい事を言ってくださって、もちろん褒められて凄く嬉しいっていうのもあるんですけれども、分析力が凄いんですね。自分でも気づかなかった事を分析してくださったりするので、またその次の回から演じるにあたって凄く参考になる事を言ってくださるんですよね。
映画とかドラマもホント見てくださってるし、嬉しいですよね。ホントにいい人なんですよ、この方。テレビで見るのと全く変わらないですし、舞台やる度に「そろそろ笠井さん来ないかなぁ」って、いつも気持ちになりますね。
きっとファンの皆さんの間でもこうやって有名になっているんでしょうね。
また舞台やるときには早めに来て頂きたいですね、笠井さんには。そうするとまた演じ方とかも変わりそうな気がしますし。
確かにこういう繋がりは嬉しいですね。
ファンの方がこう言ってくださることも凄い嬉しいですし。
早く舞台やりたいですね。

musicYes, we are

pen舞台と笠井さんのお話、とても良かった。
そして「早く舞台やりたいですね」の言葉がとっても嬉しかった。
私も早く舞台観たいです。

Yes, we are、初めてちゃんと始めから聞きましたが、とてもいい曲でした。
スマスマ、歌番組などで歌うのが待ち遠しいです。

house
番組HP
稲垣吾郎のSTOP THE SMAP

mailtoお便りの宛先
〒105-8002 文化放送「稲垣吾郎のSTOP THE SMAP」
メールアドレス smap@joqr.net

|

« コンプレックス | トップページ | ゴロウ・デラックス 3月6日 »

吾郎ラジオ」カテゴリの記事

コメント

昨夜も素敵な声でたくさんお喋りしてくれて、最近のモヤモヤが吹き飛び癒されました。こちらが考え付かないようなお便りに、リスナーの方達の凄さを感じて聞いていて嬉しくなりますね。

フジテレビの笠井アナは「笑の大学」を非常にかって下さってあの時も番組内で大いに宣伝をしてくださったのを憶えています。お祖父様がNHKのラジオドラマなどを手がけていた阿木翁助さんなんですよね。脚本家としても名のある方だから、舞台がお好きなのは血筋でしょうか。吾郎の舞台のファンはその道の通の人が多いですね。ここで「早く舞台がやりたい」の言葉を聞けてほっとしました。明るい声とYes,We are のエンジェルボイスを聞いた途端元気になる単細胞なファンです(爆)

投稿: あや | 2014年3月 7日 (金) 11時13分

wineあやさま
コメントありがとうございます。
本当に、吾郎の声を聞くだけで心のモヤモヤが晴れますね。
とても思いつかないような多岐に渡るお便りの内容に、まだまだ愛が足りないと反省する木曜日です。

「笑の大学」の時、興奮したように映画について語る笠井さんを忘れることはできません。
いつも舞台を観に来てくださって吾郎が思いもつかなかったような事を言ってくださるとの事、笠井さんの感想も聞きたいなと思いました。
私も、「舞台」という言葉が何回も聞けて「早く舞台がやりたい」の言葉がとっても嬉しかったストスマでした。
Yes, we areの吾郎の声がとっても素敵でしたheart

投稿: サイトー | 2014年3月 8日 (土) 01時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« コンプレックス | トップページ | ゴロウ・デラックス 3月6日 »