« 雑誌・新聞など | トップページ | 恋と音楽Ⅱ 初日(多分・・ネタバレ無し) »

2014年6月13日 (金)

STOP THE SMAP 6月12日

loveletterそろそろTシャツが恋しい季節です。気に入ったTシャツを見つけるとすぐに買ってしまいます。個人的に白地でコットン地のものが好きです。吾郎さんはどんなTシャツが好きですか?
そうですね、今年は6月、もう5月の終わりくらいから暑い日がやってきたというか、夏はどうなっちゃうんだっていうくらいですよね。確かにTシャツ1枚で外歩ける季節ですね。
うん、Tシャツは僕は・・そうですね、やはり形がすごい重要ですね。うん、やっぱり体に合った形というか丈の長さとかね袖の太さとかね、結構その辺が重要ですね。
もちろん生地も重要ですね。僕もホントに柔らかめのコットンが好きですね。
好きなTシャツ、必ずこのTシャツを買うってメーカー、僕もあるんですね、う~ん、アメリカのブランドなんですけど。凄い着心地がいい、部屋着なんかに最適なんですけどね。
ちょっとお値段しますけれども、僕SMAPなんで(笑)。

【SMAPな時間】
loveletter先日放送された第一次さんま内閣、吾郎さんのコメントとっても面白かったです。「修学旅行生を見かけたら手を振ってサインを書け」とか「お尻の食い込みはダメ」とか「光GENJIをデビューさせる時、ローラースケートかプロレスか相撲のどれかだった」とか、あと知らなかった事務所の裏話など聞けて良かったです。
さんまさんの番組、面白かったですね。何か芸人さんがいっぱいいる中でポツンと、ちょっと自分が浮いてる感じがしたんですけれど、キスマイの北山くんなんかも出てて。
北山くんは凄いですよね。芸人さんの中に入っても同じ空気でやっていけるというか、同じテンションで。何かバラエティ向きなのかな、何か後輩ながら凄いなと思いながら見てたんですけどね。僕はちょっとあの場では違和感があった気がしたんですけど。
まあ、そこが僕の面白さですからね(笑)、自分で言うのも何ですけども。
コメント・・・そうですね・・そこが使われてたんですね。
修学旅行生を・・昔会社の社長さんに言われた事ですよね、原宿とかで修学旅行生を見たら手を振ってサインを書けとか、そうするとホントに地元に帰ってその噂が広がって人気が出るみたいですよ、全国的に。
最近、原宿とかに修学旅行生がそんなにいない気がしますよね、昔よりね。そんな事ないのかな。
あとは光GENJIをデビューさせる時に、ローラースケートかプロレス、まあローラースケートは決まっていたんでしょうけれど、光GENJI以外にこの時代に何かプロレスとか相撲とかそういうスポーツをやるようなアイドルグループを事務所は作りたかったっていう確実な話か分からないですけど、そんな噂を聞いた事があったんですけどね。
でもホントにこれジャニーさんが言ってた事なんですけどね、少年プロレスをやりたいってね、良かったですよ、絶対やりたくなかったですよ、僕。
プロレスのグループでアイドルデビューだったら(笑)もう辞めてますよね。
今の自分はいないですよね。
相撲、相撲のアイドル・・・ん~ねぇ~でも何かこれから先、ジャニーズの若い子たちもデビューして何かいろいろあるんでしょうね、今後もね。
ローラースケートとかスポーツにね何か絡めてそういうグループが出てくるのかなぁ。
でも相撲なんて今面白いですよね。10代の男の子だったらキレイじゃないですか。
相撲とかプロレスとか、まあやりながら歌うって事ではないと思うのですが、スポーツもできるアイドルグループですか?うーん、あるかもしれないですね。
まあ、そんなに僕も興味ないですけれども(笑)。

musicmermaid

【メンバーとの時間】
loveletter中居さんの番組を見ていたら、中居さんが自分でメイクをするとおっしゃっていたんですが、吾郎さんはご自分でメイクされたりしますか?
そうですね、基本的に顔とかは自分でやりますね。
あ、でもやってもらうメンバーもいるのかな。メンバーによってはね、その番組とかによってメイクしたり逆にしなかったりとか~の事もあるみたいなんですけど。そうですね、あとは例えばドラマとか映画とか、映画とは特にメイクさんにやってもらったりしないと他の出演者との顔の色の馴染みとかもあるみたいで、特に映画の場合フィルムで撮ったりするので、自分で勝手にできるって感じではない場合もあったりもするんですよね。
テレビとかね、いわゆる写真の撮影とかそういったものとか、舞台とかコンサートとかは自分で・・みんなやっちゃうんじゃないでしょうかね。
男なんで~メイクって言ってもね、軽くファンデーション塗ったりとか、ちょっと眉毛薄かったら眉毛足したりとか、そんな程度だと思うんですけどね。
だから自分でやる人が多いんじゃないでしょうかね。
髪の毛とか、ほとんどやってもらいますよね。
自分でもできない訳ないんですけどね、大変ですからね、後ろの方とかねやったりするのがね。
そんな感じですけれども。

penそうか・・普段は自分でメイクとかもするんだ。手がかからない人たちだろうな。

木村くんのウォシュレットについて負けず嫌いと言いながら本人もかなり負けず嫌いなウォシュレットトーク、癖毛について、図書館の思い出、猫の習性と犬についても~は、「続きを読む」からどうぞ。

loveletter木 村くんがラジオでウォシュレットを37年間使ったことがないというメールに対して、ウォシュレットはあったら絶対に使う、ちなみに強弱は一番強いのにする と熱く語っていました。吾郎さんはウォシュレット使いますか?私はこれまで15年間一度も使った事なかったけれども、チャレンジしてみたら凄い気持ち良 かったです(笑)。(スタッフさんの笑い声)
Rさん、15歳なんですね。何で今まで一度も使った事なかったんだろう。家に無かったのかもしれないね。珍しいですね、だいたい結構みんな家にウォシュレットって今だいたい付いてますよね。でもRさんの家にはたまたま無かったのか、または使ってなかったのか。
今の時代、普通に使うものなんじゃない・・無いと逆にあれ?って感じしますよね。
木村さん、一番強いものにするって(笑)(笑)凄い、すごい負けず嫌い(笑)。
まあでも弱いよりは強い方が僕もいいと思いますけどね、あんまり強いのもどうかなと思い(笑)・・・うん、ウォシュレットね、海外なんて行くとまだ普通に無いところの方が多いですけれども。
まあ自分ちのウォシュレットが一番いいなって思っているはずなんですけど、たまに何か他所のウォシュレットがすごく自分ちのより良い時は悔しいですよね。
何かね・・いい時あるんですよ。
まあ、僕は好みで言うと・・どっちかって言うと太く出るのが好きですね、細いよりも。
何か気持ちよくないですか、太い方が。何か滝の白糸のように細く出るのは・・・あんまり僕は好きじゃない・・ですね。
まあ何か自分ちのウォシュレットが一番よくありたいんですけどね。
たまにちょっと負けたなって思う時が(笑)・・ホテルとか、いいウォシュレット付いてますよね。
メーカーによって違うのかな。あとその建物とかね、水圧とかもあるから、そういうのって。
どうなんでしょうかね、ん~ん
まあまあまあ、そんな見解が出ましたけれども。

【吾郎の自由時間】
loveletter大 泉さんとの癖毛トークをものすごく頷きながら見ていました。私も生まれた時からの癖っ毛です。稲垣さんに近い、髪が濡れるともずく状態の髪質です。天然 パーマ届、私も書きました。いろいろ理不尽だと、癖毛には人権はないの?などと思いながら中学高校と苦労しました。家族の中でも私だけが癖っ毛だったの で、きっと私は拾われてきた子だと本気で(笑)思っていました。癖毛にとっては大敵な梅雨の季節がやってきました。今年も無事に乗り切りたいと思います。
女 性の方だと大変ですね。男もね、職種によってはめんどくさいですけどね、僕らみたいに。髪の毛をすごい短髪にすることもできなければ、やっぱりある程度 セットしなきゃいけない人だと~大泉さんも~これ俳優の大泉洋さんですよね、ビストロに出た時のトークなんですけど。う~ん、大変だと思うんですけどね。
これでも天然パーマ届って多分僕らの世代くらいまでではないでしょうかね。
今の子供たちには、それこそ人権じゃないですけど、やらせない気がしません?
どうだろうねぇ。ちょっとね、違う形で天然パーマだよって、先生とかに分かってもらうとかね。
届を出すって今の学校教育的っぽくないですよね。
何か親御さんから言われちゃいそうですよね、こんな事したらね、逆に。
まあでも女性の方大変ですよね。

大泉さんも結構な癖毛でしたけどね。
でも僕はもうこの仕事やって髪の毛やってもらえるのでね、メイクさんとかに、ありがたいことに。
他はもう、今もそうですけどね、プライベートでは帽子かぶったりしてる事多いのでね、そうですね、だからあんまり・・もう、しょうがないなって感じですよね。
でも確かに梅雨の季節は大変ですよね。
確かに乗り切るのは・・でも真夏も結構ね、湿気多いですからね、最近の夏って蒸し暑いしね。
う~ん、ちょっと癖毛の人々にとっては大変な季節がやってまいりましたね。
まあ、頑張って乗り切りましょうね、皆さん。

loveletter先 日、大泉洋さんがゲストに来られた時のビストロでお話が出ていましたが、本屋さんによく行かれると聞いて、ふと思ったんですが、稲垣さんって図書館に行く ことがあるんですか?本屋の店員さんはミーハーな人があまりいないとの話にみんな頷いていましたが、その点では図書館でもやっぱり「SMAPだ!」と騒ぎ にはならない気がします。でも本を借りて期限内に返しに行くというのは難しいかもしれませんね。
図書館・・ねぇ。何かいいですよね。子供の頃すごく好きでしたね。
小 学生の時に、自分の街自分の住んでいる街に大きな図書館が建設されて、すごくそれが印象的でしたね。何かほんとに綺麗な大きな建物で自由に入れる所って子 供ながらそこの図書館しかなくて、ホント大きな図書館でね立派で~何かほんとに未知の世界、お屋敷みたいに感じたんですよね、子供ながら。また図書館の香 りもいいですね、本の香り活字の匂い。
そこの子供の頃行っていた図書館で初めて僕はCDというものを聞いたんですね。
多分僕が小学4~5年生位の頃なんですよね、CDができたのが。
ちょうど30年くらい前ですか、今からね。
その頃その図書館ができたんで、唯一そこでCDが聞けるんですよね、図書館で。
まだ家にはなかったんですけどね。
何かそんな思い出の図書館、今まだあるのかな。
まあ、あるでしょうね。凄い・・めっちゃめちゃデカいんですよね。
何かみんな町中の人が行ってましたもんね、できたころはね。
今度行ってみて確認してみようかな。
何かいろんな気持ちになれそうですよね、そういうところに行くとね。
最近ではね、ホント図書館行かないですよね。
大人になって行くというと調べものとかね、そういう感じですよね。
何か小説読みたい本読みたいというと、普通買っちゃいますもんね。
ホント、資料や何か調べるとかで使うんでしょうけどね、あとは撮影とかでね、たま~に行ったりしますけどね。
とにかく地元の懐かしい図書館にちょっと行ってみたい、そんな気持ちになってしまいました。

pen小学生の頃から本当に図書館好きだったのね。
吾郎の思い出には、いつも懐かしい香りも付いてくるのが良いなぁと思います。
図書館は本の香り活字の匂い・・・
やっぱり写真集には、古い図書館で本を探している吾郎の何枚かも是非!
(久しぶりにリクエストしてみました(笑))

musicFEEL IT

【五六二三】
loveletter私 は吾郎さんはもちろん、木村くん、中居くん、シンツヨとSMAPのラジオはよく聞いています。いつもスマホで聞いているんですが、吾郎さんのストスマの時 はよく我が家の猫がスリスリしてきます。スマホで頭を掻いたりスマホの上に座り込んだりします。やっぱり吾郎さんは猫が好きだからウチの猫も吾郎さんの声 が好きなのかなぁなんて思っています。今、ストスマを聞き終わったばかりですが、今日もスマホにスリスリしてきました。
ちなみにHさんが飼ってる猫はスコティッシュフォールドの雌14歳。
へ~え、僕の声に反応するって事なんでしょうかね。
猫好きが分かる、う~ん。
ま、猫も好きですけど、最近、犬も好きですけどね。
完全な猫派という事では最近なくてね、最近意外と・・・なんか犬なんか見ても可愛くなってきましたね。
何か街中でフレンチブルドックとかボストンテリアとか見てると、可愛いなって思っちゃうんですよね。ちなみあれですよね、フレンチブルドックというのはボストンテリアとブルドックをかけてるんですよね、特に白黒のヤツね。
あとはタイプは違うんですけどね、ダルメシアンを見るとやっぱり見ちゃいますね。
だいたいね、白黒が好きなんですよ、僕。モノトーンが。何でも。
車でも。動物でも。洋服でも。
だからダルメシアンを見ると、つい反応してしまうっていう。
そう考えるとフレンチブルドックなんかも白黒とか多いですものね。
そうか・・でもこのスコティッシュフォールドちゃん、可愛いですね。
何か反応してくれるのか。
でもね、多分ね、このHさんが凄い僕のラジオを真剣に聞いてくれてるんですよ、すごく。
特に僕のラジオをね。
すごく飼い主が夢中になっているものに対して猫って何か邪魔をするんですよ。
一生懸命本を読んでたりすると本に乗っかってきたりとか、新聞読んでると新聞の上に乗っかってきたりとか、適当にやっている事に対してはあんまり反応しないんですね。
やっぱ飼い主の気持ちをこっちに向かせたいというか、他のものに対して自分以外のものに対して何かあまり熱中して欲しくないというか、それはペットの心理なんじゃないかなっていう。
まあ、一応分析してみました(笑)。はいっ(笑)

pen今週も本当に楽しかった。弾んだ吾郎の声から、舞台のお稽古が順調に進んでいるんだろうなという事が伝わってきました。
そうそう!可愛い猫とのツーショット、モノトーンの車と吾郎、そしてダルメシアンを従えた吾郎の写真も、写真集に追加、お願いします!

musicYes we are

house番組HP
稲垣吾郎のSTOP THE SMAP

mailtoお便りの宛先
〒105-8002 文化放送「稲垣吾郎のSTOP THE SMAP」
メールアドレス smap@joqr.net

|

« 雑誌・新聞など | トップページ | 恋と音楽Ⅱ 初日(多分・・ネタバレ無し) »

吾郎ラジオ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 雑誌・新聞など | トップページ | 恋と音楽Ⅱ 初日(多分・・ネタバレ無し) »