« 「No.9-不滅の旋律」東京千秋楽 | トップページ | STOP THE SMAP 10月30日(BSS山陰放送) »

2015年10月30日 (金)

ゴロウ・デラックス 10月29日

dramaお髭の吾郎さんsign03
素敵すてき素敵すてき素敵heart02
お肌がつやつや、ライトグレーのスーツに同色のネクタイ、襟だけ白いライトグレーのワイシャツ・白いポケットチーフ・・・
あくまでも爽やかな装いにお髭。
色っぽいやら渋いやらドキドキするやら・・・
気になって気になってあまり内容が入ってこない30分でした。
今日は録画を観ながらゆっくりと。

chair今週のゲストは星野源さん。
俳優として音楽家として文筆家として活躍。
普通だと「誰でも知ってるヒット作」の紹介をしがちだけど、限られた人しか観られない初期の舞台の映像が多くて、さすがゴロデラクオリティ。wowow提供の文字が羨ましかった・・・
ゴロウ・デラックスのスタッフは、ゲストについていつも事前準備がしっかりしている。
MCもきちんと本を読み込んでくる。だから無理矢理自分たちの都合の良い方向へ話しを進めなくてもゲストの方の話についていき対処する自信があるのではないかな、と思う。
番組がいかにゲストと「ゴロウ・デラックス」という番組を大切にしているか、しっかり伝わってくるのが心地よい。

小さい頃は活発だったのに小学校の頃から少し暗い子へ。
中学生の時誘われて演劇を始め、高校生の時に観た「マシーン日記」に衝撃を受けた。
松尾スズキさんの舞台の虜になり、22才で「大人計画」に所属。
宮藤官九郎さんのドラマや舞台にも多数出演。

宮藤さんの話をする星野さんと吾郎。
たくさんの仕事を次々こなす宮藤さんについて、「早いんですよね、仕事」「楽しいんだろうね、きっと」と、吾郎。
穏やかな顔で、うん~~うん~~と相づちを打つ吾郎。
一番大変だったのは精子の役だったそうで、すかさず吾郎「ずいぶん小っちゃいですね」と(笑)。
吾郎の視点って独自で面白い。場を楽しくする笑いは必要だと分かっているけれど、決して受け狙いではなくて。

*ゴロウ・デラックスでは宮藤さんに星野源さんに関するアンケートを取材
・星野源さんを一言で言い表すならば~「裸」
・角度によって安藤美姫さんに見える
・うまい棒を1秒以内で食べられる

そこで番組側で用意したのはうまい棒コーンポタージュ味(笑)。
1秒で食べるには、うまい某を素早く口に突っ込み手のひらでギュッと押し込める。
「怪我するから~」と心配する星野さん。
ヨーイドン!で袋を開けて口に突っ込む3人。
一番外山さんが素早く本気でチャレンジしてたみたい。

book今夜の課題図書:「働く男」
*歌う男
星野さんの手書きの歌詞もかかれている。
中学生になってギターを弾き始めだんだんと歌をつくるようになった。
歌手としてのデビューは細野晴臣さんとの出会い。
*書く男
現在6冊の本を出している。
*2003年俳優デビュー
くも膜下出血になり、人生の考え方が変わった。

slate本日の名場面をプレイバック
さすがゴロデラ、ファンの事もちゃんと考えてくれてます。
うまい棒を1秒で食べる挑戦をプレイバック!
この名言が生まれました。
「入るわけないじゃん、奥まで」

|

« 「No.9-不滅の旋律」東京千秋楽 | トップページ | STOP THE SMAP 10月30日(BSS山陰放送) »

ゴロウ・デラックス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「No.9-不滅の旋律」東京千秋楽 | トップページ | STOP THE SMAP 10月30日(BSS山陰放送) »