« 意外なところに嬉しい記事 | トップページ | ノンストップ 7月1日 »

2014年6月27日 (金)

STOP THE SMAP 6月26日

loveletter職場に大きな声でくしゃみをする男性がいて時々びくっとします。吾郎さんはくしゃみをする時、どうしてますか?
そうですね・・・場を考えますよね、やっぱり。家の中だったらあまり気にしないかもしれないですけど。でも口で押えて普通に・・もしかしたら、ちょっと唾とか飛んじゃったらイヤですものね。鼻から何か出ちゃうかもしれないし。そういう危機を感じながらくしゃみをするんでね(笑)。一応手で押さえるという形ですけど。
くしゃみをする時、どうしてますかって・・あんまり考えた事ないですよね。
女性のくしゃみとかって可愛いらしいですよね。何か絶対そんな風にくしゃみしないだろっていうのに何か「はくしょん♪
(悔しいくらいに可愛く)」とか言う、ほんとにはくしょんとか「くしょん♪はくしょん♪(ばかみたいに可愛く)」とかホントに言う人いますよね。
真面目なんでしょうか、くしゃみに対する考え方がね。
まあ、そういう女性の方が、まあね家だったら違うかもしれないですしね。
まあでも何かちょっと恥ずかしいですよね、くしゃみってね。
ま、いろいろありますけれども、振り返った事なかったんですけれども、一応TPOというか、その場の周りの人の事とかは考えてみたりするかなって感じですけれども。

pen「絶対そんな風にくしゃみをしないだろ」とか言いながら、ものすごく可愛いくしゃみをくしょんheart01とかしてみせて、やっぱり「家に帰ったらそんなくしゃみしないだろ」的なつっこみがとっても素敵です、ごろうさま。

【SMAPな時間】
loveletter先日セブンプレミアムのCMを拝見して早速鯖の塩焼きを買いに行きました。正直、鯖が苦手なのですが、吾郎さんが勧めてくれるので挑戦しました。ものすごく美味しかったです。パサパサしてないし骨も無いし脂ものっていて、この鯖は好きになりました。CM撮影の裏話などありましたら教えてください。中居くんの食パンも美味しかったです。
そうですね、今回中居くんと~まあ一緒のシーンはないんですが、セブンプレミアムのコマーシャルに出演させて頂いているんですけれども、僕は鯖ですね、鯖の塩焼き・・
これはね、本当に美味しいんですよね。
もちろんあっためて食べた方がいいんですけど、焼き魚のレトルト・・真空パックになっているのかな、焼き魚をパウチして販売しても美味しくないのかな~なんて思っていたんですけど、コレ本当に美味しいんですよね。普通にチンして食べると、もうホントに普通の塩サバを焼いたみたいな感じに、しかも骨も無いですし脂ものっているので、何か朝ごはんのおかずなんかにはいいんじゃないかなって思いますね。骨が無いって凄いですよね。
これホントにコンビニの焼き魚ってどうなのかなって思う方でも、まずは試して頂きたいですね
お薦めです、こちらの商品は。

loveletterサザンの桑田さんのラジオでゴロウ・デラックス渡辺淳一先生追悼回の放送の話題が出ました。桑田さんは生前の渡辺先生の「僕は年相応に老けていく人生なんていやだね。あの人はもう年甲斐もなく、と言われるような生き方、異性と恋をするとかそういう生き方に共感できるね」という言葉にスイッチが入ったという事をお話されていました。桑田さんに影響を与えられる渡辺先生が凄いのはもちろんの事、そのような先生をゲストとして迎える事ができたゴロウ・デラックスも本当に素晴らしい番組だと思いました。これからもゴロウ・デラックスを通じていろんな本また作家の方々に私たちも出会える事を楽しみにしています。
桑田さんがゴロウ・デラックスを観ててくれてたっていう事ですよね、嬉しいですね。
結構業界の方がゴロウ・デラックス観てくれている事が多くて、よく言われるんですよね。
何か仕事とかしてて、ドラマ観たよとかスマスマ見たよとかいろんな事言われる事あるんですけど、ゴロウ・デラックス観たよと言われる事が実は一番多いんですよね。
不思議ですよね、深夜だから。まあ変な話、テレビドラマ、ゴールデンタイムのバラエティ番組とかテレビドラマに比べたら、絶対的に観てる人間の数っていうのはね、視聴率とかもそうですけど、少ないはずなのにも関わらず、この業界にいるとすごく言われる事が多いですね。
ま、もちろん皆さんもね観てくださってるとは思うんですけれども。
いや本がもう部屋にたまっちゃってたまっちゃって、100冊以上ですよね。
やっぱりね一度読んだ本だからといってお友達にあげたり処分したりって事は何かしづらいんですよね、やっぱり。
本って一冊読むのに結構エネルギー使うじゃないですか。
何か捨てられないというか貯まっていく一方で、整理しなきゃな~と思いながらも、まあゴロウ・デラックスで読ませて頂いた本に関してはちゃんと保存していきたいなぁと思っているんですけどね。
まあまあとにかく嬉しいですね、サザンの桑田さんがゴロウ・デラックス観てくださっているということ、それをまた、そのネタをピックアップしてきてくださったYさんも凄いですね。これはもうラジオならではのファンの皆様とのつながり方じゃないですかね。
ありがとうございました。

pen業界の人からの反響が大きいゴロウ・デラックス、そうでしょう!と思いますが、吾郎の口から聞くと嬉しいです。

思わず熱く語ってしまって恥ずかしくなって次のコーナーで読む予定のハガキを減らしてまでフォローして喋ったつもりが更に熱くなってしまったというゴルフ話、お便りをネタ扱いする暴君ゴロー、そして新しいライブ形式の提案への答えは~「続きを読む」からどうぞ。

musicLIFE WALKER

【メンバーとの時間】
loveletter最近、中居くんのラジオでゴルフの話題していて、最近ようやくお父さんのスコアを超えるようになったそうです。ちなみにスコアは90くらいだそうですが、吾郎さんはもうお父さんのスコアを超えられましたか?メンバーとはゴルフの話とかすることはあるんでしょうか。慎吾くんや剛くんはゴルフはしてないですよ ね。
そうですね、ゴルフ・・まあでもお父さんと行くっていい事ですよね。
まあね、お父さんのスコアは超えても・・あんまり・・・僕はそういう事は言わないですね(笑)。
どうしても年齢が違うし体力も違うし、あ、でもお父さん上手な方なんでしょうかね、中居くんのね。
ウ チのお父さんは、まあホントにゴルフ歴は長いんですけど、ずっとサラリーマンをやってたんでね、サラリーマンの月イチゴルファーの、何だろうな~ちょっと被 害者というかね(笑)やっぱ接待でゴルフをしたりとか、練習って言ってもそんなにできなかったと思いますし、忙しかったし。
やっぱり月イチゴル ファーで会社員とかやってると、どんどんゴルフも難しい方に嵌っていってしまうというかね、徹底して時間のある方とかで、もうホントに根つめて思いっきり やれないとゴルフってなかなか上手くなれないんだよね。それを30年40年やってても何かなかなか難しいんですよね。そういった意味では、うちのお父さん は決して上手いっていう感じではないんですけどね。
まあでもゴルフ凄い好きなんで、母親とよくやってるんでね。
まあゴルフ、スコアの話よ く出るんですけどね、僕はあんまりスコアの話はしたくないんですけどね、すごいやっぱり難しいんですよね。その時によってスコアって変わりますし、下手な スイング、下手なゴルフでも毎日ゴルフやってれば誰でも良くなっていきますし、ある程度は。またやらなくなると基礎ができていない人はどんどんダメになっ ていくし、そういった意味ではアベレージという言葉は、僕はないんじゃないかなって思うんですけどね。
僕なんかでも普通に80台とか70台とかで回った事もありますし、でも最近ゴルフやってないので、もちろん90とか100とかスコア出しちゃうかもしれないですし。
だから平均して僕は80くらいで回れるね、とか90くらいだねとか、僕はあまりそういう事は言わないですね。
ゴルフやられる方だったら分かってくださるんじゃないのかな~って思うんですけれども。
まあでもそれくらい自分にこだわりがあるという事は僕もゴルフが大好きなのかな~なんて今自分で話しながら思ったりもするんですけどね。
それにしても最近全然ゴルフとかも行けてないんでね、まあでも練習は凄い好きでね、やらせて頂いてたりはするんですけれども。
僕はとにかくレッスンとか、コーチに習ったりとか練習するのが凄い好きなんでね、時間があったらまた行きたいと思うんですけどね。
あと剛くんとか慎吾くんは、どうなんでしょうかね、あまり興味はないんじゃないでしょうかね。興味ないのに無理してやることはないと思うし、あんまりゴルフが好きなタイプではないんじゃないかなって。
中居くん木村くんは好きですよね。
まあちょっとまたメンバーの誰かとゴルフ行ったとかラジオ的なエピソードをね、お話したいんですけれども、最近はなかなか行けてないんですけどね。
舞台もありますしね。
まあ秋くらいからね、また時間ができたりしたら気候的にも良くなってきたりしたら、またゴルフなんかもやりたいな~と思っておりますけれども。

【吾郎の自由時間】
吾郎の自由時間では趣味とプライベートのお話をします。
(笑)何かさきほどの(笑)・・・さきほど、(ずっとく すくす笑いながら)なんかゴルフの話してたら(笑)冷静に理屈っぽく喋りながら意外と熱く語ってるなと自分が恥ずかしくなっちゃって(笑)今自分のその フォローをしたくてね、この「吾郎の自由時間」のねハガキを減らしたいなって思っちゃっているんですけどね(笑)
何かスコアにこだわらない話を さっき・・・この番組を聞いてくださってるね、そんなゴルフとかやらないでね、何となく僕の事を応援してくださるファンの方とかが聞いても全然面白くない んじゃないかなって今思いながらね(笑)、まあそんな事夢中になってる僕が面白いならいいんですけれども・・そう。しかもちょっと意味が分かりづらいか なって思って(笑)
もう一回ちょっと整理させて話させて頂きますと、要するに僕の考えるゴルフというのは
(まだくすくす笑いは続く)、ゴルフっ てホントにゲームなんで、点数というかゴルフで言うとスコアですね、スコアってホントに大切なものであって、一般的には100を切ったらちょっと一人 前・・じゃないですけど、そこを目指していって、できればスコアカード通り、ゴルフっていうのは72で回るものですからね、だいたい基本的には。
そ こを目指して100から72まで、どうやって数字を縮めていくかっていうスポーツなんですけれども、ただあんまり数字にこだわり過ぎちゃうと、何かその何 だろうな、ゴルフっていうのは、例えば美しくゴルフをやる、たとえば綺麗なスイングでゴルフをするとか、自分が思っていた通りまっすぐボールを飛ばすと か、石川遼くんみたいにドライバーで思いっきり飛ばしたいなとか、何でもいいんですけど自分のスタイルっていうものがあると思うんですね。
自分のスタイル、どういう事をやっていきたいかを追求していくのもゴルフの一つの面白さであって、ただ単にスコアがいいっていう事だけをやっていくと、ホントに何かスタイルとしてあんまりキレイじゃなくなっていっちゃう、その辺の事を伝えたかったんですけどね。
変 な話、僕なんか見てても「ああ、きったないスイングだな」とか「やり方もこの人ちょっとせこくて汚いな」とか思うようなそういうゴルファーでも何かスコア だけはどんどん良くなる人も多かったりとか、結構対決したりね、ジュース1本賭けてみたりとかね、そういう事をやる人はスコアに対して執着心が強くなって いきますよね。

そうすると、何かひどいスイングでもスコアが良ければいい、みたいな人多いんですよね、日本のゴルファーの人は。それよりも何か自分のスタイル、自分の目標を決めてって、そしてやっぱりエンジョイゴルフ楽しむ事が一番大切なんじゃないなぁ~って僕は思うんですけどね。
女性の方だったらファッションにこだわるのも凄くいいですしね、やっぱり美意識が凄く高いスポーツなんでね、やっぱりスタイルですね、僕が一番追求したいところはね。
それをちょっと言いたかったんですけどね。またこの自由時間を使って訳分かんない話をずうっとさっきから、こうぐるぐるぐるぐる話してるの、おかしいですよね。
今日はもうこのまま突き進んじゃいましょうか。ね。
もう汗かいてきちゃいましたよ、ラジオやってるのに。
まあまあまあ、そんな感じでね
(笑)ゴルフは好きなんですけど(笑)、まあなかなか最近時間がないからね、出来てないストレスもあってこの番組で発散して(笑)るのかもしれないんですけど。
まあそうですね、何で僕がそんなにレッスンが好きかとか、なんで一人で練習するのがそんな好きなのかと、みんなで楽しんでやればいいんじゃないかと、よく言われるんですけれど・・・
結構、あの~老人になっても年をとってもゴルフって出来るんでね、いま我慢して練習を徹底的にすると、やっぱり老後の事を考えてるのね、僕ね。
やっぱり年を取った時に楽に美しくゴルフが出来るじゃないですか。
そうなんです、やっぱり。自転車とか水泳とかと一緒で一回覚えちゃうと出来るんでね、ゴルフもね、ある程度。その一回ちゃんとしたスイングを作るのに今けいこ中というか修行中というかね。
だからまああまりラウンドしていないんですよね。だからあまりラウンドしたって話をできなくてちょっと悪いなって思ってますけどね。
ま あでもメンバーは中居くんとか木村くんとかは凄い逆にレッスンとかして究めていくというよりはコース行ってお父さんとゴルフやったりお友達とゴルフやった りっていう細かい事気にしないでエンジョイするゴルフっていうのが好きなんじゃないかなって思ったりもしますけれども。

penゴルフしないので具体的な話は分かりませんが、吾郎の考え方や感じ方がうかがえる話だと思いました。
分かりやすい数字よりも、自分のスタイルを大事にする~とっても吾郎らしい。
コースに出るより練習が好きとかいわゆる世間一般の「ゴルフ好き」のイメージとは全く違うんですね。ストイックなスポーツマンという感じがします。
私も勝敗よりフォームとかにこだわるタイプなんで凄く嬉しかったです。

【五六二三】
loveletter先日、飼い犬の血液検査をするために動物病院に行ってきました。無事採血が終わると先生が「結果は一週間くらいで出ますが、ラインとファックスのどっちがい いですか?」と聞くんです。へぇ~最近はラインで結果を報告してくれるんだと思った私は「ではラインでお願いします」と言いました。すると「そうですか、 ではまた来週いらしてください」「え?だって今ラインって」「え?ああラインではなく来院です」と言われて恥をかいてしまいました。吾郎さんも何か勘違いして恥をかいた事ありますか?
ネタじゃないですか、完全な(笑)
ホントかなぁ(笑)、でもホントなんだろうね。(くすくす)
ありそうだよね、これね。いいですね、このネタ。
何か勘違いして恥をかいた事がありますかっていう、これから何か質問された時に、このネタ使わせてもらうよ。言わないでね。これ、私のネタだって。

ラジオ聞いてる人も言わないでね、これ東京都のラジオネームM子さんのネタだよって言わないでくださいね、スマスマとかで普通に使うからね、困った時に。
あとテレビ雑誌の何か喜怒哀楽のコーナーとか、あるじゃないですか。
「そんなにないよ!」っていう時あるじゃないですか!
そういう時、コレ使わせてもらいますよ。
ね、これ別に犬の血液検査じゃなくても自分のね、人間ドックに行った報告とかね、何でもいいですよね。あ、病院じゃないとダメか「来院」ですからね。
M子さんが、ホントに自分のネタかどうかが問題だよね。M子さんも何かタレントさんか何かが言ってたネタを引用してきてね、そしたらもう(フッ)ゴーストのゴーストになっちゃうから大変な事になっちゃうんだけどね(笑)。
だいじょぶかな。M子さんが考えたんだったら、僕は使いますよ。
だってM子さんの実体験だったら使えるよね。だって、バレないもん
盗作盗作騒がれてますけど、これくらいはいいんじゃない別に、ねぇ。
そうですよ、エンターテインメントのどこまでがね、ホントに演出なのか、やらせなのか、いろいろ最近言われてますけどね。
まあまあそんな話は置いておいて。しかもいまどきじゃないですか、ね。
だけどさ、根本的に僕、ラインやらないからね。
ライン、やらなそうでしょ。やらなそうで、やってないから。使えないかな(笑)。
しかも、病院がラインで送るわけないじゃん。無理でしょ、だってアドレスとかをね。
面白いですね、でもファックスなんですね、病院もメールとかで配信しないのかな。
するところもあるのか。ファックスが多いですか、いまでも。
まあ、いろいろ出ましたけれども、ね。あ、僕の勘違いの話は・・・いいですよ。
ちょっとこのネタを使わせてもらうという事で。

penいいな、M子さん、5回も名前を呼んでもらえて~heart04

loveletter吾郎さんの落ち着いた声に癒されながら、時々上げる素っ頓狂な声に吹き出しながら毎週聞いています。SMAPライブについて提案します。ずばり世代別ライブ はどうでしょう。子供からお年寄りまでSMAPほど幅広い世代に人気のアイドルいや芸能人はいません。いろんな世代で盛り上がるライブはもちろん楽しいけ ど、吾郎さんより少しお姉さんの私は正直息切れすることも。思い切り盛り上がりたい10代20代、盛り上がるときもあるけどちょっと座りたい時もある30代40代、できれば座ったまんま盛り上がりたい50代60代、体力的な事だけなら着席シートを選べばいいことですが、その世代ならではのSMAPへの思い や聞かせてほしい曲があるはず。子供たちのキラキラの笑顔で埋め尽くされたドーム、人生の先輩たちの嬉しそうな笑顔でいっぱいのドーム、想像しただけで やっぱりSMAPは凄いと感動している私です。どうでしょうか。
うーん、世代向けライブ。いいですね。いいです、いいです。僕はもう40代50代60代担当という事で。(スタッフさん笑い声)
10 代20代担当は僕は無理だな。だって10代20代・・もちろん応援してくださる方もいるし、番組にハガキいっぱい送ってくださる方もいますけどぉ~やっぱ 僕の事好きな10代20代って、ちょっと変わってますよ。ちょっと渋好みですよ、どっちかって言うと。だから~そういう方は50代60代の方と一緒に居れるわけですよね。ん~
でもSMAPのいいとこっていうのは、そういう人たちがいっしょくたでね、同じ空間の中で楽しい時間を過ごすっていうのがSMAPライブなんで、醍醐味でもあるんで
凄く分かりますけどね、世代別ライブ、僕らも楽ですよ、こっちの方が。
だって10代20代向きのライブの時はそれで割り切っていけばいい、まあ整理しやすいですよね。
まあでも僕よりも少しお姉さまってね、このRさんも書いてあったんですけど、30代40代50代60代の方とかはやっぱり舞台に来てくださればね、いいんじゃないでしょうかね。
今回もね、落ち着いた「恋と音楽ジャズのサウンドですからね、座りながら音楽楽しめますからね。
まあSMAPライブはもうああいう感じですよ。ね。
ド~ン!という感じで。

pen10代20代の僕のファンは変わっているって(笑)50代60代の人とも一緒にいられるって(笑)・・・確かに、吾郎ファンの若い方って落ち着いていて、しっかり自分を持っていて、ずっと年上の人と一緒でも全く大丈夫なような気がする。
でも、きっと吾郎がそういう10代20代だったんだろうな、と思う。
若い吾郎ファンって、きっと吾郎と本質が一緒なのよ、いいなぁ。
そして「SMAPのいいとこっていうのは、そういう人たちがいっしょくたでね、同じ空間の中で楽しい時間を過ごすっていうのがSMAPライブなんで、醍醐味でもあるんで」・・・この締めくくりの言葉がとっても良かった。
吾郎の使う言葉が本当に好き。

今週も楽しかった。
何だかくすくす笑いがいっぱいで。
内容がぎっしり詰まった30分、新曲の吾郎の声がとても素敵heart

musicTop Of The World

house番組HP
稲垣吾郎のSTOP THE SMAP

mailtoお便りの宛先
〒105-8002 文化放送「稲垣吾郎のSTOP THE SMAP」
メールアドレス smap@joqr.net

|

« 意外なところに嬉しい記事 | トップページ | ノンストップ 7月1日 »

吾郎ラジオ」カテゴリの記事

コメント

サイトー様、

こちらには初めてコメントさせていただきます。最近の吾郎さん、ますます口がなめらかになって、早口で、ものすごくおしゃべりしてくれてますが、それを完璧にまとめていらして、さすがです!それにしても、「ゴースト」発言にはびっくりでしたね。「こんな言葉、言っていいの?」と思うと同時に、「それだけ、吾郎さんも心を痛めていたのかな」と考えさせられました。

本日、無事、"抗議"の手紙をパルコシアターのボックスに投函してきました。(^w^) 舞台も後半になると初見の方が少なくなるのか、オリジナルの面白いセリフのところよりも、新しいアドリブの方が大うけしてました。とにかく、どんどんパワーアップしてること、間違いなしです!

ほんとに吾郎さんのおっしゃるとおり、雑誌やTVでいろいろな質問を受けてますから、引き出しをいっぱい持っていないとたいへんですよね。ですので、お手紙で"抗議"の後に、これまた実体験のゴルフ関連の新ネタをお伝えしておきました。吾郎さんが質問を受けたときに面白い答えを返せるように、吾郎ファンがいろいろなネタを提供するのもいいですよね。ラジオで募集しないかな。新しく「ゴースト」コーナーを作ったりして。。。(☆▽☆)

投稿: miporinco | 2014年6月28日 (土) 01時28分

30分フル活動の楽しい吾郎話の音源を起こして下さり、ありがとうございます。
活字に起こすとその膨大な字数に驚き、この作業に取り組んでいるサイトーさんを尊敬しています。

どのお便りも吾郎の返しも面白く、クスッと笑えたり、突っ込んでみたり、本当に楽しい30分でした。リスナーの方と獣医さんとのやり取りは微笑ましくて・・・ファックスとときたらラインだと思いますよね。それが来院だったとは(笑)こういう日常に起こる何気ない話、それも誰も傷付かないユーモァセンス抜群の話題は気分を良くしてくれますね。

吾郎が熱く語っていたゴルフの話も吾郎の人柄を表していて良かったです。実は、スコアの事も勝敗の事も、ゴルフ好きの主人に話したところ「まさにその通り!稲垣吾郎は偉い」と凄く共感しておりました(笑)スコアや勝敗に拘るあまりに、ちょっとズルをしたり、仲間との関係が悪くなったりが多いようです。仕事であれ、趣味であれ、吾郎の取り組む姿勢がいつも物事の本質を見極めていて素晴らしい!こういう話を聞くたびに、見習いたいと思っています。

投稿: あや | 2014年6月28日 (土) 11時41分

golf miporincoさま
初めてのコメントありがとうございます。
そして、お便り読まれておめでとうございます。
「ゴースト」発言、驚きました。
映画の特典映像、監督とあんなに楽しそうに対談していたのを思い出すと、胸が痛みます。
だがしかし(笑)!お便りをネタじゃないですかぁって(笑)・・・
”抗議”のお手紙ナイスです。
しかも、新しいネタまで追加ですか!
吾郎さんの反応が楽しみです。
「ゴースト」コーナー、面白いですね♪
今日、またパルコに行ってきましたが、確かにどんどん進化しています。
みんなが本当に楽しそうに演じて歌っていて、幸せなひとときでした。
舞台っていいですね。
これからもどうぞよろしくお願いします。

golfあやさま
コメントありがとうございます。
面白い事を書けないので、週に一度ひたすら書き写しています(笑)。
ストスマ、本当に面白いですよね。
全部書き写して、それでも後で読み返しても面白いですもの。
そして、思わぬところから、吾郎の生活とか人柄が分かるのも嬉しいです。
お父様のゴルフも、吾郎のゴルフも、いいなぁと思いました。
何でも数字だけで比べる世の中ですが、数字にはこだわらない自分の美学を貫く吾郎が、ますます好きになりますよね。
ご主人さまの言葉、とっても嬉しいです。
パルコ劇場にも、男性の姿が増え、特に平日夜は仕事帰りのサラリーマン風の方とかも多いそうです。
舞台の吾郎をファン以外のたくさんの人に知ってもらいたいので、嬉しいですね。

投稿: サイトー | 2014年6月28日 (土) 23時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 意外なところに嬉しい記事 | トップページ | ノンストップ 7月1日 »