« SMAPXSMAP 12月8日 | トップページ | ゴロウ・デラックス 12月11日 »

2014年12月11日 (木)

STOP THE SMAP 12月11日

loveletter温かいお飲み物は何が好きですか?私は早朝の寒い時など、豆乳ラテや紅茶をいただくとホッとします。吾郎さんお薦めのお飲み物を教えて頂けたら嬉しいです。
そうですね、紅茶は本当に好きで、よくファンの方からもいただいたりしてありがたく思っているんですけど、あと何だろうな~最近では・・最近というかカモミールティーとかも好きですね。あと最近売ってるか分からないんですけど、スロートコート、喉にいいんですね。これもハーブティーですけどね。それも美味しいですし。冬はいいですよね、何か・・僕らなんか声を使う仕事なんで、舞台やってる時なんか必ずお茶飲みますね。

musicユーモアしちゃうよ(新曲)

さて、9月3日にリリースされたアルバム「Mr.S」は発売した週に18万枚以上売り上げて、8作連続オリコン1位も獲得させて頂きました。ありがとうございます。
今回のアルバムもですね、凜として時雨さんや森山直太朗さん、ゲスの極み乙女さんなど、多くのミュージシャンさんに曲を書いて頂きました。
昔からSMAPの曲はですね、たくさんの方に曲提供をして頂いて、皆さんがないとSMAPの曲は存在しないんですよね。ホントに感謝しております。
そこでですね、今週は有名ミュージシャンから楽曲提供して貰ったSMAPのナンバーを特集したいと思いま~す。

まずはですね、僕はこの方々の世界観が大好きですね。凜として時雨さんのTKさんが作詞作曲を担当した「掌の世界」ですね。これも凄いかっこよかったですね。今回ソロの曲も作って頂いたんですけど「Dramatic Starlight」その凜として時雨さんに曲を作って頂いた、曲は~
music掌の世界

は~い、いいですよね、何か。凜として時雨さんのTKさんのソロアルバムもそうですし、ホントに僕、よく聴いてますね。ちょっとああいう・・メタルって言っていいのかな、激しい曲は普段・・昔は好きだったんですけど最近聴かないんですけどね、でも何か彼らの曲だけは、ちょっと車に乗っている時とかね、ちょっと気持ちが高揚する時とか、高揚させたい時とかは、ああいう攻めた感じの曲が聴きたくなります。でもその中でもちょっと~何だろうな、少し愁いを帯びたというか、ちょっとウェットな雰囲気が、ただの疾走感のある激しいロックではなくて、その辺が僕の自分の温度にぴったりで凄い気に入って聴かせてもらってて、今回のソロの曲を作って頂いたんですけど。

 続いてはアルバム{MR.S」にも収録されている赤い公園のつのまいささんが作詞作曲を担当したこの曲です。聴いてください、SMAPで~
musicJOY!!

ねぇ~JOY!!いいですよね。今回のライブでも凄い盛り上がってますし・・・何かありそうでないですよね。SMAPっぽいんだけど、ここまで何かファンタジーっていうのかな何かキラキラした可愛らしい曲っていうのは最近無かったのでね。それからこれはホントに振り付けがね、いいですよね。皆さん、これ一緒になって踊れますからね。やっぱりね他の曲とかだと振り付け皆さん難しいのかな~って、まあ僕が言うのも変ですけど。そう何かJOYだと一緒になって踊れるので、凄い楽しいな~って思いますね。

 続いてはサカナクションの山口一郎さんが作詞作曲をした「MOMENT」です。聴いてください。
musicMOMENT

サカナクションもね・・・僕好きなんですよ。独特の世界観で。何か夜とかよく出て来ますよね、歌詞の中に。何か凜として時雨さんもそうですけど、サカナクションさんも何かある種の暗さがあって、その暗さが凄く心地いいというか僕は何か自分の気分にぴったりですね。凄い才能の持ち主だと思います、この方々は。「MOMENT」以降はちょっとね曲やってないんで、アルバムの曲なんかも提供して頂いたりしてて、何かSMAPの何だろうな・・相性というかぴったりはまる感じがあるんですよね。「Magic Time」でしたね、楽曲提供して頂いた曲。今後もいい曲あったら作って頂きたいなというか提供して頂きたいなって思うアーティストの方々ですね。

続いてはナオト・インティライミさんが作詞作曲したこの曲です。SMAPで~
music君とBoogie Woogie

この曲もね~ナオト・インティライミっぽいですよね。でも何かホント皆さんが思うSMAP像ってあるんですよね、アーティストの方々。みんな僕らの事イメージして曲を作ってくれているので、あ、なるほどな~サカナクションだったらサカナクションでSMAPのこういう曲がSMAPのイメージなんだなと思ったりね、ナオト・インティライミさんだったら、やっぱりこういう感じをSMAPでイメージしてるんだな~とか、それぞれの解釈っていうのが凄く楽しいし嬉しいですよね。ナオト・インティライミさんも凄く明るくて何か愉快でいつもニコニコしていて、コンサートなんかもいつも必ず見に来てくださって、これからもおつきあいさせて頂きたいなって思ってます。

続いてはm-floさんが作詞作曲・編曲まで担当したliving largeです。
musicliving large

m-floさんは今回の「Mr.S」の中でも曲を提供してくださったりもしてますし、常に新しい音楽をやり続けてるって感じもしますし、living large結構懐かしいですね。でもまあ、そっか1999年ですからね、好きですね~何かクラブミュージックっぽい雰囲気もあって。ラップが独特ですよね、ご自身達が歌われる曲もそれが凄く印象に残るんですけれども。う~ん、何かまた曲提供して頂きたいなと思うし、あとm-floさんの曲すごく好きなんでね、これからもファンでいたいなと思いますね。

 そしてSMAPのヒットナンバーとして欠かせない2曲ですね、槇原敬之さんから楽曲提供して頂いた「世界に一つだけの花」、そしてスガシカオさんの楽曲提供「夜空ノムコウ」2曲続けてお聴きください。
music世界に一つだけの花
music夜空ノムコウ

はい、「世界に一つだけの花」やっぱりこれもSMAPの代表曲ですものね。今回久々にライブでも歌って・・・しばらくちょっと歌ってなかった感じもあったんでね、ライブで歌わせて頂いて、これも有名な手振りがありますからね、会場が一体になる感じが凄く幸せいっぱいなんですけれども。
ね「夜空ノムコウ」これももうSMAPの代表曲ですよね。こうやって考えると本当にいい曲に恵まれてますよね、SMAPって。ライブとかやってても、みんな「知らない曲ないもん」って言ってくれますものね。それやっぱ凄いことですよね。やっぱりホント、みんな自分たちの曲じゃなくて提供して頂いている曲なんでね、何かホントにそこはありがたいし、まあねこれからもそのスタイルで僕らやっていくんだろうなと思うんですけどね。
まあでも最近ほら草なぎくんがギターをね、始めたりしてるんで、今後はメンバーの曲~作詞作曲っていう・・・今日はね、こうやってSMAPの代表曲を改めて振り返るみたいな形だったんですけど、今後はちょっとね自分たちで曲を作ったりっていう事も挑戦してみたいなと思うし、あとはこないだスマスマのスマ進ハイスクールとかでも作詞作曲のコーナーとかもやってましたし、ちょっと作るって事も・・難しいですけど、チャレンジしてみたいなって事もありますよね。まあやっぱ草なぎくんのあれじゃないですか、「俺の歌をきいてくれよ」っていう新曲、ねぇ、あれを上手く変身して進化させていって、ちょっとSMAPの作詞作曲音楽担当にちょっとなってもらいたいですよね。

pen今週は普段のストスマとは少し違って、SMAPの曲特集、吾郎が自分の言葉でSMAP曲を語るのがとっても良かった。
吾郎が聴く音楽のジャンルはとても幅が広そうで、別に知識をひけらかすのではなくミュージシャンに対するリスペクトが感じられ、その語り口から本当に好きなんだなというのが伝わってきて、今日のSTOP THE SMAPもとっても良かった。
これからも新曲が出たら、是非曲について話して欲しいと思いました。

house番組HP
稲垣吾郎のSTOP THE SMAP

mailtoお便りの宛先
〒105-8002 文化放送「稲垣吾郎のSTOP THE SMAP」
メールアドレス smap@joqr.net

|

« SMAPXSMAP 12月8日 | トップページ | ゴロウ・デラックス 12月11日 »

吾郎ラジオ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« SMAPXSMAP 12月8日 | トップページ | ゴロウ・デラックス 12月11日 »