« 華麗なる逆襲/ユーモアしちゃうよ | トップページ | ゴロウ・デラックス 2月26日 »

2015年2月27日 (金)

STOP THE SMAP 2月26日

loveletter吾郎さんは、人を自宅に招くのと逆に人の家に行くのと、どっちが好きですか?またはどちらが多いですか?
そうですね、う~ん。自宅に招くのは限られた人ですよね、本当に。気心知れてるというか、やっぱり友達になっても最初はちょっとなかなかお家はっていう感じですけれども。う~ん、でも人の家に遊びに行くのも意外と気を遣いますからね。
何か外の方がいいかな、どっちかって言うと。そういった意味ではね。まあでもホントに気心の知れた仲間と自宅でというのは一番落ち着きはしますけどね。いつ家に招くか、タイミングとか難しいですよね。でも料理とかねワインとか飲んだりとか、それは家の方が落ち着きは落ち着きますよね。僕らの場合は外だと人の目もあったりするし、逆に一緒にいる友達に気を遣わせてしまったりする場合もあるので、ホントに心が落ち着くのは家の中かな。はい、いろいろありますけれど。

【SMAPな時間】
loveletter「華麗なる逆襲」テレビ初披露、紫色のスーツ姿のSMAPのメンバーがダンディーで、ジャケットを振り回して踊る姿がかっこいいと思いました。また、お札をばらまくのも斬新で何かいいと思いました。今回のダンスは今までにない感じで、いい意味で裏切られた感じです。吾郎さん、「華麗なる逆襲」のダンスについて思う事があったら話してください。
そうですね、今回はいろんなパフォーマンスをしてるんですね。ジャケットを脱いだり着たりとか、お札をばらまいたりとか。意外とちょっと難しいですよね。時間内で脱いで時間内でまた着なきゃならないので、ちょっとその瞬間焦ったりするんですけどね。まあやっぱり僕らもいろんな曲でいろんなパフォーマンスをさせてもらってるので、やっぱりなるべくね新しい事を皆さんに伝えたいな~と思って。で、今回はちょっとやっぱり椎名林檎さんのこの曲っていうのは・・何だろな、映画のストーリーを彷彿させるというか、何かちょっと映画っぽいじゃないですか、世界観とかも。やっぱり振り付けとか踊ってる時も、そのストーリーが見えてくるような~何かそんなパフォーマンスがいいんじゃないかなって思っていて。うん、それぞれが映画の主人公・・じゃないですけど、PVの方もミュージックビデオの方もそういう風に仕上がっているので、今回そういう風な僕らの表現になっているんですけど。
やあ、でもホントにちょっとヒヤヒヤしますね、生放送とかだとね。あとジャケットの中にお札の札束を入れているので、ジャケット振り回すときにその札束がジャケットから落っこってきてしまわないかと、これが一番心配なんですね、やってて。はい、その辺も注目して観て頂くと楽しいんじゃないかなと、思います。

penこれはもう吾郎の表情を観ているだけで映画を観ている気分になって幸せ、と同時にちゃんとした映画を観たい!という思いが強くなります。
でもそんなストーリーを感じさせながらも、上着を脱いだり着たり札束が抜け落ちないか心配したりしながら踊っている心境を思うとちょっと面白いけど・・
何度観ても素晴らしいわ!

music華麗なる逆襲

penお薦めの暖かい野菜料理、お酒とのつきあい方、ロケで訪れたカレー屋さんの話、本の読み方については「続きを読む」からどうぞ。

*ここで、【メンバーとの時間】のコーナー、常連さんからの「トイレでの用の足しかた」についてのお便りがあったのですが、ほぼ毎週取り上げる上にこの話題を吾郎のラジオで?と思いました。完レポを基本にしていたのですが個人的に(今までのお便りは取り上げられてもなるほどと思いましたが、今回この内容であまりにも同じ方ばかりという)抗議の意味も込めて、これは省かせて頂きます。吾郎が誠意を込めて品を落とさず一生懸命答えていたので心苦しいのですが~吾郎さん、本当にごめんなさい。

【吾郎の自由時間】
loveletter吾郎さんの料理の話、とても好きで参考にさせて頂いております。ビストロSMAPさんのスパイス料理、美味しそうですね。そこで吾郎さんお薦めのお野菜の暖かいお料理を教えて頂けたら嬉しいです。
お野菜の暖かい料理・・何だろうね。やっぱり簡単なのは鍋とかですよね、冬場だと。何だろな、野菜の暖かい料理。この間、ゴロウ・デラックスの方に平野レミさんがゲストに・・来て頂いて、その時にロールキャベツを、ま、ロールキャベツにしないで食べるっていう~鍋にキャベツとお肉とキャベツとお肉って重ねて、それで料理するってね、それをやって頂いたんですけど、すぅごく美味しかったですね。何かキャベツが凄く柔らかくなって。ロールキャベツ、実際にキャベツで巻いて食べるよりも、何かキャベツが・・何て言うのかな、柔らかく・・こうお肉と一緒に上手くミックスされるんですね。ロールキャベツって何か食べてて、キャベツとお肉がバラバラに訪れるじゃないですか、口の中に。そうじゃなくて、一緒になって煮るとね、これまた何とも言えない食感で。
よく白菜でそういう料理あるんですね。白菜とお肉と重ねていくような。
ロールキャベツの材料でその鍋で重ねていくっていうのが。番組観て頂いた方には分かると思うんですが、これ結構いいなと思いましたね、うん。
平野レミさんはホントに魅力的な方で、ああいう家庭的料理を紹介する先駆者みたいな方なんですけど、本当に簡単なレシピで楽しいものを教えてくれて、結構参考にもなりましたね。野菜の暖かい料理っていうのは、ホントに一番求めますよね。特に冬場なんかはね。やっぱり野菜取りたいですし、温野菜ホントに体にもいいですからね、まあ僕もいろいろプライベートではやりたいなと思っているんですけどね、まあよくミネストローネなども作ってましたけど、ちょっと今、平野レミさんに教えてもらったロールキャベツ、ロールにしないロールキャベツ、これはちょっと自分の中でマイブームでしたね。
皆さんもやってみてはいかがでしょうか。

loveletter木村くんはお酒を飲みながら食事を取るのが苦手だそうで、ご飯はご飯、その後に飲み始めるのが好きだと言ってました。酔うと泣いたり熱く語る事もなく、とにかく楽しくなるとの事です。吾郎さんのお酒の飲み方はどんな感じですか?吾郎さん、お酒を飲んでも普段と変わらない感じがしますが、酔うとどんな風になりますか?酔ったなぁと思うほど、お酒飲むことありますか?
そうですね、僕もお酒は凄い好きなんですけど、僕はどっちかっていうと食事を取りながらお酒を飲む方が好きですね。ゆっくりと。何かご飯はご飯で急いで食べちゃうと早く終わってしまうので。うん、まあゆっくり食事をしたいなぁと思うので。お酒を飲みながらゆっくりという~意外とそういう行程が、スタイルがあんまり苦手ではないですね、好きですね。
ゆっくり食べると凄い量も取らないじゃないですか。何かほら、あの~ちょっといいフランス料理とか行くと小さい料理をちょっとずつ時間かけて出してくれるじゃないですか。量はそんな食べなくても結構満腹感が生まれたり。逆にお寿司屋さんなんか、どんどんどんどん上手~くいいリズムで握ってくれるとこなんかは、よくたまにありますけどね、江戸前のお寿司屋さんで。ああいうとことか、気付くと20貫とか食べてたりしますからね。それによって満腹の感じ方っていうのは料理とか出し方によっても変わってくるので、僕はやっぱなるべくちょっとの量で満腹感と満足感を得られる方が、体のためにもいいかなぁと思ってるんで。
せかせかと食べるよりもゆっくり食べる方が好きですけど。
実際まあお酒飲んだ時には僕は・・・あまり変わらないって周りの方には言われますね。顔にも出ないし何も変わらないって。自分で言うのも何だけど、意外とお酒が多分強い方だと思うんですよね。意外とお酒、強く思われないんですけど。何か周りと比べてると自分比較的強い方なのかなぁって。うちの両親とかも凄くお酒強いんですよね。だから逆に飲み過ぎないように気をつけなきゃなって思ったりもするんですけど。あまり変わらないんですよね。
もちろん、気持ちの上では凄く高揚感・・幸せになったりするんですけど、特にね泣いたり笑ったり喜怒哀楽が激しくなるって事は、僕はないですね~うーん。
最終的には少し眠くなってきますかね。何か自分で言うのも変ですけど、いいお酒とのつきあい方が出来ているんじゃないかなと思いますけれども。

pen吾郎のお酒の楽しみ方って、私にとっては理想的!
素晴らしい聞き手であると同時に、自らも楽しい話題が豊富で好き嫌いもなく食べること飲む事がが好きで、本当に楽しい時を過ごせそう。
ご両親もお酒が強いのね!ますます素敵~♪
それにしても、本当に食べる量とか気をつけているんですね。尊敬。

musicセロリ

【五六二三】
loveletter吾郎さんが出演した火曜サプライズのロケ地、葛西に遊びに行ってきました。さんまさんにカレーを送るために皆さん厨房で奮闘されていましたが、そのスパイスカフェ・フンザで、吾郎さんが作ったカレーが再現されてお店の新メニューとして登場されているのはご存じでしょうか。オクラやカリフラワーなどの野菜がゴロゴロ入った、その名も「ゴロゴロカレー」頂きました。まろやかで香りが心地よくて、とっても美味しかったです。お店は地元のお客様などで繁盛されていて、お隣の方もゴロゴロカレーを頼んでいたりと人気メニューのようで嬉しかったです。
うーん、ここお店にロケで行かせて頂きまして、いやホントにね、美味しかったですよ。僕あまりカレー屋さんって、インドカレー屋さんってあまり行ったことがなかったので、やっぱり実際美味しいですよね。でも圧倒的に店の数が少ないじゃないですか。やっぱりイタリアンレストランとかフレンチレストランとか和食に比べて。だから僕もあまり知らなかったんですよね、このカレーの世界っていうのは。でも最近流行ってますものね、カレーも。マッサマンカレーとかね。そんな中でね、番組でロケ行ったんですけど、うん、紹介されてますね。写真が送られてきてるんですけど、このsさんから。このお店のメニューが載っているんですけど。
「日本テレビの番組でSMAP稲垣吾郎さんが当店にて考案したチキンと野菜のカレー」って書いてあるんですけど、これ稲垣吾郎の郎の字が間違ってるんですよね。月になってます、右側が郎の。あっふん(笑)まあまあでもそこは大丈夫かな。書いてくれてるだけで十分嬉しいんですけど。
へ~え、行ってみようかな。何か、ここホントに美味しかったんでね。また行きたいなとずっと思ってたんですね。ただ西葛西の方なんでね、なかなかカレーを食べるためだけに西葛西までっていうのは何かちょっと、あの~億劫だったんですけど。まあでもわざわざ西葛西に行くだけの事はあるくらい美味しい店でしたよ。ここ、フンザか。ゆっくり食べれるといいですね。カレーも何かランチみたいな感じでナンとかご飯と共に結構直ぐに食べ終わっちゃうイメージですよね。何かお酒のおつまみ感覚でゆっくり食べれるんだったら、いいかなと思うんですけどね。カレー鍋とかはいいですけど。
ここでもホントに美味しかったんで、うん、またちょっと行ってみたいな。
でも嬉しいですね、このゴロゴロカレーが皆さんに愛されて。
これ何だろう、僕に引っかけてるんでしょうかね。あ、でも僕が作ったカレーではないか、オクラとかカリフラワー・・あ、これそうですよ!オクラとカリフラワー入れましたもん。へぇ~確かにゴロゴロカレーと書いてあります。メニューの方にも。うん、やあやあやあ嬉しいですね。こうやって頂いて。ちょっと機会があれば行ってみたいなと僕も思っていますね。それまでにこのメニューが続いていればいいんですけどね。うん。お店の方も凄いいい方だったんで。
ナンを作るのが凄い難しかったですけどね。
お薦めです。

pen先日、こちらにも書いたのですが(葛西でインド)、この時に一緒に行ったS美さんのお便りでした!メニューの文字の間違いにも気付くところが、吾郎もちゃんと写真を見ているのが分かって嬉しいです。この間違いは私たちもすぐに気付いて、K子さんがお店のマダムに「字が違っているんですけど~」って持ち前のキュートなソフトさで言ってくれました。このメニューは業者に発注して作らせたものだそうで、最初の原稿は間違っていなかったのに~直して貰わないとね、とおっしゃっていました。確かに、店にある他の手書きっぽいボードの文字はちゃんと稲垣吾郎さんでした。
本当に楽しいロケだったようですね。
また行きたくなりました。

loveletter中居くんが最近気になった女性という事で、舞台を観に行った時に始まる前に携帯とかを見ているのではなくて読書をしている女性が気になったと話していました。同じ女性として聞いていても素敵な女性だと思うのですが、吾郎さんそういう女性をお好きですか?
ああ~多分、ホントにこの方読書がお好きなんでしょうね。活字凄い好きな方って、どこでも読んでますよね。僕なんかも読書は好きですけど、やっぱり舞台始まる前のあの10分とか少し早めに席付いた時ですよね。ああいう時にまで本を読むっていうのはないですね。何か10分くらいだと、その世界に本の世界に入り込めないし、また抜け出せないじゃないですか。何かその辺が僕はあんまり器用にできないというか、映画を観る時なんかも観っぱなしじゃなきゃ無理ですね。本なんかも1時間くらいは時間がある時じゃないと、ちょっと読めないですね。15分10分とかの時間だと何か前後を思い出したりするのにまた時間がかかったりもしますし。でもホント、読書得意な方っていますよね、世の中に。
へぇ~、でも中居くんがこういう女性を気になったっていうのは意外ですね。中居くんもホントに読書好きですもんね。
よくライブ中とか行きの飛行機とか新幹線とかでもずっと本読んでましたからね。相当好きなんだなと思いながら。歌野さんの本とかね、紹介してましたけどね、番組の方でも。

pen舞台って生の俳優さんが、その時々一回限りのお芝居をみせてくれる場なので、いくら本が好きでも読書はしないですねぇ・・・パンフレットなどを静かに見て心の準備をするのが理想の過ごし方です。人それぞれですが。
本を大切に読む吾郎はいいなぁ・・・忙しい時でもそれだけ集中して読むからしっかりと内容が入っているんですね。そういえばゴロウ・デラックスに出演した作家の方が、凄く読み込んできているとおっしゃってました。

musicユーモアしちゃうよ

house番組HP
稲垣吾郎のSTOP THE SMAP

mailto便りの宛先

〒105-8002 文化放送「稲垣吾郎のSTOP THE SMAP」
メールアドレス smap@joqr.net

bellお願いsign01
*ストスマへのお便りは、SMAP関係のいろいろな部署のスタッフさんが目を通してくださるそうです。
吾郎さんやSMAPのお仕事についての要望などは仲間内やTwitterなどで呟いているだけでは伝わりません。
各TV局などへの要望と共にストスマにも送って、ラジオで読んでもらえなくてもファンの熱い気持ちを吾郎さんやスタッフの方に伝える事は大切だと聞きました。
TV 関係の仕事をしている方に言わせると、とにかく吾郎ファンは(舞台などは観に行くのに)応援の行動を起こさないので有名だそうです。今は芸能界で仕事をし ていくにも本当に大変な時代だそうですので、ファンの応援はとても大切との事、せっかく稲垣吾郎のストスマがあるのですから、これを大いに利用したら、と 思いました。
どうぞよろしくお願いします<m(__)m>

*吾郎さんの過去作品を再び大きなスクリーンで観たいと思いませんか?
こちらからリクエストの票がたくさん集まると夢が叶います→ドリパス
DVDが発売されていれば、SPドラマでも可能だそうで、今「飛鳥へ、そしてまだ見ぬ子へ」が「上映候補」にあがりました。実現できるよう、「映画館で観たいワケ」も投稿して応援しませんか?
また「桜、ふたたびの加奈子」「笑の大学」「十三人の刺客」「さらば愛しのやくざ」など、次々にリクエストが出ています。

「稲垣吾郎さんの映画を観たい!」という意思表示になると思うので、こういう機会はどんどん利用すべきだと思っています。
どうぞ、よろしくお願いいたします。

|

« 華麗なる逆襲/ユーモアしちゃうよ | トップページ | ゴロウ・デラックス 2月26日 »

吾郎ラジオ」カテゴリの記事

コメント

吾郎の語り口は何時も穏やかで優しく丁寧!あの声を聞いていると時間がまったりと過ぎて行き安らげます。今回も幅広くたっぷり語ってくれましたね。話の内容では同意するものが多く、やはり人を自宅にお招きするのは気心が知れた人がいいし、読書は一気に読みたいタイプだし、観劇の時は舞台の事だけに集中したいので、吾郎のコメントには納得でした。お酒の楽しみ方も本当に理想的ですね!飲んでも変わらず、乱れないというのもいいし、何といっても分をわきまえて節制しているのが凄い。

インド料理店のお話では、サイトーさんが上げてくださった写真の数々を思い出しました。撮影に行ってお店の方達やファンにも喜ばれているのが吾郎に伝わって良かったですね。吾郎もお店の宣伝をしてくれていたので、さらにお客が増えそうですよね(笑)ラジオを通じて吾郎とファンの距離が近くなった気がします。


サイトーさん、ドリパスの件を「お願い」に上げてくださりありがとうございます。吾郎の映画作品はもとより、ドラマ作品も格調高く良質な作品が多いので大きいスクリーンで観たいですよね。特に「飛鳥へ、そしてまだ見ぬ子へ」は上映が決まったら一般人の友人を誘って観にいくつもりです。あのドラマは一人でも多くの人に観て貰いたい作品なので。

過去の映像が多くの人の目に触れる事で話題になれば、新作に繋がる要因の一つになるのではないでしょうか。連ドラも可能ならば「陰陽師」「診療中」等々、大型スクリーンで観たい作品は山ほどあります。

上映を可能にする為には、ファンの熱意と行動力が不可欠です!「吾郎さんの次のお仕事は?」と待っていても何も始まらないと思います。舞台、映画で活躍する吾郎をもっともっと観たいのでリクエストに応え、投稿で上映を実現させていきたいですね。上映の暁にはストスマの吾郎に報告ができますものね(笑)

サイトーさんの呼びかけに賛同し、一人でも多くのファンが参加されることを祈るばかりです!!

投稿: あや | 2015年2月27日 (金) 21時31分

movieあやさま
コメントありがとうございます。
吾郎の語りはいつも穏やかで優しいですね。とても聞き取りやすくきちんと文章になっているので、書き起こすのもとても楽です。
人の意見を尊重して頭から否定はしないけれど、しっかりと自分の考えを明らかにするところも好きです。
アイドルとか俳優とかを超えて、一人の人間として凄く素敵な生き方をしているなと思います。
自宅に招いて楽しく心置きなく語れる友達を持ち、楽しみながらもきちんと節制する~それも「僕の仕事」と言い切ってしまう!なんて素敵。

「ドリパス」って素敵な企画ですよね。
吾郎の作品は本当に上質で年月が経っても古くささを感じさせないものが多いので、とても上映に適していると思います。
金田一耕助シリーズがDVD化していれば、とてもクオリティの高いものを大きなスクリーンで観る事ができるのに、と残念でなりません。
こちらもまた別にお願いしないと。

>上映を可能にする為には、ファンの熱意と行動力が不可欠です!「吾郎さんの次のお仕事は?」と待っていても何も始まらないと思います。
・・・本当にその通りですね。
もっと映画に出て欲しい、でもそれをどこに訴えたらいいか・・・悩んでいましたが、とりあえず吾郎を大きなスクリーンで観たい!という意思表示になりますものね。
毎日、投票して夢を実現させたいです。

投稿: サイトー | 2015年2月28日 (土) 01時10分

ゴロゴロカレーの話を聞いて、私も興味があります。吾郎さんではないけど、葛西までとなると、少し気が引けるんですよね。でも、せっかくなので、行ってみようかな。いつメニューがなくなるかわからないので。
ついでに、まだ行ったことがない、赤坂でものぞいてこようかな。

投稿: ルー | 2015年3月 3日 (火) 22時53分

movieルーさま
コメントありがとうございます。
ゴロゴロカレー、美味しかったですよ。
チキンと野菜で美容健康に良さそうで、いかにも吾郎さんのカレーでした。
カリフラワーとかオクラが、カレーに合っていて真似したいと思いました。
地元の方らしい家族連れとかカップルとかで賑わっていました。
赤坂も今はメトロの駅から地上へ出ると、そこはもう楽しい世界。
冬場ならSMAPショップもあるのですが~
吾郎さんの足跡を追うのは、楽しいですね。

投稿: サイトー | 2015年3月 3日 (火) 23時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 華麗なる逆襲/ユーモアしちゃうよ | トップページ | ゴロウ・デラックス 2月26日 »