« SMAPXSMAP 10月27日 | トップページ | 「恋と音楽Ⅱ」大千秋楽 »

2014年11月 1日 (土)

ゴロウ・デラックス 10月30日

いつものように登場・・・と思ったら、拍手の音と共に年配の観客の方の後ろ姿が。
ゴロデラ初めての観覧はアイドル毒蝮さんのファンの方達。
ゲストの毒蝮三太夫さんが登場したら、盛大な拍手と笑顔♪
毒蝮さんに「くたばり損ないのババアとジジイが来ている」と言われて、みんなすごく嬉しそう。
「ゴロウちゃんだって、いずれこうなるよ」・・・毒蝮さんもごろうちゃん呼び。

外山さんは毒蝮さん主催のイベント「マムちゃん寄席」で司会をやっているそうで、年配男性の扱いはさすが。
23年位前、デビュー当時のSMAPと毒蝮さんによる「新宿区民交通安全のつどい」が開かれる事になっていたのが、大雨のため中止になったんですって!
毒蝮:「ファンが1000人も集まっちゃったのよ。そんなに俺のファンが来たら困っちゃうな、と思ったらスマップのファンだったのよ」
外山:「スマップじゃないですから!スマップ!ですから」
吾郎:「いやいや複数いますからね」・・こういう時のフォローはさすが。
毒蝮:「何で覚えてるの?」
吾郎:「僕らはデビュー当時のイベント、全部雨だったんですよ。デビューイベントも雨だったんですよ」(BGMはCan't Stop!! -LOVING
外山:「でもそのおかげでまむしさんと会わなくて済んだわけですもんね(笑)」
外山アナ絶好調、みんな笑顔で楽しい♪

book今週の課題図書「毒蝮流!言葉で介護」 毒蝮三太夫著
~高齢者とのコミュニケーション術~
TBSの生ラジオ番組「毒蝮三太夫のミュージックプレゼント」は45年も続いている。
そのラジオ番組の様子が書かれているページを毒蝮さんをゴロウさん、おばあちゃんを外山アナが朗読。
毒蝮さんの毒舌に満ちあふれた会話を読んで
吾郎:「全然気持ちが乗っていかなかったんですけど・・・」(笑)

bottle高齢者とのふれあい術
*けなす
相手の気持ちをこっちに向けさせるために、まず「けなす」
この時は相手の目をみて相手に敵意がない事を見せておいてから、大きな声でしっかりと「けなす」、この事によって冗談だという事が伝わる。
決して目をそらせて小声で言ったりしてはダメ。

*例える
深い意味はなく、リズムのようなノリで言ってしまう。

*褒める
最後に褒める。

こうして3段階に番組でまとめてくれたものを見て初めて分かったとまむしさん満足げ。
毒蝮:「殴っといて撫でるようなもの。深いんだよ」
吾郎:「蝮さん、自画自賛ですか?」
毒蝮:「ゴロウちゃんも意外に突っ込んでくるねぇ」「農協の役員みたいな顔してる(笑)」

生中継ゆえの面白いハプニングの話も、蝮さん話が上手なので楽しい!

secret毒蝮三太夫人生年表
30歳:「ウルトラマン」のアラシ隊員役で人気者に!
31歳:「笑点」の座布団運びでお茶の間の人気者に!
32歳:親友・立川談志さんによって「毒蝮三太夫」に改名、
・・・・・・・・怪獣にも負けない、一度聞いたら忘れられない名前

pencil蝮さんの知られざる一面について~仕事を一緒にした方に取材
*平成生まれの女の子を二人きりのデートに誘っている
外山:「二人っきりのデートってどういう事ですか?」
毒蝮:「俺が気に入ってなければ誘わない。気に入ってるって事は下心がなきゃ誘わないわな。色気の無いタレントなんて長持ちしない」
誘ったんですね?と確認を続けようとする外山アナ、そこを遮って
吾郎:「話を整理すると~色気があるから平成生まれの女の子とデートが出来たっていう・・・
自画自賛ですかね?」

(爆笑)

*若い女子アナと一緒に青山のお洒落なイタリアンレストランに行くのが好き。(外山アナのチクリ)
外山アナを誘って、若い女子アナを連れてこいと言うそうです(笑)。

蝮さん、最後の捨て台詞(笑)
「ババアよりも若いのがいいに決まってるだろ!」

実は若い頃から女性の事をババアとか言う人が大嫌いだったんですけど、何故か蝮さんは嫌な感じではない。
何となく上手く言えないけど・・・毒蝮さんは「上手い事言ったぜ、俺(どや顔)」なのではなく、あくまでも相手の方が主役だから不愉快にならないのかなと思った。

3人とも話のテンポが良くて、楽しい突っ込み合戦が最高でした。
毒蝮さん、若々しくてお元気。
最後の握手から、きっと楽しまれたんだろうなと嬉しくなりました。
もっとお話を聞いていたかったheart

|

« SMAPXSMAP 10月27日 | トップページ | 「恋と音楽Ⅱ」大千秋楽 »

ゴロウ・デラックス」カテゴリの記事

コメント

本当にテンポが良くて、毒蝮さんも吾郎も外山さんも終始笑顔!突っ込んだり、突っ込まれたりの会話の応酬でしたが、聞いていて不愉快にならないのは3人の人柄の良さでしょうか。毒蝮さんはお年寄りとの触れ合いの中でけなす事を取り入れていますが、必ず後で褒めたりフォローをしているんですよね。決して言いっぱなしにはしない所はさすがですね。バラエティのMCをする人達はこういう話術を見習って欲しいと思いました。

ゴロデラに出演されるゲスとの方達が著書の紹介と共に繰り広げられるトークを心から楽しまれている様子が手に取るように伝わり、見ているこちらも心豊かになります。吾郎マジックにかかり、居心地の良い時間を過ごされているのでしょうね。3時間に及ぶと言われている収録全てを見てみたいものです。

投稿: あや | 2014年11月 1日 (土) 20時23分

appleあやさま
コメントありがとうございます。
ゴロウ・デラックス、楽しかったですね。
あんなに暴言はいているのに少しも不愉快にならないのは、やはりお人柄と話術なんでしょうね。
外山さん、同じ年頃の女性より年配男性の方が気が合いそうで(笑)~
そして吾郎さんの話のおもしろさとテンポの良さを改めて感じました。
凄い番組ですよね。
MC二人とほぼ初対面だったりするゲストの方と織りなす会話、いつももっともっと聞いていたい心地よさです。
とても贅沢な番組なので、是非もっと多くの地域で放送して欲しいですね。
もったいないです。

投稿: サイトー | 2014年11月 3日 (月) 20時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« SMAPXSMAP 10月27日 | トップページ | 「恋と音楽Ⅱ」大千秋楽 »