« 「No.9-不滅の旋律」大阪千秋楽 | トップページ | STOP THE SMAP 11月5日 »

2015年11月 5日 (木)

anan No.1978

bookanan「観るといい映画」について話そう。稲垣吾郎X香取慎吾

表紙・グラビア凄くいい。ついでに先週号の予告写真も!
吾郎と慎吾~途端にヨーロッパのお洒落な香り、年齢国籍不詳な感じ。
スタイル抜群の二人、お揃いの白いタートルネックのインナーにそれぞれのスーツ、すっごくいい。
二人とも着崩したりせずきちんと着て姿勢を正して。
 *この先は吾郎について語らせてもらいます。

この短い丈のジャケット・・・これは吾郎の腰の細さがないと着こなせないだろうな・・とか。
ニットのカジュアルな方も大好き。
慎吾の帽子と吾郎のマフラー。
マフラーに手を当てて横向きの吾郎、ものすごく好き。顎のラインが最高。
一人が前にいる写真、左手を顎に添えている吾郎も好き。
結局いつもの事だけど、全部好きだsign03

【僕の好きな映画・彼の好きな映画】
吾郎:「僕はいたって普通に映画が好きなだけ」

映画と言えば「E.T.」や「ゴーストバスターズ」などを観に行く”家族の休日”から始まって、15歳の時に初めてデートで「星の王子ニューヨークへ行く」を観た~という微笑ましく幸せな少年時代。
17歳頃から年上の友人の影響でフランスやイタリアなどヨーロッパの作品に魅了されていったそう。音楽、ファッション、クラシックカーなど、多感な頃に触れた映画から自身の価値観に影響を受けた・・・なるほど。
一度自分の中に取り入れた感性に従っているから、人真似ではなく一貫した好みがあるんだな~と思った。
「僕はいたって普通に映画が好きだ」と言い張る吾郎(笑)。
観た映画の数を自慢したり、マニアックな知識をひけらかしたりする訳ではなく、でも人とは違う視点からズバリと核心を突いたりするところが凄いなぁと思う。

その語り口は・・・の例えが素敵。

【ふたりで観たい映画。シネマナビ!スペシャル】
2ページ目からは本題?(笑)の[ギャラクシー街道」について。
吾郎の語り口が優しい。
”おもちゃ箱のような作品。宇宙にあるハンバーガーショップの話だけど、今の社会の縮図のような感じ。監督は人を見る目線に皮肉は入っているけれど結局は人間が好きなんだと思う。感動をしつこくアピールするよりも、感動させようとしていないからこそ感じさせるものがある。とってもチャーミングな映画。”
・・・こんな素敵な映画評、ありますか!?

【シネマナビ】
「1001グラム ハカリしれない愛のこと」
折り目正しい映像、淡々としていてブルーにこだわりのある映像世界・・・冷たい感じが思い浮かぶんだけど、吾郎のレビューはとことん温かい。
そして最後の一文。映画はこれが観られたら、いいよねと思った。

おまけbookTVガイド☆スマ新
稲垣吾郎「ボージョレ・ヌーヴォー完成への道」
フランスロケの可愛い吾郎がいっぱい!
ボージョレはちょっと・・・とか偉そうな事言いながら、ワイン好きにとってもこれは楽しみ。
いちいち状況をSMAPの曲の替え歌にして歌ったり、吾郎も頑張っているんですもの。
ちゃんと時間をとって放送してくださいね!

|

« 「No.9-不滅の旋律」大阪千秋楽 | トップページ | STOP THE SMAP 11月5日 »

Goro」カテゴリの記事

映画一般 」カテゴリの記事

雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「No.9-不滅の旋律」大阪千秋楽 | トップページ | STOP THE SMAP 11月5日 »