« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »

2014年11月

2014年11月27日 (木)

STOP THE SMAP 11月27日

loveletterちょっと遅くなったのですが、インフルエンザワクチンの接種してきました。吾郎さんはもう接種しましたか?
そうですね、毎年会社で・・というか、予防接種やってるんですけど、今年はまだ行ってないですね。もう、行かなくてはという感じですね。ホントは自分の誕生日前には11月には行ってるんで。ホントに逆に言ってくれてありがとうって感じ、思い出しましたね。
だいたいマネージャーさんと一緒に行くんですけどね、マネージャーさんも一緒に打つっていう(笑)・・・毎年の光景なんですけど。
しかもジャニーズの子、だいたい同じ所で。インフルエンザ打つのが。
何か待合室で偶然会っちゃったりとかね、他のグループの人に。そんな事もあったりとか。
早いうち、皆さんもインフルエンザ怖いですからね、ひいてしまったら。
接種する事をお薦めします。

【SMAPな時間】
loveletter名古屋のライブ、参加させて頂きました。9月の札幌から1ヶ月以上間が空いたという事もあってか、ハプニング満載でとても楽しいライブでした。ところで吾郎くんのイヤモニ新調されましたよね。少し前に、今年作り替える時期かなぁとお話されていましたが、あの後に新調されたのでしょうか。黒いイヤモニの中心にイニシャルのG、周りにラインストーン、のように見えました。デザインは吾郎くん自身でされたのですか?制作秘話を聞かせて頂けたら大変嬉しいのですが。
早いですね、よく分かりましたね。早すぎない?M子さん。
まあでもライブ来てたら分かるか・・・まあよく・・ま、モニターなどにアップで映れば分かりますよね。でも耳の中だから・・・分かるか。分かるよね、確かに。気にして見てれば分かりますけど。
そうですね、イヤモニっていうのはイヤーモニター皆さん、もう分かってると思いますけどね。
まあ自分の耳にかたどったイヤホンですね、それを音の環境良くする為に、ドームとかでコンサートやる時とかデカい時に、そういったものがないと歌いづらいので。最近では歌番組とかでもしてる歌手の方とかいますし、メンバーでは香取くんとかは歌番組でもしてますよね。僕がやるようなパルコ劇場のミュージカルとかでは全くイヤモニの必要はないんですけど、環境に応じてボクも付けたり付けなかったり~もちろん、するんですけど。
まあ何年に1回かは買い換えるんですよね。やっぱり耳の形も人間変わっていくみたいで。
だいたいアーティストの方、2年に1回くらい替えるみたいですよ。何か噂によるとB'zの稲葉さんとか何ヶ月に1回か替えるみたいですよね。やっぱり耳もね、痩せたり太ったりとか体重の増減があると耳の形も変わるみたい。ちなみに僕はちょっと痩せたので、耳の穴が大きくなった気がして・・・う~ん。あと何となく耳の形が、痩せるとか太るとかではなくて変化していくもんみたいですね。それでまあ、ちょっと新しくしようと思って。替えて。
まあ仰る通り、黒いイヤモニにイニシャルのGって・・・その通りですよ。
そうですね、これは僕がデザインしました。あの~勿論元々ある形なので、自分で決めるのは色と、あとは何かデザインというかロゴですよね。Gも明らかに・・ねぇ、分かりやすいGも恥ずかしいなと思ったので、ちょっとこうワインとかのエチケットにありそうな、流れるような筆記体ですね、筆記体の大文字のGだったと思うんですけどね。それを少し銀ラメのロゴでやったので、それがラインストーンのように見えたんでしょうけれど。ラインストーンは付けてないですね。何か、イヤモニにラインストーンって・・ちょっと何か・・今、どうかなって。ちょっと前、流行ったりしましたけどね。あゆとかね、よくやってましたけど。ま、僕のキャラクターではちょっとないかなと思ったんで。まあでもさりげない感じでGのマークを付けて。
厳密に言うと黒いイヤモニではないですね。これ、黒いスケルトンですね。ふふっ、どっちでもいいか。何か真っ黒だと、ちょっと何か強すぎちゃうかなっていう・・・うん・・感じで、透けてる黒で。何かなじみもいいし、何かあんまり目立ちすぎない方がいいかなって基本的に・・デザインして、やったんですけどね。
なんだかんだ気付かれて嬉しい~みたいな。ふふふふふ。こんだけ喋ってるんだから。気付かれて嬉しいんですよね。いやいや、さりげない所に気付いて頂けると凄い嬉しいですよね。そこまで見てくれてるっていうファンの皆様の愛情も本当に嬉しいですけど。
しばらくは、ちょっとこのGマークの入ったイヤモニで皆様に僕の甘い歌声を(笑)届けられればなと(笑)思ってます。 


penよく分かりましたね!と言いながら、気付かれて嬉しいと言う吾郎(笑)。可愛いheart
真っ黒にラインストーンではなく、黒いスケルトンに銀ラメで筆記体のG、さりげなさが上品で吾郎らしくて素敵。
それにしても「G」って、あまりない頭文字だし個性的でいいなって改めて思いました。
皆様に僕の甘い歌声を~で、どんどん恥ずかしくなって笑っている吾郎(笑)。

日本エレキテル連合のコント、良い眠りにつく方法、お誕生日、そして女優を目指す6年生の子に語る台詞の覚え方とか夢~については「続きを読む」からどうぞ。

続きを読む "STOP THE SMAP 11月27日"

| | コメント (3)

月刊TV誌

bookTVfan12月号(先月号でごめんなさい)
吾郎グラビア&インタビュー
白いセーターにクラシカルな茶系グレンチェックパンツ。
クッションも白。
一緒にいるのは真っ白なウサギ。
ドワーフホトという種類だそうで、真っ黒なアイラインのある黒い瞳も特徴。
更に、撮影に使ったカルメン君は片方の目が青くて、とても不思議な雰囲気が吾郎に良く合っていました。
カルメン君はすぐセットの後ろなどに行ってしまうので、吾郎がずっと「おやつのパパイア」を持って誘導していたそうです。そういえば肩の辺りをもぞもぞ動いているようなショットとか、吾郎っていつも無理矢理同化しようとせず、相手の好きなようにさせているんだけど、そこに何となく微笑ましいおもしろみが漂っているなぁ・・なんて思っていたら、
このグラビアを見たウサギ好きの方が、「抱き寄せたり頬ずりしたりせず、うさぎに好きなようにさせているところがウサギ飼いからは好感が持てる」と呟いていらっしゃいました(笑)。

つい吾郎とうさぎが可愛くてダラダラ書いてしまいましたが、インタビューとは別に小さく囲った記事に「ライブ前に世界を走る」というのがあって、今回コンサート会場にランニングマシーンを入れてひんしゅくかっているという吾郎の話が。
「その体力、本番に残しておけよ」と思われているだろうな、というのが面白かった。
誰の事を指しているのかしら(笑)。
「コンサート中に汗をかきすぎて醜い姿を見せるのは失礼だしボクの美意識に反する」ので、ライブ前に走って汗を流しているのだそうです。

bookTVnavi 1月号
表紙・グラビアはSMAP
それぞれ銃を持った5人がかっこいい。
インタビューは、今年のツアーについての見所と舞台裏について。
本番前の様子が面白い。
僕たちバラバラだから誰にも会わないとか、他のメンバーが何やってるか知らない、とかいかにもなSMAPが好きです。
しっかり体を動かす上3人、意外に動くよりギターの練習の剛とか本を読む慎吾。
そしてランニングマシーンで走る吾郎について「ただの消耗にしかみえない」とか「全く理解できない」等の感想が、上のTVfan12月号の吾郎インタビューと比べると更に面白いです。
インタビューの時、それぞれが持っているトランプが
中居くんがキング、木村くんがエース、吾郎がクィーン、剛くんがジャック、慎吾くんがジョーカーというのは、やっぱりSMAPって良く出来てるわと。
吾郎って性格も実は顔つきも凄く男っぽいと思うんですけど、何故か5人でいる時は女性の役割なんですね。
女性的に見えるけど実は男っぽい、だからこそできるというのもあると思うのですが~
知れば知るほど奥深い吾郎の魅力・・・そういえば「男装の麗人」というのもあったんだわheart

| | コメント (0)

2014年11月26日 (水)

ananシネマナビ 11月

6歳のボクが、大人になるまで
紙の月
天才スピヴェット
ショート・ターム
ストックホルムでワルツを

シネマナビの良い所の一つ、それは純粋に作品について語っているところだと思う。
そして、映画ファンとして、映画に出演する役者として、映画を制作する側として・・・いろいろな視点から語っているところ。

先日、雑誌を見ていたら「ショート・ターム」の紹介があった。
印象としては、1ページほとんどを主演女優さんの演技がいかに凄いかが書かれていて・・・観る気をなくしていたところでした(笑)。
映画の紹介というよりか、女優さんの宣伝。よく見る光景ではありますが。
シネマナビを読んだら、ちょうど「演技合戦」という言葉が出て来たので笑ってしまいました。
ああ、分かる分かりすぎる・・・と。
自分の演技に酔いしれがちな俳優について(笑)。
そういうのを目の当たりにしてきたからもあるのでしょうか、常に俯瞰で見るようにしている吾郎。
でもこの作品は、そういう行き過ぎがなく監督さんがきっちりとまとめ上げているようで、とても興味をそそられました。

天才スピヴェット
10歳の天才少年が主人公、でも家族の絆を描いたヒューマン・ストーリーだそうですが、原作の本も吾郎は見たのでしょうか。かなり独特な本のようですが。
子供の気持ちになって観ることが出来たという吾郎、子供の頃は今よりももっと想像力も妄想力もよく働いて面白い感性を持っていた、今は物事を目に映すだけで流してしまっているような気がする~と。
そう気づける事だけでも、感性が鋭いのではないかと思いました。

6歳のボクが、大人になるまで
これは同じ俳優で12年間かけて撮った作品、という事だけで観たくなります。
監督・スタッフの作品への思い入れとか、日本ではこのような企画を通すのは相当難しいのではないかという現実問題も、なるほどと。
いろいろ起こりうる危険を想定してでも企画が通ってしまう、映画を作ってしまう~そういう環境も羨ましく感じるのではないかなと勝手に思いました。

紙の月
20代の時に舞台で共演した女優さんという事で、やはり思い入れがあるのかもしれませんが、これくらいいろいろな感情を出せる芝居を映画でできる機会があるのが羨ましい。
吾郎さんも是非!たっぷりと演技を楽しむ事ができる映画を待っています。

ストックホルムでワルツを
スウェーデンで、母国語でジャズを歌って人気を博しビル・エヴァンスとも共演したという女性ジャズシンガー、モニカ・ゼタールンドを描いた作品。
なんと、吾郎は彼女が歌った「ワルツ・フォー・デビー」のCDも持っているという。
さすがだわ!
「スウェーデン語のジャズって、言葉の響きが可愛い」・・・これだけで映画を観たくなってしまいます。さすがだわ、その2。

たった半ページのシネマナビですが、内容は充実しています。
この中に、吾郎の貴重な時間の何時間分が詰まっているかと思うと・・・
確実にどんどん増えていくファイル・・・後で読み返すのも楽しみです。

| | コメント (2)

2014年11月25日 (火)

SMAPXSMAP 11月24日

restaurantビストロ総集編

horse高倉健さんを忍んで~1997年のビストロから
当たり前ですが、みんな若い!
そしてビストロSMAPは、若いSMAP達がビストロで大物ゲストに料理をお出しするという、スペシャルなコーナーでもあった訳ですね、懐かしい。
高倉健さんの、俳優になったきっかけとか新人時代の思い出、出演作品についてのお話、幸せとは~等、盛りだくさんの内容がすっきり編集されて楽しめました。
健さんに「皆さんはこれから何を掴みたいと思ってるの?」と聞かれ、皆まだ分からないなどと答えています。
夢中でSMAPをやってきて夢なんて考える余裕もなかっただろうなと今になると思うのですが、まさかこんなになっているとは誰も予想していなかったのではないでしょうか。

収録後の映像、直ぐにシェフ帽を取って綺麗に二つ折りにして手に持ち挨拶をしている吾郎がいました。髪の毛がぺったんこになっているのが、また可愛い。
好青年を絵に描いたような素敵なシーン。

髪の毛が変だからシェフ帽を取りたくないとかは、やっぱり吾郎なりのネタなんだろうなと思いました。

白いシャツにデニム、黒い革ジャンを手にして「会ったら声かけてくださいね」と、笑顔が素敵でした。
高倉健さん、心からご冥福をお祈り申し上げます。

beerビストロにタモリさんがゲストでご来店。
剛くんのお酒解禁も兼ねてみんなでビールで乾杯。
この時、吾郎がさりげなくタモリさんのグラスより下げてグラスを合わせているのを目撃。
「目上の方との乾杯の時は、相手よりグラスを下げること」というマナーをさりげなく実践していていいなと思った。

期待していなかったビストロ総集編でしたが、礼儀正しく素敵な吾郎を再発見する事ができて嬉しかったです。

| | コメント (4)

2014年11月22日 (土)

ゴロウ・デラックス 11月20日

karaokeオープニングトーク
「吾郎さん、吸血鬼の役が似合いそうだなと思って」
「向こうで、吾郎さんから血を吸われたいっていう声が聞こえるもん」

・・・外山さん、結構慣れてきましたね!

book今週の課題図書:「ほんとうの花を見せにきた」 桜庭一樹著
外山さん、興奮気味に「すっごく面白かったので他のもたくさん読ませていただいた」
吾郎も「今年読んだ小説の中で一番好きですよ」「趣味合うね!」

ゲストの桜庭一樹さんは、華奢で女らしい方、色白で巻き毛で細くて・・・でも真っ赤なセーターには牛の柄、しかも肉の部位が図解で描かれているし、ネックレスは骨、自宅での髪留めはハサミの形・・・ファッションも「桜庭ワールド」
小説を読むときに、作者が男とか女とか年齢とかにとらわれない方が自由に楽しく読めるので、性別が分からないようなペンネームにしたそうです。

どの作品でも心に闇を抱えた登場人物が、光を求め懸命にもがく姿が描かれている。
すごく苦労をして苦しんだり悩んだり何かと戦ったりしながら、最後に光のある場所に行くという話が好き。

吾郎:「冷たさとか、冷気をまとった感じが僕は心地よかった」

「ほんとうの花を見せにきた」は吸血鬼バンブーのお話。
オープニングで「吾郎さんは吸血鬼がよく似合う」と言ったからか、最初の外山アナの朗読の時、吾郎の顔のアップが嬉しかった。

house戸山アナ、桜庭さん宅訪問
家中あらゆる所に本が置いてあり、書いた後寝る前に1冊読むそうです。
吸血鬼の話を書こうと思ったのは、愛犬「ポンちゃん」を拾ったのがきっかけ。
寿命の短い犬が人間に飼われるのってどういう気持ちなんだろう・・と思った事からだそうで、そういう発想の転換がさすが違うんですね。
絶え間なく小説を書き続ける桜庭さんの仕事場・・・書きかけの原稿や創作ノート、出先では紙ナプキン・パンフレット・・・などあらゆるものにメモをしてしまうという。
壁にはいろいろなメモや、プリントアウトした原稿が貼ってあり、思いついた事をどんどん書き込んで直していくのだそう。

分析が大好き。
分析しきった時に最終的に分からないものが残る。
その残るものが小説の核になる
のだそうです。

movie男装の麗人ゴロウ 「殺人鬼山田を追え!」 桜庭一樹
”ゴロウ・デラックスを舞台にゴロウさんを主人公で”
大人気作家の桜庭さんにお願いした番組オリジナル小説とは・・・
桜庭さんが「理想の稲垣吾郎さん・・」と考えたら、「実は女だった」

幼稚舎からエスカレーター式のお嬢様学校に通いつつ、放課後男の子の振りをしてアイドル養成所に通うようになる。中学・高校・大学・・と女の子として生活しながら・・・誰にも言えない秘密を抱え、二重生活を続ける麗人ゴロウ。いつかはバレると思いつつも秘密が暴かれることなく絶頂を極めるSMAP。
ある日、番組内で殺人事件が起こり、犯人は男とされる中、稲垣吾郎が容疑者にされてしまう。ところが、ただ一人ゴロウが女だと気付いていたAD。麗人ゴロウに片思いするAD探偵が事件解決に奔走、殺人鬼山田を捉える事ができるのか!?

桜庭さん、ストーリーを語りながら「こんなぺらぺらしゃべり出して(笑)目がギラギラしてきて・・こんなにべらべら喋るのって私じゃない・・」と、ふと我に返る(笑)。
「男装の麗人」「片思い」が大好きなんだそうです。

「男装の麗人ゴロウをとりまく」SMAPのイラストも素晴らしいし、本当にこの番組には溢れるばかりの愛を感じます。

11201

chair最後に吾郎による朗読
「バンブーが120年の寿命を迎え花になる」シーン
桜庭さんの”最も自分らしい箇所”
この哀しく美しいシーンの朗読が素晴らしかった。

| | コメント (2)

2014年11月21日 (金)

STOP THE SMAP 11月20日

loveletter昔懐かしの学校給食のメニューで思い出の味ありますか?因みに私は代表的なソフト麺なんですが、ミートソースと相性抜群であの食感がたまらなく好きでした。
あ~給食ねぇ、懐かしいですね。僕は麺類も好きだったんですけど、やっぱりカレーとか中華丼とかご飯が嬉しかったですね。ご飯って1週間に1回か2週間に1回しか出なかったんですね。ほとんどパンだったんで、やっぱりご飯の時は嬉しいな~って思って。
今でもパンよりもご飯が好きなんで、そういう子供の頃の影響もあるのかなぁって思いますけれども。あとたまにヨーグルトの日がありましたね。牛乳じゃなくて。瓶のね。
あれも凄い好きでした。

【SMAPな時間】
loveletterスマスマのSMAPシャッフルメイク企画、面白いを通り越して感動しました。ざわちんさん、本当にプロフェッショナルですね。シャッフルメイクを体験された感想を是非お聞かせください。
そうなんですよね、これ凄かったですよね。話題になりましたよね。
僕は因みに木村くんの顔になって、他誰だったっけな、いろいろシャッフルしたんですよね。
でも結構・・・自信作でしたね。僕の中では。
僕が自信作って・・・僕が作った訳ではないんですけど。でも何かホントに、ざわちんの凄さを痛感しましたね。ざわちんさんだけでなくカメラマンさんと、ざわちんさんのお母様とスタッフ全員がまとまって作り上げてる感じがしましたね。
いや、凄いっすね、やっぱり。
思ったほど時間がかからなかったのでね、撮影とメイクで1時間半から2時間くらいかかっちゃったかな。でも、もっと時間がかかるって言われていたので。
しかも僕の場合は一回中居くんになろうと思ってて変えたんですよね。
その割には時間が短縮で凄いなと思って。
でもこれね、いろいろと思ったんですけど、ジャニーズで同じグループの中だから出来たのかなっていう・・・顔があまりにも違うと、さすがに厳しいんじゃないのかなって。
メンバー同士でのシャッフルでもね、ある程度みんなジャニーズ系の顔だからここまで出来たのかなと思いますよね。もちろん、ざわちん凄いんですけど。
これがたとえば・・グループでシャッフルってダウンタウンのお二人がやられても多分無理ですよね。やっぱり顔がある程度みんな共通項があるから出来るのかなと思いましたね。
でも草なぎくんは、やっぱさすがに個性的な顔なんで苦戦してましたよね。
ちょっとだけ(笑)草なぎが残ってましたからね。
いや~でもホント、凄いですね。
これね、でも今度ジャニーズ内でいろいろなシャッフルしたら楽しそうですよね。
グループを超えてね。
嵐とかSMAPとかTOKIOとかV6とか、みんなでやっても面白いんじゃないのかなと思いましたけれども。
いやいやいや凄いですよ、世界級ですよね。何か世界に行けますよね、ざわちんさんって。
そんな感じがしましたけれども。

penシャッフルメイク、自分たちがメイクされて改めてざわちんメイクの凄さを実感できたのではないでしょうか。ざわちんは勿論お母様スタッフ全員が作り上げた仕事と称えていますが、SMAP一人一人の表情を作る演技力も凄いのではないかと思っています。
吾郎の目力とか・・・撮影している時の吾郎が本当に木村くんの目になっていて凄いと思いましたもの。
もちろん、勿論!ざわちんの観察力・メイクがあっての企画です。
「話題になりましたよね」・・・って、きっとTV業界の方達にも話題になったんでしょうね。
スマスマならではのコーナーだと思いました。面白かったです。

大阪での慎吾とのご飯は?吾郎の今年の冬のファッション、好きなお鍋、日記について~は「続きを読む」からどうぞ。

続きを読む "STOP THE SMAP 11月20日"

| | コメント (2)

2014年11月19日 (水)

カブを買うなら~♪

bellカブドットコム証券、今日で創業15周年を迎えたそうで、おめでとうございます!

今日の日経新聞にはカブドットコムのカラー全面広告がドカン!
一昨日から、東京駅の各階段には、カブを持ったり、顎に手を当てている吾郎の素敵なポスターがたくさん貼ってあります。
一日中乗降客が多い、丸の内などのオフィス街を控え全国から人が集まるあの東京駅に!各階段に!!

あまりポスターが貼られていない壁に、このシンプルだけどインパクトのあるポスターなので、とても目立ちます。
カブドットコムさま、ありがとう。

*一応、どんな感じかという事で、東京駅階段付近の写真(笑)です。

1 2

| | コメント (4)

SMAPXSMAP 11月17日

久しぶりに最初から最後まで楽しいスマスマでした。

restaurantビストロ
ゲストは松原千明さんとすみれさん。
実は松原千明さんが石田純一さんと結婚していた事も知らなかったくらいの芸能事情知らずで、何故この親子がゲストなのか意味が分からない・・・と思っていたのですが~
楽しかった(笑)。
松原千明さんののんびりした関西弁(京都?)とおおらかさ、すみれさんのしっかりしているけど素直な感じが、ああなるほど、だから石田一族(元夫・元妻・それぞれの子供などが楽しく集まる)は存在しうるのだなと思いました。
中居くんが嬉しそう吾郞に「石田さん、どうですか?(この石田一族の関係に)対応できそうですね」と振ると、吾郞もにこやかに「対応できそうです」・・・確かに、吾郞にはそういうおおらかさはありそう。
石田さんの家族関係を「戦国時代みたいですね」という吾郞はやっぱり歴史が好きなんですね。

【SMAPの挑戦】
~すみれの母千明に結婚のあいさつ
*オーソドックスに攻めた剛は合格。
*誠意を込めたつもりでも、千明さんに「間がありすぎる」(笑)と不合格にされた木村くん。
松原さん、私の気持ちを代弁してくれた?どうもせっかちなところは私は関西人っぽいみたい。
*「すみれさんのお腹の中には・・」と子供は最早5ヶ月と報告する吾郞は不合格(笑)。
嬉しそうに急に花嫁の父になって怒る演技をする中居くん、
その陰で急に後ろを向いて調理台の小物を触りだす木村くんとか・・・(笑)
まあ、このネタが似合うのは吾郞かな。
*慎吾はキャラ通り、明るく率直にお願いして合格。

両チームとも、サラダとパスタがとっても美味しそうでした。

slate昼顔の午後
こういうドラマ仕立てっぽいコントはいつも面白い。
SMAPの腕の見せ所だと思う。
ちょっと冴えない男を演じる木村くんって凄くチャーミング。

music岡村靖幸XSMAP初コラボレーション
*カルアミルク
吾郞ソロが、ものすごく好き。
吾郞が特にちょうど合った音域と出会うと、透明感があるけれど芯の強い不思議な歌声になると思うのだけど・・・今回、とてもそれを感じました。
歌の世界ともぴったり合っていて、何回も聴いてしまった。

*彼氏になって優しくなって
「こんなにがんばって~」の所の、顎に手を当てるポーズが美しすぎてまるで二次元の世界。

*愛はおしゃれじゃない
床に置かれた(?)カメラに一人ずつ歌いながら寄っていくところ、あれは岡村さんがよくやるそうで、とっても可愛くて良かった。
カメラ前を占領してなかなかどかない中居くんの肩を抱き込むようにする吾郞が最高。
少年みたいな可愛さ。

岡村さんは27時間TVを最初から最後まで全部見たそうで、何故見たんですか?という質問に「(SMAPが)やる必要ないのに、何でやったのかな」と思って見始めた。
見てるうちに本当に頑張っているのに感動、最後のライブなんて大感動して見たそうです。
大先輩の才能溢れるアーティストの方から、こういう話を聞くと本当に嬉しいです。
もっとお話したようなので、そういうトークこそ是非未公開SPなどで見せて欲しいです。

コラボ企画というのは、(SMAPファンとしてはSMAPだけで歌って欲しいのに)わざわざお招きしてゲストのファンにはSMAP邪魔とののしられるという不思議なコーナーです。
私はスマスマが1回目から続けてきたこのコーナー、大好きなんですけどね。
そして毎回、短い時間でゲストの歌とダンスを覚える~という訓練の積み重ねはSMAPにとってとても良い体験となっているとは思います。
でも今回、「SMAPと共演して楽しかった」「久しぶりにTVで見られて嬉しかった」などと書いてくださる岡村さんファンの方が多くて、それが嬉しかったです。

かっこいい6人の大人の男がスーツ着て歌って踊るという最高に素敵なパフォーマンスでした。

| | コメント (2)

2014年11月15日 (土)

ゴロウ・デラックス 11月13日

今週のゲストは、漫画家ヤマザキマリさん。

今の生活をイラスト1枚で表すと~と描いて来てくださったのは「女版山下清」。
放浪流浪の旅をしながら、どこでも絵を描いているとのこと。

book今週の課題図書:「とらわれない生き方~悩める日本女性のための人生指南書
・・・心のタガを外せば人生もっと愉しめる!!

「テルマエ・ロマエ」誕生までのヤマザキマリさんは・・・
17歳にして単身イタリアへ渡り絵を学びながら極貧生活、苦労を乗り越える度に「また一つ、頼りがいのある自分になれた」と思う。
シングルマザーとなり、子供を育てるために日本に帰ってきて漫画を描きながらも様々な仕事をする。
ちょうどイタリアブームだったので、大学でイタリア語を教えたり、地方局でイタリア料理のコーナー(”がさつなイタリア料理”と主婦に人気だったそう)を持ったり、果ては温泉リポーターをやったり。


でもお話を聞いていると、そのテンポ良い話っぷり、チャーミングな人柄ゆえに、いろいろなお仕事が来たり人脈が広がっていったんだろうなと納得。
その温泉リポーターで北海道・東北の温泉を網羅、各温泉の特徴・伝統などの知識を得てた。

karaoke「テルマエ・ロマエ」で、ルシウスが初めて日本の温泉に来て「平たい顔族」に出会った時のシーンを朗読。吾郎って、漫画のアテレコが上手いですよね。外山さんも声質が漫画に合っているし上手。
ヤマザキさんがアイロンをかけながらふと思いついたこのシーンが、「テルマエ・ロマエ」誕生の瞬間だったそうです。

著書「とらわれない生き方」にも出てくる日本とイタリアの違い・・・
drama日本人男性とイタリア人男性の違い
何を恥ずかしがるのか、何を表に出すのかの尺度が違う。
イタリア人男性は、たとえば女性に振られた時、泣きながら格好つけてその悲しい自分を鏡に映して「失恋した俺、よしっ!」となるそうで(笑)~
吾郎:「僕も泣いたりすると鏡見ますよ。」
マリ:「(手を叩いて大喜び)見てそう!」
吾郎:「僕はお芝居するから、こういう時の自分の顔を覚えておこうと思うんですよ」
マリ:「で、見てそれを何て思うんですか?」
吾郎:「こういう表情の自分もいいなって」
マリ:イタリア人じゃないですか?前世

ヤマザキマリさんのつっこみも素晴らしいし、空気を読んで面白く答える吾郞も最高。

spaヤマザキさんが日本に帰ってきて、まずやりたいこと
それは日本のお風呂に入ること。くつろぐ為のお風呂につかりたい。
まずお風呂にゆっくり入ってから、お好み焼きとか蕎麦を食べに出かけるそうです。
吾郎:「僕も夜食事に行く時は必ずその前にお風呂に入ります。出かける前に」
マリ:「それは、ローマ的です。ローマ人もそうですよね。」
吾郎:「僕ずっと正座するんですよ、お風呂で。」
ヤマザキさんも外山さんもびっくり「え?」「湯船の中で?」
吾郎:「湯船の中で正座するんです。ストレッチになるんですね。ちょっと前腿が伸びるのと。正座して本を読むんです。」
マリ:「ものすごい見てみたい!」
外山:「面白すぎるんですけど、吾郎さん」
吾郎:「課題図書とか読んでるんです」
マリ:それね、すごいコンパンクトにローマ的理念が全部合体してる!
ローマ人はお風呂に入る前に柔軟体操をして、出てからは図書館とかで本を読んだりするそうです。それを全部まとめて湯船の中でやっている吾郎さんにヤマザキマリさんもびっくり。
マリ:「今度、テルマエ・ロマエの番外編を描くなら、是非ゴロウさんの家にローマ人がタイムスリップして来て・・・やりたいなぁ(笑)」

ヤマザキさん、是非是非「テルマエ・ロマエ番外編」をお願いします!
取材はみっちりと、ゴロウさんちのお風呂事情などもあの素晴らしいタッチで再現してください。あ、もちろんゴロウさんも。

とっても楽しかった30分。
きっと話も弾んだと思うので、是非未公開SPにたっぷりと入れて欲しい。
さて、番組HPから感想と一緒にお願いもしてこよう!

| | コメント (5)

2014年11月14日 (金)

STOP THE SMAP 11月13日

loveletterソフトバンクの新CMで吾郎さんが使用しているiPhone6は、どの色でしょうか?是非、吾郎さんと同じ色にしたいと思っています。CMに使った色でも構いません。使い心地も良かったら教えてください。
そうなんですよね、今コマーシャル流れてまして。何か一人でロサンゼルスとハワイに行って撮影をしてきたんですけど。
なかなかいいお仕事でしたよ。短い期間でちょっと強行なスケジュールで大変は大変だったんですけど、やぁ~でも何か久々の海外というかロサンゼルスとかだったんで、凄い楽しかったんですけど。コマーシャルも凄い面白いですよね。何か、自分で言うのも変ですけど。何かちょっとお茶目なごろーさんが出て来て(笑)、はい。
で、コマーシャルの中だと多分白い携帯電話を使っていると思うんですけど、実際は僕はiPhone6使っているんですけど、黒ですね、これはね。黒・・これは何とかグレー、スペースグレーって言うんでしたっけね。ほとんど黒ですよね。
コマーシャルでは、多分何か白だったと思うんですけど。
Gさん、これどっち選んでも構いませんが・・でもどうなんだろうな、携帯電話って結構白か黒か迷いますよね。iPhoneって。
僕は何か黒の方が好きですけど、でも白の方が何か鞄の中とかちょっと落としちゃった時とか見つけやすいのは見つけやすいですね、色がね。
あとね、6になって使い心地いいですよ、何か薄くて大丈夫かなんていろいろ噂もありましたけれど、全然丈夫ですし、やっぱり何よりも軽いのがいいですね。
デザインもホントに美しいと思いますし。
はい、是非、お揃いにしましょう。

【SMAPな時間】
loveletterソフトバンクの新しいコマーシャル「アメリカ放題」、CM制作の為に超弾丸でロサンゼルスとハワイに行ってきたんですか?最高気温40度まで上昇とも書いてありました。このロケのお話、聞かせてください。
そうなんですよね、急に。先ほどもお話しましたけれど、急きょ海外行きが決定して、ちょうどお芝居のね「恋と音楽」大阪公演始まる前、そしてしかもSMAPのコンサートが大阪で一時休憩というか、まあナゴヤドームまで一ヶ月間くらい時間あったんで、ちょっと10月のスケジュールが緩めだったので、まあ何か行く事になったんですけど。
楽しかったですね。やっぱり海外って最近お仕事で少なかったんで、きっとまたメンバー5人で行ったらそれはそれで楽しかったと思うんですけど、何故か一人っていう・・ね。
でも何かロサンゼルスも久しぶりですし、ハワイもなにげに5年ぶりくらいだったんで。
プライベートで家族とハワイに行ったりということは何回かあったんですけどね、それこそゴルフとかハワイはホントに楽しめる場所なんで。でも何か5年ぶりくらいのハワイ、ロサンゼルスはあまり変わらない感じだったんですけどね。
勿論コマーシャル以外にもプライベートな時間はそこそこあったので・・・基本的にコマーシャルはデイシーン・・昼間のシーンが多かったので夜とかは勿論時間はありますし、そんなに何か強行でかなりロスとハワイも3日間ずつくらいで合計1週間くらいで行ってきたんですけれども、大変は大変だったんですけど、夜とかは意外と時間があったりしたので、そこそこちょっと海外旅行気分それこそアメリカ放題気分を味わえたんですけどね。
やっぱ、いいですね。ハワイは久々に行くと・・・5年くらいで凄く変わりましたね。
ハワイはホノルルのワイキキのいわゆるど真ん中のあの辺りなんですけど、何かいろんなコンドミニアムが建ったりとかショッピングモールとかもどんどん新しくなったりして、相変わらず日本人が多いハワイって感じだったんですけど、でも何か楽しめましたね。
ロサンゼルスもまあ久々だったんですけどね。確かに暑かったですけどね。40度近くあったんじゃないかな、ハワイも暑かったんですけどね。
まあでも何かちょっとご褒美というか楽しかったですね。何か、その僕の楽しい感じはコマーシャルから伝わってると思うんですけどね。
4人が僕のコマーシャル・・僕が要するにアメリカに行ってるのを他のメンバー4人が見てる訳なんですけど、木村くんとかは実際に僕がハワイ行ってきて撮影した感じとかをちゃんとVTRで予習してくれたみたいで、「おまえ、何やってんだよ、おまえメチャ楽しそうじゃんか」みたいな感じでうらやましがられたんですけどね。
ただ4人の撮影の時、現場どんな空気だったのかなと、そっちの方が僕気になっちゃって(笑)。僕はそこにいなかったんでね、東京に。
でも凄く面白いコマーシャルで、何よりも「アメリカ放題」って凄いですね。
僕が行った時は実際アメリカ放題になっていて僕もiPhone6に替えていたんですけど、凄いですよね、だってアメリカと日本の通話が日本の国内と変わらないんですよ、インターネットも含めて。
だからハワイとか旅行に行かれる方もそうですし、あとは仕事でねアメリカとかに行かれる方も多いと思うのでね、そういう人達にとっては凄く新しいサービスですよね。
確かに弾丸ロケではあったんですけど、ちょっとした1週間のご褒美というか楽しい思いをさせて頂いた感じです。

penアメリカロケの話が聞けて嬉しかった。思ったよりは余裕のあるスケジュールだったようで良かった。本当に楽しそうなCMで評判も良いみたいですね。
iPhone6について、「僕とお揃いにしましょう」とか最高のセールストーク。
他にも「薄いけど大丈夫」とか一番の懸念事項を解決してくれて、軽くてデザインもいい、「アメリカ放題」についての説明も・・・
買い換えたくなるではありませんか!

○○ にお住まいの美魔女のようこさんからです。んん?あ、なるほどね、美魔女のようこさんて、僕が何か「恋と音楽」の時にカーテンコールでお客さんのことを 「美魔女」って言った失礼なヤツですよね。何かあの前の方に座っていたお客さんで、あの~10代か20代前半の凄く若いお客さんがいて、真飛さんのファン だったんですね。で、そのファンの方に、あまりにも真飛さんに声援を送ってたんで僕がちょっと面白くなって「真飛さんのファンですよね~」みたいな感じで ちょっとお話をしたんですよね。カーテンコールの時に。
自分のファンの割には凄く若いお客さんだなって僕は失言をしてしまいまして、まるで僕の ファンが若い方がいないみたいなね、そういう意味じゃなかったんですけど、だいたい何か30代とか舞台観に来られる方はね僕くらいの年齢の方とか30代く らいとか大人の方が多かったので、10代後半位の方は珍しいなと思って、「皆さんは確かに美魔女ですよね」っていう風に僕は言ったんだけど、もう言えば言 うほど空回りでもう何か失礼な事言ってしまったんじゃないかなっていう気がするんですけどね。う~ん・・・
まあまあ、そんなようこさんからのお便りです。

loveletter「恋と音楽Ⅱ」無事に終わりましたね。6月のパルコ劇場から3ヶ月くらい経って懐かしいような新鮮な感じでした。とても幸せな気持ちにして頂いてありがとうございました。「恋と音楽Ⅱ」が終わって観れないのは寂しいけれど、次回作「恋と音楽Ⅲ」を待っています。
は い、そうなんですよね、ホントに3ヶ月間空くっていうのはちょっと異例の事でね、1年くらい空いて再演っていうのはあるんですけどね、3ヶ月というのは非 常に中途半端で、やっぱ忘れちゃってましたしね、だからこれも1週間くらい稽古して、ま1週間もやれば思い出すので。で、香取くんもちょうど同じくらいな んですね、3ヶ月間空いて、また同じ劇場というか、劇場は違うんですけど、上と下でやってて。向こうは梅田劇場でやってて、僕はドラマシティでやってたん でね、これも不思議な感じだったんですけど。
でもホントにお客さんあんなに満員御礼というか来て頂いて、嬉しかったですね。
カーテンコールでも楽しくていろんなお話させて頂いて、う~ん、
でもカーテンコールではいつも何か素直になれない自分がいて、何かちょっとね、恥ずかしいんですよね。
あまりにも自分の事を好きでいて応援してくださる方が千人くらい、まあ僕のファンだけじゃないですけど(笑)やっぱり目の前にいて頂けると、何か素直に感謝の言葉を述べれないというかね、アイドルとして失格なんですけどね
何かちょっと憎まれ口を叩いてしまったりとか、お客さんに対して失礼なんですけど。
何かちょっとこの場を借りてお礼を言いたいなと(笑)いうか、いやホントにありがたいですよね~ああやって劇場まで来てくださる事って本当に嬉しいんですけど。
ただカーテンコールでは何か拍手が鳴り止まない感じで2回・3回くらいかな、僕も出させて頂いたんですけど、もう喋る事最後の方では無くなってきちゃって、ね。
「喋る事ないんですよ、もう」とかまた文句言ったりとかして、それもまた失礼だったかなと思って、ちょっと後で反省しちゃったんですけどね。
でもホントに嬉しいし、皆さんの愛というものが伝わってきましたので。
ま た何かああやって喜んでいただけると、またパート3,パート4と来て頂ける限り僕らもずっとやり続けるのが僕らの使命というか、僕らの生きがいでもあるの でね、パート3またやりたいなと思って、まだいつか分からないですけどね、このシリーズは続けていきたいなと思ってますね。ありがとうございました。

penこの2日目の「美魔女発言」、レポを読んでそれはちょっと失礼でしょ(笑)と思ったけど、いえ私たちはいいんですけど、吾郎さんのアマノジャク発言を知らないお客さんは戸惑うのではないかと、心配した訳です。でも私が行った千秋楽の日は2回ともきちんと大人の挨拶をしていたと思います。「声をかけないでください」以外は(笑)。
まあ心のこもらないありきたりの挨拶よりも、楽しくていいんだけどね。
何よりも、吾郎さんが自分自身で分かっているのなら。
なによりも、「ずっとやり続けるのが僕らの使命、僕らの生きがい」という言葉がとっても嬉しい。

子供の名前、右か左問題、「恋と音楽Ⅱ」打ち上げについては、「続きを読む」からどうぞ。

続きを読む "STOP THE SMAP 11月13日"

| | コメント (0)

2014年11月13日 (木)

「恋と音楽Ⅱ」パンフレット

「恋と音楽Ⅱ~僕と彼女はマネージャー~」公演オリジナルパンフレット
東京公演舞台写真19カット(4ページ)が追加されたバージョンが
12月1日(月)までの期間限定で販売されています。
吾郎さんの素敵な写真満載、私は特に2ページ目の長いすに脚を伸ばしたのがお気に入り。もちろん綺麗な横顔付き♪
お買い求めはこちらから PARCOSTAGE SHOP

| | コメント (2)

2014年11月12日 (水)

SMAPXSMAP 11月10日

restaurantビストロゲストはみのもんたさん。
正直、どうなんだろうと思っていましたが、案外こういう大ベテランでちょっと毒舌?の方がゲストだとSMAPがスクラムを組む感じが好きです。
*QUIZ-MINOMONTA
ミリオネアっぽい4択のクイズ、正解なんて分かるはずないのが面白い。
何が良いって、SMAPの顔のアップを延々と見られること。
やっぱりSMAPってみんな顔整っているんですね。
そして吾郎。瞳が美しい。大きな黒目で迷いのない目力。
すべすべの白い肌。
後ろ姿、シェフ帽の下から覗くくるくるした柔らかそうな髪の毛が・・・触りたくなって気になる(笑)。
・・・話の内容も頭に入らないくらい、吾郎のアップばかり気になってました。
みのさんのグラスの水滴をキレイにぬぐう吾郎も素敵。

*今日のご注文
メインは「パーロー」~豚バラ肉とネギだけを炒めたシンプルな中華の家庭料理。大切なところは、ネギがシャキシャキしていること。
吾郎・剛チーム~豚バラ肉とネギ、醤油、ラー油だけの基本通りのシンプルなもの。
木村・慎吾チーム~熟成リブロース豚肉とネギ、醤油・オイスターソース・酒・ショウガ・ニンニクのビストロ風。
吾郎が作ったパーローはネギに火を通しすぎというみのさんのコメント。
それに対して慎吾が作った方はネギのシャキシャキ感が良いと。
ところが判定になったら、「やっぱり最初のパーローが勝負ですよね」と言いながら吾郎・剛チームの勝ち。
みのさん、しゃあしゃあと吾郎の方を「こっちの方がネギがシャキシャキしてた」
この判定に異論を唱える慎吾と「こっちの方がシャキシャキしてました」とにこやかに応じる吾郎の闘いが、とっても面白かった(笑)。
本当の決め手は、忠実に庶民の味を再現したチームの勝ちだったという事でしょうか。

お酒をたくさん飲んで足元がふらつくみのさんが最後階段を降りる時、両側から支える中居くんと吾郎。吾郎がサッと先を降りて下から支え、中居くんが上から助けるという無言のチームワークが素敵でした。

musicMr.S SAITEI DE SAIKOU NO OTOKO
待ちに待ったアルバム曲がようやくオンエア。
黒いスーツで素敵にかっこいいSMAPでした。
誰が何と言っても、吾郎のダンスがかっこよかった。
指先から視線まで神経が行き届いていて、SMAPのダンスネタを知らない人に見せたいと思ったわ。
サビの吾郎ソロ「サヨナラも上手なんて~」の前の間奏のところなんて、本当に上手かったと思うんです。ダンス詳しくないから分からないけど(笑)静止画像がどんな時もキレイなので・・・
ここの高音の声も色っぽくて好き。
ただ、今回も吾郎をあまり映してくれなかったのでストレスは溜まったけど。
アルバムの曲は良い曲が多いので、是非もっと歌って欲しいです。

| | コメント (2)

ゴロウ・デラックス 11月6日

book今週の課題図書:「マネる技術」 コロッケ著
ものまねの技術をビジネスに応用。
目標にしている人をよく観察して勇気を持って真似よう!

朗読の時もコロッケさんがひたすら観察しているそうで、照れる吾郎。

【コロッケのものまね学】
通りすがり 残像
・・・残像として残ったものが、コロッケさんの中で別の生き物として出てってしまう。
それが、「こんな事してない(笑)のに・・・でも似てるそっくり」というコロッケさんのものまねだそうで、何かとても納得いきました。

その「コロッケさんの中で残像として残ったもの」を、真面目な顔して「いえ、それは違います。それは○○をしているのです」と説明する吾郎と笑い転げる外山さん。
このコンビがすごく良い。
コロッケさんも「あ、そうか。間違っちゃった(テヘ)」のような返し。

終始楽しそうな笑いと、吾郎の自然で美しい敬語が心地よいゴロウ・デラックスでした。

penゴロウ・デラックスは本当に大切にしたい素敵な吾郎の冠番組。
(この番組ではありませんが)長年TV番組制作している方のお話を教えて頂きました。
「とにかく放送後の反応が大切」。もし番組が低調な時があっても、視聴者からの多くの支持があれば乗り越えられる「ことも」あるそうです。
ですから、放送地域拡大のお願いだけでなく、マメに番組側に感想を送る事がとても大切な事なのだそうです。
業界の人達に評判がいいらしい、なんてあぐらをかいていてはダメ。
2~3日遅れてもいいから、番組の感想を送る事は忘れないようにしようと思いました。

| | コメント (2)

2014年11月10日 (月)

SMAPコンサートツアー2014 ナゴヤドーム 

9日に日帰りで行ってきました。
ナゴヤドームは初めてでしたが、こじんまりとして見やすかった。
相変わらず高い所から下を眺める席でしたが、アリーナの向こう側でも遠すぎなかったので、ほとんどを双眼鏡で見るという回に。
ただ、これをやってしまうと、後で思い出した時に「あの超絶可愛かった吾郎」「何をやっているんだ!?吾郎」「スタイルが良すぎるぜ吾郎」「美しすぎて震えた吾郎」・・・がどの曲の時だったかが分からないという問題が生じるのですが。
でも後悔はしていない!もっと良い双眼鏡が欲しくなりました。

3塁側スタンド後方からなので、1塁側がほとんどだった東京ドームと違う感じで見られたのが嬉しかった。
吾郎は終始ごきげんで笑顔が輝いていて、ファンへのサービスが素晴らしかった。
上の方から見ていても、トロッコが来ると名古屋の観客の人達は目の前のメンバーにたくさんの声援を送っていて気持ちよかったです。
一般の人が多かったのかなとも思いました。
本当に楽しかった。

pen吾郎ファン的な暑苦しいネタバレポイントは「続きを読む」に隠しました。

続きを読む "SMAPコンサートツアー2014 ナゴヤドーム "

| | コメント (4)

2014年11月 7日 (金)

STOP THE SMAP 11月6日

loveletter最近、肌寒い日が続いて、温かいものやお風呂そして人肌恋しい季節になりました。秋冬に、これが恋しくてたまらない的のものや時はありますか?
う~~ん、何か首元が寂しくなりますね。マフラーとかね。
最近マフラーで繋がっている被るようなね、いわゆるスヌードと言われているものとかね、おしゃれなもの結構ありますよね。
スポーティーなものから、もう自転車に乗る人が被るフリースで出来ているスポーティーなスヌードからカシミヤとかで結構ゴージャスな大きめなスヌードとかもファッションでありますし、何かちょっと好きですね。フード付きのスヌードとかもありますね。
僕なんか結構冬場に喉を冷やしたりすると歌とか唄ってて、ね、声も使う仕事なんで、やっぱりなるべく冷やさないようにと思って、よく巻いたりしますけどね。
ネックウォーマーとスヌードとまたちょっと違うのかな。
そういう首元のアイテムとかは僕は好きですね。

【SMAPな時間】
loveletterGIFTof SMAPのライブDVDを見て、吾郎さんの髪直しや服直しを見て爆笑していました。ところで吾郎さん、視力はどれくらいですか?ライブ会場のどの辺りまでお客さんを生で見えてるのかな。
そうですね。視力は0.3とか0.2くらいであまり目良くはないんですけど、まあコンタクトしてるんでね、結構見えてますね。
コンタクトの設定はそんなに強くはないんで、1.0とか0.9とかそれくらいに設定されていると思うので~眼鏡にも僕は度を入れているんですね、あメガネ・・サングラスとかにも。
普段するサングラスとか眼鏡もだいたい0.9とか。
あんまりバキバキに強くすると目が疲れちゃう気がするので。
ま、コンタクト入れてるので全然見えますけど。
木村くんはね、だって天井席まで肉眼で見えてるって言いますよね。ブッシュマンみたいですね、凄いですね。木村くん多分2.0とかあるんじゃないかな。僕はそこまでの設定、コンタクトはしてないんですけど、まあでもちゃんと見えてますよ。
どの位見えてるのかな・・・結構・・コンサートは見えますよね。舞台と違ってお客さんの方にも明かりが光ってるので。舞台とか客席暗くするじゃないですか、映画館と一緒で。
さすがに舞台だとちょっと10列目くらいまでしか確認できないし、芝居やってるんでね、舞台は。あまり・・直視はできないんですけど。
コンサートはホントに見えてますよ。

pen吾郎、スヌード似合いますよね。エレガント系のスヌード。
吾郎の冬のファッションはいろいろ楽しみです。

文通仲間(笑)こぶとりさんのお便りから中居くんのゴルフ遅刻、吾郎の散歩、留学する方へのアドバイス、忘れんぼの吾郎さんについては、「続きを読む」からどうぞ。

続きを読む "STOP THE SMAP 11月6日"

| | コメント (2)

2014年11月 6日 (木)

STOP THE SMAP 10月31日 東海ラジオ

loveletter吾郎さんは家や楽屋などで、ついうたた寝をしてしまう事はありますか?
ああ~、ありますよ。誰でもあるでしょう。人間だったら、ねぇ。
気持ちいいですよね、寝ようと思って寝ない時の睡眠っていうのはね。
特に結構楽屋なんかでは、空き時間があったりすると、昔からこういう仕事をやってるから僅かな時間でも睡眠を取らなきゃいけないって体がそうやって鍛えられているのかな。
うたた寝はもう・・・充電できますね、それで十分に。
朝起きてドラマのロケなんかやってる時も、しょっちゅう間の時間に寝ることが多いですね。
まあちょっとね、楽屋で寝ちゃうと髪の毛後ろがつぶれちゃうのが少し気になったりするんですけど、僕の場合は。
ま、でも気持ちいいですよね、うたた寝ね。

【SMAPな時間】
loveletterスマスマで香取くんのオーシャンズ11の曲を宝塚の方とコラボされていました。フェイクシティ初めて聞いたのですが、とても素敵な曲で香取さんの舞台も一度観に行きたくなりました。欲を言えば吾郎さんの「恋と音楽Ⅱ」の曲もスマスマで披露して欲しかったです。
ありがとうございます。でも僕の曲を披露する意味が全く無いじゃないですか。だって宝塚の方が来てるから「オーシャンズ11」の曲をね、香取くんでやるっていう。僕が一人でやってもおかしいじゃないですか。真飛さんが来てくれるんだったらね、いいですけど。
でも宝塚の方、共演・・・凄いですよね。独特な世界観で、というか・・・やっぱりかっこいいですね、近くで見ると。
観劇にもね、まだ行けてないのでね、観に行きたいな~って思うんですよね。
あの1曲目にやった曲ね、あのルドルフのね、あれ凄いかっこいいですよね。
いや、いいんですよね、凄くホントに。
ね、香取くんの舞台も今ちょうど大阪でやってて、同じ劇場の上と下でって凄いですよね。
まあでも舞台ならではなのでね、なかなかテレビでやる曲ではないので、舞台でミュージカルの曲は聴いて貰えばなと思いますけれども。

music愛や恋や

【メンバーとの時間】
loveletter木村くんが最近セブンイレブンに行くと、どの店舗もビストロの衣装を着た5ショットがあるので、それに威圧されると言ってました。他のメンバーの商品を買っていると思われるのがなぁ~と言ってましたが、結果もう隠れるのではなくあえて店員さんに「お疲れっす」みたいなノリで行けばビストロコラボメニューを買えると言ってました。やはりビストロコラボメニューは買いにくいですか?何かエピソードがあれば教えてください。
いやいやいや、「お疲れっす」みたいなノリで行けないですね、僕は店員さんに。
凄いですね、びっくりじゃないですか、店員さんもね。
僕はホントにそんなに気さくではないので、あの~何だろな、仲良くなったりしたらね、この人凄い仲良くなれたな、とか仲良くしたいなとか思えるとね、すごく気さくに行けるんですけど、やっぱり赤の他人に対してね僕はそういうノリでは行けないんですよね。
でも芸能人として欠落している部分なんですけどね。何かね、恥ずかしいじゃないですか。
でも木村くんのフランクな感じはそれはそれでね、木村くんらしいというか、店員さんも喜びますし、まあメンバーそれぞれですよね。
でも店員さんに「お疲れ!」って言えるのはメンバーでは多分木村くんくらい・・かな。
ねえ、中居くんとか香取くんも意外とシャイですからね。ま、草なぎくんとかだったら、もしかしたら友達感覚でフッと店員さんにため口とかで行けそうですけどね。
ねぇ、セブンイレブン、確かにねSMAPの写真が貼ってあって、5ショット・・何か前に撮った写真っぽいですよね。若干自分が今より太ってる感じがして、ちょっとそこが(笑)・・心苦しいんですよね、いつも。
まあでも5ショットでセブンイレブンさんのね、入り口にバ~ンと出して頂けるのは本当に光栄な事ですし、ビストロコラボメニューも3回目で、何か評判もいいですし、本当に内容のクオリティーも高いですからね。
木村くんが他のメンバーのを買いたくなる気持ちも分かりますよ。
本当に美味しいんだよね。
だから僕もね、気付かれないような雰囲気で店に入ってって買ったりするんですけど、多分気付かれてるとは思うんですけどね。
はい、期間限定なんで・・・まだやってるのかな、多分ね、もう少しかな。
期間限定ならではのお得感というかSpecial感もあるので、その期間中は楽しんで頂けたらと思いますし、また今後もねセブンイレブンさんと商品開発やれたらいいなと思っております。

pen「気付かれないような雰囲気で店に入って・・・」のところで「気付かれてるよ!」と内心思ったら、ちゃんと「多分気付かれてるとは思うんですけどね」って(笑)。
今週のスマスマでも遭遇話ありましたが、冷静に考えてみると全身黒とか別に珍しくないし単にあれは面白くするだけに「全身黒で」と言っただけだと思うし、ああいう時の言い方一つで簡単に操られてしまう人が多いんだろうな。

いくらシンプルな格好してても、お洒落感は隠せないし背が高いしあの腰の高さは目立つし・・その上やっぱり吾郎って気軽に声をかけられない雰囲気はありますよね。
私が街で、またはレストランで見かけた時は2度とも帽子サングラス無しだったのでかなりラッキーだったのかしら。

吾郎さんのお薦めジャズ、映画「アバウト・タイム」、自分へのプレゼント、小さな頃の思い出、そして「ふなごろー」については「続きを読む」からどうぞ。

続きを読む "STOP THE SMAP 10月31日 東海ラジオ"

| | コメント (0)

2014年11月 5日 (水)

「恋と音楽Ⅱ」大千秋楽

日帰りで行って、マチネ・ソワレと観てきました。

体調不良で降板の佐山雅弘さんに替わって佐山Jrがピアノでしたが、お父様にそっくりな外見ときれいなピアノの音色で、開演前の素敵な演奏も変わらず素晴らしい舞台でした。
「お父さんは二日酔いで来られなかった」という設定も鈴木聡さんらしい温かさだと嬉しくなりました。

「恋と音楽」の演奏が終わって「始まる!」と胸の鼓動が高まる中、電車がコトコト走って、吾郎が登場。
ああ、少しも変わってない・・というかますます肌の色つや良くて細くて笑顔きらきらshine
普通のグレーのスーツなんだけどスタイルいいわぁ~と見とれているうちに、サッとつり革出すところも大好き。

music紆余曲折
夢破れて失意の毎日の歌なんだけど、バルコニーで歌う”夢のミュージカル~♪”のところだけ、夢見るような笑顔になるのに今回気がついた。
まだミュージカルへの夢は捨てていない感じがとっても良かったのだけど、東京ではどうだったんでしたっけ。

musicミュージカルバトル・シンシンシン
前半で大好きな曲。
鋤を持って仁王立ちになる真飛さん、チャッピーを掴んで「父さん」「愛」だと歌う吾郎w
・・・さすが鈴木さん!とひれ伏したくなります。
きっと前にも書いたと思うんだけど(笑)、どうしてもまた言いたくなりました。

小林隆さんと北村岳子さんの大スター夫婦も最高。
この二人が手を組んで階段を降りてくるシーンも大好き。
あ、「おやすみ、子供たち~♪」と上がっていくところもね。

夜、ソファで治朗さんに「恋の気持ちを忘れた」とだだをこねられるシーン、「これでもない、これでもない・・」とか言いながら治朗さんが真壁の手を取って1本1本指を数えるようにつまんでは離すところが面白くて。これ、東京でありましたっけ。
当たり前のようにされるがままの真壁が・・・(笑)

chairソファでのお戯れシーン
「魔法をかけちゃうぞ♪」
「そんなんじゃ、かからない」

真壁が今にもキスするんじゃないかっていう位唇を近づけたり・・
千秋楽では、ガバッとガウンの前をはだけて黒いインナーを見せたり・・・
「やりたい放題だ・・・」と真壁くんが呟いたのは、前楽でしたっけ。

musicこんがらかったララバイ
「君と出会って13年、不吉な数字~♪」
東京では必ずここで笑いが起きたのですが、大阪では笑いが無かったのはやはり地域によって違うんだなと~
「僕はひどい男だけど 酒飲んで忘れてくれ♪」
こういう心情って最近あまり役の上で見せてもらえないので、とってもドキドキするところ。
ここをじっくり見たいために、「恋と音楽Ⅱ」は下手の席が好き。
前半、上手側の椅子のところで、希望を打ち砕かれ失意の中、ネクタイを外すところも大好きなんですけど、お楽しみは後にとっておくタイプなので(笑)~

「おやすみララバイ、おやすみMy sweet heart♪」
大千秋楽のこのパート、特に情感がこもっていて素晴らしかったです。

バンドの皆さん達、千秋楽という事で思い出作りの記念撮影してました。

music即興のラブソング
全員がこれ以上気持ちをこめられないくらい一節一節を愛おしそうに楽しそうに歌っていたのが伝わってきてこちらも感動で胸がいっぱいになりました。

bellカーテンコール
小林さんが途中で階段を駆け下りて北村さんを抱き上げて会場は拍手と歓声の渦に。
吾郎の、客席をしっかり見渡してからの深いお辞儀が大好きです。
パルコ劇場の2倍近い客席数のシアタードラマシティは、やはり拍手のボリュームが違う。
マチネでは真ん中辺りの一番端の席だったので、一度そっと後ろを振り返ってみたら輝く笑顔と拍手で、こちらも幸せになりました。

最後という事で、キャスト・バンド全員呼んで「吾郎と愉快な仲間達heart」を紹介。
真飛さんは一番しっかりしていて台詞覚えも一番早く「部長」と呼ばれていたそうで、
「これからは部長と呼んで下さい」と真飛さん、会場からは「部長」「ぶちょー」とかけ声が。
「よこちん、終わっちゃうの寂しいね」と吾郎が言うとよこちんは「寂しいね~」と吾郎の所にきてハグ。
真飛さんに「よこちん、目がうるうるしてますよ」と言われてました。
よこちんは春の公演が終わってすぐ赤ちゃんが生まれたとの事で、「さっき抱っこさせてもらったんですよ。僕全然似合わないんですけど」等と言う吾郎でしたが、「吾郎ちゃん、ウチの娘に『パパだよ~』って言ってた」って、よこちんにチクられました。
北村さんは役とは違い、控えめでシャイな方で「(ファンの)皆さんの代表で、こう・・ね」と(笑)。
小林さんは、最後の最後「恋と音楽」のところで位置を間違えていたところをつっこまれ、お姫様抱っこを冷やかされてました。

ここでもまた佐山Jrを紹介、1週間くらいで全部曲を覚えたそうで、さすが佐山Jr。
お父さまそっくりで、真飛さんに「この辺もそっくりよね」って肩の辺りをなで回されたり(笑)、衣装もサイズ直していないそうです。

吾郎が一人ずつ紹介しながら話しかけるという形式だったので、楽しいお喋りが繰り広げられる感じがとても良いと思いました。

「皆さんが来て下さる限り僕らもお芝居を続けられるので、パート3、パート4と続けていきたいと思っています。」

最後に、また吾郎が一人で出てきてくれました。
「早く楽屋に行ってシャンパン飲みたいですし、これから打ち上げで梅田の街に繰り出しますけど見かけても声をかけないでください。」といつもの調子に戻った吾郎(笑)。
真飛さんのファンに「部長を呼んで下さい」とこき使われ(笑)「出待ちしてください」なんて言ってましたが、真飛さんがひょっこり出てきて「良かったね、こんな事ないよ!」と吾郎。
本当に和気藹々と楽しい仲間達、是非是非シリーズを続けていって欲しいです。

sun「ブラボー」の声が目立っていたマチネのカーテンコール、後で吾郎一人で出てきて「日本でブラボーってこんなに聞くと思っていませんでした」と言い、こちらを向いて笑顔で「ブラボー!」と言いながら捌けていきました、強烈に可愛いかった。

ring4ヶ月近く経って間近で見る吾郎は、ますます美しくていったいこの人は何を食べて生きているんだろう(笑)と思う程。
痩せてもお肌はつるんつるんで光り輝いていたし、くるくる動く表情は本当にチャーミング、更に憂い顔は美しく色っぽい。
ライブを経て、ますます声も深さを増し歌が表情豊かになっていたように思う。
お芝居は今更言うことなしだし、滑舌も良く聞き取りやすい。
台詞からスッと歌に入るところも、ますます上手くなっているのではないかしら。
ごめんなさい、大好きな吾郎だけど、こんなにミュージカルが上手くいくとは正直思っていなかったです。
いつも期待以上のものを見せてくれる吾郎、これからが楽しみです。

今回のキャストが凄く好き。
真飛さんは美しくてスタイルが良くて歌声も綺麗、楽しそうにコメディに嵌まってくれる。
そして小林さん、北村さん、相島さん・・・全員キュートな大人のミュージカルという言葉がぴったり。
是非続編をまたこのキャストで観たい!と思いました。
吾郎の舞台って、いつも「こんな凄い舞台を見せられたら次が困る」「今回、最高のキャスティング」と思うんだけど、次に全く違う凄いものを見せて貰える。
ファンとしては本当に幸せ。
シリアスな作品などの合間に「恋と音楽シリーズ」を見せて貰えたら最高に楽しそう。

bookパンフレット
大阪で発売されたパンフレットには4ページ東京公演の写真が追加されています。
どれもこれも素敵なんですけど、長いすに片足を伸ばして座っているシーン、ここは額に入れて飾っておきたいと思った瞬間なんですけど、これが入っているのが素晴らしい。
綺麗な顎のラインの横顔付きの大きな写真。

dramaパルコ劇場さん、鈴木聡さん、佐山雅弘さん、キャスト・バンドの方達、本当に素敵な舞台をありがとうございました。
佐山さん、一日も早くお元気になりますように。次を楽しみにしています。
発表の時期とか宣伝の有無などから、吾郎の舞台はあまり事務所からは歓迎されていないのかしらと思ってしまうのですが、大好きな舞台を毎年続けてくれる吾郎、すごく男前だし素敵。
まずはパルコ劇場に大阪公演の感想を伝えるのもいいのかしら、できる限りの応援をしていきたいと思っています。

| | コメント (12)

2014年11月 1日 (土)

ゴロウ・デラックス 10月30日

いつものように登場・・・と思ったら、拍手の音と共に年配の観客の方の後ろ姿が。
ゴロデラ初めての観覧はアイドル毒蝮さんのファンの方達。
ゲストの毒蝮三太夫さんが登場したら、盛大な拍手と笑顔♪
毒蝮さんに「くたばり損ないのババアとジジイが来ている」と言われて、みんなすごく嬉しそう。
「ゴロウちゃんだって、いずれこうなるよ」・・・毒蝮さんもごろうちゃん呼び。

外山さんは毒蝮さん主催のイベント「マムちゃん寄席」で司会をやっているそうで、年配男性の扱いはさすが。
23年位前、デビュー当時のSMAPと毒蝮さんによる「新宿区民交通安全のつどい」が開かれる事になっていたのが、大雨のため中止になったんですって!
毒蝮:「ファンが1000人も集まっちゃったのよ。そんなに俺のファンが来たら困っちゃうな、と思ったらスマップのファンだったのよ」
外山:「スマップじゃないですから!スマップ!ですから」
吾郎:「いやいや複数いますからね」・・こういう時のフォローはさすが。
毒蝮:「何で覚えてるの?」
吾郎:「僕らはデビュー当時のイベント、全部雨だったんですよ。デビューイベントも雨だったんですよ」(BGMはCan't Stop!! -LOVING
外山:「でもそのおかげでまむしさんと会わなくて済んだわけですもんね(笑)」
外山アナ絶好調、みんな笑顔で楽しい♪

book今週の課題図書「毒蝮流!言葉で介護」 毒蝮三太夫著
~高齢者とのコミュニケーション術~
TBSの生ラジオ番組「毒蝮三太夫のミュージックプレゼント」は45年も続いている。
そのラジオ番組の様子が書かれているページを毒蝮さんをゴロウさん、おばあちゃんを外山アナが朗読。
毒蝮さんの毒舌に満ちあふれた会話を読んで
吾郎:「全然気持ちが乗っていかなかったんですけど・・・」(笑)

bottle高齢者とのふれあい術
*けなす
相手の気持ちをこっちに向けさせるために、まず「けなす」
この時は相手の目をみて相手に敵意がない事を見せておいてから、大きな声でしっかりと「けなす」、この事によって冗談だという事が伝わる。
決して目をそらせて小声で言ったりしてはダメ。

*例える
深い意味はなく、リズムのようなノリで言ってしまう。

*褒める
最後に褒める。

こうして3段階に番組でまとめてくれたものを見て初めて分かったとまむしさん満足げ。
毒蝮:「殴っといて撫でるようなもの。深いんだよ」
吾郎:「蝮さん、自画自賛ですか?」
毒蝮:「ゴロウちゃんも意外に突っ込んでくるねぇ」「農協の役員みたいな顔してる(笑)」

生中継ゆえの面白いハプニングの話も、蝮さん話が上手なので楽しい!

secret毒蝮三太夫人生年表
30歳:「ウルトラマン」のアラシ隊員役で人気者に!
31歳:「笑点」の座布団運びでお茶の間の人気者に!
32歳:親友・立川談志さんによって「毒蝮三太夫」に改名、
・・・・・・・・怪獣にも負けない、一度聞いたら忘れられない名前

pencil蝮さんの知られざる一面について~仕事を一緒にした方に取材
*平成生まれの女の子を二人きりのデートに誘っている
外山:「二人っきりのデートってどういう事ですか?」
毒蝮:「俺が気に入ってなければ誘わない。気に入ってるって事は下心がなきゃ誘わないわな。色気の無いタレントなんて長持ちしない」
誘ったんですね?と確認を続けようとする外山アナ、そこを遮って
吾郎:「話を整理すると~色気があるから平成生まれの女の子とデートが出来たっていう・・・
自画自賛ですかね?」

(爆笑)

*若い女子アナと一緒に青山のお洒落なイタリアンレストランに行くのが好き。(外山アナのチクリ)
外山アナを誘って、若い女子アナを連れてこいと言うそうです(笑)。

蝮さん、最後の捨て台詞(笑)
「ババアよりも若いのがいいに決まってるだろ!」

実は若い頃から女性の事をババアとか言う人が大嫌いだったんですけど、何故か蝮さんは嫌な感じではない。
何となく上手く言えないけど・・・毒蝮さんは「上手い事言ったぜ、俺(どや顔)」なのではなく、あくまでも相手の方が主役だから不愉快にならないのかなと思った。

3人とも話のテンポが良くて、楽しい突っ込み合戦が最高でした。
毒蝮さん、若々しくてお元気。
最後の握手から、きっと楽しまれたんだろうなと嬉しくなりました。
もっとお話を聞いていたかったheart

| | コメント (2)

« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »