« STOP THE SMAP 7月3日 | トップページ | 吾郎祭り 7月10日 »

2014年7月11日 (金)

STOP THE SMAP 7月10日

loveletterええ~(ものすごく気だるげな声で)吾郎さんは夢を見るとき、モノクロですか、カラーですか?最近見た印象的な夢の話、聞かせてください。
う~ん、カラーですかね。はっきり色鮮やかかどうかって言うと定かではないんですけど、モノクロではないと思うんですよね。よくね、台詞も覚えていないのに舞台に立つ夢というのをよく見ますね。何かあんまりいい夢見ないですね、何か人に怒られてたり失敗したりとか、そういう事の方が多いですね。
まあ悪い事は夢で見てしまえばいいのかなっていう感じですけども。

pen”悪い事は夢で見てしまえばいい”っていう考え方が、吾郎らしい前向きな感じで好き。あんなに完璧にやっているのに、台詞忘れる夢とか見るのね~そこに驚きました。

【SMAPな時間】
loveletter53枚目のシングル「Top Of The World」「Amazing Discovery」まさかアルバム発表よりも前にシングルが決定するとは思いませんでした。基本的に明るい曲が好きなので、これから番組やCMで聞けるのを楽しみにしています。
そうですね、Top Of The Worldがスマスマのテーマソングになっていて、Amazing Discoveryがユニバーサルスタジオジャパンのテーマソングになっているんですけどね、まあ夏らしくて爽やかな曲なんじゃないかなと思いますし、Amazing Discoveryは中田ヤスタカさんが作ってくださって、Top Of The WorldはMIYABIさんですね、ギタリストの。シングルではお二人初めてなので、何かまたSMAPらしい曲を提供してくださって、SMAP色に変わるとどうなるのかなという感じで、いい出来なんじゃないかなと思いますね。
まあちょっとね、この番組でもいっぱいかけたいと思ってますんで、早く皆さん覚えてくださいね。

loveletter雑誌でSMAPが27時間TVのMCに決定した事にちなんで、27の質問という企画がありました。パッと見て吾郎さんと他のメンバーのスペースの違いに笑ってしまいました。他の4人が一言で答えているのに対して吾郎さんとてもたくさん話してました。サービス精神旺盛で話してくれてるのかな、と。今回は特別に全部載せたと書いてありました。時間が足りなくなったりしたようですが、インタビューはいつもそんな感じですか?
う~~ん、そうですね。これテレビガイドかな。テレビガイドのライターの僕を担当してくれる方がもうホントに僕20歳くらいの頃から、ず~っとインタビュー僕同じ方、テレビガイドが小さい頃から、雑誌がねまだサイズが小さい頃から、その方同じスタッフの方にインタビューしてもらってるんでね、何か凄い楽しい感じで会話が盛り上がって多分ちょっと、サービス精神が旺盛というよりも、すごい楽しく話してしまったという感じで。
他のメンバーが一言だったかどうかは僕は知らなかったんでね、なるべく期待にお答えして話したんですけれども、メンバーバラバラにインタビューしてるんでね、どういう感じで何を話しているかっているのは分からないですよね。雑誌見て分かるって感じだと思うんですけれども。

pen何か人生の半分くらい、同じライターさんとのおつきあいなの?いいなぁ~~~
だから伝わってくる信頼感なのかしら。

舞台のお稽古場で慎吾くんと一緒だった話、中居くんのハワイ旅行での出来事、ベランダ栽培、妊娠中の観劇、お風呂の入り方、pepperくんに感じる技術の進歩についてなどは「続きを読む」からどうぞ。

musicTop Of The World

【メンバーとの時間】
loveletter吾郎さんの舞台と慎吾くんの舞台の稽古を同じ稽古場で行われていたことを知りました。一度だけ吾郎さんとばったり会った時の事を慎吾くんは同じところにいる のにばったりがないのは寂しいから吾郎ちゃんに会えて良かったと話していました。稽古場で慎吾くんとお会いした時に何かお話しましたか?その時の様子など お聞きしたいです。
そうですね、稽古場は同じだったんですけどね、お互い稽古してますからね。なかなか会う事もなかったんですけれども。一度たまたまバッタリ会って、まあ山本さんと一緒にいましたね。何か僕の稽古場の方に、バッタリというかちょっと顔出しに来てくれたんですね。
そうですね、ず~っと同じ場所でやってるんですけれども、なかなか会う事はなかったんですけれども。ねぇ、そんな事も珍しいですよね。
ねえ、同じ渋谷でずっと舞台やっていて、同じ時期だったんでね、観に行く事はできなかったんですけれども、まあ近くで頑張っているというのも凄い嬉しい事ですし、まあ慎吾くんもね、きっと舞台やって得るものが多かったんじゃないでしょうかね。

pen吾郎の稽古場に現れた慎吾と山本くん、ここに吾郎が加わって長身のいい男3人の並びを想像してニヤリとしてしまいました。
吾郎さんも舞台をやる毎に、何かを得ているんでしょうね。

loveletter中居くんがハワイに行った話をしていました。確認ミスでお兄様をゴルフ場に置き去りにしてしまったり、空港でお父様のパスポートが見当たらず中居くんも日本に帰ってくるのが一日遅れたりと珍道中だったようですよ。
ほ~、そうなんですか。ねぇ、でも時間があって良かったですね。ハワイに行けて。
でも大変だよね、一日遅れたりっていうのね。
仕事がその時ちょうど無かったんでしょうかね。
パスポートが見当たらないって、大変ですよね。
大体、パスポートって一番なくさないものですよね。(笑)旅した時ね。
ふふ、でも中居くんのお父さん、ちょっとお茶目だったのかな。
昔中居くんも(笑)パスポートなくした事があるんですよね、10代の頃アメリカ行った時に。
遺伝ですかね。親子そろってパスポートなくしてしまうって(笑)。
僕も忘れ物とか無くしものとか多いんで、あんまり偉そうな事は言えないんですけど、でもやっぱパスポート怖いですよね、ホントに。
パスポート、期限とかもあったりして。国によってはパスポートの期限が日にちが足りてるだけでなくて期限として半年くらいの余裕がないと入れない国とかありますからね。
気を付けなきゃいけないんですけれども。
あと書き換えとかも忘れちゃうと、免許なんかもそうですけど、普段手にしないものですからね。その辺の注意はしとかないといけないんじゃないかなっていう感じがしますけれども。

【吾郎の自由時間】
loveletter実家からミニトマトのプランターが届きそのままベランダで育てています。初めての試みにドキドキしながらもいつも小さな実ができていて、早くも収穫が楽しみです。吾郎さんも育ててみたい野菜・花・植物はありますか?
そうですね、トマトいいですねミニトマト。美味しいんでしょうかね。
普通にプロの農家の方が育てなくてもミニトマトだったら、出来るのかなぁ。
僕の知り合いで、庭でジャガイモを作っている人いましたけどね。
でもそれは小さくなっていましたね、ジャガイモ。
やっぱり大きなジャガイモ作るのはちょっと難しいみたい。それで何かねヴィシソワーズ作ったりスープ作ったりしてましたけどね。
トマトね・・・いいですね。
よくね、バジルとかタイムとかローズマリーとか一時やってた時もあったんですけど、何かねちょっと余裕があればやってみたいですね、ちょっとね。
ねえ美味しくできるんでしょうかね、自分でもね。
マンションとかだとね、ベランダとかになっちゃうんでね、ある程度の大きさのプランターしか置けないんでね、でも愛情かけて育てれば美味しくできるんでしょうか。
いいじゃないですかね、トマトね、収穫楽しみですね。
自分が作ったとなると、その時の味というのも格別なものになるんじゃないでしょうかね。
ねえ、僕も時間に余裕ができたらちょっと。
まあベランダはあるんでね、ちょっと作ってみたいなと思いますけれども。

musictwo of us

【五六二三】
loveletter「恋と音楽Ⅱ」観てきました。現在妊娠中で行くかどうか迷っていたのですけど、デビュー当時から大好きな吾郎さんに会いたいという気持ちで思い切って行ってき ました。どこから聞きつけたのか分からないのですが、スタッフの方が背中に置くクッションをわざわざ座席まで持ってきてくれました。まだそこまでおなかは 目立っていないのに、凄いなぁという気持ちと感謝の気持ちでいっぱいでした。

わざわざね、妊娠中で来てくださったんですね、ありがとうございます。そうですね、妊娠中だと我々想像つかないですものね、体の事ってね。まだおなかそこまで大きくないって言ってもね大変ですよね、わざわざ電車に乗って駅から歩いてくる事考えると。
スタッフがクッションってね、良かったですホントに。
こういう気遣いのできるスタッフって誇りに思いますしね、良かったなぁと。
劇場の椅子はやっぱりどうしてもね、最近の最新の映画館とかと違ってね、そんなに何か心地のいい椅子ではないのでね、まあ何かちょっと妊娠中とかね怪我されてる方とか体の調子が悪い方とかは結構大変だなと僕もちょっと心配して見てたりするんですけど。
まあ演じている方も大変ですけど、2時間ちょっと見てる方も大変ですからねお芝居とかってね、僕なんか人のお芝居観に行くと自分がやるより疲れる事ありますからね。
まあね、でも少しでもその間に楽しい時間を過ごせてくださったのなら僕らもやりがいがあったというか、良かったなと思うんですけれども。

pen”気遣いのできるスタッフを誇らしく思う”とは、吾郎らしい感性だと思いました。
確かに劇場の椅子ってあまり座り心地は良くないですよね。
演じながら舞台の上から心配してる吾郎さん・・・あの芝居の中で、どこにそんな余裕があるんだろう。本当に舞台の人でもあるんだなぁ。

loveletter吾郎さんはお風呂の窓を開けているとおっしゃっていましたけれども、外からは見えないのでしょうか。見えても平気なんですか?私の家もお風呂に窓が付いてい て、内側に開く窓になっていますが、やはりシャワーの音が聞こえるし外から見えたら恥ずかしいので閉めて入ります。見えなければ私も開放的になりたいで す。
そうですね、うちは窓を開けても外から見えない立地条件なので全然平気ですね。ちょっと隣の家が ありますけれども、見えない感じになってるんでね、気持ちいいですよねこの季節なんかね、冬とかも逆に気持ちいいですよね。何か冷たい空気が入ってきてお 風呂の中は温かくて。まあでもAさん女性ですからね、なかなか開放的にはなれないんじゃないかなぁっていう気もしますけれども。
う~ん気持ちいいですよ、お風呂の窓開けて入るっていうのは。
何か一日の楽しみでもあるんですけれども。

loveletter先 日のスマスマでの人型ロボットpepperくんとのやり取りが面白かったです。早口言葉対決では昔スマスマで木村くんが苦戦していた「Pちゃんぴぴぴぴ3 ぴぴぴぴ合わせてぴぴぴぴ6ぴぴぴぴ」を吾郎さんがあっさり言えたのを思い出して、是非メンバーとの対決を見たいと思いました。人工知能なんて漫画や映画 の世界だと思っていたのに、凄いですね。吾郎さんは今ありえないと思っていても10年20年後には実現していそうなものってあると思いますか?
先日スマスマでやっていましたけれども凄いですね、あのpepperくんね、ホントに。
も うすぐ発売という事なんですけれども。今ありえないことで10年後には実現しそうな事って・・・何でしょうね。想像つかない事なんでしょうね、そういう のってね。10年前に今の事想像ついたっていうとね、やっぱり想像できてない事の方が多いですからね。どんどんどんどん進化の速度っていうのも早まってい ますからね。やっぱり過去10年よりもこれから10年の方が更に速度は上がってくるわけですからね、進化、特に機械なんかね。どうなっていくんでしょうか ね、機械はあまり得意ではない方なんで、僕はね。付いていけるかどうかも不安なんですけれど。

musicAmazing Discovery

pen最初の辺りがとても気だるい感じで、ちょっとお疲れなのかなぁなんて思ったけど、(私、ラジオはヘッドフォンで聴いているのでなおさら)何かとてもセクシーで素敵な声でした。
今週はあまり深くは語らず広く浅くの感じでしたが、ちょっとした事で吾郎らしい考え方が垣間見えたりするとファンは嬉しいのです。

house番組HP
稲垣吾郎のSTOP THE SMAP

mailtoお便りの宛先
〒105-8002 文化放送「稲垣吾郎のSTOP THE SMAP」
メールアドレス smap@joqr.net

|

« STOP THE SMAP 7月3日 | トップページ | 吾郎祭り 7月10日 »

吾郎ラジオ」カテゴリの記事

コメント

あのけだるい声も貴重ですよね(笑) ラジオは、姿、表情が分からないだけに声は大切!吾郎の声と話し方は何時聞いても心地よく、こちらの気持ちの中にスッと入ってくるのが素敵です。あまり硬過ぎず、それでいて節度を持った言葉使いもいいですねっ。

今回も幅広く、丁寧にファンの質問に応えるのを聞いて、さすが!と感心しました。以前に友人を介して聞いた話ですが、吾郎は記者のインタビューに的確な答えを返してくれて、質問者と会話のキャッチボールが出来る人・・・要は、記者の聞きたいことを瞬時に把握してくれるから、インタビューがしやすいということでした。ガイドの記者さんと盛り上がったのも分かるような気がしますね。

妊婦さんへのパルコの対応も心温まる素敵なお話でしたね。こういうエピソードを伝える吾郎ファンも、それを紹介した吾郎もスタッフも素晴らしい。この放送に癒されるのは、人への心遣い、優しさが、聞く側にも製作側にも常にあることが感じられるからでしょうね。パルコの心遣いも座長が何時もスタッフを気遣っている賜物ではないでしょうか。自分が優しくされると他の人にも優しくなれる。こういうエピソードがまた紹介されるといいですね。

吾郎の持っている芯の強さ、裏の話(努力をしているというような)は、表では余り話すべきでは無いという信念、等々を窺い知る事が出来るこの放送は、ファンにとっては、なくてはならない存在ですね。

投稿: あや | 2014年7月12日 (土) 11時53分

サイトーさま、こんばんは~
今週のストスマ、吾郎のけだるい感じの声がセクシーでまたそれはそれでとても魅力的でした。
自分からすると容姿、頭脳完璧な吾郎さんが超人に思えてくることもしばしば・・・
お疲れだったのかもしれませんが、吾郎の人間っぽいところにちょっと安心したりしてしまいました。
少しずつエピソードが増えていくのもストスマならではで、ガイドさんがいつも吾郎に愛があるな~と思うのも20年余り同じライターの方だったからなんですね! それはどうみても吾郎のファンになってしまいますね。

投稿: 流星 | 2014年7月12日 (土) 21時19分

コメントありがとうございます。

chairあやさま
今回は、ファンの多くは第一声を聞いて、「ああ何か気だるくて、疲れているのかしら」等と思いましたよね。
吾郎さんはいつもニュートラルなようでいて、声の調子が変わるのを感じるのもまたラジオの楽しみです。
舞台になると声が低くなったり、今回のように少し気だるかったり、とっても元気だったり・・・気づくのはファンだからこそだとも思うのですが、何となくちょっと近い感じになって嬉しいですね。
吾郎のラジオは、本当に聴いていて心地良く何のストレスもなく文字に書き起こす事ができるのも嬉しいです。

お友達からのお話、ありがとうございます!
記者の聞きたい事を瞬時に把握してくれてインタビューがしやすい~私たちには知りえない事を教えて頂きありがたいです。
以前、普段は載らないような雑誌にインタビューが載った時、的確な答えをそのまま文にして載せられるくらいきちんとした文章で話してくれる、というような事を記者の方がインタビュー後の感想として書いていたのを思い出しました。
20年も同じ記者の方と仲良くできる関係って素晴らしいと思いました。

>この放送に癒されるのは、人への心遣い、優しさが、聞く側にも製作側にも常にあることが感じられるからでしょうね。
スタッフさんの笑い声もいいですよね。妊婦さんのお話も凄く良かったです。
PARCOのスタッフさんも素敵だし、舞台の上から心配の眼差しで見る吾郎さんのやさしさも嬉しいし・・・ストスマを聞くと少しだけ自分も優しくなれる気がします。

chair流星さま
こんばんは~
吾郎の声、素敵でしたね。夜にふさわしい気だるさで。
確かに、吾郎ってどれだけタフなの!?と驚く事があります。
肉体的にも精神的にも。
でも「台詞が入っていないで舞台に立つ夢」「人に怒られたり失敗したりする夢」を見るという事は、同じ人間なんだなと思いました。
夢の持つ意味とかは知りませんが・・・

本当にこうして毎週続いていくストスマ、吾郎の家の冷蔵庫とか、トイレットペーパーとか、大きなサイズのベッドだとか、寝室にはソファが置いてあるとか(笑)・・・いろいろエピソードが増えていくのは嬉しいですね。

そして、ガイドさんのエピソードにも納得。これから、ますますガイドさんの記事に注目してしまいますheart

投稿: サイトー | 2014年7月12日 (土) 22時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« STOP THE SMAP 7月3日 | トップページ | 吾郎祭り 7月10日 »