« STOP THE SMAP 11月20日 | トップページ | SMAPXSMAP 11月24日 »

2014年11月22日 (土)

ゴロウ・デラックス 11月20日

karaokeオープニングトーク
「吾郎さん、吸血鬼の役が似合いそうだなと思って」
「向こうで、吾郎さんから血を吸われたいっていう声が聞こえるもん」

・・・外山さん、結構慣れてきましたね!

book今週の課題図書:「ほんとうの花を見せにきた」 桜庭一樹著
外山さん、興奮気味に「すっごく面白かったので他のもたくさん読ませていただいた」
吾郎も「今年読んだ小説の中で一番好きですよ」「趣味合うね!」

ゲストの桜庭一樹さんは、華奢で女らしい方、色白で巻き毛で細くて・・・でも真っ赤なセーターには牛の柄、しかも肉の部位が図解で描かれているし、ネックレスは骨、自宅での髪留めはハサミの形・・・ファッションも「桜庭ワールド」
小説を読むときに、作者が男とか女とか年齢とかにとらわれない方が自由に楽しく読めるので、性別が分からないようなペンネームにしたそうです。

どの作品でも心に闇を抱えた登場人物が、光を求め懸命にもがく姿が描かれている。
すごく苦労をして苦しんだり悩んだり何かと戦ったりしながら、最後に光のある場所に行くという話が好き。

吾郎:「冷たさとか、冷気をまとった感じが僕は心地よかった」

「ほんとうの花を見せにきた」は吸血鬼バンブーのお話。
オープニングで「吾郎さんは吸血鬼がよく似合う」と言ったからか、最初の外山アナの朗読の時、吾郎の顔のアップが嬉しかった。

house戸山アナ、桜庭さん宅訪問
家中あらゆる所に本が置いてあり、書いた後寝る前に1冊読むそうです。
吸血鬼の話を書こうと思ったのは、愛犬「ポンちゃん」を拾ったのがきっかけ。
寿命の短い犬が人間に飼われるのってどういう気持ちなんだろう・・と思った事からだそうで、そういう発想の転換がさすが違うんですね。
絶え間なく小説を書き続ける桜庭さんの仕事場・・・書きかけの原稿や創作ノート、出先では紙ナプキン・パンフレット・・・などあらゆるものにメモをしてしまうという。
壁にはいろいろなメモや、プリントアウトした原稿が貼ってあり、思いついた事をどんどん書き込んで直していくのだそう。

分析が大好き。
分析しきった時に最終的に分からないものが残る。
その残るものが小説の核になる
のだそうです。

movie男装の麗人ゴロウ 「殺人鬼山田を追え!」 桜庭一樹
”ゴロウ・デラックスを舞台にゴロウさんを主人公で”
大人気作家の桜庭さんにお願いした番組オリジナル小説とは・・・
桜庭さんが「理想の稲垣吾郎さん・・」と考えたら、「実は女だった」

幼稚舎からエスカレーター式のお嬢様学校に通いつつ、放課後男の子の振りをしてアイドル養成所に通うようになる。中学・高校・大学・・と女の子として生活しながら・・・誰にも言えない秘密を抱え、二重生活を続ける麗人ゴロウ。いつかはバレると思いつつも秘密が暴かれることなく絶頂を極めるSMAP。
ある日、番組内で殺人事件が起こり、犯人は男とされる中、稲垣吾郎が容疑者にされてしまう。ところが、ただ一人ゴロウが女だと気付いていたAD。麗人ゴロウに片思いするAD探偵が事件解決に奔走、殺人鬼山田を捉える事ができるのか!?

桜庭さん、ストーリーを語りながら「こんなぺらぺらしゃべり出して(笑)目がギラギラしてきて・・こんなにべらべら喋るのって私じゃない・・」と、ふと我に返る(笑)。
「男装の麗人」「片思い」が大好きなんだそうです。

「男装の麗人ゴロウをとりまく」SMAPのイラストも素晴らしいし、本当にこの番組には溢れるばかりの愛を感じます。

11201

chair最後に吾郎による朗読
「バンブーが120年の寿命を迎え花になる」シーン
桜庭さんの”最も自分らしい箇所”
この哀しく美しいシーンの朗読が素晴らしかった。

|

« STOP THE SMAP 11月20日 | トップページ | SMAPXSMAP 11月24日 »

ゴロウ・デラックス」カテゴリの記事

コメント

毎回感じることですが、凄い番組ですよねぇ。MCの優秀さもさることながら、スタッフの番組作りの力の入れようには頭が下がります。

外山さんも大分慣れてきましたね。「趣味が合うね」という吾郎からのコメントに外山さん嬉しかっただろうなと想像しました。「美しい瞳でいるためには、他人の美点をみつけなさい」というオードリーヘップバーンの言葉を思い出し、吾郎の瞳が美しいのは常に他人の美点を見つけ、それを伝えていることも美しさを保っている秘訣の一つなのかもと思ったりもしました。

内容の一部分でも朗読があることで、その内容を膨らませることもでき、全体を知りたいという気にさせますね。特に朗読が秀逸ですから・・・・

吾郎さんを主人公にと桜庭さんに頼んだスタッフも素晴らしいですが、吾郎を男装の麗人とした桜庭さんも素敵!吾郎に対して想うことは皆同じだなと感じると同時に、物語の内容を饒舌に話しそれに照れる桜庭さんが可愛かったです。

見終わった後の充実感は他の番組では味わえない深いものがあり、どんなに遅くてもこの番組だけはリアルタイムで見ることにしています。来週も話題作ですね!!

投稿: あや | 2014年11月23日 (日) 01時07分

appleあやさま
コメントありがとうございます。
毎回、思います。凄い番組だなって。
正味20分の番組に何時間もかけて収録~番組を見ているとゲストの方がどんどんリラックスするのが分かってきますね。
決して都合の良い方向へ導こうなどとせず、楽しいお喋りをするうちに居心地の良さにゲストの方が「素」を出すようになっているように思います。
>「美しい瞳でいるためには、他人の美点をみつけなさい」
・・・素敵な言葉をありがとうございます。
オードリー・ヘプバーン・・吾郎にとってのアイドルと雑誌で言ってましたね。
他にジェーン・バーキンとか。その趣味の良さが素敵!と思いました。

ゴロウ・デラックスで紹介された本は、凄く読みたくなりますね。
MCお二人が絶賛していた「ほんとうの花を見せにきた」、今日買って読み始めました。何とも美しく哀しい世界に酔いしれています。

吾郎さんを主人公でお話を~という企画、嬉しかったです。
吾郎さんを男装の麗人にしてみる・・・なんて、なかなかファンでも出来ない事を作家さんがサラッとやってしまう。
更にあのイラストが素晴らしかったです(笑)。
ゴロウ・デラックス、本当に大切な番組ですね。
来週も楽しみです。

投稿: サイトー | 2014年11月23日 (日) 22時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« STOP THE SMAP 11月20日 | トップページ | SMAPXSMAP 11月24日 »