« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »

2014年7月

2014年7月30日 (水)

27時間TV 朝風呂~ペンギンSMAP

spaめざまし朝風呂
SMAPの皆さんの疲れを癒して爽やかな朝をプレゼント~大変なファンサービスですね♪
吾郎も他のメンバーと一緒に腰にタオルを巻きつけた姿で登場!
ああ、ちゃんと起きてて良かったheart02
吾郎の裸の上半身を最後に観たのは2005年のドラマ「Mの悲劇」と「飛鳥へ、そしてまだ見ぬ子へ」。「飛鳥へ~」なんて、そんな事で萌えるのは不謹慎なドラマだし・・・
20代の頃と基本的には変わらず、良い感じに柔らかそうな筋肉が付いた綺麗な体に吾郎ファンは朝から狂喜乱舞。
あんなに美しいものを隠しておくなんて、なんてもったいない・・・
是非、そういう(どういう)シーンのある映画など観たいものです。
朝風呂の事はすっかりどうでもよい書き方になってしまいましたが、熱湯風呂を頑張る木村くんが可愛かったし、いろいろな仕掛けに逃げ惑うSMAPさんたち、楽しかったです。

airplaneご当地SMAP選手権
日本全国FNS27局が誇るご当地SMAPの選手権。
これに先駆けて1か月前からSMAPメンバーがそれぞれ全国27か所に飛んでサプライズ企画。
舞台中の休演日にも地方に飛んでいたのですね。
ロケ先で初対面の方たちに歌や踊りのアドバイスをする吾郎が新鮮でした。
そして27日はフジテレビ二つのスタジオ、キムスタとゴロスタ(笑)から木村くんと吾郎が司会進行役。
生放送で、二つのスタジオと現地からの中継、そして相手をするのは芸能人ではなく一般の方(動物も含むw)。
これはかなり高度な司会ではないでしょうか。
吾郎の明るい爽やかな声と笑顔は日曜朝の番組にぴったりでした。
一回だけ27が「にずうなな」になってしまって大変からかわれましたが(笑)~
本当になめらかな進行と、滑舌良い喋りが気持ち良かったです。
ゴロスタの方は中居くんが一緒で、口をはさむのがお仕事みたいな審査員の方の相手をしてくれました。ありがとう。
きっちり仕切る木村くんと一緒に初めての生放送での本格的な司会を務めあげ、一般の方にも二人の仕事ぶりは評価してもらえたのではないでしょうか。
パフォーマンスを終えた参加グループの所に駆けつけ、「良かったね!」と声をかける吾郎がとっても爽やか。司会って人柄が出るなと思いました。
木村くん・中居くんをはじめとしてSMAPメンバーにも褒めてもらえてよかった。
観覧した方によると、CM中なども休むことなく台本のチェックなど本当に真摯に向き合っていたそうです。
身近に立派な先輩の中居くんがいますものね、タイプは違っても仕事に対する姿勢はいくらでも学べます。

やはりきちんとした下準備があってこその司会進行ですね。

restaurantごちそうBISTRO
いつもはゲストにごちそうする立場のSMAPが、ごちそうされる側に。
ここで進行役は中居くんに戻り、いつものビストロみたいな、でも違う・・・という面白いコーナーを見る事になりました。

bottleタモリXSMAP 
タモリさんお気に入りのお蕎麦屋さんをスタジオに入れてのトーク。
スタジオでそば粉からそばを作るのを見て、2分でいいからちょっと横になってみたいとタモリさんに甘えるSMAP。
そばを打つのを見ながらタモリさんがお蕎麦屋さんとトーク、それぞれのスタイルで床に寝る5人。
こういう時、意外に吾郎は仰向けの大の字になって豪快に寝る。
2分くらい経った時そっと振り返ってSMAPを見るタモリさん、みんながまだ寝ているのを見て声をかけるのをやめる。
5分くらいしたところで真ん中3人が起きる。
そばを打つ職人さんと小声で話すタモリさんの声がとっても心地よかったとの事。
8分たっても爆睡している慎吾に添い寝してみるタモリさん、そこに更にくっついて寝る木村・吾郎・剛の3人。
これはもう本当に貴重な光景。
次に、まだ寝ている中居に密着するタモリさん。
中居くんに「寝てただろ」というタモリさんの声が本当に優しかった。
私はやっぱりタモリさんのトークとか笑いが好きだ。

penguinさんまXSMAP
いつものさんタクから始まったこのコーナー、突然屋上に連れていき猛暑の中木村くんを酷使して喜ぶさんまさん。
更に、この時間に体力を消耗しきると後で楽になると変な理論を掲げてSMAPにペンギンの着ぐるみを着せる。
ライブの前に見せる番宣CM映像を作るというのだ。

「27時間TVをやっていいて初めて人を憎いと思いました」
「ごろうちゃん、イライラしたときには嫌いなものを大きな声で叫ぶのが一番効果があるらしい」とさんまさんに言われた吾郎、ためらう間もなく大きな声で元気に「さんまー!」
普段は穏やかな二人の毒舌が面白かった。

めざましTVでも朝から、猛暑になるので熱中症には気を付けてくださいと言っておきながら、SMAPはいいんかい!?と、かなり心配しながら楽しめなかったコーナーですが・・・
しかも天気予報通り、突然の豪雨の後ちょうど太陽が出てきて湿度と気温が高く最も不快に感じる時。その辛さは想像を絶すると思う。
でも、後で見ると悔しいけど面白い。
氷の国みたいな小さなセット、斜面から滑り落ちで団子状態になるペンギンSMAPとか、何回も何回もダメ出しされて半分自棄になっている感じが、可愛いペンギンの着ぐるみと組み合わさってシュールだったりとか。
でも無事にノンストップライブを終えたから楽しめたのであって、コントのようなコーナーにしてもちゃんと歌って踊るSMAPは凄かった。

| | コメント (6)

2014年7月28日 (月)

27時間TV オープニング~深夜

tvオープニング
何じゃそれ?の設定から始まった2014年の27時間TV。
こんな禁断の事までSMAPに喋らせちゃう、スゴいぜフジTV!な感じに苦笑。
こんなに構えなくてもSMAPはいつでも進化していると思うし、生まれ変わらなくてはいけないのはそちらではないですか?と思うのですが。
でも、私の大好きなスティーヴィー・ワンダーからのメッセージは嬉しかった。
ここから始めればよかったのに。
SMAP=Song Music Art Positivity
Positivity(前向きさ)は、スティーヴィー・ワンダーを好きな理由の一つだし、それはSMAPにも言える事なので、とても嬉しい。

flag男だらけの水泳大会
よくある芸人さんの、声を張り上げて人の話を遮って自分アピール合戦のようなのがとても苦手。
私の見どころは、ひたすらSMAPのチームワークと吾郎の素敵スタイル鑑賞。
負けたらバツとして坊主にする件で、断る理由に「僕、ラジオとかあるんで」という吾郎の一言がさすがだと思った。こういう短いシンプルな言葉での笑いが好き。
SMAPは楽しく時には厳しく闘っていて、やはりスポーツものは木村くんと剛がかっこよく活躍。5人それぞれの個性が見られて楽しかった。

dramaドラマ「俺たちに明日はある」
SMAPが解散!?という噂が流れだし~というドラマ。
大勢の超豪華ゲストは、噂に対するインタビューという形での出演。
「上手く作っただろ」というのが透けて見える感じを受けましたが、実際の仕事に密着しての撮影が多く使われていたので、舞台楽屋口や「ゴロウ・デラックス」収録、京都での「信長のシェフ」撮影現場まで映ったのは嬉しかった。
ドキュメンタリー的な作りの中でのインタビューは、どこまでが台本なんだろうと思わせるような現実感もあり、2度目に編集しながら見た時の方が楽しめたように思います。
とにかく吾郎がキレイだったheart

chair27時間ナショー
生放送でのトーク。
SMAPみんな安心して聞けて、大人になったなぁと。
水泳大会を経て、ますます吾郎がシュッとしてキレイに。
SMAP全員スキンヘッドポスターに向けて絞ったり調整したりしたんでしょうか。
何かみんなビジュアル良くて、SMAPさすが。

night今夜は眠れない
毎年おなじみの蒲団を敷き詰めた狭い部屋で冷蔵庫や流し台に寄りかかりながらのお喋り。
ブルーのTシャツに白いパンツという爽やかな衣装で現れた5人。
しばしのお喋りの後、木村くんは女優さん面接、慎吾は火薬田さんの所へ、そして吾郎と剛はさんまさんの為に女性をナンパしに深夜の街へ。
頼りなげな二人のナンパが可愛かった!
本番の緊張感が全然ないな、と言われようと、いいんです。
深夜の癒しなんですから。

| | コメント (2)

2014年7月25日 (金)

よんぱち 7月25日

東京FM、鈴木おさむさんのラジオ「よんぱち」に、Mステスーパーライブ前に吾郎が生出演。
金曜日の昼下がり、とっても楽しいお喋りを聞くことができました。
ものすごく適当なレポです。後半は更に簡略に。

karaokeSMAPの稲垣吾郎くんです~
鈴木:明日27時間だというのに、働きますね(笑)。今日はミュージックステーションで(笑)~
吾郎:そうなんですよね。
鈴木:その後リハもあったりとか~
吾郎:そうですね、結構バタバタしてますけど。
鈴木:(笑)皆さん・・だいたい27時間テレビとか前日から体調整えてたりとかするんですけど、あんまりそういう事でもなく。
吾郎:まあでも、いつも忙しいですから、いつも通りのルーティーンを歩んでた方がいいんじゃないのかなって。僕もいろいろ27時間対策はしてるんですけど。
鈴木:してる!?
吾郎:初めての事なんで。僕と木村くんが初めてなんで。中居くん知ってた?8回やってるって(笑)。すげーベテラン(笑)。
鈴木:でもねぇ、結構今までいろんな歴史がありますけど、これだけホントにメインの人が出ずっぱるというのは珍しいですよ。
吾郎:あ、そうか。普通その番組のカラーになっていくんだね、司会者そのままであったりとか。
鈴木:そうそう、いつもはもっとネプリーグがあったりとか、そういう中に入っていくけど、今回はないじゃない、あんまり。
タモさん来てタモさんとのトークだとか1個ずつ作り上げていかなくてはいけない、しかも僕が一番注目してるのは朝の3時間半FNSご当地SMAP選手権ってあるでしょ
吾郎:ああ、あるある)、あれが二つスタジオあるんですけど、あれね、木村くんと吾郎ちゃんの二人で司会をするんですよ。
司会やるの知ってるんでしょ?

吾郎:知ってる知ってる知ってる
鈴木:吾郎ちゃんどこまで気づいてるか知らないけど、思ってるよりガッツリ司会だよ。(笑)
吾郎:珍しいよね、僕と木村くんが司会やるっていうの。
鈴木:そう!だからあえて一番イメージのない二人がホント立ちでマイク持って、次々出てくるご当地SMAPの人を~
吾郎:そうなんですよ、しかも凄い時間無いし、どんどんどんどんやる感じでしょ。展開が。
鈴木:そう!で、濃いから、みんな。みんなその人たちはそこの為に命を懸けて来るから。そこの人をさばいてゲストも居て、あれが3時間半でしょ。(吾郎はうんうんと相槌打ちながら聞いている)いや、なかなか大変ですよ。
吾郎:だいじょぶ。出来る!僕。(笑)見えてる。
鈴木:いや、相当面白いのが見えてるんですけど、その前に朝4時半くらいからキスマイとのヤツがあるでしょ、あれがあってあれも結構大変だと思うんだけれども。有吉くん来たりして。その後、その司会やって、その後僕一番心配してるのは、その後はビストロでごちそうになるって事ですよね。あれはもう猛烈に眠くなると思いますよ。
吾郎:もうお腹いっぱいになって~みんな言われてますよね、お昼くらいが一番眠くなるって次の日の。
鈴木:だって例年と一番違うなって思うのは始まって1時間経って水泳やっちゃうって事だよね。
吾郎:だいじょぶ?なにこれ(笑)?(鈴木:なにこれって(笑)~)何で引き受けた(笑)!?
三浦:でも水泳対策の髪型にもなったんですよね。
鈴木:とはいえ、ですよ(笑)。
吾郎:まあまあ。気にしてられないですよね。
鈴木:めちゃイケチームでいろんな相談があって、水泳をどこにするかっている話もあったんですけど、最初から勢い出した方がいいんじゃないかというのもあるんですけど、やっぱり水泳でめちゃイケの人たちも「いや、全力で面白くするけれど、SMAPは大丈夫なの?」って心配してましたけど。
吾郎:まあね~最初だからね。
鈴木:そして何より、その後ず~っと進んで25時間後に45分3秒の生ノンストップメドレーライブを。
吾郎:45分3秒なんですか。さすが鈴木おさむさん、チーム27時間テレビだよね。
鈴木:45分3秒をどんどん売っていきますから。
吾郎:でもね、不安な感じの僕も必要だけど、結構体力自信あるから、そんな煽らないで大丈夫だから
鈴木:声は?声。
吾郎:声は、ミュージカルとか舞台やってるから、全然大丈夫だから
~(略)~
僕ら歌って踊る事が基本なので、そこはかっこよく決めないと。
フィナーレに向かっての山だから。
大丈夫?大丈夫かな。何かアドバイスしてよ。鈴木おさむさんから見て何か注意点ない?僕。僕が陥りそうな。

鈴木:ああ~でも吾郎ちゃん・・結構みんな振るじゃない吾郎ちゃんに、困ると、最近。困ると振るから、それがやっぱり昼とかちょっと機嫌悪くなる・・(笑)
吾郎:何かさ、みんな言うんだよね、機嫌悪くなるよって。イライラするよって。(鈴木:なるなるそんな機嫌悪くなるの?あの番組。
鈴木:やっぱね、ちょっとおかしくなってくるんだよね、朝くらいまでは意外とみんな堪えられるんだよ。
吾郎:そうなんだ(笑)朝くらいまでの仕事ってあるもんね、普段でもね。
鈴木:一番危ないのは10時超えてから。
吾郎:さすがプロフェッショナル。8時くらいまでの事もあるもんね。
(10時超えてまだこの先もあるというのが一番つらい、に対して)そこで、木村くんと俺の司会、3時間以上。
鈴木:その後に眠くなるご飯、眠くなった後タモリさんとさんまさんで気を遣わないといけない。
吾郎:タモリさんのテンションでトークしたら、俺寝ちゃうよ!(笑)
(さんまさんのコーナーについて)あれはヤバい、昨日ちょうどリハーサルして現場見に行ったりして、ちょうど同じ時間帯、夕方。ちょっとこれ何度あるんだよ?34度。明日は?34度。明後日も30・・・え?この状況でやるの?マズいな。(笑)
昨日もみんなで話していたんだけど、見えないものに向かっていく時のSMAPが一番面白いし、またこれを克服したら新しい僕らが生まれるんじゃないかな。

僕、どんな感じでいればいい?テンション高い感じ?
鈴木:吾郎ちゃん、ホントに~イラっときた時はイラっとしてください(笑)。
(吾郎のアハハ笑い)
あんまり頑張り過ぎないところがポイントじゃないですか。
吾郎:僕はそういうタイプですね。ずっとトップギアではないから。
鈴木:バラエティチームがそこは頑張りますから、吾郎ちゃんは・・・
吾郎:求められたら行け?
木村くんも2~3時間の番組でバラエティだと結構トップギアでずっと行くじゃないですか。年末のあの番組とか。それが27時間だと木村くんも想像つかないよね。

pen新曲、USJ、27時間ライブについては「続きを読む」からどうぞ。

続きを読む "よんぱち 7月25日"

| | コメント (2)

STOP THE SMAP 7月24日

loveletter吾郎さんが靴下をはいているところを見たことがありません。裸足で靴を履いているんですか?個人的には細い足首が見えて嬉しいです。
そうですね、確かに春とか夏は靴下が~履いてないことはないんですが、短めの靴下をはいている事が多いですね。冬場とか普通にブーツ履いたりすると長いソックス履いたりしますけど、洋服にもよると思うんですけどね。夏場(冬場と言い間違え?)はやっぱりスリッポンとかもうちょっとカジュアルにサンダルとか好きなので、七分丈のパンツやショートパンツなんかもね結構夏なんか好きなので、テレビではねあんまりショート丈や七分丈のパンツ履く事少ないんですけど、プライベートでは結構多いので、今日なんかもそうですね、意外とソックスは短いのが重宝しますね。スニーカー用ソックスとか、スリッポン用ソックスとかホントに短いというか・・足をカバーするようなソックスとかもありますからね。
そういう感じなので、もしかしたら素足に見えるのかなと思いますけれども。

pen
遠慮しないで、是非是非TVでもショート丈のパンツ履いてくださいsign03

【SMAPな時間】
loveletter吾郎さん「恋と音楽Ⅱ」東京公演無事に千秋楽を迎えられ、お疲れ様でした。劇場に入ると関係者様からのお花と共にファンの方たちからもたくさんのお花が届いていました。色とりどりの大きく素敵な花束を羨ましく見ながら、吾郎さんすべてこれ持って帰れるのかなとちょっと思いをはせてしまいました。お花飾っていますか?
そうですね、おかげさまで無事東京公演は千秋楽を迎えることができまして、あっという間でしたね。稽古期間を入れると約2か月だったんですけど、もうホントに毎日ミュージカル漬けというかお芝居漬けの毎日で。でも僕舞台大好きなんで、ホントに毎日毎日幸せな気持ちでいっぱいでしたね。
大阪公演もね決定してるんですけど、まだ詳しく日程は出てないんですけど、まだ正確には「恋と音楽Ⅱ」終わった訳ではないんで、歌も踊りも芝居も忘れないようにしないとなと思っているんですけれども。
いやぁでもホントに毎日毎日お客さん劇場に足を運んでくださってホントに嬉しかったですね。
やっぱりお客さんに来て頂かなかったら、お芝居してても意味がないですからね。
やっぱりお客さんあってのものなんですけれども。
つくづく、毎日お客さんとお会いするという事で、受け止めてくれる側の皆さんの気持ちやパワーみたいなものが伝わって、そういうパワーの交換みたいなもの、そういったものが毎日できたので精神的にも肉体的にもいい1か月間だったなぁと思います。
そして、このお便りにもあるように、ホントに劇場には数々のお花やファンの方々からいろんなプレゼントやお手紙頂きまして、一人一人にお返事書けないのが申し訳ないんですけれども、全部手紙には目を通してますし、お花は全部鼻を付けて香りまでかいでるくらいですから、写真も撮ってますし、ホントに嬉しくありがたく頂いております。
花束に関してはすべて持って帰れるかというと全部は持って帰れないんですけど、僕も花は~勿論皆さんは知っていると思いますが~大好きなので、部屋に飾れる限り飾ってますよ。
今もう胡蝶蘭だらけだよ、家が。
元々胡蝶蘭が好きなんですけれど、いろんな関係者の方々ファンの方々から頂いたお花もいっぱいあったので、まあ全部家に持って帰って・・・部屋の中凄いですね、もうホントに。
もう植物園みたいになってますね。
ファンの方ホントに僕の好みのもの分かっていてくださっていて、プレゼントの中にはね入浴グッズとかリラックスタイムを充実させるようなアロマグッズとかそういったものもたくさん頂いてまして、もうホントにしばらくは自分で買い物しなくていいくらいに充実しているので、ねえホントに夢を見せてるようで逆に夢を見せてもらったような、いい夢の交換ができた一か月間でした。
と言ってもまだ終わりではないのでね。
大阪公演もあるので、皆さん楽しみにしていてください。

pen本当に優しい・・・
「夢の交換」とか、何て素敵な言葉を使うんだろう。
そして舞台が好きなんだなというのが伝わってきて、嬉しいです。

loveletter先日放送のDr.検事モロハシ、見させていただきました。内容ももちろんの事、吾郎さんのコスプレドラマという感じがしてとても楽しかったです。吾郎さん自身で気に入った衣装とかありましたか?私は白衣姿の吾郎さんが好きです。そして珍しく吾郎さんの温泉入浴シーンがありましたね。ファンとしては永久保存版です。後編を期待しています。
はい、ありがとうございます。そうなんですよね、先日放送したパート2なんですけど、これも。
ああ・・・そう何か医療モノと捜査モノがミックスされ更にアニメーションみたいな漫画の世界観みたいな、かなり突き抜けた世界観というかコミカルなコスプレ要素なんかもあったりして、ほとんど漫画ですよね。ホントに老若男女、子供から大人までどんな方でも楽しめるエンターテインメントに仕上がっているのではないかなと思いますし~
この手のドラマ、ネタが尽きないですからね、医者モノと検事モノとミックスしてる訳ですから、話は限りなくネタ7はあるので、今後も後編やっていきたいなと思いもあるので、皆さん楽しみにしててください。

penモロハシさんはいろいろな科に潜入捜査することができるから、ドラマの可能性はますます広くなるので楽しみ、是非続編を観たいです。

メンバーの観劇、休みの日の過ごし方、お友達との食事、枕について、そして「翼の王国」に載った吾郎さんの話については、「続きを読む」からどうぞ。

続きを読む "STOP THE SMAP 7月24日"

| | コメント (0)

2014年7月22日 (火)

SMAPXSMAP 7月21日

airplane27時間TVのコーナーであるご当地SMAPの紹介。
SMAPのメンバーが各地に飛んで27時間TVに出演するチームにドッキリを仕掛ける
・・・という事で、何で事前に?と全く期待していなかったのですが。
結構面白かったです(笑)。

これはめざましTVでも毎朝めざましじゃんけんのコーナーに登場している訳ですが、何故忙しい合間を縫ってSMAPが全国に!?とも思っていたのですが。
結構面白かったです、その2(笑)。

吾郎が行ったのは
1)京大ダブルダッチSMAP~京都大学
まずは「好きなSMAPのメンバーは?」というお決まりの質問→本人が登場という流れ。
中居くんが好きです、木村拓哉さんです・・・というよくある展開の末、男子学生から「稲垣吾郎さんが好きです。紳士的ですごく爽やかなところに憧れます」という答えがキタ──(゜∀゜)──!!
後ろの車の中で待機していた吾郎が、
「紳士的な吾郎ちゃんです~」と登場。
さっきまで木村くん香取くんと言っていた女子大生も「ヤバい、ヤバい、イケメンすぎる」と。
あたたかい歓迎ありがとう!
京都大学っていうのも嬉しい。
父が京大だったので、少しだけ他より思い入れが。
吾郎、背が高い!
そして日中の外ロケ、大学生の中にいても全く遜色のないなめらかな肌。
と、知的な雰囲気。

2)鳥刺しSMAP~長崎県国見町
250年の歴史を持つ伝統芸能である「鳥刺し」
その伝統芸能で27時間TVに出演する方たち・・・に駆け寄ってハグする吾郎。
おじさんに「いい男だ」と言われてる。
やっぱり生で見ると思わず口から出ちゃうんでしょうね。
なかなか衝撃的な衣装で舞う鳥刺し。
27時間TVが楽しみです。

3)たった5人の小学生SMAP~石川県金沢市
来年の3月で廃校になってしまう小学校、そこの5人の小学生が「ありがとう」を歌う。
山道を歩いていくと現れる木造の校舎。
「木造ですよ、素敵ですね」という吾郎の言葉が素敵なのだ!
5人で「ありがとう」を練習している教室に入っていく吾郎。
小学生は皆きょとん顔。キャーと言ったのは先生(笑)。
それでも吾郎は動じずに「みんなに内緒で応援に来ちゃいました。皆さん僕の事知ってますか?」と挨拶。
バラエティ的には、ちょっと変わった子とか先生をいじるという方法もあるのだと思うけれど、こういう時は自分のやり方でいく吾郎が好き。
普通に大人に対するのと変わらずに小学生に
「誰にありがとうを伝えたいんだろう?」と質問する。
141年の歴史を持つ学校の校舎に伝えたいという「ありがとう」を聞くのも楽しみです。

chair久しぶりにSMAP5人だけでトーク。
27時間TV最初のコーナーが「真夏の水泳大会」
どうやら最近の吾郎の短髪は、水泳大会用だったそうです。
中居くんが「髪切った!!」と嬉しそうに吾郎の後ろ頭をもふもふ触る(笑)。
本当に嬉しそうに~
更に「番組中に直しちゃおうかな」「公開ブローだ!」と吾郎の髪の毛について話が展開。
「公開ブロー」がTwitterではトレンドに。
ほんの2分くらいしか喋っていないのにこんなに満足できるんだから、普段も歌トーク再開して欲しい。

musicTop Of The World
白い上下の下はピンクのインナー。
今週はちょっとワイルドな吾郎、
強いライトで陰影が更にくっきりと、神経が指先まで行き届いて静止画像が素晴らしい。
そして、この曲好きです。

意外に楽しかったスマスマでした。

| | コメント (2)

2014年7月21日 (月)

27時間テレビ ポスター・CM公開

スキンヘッドのSMAP5人という衝撃的なCMとポスター。
SMAPさんたちみんな横顔もキレイだし整った骨格をしているから絶対に素敵!と思ってたけど、予想以上にかっこよくて大感激。
ファンは愛をこめてハゲスマとかつるスマとか、香港の新聞では光頭とか。
都内には大きな看板がたくさんあるそうで、早いとこ見てこなくては。

CMは黒いマント着たハゲスマがすこぶるかっこいい。
そこがいいのは分かっているんだけど、ファンとしての本音はもうちょっとSMAPをちゃんと見たかった(笑)。

CMの撮影エピソードや監督・SMAPからのコメントはこちらで読めます。
とれたてフジテレビ

当ブログだと左側のサイトバーの27時間テレビから、公式サイトへも行けます。
PCだと、その時によってメンバー誰かの瞳辺りのアップが最初に出てくるので、これを覗くのも楽しみです。

| | コメント (0)

5月6月ノート

tvロミオとジュリエット(1996年 米)
tv華麗なるギャツビー(2013年 米)
tv天使の分け前(2012年 米)
tvBORN TB BE WILD~野生に生きる(2011年 米)
tv終着駅 トルストイ最後の旅(2009年 独/露)
tvかぞくモメ始めました(2012年 米)
tvキャスト アウェイ(2000年 米)
tv妹の誘惑(2011年 伊)
tvある日どこかで(1980年 米)
tvビル・カニンガム ニューヨーク(2010年 米)
tvプリンセル・カイウラニ(2009年 米)
tvコンプライアンス 服従の心理(2012年 米)
tv君と歩く世界(2012年 仏/ベルギー)
tvクロワッサンで朝食を(2012年 仏/エストニア/ベルギー)
tvギフト(2000年 米)
event「恋と音楽Ⅱ」 パルコ劇場

突然の舞台の発表で、気もそぞろな日々でした。
録画して観た映画もあまり好みではなかったし。
とりあえずバズ・ラーマンの作品は好みではないという事がますますはっきり。
これは好みの問題なので・・・
でも好みが違う人とあれこれ話をするのも映画の楽しみの一つかもしれない。

「恋と音楽Ⅱ」が大満足の舞台だったので、終わりよければすべてよし。

| | コメント (0)

2014年7月18日 (金)

ゴロウ・デラックス 7月17日

久しぶりの本当に久しぶりのゴロウ・デラックス。
ゲストは園子温監督。
何となく気難しい方を想像していたら、そんな事はない気楽にお話する楽しい方でした。

book今週の課題図書:「非道に生きる」 園子温 著
園監督初の自伝、人と同じ事を嫌うへそ曲がりの少年期青年期を経て、世界的評価を受け成功を遂げた壮絶な人生を綴ったもの。

子供のころから全裸で学校へ行って先生に叱られたり~そこで一番大事なのは「みんなが騒ぐ事」であって、その精神は今の映画作りにも通じるそうです。
映画みたいな信じられないような体験をそのまま映画に。

*17歳で家出して上京した時の怖い体験→「紀子の食卓(2006年)」  吉高由里子さんデビュー作。全くの新人だった吉高さんを演出した事によって初めて「映画監督」になれたと思ったそうです。

*19歳、ご飯を食べるためにカルト教団に入信→「愛のむきだし(2009年)」

*32歳、ヤクザの娘にはめられる→「地獄でなぜ悪い(2013年)」

更に、東京に出てきた時の体験でオリジナル脚本をゴロウ・デラックスの為に書き、監督が自ら演出。

movie非道に生きる」 脚本・演出 園子温
   稲垣吾郎  17歳の童貞・園子温役
   神楽坂恵  家出をした女性
   外山恵理  ラブホテルのフロント役

当時の青春の象徴だったという白いギターをかき鳴らして歌う吾郎・・・じゃなくて17歳童貞園子温(笑)。豊かな胸をした家出女とラブホテルに行く。
おどおどした演技が凄く面白い。
吾郎っておどおどした演技最高よねと思ったが、そういえば敵役のふてぶてしい役も最高だった。

少しの打ち合わせだけでリハーサルもほとんど無しで、ちょっと怖くておかしいショートショートが出来上がっていた。
監督もビックリ。

確かおはようSMAPで、園監督と楽しくお話して更に監督が一度「吾郎ちゃん」とおっしゃったというのが印象に残っていて、以前「ヒミズ」を凄く褒めていた吾郎さんだったし監督との未公開映像もたくさん見たいと思わせてくれた楽しいゴロウ・デラックスでした。

| | コメント (0)

STOP THE SMAP 7月17日

loveletter大人げないと思う時ってありますか?
これはありますよね。逆に大人って何なんだと思いますしね。
まあまあでもみんなそうなんじゃないでしょうかね。
僕の場合は何か意外と・・・そうだなぁ~大人っぽい自分と子供っぽい自分が共存してる感じがしますが、皆そうですよね、でもね。
そうですね、あとせっかちだったりとかそういう事もあったりとか大人げないなと思う事がありますが。
まあいいんじゃないでしょうかね、完璧な人間なんていませんからね。

【SMAPな時間】
loveletter「恋と音楽Ⅱ」大阪でも上演が決定しましたね。東京へはスケジュール上行けないとあきらめていたところに届いた朗報、本当に嬉しいです。必ず行きます。日程が待ち遠しいです。
ありがとうございます。そうなんですね。ま、でも前回は大阪でやったりとか仙台でもやったんでね、まあいろんな所でやれるっていう事はホントに嬉しいんですけども。
せっかく舞台っていうのは・・作るのに大変ですからね、稽古して。
なるべく多くやりたいなという気持ちは意外とあるんですね。何かもったいない気がしちゃってね、せっかく作り上げたものを二度とやらないと思うと。
やればやるほど、しかも、磨きがかかってきますから。
あまり僕も飽きるってタイプではないのでね、せっかくなので関西地区でも上演したいなと思っていたので、多くの人に観て頂きたいなと思っておりますね。
あとやっぱりね、舞台などで地方行ったりすると、また地方でね皆さんキャストと何かいろんな食事に行ったりとか、いろんな思い出も増えますし、またなかなか地方のファンの方にも、コンサートくらいでしかお会いする事ができないので、まあねそこで劇場に来て頂いてお会いできるっていう事はホントに嬉しい事なんでね僕も待ち遠しい事なんでね、楽しみにしていてください。

pen「恋と音楽Ⅱ」素敵な舞台だったので、大阪だけとは言わず、また仙台でもやって欲しいです。
誰かを笑ったりするのではなく、みんなが楽しくて幸せになる笑い。
たくさんの方に観て欲しいheart

ラインについて、運動について、そしてメール着信音については「続きを読む」からどうぞ。

続きを読む "STOP THE SMAP 7月17日"

| | コメント (0)

2014年7月15日 (火)

吾郎さま~

bell久しぶりのSMAPXSMAP
HERO祭りのビストロ、黙々とてんぷらを揚げていた吾郎でしたが、みんながまず天ぷらを美味しそうに食べてて良かった良かった。
勝つとは思っていたけど(笑)、やっぱり勝って良かった。

新曲の吾郎が美しくてかっこよくて・・・「ヤバい」しか思い当たらず乏しい語彙にちょっと落ち込む。でも本当に綺麗。
サビの慎吾との掛け合いも凄く良いし、実はよく見るとダンスもきちんと踊っているから静止画像を作成するととても美しいの。
指先まで神経行き届いているから。

dramaUSJ "The Wizarding World of Harry Potter" 前夜祭
前夜祭の前にアトラクションなども体験したというSMAP
とうとう吾郎も今回の目玉「ハリー・ポッター・アンド・ザ・フォービドゥン・ジャーニー」に乗った模様。
これが記事になってTwitter上を駆け回り、「ごろーちゃんが乗った」とちょっとしたニュースに。
これはファン以外にも「吾郎はジェットコースターが苦手」が知れ渡っているから、というところにSMAPだなぁと思う。
昨年春「SMAP5人旅」USJでの大騒ぎから1年少し、結構な宣伝になったのではないでしょうか(笑)。

こちらも、また髪の毛切った?感じのスッキリとした美形で、横顔のラインなんて彫刻かと思うくらい。
キャプチャーした静止画像の横顔に定規を当てて余裕のハリウッドラインにうっとりしました。
ああ、また暑苦しく語っちゃいました。ごめんなさい。

bookSPA! SMAPの仕事論
記者の方からも、素顔の吾郎にメンバー全員から愛されているという事が感じられたのでしょうか。
自分の存在を俯瞰で見て、仕事に対する意識も最初から最後まで一貫しているところが、読んでいて気持ち良かった。
「危機感を口にして他人と共有したくはない」
「どうなるか分からない緊張感と、それとは別に根っこのところで認め合っているSMAPの関係を大事にしたい」
~という言葉が吾郎らしいなと思った。
見かけとは違って、男っぽいんですよね。

吾郎についてしか書きませんでしたが、さすがそれぞれ個性的な回答に読み応えがありました。

| | コメント (2)

2014年7月12日 (土)

光秀さま

「信長のシェフ」が始まった。
いかにも漫画原作なドラマの中で、きちんとあの時代に生きた人の存在感を出しながら、でも時を超えて、時の中に漂っている感じがして面白かった。
信長のシェフ~その信長の命を握っているのは明智光秀、でも吾郎演じる明智光秀はもしかしたら実はケンに黙ってこっそり現代と行き来しながら歴史を変えてしまうのかもしれないという得体の知れなさすら持っているように私は感じた。
そのちょっとした胡散臭さとか危険さを少しだけ漂わせながら、楽しく演じているのではないかと思った。

吾郎って「少し地面から浮いている」「実は存在しないのではないか」というような感じを出すのが凄く得意だと思う。
新国立劇場「象」なんて、吾郎の最初のモノローグだけで「実はこの世ではないのかもしれない」と思わせてしまうものがあった。
・・・吾郎は普通の役演じられない?そんな事はない、「飛鳥へ、そしてまだ見ぬ子へ」「911」「桜、ふたたびの加奈子」などでは、きちんとお父さんを演じていましたし。
最近、本当に自由自在に役を楽しんでいるように思えて嬉しいです。

前回より更に出番は少なそうだけど、吾郎の綺麗な丁髷姿を見るのは楽しみ。
今回は甲冑姿もあり、殺陣も右手でやっていましたね。
それにしても吾郎のファンになった時、こんなにも時代劇が似合うようになるとは思っていませんでした。単に見る目がないだけかもしれませんが(笑)。

| | コメント (2)

吾郎祭り 7月10日

今日午後の再放送時間帯は、0710
テレビ朝日「信長のシェフ」
TBSテレビ「TAKE FIVE」
フジテレビ「流れ星」
・・・と、同じ時間帯で3つの局に吾郎が出演。

「流れ星」を見てもずく兄ちゃんにムカついてチャンネルを回すと、またもや吾郎が(笑)~という・・・
記念にラテ欄を添付しましたsign01

clipなんと、こんな「まとめ」までできていました。
あれゴローちゃんまた出てる?稲垣吾郎の唯一無二さが必要とされていた

| | コメント (2)

2014年7月11日 (金)

STOP THE SMAP 7月10日

loveletterええ~(ものすごく気だるげな声で)吾郎さんは夢を見るとき、モノクロですか、カラーですか?最近見た印象的な夢の話、聞かせてください。
う~ん、カラーですかね。はっきり色鮮やかかどうかって言うと定かではないんですけど、モノクロではないと思うんですよね。よくね、台詞も覚えていないのに舞台に立つ夢というのをよく見ますね。何かあんまりいい夢見ないですね、何か人に怒られてたり失敗したりとか、そういう事の方が多いですね。
まあ悪い事は夢で見てしまえばいいのかなっていう感じですけども。

pen”悪い事は夢で見てしまえばいい”っていう考え方が、吾郎らしい前向きな感じで好き。あんなに完璧にやっているのに、台詞忘れる夢とか見るのね~そこに驚きました。

【SMAPな時間】
loveletter53枚目のシングル「Top Of The World」「Amazing Discovery」まさかアルバム発表よりも前にシングルが決定するとは思いませんでした。基本的に明るい曲が好きなので、これから番組やCMで聞けるのを楽しみにしています。
そうですね、Top Of The Worldがスマスマのテーマソングになっていて、Amazing Discoveryがユニバーサルスタジオジャパンのテーマソングになっているんですけどね、まあ夏らしくて爽やかな曲なんじゃないかなと思いますし、Amazing Discoveryは中田ヤスタカさんが作ってくださって、Top Of The WorldはMIYABIさんですね、ギタリストの。シングルではお二人初めてなので、何かまたSMAPらしい曲を提供してくださって、SMAP色に変わるとどうなるのかなという感じで、いい出来なんじゃないかなと思いますね。
まあちょっとね、この番組でもいっぱいかけたいと思ってますんで、早く皆さん覚えてくださいね。

loveletter雑誌でSMAPが27時間TVのMCに決定した事にちなんで、27の質問という企画がありました。パッと見て吾郎さんと他のメンバーのスペースの違いに笑ってしまいました。他の4人が一言で答えているのに対して吾郎さんとてもたくさん話してました。サービス精神旺盛で話してくれてるのかな、と。今回は特別に全部載せたと書いてありました。時間が足りなくなったりしたようですが、インタビューはいつもそんな感じですか?
う~~ん、そうですね。これテレビガイドかな。テレビガイドのライターの僕を担当してくれる方がもうホントに僕20歳くらいの頃から、ず~っとインタビュー僕同じ方、テレビガイドが小さい頃から、雑誌がねまだサイズが小さい頃から、その方同じスタッフの方にインタビューしてもらってるんでね、何か凄い楽しい感じで会話が盛り上がって多分ちょっと、サービス精神が旺盛というよりも、すごい楽しく話してしまったという感じで。
他のメンバーが一言だったかどうかは僕は知らなかったんでね、なるべく期待にお答えして話したんですけれども、メンバーバラバラにインタビューしてるんでね、どういう感じで何を話しているかっているのは分からないですよね。雑誌見て分かるって感じだと思うんですけれども。

pen何か人生の半分くらい、同じライターさんとのおつきあいなの?いいなぁ~~~
だから伝わってくる信頼感なのかしら。

舞台のお稽古場で慎吾くんと一緒だった話、中居くんのハワイ旅行での出来事、ベランダ栽培、妊娠中の観劇、お風呂の入り方、pepperくんに感じる技術の進歩についてなどは「続きを読む」からどうぞ。

続きを読む "STOP THE SMAP 7月10日"

| | コメント (3)

2014年7月 8日 (火)

STOP THE SMAP 7月3日

loveletter私はゆで卵をキレイに剥けません。ゆで卵をキレイにむくコツを教えてください。
そうですね、僕もそうゆで卵を作る方ではないんですけど、何かゆでる前に卵のお尻の部分にヒビを入れておくと。そこから二酸化炭素が出ていいみたいですね。 二酸化炭素によって殻にくっついてしまったりとかね、白身が飛び散ってしまったりとか、そういう事がおきるみたいなんですね。あと茹で上がった卵をスプー ンで叩いたりとかね、まな板などに押し付けるとかして全体にヒビを入れながら剥く。流し水をしながら殻をむくと剥きやすいんじゃないかなぁと・・いろいろ ありますけれども、ね、ちょっと試してみてください。

【SMAPな時間】
loveletter6月2日のスマ進ハイスクールで吾郎さんの作ったショートショート「離れる」凄く良かったです。あの百田尚樹さんも絶賛していましたが、私には想像もつかない意外な展開で衝撃的でした。是非、吾郎さん主演で映像化して欲しいと思います。
そうですね、僕、意外と書く才能あるんですよ(笑)。自分で言うのも何ですけど(笑)。
あ まり認められてないんですけどね。まあ書く事は昔から凄い好きですしね、小説とかも凄い読ませてもらっているので、まああとショートショート、この百田さ んの出だしの切り口が素晴らしかったんでね、あとは何かストーリーとオチを考えるって事だったんで、意外と凄い好きな作業なんでね、楽しみながらやらせて もらったんで、もしかしたら上手くいったのかもしれませんけれども。
特に百田さんっぽくしたんですよね。百田さんに絶賛してもらおうと思って。
百田さんが点数つけるわけですし(笑)そういうコーナーだったんで、二重のオチにしてみたって感じなんですけど。でも面白かったですね、小説とかショート ショートとか文章書くことも何かやりたいなぁと思うんですけどね、前はよくエッセイとか書かせてもらったりしてたんですけどね、何か時間が欲しいですよ ね、だとしたら。
他の事をいろいろやりながら何か生み出していくという事は大変な事なんでね、あれはあれでやっぱり小説を書く時間を作ってくれたんでね、やっぱりできたんですけどね。
まあでも面白いですね、書くこと。
読む事は多いんですけど、書くことにもいつか挑戦していけたらな、なんて思っていますけどね。

pen小説を書くんだったら、何かやりながらではなくちゃんと時間を作って書きたい、という所に、一つ一つきちんと向き合う真面目な性格が出ているなと思いました。実は私、忙しい中、次から次へ出す(そりゃファンは買ってくれますよね的な)芸能人の片手間仕事があまり好きではないので、何かこの言葉が嬉しかった。

loveletter「オリスタ」のインタビューで悪役が最近多いと語っていましたが、吾郎さんの考える「悪」とはどういうものでしょうか。今まで「悪の華」としていろいろな役を演じてこられた吾郎さんの考えを是非聞かせてほしいです。
ん~ そうですね。でも悪役ってそんなにやってきてる訳ではないんですけど「十三人の刺客」とかでやらせてもらったのがいまだに言われたりするので、そういうイ メージもあるのかな、それでテレビドラマでちょっと主人公につっかかったりする役であったりする事が多いんですけどね。
でも悪役って凄く・・・何か「善と悪」って表裏一体というか紙一重なので、何か凄く悪役を演じるって事は、善い人の役もちゃんと理解できてないといけないというか~僕は逆側を見ますね。凄くね。
何かその・・正義の味方と悪役がいたら、その正義の味方、その作品の中の正義の味方の事を凄く理解する、その対極となるものはどういう事なのかなって考えていく感じにしますけどね。
あ と自由に・・人間誰でも「悪」の部分を持っているんでね、何かそれを隠さないといけないじゃないですか人間って、誰でもねやっぱり「悪」の部分って、Pさ ん「悪の華」って書かれてますけど、やっぱりそういうのってあるんですよね。だからそれを解放できるのって凄い楽しいですね。普段そういう「悪」っていう のを、どっちかっていうと隠さなきゃいけないし、何か上手く言えないんですけどね、そういった意味では凄く楽しいですね、悪役っていうのはね。
解放できるのでね、普段の自分をね(笑)。
そうですね・・あと何かやりようがいっぱいありますよね。正義だとみんなが大好きな正義の味方ヒーローにならなきゃいけないですからね、大多数が。
「悪」っていろいろあるのでね、奥深いんじゃないかな、悪役の方が~って感じがしますけれども。
舞台ではね、あんまり悪役ってやった事ないんでね、「ヴィーナス・イン・ファー」とか去年やらせてもらったのは、悪役ではありませんが、ちょっと「悪」はありましたけれどもね、芝居の中に。
今後、なんかね舞台なんかでもそういう作品やれたら面白いかな~と思うんですけれども。

pen吾郎の悪役がちょっと違うのは何故なのか分かったような気がしました。
吾郎って実は見かけの役作りってあまりしないですよね。
表情も口調も悪役っぽくしない、でもとっても怖い。
この「正義の味方の役」を理解する事によって悪役を演じる~だから、ものすごく精神的に怖い役・嫌なヤツを演じられてしまうのかなと思いました。
ちょうど今「流れ星」の再放送をやっていますが、「もずく」として大人気(笑)の修一兄ちゃんを演じる吾郎は、再放送の度に「ごろうちゃんが大嫌いになった」とたくさんの若者に呟かれるほど。最後までクズなもずく兄ちゃん、吾郎の役の中でも大好きなものの一つです。

セルフサービスのガソリンスタンドについて、テレビの見方、ダイエットへのアドバイス、目覚まし時計、食事中の水分、今嵌まっているもの・・・については「続きを読む」からどうぞ。

続きを読む "STOP THE SMAP 7月3日"

| | コメント (0)

2014年7月 6日 (日)

恋と音楽Ⅱ ネタバレ祭り~その3・東京千秋楽まで

後半のネタバレ祭りを開催させていただきます。

ここに書いておきたい事がいっぱいなのに、きちんと記録しておかない私。
楽しくて終演後乾杯して、言いたい事全部喋っちゃうから(笑)覚えてないのね、きっと。
だから特に台詞などいい加減ですが、記憶を辿ってツボだった所を書いておきます。
もしかしたら「可愛い」とか「ぷりけつ」ばかりかも・・・
まだ大阪公演が残っているので、「続きを読む」に隠します。

時々、思い出したら追加していくかもしれません。
面白かったネタなどありましたら、教えてくださると嬉しいです。

続きを読む "恋と音楽Ⅱ ネタバレ祭り~その3・東京千秋楽まで"

| | コメント (2)

恋と音楽Ⅱ 東京千秋楽を終えて

恋と音楽Ⅱ、素晴らしい舞台でした。
シンプルなステージと、5人のキャスト・5人のバンドの10人だけ。
そして作品から伝わってくる脚本・演出の鈴木聡氏の品の良いユーモア。
誰一人が欠けても他の人であっても、成立しえない作品が出来上がった!

音楽監督の佐山さんの指から流れ出す美しい旋律とバンドの音楽、歌と台詞、
シンプルだけど、ものすごく良く考えられて作られた舞台装置も素晴らしい。

確かに、あの5人には余計な派手な演出は要らないと思った。
いつも思うのですが、吾郎って相手役の方をキラキラ輝かせながらも、自分も輝いている。
決して自分が自分が~とならず全体を考えて演じていて、頭の良い芝居だなと思う。
真飛さんも今回のような役の方がやりやすいのかしら、とてもイキイキと演じられていて状況に応じて臨機応変、さすが舞台の上で活躍したスターなんだなと思いました。
全身あんなに美しいのに嬉々として変顔をするのもキュート~立ち姿もソファで並んだ感じも吾郎とお似合いで嬉しい。

無理やり慣習化したようなスタンディングオベーションには絶対にのりたくないけれど、今回はどこかで舞台の上の方たちに私たちが受け取った感動を伝えたかった。
でも今になって、きっと観客全員の幸せそうな笑顔は舞台の上から感じ取れたのではないかと思うのですが。
ただ、エンディングの流れが「ここで立つ!」というタイミングをつかみにくかったので、なかなか思うようにいかず・・・とうとうラストの週を迎えてしまいました。

4日マチネでは、カーテンコールで5人揃っての挨拶の後一旦舞台袖に捌けた時に客席全員が立った。そして一人ずつ出てくるところをスタオベで迎える事ができたのでした。
印象的だったのは、真飛さんが出てきて私たち全員が立っているのを見て、とてもビックリして嬉しそうな表情になったこと。
ラスト一人で出てきた吾郎は、みんなと同じ目線になってスターのオーラが・・・とかぶつぶつ言いながら、後ろの段を少しずつ上へと上がっていましたが(笑)。
皆さんと本当に楽しい時間を過ごす事が出来て幸せな気持ちになりました。また一緒に~と、しっかり結んでいました。

千秋楽では、一人ずつ出てくる時に小林さんが舞台上手に立っている北村さんのところにまっすぐ行って劇中で洋子さんにするようにお姫様抱っこ。
真飛さんはお辞儀の前に一瞬「宝塚の男役」の振りを。会場がキャーheart04
吾郎はいつもと同じですが、いつもよりゆっくりと客席を眺めた後に深くお辞儀、これもまた吾郎らしくていいなと思う。
千秋楽では、今までは吾郎一人で出てきたのが全員を呼んで挨拶したのは嬉しかった。
「皆さんと楽しい時を過ごせて幸せな1か月間でした」という挨拶の中に「幸せ」という言葉を3回も言ってしまうところに千秋楽を終えての興奮と疲れなどが入り混じっていたのかしら、その気持ちが込められていたし、期間はシークレットであっても大阪公演の発表も今後も続けていきたいという意思表示もありました。(期間や会場は決まっているでしょうに何故発表されないのか、本当に不思議)
吾郎が紹介した「吾郎と愉快な仲間たち」~まさにその通りのチームワーク、お互いの信頼感などが伝わってくる舞台でした。

そうそう!今回のキャスト、全員スタイルがいいの。
そこも凄く良かった。舞台はごまかせないからね。
北村さんのちらりと見せる脚線美は素晴らしい!
真飛さん、有能なキャリアウーマンが似合う~白いジャケットでコツコツと階段を上る後姿には惚れるわ~
相島さん、脚長いし、小林さんもスタイルいい。
吾郎さんのスタイルについては飽きたと思うから、今回は書かないけど(笑)。

私、シリアスな作品でのアドリブはあまり好きじゃないんですけど、今回のような作品ではアドリブ合戦も楽しかった。

前楽・千秋楽では、アドリブ満載で舞台の上と客席一体となって本当に楽しい空間でした。
千秋楽の吾郎の歌にはとても感動。
とっても感情を込めて歌いだしから大切に大切に歌い上げていました。
声の伸びも素晴らしく、ああ来れて良かったと心から思いました。

何かもう吾郎が上手く歌えるのが前提となってしまっているけど、バイオリンの香織さんが「音楽監督佐山さんの作るjazzyな曲は素敵だけど難易度高く、良く音程取って歌えるなぁ、と毎回感心してしまう」と呟いていらっしゃる位、この作品で歌われている曲は難しいそうです。
作品中でもネタになっているように(笑)「演技・歌」は心配ない、ダンスはきっと種類さえ選べば(ああ何気に失礼な私sweat01吾郎さんごめんなさい)大丈夫なのではないでしょうか。
良い声を生かして、これからはミュージカルもどんどんやって欲しい。
それから、鈴木聡さんの演出、私は好き。

ミュージカル好きによるミュージカル賛歌のミュージカル「恋と音楽」、千秋楽挨拶でも吾郎が言っていましたが続編を楽しみにしています。

4日マチネ終演後、偶然聞こえた二人連れの若い女性の会話
初めての舞台観劇だったらしい1人「舞台ってこんなに面白いものなの?」
連れてきたらしい1人「私が選ぶ舞台に間違いはないわ」
・・・この会話がとっても嬉しかった。
初めてだった女性は、きっと舞台って面白いって好きになっただろうな。

clipネタバレ祭りは、また後ほど。

| | コメント (2)

2014年7月 2日 (水)

Dr.検事モロハシ

Dr.検事モロハシ、待望の第2弾!

お酒でも船でも、まず「酔って」病院に潜入という段取りなんですね。
最初、今回が産婦人科に潜入という事でいったいどんな手を使うのかと思ってました(笑)。

息もつかせぬ展開、先の読めないストーリー、空撮やロケなど贅沢な映像~で大変楽しめました。
連ドラが終わってすぐの撮影、いったいいつの間にあんな密度の高い吾郎ドラマが・・・と、監督の腕に驚き、吾郎の切り替えの良さに改めて感心した。

「早く処置しないと死ぬぞ!」「鞄、持ってきてくれ!」「俺が執刀する」
てきぱきと指示するモロハシ先生、かっこいい♪

検事として医者として働く映像と、両方の横顔で決めたタイトルバックがものすごくかっこいい。やっぱり横顔使いたくなりますよね。
思わず、PCの画面に定規を当ててハリウッドラインを確認。

dramaコスプレ萌え
*迷彩柄パンツに半袖白ポロシャツ、赤白ミックス糸ニットの新婚旅行風。
*温泉入浴シーン、鎖骨萌え・・・ただのサービスショットだけでなく一応重要な証拠に結びつく伏線となっていたのですね。
*白衣が似合うのはいまさら。
*手術着
*椿に指示を出す街中でのスーツ+ハンチング+黒縁眼鏡の一応変装風(笑)
*ベルボーイ風の白い詰襟衣装に黒縁眼鏡
*東京地検医療特捜部の時のスーツ姿

・・・さまざまな衣装をかっこよく着こなして、ファンは大満足。
しかも、今回は仕事ができる正義漢のヒーローですから!
自信たっぷりで権力にもたてつく生意気な男、モロハシ。
東京地検医療特捜部として、病院に乗り込む時が、もう本当にかっこよくて。
回想場面の法廷シーンも凄く素敵でした。

第1回に引き続きの木村佳乃さん演じる愛想のない優秀女医沖田先生も大好きなキャラです。

ただかっこいいだけじゃない、吾郎がとっても良かった。
痩せてビジュアルは抜群、どんなアングルから撮られてもキレイ。
そして、演技が素晴らしい。
舞台・映画・連ドラ・単発ドラマ・・・と、それぞれの演技が違っている。
やはり1回勝負の単発ドラマは、普段より少し分かりやすい演技にしていると思ったのですが、どうでしょう。
是非、第3弾もお願いしたいです。
感想は、こちらまで→フジTV「Dr.検事モロハシ」

| | コメント (2)

2014年7月 1日 (火)

ノンストップ 7月1日

今日21時から放送「Dr.検事モロハシ」の番宣で、生出演。
淡いミルクココアのような色で柔らかなコットン地らしきジャケット(内側に薄いグレーの同じ型のJKを重ね着している風なデザイン←ますます訳分からなくなりそうな説明w)にベージュのVネックインナー・・・ほっそりした色白の肌に、淡い色合いがよく似合ってます。

3回目のゲスト出演、前回出た時は「いつも見ています」とおっしゃってくださったけどというフリに「毎週見ています」と。
毎日放送なんですけどと言われて「週一で見ています」(笑)。

cafeTEA TIME LIVE~せきららスタジオ
*SMAPのメンバーの中で女心が一番分かっているのは誰ですか?
「20年もこういう仕事をしているからみんな分かるんじゃないですか」と優等生な答えをした後に「でもまあ、僕じゃないですか?自分で言うのも変ですけど」と、誰も傷つける事のない素敵な結論を出しました。

*お忙しい毎日だと思いますが、その美貌を保つ秘訣は何ですか?
美貌shine」という言葉が出て、「いえいえいえ」と下を向く吾郎と、すかさず吾郎の横顔をドアップにするノンストップカメラマン。
良い仕事だわ~~~どっかの番組の某コーナー、同じ局だけど見習ってほしいわ。
運動とかはちゃんとしてます。走ったりとか。
お風呂に入る前に全裸になりますよね。一応鏡に映して隅々までチェックしたりとか~

どこを見るんですか?
頭の先から~(指先を下に向けて)こう体のスタイル変わってないかなって。
ただ問題なのは僕家の中では眼鏡かけてるんですよ。
だから、裸眼鏡なんです。


この辺り、もう完全にファンサービスな回答。
まるでTwitterでも見ているがごとく、ファンが喜ぶ事をよくわかっていらっしゃる(笑)。
だったら、写真集も是非heart04

食事は気を付けているんですか?
まあ多少は気にしてますけどね~
夜中にラーメンとかは?
(即答)そういうのはないです。
規則正しい生活と・・・
一番好きな食べ物って何ですか?
薬味とか好きですね。ネギとかしょうがとかミョウガとか(笑)。
野菜が好きですね。まあ肉も好きですが。バランスよく!

この後は、番組に寄せられた視聴者の質問に答える形式で、ゲストの小籔さんリンゴさんが大活躍。
時々、他の方の意見に合わせてユーモアのある受け答えをしていました。

計10分弱の出演でしたが、今日もパルコ劇場でマチネ・ソワレの2回公演の前に爽やかな生出演が嬉しかったです。

| | コメント (0)

« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »