« SMAPXSMAP 1月26日 | トップページ | 【SMAP】スペシャル映像 »

2015年1月30日 (金)

STOP THE SMAP 1月29日

loveletterスマスマSpecialで書き初めをした時に「脱」という漢字を書いていましたね。今年こそ脱ぐのかと狂喜乱舞したファンは私だけじゃないはず。
はいはいはい。ね。書き初め。何で「脱」って書いたんでしょう。
何か「脱出したい」っていう、あ!何か結構いろいろと最近通販とか衝動買いがちょっと多かったのでそれを脱出したいって事で書いたのかな。
ま、でもあくまでもネタですね、はい。
ホントの書き初めで書くべきものではないかなと思ったんですが、メンバーとのバランスを取りバラエティ番組であることを考慮しながら書いたネタです。

penこの時の【脱】の文字、吾郎さん凄いわ♪と思いました。
ファンが何を望んでいるか(笑)十分に分かっていて、どちらにも解釈できる文字を選んだなんて~そういう発想力、大好きです。
いや、別に意味も無く脱いでと言っているのではないんです、「役の上」だったら良いのでは?吾郎さんってばheart01

【SMAPな時間】
loveletter剛くんと司会されるそうですね。最近お二人で出られる事が多いですね。UTAGE!も行列も楽しかったですし、ライブでのDaDaDaDaもホントに可愛くて大好きなんですが、剛くんと二人だけだと5人でいる時と違いますか?二人での様子など聞かせていただけたら嬉しいです。
そうですね、二人の仕事~考えてみるとそうなのかな。
ね。こんどテレビ東京さんでバラエティ番組を一度やらせていただくという事で、これ草なぎくんと二人で司会で何か1番にならなかったものをフィーチャーしていくようなバラエティ番組なんですよね。何か、一番ではないけれども賞賛に値するような。う~ん、ものであったり人であったり・・・う~んちょっと面白い番組だななんて思いながら、二人での司会も初めての事なんで、ちょっと異色な感じがまた面白いんじゃないかなっていう~ま、ちょっとほんわりとしたゆったりした感じで、二人で司会できるのかなっていう・・・まあちょっと番組の個性になるんじゃないかなって思いますけどね。普通のバラエティ番組とは違ってくるんじゃないかなって思いますし。
そうですね、あとUTAGE!とか~そうですね、二人で、これDaDaDaDaという曲を二人で歌ったというのが大きいと思うんですけど、どうなんでしょうかね。まああの・・・どっちかって言うとほんわかした感じの空気というかね、二人だと。
この番組でもね、草なぎくんの事はお話してるんですけども、相変わらず楽屋も一緒でね二人でマイペースな感じでやらせてもらってますし、う~ん、今ちょうどドラマの方で忙しいと思うんで、陰ながら僕も応援している立場なんですけれども。
「銭の戦争」もホントに面白くて、僕も毎週楽しみに観てるんですけれども。
いいですね、ドラマやってお芝居やってる時の草なぎくんっていうのはね。
でも撮影、今いちば~ん1年を通じて寒くて大変な時期だと思うので、体調には気をつけて撮影最後まで乗り切ってがんばってもらいたいなと思っております。

music華麗なる逆襲

【メンバーとの時間】
loveletter福岡では、剛くんと慎吾くんと水炊きを食べに行き、大阪ではメンバーとクリスマスパーティーをやったそうですね。名古屋では何か美味しいもの食べましたか?教えてください。
そうですね。名古屋は~今年入ってから・・たぶんファイナルの事をおっしゃってると思うんですけど、そうですね、結構いろいろと忙しく、あのコンサート以外でも名古屋で「華麗なる逆襲」のシングルのプロモーションビデオを撮ったりしたので忙しかったので、あまり食事とか無かったんですけど、ファイナルだったので、ファイナルの前日ですね、11日の夜に、メンバーだけって事ではないんですけど、スタッフ・キャスト総勢何百人という人数で打ち上げに行きましたね。凄い規模なんですよね、普通の打ち上げと違って。ドラマとか映画の打ち上げだと多くても100人200人くらいですけど、やっぱりコンサートになるとスタッフ300人ちかくいるので、打ち上げも凄い・・何か学校の体育館みたいなデカいところで(笑)何か凄い大きなビヤホールみたいな~そこでなんか打ち上げをしたんですね。
まあまあ、でもね、かなり長い期間ホント去年の9月から長い期間に渡るライブだったので、僕らもそういうの初めてだったのでね、やっぱり年をまたいでここまで長くライブをやるって初めての事だったので、やっぱり何か、うん、終わるんだな~っていう何かちょっと寂しいような、大きなお仕事終えた時のような感覚というか、いつもやってるコンサートとはちょっと今年は、去年から今年にかけてのコンサートっていうのは何か感触が違いましたね。それは期間の問題なのか、あと見に来てくださっている方のそういう気持ちというのもホントに伝わってきますし、ホントにライブやれて良かったなって痛感しましたね。打ち上げの時に、特にやっぱり。
う~ん、名古屋でそんな打ち上げがあったんですけどね。

pen今週はお喋りがたっぷり。寒い季節のロケには欠かせないカイロの話、よかった映画、髪の毛の切り時、芝居について、吾郎さんのiPhoneホーム画面~などについては、「続きを読む」からどうぞ。

loveletterしんつよのラジオで、剛くんは「銭の戦争」では寒い外での撮影が多くて、外ではカイロを貼っていたと言っていました。後で貼ったカイロの数を数えてみたら、コートなどを含め30枚貼っていたそうです。それに気づいた慎吾くんは「貼りすぎだよ」と突っ込んでいました。吾郎さんは普段カイロを貼るんでしょうか。
30枚は多いですよね。ま、でもカイロは多ければ多いほどあったかいですものね、確かに。
やっぱりね、2枚くらいじゃ対応しきれないんじゃないですか、冬のロケは。たぶんコートにも貼ったりとか、後はね意外と下半身にも貼ったりしますよね。何かお尻の辺りとかね、あとはね、こう~股関節の股の辺りに貼るとリンパが流れてるんであったかくなったりするんですね。
ただまあ着ぶくれしちゃうんでね、あんまり貼ると。まあどの位・・限度はもちろんあると思うんですけど、30枚は凄いですね。はっふ((笑))・・・30枚は凄いな(笑)。
何か使っているブランケットとかにも貼るんでしょうかね、よく女優さんとか膝にかけるブランケットみたいなものにもカイロ貼ってたりとかしますけどね。もう亀の甲羅みたいになっちゃってね、貼りすぎると。
いやぁ~でもその位寒いんでしょうね、今のロケってホントに大変だと思うんですけど。
僕もだから、普段プライベートでは貼らないですけど、仕事でロケの時とかは貼ったりしますね、あと冬場のゴルフの時とかもね貼ったりして、うん。
まあ冬で外で何かやるときには必需品じゃないかなと思うんですけどね。
ロケなんかやってると、コートにカイロ入れておいて、入れっぱなしにしていて衣装さんも忙しいから気づかなくて、次の日また衣装のそのコート着たときに、中にカリッカリになった冷えたホッカイロが(笑)入ってる時に、ああやっぱり衣装さんも忙しいし、撮影も過酷になってきてるんだな~って感じる時ですよね、冬のロケのね。
や~でもがんばって欲しいですね、冬のクール。撮影やってる草なぎくんもそうですけどね、皆さん。

pen人ごとみたいにおっしゃってますけど、吾郎だって「Mの悲劇」では新年早々冬の海に入ったり、1月期のドラマ多いじゃないですか。「おしん」だって凄い雪の中だったし。
コートのポケットから、冷たく堅くなったホッカイロ・・・って、あるある!

musicwow wow wow

【吾郎の自由時間】
loveletterこの時期は去年公開された映画のベストテンが発表されますが、吾郎さん良かった映画はありましたか?ちなみに僕のベスト3ですが、3位には「思い出のマーニー」2位「TOKYO TRIBE」1位「メビウス」でした。
う~ん、「TOKYO TRIBE」以外僕観てないですね。んーーー「メビウス」・・へぇ~・・結構・・結構きつそうな映画ですね。あらすじ見ると。結構、何か・・グロテスクな~韓国映画でも結構何か濃い~のありますものね。いや、いいんでしょうね、彼が選んだ・・映画好きなんでしょうね。このPさんね、いろんな映画観てるっていう感じが伝わってきます。
まあ「TOKYO TRIBE」も結構濃い映画ですよね。でも面白かったですけどね。
う~ん・・・園子温監督。ちょうどゴロウ・デラックスという番組でゲストに来られた直後にこの「TOKYO TRIBE」、この映画を拝見させていただいたので、何か監督の息づかいとか、そういった・・何か監督の感じをね、一緒にお話して時間を過ごしたので、その監督の感じを近くに映画観ながら感じながら映画を見られたっていうのが凄い良かったって思いましたし、やっぱ園子温監督凄いなって痛感しましたけどね。
こうやって見るとね、僕も結構映画観てるんですけど、やっぱり見てない映画もあるんですよね。
年間にして100本ちかく観てるんですけど、ノルマだけで年間60本くらい観なきゃいけないんで、そういった意味では100本近く見てると思うんですけれども。それでも観ない映画っていうのはあるんですよね。
ちなみに去年公開した映画で良かったものとかは僕もよく紙面でお話してるんですけど、ま、今年に入ってからの映画はまだお話してないと思うんですけど、こないだ「はじまりのうた」って凄い良かったですね。
キーラ・ナイトレイ、あのパイレーツ・オブ・カリビアンのヒロイン演じてたとても美しい女優さん、マーク・ラファロっていうアベンジャーズとかに出てたちょっとラテン系の俳優さんがいるんですけど、ちょっとそのマーク・ラファロさんとキーラ・ナイトレイの「はじまりのうた」が最近の中では良かったなぁという。あぁ、僕が良かったって言うっていうのはもしかしたら、僕の映画の趣味とか僕が今まで紹介してる映画とかを知ってる方だと、この映画は意外に感じるくらいに何かホントに、うん、老若男女みなさんに受け入れられるような、かなりわかりやすい日本のテレビドラマみたいな映画だったんですけど、ね。
キーラ・ナイトレイが歌ってるんですよね、フォークシンガーの役で。それも面白かったですし、まあちょっとミュージカル的な、音楽と融合されてるような映画で、ミュージッククリップみたいな感じがして、すごいかわいらしくていい映画だったんですけどね。
これもまあ雑誌の方で紹介してると思うんで、もしかしたらもう観た方もいるかもしれないですね。「はじまりのうた」、SMAPでも「はじまりのうた」って曲あるんですけどね。
結構これお薦めだなと思いました。最近の中で。

loveletterSMAPの中では木村くんが髪が伸びるのが早いとファンの間では有名ですが、吾郎さんは髪が伸びるのが早い方ですか?どれくらいのペースで髪を切りに行かれますか?木村くんは髪を切るとすぐに分かるんですが、吾郎さんは切ったタイミングが分からないので、頻繁に行かれてるのでしょうね。
そうですね、僕は「髪の毛切った」ってあんまり分かられたくないんですよね。何か恥ずかしくないですか?結構子供の頃からそうなんですよね。
「髪切ってきたぁ?」って恥ずかしいじゃないですか。「髪切ってきたぁ?」って小学生の頃思われたくなかったのと、あと「上履き新しくして綺麗!」って思われたくなかったですね。何かすごくそういうの恥ずかしくて。「あ、きれいな上履き」とか。ふふ(笑)。毛先の揃った髪の毛とかね。子供の頃、そういうのが何か恥ずかしくて、そういう影響があるんでしょうね、大人になっても。ちょこちょこ切ってると思うんですよ、僕は。しかも1センチ以上はあんまり切らないですね。う~ん。長さもそんな変わんないんで。一気には切らないって感じですね。
何か短くしたい時にも、ちょこちょこ短くしていきますよね。一気に切らないで。
う~ん、たぶん切ったの気づかれたくないっていう(笑)・・・
よくわかんないですけどね。自分でも自分の分析できてないですけど。
まあ人それぞれですね。いろんな性格の方がいます。

musicSpecial Thanks

【五六二三】
loveletterドラマを見てると自然にみえる咳やくしゃみの芝居って難しいんだろうなと思いました。こうした芝居をする時、何か意識している事などありますか?
はぁ~確かに難しいですね。咳やくしゃみの芝居って・・あんまり無いですけどね。
でも一時、病気で咳が出る役をやった事があって、肺が悪くて。
その時、相当咳をしてましたね。ホントに苦しくなってきた、やっぱり。咳の芝居ず~っとしてると。気持ち悪くなってくるんですよね。うん・・・でもそういう事によって、どんどん役に何か感覚からも気持ちからも引き込まれてったような~そんな記憶もありますけれども。
あと意外に難しいのは・・笑う芝居とか難しいですね。大笑い、笑い転げるとかね。まあ泣いたりするのももちろん難しいですけれども、何かもう笑い転げるっていうのも難しいですよね。
す~ごい上手な人いますよね。ハリウッド映画とか観てると、欧米の俳優さんとか本当に上手いですよね。何かそういうアクターズスクールとかで基本的な事を学ぶんでしょうね。向こうの俳優さんって。僕らそういう演技のレッスンとかって、したことがないので。結構、もちろんそういうレッスンとかしてないで俳優やってる方もハリウッドとか世界にいっぱいいると思うんですけど、でも意外にメジャーな人でも演技の学校に通っていた方多いですよね。経歴とか見ると。興味ありますよね、僕もそういうのって。まず、基本的な事って勉強してみたいですよね。普通に歩いて座って立って動いて~そういう事とかも演技の勉強ってどうするんでしょうね。
何かイマジネーションとかの方を大切にしちゃうんでね。感覚とか気持ちの方が。でもそういう所作みたいな基本的な事を勉強・・今更だけど、してみたいな。って気もしますよね。
基本がね・・基本を学びたいみたいな。時代劇の所作とかも全然分からないですし、僕も。
まあ時代劇をやる時とか、それなりにちょっと指導の方の元でやったりもしますけれどもね。
演技の学校とかに行って何から何まで、ね、勉強するって事は。
僕、お芝居は好きなんで、凄い興味はありますね。

pen吾郎が生き生きと語るお芝居の話が大好き。
「飛鳥へ、そしてまだ見ぬ子へ」、いいドラマでしたよね。
家族揃って公園でお弁当を食べている時、止まらない咳に一人水道のある方に行く後ろ姿が悲しくて、そして咳が本当に苦しそうで見ていて辛かったのを思い出しました。
(今でこそ頑丈ですが、小児ぜんそくだったので咳の本当らしさは分かるつもり!)
どこか海外の演劇学校に短期で行けるといいのに~と夢を見たくなりました。

loveletter突然携帯電話が壊れてしまい、ショップに行ってきました。すると私の携帯のホーム画面が吾郎さんの写真だった事から、店員さんが「吾郎ちゃん派ですか?僕は木村くん派です」と、偶然にもSMAPのファンの方で、携帯を直してる間にSMAPの話で盛り上がりました。吾郎さんのホーム画面は何でしょうか?良かったら教えて欲しいです。
これ、アレじゃないですか?店員さんがGさんと仲良くなりたいから・・これ何か、ナンパするための口実なんじゃない?ホントに木村くんのファンでちゃんと携帯電話の画面とかに木村くんの写真がホーム画面なってたりしたら説得力ありますけれども。
ナンパの口実かもしれないですよ、これ。まあまあまあ真相は分からないですけど。
最近そうですね、ホーム画面ってあんまり~使わないですよね。ガラケーの頃はよくやってましたけれども。iPhoneを使うようになってから、普通に設定されてるホーム画面のまま、ですよね。みんなそうじゃないですか?iPhone使ってる人って。
何か・・絵文字とかもそうなんだけど、やっぱり出た頃っていうのはみんな活用しますよね。なれてくると基本・・・そんな使わなくなったりとかね。変わった機能なんかも。テレビ電話とか、どうなんでしょうね。出た頃とか結構みんな使ってましたよね。今ももちろんiPhoneの中でもフェイスタイムとかもね、あるから、テレビ電話とかも全然できるし一つの便利な素晴らしい機能だと思うんですけど、最近あんまり使ってる人見ない気がするなぁ、テレビ電話とかって・・・うん。
ホーム画面はね、僕は結構ノーマルな感じですね。あと何かちょっと人に見られたら恥ずかしいじゃないですか、やっぱりね、自分の趣味みたいなのが。携帯電話の画面ね、iPhoneになってスクリーンもね画面も大きくなったんで、やっぱりホーム画面設定しちゃうと結構目立ちますよね、ガラケーの頃と違ってね。
いやでも嬉しいですね。自分のね・・写真をホーム画面にしてもらえるっていうのはね。
うん、何よりもね、この何か・・携帯を直してる間に話が盛り上がったっていう・・・これも何かほのぼのしたエピソードで、どんな店員さんだったか、その時の状況を見ないと、僕もよく分からないんですけど(笑)~でも何かねお互いの趣味とかがあったりして、全くの他人がちょっとした時間の中で、そういった気持ちが通じ合う~何かそれはそれで素敵なんだなっていう・・・ね。ちょっとナンパじゃないか~?とか言ってしまいましたけども、何か素敵なお話だなあと思いますけれども、ね。

penえっ?吾郎ってそうやってナンパするの!?って思っちゃったじゃないですか(笑)。冗談ですが。
はじめの設定のままのホーム画面を使っているのがすごく吾郎らしい。
いつも何でも観察されてしまう立場にいると、なかなか自分の素とか趣味が出てしまうようなものは極力隠したいだろうな~と思ってしまいました。

今週は、曲は短くお喋りはたっぷりheart04
あっという間の楽しい30分でした。

musicWhite Message

house番組HP
稲垣吾郎のSTOP THE SMAP

mailto便りの宛先

〒105-8002 文化放送「稲垣吾郎のSTOP THE SMAP」
メールアドレス smap@joqr.net

|

« SMAPXSMAP 1月26日 | トップページ | 【SMAP】スペシャル映像 »

吾郎ラジオ」カテゴリの記事

コメント

サイトーさん、こんにちは。丁寧なレポありがとうございます。
もうすぐ2月で今さらですが(コメントもめったに落とせませんが)今年もよろしくお願いいたします。

たっぷりお話してくれましたね(嬉)。
「脱」の一文字、バラエティで真面目にお仕事する吾郎ちゃん、素晴らしい。ストスマ収録はテレ東収録の前だったようですね。「1位じゃなくっていいじゃない」はインタビューは読んだけれど、改めての感想も聞きたかったですね。それにしても映画を年間100本近く観ているというのは驚きでした。アンアン紹介以外の映画についてもどんどん話してもらえるように、ハガキ出さないといけませんね。とりあえず「はじまりのうた」は観ること決定。
「飛鳥」はほんとうにいいドラマで。何度も見たいけど嗚咽を漏らすくらいに泣いてしまうので、見返せない。ジレンマ。
演技の勉強の話は、聞いていて切なくなりました。前にもコメントしたと思うのですが、映画レビューでも演技そのものについて話すことが多くなっていますよね。ほんとうにお芝居が好きで、もっともっと追究していきたいんだろうな。森山未来君とか(彼はダンスですが)当人でなくても羨ましいですもん。基本ができていると、しっかり大地に根を張っていると、幹はより太く高く育つような気がします。でも吾郎ちゃん達のように現場で鍛えられてきた強さもありますよね。う~ん、でもお勉強させてあげたいな。ただ、吾郎ちゃんがこつこつと舞台をやってくれていることは頼もしいです。オファーされる役柄のハードルがどんどん上がっていって、演技について思うところがあるのかもしれませんね。舞台はドラマや映画のように瞬発力と集中力だけでなく、じっくり身についていくことも多いのですごく勉強になると思います。年に一度の頻度で買うシアターガイド。あれ読んでると、舞台に立っておられる世界的ハリウッド俳優さんも多いことがわかります。過去に、ではなく現在も映画だけでなく舞台をやっている。イギリスの俳優さんはさすがに舞台出身の人も多いみたいですしね。
吾郎ちゃんもやっぱり舞台が一番好きなようですし、生でお芝居を観られるのはファン冥利に尽きるし、最高のファンサですよね。「象」のとき、稽古の合間に大杉漣さんたちとワークショップみたいなことをやっていると言っていませんでしたっけ?吾郎ちゃんきっと楽しかっただろうな~。吾郎ちゃんのことだから、舞台の稽古からでもきっと基本を学んでいけると思うので、頑張ってほしいです。吾郎ちゃんはできる子ですもの。早くまた生ゴローを愛でたいですね。もちろん映画でも。

投稿: みやっち | 2015年1月30日 (金) 17時12分

chairみやっちさま
コメントありがとうございます。
こちらこそ、今年もどうぞよろしくお願いします。
吾郎のラジオは本当に聞き取りやすいので、レポするのも全く苦にならないのですが、書いていて結構長くて驚きました。
たくさん話してくれるのはとても嬉しいです。
曲が短かったですものね。
先週までお話部分が少なかったり、今回は「1位~」収録の前だったり、何かストスマの収録、録り溜めているのでしょうか。
ちょっと何かこっそり期待しちゃったりします。
でも「1位~」司会の感想は聞きたいですね。
そして、確かにシネマナビ以外の映画も話も聞きたいし~
いざとなるとお便り難しくて、よく採用される方のお便りはやはり綺麗にまとまっていて、読まれているのを聞いていてもシンプルで分かりやすい~さすがだなと思います。
まずはたくさん書いて慣れる事でしょうか。

そうそう!シネマナビでも演技の話をする事が多くなりましたね。
私も森山未來くんの事を知って、うらやましく思いました。
グループでいる以上はかなわないことだと思うし、またグループでいるからこその利点もありますし、そこは吾郎さんが一番分かっているんですよね。
以前、アメリカのアクターズスクールで学ぶというドキュメンタリーのような番組を観たことがありますが、まさに吾郎さんが言っていた「イマジネーション」などを広げるクラスなどは、もう必要ないのではないかとも思いましたが、きっと基本的なクラス~動作・所作・発声などを教わったら凄く自信に繋がると思いました。
何か演技の事わかりもしないのに生意気ですが(笑)~
そういう意味でも、短期でも行けたらいいなと心から思います。

そしてみやっちさんがおっしゃるように、舞台はいいですね。
舞台を続けているからこそ、今の吾郎があると思っています。
年に1回しかできないけど、それだからこそルーティーンにならずに集中できるという事もあるかもしれない。
舞台を一つやるごとに、確実に前進していると確信します。
イギリスの俳優さんは映画で活躍していても舞台をしている方が多いですね。それだけやはり大切なんだと思います。
>オファーされる役柄のハードルがどんどん上がっていって
・・・新しい作品を観る度に満足させてもらえるなんて本当に幸せだと思います。
舞台の吾郎を観ていると、本当に芝居が舞台が好きな事が伝わってきて嬉しいです。
今年はどんな舞台を見せてもらえるのか楽しみです。
映画もheart

投稿: サイトー | 2015年1月30日 (金) 23時20分

こんばんは。今日はたくさんトークがあって楽しかったです。やはり歌ばかり流してたのは、ライブ疲れかな。
「1位じゃなくていいんじゃない」見ましたよ。アナウンサーなしのMCでしたが楽しかったですよね。吾郎ちゃんは、ラジオのパーソナリティで、剛君はFNS、ぷっすまのMCをしているので、ぎこちなさは感じなかったです。「北岳」が2番目とは思いませんでした。あれ、高い山だったんですね。エジソンの助手に日本人がいたのにもびっくり。
咳する役=飛鳥ですね。懐かしい。吾郎さん、とてもすてきでしたね。苦手な右利きにも挑戦されていて大変だったんでしょうね。最後は泣けましたよね。
今年は舞台もやりたいとおっしゃっていた吾郎さん。毎週、HPで舞台情報をチェックしていますよ。今週は、「1位」と「スマスマのチキンレース」の話が聞けるといいですよね。

投稿: ルー | 2015年2月 4日 (水) 23時00分

chairルーさま
コメントありがとうございます。
曲が多かったのは忙しい年末の収録だったのでしょうか。
でもストスマの選曲は好きです。
「1位じゃなくって~」、SMAPは皆司会は出来ると思っていましたが、27時間TVで複雑な生中継の番組を仕切っているのを見て確信できました。
だから、今回も私たちは心配ではなかったですよね(笑)。世間的に、パブリックイメージがおとなしめの二人が司会をするというのが珍しかったかもしれませんが。
また、取り上げられた話題が良かったですね。
実は「北岳」という山も知らなかったのですが~
「飛鳥へそしてまだ見ぬ子へ」は、素晴らしいドラマでした。最近「この作品を映画館で見たい」というのがTwitterであるので、「飛鳥へ~」を投票しています。
映画館の大きなスクリーンにふさわしい作品だと思います。
映画も観たいし、舞台も気になるし・・・
いろいろチェックは外せませんね!

投稿: サイトー | 2015年2月 5日 (木) 20時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« SMAPXSMAP 1月26日 | トップページ | 【SMAP】スペシャル映像 »