« STOP THE SMAP 11月5日 | トップページ | 「君の話も聞かせて」~ラジオレポ »

2015年11月 8日 (日)

ゴロウ・デラックス 11月5日

舞台の時は、時々写真集などの予習が楽な本を入れ込んでくれる優しいスタッフさん。
「何か今日、楽屋にお弁当入っていなかったよね」
・・・吾郎らしくない言葉~と思ったら、何と今週はグルメ本が課題図書。

book今週の課題図書:「芸能界のグルメ王が世界に薦める!最強の100皿」渡部建
この店に行ったら、これを食べたら良いというお薦めの品を紹介。
今回は読むだけでなく、食べに行くという素敵な企画。
”グルメうんちく王渡部が分かるまで教える最強の一皿ツアー”

bottle六本木「鯛良」
大将おまかせ特選コース 10品18000円

店に速攻入ろうとする吾郎を制止して「手ぶらですか?」と渡部さん。
美味しいものを食べるためには手土産が必要なんですって。
(そんなもので、区別されるような店には行かなくていいわ・・・)
「こっちがお客さんじゃないですか」と言う吾郎に同感。

お寿司の頼み方にも蘊蓄を語る渡部さん。
吾郎「面倒くさい」・・・確かに(笑)。
まあ、本に沿って~なんだから仕方ない。
確かに、いちいち写メるのはイライラするかもしれないけど、食べたい時に食べるのが一番美味しいと思う。
「ちょっと写真撮ろう」とかいう小芝居は楽しかったけどheart04
お寿司は出来た瞬間から劣化する食べものだから、出されたら職人さんと手がぶつかってもすぐに食べるべし!
・・・これを守って、大将が出したと同時に猫のように絡め取って口に入れた吾郎が可愛すぎて、ここは激リピートシーン。

wine西麻布「マルゴットエバッチャーレ」
人目に付かず個室に入れる店、トリュフを買って削り放題。
木箱に入った白トリュフ、大きいのは1個3万5千円だそうで10個くらい入っていたかしら、
「これ、全部買えるじゃん」とむかつき御曹司ぶりを発揮。
ゴロデラとしては、白トリュフと黒トリュフをお買い上げ。
ワイングラスに入れて出される榛原牛のコンソメ、岩中豚のロースとにトリュフをスライスして食す・・・
美味しいワインに夢中になって仕事を忘れる外山さんを面白そうに見る吾郎(笑)。
「仕事してる?」
「ゲストに来た女優くらいのポジションじゃない?」
「番宣に来た喋らなくていい女優さん・・・」

お寿司を食べては美味しいと顔見合わせ、食べるのに夢中になっているのを楽しそうに笑い、本当に仲の良い兄妹みたいで見ていて心が温かくなる。
山田くんをちょっと弄りながらも弟みたいにかわいがっているし、ゴロデラチームいいですね。

beer茅場町「ニューカヤバ
大人のゲームセンターと呼ばれている立ち飲み酒場。
昭和39年からサラリーマンに愛され続けている店。
お酒は自動販売機、料理も現金と引き替え、焼き鳥は自分で焼く。
別にことさら気取ってみせる訳ではないけれど、こういう店に来るとたちまちぎこちない吾郎(笑)。
でも消しゴムハンコの作品を持ってきた山田くんに「ロケバスで作ってたもんね」とちゃんと言って、自分で焼いたつくねを差し出す優しい吾郎さんでした。

|

« STOP THE SMAP 11月5日 | トップページ | 「君の話も聞かせて」~ラジオレポ »

ゴロウ・デラックス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« STOP THE SMAP 11月5日 | トップページ | 「君の話も聞かせて」~ラジオレポ »