« STOP THE SMAP 3月12日 | トップページ | SMAPXSMAP 3月16日 »

2015年3月15日 (日)

ゴロウ・デラックス 3月12日

オープニングから小芝居で始まった今週のゴロウ・デラックス
いつもは外山さんが歩いて出てくる所をゲストの青木裕子さんが登場。
久しぶりの共演に内輪っぽい挨拶をする二人。
以前Goro's barで共演していたんですよね、懐かしい。
青木さんはお母さんになられて、とても印象が柔らかくなった。
今度はママタレで売り出すぞ!という勢いではなく、子供が生まれて日記を本にしたので・・・という感じから、幸せなんだなぁと思った。
「Goro's barから始まり、ちょこちょこ番組が変わっちゃったんですけど・・・ゴロウ・デラックスでちょっと安定期。一寸先は分からないですけど」
・・・吾郎さん!私たち一生懸命応援しますから。

book今週の課題図書:母、妻、ときどき青木裕子
自身が体験した妊娠・出産・育児の事、そして夫矢部さんへの思いを赤裸々に綴ったおよそ1年分の日記をまとめた1冊。
本の紹介辺りまでを、いつもの外山さんの席に座った青木さんと吾郎の二人でトーク。
「何をやってるんですか!?」と外山さん登場までの2分くらいの小芝居でした(笑)。
青木さんはTBSでは外山さんの7年後輩、でもほとんど話した事がなかったという二人。
外山さんは後輩と親しくなってしまうとフラットに見られなくなってしまうから、と距離を置くタイプだそうです。 「怖い先輩」ネタで盛り上がる3人のトークはとても面白かった。
結婚して子供が生まれるのはとても幸せそうだけど、今までの生活のペースを壊したくはないから結婚に尻込みしちゃうのかなと自己分析する吾郎と、幸せそうだとは思うけど自分は結婚したいとは思わないとあくまで言い張る外山さん(笑)。ますます息が合っていい感じ。

深夜バラエティ番組で女芸人さんに弄られていた青木さん、
青木:「聞かれると何でも素直に答えちゃう。その場の笑いが欲しくなっちゃう」
吾郎:「僕も分かります。そういう所あります、つっこまれたりすると」
・・・これは本当にそう思った。見ていてもっと上手く立ち回ればいいのに、と思うんだけど、自分の立ち位置を理解して全うしてしまう。
だから、吾郎は弄られる立場の人にとても優しい。
いつも弄られて悩んでいた川田亜子ちゃんに
「亜子ちゃんは亜子ちゃんだから。そのままでいいんだよ」と優しく言った時の事は忘れられません。

青木さんはミス慶應、そして外山さんも慶應出身。
「自分でミス慶應とか、恥ずかしくないですか?」「これだけ可愛かったら・・・チヤホヤされてきてるんですよ。どういう神経の持ち主がミス・・・(笑)」とかさんざんリンゴに矢を飛ばす(ゴロウ・デラックスでは毒舌が出るとリンゴに矢が刺さるアニメが出ます)外山さんでしたが、女子アナウンサーの悩みの話になって急に話が盛り上がる。
どんな番組に出ても、番組スタッフの中でアナウンサーは部外者で孤独。
楽屋が用意されている訳ではなく、あくまでも社員。
そういう仕事場の裏話的なものは吾郎もよく理解しているみたい。
ヤフーニュースのコメント欄までつい読んでしまっては落ち込む青木さん。
「基本的にそういうのは今後読まない方がいいよ」と真顔で忠告する吾郎。
ちなみに、矢部さんの事も赤裸々に書かれている事について番組が矢部さんに聞いてみたところ、
「『リアルなところが良い。その出版を許したやべっちも偉い
と言われ好感度があがった」と言っていたそうです(笑)。

「パパになると、その人のキャラクターの知らない部分も出てくるね」
「これからだね。楽しみだね」


青木裕子さんは好きだけど、ちょっと今週の課題図書はどうなの?と正直思っていたゴロデラでしたが(最近贅沢しすぎてました)、吾郎の優しい所がよく出ていて何かとても温かな気持ちになれました。
外山さんの愛すべき毒舌も楽しめたし。
女性陣二人は収録後、話の続きができたのでしょうか。

|

« STOP THE SMAP 3月12日 | トップページ | SMAPXSMAP 3月16日 »

ゴロウ・デラックス」カテゴリの記事

コメント

何か同窓会ののりのような雰囲気の「ゴロデラ」でしたね。Goro's Barの映像が懐かしく、あの時代の吾郎も素敵だけれど、今の吾郎もさらに魅力的になってファンとしては嬉しい限りです。青木さんも大人の美しさがにじみ出て素敵な女性になられたなぁと思いました。

仕事の話になると止まらなくなる先輩、後輩の外山さんと青木さん。吾郎に続きは楽屋でと言われるくらいに盛り上がっていましたが、今のアナウンサーって本当に大変だと感じます。会社員なのにタレント、芸人さん達と同じように弄られ、それでも笑顔でいなければならない。川田さんも悩んでいられましたよね。

吾郎が相手の立場にたってアドバイスをしているのにジーンとしました。何時も寄り添って同じ目線で物事を受け入れてくれる人ってそうはいません。吾郎が男女を問わずもてるのが分かるような気がしますね!

最後に吾郎が言った「これからだね~~」に限りない優しさを感じ、この言葉だけでも青木さんは出演されたかいがあったのではないでしょうか。

投稿: あや | 2015年3月16日 (月) 20時44分

appleあやさま
コメントありがとうございます。
そうそう、同窓会みたいでしたね。
私もGoro's barの映像を観て、今の方がもっと素敵って幸せだと思いました。
初めは接点がなさそうにしていた青木さんと外山さんでしたが、お仕事の内容に話になったら、あっという間に盛り上がったのは面白かったです。
でも確かに華やかな職業に見えますが、局アナって気を遣ったりいろいろ大変なんですね。楽屋がなくて居場所が分からないっていうのは孤独だと思いました。
それをちゃんと話を聞いて理解する吾郎、頼もしい上に癒やされますね。

「これからだね~」
すっごく優しかったですね。
オンエアはお子さんを寝かしつけて、やべっちと一緒に見られたでしょうか。
何となくそんな事まで思ってしまったゴロウ・デラックスでした。

投稿: サイトー | 2015年3月18日 (水) 00時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« STOP THE SMAP 3月12日 | トップページ | SMAPXSMAP 3月16日 »