« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »

2014年9月

2014年9月30日 (火)

恋と音楽Ⅱ 大阪公演ようやく発表

   

chair恋と音楽Ⅱ大阪公演

公演日程:10月31日(金)~11月2日(日)全5回
       シアター・ドラマシティ

      10/31 19時~
       11/1  14時~ 19時~
       11/2  13時~ 18時~

*上演時間:約2時間(休憩なし)
   詳細はこちら

パルコ・ミュージカル・シアター『恋と音楽』第2弾!
お洒落度、大人度、エンターテインメント度がますますUP、
ミュージカルへの愛がいっぱいつまったオリジナルミュージカル!
今秋、大阪で上演決定!

一般発売日 :    2014年10月19日(日)

bellようやく発表になりました。
吾郎ファンが出演者のスケジュール、劇場の公演日程などから割り出したのと全く同じ日程と劇場だったのには苦笑せざるを得ませんでしたが。
でも発表になって嬉しい。

私は東京でたくさん観る事ができたので、大阪公演はまだ観ていない方とか、27時間TV・SMAPコンサートで吾郎さんに興味を持った方が観られるといいな。吾郎の舞台を是非もっといろいろな方に観て欲しい!
~なんて綺麗事を言ってみましたが、チケット取れたら1回は観たい。
大阪の方の反応をこの肌で感じてみたいから。

芸達者の5人が繰り広げる笑い満載のお洒落な大人のミュージカル。
日本屈指のプレイヤーの方達で作られたバンドの生演奏も素晴らしく、本当に贅沢な舞台。
たくさん笑って周りの人達がもっと好きになって幸せな気持ちで劇場を後にする・・・こんな機会は逃したくないですね。
キュートな真壁くんに会えると思うと今からわくわくします。

チャッピー君は元気だろうか。

| | コメント (6)

2014年9月29日 (月)

キスマイBUSAIKU!? 9月25日

bellMyフェチランキング
ゲストが最もこだわりを感じるものをテーマにキスマイをランク付け
稲垣吾郎のこだわりテーマ
*付き合う前の女性を2軒目に誘う一言
~吾郎さま的ポイントは”さりげなく誘いながらも自分の気持ちを素直に伝える”
吾郎がゲストだからって、ワインを持ち出しているのがいくつかあって何か可愛い。

pencil吾郎コメント
大学生レベルだね
可愛い子ぶってる
知ってる言葉並べただけだよね
ロマネコンティは行き過ぎ、お金で釣ってる

シンプルで相手のことを気にしている
さりげない少しの強引さ
ロマンティックに
自分が行きたいという気持ちをちゃんと伝える

吾郎が1位に選んだのは千賀くん。
ここで頭を抱えてみせる吾郎
「千賀くんと同じだと思われたら困る(笑)」
「心療中」で共演してからの親しさから言えた言葉なのでしょう。
お喋り吾郎さんらしく次から次へと出てくるコメントも一つ一つユーモアがあって楽しかった。

最後に、同じお題で吾郎さんならどう誘うか
「もう1軒行きたいお店があるんだけど、ロマネコンティよりも美味しいワインがある店なんだ。
ロマネコンティの倍の値段のワインのある店なんだ。
僕、25年くらいSMAPやってるから、ある程度貯金もあるしね」

北山くんの回答を受けて更に上のいやらしさ(笑)を行く吾郎。
そういえば、前回出演した時も北山くんの薔薇風呂が好きかもと言っていた。
バラエティに徹する所に通じるものを感じたのかな。
いろいろ突っ込みながらも最後に自分で盛大に落とすところは、さすが25年SMAPやっていた貫禄ですよね。

| | コメント (0)

2014年9月26日 (金)

STOP THE SMAP 9月25日

loveletter私は炭酸飲料が苦手です。しかし自動販売機の前に立つと、今日もしかしたら克服できるかもしれないと根拠の無い自信が沸いてきて、つい買ってしまいます。そしてその後激しく後悔します。何回もトライしてでも失敗してしまう、そんな体験、吾郎さんはありますか?(16歳Yさん)
ほう~炭酸飲料苦手なんだね。珍しいね。何が後悔なんだろう。
そのじゅわぁぁ~っとするのに耐えられないのかなぁ。味じゃないよね、味はいろいろあるから。炭酸っていうものがダメなんでしょうかね。ふ~ん。。。
何回もトライして失敗してしまうもの、この年齢になってくると想像つくからトライしないよね、失敗しそうなものは。
これからじゃないですかね。もう失敗しないよ。いや、そんな無責任な事は言えないけれども。微炭酸から挑戦すればいいんじゃないですか?炭酸にもやっぱり種類がありますから。炭酸を自分で造りキットとかも売ってますしね。あれは弱いめですよ、どっちかって言うと。
いずれ克服できるんじゃないでしょうかね。
僕はあまりないという・・・そもそもトライしないっていう・・ね。

【SMAPな時間】
loveletter待ちに待ったコンサートが始まり、Mr.Sのアルバムも頑張って聞き込みました。吾郎さんのソロ、作詞作曲を手がけた凜として時雨さんの事は深夜アニメの主題歌を聞いて知っていて、いいなと思っていたところにSMAPと時雨の「掌の世界」がPVもかっこよくてずっとリピートしていました。そして今回、吾郎さんのソロです。あのサビに入る前の「はぁ~んheart04」がゾクゾクしちゃいます。
ありがとうございます。
そうなんですね、凜として時雨さん、掌の世界すごくいい曲でね、あれを聞いた時に凜として時雨さん・・元々気になっていたんですけど、SMAPと結びつかなかったんですけどね。MIYAVIさんなんかもそうですけど。やっぱりコラボレーションしてみると意外に相性がいいなっていう・・凜として時雨さん、SMAP、これからも曲とか提供して頂けたら、いいコラボレーションが続くんじゃないかな。凜として時雨の歌って激しさの中にもちょっとした暗さ、憂いみたいなものもちゃんと含んでて、それが何か美しいな~って僕は思ってて。
何か美しい曲って、やっぱり何かアイドルの人たちが歌うものとして正しいのかなって思うし、何かちょっとハンサムなんですよね、曲が。ハンサムっていう言い方変かな。合ってるのかわかんないですけど。ちょっと、それこそドラマチックだったりするんですよね。
その世界観が非常にSMAPとも合ってるのかなっていう・・・
実際、時雨さんが歌うと全然違うんですけどね。
ボーカルの方がキー1オクターブ高い所で歌っている独特なボーカルなんで。でもかっこいいですよね。
ご本人たちにもお会いする事ができて、コンサートにも見に来てくださって、ご挨拶させていただいて。もっとお話したかったんですけどね、他にも大勢の方がいたんであまりゆっくり話せなかったんですけど、初対面で。
でも僕もすごく好きで聞いてますって話をさせて頂いて。
新しいアルバムも凄くいいんですよね。今、ボーカルの方がソロでアルバムとかね出されているんですよね、それとかも凄くかっこいいんですよね。
どんな化学変化が起きるか分からないですよね。MIYAVIさんとSMAPとかもね。
面白いですよね。
だけど本当にそうやって今回のアルバムもそうですけど、僕ら自分たちで曲を作ったりするグループではないんで、本当にそうやっていい曲を提供してくださるっていうのもホント感謝ですよね。だって自分たちで歌えばいいのにっていう位にホントにいい曲を、ねぇ、惜しみなく僕らに提供してくれるのでね、それには凄く助かってるなって思いますし、こういうスタイルはこれからもSMAPは変わらないんじゃないかなって思うので、今回のアルバムも内容盛りだくさんなんじゃないのかなと思います。

pen「美しい曲ってアイドルの人たちが歌うものとして正しいのかな」
「美しくて均整が取れていて正統派で・・・」
曲にもハンサムという言葉がとても似合うと思いました。
「美しい」「ハンサム」
という言葉を臆せず使い、それが普通に聞こえる吾郎。
それで今更ながら最近ちょっと思った事を書いてみます。

今年の27時間TVのノンストップライブやコンサートでの吾郎を見た一般の方の感想に「正統派アイドル」というのが多くて驚きました。
アイドルと言えば、運動やダンスが得意で明るくて元気で男の子らしくてヒーローで・・・って、吾郎はSMAPの中の「アンニュイで中性的」なキャラを受け持った頃からアイドルの中で異質の存在だったし、それがSMAPを今までのアイドルとは少し違うタイプに見せていた一つの要因だとも思う。
映画のデビュー作「さらば愛しのやくざ(1990年)」では殺人を犯してしまうヤク中の男の子だったり、「嘘でもいいから(1993年)」は今でも当時でも考えられないベッドシーン満載のドラマだったし、最近では「十三人の刺客(2010年)」の殿様のような最凶の極悪人を演じたり。
一番アイドルの存在と遠い所にいると思っていたのに。
それなのに「正統派アイドル」に見えるというのは、そのキラキラの笑顔だけでなく、こういう「美しい」事を大切に、悪戦苦闘しているところは見せず結果として見せるものが全て~という吾郎の考え方と、節制と努力の日々の成果が今40歳になって表れているのかなと思いました。

loveletter「信長のシェフ2」終わってしまいました。吾郎さんの凜とした着物姿が素敵でした。最終回のラストシーンで後編が見たくなりました。「信長のシェフ3」も是非やってください。また明智光秀を見たいです。
うなんですね、2終わってしまって。でもやって良かったんじゃないかな。
凄く面白いドラマだと思いますし、これまだ原作も終わってないんでね、3ね、またやれるかもしれないですし。玉森くんも凄く頑張ってるし、役にぴったりだし、いいですよね何か玉森くんの代表作にこれからもなっていくんじゃないかなと思うし。
僕もね、ちょっと出させて頂いて、明智光秀・・まさか自分が演じると思っていなかった実在の人物なんでね、後編やりたいですね、是非機会があれば。

pen27時間TVの司会について、自ら俯瞰で見た稲垣吾郎、待ってましたDramatic Starlight!、思っていても面と向かって言えない事については「続きを読む」からどうぞ。

続きを読む "STOP THE SMAP 9月25日"

| | コメント (6)

2014年9月24日 (水)

雑誌祭り

TV誌アイドル誌各誌でSMAPコンサートの記事。
カメラが入るところが限られているので、せっかくのいろいろな衣装が見られないのが残念。

bookTVガイド(9.26号~先週発売)
先週発売になりますが、TVガイドのSMAP東京ドーム初日公演ドキュメントは凄かった。
WSなどでは一部しか流れない会見の完全レポ。ちょっとヲタク魂で親近感(笑)。
こんな小さい文字になってしまっても、全部を入れてくれるその気持ちが嬉しい。

スマ新未公開トーク集~それぞれ5人の載せきれなかったトーク
吾郎「SMAPデビュー23周年にちなんで、自身を振り返ると」
黙っていてもキレイでいられた20代を過ぎ、30代はちょっとたるんでたと反省。30代後半より体力が付いてきた今は、ちゃんとしていないと気持ち悪い。努力とかではなく、それが仕事だから。
・・・と言い切る吾郎。
また、この写真が大好きheart04
*Twitterでのガイドさんによると、吾郎さんの未公開トークはまだまだ山のようにあるとの事、どんどん要望を出して他のものも読ませて頂きたいですね。

bookポポロ(11月号)
ゴローさんのとっておきMusic Life♪(156p~)
グラビアがとっても素敵。
グレーと白のギンガムチェックのシャツにグレーのニットタイ、グレーのカーディガン・・・私の大好きなスタイル!!
白っぽい部屋でカーペットの上に座り込み、ベッドに寄っかかってギターをつま弾く。
何て素敵なシチュエーション♪
インタビューは音楽について。
普段聴く音楽とか、「恋と音楽Ⅱ」大阪公演について。
悲しい事に、日程については何故かまだ発表されていませんが・・・
鈴木聡さん、佐山さんとのミュージカルをやったことで、吾郎の歌うことに対する考え方や聴く音楽のジャンルが広がった事など、随分良い影響を受けたんだなと嬉しくなりました。
是非、これからも定期的に続けていって欲しいと思います。
27時間TVの司会を褒めてくれた中居くんに「自分は段取りに従っただけ、かえって中居くんの才能を思い知った」と返す伝言板も良かった。

bookTVnavi(11月号)
連載企画vol.2稲垣吾郎
突然、ふわぁ~っとした笑顔の吾郎。
白い部屋で、ブルーと白の細かいストライプのシャツを着てバゲットサンドを持つ吾郎。
40歳にしてこんな自然で透明感のある笑顔、心身共に健康なんだろうなと心から思う。
ガラス戸越しのちょっと気取った表情もいいけれど、ジュースのコップを持つ笑顔の優しい事!
インタビューの内容はポポロと同様、今回のツアーと10月にある「恋と音楽Ⅱ」について。
ステージの怖い仕掛けについての吾郎らしい感想が面白かった。

Mr.Sコンサートツアー記事
メンバー1人ずつをMr.Sにかけて、Mr.○○に例える。
吾郎はMr.スワン
マイペースで優雅に見えるが実は努力家、努力は水面下に隠しているところが白鳥的、という嬉しいコメント。
吾郎はどちらかというとSMAP内でも努力しないみたいなキャラになっているので、ファンしか読まないような所でも書いてくれると本当に嬉しい。

bookananシネマナビ(9月24日号)
アバウト・タイム~愛おしい時間について
~過去を繰り返すことで見えてくるのは、今この瞬間の大切さ~
タイムトラベル有りと聞くと最近ちょっとお腹がいっぱいかなとも一瞬思ったのですが、シネマナビを読んで俄然観たくなりました。
「ラブ・アクチュアリー」が大好きなので、更に楽しみに。
主人公の青年ティムを語る吾郎の眼差しがとても優しくて暖かい。
「過去を変えてしまったら、今の自分はいない」・・・最近の雑誌インタビューでも「今の自分が一番好き」と自信を持って言っている吾郎ならではの言葉だと思った。
「あの時ああしていたら」と後悔するような経験は僕にもある~それすら肯定してしまう吾郎の強さがたまらなく好き。
楽しい記念日に起こるちょっとしたハプニングで更に忘れがたい一日になる~これも吾郎らしい前向きの感想。
最後の一言、そこに是非吾郎も参加させて欲しいと思った。

| | コメント (0)

SMAPXSMAP 9月22日

restaurantビストロゲストは園子温監督と鈴木亮平さん。
スマスマに関わっている作家さんが次の映画で園監督と組むから仕込んだように思えてしまい、何か監督が公開処刑のように見えてとても居心地悪かった。
もちろん、過去の監督の失言はまずかったし(名前をわかりやすいアイコンとして拝借してしまったのがいけないし、しかも的外れだし、でも言いたいことは分かる)、本人もファンもどれだけ不愉快な思いをしたかとは思いますけれど、ビストロでやる事ではないかなと思った。
SMAPの悪口なんて今までどれだけ言われてきたことか・・・ファンが思っているよりSMAPの中の人達はずっとずっと賢いと思う。
ビストロは楽しくないと。

dogそんな事を忘れさせるかのような鈴木亮平さんの楽しいトーク。
自分はどんな動物に似ていると思うか、という質問。
ちゃんと自分で仕切ってくださるので中居くんも回答。
剛:フクロウ
木村:ネコ科
吾郎:ウサギ
慎吾:サル
中居:ゾウ(動物占いがゾウだから)

何故、吾郎がウサギかと言うと、ゴルフ場のお風呂に入っていたら外から野ウサギがじっと自分のハダカを見ていたという(笑)エピソード。
急に怪しげな動きをする木村、ウサギは絶倫の象徴だと言う話題になり~
手を上げて「じゃ、ウサギでflairと明るく言った吾郎の機転の素敵な事。

この後、鈴木さんがお薦めする世界遺産の話もとても面白かったし、久しぶりの木村くんのコント「昼顔」も面白かったんだけど・・・
ウサギに全部持って行かれましたheart

| | コメント (0)

2014年9月23日 (火)

UTAGE! 舞台裏大公開 9月22日

SMAP関係での未公開映像は、ほぼ「ヘビーローテーション」の練習風景のみ。
私服が見られたのが嬉しい。
吾郎は白い長めのヘンリーネックTシャツ(前立てと襟ぐりがグレー)、黒いパンツ、グレーのテーラードカラーロングカーディガン。サングラス。腕時計。これが、シンプルで上質なおかつ力の抜けた大人のお洒落。素敵♪
剛はクリーム色Tシャツにさすがの着こなしのデニム、ゴローズ(ですよね)のネックレス。ブラウンのごついレザーブレスレット。ベストジーニストの貫禄。

musicまゆゆが見守る中、「ヘビーローテーション」リハーサル

剛:緊張しますね
吾郎:結局、普通の歌番組と違ってトークした流れでやらなきゃいけないから、復習したりできないし、心構えがないじゃないですか。突然やってくるんで。

(練習風景)
剛:超難しい!(マイクスタンドを中心にぐるっと回るので苦労している様子)どうやってやるの?
(マイクスタンドを跨ぐ感じでお尻突き出して)こう!?
吾:まゆゆの前で恥かかせないで。
ぐるぐるマイクスタンドの周りを回る剛をにこにこしながら見る吾郎
剛:どうやったらかっこよくなるの? (終わって)
剛:吾郎さん、練習しよ!(部屋を出て行く二人)

(リハーサル終了後)
別室で、E-Girlsに手伝って貰いながら何度も振り付けを確認する二人。
ミュージック~♪のところでは、両手の指を使って[M・U・S・I]を形作り、最後に両手で大きく[C]の形。

剛:英語なんだ、これ。

ロングカーディガンの袖から見える吾郎の腕の筋肉が凄く素敵heart04

剛:凄く難しいよ。最初下なんだもん。
(3本指を下に向けてM)あんまりやんないでしょ、これ。
みゅうじっく・・・ここが出来れば完璧。 大丈夫だな。
吾:大丈夫?
剛:本番に調整するタイプだから2人とも。ね!?
吾:そうそうそう。
剛:25年くらいやってるから。

スタンドマイクに両手を置いて、サングラス越しカメラ目線の吾郎さま、素敵heart

本番の映像を流して、検証されてましたが、間違ったって可愛いから
全然問題な~いsign01
明るくよく喋る剛と、本番とは違いあまり喋らない吾郎。
貴重なものを見せてもらいました。
ゴロウ・デラックスもそうだけど、こういう所TBSって嬉しいですよね。
DaDaDaDaの練習風景も見たかったなぁ。。

| | コメント (0)

2014年9月22日 (月)

UTAGE! 秋の祭典2時間SP!

番組が始まって40分近くで現れた吾郎と剛。
スタイリストさん、優秀。
大人らしい落ち着いたチェック柄の色違いジャケットに、吾郎のボウタイブラウスと剛のネクタイがドット柄で合わせてあり、ブラックデニムとエナメルのスニーカー?はオソロ。
ああ、吾郎は何故こんなにもリボン結びが似合うのか!

musicヘビーローテーション
チェックのジャケットや飛び散る銀テープのせいだけではなく、二人が現れて一気に華やいだように思えたのはファンだからだけではないと思う。

ホントに細くて長い脚とプリケツと、全部分かっている確信犯め!と思うけど、もうこれはひれ伏すしかないであろうフィギュアのようなスタイル。
だからこそ、女の子アイドルグループの歌を歌って踊っても可愛くなるんだと思います。
可愛い可愛い言いたくないんだけど、しかたない(笑)、可愛いんだからheart04
最近になって吾郎はようやく思いっきり心からの笑顔とか、かっこいい仕草も、素敵なポーズもためらう事なく見せられるようになったような気がする。
若い頃は「アンニュイでミステリアス」という鎧の中でだけ見せられた~という感じ。
暑苦しいファンからの感想ですが。

ヘビーローテーション、最後のキメが合わなくて、1泊おいてすぐに吾郎が繰り返すと剛もノってきて無事終了。
更に一緒に歌ったE-Girlsさん達と、そして最後には観客とまでハイタッチ。
それをにこにこ嬉しそうに見ている中居さん、社長さんの風情(笑)。
中居:「・・・勝手に撮り直してるんじゃねーよ」
吾郎:「そこは上手く編集してもらって(笑)」
中居:「なに楽しそうにやってるんだよ!」
吾郎・剛:「(再び)へび~ろ~て~しょ~ん♪」
席に戻って
中居:「どうしたの?」
吾郎:「(前回)フォーチュンクッキー歌わせていただいて。凄い評判良くて♪」
・・・歌と踊り直後に、この会話が全く息も乱れず普通に喋っていたのが凄いと思った。

中居くんの隣に剛と並んでからは、しっかりした中居さんの進行と共に3人で突っ込んだりボケたり。
うっかりマイクを使うのを忘れて喋る剛と突っ込む中居、2・3回くりかえされて急に吾郎が剛を指さして「なんか、ずるい!」と言ってマイク無しで喋り始める(笑)。
これがまたサッと足を組んでカッコよさげに喋ってボケてみせるから爆笑。
ゲストに対するコメントもさりげなく毒を吐いたり上手く褒めたり。
いつもユーモアを忘れない気配り、さすがSMAP。

musicDaDaDaDa 
レギュラーのメンバーと、無理矢理中居さんも加えて総勢16人でのDaDaDaDa!
「ちょっと分からない、場当たりやらせて」という中居くんと一緒に本番前リハーサルの映像も。
「ここトントンやって・・次歌入るから」と次々に進んでいく~これがもう何かかっこよくてlovely
普段もこんな感じなのかなぁ。
吾郎と剛といる時は吾郎が一つ年上だから完全にお兄さんみたいになっているのね。
にこにこにこにこ付いてくる剛がとてもかわいい。
スマコングッズのサングラスを初めとしてみんなパーティー気分。
歌い始め、白いサングラスをかけて額を付き合わせた二人の横顔が凄くかっこよかった!
中居くんと剛くんはダンスが上手いのはもう普段から当たり前なんですけど、このディスコサウンドに乗ったダンスは吾郎に向いているのではと思ったのですがファンの欲目でしょうか(笑)。
長い手脚が映えて最後のキメポーズとか、超絶かっこよかったのですが。。。

最後に少し流れた練習風景、私服がこれまた素敵。
これは今晩のUTAGE!で流れるそうなので楽しみです。

| | コメント (2)

2014年9月21日 (日)

ゴロウ・デラックス 9月18日

今週のゲストは二人。
しかも芥川賞受賞作家と直木賞受賞作家がそろって登場!

今週の課題図書は
book芥川賞受賞「春の庭」 柴崎友香 著
book直木賞受賞「破門」 黒川博行 著

お二人は偶然同じ中学校卒業だそうです。
「柄の悪い学校で・・」と説明する黒川さんに
「黒川さんなら分かる気がする(笑)」と早速、吾郎から突っ込みが。
黒川さん、喋らないとちょっと怖そうだけど話し出すと面白い方。
思わず出ちゃった感じでしょうか(笑)。
お二人とも穏やかそうな方で、作家さんだけあってお話が上手で面白い。

受賞して嬉しかった事は、昔書いた本が増刷されて新しい読者ができる事。なるほど。

各賞とも受賞するのは難しく該当者無しが20%もあるそうです。
柴田さんは8年間で4回、黒川さんは19年で6回も候補に上がったそうで、候補に上がっても受賞を逃す事は多い。
賞が決まる日は、飲みながら待っているとだんだん言葉は少なくなって電話の音に敏感になったり、縁起を担ぐので前に落選した時に使った店は使わなかったりとか、待つのは本当に辛いですね。
そして受賞の電話は麻雀をしながら待つという黒川さんに
吾郎:「麻雀ならなかったんじゃないですか?(否定する黒川さんに)さすが慣れてますね」
黒川:「落ち慣れてる(笑)」

今回、お二人に受賞賞品を持ってきて頂くはずが、忘れてきた黒川氏(笑)。
素敵な懐中時計でしたが、全く同じそうです。

ゴロウ・デラックスを見るようになって、小説家の方の経歴も自然といろいろ見るようになりましたが、それぞれの職業が興味深いです。

柴田さんは自分では小説家になるんだと決めていたけれど大学中にデビューはできず慌てて就職、OLになって直ぐに受賞候補になったり映画化されたりして小説家デビュー。
黒川さんは美術の先生だったそうですがサントリーミステリー大賞がきっかけ、小説はテレビドラマのシリーズ物になったりと活躍。

shadow朗読「破門」二人の主役の掛け合いを黒川さんと吾郎で朗読。
吾郎はヤクザの疫病神「桑原」役を、それに翻弄される「二宮」役を黒川さん。
吾郎:「これ僕、二宮ですよね、普通は」
黒川:「僕が桑原やったら、そのままやないですか」
突然眼鏡をサングラスに替えて朗読する吾郎(笑)。
慣れない関西弁でガラ悪く喋る吾郎が面白いし、黒川さんが声優並に上手で面白い!
読み終えて
黒川:「凄い苦労をしましたね」
吾郎:「はい、久々にテレビで恥かきました」
なんと黒川さん、小説書くときに会話は自分で5回6回喋って書いているそうです。

appleゴロウ・デラックスのすごいところ!
なんとゲストのお二人にも互いの小説を読んで収録に臨んで頂いたとのこと。

*「破門」について柴崎さん
地元が同じという事で、地名がすごく細かく書かれているので具体的に思い浮かべて面白かった。
スピード感・距離感・話の展開が素晴らしかった。
どういう風に話を考えるのか、取材などをするのかを黒川さんに聞きたかった。

【黒川さん回答】
面白い話を新聞記者に聞いたり新聞の一面記事から取ってみたり、小説に使えそうだと思ったら取材したり資料を読んで話を進めていく。
記者は「裏を取れなかった」ボツ原稿を山ほど持っているが、フィクションになら使えるためそれを膨らませて小説にしたりする。

*「春の庭」について黒川さん
面白い、面白いというよりお上手!
視点の揺らぎ~自分の視点のところだけ、ふっと変わっていってる。
事件らしい事件も大きな出来事もないけれど、出てくる人物の暮らしとか人間をきめ細かく上品に書いている。これは純文学やな。

shadow朗読「春の庭」 外山さん
主人公が住むアパート、駅からそこまでの道のりを柴崎さん独特の描き方で書いた街を思い浮かべながら聞く。
古いアパートや雑居ビルから高級住宅地まである日本独特の雑多な街をどう思うか、そこで主人公が「そんな片隅に自分みたいな者がいてもいいだろう」と感じた安堵感のようなものが理解できたように思った。

二つの作品を読んで吾郎が感じた事の一つは「街の浮かび方が対極だった」事のようです。それに対して黒川さんは「そこが純文学とエンターテインメントの一番の違い」とおっしゃっていた。

吾郎は散歩が大好きで「家見るの大好きです」と言い、柴田さんと話が合いそう。
同い年だそうですね。

何故二人同時にゲスト?ちょっともったいないとは思いましたが、意外に共通点もあり受賞作家さんどうしのお話も興味深く、ゴロウ・デラックスならではの企画だと思いました。
是非「未公開SP」で放送されなかったお話なども聞きたいですね。

「続き」は芥川賞・直木賞入門講座。

続きを読む "ゴロウ・デラックス 9月18日"

| | コメント (3)

2014年9月19日 (金)

STOP THE SMAP 9月18日

loveletter吾郎さんは歯を磨くとき普通の歯ブラシでしょうか、それとも電動歯ブラシでしょうか?
僕は普通の歯ブラシですね。
一時電動歯ブラシを使っていた事もあったんですけど、何かね自分でやらないと気が済まないというかね、電動歯ブラシでも自分で動かしながらやっちゃうというかね(笑)。
何かいいですね、久々に電動歯ブラシもしてみたくなったので、今夜ちょっとまたね、使ってみようかな。
いつもしまってあるんですけどね、洗面所・・・

【SMAPな時間】
loveletter東京ドームにライブ見に行きました。今回吾郎さんのソロがかっこよくて興奮して初めてメールをしてしまいました。今までの吾郎さんとは違う魅力が詰まったソロになっていますね。家に帰ってからCDをリピートして聞いています。そこで、ソロのコーナーでこれから行くお客さんに、どのようにノって欲しいか楽しんで欲しいか、あったら聞かせて欲しいです。例えば、ペンライトを青色にして欲しいとか。ソロを盛り上げたいのでよろしくお願いします。
ありがとうございます。今回は結構わりかしダンサブルな曲というか、少し激しめな曲をあえてやらせて頂いて、凜として時雨さんの曲で、ホント気に入っているんですよね。
聞いた瞬間に本当にいいなと思ったんで、そういう曲との出会いってなかなかないですからね、もう一目惚れというか聞いた瞬間に、ああ~やりたいなこれ一人で、と思ったんですよね。
で、ああいう曲ですから多少動きがあった方がいいかなと思って、いろんな演出、香取くんのねいろんなアイディアとか貰いながら、いろいろと演出させてもらって東京ドームでは楽しくやらせてもらっているんですけどね。
そうですね、ソロの・・どういう風にノって欲しいか楽しんで欲しいか、ホントお客さんの自由にして頂きたいっていうのが、ねぇコンサートなんですけれども。
ペンライト・・・でもアレ、色あるんですよね、この曲で・・Batteryでは何色にして欲しいとか何かちょっとあるみたいですね、ピンクとかね、赤とピンクとブルーなんですけどね。
でも「Dramatic Starlight」って、何かいろんな色が混ざってる方がいいのかな。
今までだったら、ブルーとかが僕のソロのイメージではあったんですけど、今回なんかは照明なんかも凄くギラギラしてるので、何か色に関してはいろいろ会った方が面白いのかなと思って。
もう何か楽しんで盛り上がってもらえれば、別にどのように具体的に応援して欲しいかっていうのは・・ねぇ、合いの手とか決まってるかけ声とかあるわけではないので、何か楽しんで貰えればな、と。
4分間くらいのソロの中にいろんなドラマがあるというか、いろんな場面が変わったりして結構楽しめると思うので、ちょっと楽しく自信を持ってソロをやらせてもらっているんですけど。
まあコンサート自体まだ始まったばっかりなんでね、これから来る方もホント多いと思うので楽しみにしててください。

pen吾郎さんのソロは、もうかっこいい美しい素敵・・言葉じゃ足りない衝撃!!
早くDVDが欲しい・・・ただそれだけです。
でもDVDが出たら、そればかり見ていて日常生活に破綻がおきそうshock

loveletterユニバーサルスタジオの新しいCM、吾郎さんだけハリーポッターのライドに乗ってる映像ではなく館内の絵を眺めている様子でしたが、吾郎さんも実際は乗ったんですよね。
そうなんですよね。実際に乗りましたよ。
ライドなんでね、そんなに・・絶叫マシンではないんでね、その位は僕も乗れるというか。
あれは3Dとかそういう仕掛けですからね、実際に体に負荷がGがかかるとか高い所から降りるって訳ではないので、まあ大丈夫かなと思って乗らせて頂いたんですけど。
さすがにコマーシャルやってるし、乗んなきゃまずいだろ~みたいな、そんな空気を察して。
だけどジェットコースターだったら乗らないですけどね。
これだったら行けるかなと思って、しかもちょっと興味もあったんで。
いやぁ楽しかったですよ、やっぱり。
実際体に負荷がかかるとか体になんか・・気持ち悪くなるなんて事はなくて。
凄い映像的マジックというか仕掛けが凄くて、世界ナンバーワンライドというだけあって素晴らしかったですね。
これ、ホントにお薦めですよ。ジェットコースター乗れない僕でも、ね。
恐怖はないけど興奮はちゃんと得られたっていう。
まあまだまだ待ち時間とか長くて大変みたいなんですけどね、いつか皆さん、これ乗ってもらいたいですね。

penこのCM、吾郎が乗り物が苦手という事が結構一般に浸透しているからこそ、ますます面白いんですよね。
「吾郎ちゃん、やっぱり乗れないんだね」なんていう言葉をよく見かけます。
(これはCMとしての演出だからね、と心の中で突っ込みますけど)
吾郎が優雅に絵画を見ているからこそ、ライドの興奮が強調される。
「恐怖はないけど興奮は得られる」・・・CMでは乗っていなくても(笑)吾郎のこの表現がすばらしいキャッチコピーになっているのではないでしょうか。

メンバーでおそろいのスニーカー、木村くんとの曲「よわいとこ」について、余った餃子の具、秋の気配、今年のコンサートグッズについては、「続きを読む」から。
最後に大切なお知らせもあります。

続きを読む "STOP THE SMAP 9月18日"

| | コメント (2)

2014年9月18日 (木)

光秀さま もうお会いできないのでしょうか。

「信長のシェフ」最終話。
第7話に引き続いて、光秀が裏で大活躍。
短い撮影期間で、いい場面がたくさん。
暑い京都で蚊に刺されながらの撮影(笑)、そんな事一つも感じさせない涼しげな光秀さまでした。
目上の人に接する時と、年下の者に対する時の違いが、とっても素敵。
未来を知っているケンを疎ましく思っている気持ちが見え隠れしたりして、何考えているか分からないような男をさせたくなるのが良く分かります。

ラスト近くで、ケンに向かって銃を構え「パ~ン!」とやる所が凄く好き。
そしてその後の「火ぃ、ついておらんじゃろ」の台詞に萌えました。
「次におぬしに会うのはこの本能寺になりそうじゃな」という言葉を残して去った光秀ですが、もう会えないのかしら。
この気持ちを残して終わるのもいいけどね。

丁髷姿が本当に美しい。
時代劇がこんなに似合うなんて・・・コンサートではあんなに王子なのに。

| | コメント (0)

7月8月ノート

tv僕が星になる前に(2010年 英)
tvシーナ(1984年 米)
tvヒプノティストー催眠(2012年 スウェーデン)
tv最後のマイウェイ(2012年 仏)
tvオズ はじまりの戦い(2013年 米)
tvバチェレロッテ あの子が結婚するなんて!(2012年 米)
tvスマイルアゲイン(2012年 米)
tv私だけのハッピーエンディング(2011年 米)
tvザ・ロイヤル・テネンバウムズ(2001年 米)
tvクロムウェル~英国王への挑戦(2003年 英/独)
tv恋する輪廻 オーム・シャンティ・オーム(2007年 インド)
tvスタンリーのお弁当箱(2011年 インド)
tvカール・ラガーフェルド スケッチで語る人生(2012年 仏)
tvソフィーの選択(1982年 米)
tvそして父になる(2013年 日)
tv17歳のエンディングノート(2012年 英)
tvマイ・ルーム(1996年 米)
tv孤独な天使たち(2012年 伊)
tvファインド・アウト(2012年 米)
tv最後の大地(2011年 米)
tvトゥ・ザ・ワンダー(2012年 米)

続きを読む "7月8月ノート"

| | コメント (0)

2014年9月15日 (月)

ゴロウ・デラックス 9月4日 11日

spade9月4日
「今日のゲストは未婚のプロがいらっしゃいます」で、お互いを意味ありげに指さす二人。
でも結局「未婚のプロによる外山さんスペシャル」と名付けられてしまったオープニング。
未婚のプロとは、作詞家・コラムニストでありラジオで「独身アラフォーの恋愛相談」が大人気のジェーン・スーさん。

book課題図書:私たちがプロポーズされないのには、101の理由があってだな
未婚女子の失敗体験が綴られているこの本、「面白かったけど、思い当たる節が多いんじゃないでしょうか、外山さん」「外山さんに対する警告書」って吾郎。
外山さんって、結構ずばり言われてもクスクス笑っている感じがいいな、と思います。
だんだんいいコンビになってきたのでは?

プロポーズされない女
*「アルマゲドン」を観て泣いてる彼をバカにする。「海猿」男子をバカにする。「アナ雪」に文句言う。「一周回ってSMAPいいよね」と言う女(爆)。
「知性の高さ」と「斜めにみる事」はイコールではない・・・あああ、確かにそうだ!
でも私は「アナ雪」観ないし「海猿」はちょっと・・と思ってしまう(笑)。
吾郎:「俺、やだな、そういう女の人。『アナ雪』に感動したという言葉にだまされたい」
ああ、吾郎に嫌われるshock

*仕事でへとへとな彼を、休日のIKEAに連れて行ったことがある。
吾郎:「俺、へとへとでも別にIKEA行ってもいいなぁ」
スー:「(優しい~私だったらぶち切れる、等の後に)27時間TVの後だったら?」
吾郎:「27時間TVの後にIKEAに誘うような子とは付き合わないです」
驚いた事に、吾郎さんはIKEAに行った事があるらしい。
キャンドルとハンガーを買ったということ?

*彼の前ではだいたいジャージ姿
吾郎:「リラックスはいいよ、じゃリラックス・ウェアでいいじゃない。ジェラートピケとかカシウェアとか」
外山:「こないだ女子アナが喋ってたから知ってます。でも(私は)ジャージです(笑)」
吾郎:「美しく見えないよ、多分。男物のジャージはいて彼氏のTシャツ着て」←マジな吾郎さんからの助言。
『女子アナ』にちょっと引っかかりを持つところは、小島さんの伝統を引き継いでいるようだ。

「結婚なんてしなくていい」と言い張る外山アナだし、私も結婚なんて別に人生の目標でもないと思うけど、スーさんの「素直になれない気持ちや認めたくない悲しみなど、歳を重ねていくうちに澱がどんどん貯まっていく」という話に、う~んとうなずきながら聞く吾郎と、素直に同意する外山さん。
外山:「甘え上手とか、そういう人を見るとうらやましい」・・・これ、すごく分かる!!

吾郎は、素直な女性が好きなんだなと思いつつ、外山さんに真面目に助言するところが良い人なんだなと思わせてくれました。
女性にとっては身近な話題で面白かったです。

spade9月11日
外山
「子供の頃からの仲間っています?」
吾郎:「いない!中学2年生でこの世界に入ったから。メンバーが一番古いかな。
  メンバーが友達かな!(目を細めて悪い顔w)」

book課題図書「ズッコケ中年3人組 age48」
大人気だった「ズッコケ3人組」の主人公が40代になったシリーズ。
吾郎:「本を読む習慣がなかった子供たちが活字に触れるきっかけとなった」
著者の児童文学作家・那須正幹さんがゲスト、山口から来てくださったそうだ。
「稲垣さんに会えると思ったから」って、にこにこと穏やかな方。
小学生だった主人公3人が48歳になってそれぞれの人生が現実的すぎて、熱烈なファンからはもっと夢をみたかったなどと反応は賛否両論だとか。
今回のage48は「ハチベエの痴漢えん罪騒動」というこれまたリアルな内容でした。

外山さんが山口の那須さん宅と、ズッコケ三人組の舞台となった西広島駅(花山駅)を訪ねた映像を見る。
那須さんのお宅は図書館みたいに蔵書がいっぱい!本を書くために資料を買うので、つい貯まってしまうそうです。
吾郎:「僕もこの番組やってから本が貯まっちゃった。
作者の方ともお会いしてこうしてお話できて1冊1冊思い入れがあるから、どんどん増えて。
本って一生懸命読むと捨てられないよね。」

この言葉が印象的でした。

| | コメント (4)

2014年9月12日 (金)

STOP THE SMAP 9月11日

loveletterゴロウ・デラックスでのゴロゴロくんソーダ味のアイスの袋が欲しいです。
やだよ、あげないよ、そんなの。
だって、これだって3つか4つ・・3つくらいしか貰ってないもん
しかもまだ開けてないし。貴重ですよ、だってねぇ。
これでも大量生産(笑)・・してくれたら、Sさんの元にも届くと思うんですけど。
でもこのゴロゴロくんソーダ味はまあ中身はガリガリ君ソーダ味ですからね。
新しい味があったら、ゴロゴロくんとして立派に出せるんですけど、ねぇ。
でも別に頼まれてないんでね(笑)、番組でちょっと取材させて頂いたっていう事なんですけど、一応うちの冷凍庫に眠ってますけど。
これ賞味期限ないですものね、基本は。無いですよね、アイスってね。
でも何か変わってっちゃうのかな。風味とかね、どうなんでしょうかね。
まあ一応大切に保管してますけどね。
ゴロゴロくんってわざわざ作ってくれたわけですからね。
凄い事ですよ、これ。
まあ3つ・・・5つくらいあったのかな。1つは撮影で使うから、ね。スタッフが。
僕その残りの3つか4つ頂いたんですけど、まだ冷凍庫にあるっていう。
一つくらい食べてみようかな。
ふっ(笑) 袋・・袋、この番組で抽選であげるとかね。
それも面白いかもしれないですね。

penやだよ、あげないよ(笑)。
ダイキュリー味のゴロゴロくんを発売してくださいheart04

【SMAPな時間】
9月4日にスタートしたツアーのお話をしたいと思います。
文化放送をお聞きの皆さんにとっては、東京ドーム5日間が終わったところなんですけども、まあ観てない方がたくさんいるので詳しくは言えないんですけども、明日12日からは京セラドーム大阪で15日までの4日間行います。そして9月の20日21日は札幌ドームですね。
10月のツアーはお休みで11月からまた再開という事なんですね。
ナゴヤドーム、福岡ヤフオクドームとね、大阪名古屋と続いていく訳なんですけれども。
そういった意味では西の方が多いですね。
京セラドームだけでも6回やるわけですし。
まあでもね、その地区に住んでる皆さんがそこにいくとは限らない事なんでね、結構いろいろと交通手段を考えてスケジュール立てて来て頂く事になると思うんですけどね。
いろいろスケジュールたてないといけないですものね、皆さんもね、泊まる方もいるだろうしね、まあ後交通手段もいろいろ考えてくださったりとかね、なると思うんで、こういう発表になっていると思うんですけれども。
そうですね、今回長い期間をかけてやるのでね、そこが今までと違いますよね。
来年の1月までやる訳ですからね。
何かず~っとそのコンサートの、自分の中で、気持ちでいなきゃいけないですからね。
10月とか無くて、また他のお仕事とか入ってきたりするので、何かそれを忘れないでキープしていかなきゃいけないっていうのが、今回のコンサートの一つのテーマなんじゃないかなと思いますし。
まあでも楽しみですね、全国の皆さんにお会いできるのが。
来年の1月までなのでね、皆さんときっとどっかでお会いできるんじゃないかなと思ってますんで、皆さんも楽しみにしててください。

penたまにお便りではなく、吾郎さんからの告知も何かちょっと嬉しいです(なんでも嬉しいのねw) 
沖縄の話、セコい自分、ブツ撮りのコツ、食べるのが早いという悩み、56枚目のシングルについての案などについては「続きを読む」からどうぞ。

続きを読む "STOP THE SMAP 9月11日"

| | コメント (2)

2014年9月10日 (水)

SMAPライブ東京ドーム5日間ネタバレ報告

初めて5日間連続で行ってきました。
今年のライブで、これができた事が奇跡的に嬉しい!
それくらい満足してわくわくしたコンサートでした。

5日間通して見て初日に気づかなかった事など含めて、相変わらず完全に個人的な好みの感想を語ります、しかも吾郎ばかり。
楽しかった事は伝わると思います(笑)。
*挨拶やMCの内容については全くメモなどないので書いてありません。

ネタバレなので、「続きを読む」に隠しますね。

長いのでお時間のある時にどうぞheart04

続きを読む "SMAPライブ東京ドーム5日間ネタバレ報告"

| | コメント (9)

2014年9月 9日 (火)

STOP THE SMAP 9月4日

loveletter吾郎さんは食事をする際に好きなものは最初に食べますか?それとも最後に食べますか?
う~ん、わりかし最初かな。あんまり考えないですね。好きなものでもボリュームがあるもの、味が濃いものは後から食べますし、食べ物によるよね。好きなものというよりもね。
おとなぁ
up

【SMAPな時間】
loveletter前回のコンサートではいろいろなパターンのイケテルうちわを作成して北海道札幌に臨みました。今年もストスマリスナーと分かる暗号的な言葉を吾郎くんにリクエストします。
いいんじゃないですか?イケテルで。ちょっと違う方がいいんですかね。何だろうな。
イケテルうちわっていうのが、そもそも何だったんだって事ですよね。
「イケTEL」のコーナーに電話出たことがある方だから「イケTEL」だったんだよって事ですよね。Kさんもイケテルで話した事があるって事でなんですよね、多分整理するとね。
「イケTEL2014」くらいでいいんじゃないでしょうかね
(笑)
でも何かストスマとかって別にね、「イケTEL」でいいですよ、またうちわ同じで。
だって、このカタカナに英語のTELでわかりやすいじゃないですか。
文化放送だなってピンときますからね。このフレーズでね。コンサートやっててもね。
一番わかりやすいんじゃないですかね。
(スタッフさんのコソコソ声)
ま、最近イケテルやってないですけどね、確かに。

musicMr.S SAITEI DE SAIKOU NO OTOKO

【メンバーとの時間】
最近、家電音痴の中居くんに最新家電を紹介する番組をみました。レイコップやルンバ、ミキサーにはスムージーって何?とか、吾郎さんや慎吾くんなら詳しそうな最新機能に驚いてお試しをしていました。吾郎さんは今気になっている家電はありますか?
そうですね、家電・・・楽しいですよね。何か大型家電メーカー(ショップ?)に行くだけでも楽しいですよね。ビックカメラとかヨドバシカメラとかね、楽しいですよね、ヤマダ電機とか、今いっぱいありますものね。
そうですね、気になっている家電・・・う~ん、パロコンですかね、パソコンあまり使わないんでね、基本的にiPhone、iPadは持っててね、家でパソコンは普通に・・Macではないパソコンを使っているんでね、Windowsでね。でもパソコン、みんなMac使ってるんでね。
何かあの背面が光る感じがいいですよね。
うちの皆さんもみんなMacBookとかMacエアとか使ってますからね。
まあ僕は外に持ち歩かないんでね、家ん中でやるパソコンっていうのは、あんまりiTunesとかで曲を取り込んだりとかねCDとかしかしないのでね、Windowsの方が使いやすかったりする場合もあるのでね、Macを使ってないんですけどね。
ただやっぱりデザイン的にね、やっぱりMacintoshのものが美しいなって思うのでね、気にはなっているんですけど。

pen素晴らしいお便り!気になっている家電から、吾郎だけでなく周りのパソコン事情まで知れるという・・・パソコンもデザインの美しさが気になるのが吾郎らしい。
曲名などを短く略す事、映画「僕を探しに」、白いゴーヤ、お化けについては「続きを読む」からどうぞ。

続きを読む "STOP THE SMAP 9月4日"

| | コメント (0)

2014年9月 5日 (金)

Mr.S"saikou de saikou no CONCERT TOUR"9月4日

東京ドーム初日、行ってきました。
熱気と興奮でちゃんと覚えていないので、ザッとした感想だけ。
準備期間は短かったはずなんだけど、さすがSMAP、観客を一つにして楽しませるのが凄いと改めて思いました。

とにかくオープニング映像が凄いので、見逃さないように(偉そうw)
この短い映像だけのBlu-rayに1万出してもいい(笑)
それぞれのメンバーに合ったドラマティックな映像がファンの心を鷲づかみheart01

吾郎、終始アイドル笑顔で見ている私たちを幸せにしてくれるし、もちろんビジュアルも最高。
ソロの衣装や演出も期待を裏切らず、素晴らしかった。
やはり歌声がいいわ~♪

ライブ全体の吾郎の印象は「王子」。すみません、イタくて。

グッズのパンフレットは「買い」だと思います。SMAPさん美しくてかっこよい。
吾郎のうちわ、ポスター、クリアファイル、フォトセット・・すべて最高。
うちわは珍しく、口角をちょっと上げたほほえみ顔。

ネタバレ(を含む感想)は続きを読むに隠します。

続きを読む "Mr.S"saikou de saikou no CONCERT TOUR"9月4日"

| | コメント (12)

2014年9月 3日 (水)

Mr.S/SMAP 

SMAP2年ぶりのアルバムが今日発売。
今年は明日からライブなのでゆっくり聞き込む暇もありませんが、新曲を聴きながらどんなパフォーマンスになるのか想像するのも楽しみの一つ。
全17曲中、シングル曲は2曲だけ。
テーマ曲のMr.Sがジャジーな感じなので、印象としては大人っぽい感じなんでしょうか。
難しい事は分からない!

とにかく吾郎のソロ「Dramatic Starlight」が衝撃的にかっこよくて素敵なので、どうしてもそこに戻ってしまう。
楽曲がとにかく素晴らしい。そして
ロックを歌っても甘さがどこかに残る吾郎の声が、
次から次へとたたみかけるようなフレーズのおかげで息継ぎの吐息が、たまらないです。
吾郎って、母音がaの音で終わる時たまらなくセクシーだと思うんです。
だからハア
目を閉じるまではハア

ヒーローだハア   みたいな(笑)。もっと自然ですが。
上手く表現できないのがもどかしい。
これまた衣装や演出も気になる!明日まで待てないくらいに(笑)。

木村くんとのデュオ「よわいとこ」も大好き。
この二人の声は本当に合うと思うし心地よい。
木村くんも吾郎と歌っている時って、力が抜けていて凄く好きなんです。
ライブでのパフォーマンスが気になる(ニヤニヤ)・・・
くれぐれも1塁側と3塁側に別れ別れにだけはしちゃダメよ!

全体的に吾郎の声がたくさん聴くことができるアルバムで嬉しい。
吾郎の声が堪能できる「好きよ」とか「The Future」はもちろん素敵なんだけど、
個人的には、ピアノの音が大好きなので「アマノジャク」もお気に入り。
思い切ってソロは木村くんだけにした「やりたい放題」も本来のSMAPの良さが出ていて好き。
DaDaDaDa」「無我夢中のLIFE」はライブでどうなるかがとても楽しみ。

SMAP CONCERT TOUR 2014-2015は明日からですsign03

| | コメント (0)

2014年9月 1日 (月)

ゴロウ・デラックス 8月28日

白に近いようなキレイなジャケットがよく似合っていて、どこかの国の王子みたい。
とっても素敵。

外山:「今日のゲストはある意味、ゴロウさんの子孫の方ですよ」
吾郎:「僕、まだ未婚ですよ」

ごろーさん、隠し子疑惑キターーー!!!

book今週の課題図書:「本能寺の変~431年目の真実」 明智憲三郎 著
ゲストは明智光秀の子孫、明智憲三郎さん。
会社勤めをしながら独自に「本能寺の変」について50年かけて調べあげた。

今の教科書には何故明智光秀が織田信長を暗殺したのかという理由が書かれていないそうなので、戦前の小学校で使われていた歴史の教科書で「本能寺の変」の通説をおさらいする。
常日頃の織田信長の厳しい仕打ちを恨んで謀反を起こしたというのが通説。
明智光秀の子孫という事で、「先祖が謀反人」と悲しく辛い思いをした事も多かったそうです。
単なる恨み辛みで、失敗したら一族が滅びるような謀反を起こしたりするのか?という疑問が生まれ、調べ始めたのが始まり。

tv明智さんが50年かけて調べてきた「本能寺の変」の真実を、劇団チョコレートケーキがスタジオのセットで熱演。
*ごく簡単にメモしたのですが、これから本を読む方にネタバレになるといけないので、その部分だけ「続きを読む」に隠しました。

歴史をいろいろな面から見るのは楽しいです。

こちらの説が通説だったら、「わしは自ら死を招いた」というのは有名な言葉となっていて、いろいろ引用されたりしていたのでしょうか。
一人の人物を映画にするのでも、周りの人々それぞれの立場から見たら偉大な人物だったり卑怯者だったり、違う物語になって興味深いです。
歴史上の人物でも実は~だったとかいういろいろな説があるのが普通なので、この本でまた本能寺の変に興味を持つ人がたくさん出てきたら面白いですね。

この説を元にした「本能寺の変」の映画を、是非吾郎さんで観たいsign03

今回はシネマナビの「物語る私たち」で過去を変えることについて考えさせられてきたところにこのゴロウ・デラックス。
いろいろなものがタイミング良く合わさって、祭りの前のちょっと落ち着いたひとときが心地よかったです。

続きを読む "ゴロウ・デラックス 8月28日"

| | コメント (2)

光秀さま!!

第7話にして、明智光秀が動き始めました!
最初の登場シーンで、信長に食材を差し出した時の表情(明智光秀のテロップ入り)が素晴らしい!
今までの、少し距離を置きつつケンに対しても興味津々な明智光秀がいろいろ企み始めて、ドラマに引き込まれる。
将軍のところからケンと一緒に逃げ出すシーン、
障子を突き破って、ごろうさま、まさかのアクションシーン!?
それにしても、烏帽子直垂の似合うこと!
まるで絵巻物を見ているように美しい。
色白で肌が綺麗なので、紫がよく似合う。
姿を愛でていると、これまた声も美しい。

緑濃い本能寺の庭でのケンとのやりとりも良かった。
丁髷の横顔が本当に美しいんですもの。
蚊にさされたのは、ここだったのかしら(笑)。
それにしても、ケンは光秀の言うことを聞きすぎのようにも思えるけど、そういう話だから仕方ないか。
ちょっと話が急展開なのが残念でした。

ろうそくの明かりの元で、信長とワインを味わう光秀。
ろうそくが似合うのう・・・美味じゃ。と思わず言いたくなります(笑)。
信長にケンは違う世界で生きてきた男、危険だと訴え
「妬む姿はおぬしには似合わない。下がれ!光秀!!」と冷たく言われる光秀。
さ・さんかくかんけいですか!?なかなかいろいろなw層が楽しめる展開に。いや、違う・・・

満月を背に橋を渡りながらの独白が素晴らしかった。
「我が敵はケンか、それとも織田信長か。
いずれにせよ、ケンは平成に帰らせねばならん。
いや。 殺してしまうか。」

是非、また本格的な時代劇にも出ていただきたいです。

typhoon7話を見ながら私の頭の中・・・
烏帽子直垂似合うわ
紫の着物に綺麗なお顔がすんばらしく引き立つわ
将軍に訴える時の張った声も素敵
丁髷すがたの横顔最高
池の鯉になりたい♪
ろうそく似合うわ、ろうそく・・・
月明かりも似合うわよ!!!

頭が沸いていて申し訳ないです。
でも吾郎の光秀さまを見たら、どうしても平常心でいられませんわ
heart

| | コメント (0)

« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »