« SMAPXSMAP 5月5日 | トップページ | 恋と音楽Ⅱ »

2014年5月 6日 (火)

5月6日は吾郎の日

私が吾郎ファンになったのは、もちろん「顔」から(笑)。
95年秋の終わり、たまたまつけたTVが愛ラブSMAP、何でこんなきれいな顔の子がいるんだろう、と。普段TVを見ないのでSMAPも知らなかった。
会社の同僚に話したら、嬉々として「愛ラブSMAP」と「がんばりましょう」のビデオテープを貸してくれた。これを見なかったらそのままになっていたかもしれません。
ちょっと興味を示した人に宣材を見せるのは効果的かも(笑)。

バラエティ番組でいつも後ろの方にいる彼は、色白で細くてちょっと女性的な印象もあるのですが意外に肝が据わっていて、そのギャップにもやられました。
低血圧っぽくてアンニュイで大声で笑ったりしないのに、トランポリンでやたら嬉しそうなその笑顔に驚き、まさかアイドルを好きになるなんて~と思いながら新番組SMAPXSMAPが始まるのを楽しみにしている自分に驚きました。

舞台「夜曲(1996年)」、ステージの真ん中でマッチの灯りに照らされた顔が、美しすぎて~~
迷うことなく稲垣吾郎のファンになりました。
舞台は全部観ている事だけが自慢できるところ。
吾郎の舞台は本当に良い!どんどん進歩しているんですよね。
まさかのミュージカルまでやってしまい、昨年の二人芝居「Venus in Fur」は本当に素晴らしかった。吾郎の他で誰があの役をできるって言うのだ!と言ってしまうくらい凄かった。
次はどんな舞台を見せてくれるのでしょうか。

「夜曲」で決定的に吾郎ファンになり、ネットを通じて吾郎ファンのお友達もたくさんできました。
当時はまだビデオテープ、今のように簡単にコピーできる時代じゃないのに貴重なビデオテープを貸してくださって幻のドラマを観ることができた感激は今でも忘れられません。

そういう親切なお友達のおかげで、多分ドラマは全部観ていると思います。
NHK朝ドラ「青春家族(1989年)」では思春期の少年のさまざまな悩みをとても自然に繊細に演じている。実は映画デビューも「さらば愛しのやくざ(1990年)」、ヤク中で殺人まで犯してしまう少年を演じています。共演の方も「本当のヤク中かと思った」くらい。

「嘘でもいいから」「二十歳の約束」など、吾郎が演じるラブストーリー大好きです。
ラブシーンでの絶妙な「間」・・・これは天性のものなのでしょうか。
ただうつむいただけで切なくなる顔してるのに(笑)、たまらないです。
やはり適材適所ってあると思うんです、たまには「意外性」も良いですが。
「桜、ふたたびの加奈子」もある意味究極の愛の物語だと思うし、妻を愛する夫の姿には心打たれました。
でも久しぶりに純粋に吾郎のラブストーリーが観たい今日このゴロです。

「東京大学物語」「ヨイショの男」「ブスの瞳に恋してる」のようなコメディも好き。
ハンサム男のラブコメ、良いと思います!目指せ日本のヒュー・グラントとか、ここでだけ勝手に言うのを許してね。
「笑の大学」はコメディで良いのでしょうか。大真面目で面白い二人芝居が最高。

二人芝居といえば「心療中」。こんな凄いドラマを日本で観られるとは驚き。
次は是非大人の「心療中」を観たいのですが・・・

映画「催眠」短編「午前零時の血」「僕は旅をする」「BLACK OUT」連ドラ「催眠」「Mの悲劇」などサスペンスホラーも美形が嵌る。
「誰よりも吾郎くんを美しく撮りました」と挑戦的な発言をした監督の「BLACK OUT」と「催眠」はまさにお耽美ホラー。
「僕は旅をする」、原作ファンの多くの方も認める素晴らしい作品。これは最初に放送された当時より、時代が吾郎を理解するようになったのか支持者が増えてきてるように思う。

「飛鳥へ、そしてまだ見ぬ子へ」「9・11」など実話ものでも静かで確かな存在感を発揮。
「名探偵明智小五郎」「金田一耕助シリーズ」・・・探偵も似合う。両方とも是非続編を観たい。
映画「十三人の刺客」はこれからも語られるであろう名作、そして吾郎もちゃんと役割を果たしたと思う。
ここから主役の敵役が増えて、特に「流れ星」のもずく兄ちゃんは素晴らしかった。
「ハングリー」の麻生様も吾郎が作り上げたキャラと言ってよいのではないでしょうか。

まだまだいくらでもあるのですが、キリがないので作品についてはこれ位にしておきますが、綺麗な顔に素晴らしいスタイル素敵な声、に加えて私が大好きな演技スタイル。
吾郎の歌も大好きだし、「忘文」「ゴロウ・デラックス」などの番組も紀行番組も好き。
そして吾郎が選んで使う言葉、紡ぎだす文章が好き。
更にファンを辞められないのは、吾郎の生き方だと思う。

自分が関わっているエンターテインメントという仕事は人を喜ばせる事感動させる事、結果が大切なのでその経緯を見せるものではない、という一貫した考え方。
若い時から芯が通っていてそれは変わっていないと思う。
忙しいとか何がどうしたと愚痴を言ったり何かのせいにしたり言い訳をしない。
こういう仕事をしているから誤解されても仕方ない、自分がきちんとしていればよい。
何も言わず陰で努力する。
愚痴を言うキャラなのは、どうでもいい事に対してぐちぐち言うだけで、大切な芯の所に対しては言っていないと思う。
不言実行・有言実行の人・・・20代の終わりに考え方が甘かったゆえに事件を起こして多方面に迷惑をかけ5カ月近く謹慎、復帰した時「生まれ変わった僕を見てください」と言った。
公になったアイドルが起こした事件では前例がなかったので、WSなどでも酷い叩かれようだった。でも何も言わずに吾郎は変わった。もちろんメンバーや周りの理解と応援があったからこそで、それは吾郎が一番感じている事だと思う。

自分の持っている絵の具を混ぜ合わせて自分独自の色を作り、吾郎はゆっくりではあるけれどらせん階段を上ってきて誰にも代わることができない稲垣吾郎を作ったと思う。
56の日にTwitterで吾郎祭りがあって、綺麗で可愛くてかっこよくて面白いたくさんの吾郎を見て、いろいろなインタビュー記事を読んで、しみじみと吾郎の事を考えた。
ああ、吾郎が大好きheart

pen一言でも吾郎について書きたい事があったら、コメント欄に是非!

|

« SMAPXSMAP 5月5日 | トップページ | 恋と音楽Ⅱ »

Goro」カテゴリの記事

コメント

熱い熱い吾郎への思い。素晴らしいです。サイトーさんの吾郎愛は揺らがないですね。ブログもこうして情熱的に続けてらしてすごいです。吾郎の日。私も言いたい「吾郎、あなたがいるから生きてこれた」。大袈裟のようですが本当です。この四半世紀私を支え続けてくれてありがとう。吾郎の美しさ(内面も外面も)、可愛さ、その演技力、美声、人を傷つけないユーモアetc.限りないですね。私も吾郎が大好き!!ヽ(´▽`)/

投稿: のあ | 2014年5月 6日 (火) 21時43分

全て同意です!!
唯一無二の存在☆
その誇り高き魂に乾杯。

そして、言いたいのはこれだけ。
吾郎が大好きheart01

投稿: Nanako. | 2014年5月 6日 (火) 22時09分

こんばんは♪ 吾郎の日にサイトーさんの深い深い愛あるブログ拝見できて嬉しいです。こうして今までの吾郎の役者人生の歴史を見ると本当に頑張ってきたなと改めて思います。
まだまだ可愛い14歳ぐらいの頃からNHKの現場で役者の道を歩んできて更にバラエティー番組でも活動していくのは今でも写真が苦手という内気な男の子には苦労する事が沢山あったでしょうね。
サイトーさんが言われるようにバラエティーでは後ろのほうにこっそり隠れるように居た吾郎でしたね。それが私は大好きでした。元々前に前に出る人より後ろのほうで大人しくしている人が気になる人間なので(笑) そんな吾郎なのに受け答えは何故か大人な対応でしたね。真摯な言葉でしっかり対応していた。そんな部分、今でも全くブレてないですよね。
褒め始めたらとめどなく語ってしまいますが(笑)
そんな昔からの吾郎の美学が、最近ではゴロウデラックスや勿論スマスマでも、そして役者として多くのスタッフさん、監督さん達から認められ、嬉しい言葉の一つ一つに毎回感動させられてしまいます。
本人はそんなお褒めの言葉を自ら語ったりしませんが(笑)
これからも役者として色んな方面から求められ愛されていく吾郎さんをずっと見続けて応援していきたいです。皆さんと共に。

投稿: えす | 2014年5月 6日 (火) 22時25分

私も大好き!!
長い間に〈年が年なので}たくさんのアイドルさんを見てきたけど、彼と彼の属するグループは最高です (*^-^*)

投稿: じゅん | 2014年5月 6日 (火) 22時34分

「吾郎の日」検索からたどり着きました。
はじめまして。りあと言います。

吾郎の日。素敵、素敵、素敵すぎ><w

私がゴロくんの魅力にハマったのは多分【嘘でもいいから】をやっていた頃。
わたしの年齢はまだ一桁で。。。w
今みたいにコロコロ笑ったりするの少なくてゴロくんが笑えばメンバーからも
「吾郎が笑った!!」って言われる程だったと思う。
華奢で繊細そうで、憂いを帯びててガラス細工の美少年ってカンジで。(FANフィルターはいってますか?(笑))

最近のゴロくんを見ると「人間臭くなったな~」って思うんですけど、
あの頃の雰囲気はそのままで。
ゴロくんのカラーってホントどこにもないですよね。
中居くんの「それってSMAPの最大の武器」や
木村君の「絶対敵に回したくないのは吾郎」
には納得です。
最近、昔の細さが戻って魅力増し増し。でこちらのFAN力も増し増し。状態です。

ゴロくんの舞台を欠かさず観劇されてるなんて羨ましいです。
「月晶島綺譚」とか「夜曲」とか「広島に原爆を落とす日」とか見たかったな~
中学生には舞台ってハードルが高くって(汗)
「VENUS IN FUR」は見ることができず涙しました。
再演しないかな~。

私はまわりにスマFANが居なくて寂しいって思ってたんですけど、
こんなに吾郎愛に溢れるゴロくんブログに巡りあえて嬉しいです。
これからも、お邪魔しますね^^

仲良くしてくれたら嬉しいです。

投稿: りあ | 2014年5月 6日 (火) 22時52分

こんばんは(o^^o)
私は新しいファンですが、最近、吾郎さんが役者さんとしてもタレントさんとしても正当に評価されつつあるのを肌で感じています。
ようやく時代が彼に追いついて来たのかも。
アイドルが40になって改めて評価されるなんて、とても素敵なことだ。
地道な努力がようやく形になってきたのかも。

ところで、次のお仕事が気になりますね。
舞台を予想していらっしゃる方も多いですが、私は映画に一万点!(^^;;
まあ、数日後には判明しますね。
いずれにしても、楽しみです。

投稿: yurara | 2014年5月 6日 (火) 23時08分

はじめましていつも秘かに憧れの目差しで吾郎愛を拝見させていただきました。ツイでも吾郎さんの画像を登録させていただいたり、吾郎愛溢れるサイトーさんを少し離れた場所から感じていました。でも今日のブログを読ませて頂き思いきってお邪魔することにしました。吾郎歴は浅く娘が木村君のファンでファンクラブに入会したのが5年前。それからコンサートで生SMAPに触れて一気に吾郎ファンになりました。ドラマ等は何となく見ていて稲垣吾郎の演技に魅了されましたがそこ止まりでした。つかこうへいの大ファンで昔の紀伊国屋劇場に頻繁に通ってましたが、吾郎の広爆を見逃したことが一番悔しいです。長くなりましたが稲垣吾郎を愛して応援することが一番の楽しみとなりました。吾郎さんファンは本当に素敵な方ばかりでTwitterを始めた事でたくさんのお友達ができました。益々吾郎愛は深まるばかりです。こんな素敵な画像を是非写真集にまとめてほしいものです。これからも覗かせて頂きますので宜しくお願いします。

投稿: あみん | 2014年5月 6日 (火) 23時09分

サイトーさん、素敵な吾郎愛を文章にしてくれてありがとうございます。

吾郎っていつから今のように「確固たる芯」を持った考え方をしてたんだろう?と考えることがあります。
さすがにデビュー前の光ゲンジのバックで踊ってた時は、めだちたがりやの普通の若者だったと思うのですが。

アイドルなのに、ヤク中の役やきわどいラブシーンをやったすごい昔から芯はブレてないのかな?と。
そしてどんなに年数を重ねてベテランになっても向上心をもって、自分自身を磨くことを忘れない姿が素敵です。


サイトーさんも言われてる「結果が大切なのでその経緯を見せるものではない。」や、「自分自身の生き方そのものが演技に現れる。」という一貫した考え方を貫き通してる姿勢には頭が下がります。

そして「面白い吾郎ちゃん」は自分をネタにして笑いをとっているという事実。

素敵に歳を重ねて、40歳を過ぎて益々美しくなる吾郎が大好きです!

投稿: なおなお | 2014年5月 6日 (火) 23時34分

サイトー様、56の日の締めくくりに素晴らしい吾郎愛を読ませて頂き、ありがとうございます。

昨日のスマスマでの吾郎さん、素敵でしたね。
ビストロで佇んでいるだけなのに、美しかったです。
外面、内面両方から充実してるのでしょう。
これからの活躍を皆様と共に応援出来る事、幸せに思います。
これからもたくさんの想い、読ませてください。

投稿: あっぷるぱい | 2014年5月 6日 (火) 23時45分

サイトーさん( ・∇・) いつもお世話になっております♪今日もまた素敵なブログの更新、ありがとうございます。私は吾郎ちゃんって素敵だなぁ、と思ってからまだ1年ちょっとの新参ですが、改めて好きになれて良かったなーと思えました。
吾郎ちゃんを見ていてすごいなぁ、と感じるところはたくさんあるのですが、『場の状況を瞬時に察する力』に関しては本当に頭抜けていると最近思っています。特にカメラが回っているところだと、いかに自分を良く見せるかを考えるのはタレントだったら当然だと思うのに、あくまで個人のことよりも全体のこと、番組が求めていることを大切にしている。そしてそのスタンスをいつもぶれずに貫き通しているのは本当に尊敬します。あまりの貫きっぷりに正直、そこまでしなくても…と歯がゆくなることもあるんですが(笑)
長文失礼致しました。今後ともよろしくお願いします♡(⊃ω`*)

投稿: mariko | 2014年5月 6日 (火) 23時48分

サイトーさん、いつもありがとうございます。
私が吾郎さんファンになったのは「スマスマ」始まった時なので、それでももう18年になるんですね。
始めは『まさかこの年になってジャニーズにハマるとは』という思いもありましたが、ともに年を重ねてきて『誰でもない、吾郎さんだからハマったんだ』と思うことしきりです。
吾郎さんをきっかけにしてファン仲間の皆さんとの輪が広がり、楽しい時間をたくさん過ごし、大げさでなく自分は『ゴロー以前、ゴロー後』ですごく変わったと思っています。
四十代に突入してますます花も実もあるいい男になってゆく吾郎さんをみてゆくのが楽しみです。
今後もどうぞよろしくお願いいたします。
(ちょっと自分語り入りすぎですね、ごめんなさい)

投稿: かねちゃん | 2014年5月 6日 (火) 23時49分

コメントありがとうございます。とても嬉しいです。

wineのあさま
アイドルなんてと全く注意を向ける事すらしなかった私が、一度も心揺らぐ事なく、ますます暑苦しくファンを続けています。
それだけ吾郎が素敵という事でしょうか。
>「人を傷つけないユーモア」
・・・これ、大事ですね。
すべてひっくるめて、吾郎が大好きです。

wine Nanakoさま
おっしゃる通り!!
言いたいのは
吾郎が好き大好きheart01heart01heart01
・・・これに尽きますね!!!

wineえすさま
全然書き足りないんですけどね、まだまだ言いたい事が山ほどあります。守備範囲が広いですよね。
芯に美しさはあるのですが(笑)!!
バラエティ番組ではいつも後ろの方にいた吾郎・・・私も、そういう人にいつも目が行きます(芸能人に限り美しいというのが前提ですが)。
それなのに、意外と躊躇わずに新しい事に挑戦したりする姿に注目していました。みんながスケボーだの海だの言っている時から、「僕は映画が好き」と言ってましたね。そういうところも好きです。
確かに褒めだすとキリがないです。
そう、そして今までの積み重ねが見事に花開いた感じに、今ちょっと興奮気味です。
これからも良い仕事ができますように、十分に応援していきたいですね。
どうぞ、よろしくお願いします。

wineじゅんさま
大好きheart04
この気持ちに一度も疑問も持たず変わらない事が凄いです!
変わらないどころか年々熱くなっているような気さえします。
これからも楽しみです。

wineりあさま
検索で辿りついてくださったなんて、嬉しいです。
書いて良かった♪
はじめまして。
「嘘でもいいから」で吾郎の魅力に嵌ったなんて、しかもまだ年齢が一桁だったなんて!
私より年齢がずっと下なのに大先輩です。
そんな若い時に吾郎の魅力が分かったというのが凄いですが、意外にいらっしゃるんですよね、小さい時に吾郎に一目ぼれとか。
吾郎の魅力の秘密・・・とても深いと思いました。
ガラス細工のような~というのは佐藤 嗣麻子さんも確かそう表現していらっしゃったと思います。まさにガラス細工のようでしたね。
最近は一本通った芯の強さにしなやかさが加わり、しかも細さは昔のままで、最強だと思います!
「VENUS IN FUR」・・・素晴らしい舞台だったので、私も再演して欲しいです。
何か支離滅裂になってしまいましたが、最近は吾郎ファンも元気ですよ!一緒に楽しみたいです。
これからもどうぞよろしくお願いします。

wine yuraraさま
新しいファンの方が増えているのもとても嬉しいです。
しかも吾郎って、深みに嵌ると(笑)私のように抜け出せなくなりますから。
おっしゃる通り、ようやく評価され認められつつある感じで嬉しいです。
確かに、アイドルが40になって再評価なんて素晴らしいですね!
映像として残る映画はいつも熱望していますし、毎年続けている舞台も気になりますし・・・
新しいお仕事、何でも大歓迎です。

wineあみんさま
Twitterでお見かけしてますよね。
結構人見知りなので、失礼ばかりしています。
何かちょっと怖かったですか(笑)?
どうぞ、よろしくお願いします。
つかこうへいさんのファンで演劇をたくさん観ていらっしゃるのですね。
吾郎ファンにはずっと演劇ファンだった方、映画が大好きな方、宝塚やバレエなら何でも、本が大好き、ロック好き好き、クラシック大好き・・・など、一つのモノにとても嵌って詳しい方が特に多いような気がします。
(私はいい加減なんですけど)
だから、お話していてもとても楽しいです。
これからも、楽しい吾郎ファンライフを是非ご一緒に楽しみたいです♪

wineなおなおさま
本当に、いつから今のような考えを持つようになったんでしょうね。
まわりの方が良かったのでしょうか。
そして年上の方の助言を素直に聞いて向上心を持ってきた事が、今につながるのでしょうか。
アイドルなのに~という事は、デビュー直後から吾郎はやってきてますものね。
そして、今でも私たちの妄想の上をいく仕事をしてくれる事にいつも驚かされます。
吾郎の可能性をみて、「オファー」がくるのですね。
そんな凄い仕事をしながら、SMAPでいる時は自らをネタにしても笑いを取る、見ている人が楽しければいい、という姿勢は潔い。
そうだ!書き忘れていたけれど、吾郎の「潔さ」も大好きなところの一つです。
しかも、ますます美しい・・・最高ですねheart

投稿: サイトー | 2014年5月 7日 (水) 00時34分

wineあっぷるぱいさま
何か56の日っていいですよね。
昨日のビストロ!
ビストロ衣装なのに、本当に美しくて素敵で。
充実しているのですね。
これからも、暑苦しく語ると思います。
どうぞ、よろしくお願いいたします。

winemarikoさま
アイドルとしてデビューしたのに、何歳になっても素敵だと思えるのって素晴らしいですよね。
『場の状況を瞬時に察する力』・・・確かにそうですね!
それはバラエティ番組でも、芝居でも、いつも吾郎は全体を見ているような気がします。だから決して必要のない所で出すぎる事はしない。
なかなか評価されにくいかもしれませんが、貫き通しているところ、いいですよね。
正直、私ももどかしい時があります。でも吾郎の美学なんでしょうね。
本当に素敵な人だと思います。
こちらこそ、これからもどうぞよろしくお願いします。

wineかねちゃん
自分語りすぎとか、とんでもない!
ほぼ、私と一緒ですよね。時期も、まさかのジャニーズに嵌るにも(笑)。
確かに吾郎さんだからこそ、なんですよね。
そこのところ、同じモノをくぐりぬいて辿りついた者同士、通じるものがあるような気がします。
おかげさまで本当に楽しい毎日を送っています。

>四十代に突入してますます花も実もあるいい男になってゆく吾郎さんをみてゆくのが楽しみです。
・・・本当にこれからが楽しみでなりません!
こちらこそ、これからもよろしくお願いいたします。

投稿: サイトー | 2014年5月 7日 (水) 00時55分

サイトーさん、「吾郎の日」にその想いを伝える場を提供していただき感謝です。映画、舞台、ドラマ、バラエティーにと夫々違った面を見せてくれる吾郎。そのどの場でも決して手を抜かない仕事への姿勢からは、外見や発言からは想像出来ない芯の強さ、一本筋の通った古武士のような感じを受けることがあります。

役者としての仕事でも、周りが何と言おうと自身がやりたいと思った役は主役、脇役に拘らず引き受ける幅の広さ・・・常に新しい事に対する挑戦が吾郎の芸の肥やしになっているのでしょうね。吾郎の演じる脇役は、演技力の無い人には絶対無理だと思うものが多いのも頷けます。

吾郎の醸し出す雰囲気は誰にも真似は出来ません。持って生まれた美しさに最近は10代の頃から積み重ねてきた知性、美意識の鍛錬が加わり、一層魅力的になってきましたね。5人でいる時はその立場を考え決して前へ出ず、人を否定せず受け入れ、黙々と自分磨きを続ける吾郎!そういう人のファンであることを誇りに思う今日この頃です。

投稿: あや | 2014年5月 7日 (水) 00時55分

久しぶりにコメントさせていただきます♪
本当にネットを始めたころ 吾郎をこのブログで知り始めたころ そしてブログを始めたころからもう何年と立っているのですが
吾郎自身が全然変わらずにいや当時よりもっとブラッシュアップされて素敵な男性になっているのがうれしいですね
40にして花咲く星の持ち主としてこれからもっと本当の真価 本質を庭に咲く大輪の薔薇のように咲かせてほしいです
その花をそっと柱の影から眺めるサイトーさんの姿をそっと家の壁の影から眺めていきたいと思うのでした(笑)
素晴らしい語りをありがとうございます!

投稿: YUE | 2014年5月 7日 (水) 05時43分

こんにちは♪
吾郎さんに対する熱い思い素晴らしくて涙が出てしまいました。
世の中に素敵な男の人は沢山いるのに、吾郎さんじゃなとダメなんです。もう気になって仕方ない。私はそんな感じでずっと来ました。
ですから吾郎さんが何をやっても素敵で素晴らしく思えてしまうんです。いえ実際素晴らしいのですが・・・
私の吾郎さん歴はドリスマまでは浅く来ていました。
でもドリスマで初めて、おまけに運良くアリーナ最前列で生吾郎さんを見てしまってから始まったように思います。
自分には才能がないから努力するしかないって謙遜する吾郎さんが素敵すぎて。

今朝は舞台のニュースも入って来てもうびっくりです。
これからも色々よろしくお願いします。

投稿: 睡蓮 | 2014年5月 7日 (水) 10時25分

コメントありがとうございます。

wineあやさま
お誕生日とは別に、何か純粋に吾郎の事を考えてしまいました。
>外見や発言からは想像出来ない芯の強さ、一本筋の通った古武士のような感じを受けることがあります。
・・・本当にその通りですね。
あのビジュアルなのに頑固な所も好きです。
忘れられない言葉に「意地でも、今幸せだと言いたい」って。
役者の仕事へのこだわりも良いですね。
脇役だと、どんなキャラクターを作ってくるか楽しみでもあります。
演じるのが楽しそうですね。

まだまだ書ききれなかった事、
ナレーション、バラエティ番組での弾け具合や気遣いなどなど、書きたい事がどんどん出てきますね。
それだけ多方面にわたって活躍していながら、一つ一つの仕事をきっちりと手抜ききせずにやるところも素晴らしい。
今の吾郎を見ていると、中身も仕事も充実しているのが分かりますね。
安定した目力の強さを見ると、精神力を感じます。
これからがますます楽しみです。

wineYUEさま
ファンになってからの事を振り返るとあっという間のようで長かったようで~本当にどうなるのかと思ったこともありましたが、一度も心が離れた事がないのは、それはもう吾郎さんが一人の人間として素敵だからですね。
今となっては何でも楽しい思い出、たくさんの方と知り合ってこんなに楽しい人生にしてくれて感謝の気持ちでいっぱいです。
歳を重ねるごとにますます素敵になっていくのを見るのは幸せですね。
>40にして花咲く星の持ち主
・・・まさにその通りですね!
私も負けずに、陰からそっとYUEさんを見ていきたいです。

wine睡蓮さま
”吾郎さんじゃないとダメなんです”
・・・まさにそれですね。
私も何でも素晴らしくみえてしまい、困っています。
でも容姿も声もある意味演技も好みですから!
異論は認めても屈しないです(笑)。
それにしても
ドリスマアリーナ最前列で生吾郎さん~素晴らしすぎる!!
これは運命ですね。
私も今まで以上に熱く語りそうです。
どうぞ、これからもよろしくお願いします。

投稿: サイトー | 2014年5月 7日 (水) 11時24分

はじめまして、色々巡っていたらこちらに辿り着きました。
吾郎愛にあふれたステキなブログ、思わずコメントしたくなり、お邪魔いたします。
吾郎さんSMAPファン歴は途中ブランクはありますが(汗)20年以上になります。
年齢を重ねるごとに素敵なチャーミングな男性になりましたね♪
SMAPと同世代なので今でもトップで頑張る彼らにたくさんのパワーをもらっています!
同じ時代に生きられて幸せです♪
ようやく時間の余裕もできたので今年こそはライブ&舞台に行くぞ!と思ってたのですが・・
いきなり舞台のニュースが!西日本にも来てほしいです(;´Д`)舞台の吾郎さんんも見てみたいです。。
これからもサイトーさんのブログを楽しみにしています。♪
Twitterも勝手にフォローさせていただきました・・すいません。どうぞよろしくお願いします!

投稿: eko | 2014年5月 7日 (水) 11時25分

昨夜はサイトーさんの吾郎愛あふれるお言葉の一つ一つに涙ぐみながら頷き、今朝はまた皆さまのコメント一つ一つに感激しています。

私が好きになった頃、彼はまだ美少年と呼ぶのも躊躇われるほどあどけない笑顔をした少年でしたが、あれよあれよと言う間に美しく花開き、外見だけでなく内側からも光を放つ不思議な魅力を持った美青年へと成長してくれました。

特に私の大好きな文章に携わるお仕事や舞台へと進出して行ってくれたことは無上の喜びです。
苦手なことには人一倍の努力をして、しかもそれをひけらかさない。彼の芯の強さ、揺るがないところ、しなやかで温かい心根。好きなところは増え続けるばかりです。

いつも私の暑苦しくてとんちんかんな吾郎語りをサイトーさんが美しい笑顔で聴いて下るのが嬉しくて、つい舞い上がってしまうのですが、これからもどうぞよろしくお願いいたします!

投稿: やや | 2014年5月 7日 (水) 12時23分

wine ekoさま
ここへ辿りついていただけて嬉しいです。
ファン歴20年以上!とても羨ましいです。
今思うと何故TVを見なかった!?と昔の自分を叱りたくなります(笑)。
でも「今」が最高なので、それが一番の幸せだと思います。
本当にチャーミングな男性というのがぴったりですね。
楽しむ事が上手でエレガント、しっかり年齢に合った中身を持ちつつ若々しい綺麗な容姿。
いつも新しい事に挑戦するので、飽きることなく付いていけます。
吾郎さんの舞台、発表になりましたね。
あの歌声をたっぷりと舞台で聴くことができるのが楽しみです。
ekoさんもご覧になれると良いですね。
ここでもTwitterでも、どうぞよろしくお願いします。

wineややさま
昨日の56祭り、楽しかったですね。
出しても出してもまだ足りない「私の好きな吾郎heart」!

ややさんも私よりずっと年下なのにファンとしては大先輩なんですよね。
可愛い男の子があんなミステリアスな美少年へ、不思議な魅力を持つ美青年そして、チャーミングな美しい大人の男性へと変わっていくところを見続けていたなんて羨まし過ぎです。
更に自分が好きな方向へ行ってくれるなんて幸せですね。
本当に好きなところがどんどん増えて行って、ますます熱苦しくなりそう。
舞台も発表になりましたし、またあのお店で際限なく語るのを楽しみにしています。

投稿: サイトー | 2014年5月 7日 (水) 13時09分

サイトーさま、遅くなりましたけど少々書かせて下さい。
まずはサイトーさまにビデオテープを貸した同僚さんに感謝します!でもいずれは同じ道をたどる事になったと確信しています。こんなに愛あふれるメッセージを紡ぐサイトーさんですもん!!
読みながら色々な事が頭をよぎり胸が熱くなってしまいました。紆余曲折を越えて更に美しくし思慮深い吾郎を見ていられる今現在がうれしいです。表面だけではない芯まで格好良い吾郎が大好きです。
今朝はまたバタバタ・・・でも当の吾郎はどんな時でも「やれるよ」って軽やかに乗り越えてしまうのでしょうか・・・色んな意味で吾郎を応援します!

投稿: 流星 | 2014年5月 7日 (水) 14時40分

サイトー様こんにちは、56の日に素晴らしい記事をどうもありがとうございます。
サイトーさんの想いに、感激し、みなさんの熱い思いにも触れることができ、とても幸せな気持ちです。
すっかり出遅れてしまいましたが、私もやっぱり参加させてください!
吾郎さんに完全にはまったきっかけは、私もサイトーさんと同じく、舞台夜曲です。ただ、それまでもドラマについては、嘘でもいいから、炎立つ・・などなど、一生懸命みていたので、きっとその頃から好きだったんだろうなあとは思いますが、多くの吾郎さんファンの方がそうであるように、まさか自分が、アイドルに、ジャニーズにはまるなんてことは、なかなか想像できなかったので(笑)今でも不思議ですが。
吾郎さんは若いうちから、ジャニーズの常識、アイドルの常識をくつがえす役柄等、いつも新しい挑戦をしてきたので、今までジャニーズに興味なかった私たちのようなファンを新規開拓するにあたり、大いに貢献したのでは、と思っています。
初期のころのドラマやバラエティなどは手元に残していなくて、見返すことができないのが悔やまれます。特に「嘘でもいいから」は、ほんっと、必死でみてたのですが、ビデオにもDVDにもなってなくて、本当に残念です。

どの瞬間の吾郎さんも、それぞれに大好きで(それはもう、息苦しいほどに!)とてもとても語りつくせないのですが、やっぱり今、現在のこの瞬間の吾郎さんが一番好きです。
吾郎さんが経験してきたすべての経験(嬉しく誇らしいことばかりではもちろんなくて)が、吾郎さんの糧になり、今の吾郎さんをつくっているのですよね。変わらないところも、変わったところも、その年月とともにすべてがいとおしく感じます。
自分自身もその時々いろんな思いを抱きながら、一緒に成長してこれたのかな?
年々好きになり、ますます好きになっていく・・・すごいことですよね!最近、新しくファンになったという方もたくさんいらっしゃって、本当に嬉しいですね。
それにしても、内面はともかく、あの外見、容姿は・・・年々美しく磨きがかかってくるのは、どういうことや・・・みる度に驚愕です。
「恋と音楽Ⅱ」発表になりましたね!舞台で完全に堕ちた身としては、やはり特別な思い入れがあるので嬉しいです!そして、またあの蕩けるような歌声が聴けるのですね。
こちらにコメントをさせていただく以外はめったに、インターネット等に出てこない地味~なファンなのですが、どうぞこれからもよろしくお願いいたします。

投稿: kina | 2014年5月 7日 (水) 16時01分

 素晴らしい吾郎の日のまとめありがとうございます。
スマスマが始まったころ、メンバーで話していても、ちょっと違う感じの子に目が離せなくなったのが、始まり。サイトーさんのかかれた朝日新聞の2001年のインタビューにもあるように若い時から、ぶれずに芯のある実はとっても実直な男性。駆けあがったりせすに、一歩一歩今もきっとらせん階段を確実に登ってきていると思います。今後もどんな姿を見せてくれるか楽しみです。

投稿: 柊 | 2014年5月 7日 (水) 22時51分

私も「もちろん顔から派」です(きっぱり)

サイト―様には全部表していただいて、語る言葉なしだったので、
帰宅後コメントを少し。。。と思ったらビックニュースが入ってびっくりしました。

「忙しいとか何がどうしたと愚痴を言ったり何かのせいにしたり言い訳をしない。」

「自分がきちんとしていればよい。何も言わず陰で努力する。」

はい、頑張ります。
そして、今まで56に励まされて頑張れました。

きれいで強い。

サイト―様。みな様。これからもよろしくお願いいたします。

投稿: 司 | 2014年5月 7日 (水) 23時11分

コメントありがとうございます。

wine流星さま
コメントはいつでもよろしくお願いします♪
ファンになってから今に至るまでのいろいろを思い出すと、本当に楽しい事ばかりでなくいろいろありましたよね。吾郎もいろいろ悩んだと思うのです、彼は絶対に言いませんが。
でもいろいろな積み重ねを経て、40歳を迎えますます光り輝いている吾郎を見て幸せです。
>当の吾郎はどんな時でも「やれるよ」って軽やかに乗り越えてしまうのでしょうか
・・・ああ、素敵な一文を!「恋と音楽」の時のまっちゃーさんの言葉でしたね。
どんなに大変でも「やれるよ」って乗り越えて、どんどん先に行ってしまうんですよね。
応援するのも楽しいです!!

wine kina さま
たくさんの嬉しいコメントを読ませて頂き、ずうずうしくも「コメントを!」とおねだりして良かったと今更ながら感動しています。
kinaさんは「嘘でもいいから」や「炎立つ」もご覧になっていらっしゃるんですね。羨ましいです。
もっとドラマを観ておけばよかったと後悔もしますが、連ドラの脇役でもドキドキわくわくする演技を見せてくれる吾郎にずっと夢中な毎日です。
>吾郎さんは若いうちから、ジャニーズの常識、アイドルの常識をくつがえす役柄等、いつも新しい挑戦をしてきたので、今までジャニーズに興味なかった私たちのようなファンを新規開拓するにあたり、大いに貢献したのでは、と思っています。
・・・確かにその通りですね。
SMAPが大ブレイクした時さまざまなところで分析され、よく吾郎のアイドルの中での特異性が今までアイドルに見向きもしなかった層を引き付けた~というような事を言われていたと思います。
SMAP自体が今までのアイドルとは違っていましたからね。
ここまで素敵な大人のグループになるとは、ファンとして幸せです。

今の吾郎さん、凄いですよね。
あのビジュアルで、あの声で~と思うと、舞台が楽しみで楽しみで。
こちらこそ、これからもどうぞよろしくお願いいたします。

投稿: サイトー | 2014年5月 7日 (水) 23時16分

wine柊さま
ずい分大雑把なまとめで、あああれを書いておけばよかった、これも書きたかったという事ばかりなのですが・・・
5人(6人)全く違う個性でしかもそれぞれが素晴らしいというメンバーをよく集めたものだと思いますが、その中でも誰に目が行くか・・・というのも興味深いですよね。
「ちょっと違う感じの子」「後ろの方にいる子」等々、ファンも感じるところが似ている人が多いと思います。
日常生活ではせっかちであっても、ゆっくりと着実にらせん階段を上がっていく吾郎を追いかけて、私たちも焦らずゆっくりと吾郎を楽しめたらいいですね。

wine司さま
握手good
勿論、顔から派ですね!!

私自身は、文句・愚痴・言い訳・人のせい・努力しない~の人なんですが、少しでも見習いたいです。
「きれいで強い」人を見ながら、少しでも進歩したいです、いくつになっても。
これからもどうぞよろしくお願いします。

投稿: サイトー | 2014年5月 7日 (水) 23時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« SMAPXSMAP 5月5日 | トップページ | 恋と音楽Ⅱ »