« 雑誌祭り | トップページ | キスマイBUSAIKU!? 9月25日 »

2014年9月26日 (金)

STOP THE SMAP 9月25日

loveletter私は炭酸飲料が苦手です。しかし自動販売機の前に立つと、今日もしかしたら克服できるかもしれないと根拠の無い自信が沸いてきて、つい買ってしまいます。そしてその後激しく後悔します。何回もトライしてでも失敗してしまう、そんな体験、吾郎さんはありますか?(16歳Yさん)
ほう~炭酸飲料苦手なんだね。珍しいね。何が後悔なんだろう。
そのじゅわぁぁ~っとするのに耐えられないのかなぁ。味じゃないよね、味はいろいろあるから。炭酸っていうものがダメなんでしょうかね。ふ~ん。。。
何回もトライして失敗してしまうもの、この年齢になってくると想像つくからトライしないよね、失敗しそうなものは。
これからじゃないですかね。もう失敗しないよ。いや、そんな無責任な事は言えないけれども。微炭酸から挑戦すればいいんじゃないですか?炭酸にもやっぱり種類がありますから。炭酸を自分で造りキットとかも売ってますしね。あれは弱いめですよ、どっちかって言うと。
いずれ克服できるんじゃないでしょうかね。
僕はあまりないという・・・そもそもトライしないっていう・・ね。

【SMAPな時間】
loveletter待ちに待ったコンサートが始まり、Mr.Sのアルバムも頑張って聞き込みました。吾郎さんのソロ、作詞作曲を手がけた凜として時雨さんの事は深夜アニメの主題歌を聞いて知っていて、いいなと思っていたところにSMAPと時雨の「掌の世界」がPVもかっこよくてずっとリピートしていました。そして今回、吾郎さんのソロです。あのサビに入る前の「はぁ~んheart04」がゾクゾクしちゃいます。
ありがとうございます。
そうなんですね、凜として時雨さん、掌の世界すごくいい曲でね、あれを聞いた時に凜として時雨さん・・元々気になっていたんですけど、SMAPと結びつかなかったんですけどね。MIYAVIさんなんかもそうですけど。やっぱりコラボレーションしてみると意外に相性がいいなっていう・・凜として時雨さん、SMAP、これからも曲とか提供して頂けたら、いいコラボレーションが続くんじゃないかな。凜として時雨の歌って激しさの中にもちょっとした暗さ、憂いみたいなものもちゃんと含んでて、それが何か美しいな~って僕は思ってて。
何か美しい曲って、やっぱり何かアイドルの人たちが歌うものとして正しいのかなって思うし、何かちょっとハンサムなんですよね、曲が。ハンサムっていう言い方変かな。合ってるのかわかんないですけど。ちょっと、それこそドラマチックだったりするんですよね。
その世界観が非常にSMAPとも合ってるのかなっていう・・・
実際、時雨さんが歌うと全然違うんですけどね。
ボーカルの方がキー1オクターブ高い所で歌っている独特なボーカルなんで。でもかっこいいですよね。
ご本人たちにもお会いする事ができて、コンサートにも見に来てくださって、ご挨拶させていただいて。もっとお話したかったんですけどね、他にも大勢の方がいたんであまりゆっくり話せなかったんですけど、初対面で。
でも僕もすごく好きで聞いてますって話をさせて頂いて。
新しいアルバムも凄くいいんですよね。今、ボーカルの方がソロでアルバムとかね出されているんですよね、それとかも凄くかっこいいんですよね。
どんな化学変化が起きるか分からないですよね。MIYAVIさんとSMAPとかもね。
面白いですよね。
だけど本当にそうやって今回のアルバムもそうですけど、僕ら自分たちで曲を作ったりするグループではないんで、本当にそうやっていい曲を提供してくださるっていうのもホント感謝ですよね。だって自分たちで歌えばいいのにっていう位にホントにいい曲を、ねぇ、惜しみなく僕らに提供してくれるのでね、それには凄く助かってるなって思いますし、こういうスタイルはこれからもSMAPは変わらないんじゃないかなって思うので、今回のアルバムも内容盛りだくさんなんじゃないのかなと思います。

pen「美しい曲ってアイドルの人たちが歌うものとして正しいのかな」
「美しくて均整が取れていて正統派で・・・」
曲にもハンサムという言葉がとても似合うと思いました。
「美しい」「ハンサム」
という言葉を臆せず使い、それが普通に聞こえる吾郎。
それで今更ながら最近ちょっと思った事を書いてみます。

今年の27時間TVのノンストップライブやコンサートでの吾郎を見た一般の方の感想に「正統派アイドル」というのが多くて驚きました。
アイドルと言えば、運動やダンスが得意で明るくて元気で男の子らしくてヒーローで・・・って、吾郎はSMAPの中の「アンニュイで中性的」なキャラを受け持った頃からアイドルの中で異質の存在だったし、それがSMAPを今までのアイドルとは少し違うタイプに見せていた一つの要因だとも思う。
映画のデビュー作「さらば愛しのやくざ(1990年)」では殺人を犯してしまうヤク中の男の子だったり、「嘘でもいいから(1993年)」は今でも当時でも考えられないベッドシーン満載のドラマだったし、最近では「十三人の刺客(2010年)」の殿様のような最凶の極悪人を演じたり。
一番アイドルの存在と遠い所にいると思っていたのに。
それなのに「正統派アイドル」に見えるというのは、そのキラキラの笑顔だけでなく、こういう「美しい」事を大切に、悪戦苦闘しているところは見せず結果として見せるものが全て~という吾郎の考え方と、節制と努力の日々の成果が今40歳になって表れているのかなと思いました。

loveletter「信長のシェフ2」終わってしまいました。吾郎さんの凜とした着物姿が素敵でした。最終回のラストシーンで後編が見たくなりました。「信長のシェフ3」も是非やってください。また明智光秀を見たいです。
うなんですね、2終わってしまって。でもやって良かったんじゃないかな。
凄く面白いドラマだと思いますし、これまだ原作も終わってないんでね、3ね、またやれるかもしれないですし。玉森くんも凄く頑張ってるし、役にぴったりだし、いいですよね何か玉森くんの代表作にこれからもなっていくんじゃないかなと思うし。
僕もね、ちょっと出させて頂いて、明智光秀・・まさか自分が演じると思っていなかった実在の人物なんでね、後編やりたいですね、是非機会があれば。

pen27時間TVの司会について、自ら俯瞰で見た稲垣吾郎、待ってましたDramatic Starlight!、思っていても面と向かって言えない事については「続きを読む」からどうぞ。

musicビートフルディ

【メンバーとの時間】
loveletter雑誌で中居さんが「稲垣さん司会上手だった。あんなに上手にされちゃうと僕妬いちゃうな」と27時間TVでの司会ぶりを褒めていました。吾郎さんの司会は安定感があり気配りも効いていて安心感のある司会で、見ている私も癒やされました。司会をやる際に気をつけた点や難しかった事などはありますか?
ありがとうございます。自分が褒められているはがきを自分で読むのってちょっと照れくさいですよね。何か自画自賛みたいな感じで。でも嬉しいですね、そう思って頂けたら。
司 会ってのは僕あんまり経験ないんですけどね、あの時の司会っていうのは、でもそんな回す司会というよりもちょっと決め事というか段取りが多かったので、司 会の中では普段中居くんとかがやられてるような芸人さんとかタレントさんが何人もいて、その人達を上手く回していく、仕切っていくという程での司会では無 かったので、あの~こんな僕でもちょっと出来たのかなっていう風に思うんですけどね。
ただ全部決め事で紹介していかなきゃいけないから段取りが大変でしたけどね。
こんな事を普段中居くんとかね、香取くんとか草なぎくんとかがやってますけど、やっぱ凄いなぁって改めてメンバーの事凄いなぁと思いましたね。
木村くんも多分同じ事感じたんじゃないかな。
やっぱり段取りに追われてっちゃってね、自分はいっぱいいっぱいだったんですけど、ね。
ただああやって褒めて頂いてというかそう言って頂けて、すごく嬉しかったですね、27時間やってて、それは。
しかも一番ちょっと辛い時間帯だったんですよね。
朝の8時くらいから3時間くらいやって長かったんでね。3時間か4時間くらいやってたんで。
だからそこ司会やってたから逆に乗り切れたのかなっていう。
そこ司会じゃなかったら逆に眠くなっちゃったのかなっていう・・・草なぎくんが眠そうにしたって香取くんに怒られてましたけど。
あそこはちょっと自分のふとん・・負担が多くて、それもあって27時間乗り切れたのもあるのかなって思うので、僕はやれて良かったなって思うし、あとは中居くんが同じスタジオにいたんでね、凄くその辺も助けてくれたんで・・・助かりましたね。
まあ27時間TVならではですね、僕と木村くんが司会をするっていうのはね。
でも僕も司会業っていうのは・・自信は無いですけど、あの~嫌いではない方だと思うので、また機会があればまたやらせて頂きたいですね。
司会の先輩はいっぱいいるのでね、うちのメンバーに。

pen初めての生放送での司会、それも二つのスタジオと日本各地を結び、段取り・決め事を踏まえて、相手はテレビ慣れしていない一般の方・・・こんな司会を時間に追われながらきちんとやってのけた二人、素晴らしいと思います。
本当にSMAPって多才!!!

loveletter私の地域では毎週金曜日、木村くんのラジオの後に吾郎さんのラジオが放送されています。木村くんに元気をもらい吾郎さんに癒やされています。同じ日に同じ話 題で二人がお話しされている事もあって、テンションの違いが楽しいです。木村くんのファンの心をつかむ発言も大好きだし、吾郎さんのいい意味でのファンの 期待に応えないニュートラルな発言も大好きです。吾郎さんみたいなニュートラルな大人になれたらいいと思っています。(吾郎さん照れ笑い)ニュートラルでいられる 秘訣を教えてください。
ニュートラルなの?僕。(笑)ニュートラルって・・・何なんだろうね。
フラットな感じ、淡々としてるってことかな。
僕のいいところであって悪いところでもありますよね。

27 時間テレビのライブでね、CRAZY5で草なぎくんがね、ソロで感極まってる後で、僕がさら~っと歌ってましたものね。稲垣吾郎ってサラッとしてるなって 思いましたもん、後からビデオ見てて(笑)。僕もすごく感極まって感情的になってたんですけどね、何か・・あんま・・感情が見え隠れ・・あんまり映んない んですよね、稲垣吾郎って。不思議ですよね。
何か突っ込まれたりバラエティでこう・・ちょっとこう感情が出る時もありますけどね。みんなに突っ込まれたりする時とか。でも比較的感情が画面に映りにくい人だなって、自分で自分を見てて思いましたけどね。
to faraway~いつか謎を解き~♪って歌うところ。何でこの人こんなにサラッとしてるのかなって思って。自分の中では結構熱い気持ちで歌ったんですけどね。
まあ(笑)あれがいい意味でも悪い意味でも、ファンの期待に応えられない感じなんでしょうかね。
まあSMAPって面白いですよね。いろんなキャラクターがいて、SMAPなのかな。
まあちょっと言い訳でもありますけどね。でもそういう所が皆さんにもしかして支持して頂いてるんだったらまあ無理しないで、僕は僕らしくこのままでいいのかななんて思ったりもしますけどね。
どっか俯瞰で客観的に自分の事見てるんでしょうかね、物事とかもね。
何かそれはやっぱりSMAPの中で、ちょうど真ん中くらいの年齢で、自分で中間管理職とか言ってますけど、そういう自分が10代の頃からずぅ~っとやってきている環境とかにも左右されるんでしょうかね。
逆に僕は、木村くんのちょっとこうファンの心を掴む発言とか気になるし、自分もやっぱそういう人になりたいなと思うんですけどね、まあまあまあMさんまだ22歳なんでね、いろんな自分とまた出会っていくんじゃないでしょうかね。
それでやっぱり自分のスタイルというものが出来ていくので、今急いで何かしなきゃいけないという事はないと思うので、そのままでいいと思いますよ。

pen吾郎の自己分析、大好きです(笑)。
僕のいい所であり悪い所でもある~と言い切るところ、最高。
木村くんのファンの心を掴む発言が気になりながらも、淡々として時にはファンの期待に応えられない(笑)吾郎さんでいて欲しい。
5人みんなが感極まって泣きながらC5を歌われちゃたまらないし、ライブで全員で指さしウィンクしながら熱いファンサをしまくったらドームが大変な事になります。
僕は僕らしくこのままでいいのかな ・・・すごく吾郎らしい言葉だと思いました。

*リクエストメール*
loveletter何と言っても吾郎さんのソロ「Dramatic Starlight」が素晴らしいです。例年のほんわか優しい曲調やジャズ調も良かったんですが、激しいビートを刻む感じがかっこいいです。デビュー27 年目にしてかっこいい吾郎さんに会っちゃった感じがして、ちょっとドキドキで挙動不審になるくらい取り乱しています。ハァ~とかウゥンとか、どうしちゃった んですか?って言うくらい今年の吾郎さんは攻めています。是非、STOP THE SMAPでじっくりレコーディングの話も聞かせてください。リクエスト曲はもちろん「Dramatic Starlight」です。
そうですね、先ほどもお話したんですけど、何かちょっと激しいビートの曲をやりたいなって、ずっとあったんでね。元々僕は結構ハードロックとかも好きだったので、メタルとかも凄く好きだったんで、何かそういう血がどこかに流れているんですね。
確かに最近ずっとジャズとかほんわかした曲が多かったので、まあミュージカルなんかやってもジャズとかが多かったので、意外と攻めた曲とかやるとびっくりするんじゃないかなって(笑)、はぁ~ん、とかんん~とかはまあアレですけどね(笑)。
・・・やらせて頂いて。だから楽しいですよ、凄いやってて。新鮮で、自分でも。
リクエストありがとうございます。
でも聞いてください。Dramatic Starlight!

musicDramatic Starlightshine

【五六二三】
loveletterこの前チケットもぎりのおじさんが、いちいち唾を付けてから(笑)チケットをもぎってました。私はそのチケットを記念にとっておくつもりだったので「止めてくれー」と心の中で叫びました。思っていても面と向かって言えない事ってありますよね。吾郎ちゃんもそんな時ありますか?
(こぶとりさん)
分かるな~これ。チケットもぎりのおじさん、唾つけるのダメだよね。でもしょうがないのかな、みんなやる?乾いてきちゃうか、でも唾はダメだな。アイドルの コンサートでチケットもぎる時に。
これ、僕言いますよ、イベントスタッフに。
まあお仕事大変でしょうけどね、チケットのおじさんも。何かでも方法あるからね。こう手につけるものとかね、手につけるものをちゃんと配ればいいんだよね。それをクビからぶら下げといてもらって、それをつけながら・・何かあるん じゃないかな、やり方が。
面と向かって言えない事ね・・・でも、あんまり・・僕はっきり言うんでね、ヤなものはヤだってね。何か・・買い物とかして凄いチラシとか入れる時ありますよね。CDとか買ったりすると、いっぱい入れられない?洋服とかでも、いろんなDMとかね・・ちょっといいんだけど、っ てなりますよね。
通販とかでショッピングすると・・ネットショッピングすると宣伝入ってきますよね、広告ね。
それはちょっと思うかな。
あとは結構僕はハッキリ言うかな・・・
たばことかちょっと苦手なんでね、狭い所でたばこ吸われたりすると、ちょっと止めてくれ~となりますけれども。
でもヤな事は避ける方なんで。

musicアマノジャク

clip文化放送STOP THE SMAPは来週から、木曜夜7時半スタートになりますsign01

house番組HP
稲垣吾郎のSTOP THE SMAP

mailtoお便りの宛先
〒105-8002 文化放送「稲垣吾郎のSTOP THE SMAP」
メールアドレス smap@joqr.net

|

« 雑誌祭り | トップページ | キスマイBUSAIKU!? 9月25日 »

吾郎ラジオ」カテゴリの記事

コメント

27時間TV、ノンストップコンサートでの一般の方の吾郎に対しての感想からのサイトーさんのコメント!本当にそうだなぁと頷きながら拝読させていただきました。謙虚で、どんな時も仕事仲間、メンバーを褒め、厳しいスケジュールでも弱音を吐かない強い精神力は尊敬に値しますね。吾郎の美意識、徹底した健康管理、知性を磨くための弛まぬ努力(それも努力の痕跡は表には出さない)それら全てがファンに夢を与えるために自分を律しているのだと思うと、本当にファンでいて良かったとつくづく感じます。

ラジオでの穏やかな優しい語り口も、輝くような笑顔も、人と接する時の大らかな態度も、理不尽な事がまかり通ってしまう業界の中にいて自然に出せる凄さに驚かされます。

嫌なものは嫌とはっきり言える強さ!計り知れない優しさの中にある強さがいいですねっ!また惚れ直しました(笑)

投稿: あや | 2014年9月26日 (金) 23時46分

nightあやさま
コメントありがとうございます。
何かイタい事を書いてしまったかなと照れくさかったので(でも消さない(笑)~)、同意頂いて嬉しいです。
最近の雑誌などでの様々な発言からも、心身共に充実している様子が伺え、このところの更なる輝きが素晴らしいなと思っています。
しかも自らは謙遜して仲間を素直に褒めるところも良いですね。

上で書き忘れたのですが、27時間TVの司会で気配りを感じさせずに一般の人の緊張を和らげ、楽しい雰囲気を作ったのは凄いと思いました。
少しもいっぱいいっぱいには見えなかったです。

>嫌なものは嫌とはっきり言える強さ!計り知れない優しさの中にある強さ
・・・本当に素敵な人だな、ファンで良かったと思います。

投稿: サイトー | 2014年9月27日 (土) 09時03分

今週も吾郎らしく楽しい放送でした。
サイトーさんの正統派アイドルについての考察が素晴らしいです!!
ちょっと話しが逸れますが、先日の新聞にNHKドラマ「花子とアン」のヒットの要因についての記事があり、最近の視聴者は「本物志向」で「上品で正統を支持する」とあったのがまるで吾郎の事!!と我が意を得たと喜んでいました。
今までの吾郎の表には出さないけれど積み重ねてきた努力や一歩引く事のできる芯の強さ、色々書きだすと止まらないので・・・吾郎の良さがちゃんと支持されている事がとってもうれしいですね。
嫌な事にははっきり言えるというのも好ましいです!

投稿: 流星 | 2014年9月27日 (土) 18時29分

night流星さま
コメントありがとうございます。
私が吾郎を見つけた(笑)のが95年の終わり頃、口数少なくていつも後ろの方にひっそりといたけれど、たまにこぼれるような笑みを見せてくれたりするとそのギャップに( *´艸`)となっていました。
でもやっぱり基本はアンニュイでミステリアス、アイドルの定義とは真逆の人だと思っていましたが、最近になってキラキラ笑顔を隠さないようになってきて年齢に相応しい内面とのギャップでこれもまたうっとり( *´艸`)。
そして、最近の視聴者は「本物志向」なんですね!
「上品で正統を支持」~なんて素敵♪

そうそう!その場しのぎではなく、嫌なものにはちゃんと嫌と言える強さも大好きです。
少しずつでも吾郎の良さが分かってもらってきているのは嬉しいです。

投稿: サイトー | 2014年9月27日 (土) 23時17分

サイトーさん、どんどん新しいレポを落としてくださっているのに、札幌ドームの感想がこんなに遅くなってしまい、本当にゴメンナサイ!!最高に素敵でカッコ良かった!楽しかった!幸せすぎる2日間でした。一人一人が登場するところからものすごい歓声で大盛り上がり、初日20日が3時間40分、2日目21日がアンコール含めて約4時間のステージでした。中居君に「北海道楽しみあんまりないの?」なんて言われたり、拓哉君が「北海道最高!」って何度も叫ぶと中居君がファンに「木村に誉められて嬉しいだろッ」の返し、その時吾郎ちゃんが一人で「北海道最高!」「吾郎ちゃんに誉められて嬉しいだろッ」ってやって大ウケでした。かつてはこんなお茶目な顔はコンサートの時にしか見せてくれないファンの特権だと勝手に思っていたけど、今本当に自然体に自分を出せる吾郎ちゃんがいて、本当に素敵だと思います。コントのコーナーでは、CCBゴローとごろちん両方やってくれて、生ごろちんめちゃめちゃきれいで可愛かったぁ!ファンセレクトソングは「その瞬間、きっと夢じゃない」と「弾丸ファイター」で、フリの起こしが初日選ばれなかった「弾丸ファイター」という話にファンから「歌って~」コール、中居君一人歌うはめになったり、ゲストセレクトソングは初日上戸彩さんの「どんないいこと」、2日目鶴瓶さん登場で「正義の味方はあてにならない」と「たいせつ」で、どちらも大好きで聞きたかったけど、鶴瓶さんのセレクトは「たいせつ」でした。ここでまたファンが「エーッ!」コール、鶴瓶さんがタイトルコールするまで盛り上りました。「ビートフルデー」の時に慎吾が吾郎ちゃんのおしりをさわったらしく、吾郎ちゃんが突然フニャフニャになって「イェイェ」のところが「フェフェフェ」になっちゃって、めっちゃ可愛かったぁ!近くで会えば会うほど、この世のものとは思えないほど美しいのに、彼らも心から楽しんでいる、私たちに向けてくれている笑顔は優しくてとってもキュート!!長年努力して培ってきた本当の格好良さ、会うたびに好きになる!コンサートは誰にも邪魔されないSMAPとファンのデートの場所だと私は勝手に思ってるので(笑い)長々ととても下手なレポでゴメンナサイ…舞台とコンサート、また参加されたら思いっきり楽しんで来てくださいね!急に寒くなってきたので、私はちょっとひいちゃいましたけど、風邪ひかれないよう気をつけてくださいね!これからもヨロシクお願いします!!

投稿: としこ | 2014年9月28日 (日) 20時51分

nightとしこさま
札幌レポありがとうございます!!
とても楽しそうで、行けば良かったなぁと後悔しました。
なんと言っても北海道は食べ物も美味しいですものね。
3時間40分とか4時間のステージとか、本当に凄いですね。ファンとしては幸せです。
最近の吾郎ちゃんは本当に自然体で可愛いところもかっこいいところもてんこ盛り、しかも黙っていると(笑)超絶美形でスタイル抜群、最高です。
そして、エンジェルボイス♪

>長年努力して培ってきた本当の格好良さ、会うたびに好きになる!
そうなんですよね、ごまかし無しの本物の格好良さ。だから生で見ると更にかっこよくて綺麗で素敵なんだと思います。
「コンサートは誰にも邪魔されないSMAPとファンとのデートの場所」
・・・いいですね~♪あんなに楽しい空間はないですよね。
嫌な事は全部忘れて、その3時間半とか4時間幸せになれるheart
本当に楽しさが伝わってくるレポをありがとうございました。
今年はコンサートもちょこちょこと行ける範囲で参加します(笑)。
舞台の発表も楽しみです。
こちらこそ、これからもどうぞよろしくお願いします。

投稿: サイトー | 2014年9月29日 (月) 00時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 雑誌祭り | トップページ | キスマイBUSAIKU!? 9月25日 »