« 27時間TV 未定企画~サザエさん | トップページ | 27時間TV ノンストップライブ »

2014年8月 1日 (金)

STOP THE SMAP 7月31日

loveletter吾郎さんは芸能界一の美脚の持ち主ですが、何かケアなどされていますか?またすね毛の脱毛など考えたりしないですか?
いえいえいえ、芸能界一の美脚かどうか分からないですけど(笑)、人が決めるものですからねぇ。確かに脚は真っ直ぐでキレイだとは言われる事が多いんですけど、まあでも男ですからねぇ。男の脚のキレイ・・まあどうなんでしょうかねぇ。
まあもちろん言われて嬉しいですけれども、あまりこだわっていることはそんなに無いんですけど、昔はすごく脚が細いのとか嫌でしたけどね。
でも何か自分の肉体ですからね、やっぱり一生付き合っていくもんだし、今は別にむしろ人にそうやって褒められたりする事が多いので自分の脚は好きですよね。
ケアは特にしてませんね。あの~運動とかしてますし走ったりしてますので、程よい筋肉はついているのかなぁと思いますね。
脱毛とかは特には考えてないですね。
男性の場合、すね毛まで脱毛するとちょっと・・ねぇ、どうなのかなと思いますね。
よほど濃かったりしたらね、いいと思いますけれど~特に考えてないですね(笑)。
あとケアというケアは特に・・・ないかな。マッサージに行ったりとかはね、たまにありますけれども、程よい運動と~くらいですかね。

penさすがGJなお便り、やはりいろいろ言われているのですね!それはもう思わず褒めたくなりますよね。あんなに真っ直ぐな脚。
程よい筋肉と言えば、「十三人の刺客」で谷村美月さん演じる千世の髪を引っ張って蹴倒す時に着物の裾から見えた(例えが酷いですがw)素晴らしく綺麗な筋肉の付いた脚が印象的です。

【SMAPな時間】
loveletter「恋と音楽Ⅱ」仕事帰りに待ち合わせして主人と一緒に観に行きました。まさに満員電車に毎日揺られストレスで疲れ気味の木曜の夜でしたが、そんなことも忘れさせてくれる楽しい時間でした。随所でクスッと笑ったり大笑いしたり最後はスタンディングで拍手していた主人が見終わった後、あっという間に時間が過ぎた面白かったと見違えるように元気になりました。私はというと幸せなのに何だか涙が溢れて温かい気持ちになりました。出会ってから随分長い年月が経ちましたが、もう一度すぐ傍にいる人を大事にしようって思えた素敵な舞台でした。今、お風呂場で主人が「流れ出す~ミュージカル♪」とか「あれから2年~♪」とか「恋と音楽」の歌を熱唱しています。
ああ、嬉しいですね。こういうお便りっていうのは、僕にとって一番のプレゼントですね。
嬉しいですね、夫婦で観に来て頂いて何かまた恋の気持ちというか相手に対する感謝を再確認して頂いたという、そういうきっかけになったこの舞台だとしたら、やっててそんなに役者みょうりに尽きることはないというか嬉しいですね。
ご主人は普段あまり舞台には行かないんでしょうかね。どんな方なんでしょうかね(笑)。
いやいや、嬉しい・・・これ。夫婦でね、よくお芝居に行かれたらいいんじゃないですか、これからも。
やっぱり舞台のお芝居って特別ですからね、やっぱりテレビや映画ではなかなか味わえない生のライブ感と見てる方の昂揚感であったり感動であったり・・・
ある程度・・・ある程度というか凄く高い金額を払ってチケット買ってくださってるので、僕らも相当な事やらないとな、という責任もありますし。
いいですね、ご主人さまと観に行ったり・・・
特にホントに「恋と音楽」に関しては基本は笑って頂いて、最後には・・涙することはないんですけど、何かホロっとちょっと感動して頂けたらいいなぁとそのくらいの、まあ深く難解なお芝居ではないので、ちょっと幸せな時間になってもらえたらいいなって、その見てる瞬間、そういったお芝居だったので、お便りで感想を言っていただけると僕は一番嬉しいですね。
これはホントに舞台に関わったスタッフはもちろん、共演者やバンドの皆さん全てのメンバーに伝えたいですね、こういう事はね。
ありがとうございました。

penとっても素敵なお便りに、また吾郎がとても喜んでいるのを聞いて何とも言えず幸せな気持ちになりました。
本当に素敵な人だ、吾郎さん。

シンツヨラジオについて、新コーナー「吾郎と音楽の時間Ⅱ」では、剛くんの観劇そしてカーテンコールへの想い、吾郎さんの驚くべき体脂肪率と今年の夏の計画について、「続きを読む」からどうぞ。

musicAmazing Disbovery

【メンバーとの時間】
loveletter剛くんと慎吾くんのラジオ、スマッシュが20周年を迎 えたのを記念して20周年企画のアイディアをリスナーから募集しています。その中にスマッシュはスマスマの楽屋で収録されてる事に目を付けて中居くん木村くん吾郎さんをゲストに呼ぶというのもありました。慎吾くんは「ないないない」と言っていました。ですが「吾郎ちゃんならいくらでも出すよ」と付け加えスタッフが爆笑していました。慎吾くんが言った「吾郎ちゃんなら」の意味は語りませんでしたが、慎吾くんと剛がまんざらでもないのであれば是非実現したら面 白いのにな、と思いました。

うん。これスマスマの楽屋で収録していないんだったら別に出てもいいですね。スマスマの楽屋で収録してるって、めちゃめちゃ大変なんですよ、見てるといつも。
だってビストロSMAPの料理作ってから試食判定の15分の間に収録したりとか、言っていいのかな、別にいいんですよね。凄いですよ。だってスマスマの合間に収録してるから、これいつも傍から見てて大変だなぁと思いながら、ねぇ。
でも二人とも忙しいしね、僕と違って二人でやってるから二人のスケジュールをね合わせなきゃいけないから、どうしてもこうなっちゃうんでしょうね。
いやぁ、スマスマの収録はスマスマの収録ですから。
僕はそこまで器用でないんでね、そういう事ができませんね。
まあまあでも20周年、素晴らしいですね。ここまで続いたというのは、ホントにおめでとうございます。
そしてね、これやっぱり慎吾くんと剛くんとスタッフの方と、やはりそれを聞いてくださるリスナーの方があっての20年間なんで、これ同じメンバーからもねホントにあの感謝を述べたいと思います。
まあねホントに全然、呼んでくださるんだったら(笑)スマスマの楽屋でも何でも僕もホントに駆けつけますので出てみたいなと思うんですけどね。
何か以前コンサート会場の楽屋でね、コンサートをやってる時楽屋で収録した時に僕ちょっと出演した事ありますけれども。
いつもそうなんですよ(笑)楽屋で録っているですね。
いや20周年、ホントに素晴らしいですね。
おめでとうございます。

【吾郎と音楽の時間Ⅱ】
新コーナーです。「恋と音楽Ⅱ」にひっかけたんですね。
「吾郎と音楽の時間Ⅱ」、まだ「恋と音楽Ⅱ」終わってませんけどね。
新コーナーとして、まあいろんな音楽に関わる音楽のリクエストをハガキと共にリスナーの方にしたいなという企画なんですけど、まずは一枚目・・・

loveletter「恋と音楽Ⅱ」に剛くんがいらしてました。剛くんはカーテンコール終了まで座っていて電気がつき明るくなり剛くんに気づいた劇場がざわつき始めてから帰られていました。とても剛くんらしいなと思いました。その後、吾郎さんの楽屋に剛くん来たんですか?「よかったよ、吾郎さん」といつもの優しい微笑みで言ってくれたのでしょうか。
(笑)まさにその通りですね。(剛の真似で)「良かったよ、ごろうさん」ホントにこのままの言葉でしたよ。すごいですねMさん。
電気がつくまで何でいたんでしょうね。何でしょうね、っていう事はカーテンコールで僕が出てきて、何かちょっとやる気があるようなやる気がないような挨拶も聞かれてしまったという事なんでしょうかね。

毎回毎回カーテンコールでね、何か拍手が鳴りやまない感じでもう一回僕が出てきてご挨拶させて頂くっていうのが今回ちょっと定番のスタイルになっていて。
やっぱりカーテンコールで出てきてっていうのはお芝居にとって結構重要な意味があって、やっぱりいろんな解釈があるんですね。もちろん、すごく拍手して頂いてカーテンコールでお客様に挨拶するっていうのは凄く大切な事なんですけども、観てる人にとっては舞台の世界観とか余韻というのをいつまでも楽しみたい方もいるのでね、まあ素になった僕らが喋るところを見たくない方も中にはいるかもしれない、芝居のテイストによってカーテンコールのテイストも変わってくるもんなんですね。
だから僕はお芝居によってはちょっとカーテンコールが何か味気ないような、「味気ないぞ、ごろーちゃんちょっと冷たいぞ」と思われることも多いと思うんですが、それはお芝居の内容にもよるので、ちょっと分かって頂きたいな~って。その分ね、やっぱり劇中、本番中というか本編では全身全霊で魂込めてお芝居しておりますので、何か分かって頂きたいなと思うんです。
ただ、「恋と音楽」に関しては、こういうお芝居で、やっぱり観客の方と共に作り上げるホントに楽しいエンターテインメントなので何かあえて僕は一言二言お話をさせていただいたんですけどね。
た だ毎回(笑)喋る事をそんなに考えてなかったので、何かすごくそっけないような挨拶であったり何か憎まれ口を叩いたり皮肉を言ったり、何か意地悪ゴローが 出てしまった事があったのが申し訳ないなと思いながら(笑)・・まあまあまあそれも楽しんでいただけたら、いいんですけどね。
まあでもそんなカーテンコールの時にね、草なぎくんず~っといた訳ですよね、分かんなかったですね。
それはでも作品を喜んでくれたから余韻に浸ってたんでしょうかね。それか草なぎくんを迎えに行くマネージャーが遅れてしまったのか、何なんでしょうかね、これ。
まあでも剛くんらしいですよね。
でも見に来てくれて喜んでくれましたし、やっぱりメンバーが見に来るとね、スタッフの方とか共演者の方も凄い喜ぶのでね、ファンの方はどうだったんでしょうかね。
お客さんは草なぎくんに終始気づいていたんでしょうかね、芝居中は気づいていなかったのかな。でもホントにお行儀いいというかマナーが凄くしっかりされている大人のお客さんが、特に僕のお芝居は多いので、やっぱり草なぎくんに気づいても、ちゃんとそこはお芝居に集中して観てくれてるっていうホントにそういうお客さんが多かったので、草なぎくんも逆に居やすかったのかなとも思いますね。
ありがとうございました。

pen吾郎による剛くんの真似が好き。
いつも変わらずに吾郎の舞台に来て「良かったよ、吾郎さん」って言うんだろうな。
何か、いいな。
そして、カーテンコールについての吾郎の想いがちゃんと聞けて嬉しい。
私もそう思っていたから。
私は、素敵な舞台を観せてもらった後、やり終えた思いで嬉しそうに客席を端から端まで見て、声は拍手に消されていても「ありがとうございました」と言っている吾郎の口元を見ている瞬間が大好き。

musicSpecial Thanks

loveletter私は最近SMAPの「シャンプー3っつ」という曲に嵌っています。歌詞の中で特に「髪が減らない程度にね、イェイ」という所が面白いと思います。吾郎さんは昔にこの曲を歌っていた時の事を覚えていますか?また「シャンプー3っつ」はどういう気持ちで歌っていたんでしょうか。できれば今年ライブで歌って欲しいです。
そうなんですよ、これSMAPの中でも結構特異な~というか変わった曲ベスト5に入るくらいの曲なんじゃないでしょうか。タイトルがね「シャンプー3っつ」ホント、初期のころのアルバムですよね。何だ?この曲っていう気持ちで歌っていましたね。でも実際問題、この曲はあんまり歌ってないですね。テレビでも歌ってないですし、ライブでも歌わなかったかもしれないですね。幻の名曲って感じですよね。いい曲はいい曲なんですよ、すごく。可愛くて愉快で。でもAさん22歳ってハガキにも書いてありますけれど、このくらいの世代の方、知らない方が多いですからね、「シャンプー3っつ」なんて20年くらい前の曲ですから。
でもやっぱり音楽というのは変わらないですからね。流行りとかもありますけど、今20年前の曲を聞いてもね逆に面白い曲もホントに多いので、SMAP曲数が膨大にあるんでね、昔の曲を聞き漁ってみるのも面白いかもしれないですね。


musicシャンプー3っつ

【五六二三】
loveletter夏になりましたが、何か挑戦したい事はありますか?私はPhotoshopをきちんと使いこなしたいと思って勉強中です。吾郎さんの夏を教えてください。
そうですね、Photoshopもいいですね。
でも何か僕も最近写真が凄く好きでね、デジカメですけどね、よく花ばっか撮ってるんですけど~お友達がこないだ一眼レフを買って、ニコンの立派な。凄く写真に凝り始めた友達がいまして、「撮影会したいから吾郎さんも付き合ってくださいよ」って、男の子の友達なんですけどね年下の、何か撮影に付き合いましたよ。
目黒の雅叙園まで行って来ました。蛍を撮りたいって言って。
鎌倉とかも行きたいですよね。自然を一眼レフで収めたいという事で、僕も年上なんでああだこうだいろんな事を言わせてもらったんですけどね。
この花はこうやって撮んなきゃダメだよ、とか構図はこうだよとか、男二人で雅叙園に自然を撮りに行くって・・・
いいですね、写真は僕もやりたいなって思ってますし。
後はね、夏・・今年思ってたんですけど~
舞台やって体重が凄い減ったんですね。元々細いですけど、63キロから65キロくらいまでを行ったり来たりっていう感じで、62、3がベストだったんですけど、舞台やる事によって60キロまで落ちて、ちょっと落ち過ぎかなと思ったんですけど、調子はいいんですね、体のね。
ビックリしたのは体脂肪率測ったら、11%しかないんですよ
これはちょっと問題かなと思って、でも僕の場合は贅肉がついてないんで、なかなか体脂肪率が上がりにくいですよね。
アスリートの人が体脂肪率10%くらいだっていうのとはちょっと質が違うと思うので、逆にこの脂肪率とかを保ちながら筋肉量を上げて何かもう少し痩せてるだけではなくて上半身とか大きく作っていってお腹まわりとかをちゃんとしめていって~というか綺麗な体つくりをしていきたいなと、ただ痩せているだけではなくてね、夏なんでね。
かと言って別に露出するわけでは僕は全然ないんですけど(笑)
何だ?って感じですよね(笑)。
でもTシャツとかピタっとしたものだとか基本的にタイトな服が僕は好きなんで、その時に体がキレイに見えるというのは大切なんじゃないかなと思いまして。
まあちょっと舞台で痩せすぎてしまったので、そのいい所をキープしながらある程度肉体改造・・っていうか綺麗な肉体にしていきたいなという思いはあるんですけどね。
皆さん、楽しみにしててください。

pen吾郎の筋肉はそんなにモリモリ付くタイプだとは思わないし見せる筋肉は嫌いと言っていたし、吾郎の美意識を信じているので全く心配してないです。
太らないでいてくれたら、そんな嬉しい事ないじゃないですか。
キレイな体を作りたい、なんて言ったらすぐにファンが脱げの写真集だの言う事が分かっていて早速「露出するつもりはない」とか(笑)。
Sな吾郎との、こういうやり取りはとっても楽しい。
でも吾郎さん、写真集は諦めませんからsign03

musicはじまりの歌

house番組HP
稲垣吾郎のSTOP THE SMAP

mailtoお便りの宛先
〒105-8002 文化放送「稲垣吾郎のSTOP THE SMAP」
メールアドレス smap@joqr.net

|

« 27時間TV 未定企画~サザエさん | トップページ | 27時間TV ノンストップライブ »

吾郎ラジオ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 27時間TV 未定企画~サザエさん | トップページ | 27時間TV ノンストップライブ »