« SMAPXSMAP 6月29日 | トップページ | そうだ旅に行こう »

2015年7月 3日 (金)

STOP THE SMAP 7月2日

loveletter部屋に飾ってあったポスターを眺めていたら、吾郎さんの眉毛が凛々しい事に気づいたんですが(笑)毎日お手入れなどされているんですか?
いや、特にお手入れはしていないですね(笑)。眉毛はもともと結構しっかり生えている方なのかな?足したりとか描いたりとか昔からあまりないんですけどね。ちょっと眉ブラシで整えたりはしますけれども、特に抜いたりとか描いたりとかとかいう事はあまりしてないですね。
でも何か意外と20代の時の方が眉毛が濃かったのかなぁってたまに写真見て思うんですけどね、眉毛もだんだん薄くなってくるんでしょうかね。そう思うと少し危険信号な気もしますけれども。ねぇ、でも凛々しく・・・ね、眉毛ポイントですからね、凛々しい顔立ちで皆さんの前に、ね、いつまでも存在したいなと思いますよね(笑)。はい、よろしくお願いします。

pen綺麗な骨格に沿った自然のままの美しい吾郎の眉毛が大好き。
うっかり繋がっちゃったりする位、実はあまりナルシストではないかもしれない吾郎の眉毛が大好きです。

【SMAPな時間】
loveletter毎年楽しみにしている舞台、今年も行うと発表がありましたね。一気にテンションが上がっています。巷では早速ベートーベンを真似た髪型にするのかと話題になっています。
はい、そうなんですね、今年も舞台をやらせていただくので、その発表がこないだあったんですけど、10月ですね、まだまだ先ではあるんですけど。
舞台「No.9不滅の旋律」という、これベートーベンを僕が演るんですけども、ねぇ髪型ちょっと気になるところですよね。自分でも、ベートーベンのために髪の毛伸ばそうか、どうしようか、いろいろ考えているんですけど。
ねぇ、ちょっと楽しみに、どんな僕の・・稲垣吾郎のベートーベンになるのか自分でもまだまだ想像つかないんですけど、楽しみにしていただきたいなと思うんですけど。
元々あのベートーベンも僕すごく好きでしたし、まさか自分がね、あの世界的に有名な偉大なる天才作曲家の役をやるなんていう事は夢にも思っていなかったんですけど。
まあでも日頃からベートーベンの音楽とかも好きでよく聞いているので、何かそういうものが通じたのかなって思ったり。まあでもよく聞いているというほどクラシックに対して詳しいわけではないですけど、まぁでもこのNo.9、第9ですよね、有名な交響曲第9番、まあ交響曲もそうですし、ピアノのものもそうだったりバイオリンのものもそうだったりとか、意外と昔から好きで気に入ったアルバムも何枚か持っているんですけど。
まぁ、ベートーベン、いろんな曲があるんでね、もう・・何か、どんな曲がこの舞台で使われたりとか、どういう時代設定なのかとか、まあその辺も詳しくまだ僕は分からないので・・台本もまだ上がっていない時点なのでね、ホント自分自身まだ未知の世界なんで・・ただまぁNo.9っていうだけあって、きっとあの交響曲の第9番がテーマになってくるのかなと思うと、ベートーベンのわりかし後期ですね、うん、まぁ皆さんも楽しみにしてくださっていると思うので、ちょっとまだ先にはなるんですけど、10月からまた今年も舞台やりますので、皆さん是非楽しみにしててください。

penテレビ誌によると、ポスター撮影までの間髪型について随分話し合ったという事なので、衣装ともどもとても楽しみです。
是非伸ばしてもらいたい・・・そうすれば「ごろちゃん髪の毛伸びたね」「はい、舞台でベートーベンをやります」って、舞台をやっているアピールになるじゃないですか。
ついでに金田一耕助シリーズの新作も撮っちゃえばいい!
まずは、いったいどんな感じの作品になるのか・・少しずつ話してくれるのでしょうか。10月までいろいろ楽しみです。
まずは、チケットですが!

loveletter銀色夏生さんが出演されたゴロウ・デラックスを拝見させていただきました。学生の時から時折その詩には触れていましたが、初めてテレビで拝見しました。短い時間の中でたくさんお話してくださって嬉しかったです。まさかのご本人の朗読には、気が付くと涙が出ていました。今、夢に向かって頑張っている娘に、この詩集を贈ろうと思います。吾郎さんの朗読も素敵でした。小説ももちろんですが、詩は一語一句に作者の思いが詰まっている気がします。
あの~そうですね、銀色夏生さん、ゴロウ・デラックスに出演していただいて。
僕も凄く世代ですかね、中学生から高校生くらいの時に凄く好きで読んでいたので嬉しかったですね。ご本人の人柄も凄くユニークな方で、う~ん・・・結構変わっているお方なのかなって、いい意味でね、ホントにユニークな方で。
でも何か嬉しいですよね、中学生高校生くらいの時に自分が愛読していた作者とお会いできるっていうのは・・・その頃の自分からしてみればビックリですもんね。
何か、モノクロームの写真が好きになったのとかも多分、銀色夏生さんがきっかけだったのかなぁっていう、何かそんな気もしますけれども。
でもこのSさんね、娘さんにこの詩集を贈るっていうの凄くいいお話ですね。
多分、大人になってから読むよりも、娘さんおいくつなのか分からないですけれども、小さい頃、子供の頃にそういった小説だったり詩を読んだりする・・その時の影響力はホントに大きいですし一生の思い出にもなるしね。何か凄く娘さんにとって大きなきっかけにもなるかもしれませんので、そうやって語り継いでいくっていうのも素敵な事だと思うので・・早く娘さんにこの詩集を読んでいただきたいですよね。

pen「銀色夏生さん出演のゴロウ・デラックスをきっかけに、昔愛読書だった夏生さんの詩集を娘さんに贈ろうと思った」というお便りも凄く素敵でした。
そして、いつもの事ですがモノクロームと言う吾郎が震えるほど好きheart
こういう番組を持っている吾郎、観る事のできる私たちもとても幸せだと思った。
ゴロウ・デラックスから発展した「群像」の対談ですが、東京新聞TOKYO Webの文芸時評にこの対談について嬉しい事が書かれています→TOKYO Web

SMAPメンバーのブログについて、奥さんや子供から何と呼ばれたい?匂いフェチ、きれい好き、そして再び舞台の話・・・は「続きを読む」からどうぞ。

musicSUMMER GATE

【メンバーとの時間】
loveletter慎吾くんと剛くんの舞台「burst!」を観劇に行かれた時に、楽屋で剛くん慎吾くんと一緒に慎吾くんのブログに載せる写真に吾郎さんも入って3人で写真を撮っていましたね。その写真がとても素敵で微笑ましかったです。吾郎さんは慎吾くんのブログを読まれた事ありますか?そしてその写真を見ましたか?
そうですね、何か楽屋で写真を撮ろうって言われて撮ったので、何かブログに使うと思っていなかったのですけれども(笑)。あ、でも何かブログ用に何か撮りたいって言ってたかな。うん、それで何かこの写真使っていい?みたいな事言われて何かプライベートの写真(笑)・・・何か帽子被ってて何かあの~(笑)テレビ出る時みたいな・・僕も雰囲気ではなかったので、私服にラフな格好に帽子被ってたんで(笑)メガネして。だからちょっとそれがブログに載るの何か少しこっぱずかしいような気もしましたけれども。まぁでもファンの方がプライベートな写真というのは喜んでいただけるのかなと思いましたし、何か飾ってない3人の写真もいいのかなって思って。ねぇ、載っけてもらったんですけど。
最近、草彅くんの方も何かブログとかやってるみたいなんですけど、見たことないんですよね。でも何か簡単に見れるものですからね、今度見てみましょうかね。
あんまり芸能人・・まぁ慎吾くんと剛くんはメンバーですから、芸能人のブログって僕あまり読んだ事ないのでね。でもそこから何か今の僕でも知らないような二人の発見とかあるかもしれないですしね、う~ん。
でもこないだ草彅くんにも写真を使っていいかっていう風に聞かれましたからね。多分それはUSJに行った時に草彅くんが何か写真を撮ってて、僕の。それが何か一緒に彼と写ってて、何かそれをブログに掲載したいっていう風に何か言われて許可を求められたんですけど。意外と何か・・載せていいか気にしてくれるんですね、皆さん、ね。多分、凄くこの写真嫌だとか、これ載っけられたくないとか、僕すっごい神経質に気にするときっと思われてるのかなとも思いますし、まぁ、その通りでもあるんですけれど(笑)。まぁでも全然、あの・・載っけてくれて・・二人だったら構わないんですけど。
まぁまぁ何はともあれ、ちょっとメンバーがやっているブログね、僕も見てみましょうかね。

pen剛くんのはブログではなくてテレビ誌と女性誌の連載の事ですよね。
USJに行ったときの写真って、楽しそう(笑)。
ファンの人が喜びそう」ってそこまでおっしゃるのならですよ、吾郎さん、吾郎さんがブログ書いてくださいsign03ファンは大喜びですup

loveletter中居くんのラジオで子供や奥さんに何と呼ばれたいの質問に、中居くんは「ヒロちゃんもいいけど、恥ずかしい。お父さんじゃなくて、父さん」って言っていました。吾郎さんなら何と呼ばれたいですか?
どうでしょうね。子供や奥さんがいたら・・お父さんって言われるでしょうね。でも、恥ずかしいですよね。何かもう20代とか30代くらいに結婚とかしてたら逆に普通なのかもしれないですけど、逆にこの年齢になってお父さんって言われると、何か一気に歳をとる感じがしますね、自分の中で。ちょっとこっぱずかしい感じはしますけれども。うん・・どうなんでしょうね、これって。誰が決めるんでしょうね、こういうのって。やっぱり奥さんが呼ぶんですかね。そういうのっていうのは。いつ、何がきっかけで、こういう呼び方が決まるのかなぁっとかね。子供が親に対する呼び方もそうですけど。意外とそういう事に対してはあまり・・僕は無知なんですけど、どうなんでしょうかね。そんな時が来るんでしょうか。

【吾郎の自由時間】
loveletter私は本の印刷の匂いフェチなんです。特にファッション雑誌のカラーページはワンランク上のインクの匂いがしてスペシャルです。パラパラっとめくってはクンクンと嗅いでしまいます。本の香りって気分が落ち着きませんか?本屋さんでそのインクの香りを嗅ぐとついもよおしてしまうという事も聞いた事ありますが、いろいろな研究がなされていて実際に関係性があるみたいです。吾郎さんのフェチは何ですか?
へぇ~インクの・・本の香りはトイレ行きたくなるって凄いですね、初めて聞きました。何か関係性があるっていうのがね・・あるんでしょうね、インクの香りなんでしょうかね。へぇ~、じゃ本屋で働いていたら大変ですよね。ふふん。
僕も本の匂い好きですよ。やっぱりカラーページの香りっていいですよね、確かに。文庫本とか単行本とか、ね、あの活版ページの香りと違うカラーページの、あの昔で言うと図鑑とかの香りが良かったですね。うん、結構僕も好きですね。本の香りって。
結構立派な本の香りっていいですね、写真集とかね、う~ん。ファッション雑誌のね、そう赤文字系とかああいう女性ファッション誌って結構カラー写真が多いですものね。あの香りもいいですよね。何でしょうね、あれって、ねぇ。でも僕も結構好きかもしれない。
子供の頃はね、東武東上線の・・何かディーゼルの車両の匂いが好きでしたね。まだディーゼルの車両のあった時代なんですけどね。う~ん・・東武東上線に乗ると、あの~おばあちゃんが下赤塚とか、分かりますかね、成増とか、練馬区とかあの辺に住んでいたんでね。よく東武東上線に乗ったんですけど。あのディーゼルの香りって何か好きでしたね。う~ん、ちょっとそれも変わってると思うんですけどね。ガソリンの香りとかね、ありますよね。
不思議ですよね、何がそれを好きになるのかってね。
香水とかでも、よくちょっとこう・・本の香りとか、ちょっと古本の香りとかってありますよね、そういう成分の入ってる香水とか。お香の香りと近いかと思うんですけどね。何でしょうね、何か気分が落ち着くって分かるような気がしますけれども。

pen本屋でトイレにいきたくなる~というのは、確か特命リサーチか何かで検証されていたような気がするんですが(笑)、吾郎が絡んでいない調査だったらきっと知らないですね。
「写真集」という単語が出ました!一番欲しいのは吾郎さんの写真集ですheart

loveletterキスマイの二階堂くんはキレイなお部屋を見るとテンションがアップするそうです。そして自分の家がキレイじゃないと落ち着かないほどきれい好きな一面があるそうです。それで、吾郎さんの家はどれくらいの頻度でお掃除されていますか?何かキレイじゃないと落ち着かないという事ありますか?
うん、これはもう僕も二階堂くんと一緒ですね。何か部屋は凄くキレイにしたいですね。やっぱりどれだけ時間がなくても片付けてから出かけたいですね。帰ってきた時に汚いとすごく嫌ですよね。やっぱり理想はホテルの部屋みたいなのがいいので、ベッドメイキングとかもちゃんとしますし。
子供の頃はそんなにきれい好きではなかったんですけど、やっぱり大人になってから知り合うまわりの友達とか、環境がそうさせたんでしょうかね。一度キレイにすると汚くなると落ち着かなくなってしまうのでね。車の中なんかも、わりかしキレイな方が好きですね。
何か、汚くてもいいものは汚くてもいいんですけどね。キレイじゃなきゃ嫌なものはキレイじゃなきゃ嫌、極端なんですね僕の中で。そうですね、でも、まぁ・・とってもいい事だと思うのでこれは・・でも逆に部屋が汚くないと落ち着かない人もいますし、まぁいろんな人がいると思うんですけど。まぁまぁ、でも僕もホントに掃除は好きですね。やっぱりきれい好きなんで。
午前中とか朝とか掃除してる事多いですね。何かキレイ~にしてると心もキレイになってくるというか・・・
うん、すごく・・・キスマイの二階堂くんね、20代にしていい感覚なんじゃないのかな、って気がしますけどね、そういうきれい好きな雰囲気には見えないですけどね、でも意外と人は見かけによらない(笑)というか、きれい好きなんですね。

musicSweet Summer Surfing Season

【五六二三】
loveletter舞台「No.9不滅の旋律」の発表に大興奮です。
共演される大島優子さん、意外にも初舞台だそうです。何度も舞台に立たれている吾郎さんから何かアドバイスされるとしたらどんな事なんでしょうか。また、初共演となるわけですが、そういった時は相手の今までの作品を見たりして、吾郎さん的に何か予習みたいな事をされるんですか?
はい、おかげ様で今年も10月に舞台をやらせてもらう事になったんですけど、共演が大島優子さん。凄い楽しみですね。うん、ベートーベンなんですけど、その作品、ベートーベンという作品に大島優子さんというのも何か全く想像がつかないですし、舞台でのお芝居の大島優子さんて全く僕も想像がつかないんですけど。
でも初舞台でご一緒させていただけるっていうのは非常に光栄な事ですよね。やっぱり初舞台って、ホントに一生忘れられないものですから。
うん、でもアドバイスというか・・大島さんもホントにプロの女優さんですし、舞台に関してはAKB48さんとして舞台に立たれている方だしね、やっぱり舞台出身じゃないですか、AKBの皆さんも・・そういった意味では舞台に立つっていうもの・・感覚って言うのかな、お客さんとの・・全然思うようにやっていただきたいなと思うし、あまり僕は先輩だから年上だからと言って、あまり後輩の方とかにアドバイスするようなタイプではないので。もちろん聞かれたらね、答えますけれども。う~ん、凄くね何かやってくれるんじゃないでしょうかね。凄い僕も期待していますし、歌手としての大島さんしか共演した事がないので、でもね草彅くんとか木村くんとかはね、お芝居でも共演してると思いますし、すごく・・多分ね凄く女優がやりたい方だと思うので、やっぱり女優がやりたいっていう事は舞台もやりたいんだと思うし、きっと何かいい思い出を作っていくことができるんじゃないかなって思いますね。
はい、楽しみにしています。皆さんも楽しみにしててください。

pen嬉しい事に舞台「No.9不滅の旋律」についてのお便り、ふたたび。
吾郎はいつも「僕は先輩だから年上だからと言って、あまり後輩の方とかにアドバイスするようなタイプではないので」というスタンスですね。事務所の後輩でも一人の俳優として接する感じ。初舞台でご一緒させていただく事を光栄と思うって・・・いつも謙虚。
そして、いよいよキャストが発表になりましたね(右上のバナーからサイトへ飛べます)。
実力派で固める本格的舞台、いまから楽しみで楽しみでしかたありませんsign01

music愛や恋や

house番組HP
稲垣吾郎のSTOP THE SMAP

mailto便りの宛先

〒105-8002 文化放送「稲垣吾郎のSTOP THE SMAP」
メールアドレス smap@joqr.net

bellお願いsign01
*ストスマへのお便りは、SMAP関係のいろいろな部署のスタッフさんが目を通してくださるそうです。
吾郎さんやSMAPのお仕事についての要望などは仲間内やTwitterなどで呟いているだけでは伝わりません。
各TV局などへの要望と共にストスマにも送って、ラジオで読んでもらえなくてもファンの熱い気持ちを吾郎さんやスタッフの方に伝える事は大切だと聞きました。
TV 関係の仕事をしている方に言わせると、とにかく吾郎ファンは(舞台などは観に行くのに)応援の行動を起こさないので有名だそうです。今は芸能界で仕事をし ていくにも本当に大変な時代だそうですので、ファンの応援はとても大切との事、せっかく稲垣吾郎のストスマがあるのですから、これを大いに利用したら、と 思いました。
どうぞよろしくお願いします<m(__)m>

*【これも大切!】
各方面に要望を伝えても事務所のOKがないと難しいようですので、同時に事務所にもどんどん要望を送った方が良いようです。
ジャニーズファミリークラブ宛て(宛先はHPに)
名前・電話番号・住所・(会員番号~入会している場合)
ご意見・ご要望

*【新規提案!!】bell
「群像」で小野さんが「すごく面白いのに本になってないなんてもったいないですよ」っておっしゃってくださったので、これを機会にananシネマナビの書籍化をお願いしてみませんか?
・anan編集部宛てにお願いのはがきを
・ジャニーズファミリークラブにも要望を
・ストスマの吾郎さんにも「読まれる読まれない」は別にして気持ちを届けてみませんか?

*吾郎さんの過去作品を再び大きなスクリーンで観たいと思いませんか?
こちらからリクエストの票がたくさん集まると夢が叶います→ドリパス
DVDが発売されていれば、SPドラマでも可能だそうで、今「飛鳥へ、そしてまだ見ぬ子へ」
が「上映候補」に上がっています。
記事にも上げましたが、復活上映って贅沢で素敵な体験でしたので、是非多くの方がまた行ける機会があるといいなと思います。
これからも実現できるよう、「映画館で観たいワケ」も投稿して応援しませんか?

ただいま、「プライベートレッスン」が上映候補に挙がりました。
「さらば愛しのやくざ」「スーパースキャンダル」
「北極のナヌー」
「桜、ふたたびの加奈子」「笑の大学」「催眠」「十三人の刺客」など、次々にリクエストが出ています。
地方上映も可能だと思うので頑張りましょう。

「稲垣吾郎さんの映画を観たい!」という意思表示になると思うので、こういう機会はどんどん利用すべきだと思っています。
どうぞ、よろしくお願いいたします。

|

« SMAPXSMAP 6月29日 | トップページ | そうだ旅に行こう »

吾郎ラジオ」カテゴリの記事

コメント

舞台の話で盛り上がりましたね。髪型の質問あるとは思っていました。舞台まで3ヶ月。是非伸ばしてほしいです。ついでに、金田一もいいですよね。実現するかな。でも、間に合わなかったら、カツラかな?髪型よりも、吾郎さんの舞台の意気込みですよ。クラシック大好きなら、ベートーベンのことを研究しつくして演じてくださるのかしら。記者会見で、髪型のインタビューだけで終わらないことを願ってます。
舞台が初めての大島優子さんとの共演も気になりますよね。そうですよね。AKBとしても舞台に立つ、という吾郎さん、とても優しいですよね。初めてなんだから、という上から目線をしないなんて本当に素敵です。ストスマを聞けば聞くほど、吾郎さんの優しさが伝わってきます。
もうすぐチケット販売。楽しみですよね。

投稿: ルー | 2015年7月 3日 (金) 18時36分

chairルーさま
コメントありがとうございます。
舞台の話が出ると嬉しいですね。
時代も国も全く違うし実在の人物なので、ビジュアル的にもどんな感じになるのかはとても興味があります。
そしてベートーベンの曲がどういう風に使われるのか楽しみです。
全キャストも発表になって、ますます期待が高まりますね。
>記者会見で、髪型のインタビューだけで終わらないことを願ってます。
・・・確かにそれは心配です。吾郎さんも優しくてサービスいいから受ける話題には乗ってしまいますものね。
TBSなので、王様のブランチや深夜の番宣もあるといいなぁ。
そういうのも楽しみです。
ストスマを聞いていると、本当に吾郎さんの礼儀正しさとか優しさが伝わってきて、毎週毎週好きになって困ります!

clip明日から、イープラスの抽選のプレオーダーも始まりますね。

投稿: サイトー | 2015年7月 3日 (金) 23時24分

サイトーさん、レポありがとうございます。舞台の話が沢山出て、吾郎ちゃんも私達ファンが舞台を楽しみに待っているのをよくわかってくれているのが嬉しいですね!共演者が発表され、ますます妄想が膨らみますね♪大島優子さんはAkBのころから好きだし、役者としてもいいものを持っている方だと思うので、吾郎ちゃんと並んだ画は華やかで美しいのではないでしょうか。「とても女優をやりたいから舞台をやりたいと思う」演じること、舞台をこよなく愛する吾郎ちゃんならではの素敵なエールだと思います♪
銀色夏生さんのゴロデラ見たばかりで、放送もとても楽しかったですね!銀色夏生さんは作詞家として知ったのが最初で、直感でずっと女性だと思ってました。ご本人の朗読された詩は吾郎ちゃんに向けたものに私も感じました。娘さんに本を贈るお便り、素敵でしたね!その思いに答えてくれる吾郎ちゃんの優しさが大好きです!
2日のACT倶楽部会員先行発売は会員登録が間に合わす、3日の先行予約は仕事で無理でしたが、明日はイープラス先行ガンバってから出勤します!チケット絶対手にすることが出来ると信じています。舞台で演じる吾郎ちゃんを愛する心からのファンにチケットがちゃんと届きますように!!

投稿: としこ | 2015年7月 4日 (土) 01時35分

chairとしこさま
コメントありがとうございます。
私たちファンが舞台を楽しみに待っているのを分かってくれているのが本当に嬉しいですね。
年に1回、生の吾郎さんに会えるなんて~最高です。
共演者がなかなか発表されなかったのは、吾郎さんについてはファンクラブの優先チケットが無い事を配慮してくれたのかと思いました。
共演者の方々のお名前を見ると、また現実に一歩近づいた感じがして嬉しいです。
いったい、どんな舞台になるんでしょうね。
今日はPCのHD整理をしていたら、VIF以降の舞台のWS映像が残っていてかたっぱしから見てしまいました。
WSでは舞台のほんの一部の映像しか流れませんが、これを見るだけで次々と舞台のシーンがよみがえってきて、生で観る舞台って映像よりもハッキリと記憶に焼き付くのではないかと思いました。
舞台の吾郎さんの映像を見て、ますます期待が膨らみました。
今回は劇場は大きいですが期間が短く、また熱いファンが付いている共演者の方も多いので、ますますチケットが取りにくくなりそうですね。
赤坂ACT倶楽部は、舞台の詳細が分かってすぐに入会しましたが、結局入会金と年会費を払ったのに(笑)電話は通じませんでした。ただ、翌日の一般の方が比較的早く繋がったので、かろうじて1回分はチケットを確保できて一安心しました。
としこさん、希望の日にチケットが無事取れますように。

投稿: サイトー | 2015年7月 4日 (土) 22時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« SMAPXSMAP 6月29日 | トップページ | そうだ旅に行こう »