« 27時間TV ノンストップライブ | トップページ | ゴロウ・デラックス 7月24日 31日 »

2014年8月 5日 (火)

27時間TV グランドフィナーレ

45分03秒のライブをやり終えてもなお、そのまま5人で放置されるSMAP。
ステージの上はライトの熱で38度にもなっているそうです。
一言二言ずつ感想を言う5人・・・
5分ほどしてようやくアナウンサーが登場。
「最後まで汗をかく」という事で、今度はフジテレビ本社まで歩いていく事に。

foot沿道の声援の中、時折笑顔を作って手を振りながらゆっくり歩いていく。
中居・木村の上二人が先頭を歩き、その後ろに下3人、途中吾郎の両肩に剛と慎吾が手を置いているのがあったけど、あれは何だったんだろう。
繋がっている事で精神力を保っていたのでしょうか。

27時間に共演した笑福亭鶴瓶さん・ナインティナイン・松本人志さん・明石家さんまさん・ビートたけしさん・森田一義さん(テロップ通り)からのメッセージも良かった。

mailtoそして森且行くんからの手紙。
1人ずつに宛てたメッセージもあり、時々頷きながら聞いている吾郎。
森くんが養成所に入る前日にみんなが集まってバリカンで頭を刈った時、吾郎ちゃんだけ来なかった、という話が出てきて、正直「またかよ」と思いましたが、「吾郎ちゃんらしかった」と書いてくれた事で、「行かなかった」事に吾郎の意思があったようになり良かった。
「吾郎ちゃんがいるからSMAPはSMAPでいられると思うよ。これからも吾郎ちゃんらしくね」と結ばれた時、ちいさく頷きながら「ありがとう」と言ってカメラを見た吾郎。
バックには「BEST FRIEND」が流れていて、おしぼりは無くても森くんの手紙は中居くんを泣かせるには十分だったようです。

最後、上り坂をゆっくり上がっていく足取りはさすがの吾郎も辛そうに見えましたが、感慨深く何かを考えていたのか早くお風呂に入りたかったのかそれは分かりませんけれど。
美しい男は黙っていると怒っていたりアンニュイに見えたりするものですから(笑)。
疲れていて少し前かがみになった後姿のプリケツが素敵でした。ごめんなさい、こんな時にまで。
坂道にはSMAP5人だけ。上と下の遠方からのカメラだったんですね。
沿道にはあれだけの人が居たのに、ここは5人だけの別世界。
美しい光景になっていました。

最後のスタジオに到着、ステージへの一段をようやく横並びになって手を繋いで上がった5人。
恒例の新人アナによる提供読みが終わり残すところあと5分、ここからは再び中居くんの仕切り、一人ずつ挨拶をして5人で記念撮影で終了。
素晴らしい流れでした。さすが中居くん。

pen慎吾のこの言葉「テレビの嘘が大好きです」
SMAPの5人にはとても感動した27時間TVですが、「武器はテレビ」という言葉の中に含まれる「テレビの嘘」の影響力についても考えさせられた27時間テレビでした。

森くんの手紙は6人時代を懐かしく思い出しましたし森くんに感謝していますが、SMAP5人の27時間テレビで十分だったのにあえて今回ここで出す必要があったのか(森くんの手紙はもっととっておきのものだと思っているので)、もし手紙が無かったら感動は違うものになっていたのかなどと考えてしまいました。
また森くんの事と同様、吾郎と剛の事件もSMAPの中では別にタブーの話題ではなかったし、結局唯一のタブーの問題は依然としてそのままだったし、テレビ局が作りこんだ物語にちょっと素直に感動できなかった所はありました、個人的にね、ひねくれ者なので。

でも今年の27時間テレビは、本当にSMAPによるSMAPファンのための27時間テレビという感じがして、楽しかったです。
ご当地SMAPの1か月前からのロケも楽しかったし、朝風呂は神shineでしたし、未定企画はファンが待ち焦がれていたもの、ノンストップライブは素晴らしかったの一言。
会場の作りも観客の揃いのTシャツも、そして生放送にも関わらずカメラワークの素晴らしさ、映像の美しさ・・・
昨年の5人旅、50曲メドレーに続き、大切な宝物になりました。
ここは素直にありがとうsign01

crown吾郎の素晴らしさも改めて認識。
何も言わずに積み重ねてきた事、新しい経験をする度に確実に身につけてきたモノ、常日頃からの健康管理・・・確実に吾郎は常に進歩しています。
それはいつも新しい作品で感じさせてくれるのですが、今回は全国に放送される生放送で多くの人に観てもらえたのが嬉しかった。
そして、いつも美しくいてくれること、これも素晴らしいファンサービスの一つ。
だから吾郎ファンはやめられない、やめるどころかどんどん底なし沼に嵌っていく。

ここまでやられると、次にSMAPはいったいどんなものを見せてくれるのだろう。
SMAPさんも大変だ。

pen追記は「続き」に隠しました。

book追記(書き忘れ)
27時間TVについての雑誌のインタビューを今、改めて読んでみると面白いので、一部を抜粋してみました。

「テレビっていうのは人となり、考えていることが出ちゃうんですよね。それが面白いところであり、怖いところでもあります。」  Bananavi14年9月号増刊号

「この『27時間テレビ』というお祭りが、みんなにとって夏の思い出の一つになるといいな」   TVガイド14年8月1日号

僕らはタレントであり歌手でもあるので、自分だちでやる番組を歌で締めくくるのは大切だと思います。確かに27時間の最後にライブをやるのは大変でしょうけど、僕らは求められれば応える。だって仕事ですからね」  テレビジョン14年8月1日号

「未知な分野の方がSMAPは輝けると思うので、不安なことが多いほどおもしろくなるのかもしれない。」
「やっぱりSMAPがやる以上、最終的には音楽、歌にこだわっていきたい、着地点として押さえておきたい。」  
オリ★スタ14年7月28日号

「プロデューサーさんからは『稲垣さんは淡々とタモリさん的に体力をキープしていきそう』と言われている。」
「”2014年のSMAPビッグニュース”みたいになれるよう頑張りたいです。」

  TVLIFE14年8月1日号

「見えないものに向かっていく時のSMAPが一番面白いし、またこれを克服したら新しい僕らが生まれるんじゃないかな。」  よんぱち7月25日

未経験の27時間TV、やる前に言った事はそのまま終わった後の感想にあてはまると思いました。さすが吾郎さんだわheart

|

« 27時間TV ノンストップライブ | トップページ | ゴロウ・デラックス 7月24日 31日 »

Goro」カテゴリの記事

SMAP」カテゴリの記事

コメント

感動のフィナーレでしたね!何に感動したかと言えば、不眠不休で走り抜け、最後に最も体力を消耗する激しいダンスと歌のライブをやり抜いた事。終わった5人の大量の汗としばらくは言葉が出ない・・・でもやり抜いた安堵感でいっぱいの様子を見たからです。

テレビは時として嘘も多いけれど、多くの真実も映し出します。日頃はパブリックイメージだけで判断されがちな人でも、究極のチャレンジ、特に生放送では否応なしに全てが映し出されてしまいますね。一人一人の表情、動きにも視聴者を感動させる真実が見られたことが最高でした。

森君からの手紙は、デビューして数年、初期の頃一緒に苦楽を共にしてきた仲間だから分かる言葉で綴られていましたが、断髪式の件はどんなに弄られても言い訳もせず笑っている吾郎の心情を察して欲しいと前々から思っていました。言いたくても言えない「行けなかった」理由。稲垣吾郎という人は言って良い事、いけない事をきちんと弁えている人ですよね。この件に関しては自分に不利になることは承知の上で語らない・・・真実は吾郎、もしくは森君だけが知っている大切なことなのでしょう。もうそっとしてあげて欲しいですね。

「吾郎ちゃんがいるからSMAPはSMAPらしくいられる・・・」はあらゆる面でそうだと感じます。アイドルとして多才だった森君は全てを投げ打って自らの夢の舞台に飛び込んで行ったのですから、今後もその夢を貫き通して行くことを期待しています。

そして吾郎のことですが、「よんぱち」での発言を有言実行しましたね。日頃からの鍛錬でやり抜くだろうと信じていましたが予想以上に素晴らしかった!見ている方も時としてはきつく感じたライブでの随所に見られたあの笑顔、周りへの気配りにどれだけ癒されたか・・・外野で色々言われているようですが、過去にドラマ、舞台、映画、ライブを同時期にやりこなした人です。それもどれ一つ手を抜くことなく完璧に!!それも大変だったとは自ら言わない人で今回もそうでしょうね。

ロハスの活躍もさすが健康に気を遣っている楽屋コンビだから成しえたことでしょうか。C5の剛君のバクテンには心からの拍手です。

感動の27時間が終わって今後のSMAPに更なる期待をしたいのですが、グループとして開けてはいけないチャックがあるのなら、メンバー個人にも夫々あると思うのです。自分が言われたら嫌だと思うことは相手も同じ、夫々のメンバーとそのファンの心情を考えての発言を望んでいます。大人でアイドル、SMAPがどう変わっていくか楽しみです。

サイトーさんの感想に触発されて長くなってすみません(汗)語り足りない事が沢山あるので、お会いしてからよろしくお願い致します(笑)

投稿: あや | 2014年8月 5日 (火) 10時33分

crownあやさま
素敵なコメントありがとうございます。
素晴らしかったですね。
言葉にできない感動でした。
>テレビは時として嘘も多いけれど、多くの真実も映し出します。
・・・確かにそうですね。私、「テレビの嘘」の後に「バナナビ」での吾郎のインタビューでの言葉を載せようと思っていたのにすっかり忘れていました。
まさに、吾郎がそういう事を言っていましたよね。
27時間の生放送、前代未聞のチャレンジを観終わった後で、放送前のインタビューを読むとまた感慨深いものがあります。
(すみません、すっかり書き忘れていたここの部分後で追記させていただきます)

断髪式の件、何を言われてもニコニコ笑って黙っている吾郎、黙っているからこそそこは言えない事があるのでしょう。でも人は面白い話に飛びつきます。深夜の六本木でパーティーしていたという方が面白いのでしょう。でも森くんの手紙によって、吾郎は意思があって行かない事を選択したと取れるだけでも良かったです。
この辺りの件はこれでお終いにして欲しいです。

>過去にドラマ、舞台、映画、ライブを同時期にやりこなした人です。
いつも黙ってきちんとやり遂げてしまう吾郎でしたから、27時間TVにも何も心配はありませんでしたよね。一つ、本人がどうしようもできない真夏の炎天下で着ぐるみを着るというバカな企画を除いては(これは今でも文句を言いたくなります)。
今回、吾郎が息を切らしているところを見ていないように思います。
これはにわかトレーニングでは絶対にできない事ですよね、普段いかにきちんと体を作っているかが分かりました。

最後、歩いていく所でもいつも後ろの方を歩いて気を配っていましたね。
普段もこうなのかなと思って見ていました。
今回は最初から最後まで吾郎の笑顔が素晴らしかった。
私がファンになった頃は「アンニュイ」が代名詞のような吾郎だったのに、素敵な大人になったと改めて思いました。

「新しく生まれ変わるSMAP」はどうなるのか、これからのSMAPが楽しみです。

投稿: サイトー | 2014年8月 5日 (火) 21時26分

中には「おっさんに何をやらすねん!?」ってこともありましたが
5分の4が40台のアラフォー・アイドルは
そこら辺の若者よりも遥かにカッコ良かった☆
これは紛れもない事実!!
「国民的アイドル」かつ「スーパー・アイドル」であることを
まざまざと見せつけてくれた『27時間テレビ』だったように思います。

今までも前を向いて突き進んできたSMAP。
これからもより一層「人間力」を高め
更なる高みを目指して歩んで行って欲しい。
SMAP、最高!!(^O^)

その中でも吾郎が一番ステキ☆☆☆☆☆
その昔、アイドル誌を見て「この子が一番可愛いわ♪」と思い目を付けた
自分の感性は間違ってはいなかった!!
外見だけじゃなく内面の素晴らしさも持ち合わせた吾郎。
神よ、この世に吾郎を送り出して下さったことに感謝します(-人-)

投稿: Nanako. | 2014年8月 6日 (水) 00時06分

crownNanako. さま
コメントありがとうございます。
吾郎の素敵な言葉が分からないあなたたちに採点なんてして欲しくないざます(笑)!だったり、炎天下にこんな事を!!だったり、いろいろイライラやきもきした事もありましたが、無事終えると良かった思い出ばかり。
テレビを見ていた多くの人には、SMAPの5人について少しでも良い所が伝わったら嬉しいと思いました。
未知な分野の方がSMAPは輝けると言った吾郎の言葉通り、期待以上のものを見せてくれましたし、確かに2014年のSMAPビッグニュースの一つになったと思います。

愛ラブSMAPで、普段はおとなしく後ろの方でアンニュイにしている綺麗な顔をした男の子がトランポリンではしゃいでいるのを見て心を掴まれ、舞台「夜曲」で一気に落ちました。
でも当時は容姿と雰囲気だけを愛でていたと思います。
中身も含めてこんなに素敵な人になるとは!
吾郎のファンでいられて幸せですwine

投稿: サイトー | 2014年8月 6日 (水) 20時20分

サイトー様 お忙しい中感想をUPいただき、ありがとうございました。
改めて稲垣吾郎の良さが確認できたTVでした。
あの青年の時の感受性の強い時期から演技のうえでは自分の弱さも強さもさらけ出すことを恐れなかった強い・男らしい吾郎さんでしたが、若いころはその片鱗を感じるのは、SMAP活動ではコントや、ライブなどではじけた場面でした。
今40歳の男盛りを迎え、27時間のさまざまな場面で、こんなに素敵な自分を素直に出せるようになったことが、ファンとして誇らしく思います。
あの良さをみながわかってしまうと、私なんぞは舞台のチケットも取れないわ、なので、若いギャル(死語!)にわからなければそれはそれでらっきーなどと思っているバカ者です。健やかで努力家で未知のものを恐れない勇気を持つ吾郎さんのファンとして、自分もちゃんとしなきゃなとかえって励まされたような気になっています。
また、未知の吾郎さんを皆様と発見し続けるのを楽しみにしています。

投稿: おとと | 2014年8月 6日 (水) 23時25分

サイトーさん、いつも素敵なレポをありがとうございます。何度もお邪魔しているのですが、初めてコメントします。私は、夢モリで美形の6人のアイドルの男の子達が真剣にお笑いをやっている姿に魅かれて以来のSMAPファンなので、6人に対する思い入れはとても強いです。森 且行という存在がなければ、今のSMAPはないと思うので、「今のタイミングじゃなくてもいいんじゃないの?」という気持ちもわからなくはないけど、私は単純に嬉しかったし、とにかく号泣でした。舞台は「夜曲」から観ていて「恋と音楽Ⅱ」は7月1日に参加しましたが、本当に美しくて楽しい舞台でしたね! 北海道からなので、全舞台は観れてませんが、吾郎ちゃんの舞台に参加する度に彼のさらに新たなる可能性を感じます。2001年コンサートのオーラスのサ札幌ドームに吾郎ちゃんはいませんでした…悲しくて寂しくて…でも、4人で頑張る姿や吾郎ちゃんの顔がプリントされたTシャツを着た姿にメンバーの無限大の吾郎ちゃんへの愛情を感じて、何があってもSMAPについていこう!吾郎ちゃんについていこう!って心に決めました。回りの声や反応なんてどうでもいい、馬耳東風ですよ!私が彼らをどれだけ素敵に感じられているかが大事なんです。とても失礼なことも書いてしまったかもしれません、長々とすいませんでした。お体に気をつけて楽しいレポをお願いします。

投稿: Rosemaryこと、としこ | 2014年8月 7日 (木) 19時01分

crownおととさま
コメントありがとうございます。
若いころの吾郎さん、あの繊細なガラス細工の人形のような容貌に騙されがち(笑)ですが、意外にはじけていましたね。
演技では若い頃から何も躊躇せず恐れずに突き進んでいったのは素晴らしかったです。
90年代のドラマについて書かれた本のSMAPのページに”SMAPはテレビドラマの中で初めて少年から男性に育ったアイドルだ”という副題が付いていましたが、27時間テレビ「武器はテレビ」で、これを思い出しました。
あの「青春家族」の可愛い大地くんからずっと平成時代をドラマと共に歩んでいるんだと感慨深くなりました。
「40歳の男盛り」・・・まさにその時期なんですね。27時間TVでは新たにたくさんの素敵な所を見つけて、ますます好きになりました!
確かに、あの良さがあまりバレてしまうと、ますますチケットが取れにくくなりますね(笑)。そこはいつもチケット取りの時期になると複雑な思いになるところです。
「未知のものを恐れない勇気」~構えずにいつの間にかどんどん進んでいくので、付いていくのも大変です。
これからも一緒に追いかけていきましょう!

crownRosemaryこと、としこさま
はじめまして。
コメントありがとうございます。
初めての方がコメントくださるととても嬉しいです。
としこさんは、私よりファン歴が長いんですね。
私は95年秋からですので、森くんがいたのは半年くらいでしょうか。
「夜曲」を観にアートスフィアに行くモノレールの中で、乗り合わせた人が広げたスポーツ紙で森君の脱退を知りました。
でも、森くんはとても印象に残っていますよ。
森くんと二人で寂しいクリスマスを祝うクリスマスコントとか、大好きでした。

2001年コンサートは東京ドームに行きました。私が取る事ができたチケットで一番良い席でしたが吾郎はいませんでした。
吾郎がいない時も毎週スマスマを見てメンバーの頑張りを見ていましたし、本当にメンバーに感謝しています。
吾郎も絶対にあの件を自らネタにしたしせず、いつも心の中に置いている事は仕事ぶりからも分かりますよね。
そういうSMAPを吾郎を素晴らしいと思いますし、ファンでいて良かったと思っています。

今回ちょっと残念だと思ったのは、森くんの手紙が何となく番組に利用されたような気がしただけで、ここが私のひねくれている所です(笑)。
でもとってもいい手紙でした。
ノンストップライブを終えて、結構「素」に近い感じの5人にあの手紙を読んで聞かせるなんて凄い演出だと思いました。
27時間テレビが一つの壮大なドラマになっていて、「武器はテレビ」なんて大きく出たなと最初は思っていたけど正直やられた!と(笑)。

いろいろありがとうございました。
私は少し周りを気にしすぎかもしれませんね。
もっと何も考えずに楽しく応援していきたいと思いました。
これからもどうぞよろしくお願いします。

投稿: サイトー | 2014年8月 8日 (金) 00時05分

サイトーさん、お忙しい中私のコメントに対してすぐにお返事をくださり、ありがとうございます!森君の手紙に関しても、人それぞれの感想があっていいし、回りの反応が気になるのも当然のことだと思います。今までどれだけ解散説や拓哉君の独立説が報道されてきて嫌な思いをしてきたか、それを吹き飛ばしてくれたのがSMAP彼らの頑張っている姿なんですよね!今回の27時間テレビ、どんなに疲れていても、人を楽しませる努力を惜しまないSMAPの5人だから成し遂げられたんだと思います。SMAPサイコー!吾郎ちゃん大好きです!!コンサート楽しみですね!「恋と音楽Ⅱ」大阪公演観に行かれたら、レポをお願いします。サイトーさん、これからもヨロシクお願いします。

投稿: としこ | 2014年8月 8日 (金) 02時44分

crownとしこさま
レスありがとうございます。
いつも期待以上の事をして驚かせてくれるSMAP。
この人たちだからついていける!と何回思ったことか、そしてもちろん現在進行形で。
いよいよ来月はコンサートですね。
「恋と音楽Ⅱ」大阪公演も行きたいと思っています。
これからもSMAPを楽しく応援していきたいです。

投稿: サイトー | 2014年8月 8日 (金) 18時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 27時間TV ノンストップライブ | トップページ | ゴロウ・デラックス 7月24日 31日 »