« No.9-不滅の旋律-制作発表 | トップページ | STOP THE SMAP 7月30日 »

2015年7月29日 (水)

2015年FNS27時間テレビ

impactFNS27時間テレビ本気だらけの水泳大会

去年のSMAPの27時間TV水泳大会のリベンジ、SMAPからの挑戦というテイで、最初からまた去年の敗因の犯人捜し。
ナイナイチームからも口々に「ゴローちゃん」「ゴローちゃん」

flag25m競泳対決・・・各チーム代表4人の個人戦
何もしないうちからプールに落とされる吾郎~
「水温何度でしたか?」
「25度くらいです」「ゴローちゃんは水温計か!?」
結局2度もプールに落とされる。
平泳ぎ・背泳ぎ・自由形の後、口々に「ゴローちゃん出しなさいよ」と言われる。

「怪我してる草彅と稲垣だったら、怪我してる草彅」と中居くんに言われるけど、
「俺、行くよ」と名乗り出る吾郎。水泳キャップ被った横顔素敵よ~♪
足を怪我した剛を庇って(台本通りなのかもしれませんが)苦手なバタフライに名乗り出る吾郎は男前だと思うけど、ここを評価してくれる番組的な流れは全く無し。
4種目目はバタフライ。対する岡村さんもバタフライは出来ないとの事なので、「途中立ってもいいけれど、最後までバタフライで」という事でスタート!
とにかく必死で泳いで吾郎の勝ち。飛び込みからの泳いだ事もないバタフライで25mってすごくハードだと思います。
相手チームの「(根拠の無い)歩いていた」攻撃から「あれは水中リハビリだ」と馬鹿にされ・・・ここまで責められているの両チームで吾郎だけですよね。負けていても責められないのに、勝っても笑われるとか(涙)。

flag水上騎馬戦・・・4人と大将、計5人での闘い。SMAPチームは休みなし。
ここでも選手決めの時ナイナイチームが「ゴローちゃん」「ゴローちゃん」
芸人さんの集まりなのに他の事、言えないの!?
8分間の騎馬戦、チームの人数が不公平すぎてSMAPチームは本当に大変そうだった。
でも本当に頑張った。8分の全力での闘い、見応えありました。

flag手押し相撲お台場場所
木村くんと三中さんのリベンジ対決だったのは決まっていたのでしょうが、とりあえず「まずは稲垣さんで」という。だから、他にないの!?吾郎以外に。

flag潜水対決
剛の対戦相手は武田くん。あら?武田くんって今まで何かに出てましたっけ?
その後、リレーに出ましたっけ。(武田くんは別に悪くないです)
剛くん残念でしたけど、無理せずに良い判断♪

ここで、突然負けたチームは土下座ではなくバンジージャンプをやれ、という事に。

flag競泳リレー対決・・・5人のリレー対決、アンカーだけ50m
吾郎をアンカーにする時点で勝つつもりはないのは一目瞭然なのに。
「稲垣さん50メートルですよ、いかがでしょう?」の問いに
「何か分かんないけど、とにかく『本気で』一生懸命やります」と、今回のテーマ『本気』という言葉を入れ込んでのコメント。さすがですわ、吾郎。
相変わらず凜々しく美しい。何故かキレイに日焼けした脚はまっすぐで長く、鍛えられた上半身は、しっかりした肩や胸からのウエストのくびれが素晴らしい。
ファンだから遠慮せずに褒めるわ。

結局負けちゃったけど、みんなよく頑張った。普段水泳してなければ、バタフライはもちろん、ターンなんかも上手くできないのではないでしょうか。
昨年の失敗を(しかも吾郎だけの責任ではないですし)今年も何回もリピートして笑われ、今年もまたバタフライで笑われ、アンカーで攻められる。
また来年も笑われるのでしょうか。
人それぞれ鍛え方はあるのだから、それぞれに合った運動をすればいいでしょ。もう水泳大会やらなくてもいいでしょ。競泳用水着でというなら別ですが(笑)。

ちょっとここでもう一つ、「頑張っている稲垣さんをみたことがないので~」きっと中居くんは分かっているけど照れくさいからああ言っているのだとは思いますが、吾郎は自分では努力してるなどと決して言わないので、ここで言っておきます。
吾郎はいつも見えない所で頑張っているのですsign01

スマスマで去年の飛び込みの映像を見てみよう、と言われた時「面白いから止めて(笑)!」と言った吾郎は自分が課せられた役割を十分承知していての今回の水泳大会だとは思うんだけど、何から何まで全て吾郎がオチを引き受けなければならないグループって何なのかしら、と思ってしまいました。
バ タフライ、確かにキレイに泳げてはいなかったかもしれませんが、一応一勝しているんですよ。チーム戦なのに敗因のメンバーをやり玉に挙げるとか・・・監督が反省しませんか、普通。

バンジージャンプを断った事で、再び責められる吾郎。

「流れ的には吾郎ちゃん」
「おまえや!阿呆!!」shockshockshock60歳にしてこの言葉。
放送を見ていなかったさんまさんには言われたくないわannoy

でも、テレビを見ている視聴者の多くはこの言葉にも誘導され「意気地無しの吾郎」とか思うんでしょうね。腹立つわ。
バンジージャンプって・・・こういうの好きな人もいるんですよね(苦笑)。やりたい人だけがやればいい、こんなものを罰ゲームにしても少しも面白くないです。

今のやり方としては、いじめを思わせるから「おまえがやれ」と強要はしない、でもやらざるを得ない、または自分から進み出るように仕向けるそうです。
でも出来ないと思ったら、そこで断る勇気も大切sign01
高所恐怖症の人にとって高い所がどれほど危険なものなのか分かって欲しいし、吾郎はそれまで笑いものになるとは分かっていても、やれる事は全部やった。
バタフライもアンカーも。
これは無理だと思ったら、そこで何を言われるかは十分承知の上で、断った。
虐められるのを恐れて断ることができない人に、「断る勇気」を見せるのも大切。

以上、吾郎の水泳大会での「はたらき」をまとめてみました。

eventライブ:FIVE RESPECT
ライブ会場にそれぞれスタッフに紛れてスタンバイするSMAP。
カメラマンの木村くん、照明の剛くん、そして警備員に扮した吾郎。
制帽を脱いだ時の前髪はらりが素敵!ステージに向かう横顔が美しいheart04
「かっこええわ」「これが本業やからな~」というナイナイチームの声に、昨日の事も忘れる(笑)。ちょろいな、私。
SMAPと揃いの衣装を着た岡村さんを迎えてのSIX RESPECT。
最後岡村さんを中心に唄って踊っているところが、関西では番組最高の瞬間視聴率だったそう。
曲が終わってすぐに屋外の特設ライブ会場を後にするSMAP、それを上から引きの絵でとらえる映像・・・すごくかっこよかった。
久しぶりのFIVE RESPECTを見て、当時より吾郎の踊りがすごく良くなっているのが分かった。運動を続け、体幹を鍛えているのがとてもよく分かったのが嬉しかった。
髪の毛伸びていますよね。
ベートーヴェンは地毛かしら。

|

« No.9-不滅の旋律-制作発表 | トップページ | STOP THE SMAP 7月30日 »

Goro」カテゴリの記事

コメント

水泳大会は見ましたが、SMAPライブがあるとは知らなかったです。見ればよかった。
水泳大会、吾郎さん、気合い充分だったから、大丈夫かな?と思ってました。でも、頑張ってましたよね。吾郎さん、お疲れ様でした。いかにもあれは、相撲と吾郎さんのリレーを見せるための企画なんでしょうかね…。でも相撲も手相撲になっていましたし、リレーも無理のない種目だったので、去年のことを見直したのでしょうか。罰ゲームがバンジージャンプというのも、やり過ぎ感はありました。吾郎さんは本気で高い所が苦手なのに、どうしてみんな煽るのでしょうか。見ていて少し残念な気持ちになりました。キムタク行ってあげて、という人が一人もいなかったのも残念でした。
でも頑張ってる吾郎さん、素敵でした。
ライブ見たんですね。髪、伸びていたのですね。舞台楽しみですよね。
次回のストスマで、奮闘記が聞けるといいですよね。

投稿: ルー | 2015年7月29日 (水) 18時20分

前述続き(名前入れるの忘れてました。スミマセン…)
水泳大会で、SMAPの皆さんが出てきた時の水着、少し、笑ってしまいました。でも、この水泳大会が、19%と聞くと、吾郎さんが頑張ったんだ、と思い、少し嬉しくなりました。

投稿: ルー | 2015年7月29日 (水) 18時26分

サイトーさん、こんにちは
レポートありがとうございます!
この件はスルーされるのかなと思ってましたが(^^;; しっかりレポートされてて流石です。リアルタイムで見ていたときは腹が立って途中でテレ東に替えたので、さんまさんらのくだりは見てないんです。見なくて正解だったなw
月曜日に再放送(^^;;を見たときには割と冷静に受け止められました。
罰ゲームは台本で決めておけばよかつたのに。現場に丸投げだから、バンジーとか丸刈りとか脅迫まがいになりますよね。
めざまし君の着ぐるみを着て時報を告げるとか、火薬田ドンさんの助手になるとか、そういうのがよかったなw
現場に丸投げだと男子はどうしても弱い者イジメ方向になる。男の本能なんだろうなあ。吾郎さんはあの中で明らかに異質だし、どうしてもターゲットになりますね。
今回はとにかく構成が良くなかったと感じました。それが気になりました。
まだファンになる前、2011の27時間TVのホンマでっかに吾郎さんがゲストに来たとき、とにかく死ぬほど面白くて、テレビの前でのたうちまわりながら笑った記憶があって。生なのに録画以上に面白くて私の中で伝説になっていますw
抜群のトーク力と個性があるから、水泳だともったいないですねえ!
LIVEは見てないんです。8チャンを付ける気になりませんでした。数字はそこまで大きく違わないけど、満足度は昨年とは全然違います。職場にご当地スマップの現場に居合わせた人がいて、未だに話題に上がりますもん。〈慎吾君担当の新体操 比べたら酷ですね。

独り言、書きたいことがたくさんあるんですが取り敢えず、外部スタッフさんが某撮影場所を呟いていて。吾郎さん以外にたくさん担当されている方なので保留、静観していたら
そこのすぐ隣のレストランできくりんがご飯をたべてるのを確認しましたw
一応裏が取れたかなあ?( ̄▽ ̄) 既に撮了。
時代劇、外国資本、アジア人監督、と推測してます。楽しみです!
喜んでるの、私だけでしょうけど(^^;;

投稿: yurara | 2015年7月29日 (水) 19時19分

水泳勝負は勝ち負け度外視で吾郎さんにアッパレ めちゃイケ全員に大喝です

騎馬戦の前のグダグダにカチン(-"-;)となりました

バンジーは吾郎さんには絶対に無理です

コンサートDVDでもクレーンリフトにはファンのために乗っているけれど手摺りはしっかり掴んでいますからね

無理にバンジーしたら過呼吸になったりとか緊張で一気に血圧上がったり下がりすぎたりでぶっ倒れることもありますよね?

吾郎さんが指名されそうになったとき慎吾くんガッチリ肩抱えて「ちっちゃい声で死んじゃう」ってとか 木村さんが「吾郎が祈るような目ェで木村くんお願い………」ってとかいって名指しを止めさせてましたよね

投稿: Yuppy | 2015年7月29日 (水) 20時41分

連続すみません いったん切りました

木村さんがバンジー台にたったときでも「吾郎はここに登って立つことすら無理 下にいるけれどそれでもキツイだろうな」っていってましたよね

SMAPさんは素敵だったけど ちびっ子ダンサーの人たちは素敵だったけど めちゃイケ全員とスタッフさんはグダグダな感じしかない27時間でした

投稿: Yuppy | 2015年7月29日 (水) 20時53分

今年の27時間テレビはSMAP以外のコーナーでも色々物議をかもしているようで、企画力の無さを全国にさらしてしまった感があります。人を落とし穴に落として笑っているような、何が面白いんだろうと疑いたくなるような企画ばかりで呆れました。クレーマーが最近多くてバラエティーは思い切った事ができなくなったので、面白く無いと言っていますが、企画力が無いだけの事。他局は、酷い弄り方や、落としをせず、トークだけで見事に面白い番組をやっています。はじめは怒っていましたが、人を弄って笑いものにするような人は、所詮才能もそこまで、MC力も限界があるんだろうと思うことにしました。フジテレビ全盛の頃には、ドラマでも大物作家の方達が次々と良いドラマを書かれていましたが、視聴率ばかり気にして、そういうことを度外視して良い物をつくろうというスタッフがいなくなったとテレビドラマを書かれなくなって、現在のフジテレビです。あのように一人をターゲットにして追い込むやり方はいずれ廃れるだろうと、と同時にそれだけを頼りに司会や番組作りをしていた人はテレビでは生きて行けなくなるでしょうね。吾郎のように一切自分から努力しているなど言ったったことがなく、黙々と努力をしている人が、報われる世の中になって欲しいとつくづく思いました。自分達、笑わせてなんぼの芸人なのに面白い事も出来ず、吾郎に頼った図ですね。バンジーは断って正解ですね。断って後で何か非難される事を承知の上での行動に慎の男らしさを感じました。「分かってくれる人に分かってもらえればいい」と以前吾郎は言っていましたが、自分の体裁だけを考えて目立つ行動に出る人よりも、周りに阿ねない吾郎の方が余程男らしいと感じています。27時間テレビってなんだったんだろう?高級車を壊したり酷い弄りと暴言!テレビを見て欲しいはずの番組でもう二度と見たくないと思わせてしまう・・・あの番組のMVPは吾郎に!!水泳大会を身を挺して盛り上げ、酷いことを言われながら、最後のライブでのあの笑顔。本当に心が綺麗で潔いプロ中のプロですよね。

投稿: あや | 2015年7月29日 (水) 21時27分

eventルーさま
コメントありがとうございます。
水泳大会って、いつ決まったんでしょうかね。
去年のSMAPの27時間テレビを超すものを、と言いながら同じ企画ばかりで、これからはこれが定番になったら怖いです。
罰ゲームはもっと笑えるものがいいですね。
一度バンジージャンプのようなものにしたら、その怖さとかはどんどんエスカレートするばかりだと思うのですよ。
そんな事に頼らず、もっと面白い楽しい企画を考えるのが番組側の仕事だと思うのですが~
翌日のライブは素敵でしたよ。
登場の仕方が一人ずつスタッフさんに紛れて~というのが、すごくSMAPらしくて。そのオーラが際立つというか・・・
でも確かに、水泳大会の視聴率が良かったのは頑張ったのが無駄にはならず良かったです。
水泳大会、SMAPチームもう少し泳ぎやすそうな水着にしてくれても良いのにね。かっこよすぎちゃまずいですか(笑)。

event yuraraさま
コメントありがとうございます。
私は飲み会で出かけていて、帰りの電車の中で事の成り行きを知ってから録画を見たので、まだ良かったのかもしれません。
でも猛烈に腹が立ち美味しいワインの酔いはすっかり醒めてしまいました。
罰ゲームって現場まかせなんですか、あの怒声が飛び交う現場にまかせたらろくな事にならないのに。
確かに火薬田さんの助手とか着ぐるみとか番組コーナーのADさんとか、そういうものだと微笑ましくて面白いのにね。ずっと楽しく笑えるのに。
>2011の27時間TVのホンマでっかに吾郎さんがゲストに来たとき、とにかく死ぬほど面白くて
・・・これ、本当に面白かったですよね。中居くんもさんまさんも大喜びでウケていましたっけ。ああいう時の頭の回転の良さとか適応力とか、吾郎さん素晴らしいですね。
それなのに、ちょっと不器用そうに見える上にあのビジュアルだから、尚更面白いのだと思います。私たちが大好きなギャップ萌え♪
ライブはさすがSMAP!ああいう時の見せ方はすごく上手いし、すごいオーラを放っていました。

そして私の大好物、yuraraさんの独り言、キタ━(゚∀゚)━!!
そうか、そうですか・・ニヤニヤ
妄想は果てしなく止まりません。

投稿: サイトー | 2015年7月29日 (水) 22時14分

eventYuppyさま
コメントありがとうございます。
本当に今回ほど腹が立った事はありません。
元々あまり好きな番組ではありませんでしたが、吾郎さんが単独で出演した時などはいつも温かく迎えてもらったように思うのですが。
そういえば、さんまさんもそうでした。
SMAPとなると、吾郎は外部の人からもヲチ要員とされているのでしょうか。
私が高所恐怖症なので、コンサートで高い所が苦手な吾郎さんが上の方で頑張っているのを見ているだけで怖いのに。
結構事故も起きているというバンジーなんて、絶対に強制的にやらせるものではないですよね。
27時間TVって、一体何のためにやっているんだろう、と思ってしまった今年の27時間テレビでした。
去年はあんなに楽しかったのに。
でもSMAPはさすが、かっこよかったです。

eventあやさま
コメントありがとうございます。
人を貶めて笑いを取るような番組、自分の仕事としてこのようなものを作っているスタッフの事を考えるとやはりフジテレビの将来に何の希望も持てなくなりますね。
以前はフジテレビのドラマって、豪華でキャッチーで若者にも人気だったのに、若者のテレビ離れのせいにするけれど、若者をテレビから離してしまったのもテレビ側ですよね。若者だけじゃない、私なんてとっくに日本のテレビドラマなんてほとんど見ませんし。
そういえば「忘文」なんて素晴らしい番組もありましたねぇ・・・
ドラマの話になっちゃいましたが、27時間TVの主なるパーソナリティーのはずが責任逃れでゲストにヲチを押しつけている感がとても不愉快でした。
笑われても頑張って最後までやり遂げ、でも出来ないものは断る、この大人の判断をあの場にいた人だれか一人でも良いので、認める発言をして欲しかった。そうしたら、番組の流れのまま受け取る視聴者にも吾郎の取った行動は嘲笑されるべきものでは無かった事に気付く人もいたと思うのに。
私は、その点もとても残念だったし悲しかったです。
そんな前日の件は無かった事のように、優しい笑顔に満ちあふれた翌日の吾郎は素晴らしかったですね。


投稿: サイトー | 2015年7月29日 (水) 23時14分

手押し相撲の時、ザキヤマさんが、本当は、3戦の予定だった言っていて、あと2戦は誰だったのかって考えて、騎馬戦の8分に、感謝しました。
慎吾ちゃんと加藤さんの、抱擁で、これが本気と思ったのに、SMAPは、バラエティーの時も、腕があるから、何でもできると思われてる。
吾郎ちゃん、素敵でしたよ、見る人が見れば、バンジーも、木村くんで、正解って、思われてますよ。
「吾郎ちゃん、面白い」って思った人も、増えたと思います。
SMAPをよく知らなかったとき、体育会系の私は、1人文科系っぽい吾郎ちゃんが不思議な存在で、浮遊感に戸惑ってました。
でも今は、吾郎ちゃんの魅力は、成熟した大人にしか、わからないと思っています。

投稿: | 2015年7月30日 (木) 09時13分

サイトーさん、いつも愛の籠ったレポありがとうございます♪

>テレビを見ている視聴者の多くはこの言葉にも誘導され「意気地無しの吾郎」とか思うんでしょうね。腹立つわ。

正に、その通り。
あの時一緒に番組を見ていた一般の友人はバンジージャンプが吾郎から木村くんに変わった時
「もう、吾郎ちゃん情けない。」と言いました。
私はすぐさま「吾郎は高所恐怖症だしGに弱いから無理!!
それにバンジーなんか跳ばなくても、吾郎は本当の意味で男らしいからイイんだよ!!」と返しました。

吾郎も常日ゴロ言っていますが、別に万人に認めて貰わなくても構わないんですよね。
だからと言って、「ミスリードされるのはどうなの!?」と思うわけです。

全てはサイトーさんが書かれている通り、どこかで何がしらかの(必要な)フォローがあれば良いだけのこと。
余計な言葉は要りません。
番組を面白くしたいのはわかるけれど、もっとやり方がありますよね!!
吾郎や他の方達の頑張りが報われる番組であって欲しいと願うばかりです。

どんな内容であっても最終的に吾郎の本質をわかって下さる方が増えれば嬉しい限りです。

だって、私達の吾郎は誰よりもステキな人なのですから(^O^)
こんなにも真摯に物事に取り組み、紳士な殿方はそうそういらっしゃいません!!
吾郎のファンでいられて幸せですし、ファンでいることを誇りに思います(*^^)v

投稿: Nanako. | 2015年7月30日 (木) 15時36分

サイトーさん、こんにちは。

27時間TV、感動したり笑顔になれることもあったけど、心から楽しむことができませんでした。予想はしていたけれど・・・。

サイトーさんの感想、まっ~たく同感です。これでも気持ちを抑えて書いていらっしゃるのではないのかな?と思っています。できることだけしておけばいい人と、不得手でも頑張ってやる人と・・・以下自粛。

お口直しに見た演劇誌2冊が素晴らしい!ビジュアルも言葉もかみしめるように、ゆっくりゆっくり読みました。サイトーさんの感想聞きたいです。私もこっちならもっと語りたい。
期待しています!

投稿: みやっち | 2015年7月30日 (木) 15時50分

サイトーさんの感想に同感です。フジテレビさんはどこまで中居君&SMAP頼りなんだろう…MCの中居君はほとんど出ずっぱりだったから、スマステ以外チャンネル替えずにいたけど、めちゃイケの芸人さん達は何をやってたの?見てないから知らない方の方が多いんだけど。水泳対決は最初からフェアじゃないです。SMAPは5人なのに、相手は競技毎に出る人が変わるから休めますよね。同じメンバーを選出すべきですよ!騎馬戦を8分間たたかってかなり体力を消耗した後のリレーは相当きつかっただろうし、アンカーの吾郎ちゃん本当に頑張ってたね。感動ものでした!終わってきついとかしんどいとか一言も言わないSMAP、格好良いです!バンジージャンプの件は、アンカーが木村くんでも負けたかもしれないけど、アンカーを吾郎ちゃんにして負けたらバンジージャンプを吾郎ちゃんにふるというのは私の中で読めてしまいました。私もジェットコースターとか駄目なので、吾郎ちゃん勇気を出して断ってくれてホッとしました。私の回りでは「吾郎ちゃん、頑張ってたね」って言ってくれる人が多くて、嬉しかったんですよ♪
去年の素晴らしかったSMAPの27時間TVを越えられるのはSMAPしかいないんですね!岡村さんを気遣いながらのライブ最高に格好良かったですね!
視聴率ってなんぞや?って思っちゃいます。最近、テレ東さんのバラエティーが面白くて良く見ますが、「1位じゃなくっていいじゃない」も含めて、面白い番組作りをしようという気持ちが伝わってくる気がします。フジテレビさんにも見習って欲しいですね。
吾郎ちゃんの素敵さや素晴らしさを知って大好きな人達が沢山いるから、言いたいこと言う人のことは馬耳東風ですよ♪

投稿: としこ | 2015年7月31日 (金) 00時15分

event
コメントありがとうございます。
手押し相撲の時、中居くんが「最初は稲垣さんで」と言ってましたね。騎馬戦が長引いたので免れたのでしょうか。生放送で良かったです(笑)。
吾郎の取った選択に納得してくれた方もいたのですね、少し安心しました。
>SMAPをよく知らなかったとき、体育会系の私は、1人文科系っぽい吾郎ちゃんが不思議な存在で、浮遊感に戸惑ってました。
・・・なるほど。私はアイドルには無縁、運動は苦手だったので、吾郎しか考えられなかったです(笑)。
何年か前、「世にも奇妙な物語SMAP特集」の再放送があった時、吾郎の「僕は旅に出る」がとても評判になって「吾郎ちゃんの良さが今になって分かった」という感想をたくさん見ましたが、『吾郎ちゃんの魅力は、成熟した大人にしか、わからない』という事なのですね。

eventNanako.さま
コメントありがとうございます。
お友達、「情けない」っておっしゃいましたか。。。
確かに、分からない人に無理矢理分かってもらえなくてもいいですが、「ミスリード」は嫌です。
吾郎に関して「マイナスイメージへのミスリード」が多いですよね。
メンバーを落として面白くさせても、何も進展はしません。後退していくばかりだと思います。
面白く~と言うのならもっと大人の話術・ユーモアを磨いて欲しいですね。普通にみんなで楽しく笑えたら~と思います。

吾郎って、本当に素敵な人ですね。
毎週、ラジオやテレビで見て聞いて、ますます好きになっています。
これからもずっと応援していきたいと思います。

eventみやっちさま
コメントありがとうございます。
ホント、予想はしていたんですよね。期待してはいけないって。
でも予想以上に嫌な気持ちになりました。
はい、すごく抑えて書きました。書いては消し興奮を抑え(笑)~3日してようやくupする事ができました。
まるで全部台本が書かれていたかのように・・・よい宣伝になりましたね。
演劇雑誌、素晴らしかったです!
また後ほど、ゆっくりと書かせて頂きますね。
みやっちさんの感想、楽しみにしています。

投稿: サイトー | 2015年7月31日 (金) 00時34分

eventとしこさま
コメントありがとうございます。
めちゃイケチームがチームの人数が均等ではなく得意なものに選抜として出場していたのは去年の水泳大会も同様でしたが、去年はゲストだから仕方ないのかと思っていましたが、今年は逆でしたものね。しかも、去年以上のものを作るといいながら、SMAPからのリベンジというテイで都合良く全く同じ企画という所に、安易さを感じました。
バンジージャンプは、ずっと前から吾郎はバンジージャンプは無理という事を承知の上引き受けて、とりあえず吾郎に振ってから木村くんが飛ぶというのは想定の上のものだと思いました。
知り合いの方が、一緒に見ていたお子さんの感想が「めちゃイケチームはヲチになる人が決まっていないから不愉快ではなかった」だったというのを聞いて、なるほどと思いました。
>私の回りでは「吾郎ちゃん、頑張ってたね」って言ってくれる人が多くて、嬉しかったんですよ♪
・・・優しい方がいっぱいで、こちらまで嬉しくなりました。ありがとうございます。
翌日の岡村さんを気遣ってのライブ、良かったですね。
1年前、27時間TVで身体を張って頑張ってやり遂げたSMAPだからこそだと思いました。すごく格好良かったです。
あまりTVを見ない私ですが、「1位じゃなくって~」を見てから、最近言われているテレ東さんの番組の面白さが分かったような気がしました。一生懸命面白い番組を作ろうと頑張っている人達がいる事を忘れてはいけませんね。
確かに、吾郎さんの良さを分かってくれる人は昔に比べてすごく増えたと思います。
余計な事を考えず、初心に戻って素直な気持ちで吾郎さんを応援していきたいと思いました。
いつも温かいコメントありがとうございます。

投稿: サイトー | 2015年7月31日 (金) 22時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« No.9-不滅の旋律-制作発表 | トップページ | STOP THE SMAP 7月30日 »