« 2015年11月 | トップページ | 2016年1月 »

2015年12月

2015年12月29日 (火)

エンタステージアワード2015

bellエンタステージアワード2015 の投票結果が発表になりました。

ストレートプレイ最優秀作品賞第1位に「No.9-不滅の旋律-」

最優秀女優賞3位には大島優子さん
演出家賞3位には白井晃さん

これは本当に嬉しいです。
投票で決める賞ですから、いかにファンが頑張ったという現れでもあると思うのですが。
吾郎主演の「No.9-不滅の旋律-」が2015年に上演された全てのストレートプレイの中で1位というのは凄い事だと思います。
舞台を観た人なら、吾郎あっての舞台だと思った方も多いと思いますし。
とにかくおめでとうsign01おめでとうsign03おめでとうございます~heart04

pencilこちらは31日が締め切り、まだの方は是非!
2015年に上演された演劇について個人が投票できる賞です。
是非、「No.9-不滅の旋律-」関係へ投票をsign03

*wowow「勝手に演劇大賞2015~投票はこちらから・・・12月31日締め切り

| | コメント (0)

2015年12月28日 (月)

恋と音楽 FINAL

稲垣吾郎主演のミュージカル・シリーズ『恋と音楽』の第3弾が2月に上演決定!

詳細はこちら→PARCO STAGE

「No.9-不滅の旋律-」が終わって3ヶ月で次の舞台・・・なんて素晴らしいheart
第1弾でミュージカル作家、第2弾でマネージャー、そして今回はミュージカルスター。
パルコ劇場は今の建物が取り壊しになるのもあって「FINAL」なんでしょうか。
潔いところがあのチームらしいとも思ってしまうけれど、今から寂しい。

こちらの舞台も日本のトップミュージシャンで作られたバンドが奏でる素晴らしい生演奏。
吾郎の舞台って、本当に贅沢だなぁと思います。

少しだけストーリーなども紹介してあるのはこちら→シアターガイド

| | コメント (2)

2015年12月26日 (土)

STOP THE SMAP 12月24日

loveletter吾郎さんは家の大掃除をする時はどこから始めますか?
大掃除はね・・・しないんですよ。
あの毎日結構ちゃんと掃除してるから、大掃除をしなきゃいけない状況にならない。マメに掃除をしているので。
はい、意外とキレイ好きな吾郎さんなんです。

pen参りました!確かにその通りでございます・・・

【SMAPな時間】
loveletterFNS歌謡祭、最高にかっこよかったです。後輩ジャニーズさんたちとはお話できましたか?今年は裏で中居くんの番組があったのでコラボはなかったですね。待ち時間は控え室にいたんですか?当日の話を聞かせてください。
そうですね、今年はオーラスだけだったので何かあんまり参加した感がなかったんですけど・・・そうか、中居くんの裏番組があったんですね。知らなかったですねぇ。そっかそっか・・言われてみればそうか。
ねぇ、参加したいなぁと思ってたんですけど、そうですね、何か浜崎あゆみさんは見ましたけどね、僕らの前だったのでね。あゆも元気だなぁと思いながら、結構ねぇ、久々だなぁと思いながら・・・ミュージックステーションでも浜崎さん、一緒でしたね。
後輩ジャニーズの方は・・・何か最後ちょっとすれ違いみたいな感じだったので、挨拶しましたけどね、全員とは会ってませんけども・・・う~ん、そうですね、KinKi Kidsとか会った気がしますけれども。
僕らちょうどこの日は5人でちょっと違う仕事とかが夕方にあったので・・・一応細かい事言いますとお昼にFNS歌謡祭のリハーサルをやって、その後5人で一旦抜けて違う仕事をした後で、夜帰って来たというね、そういう形だったんですけど。
はい、一応SMAPのスケジュールの報告を・・・という事でご満足して頂けたでしょうか?

musicOtherside

【メンバーとの時間】
loveletterメンバーに、フランスのロケに行った時にお土産を渡していたと知り、スマスマでは放送されなかったので、どんなお土産を渡したのか気になりました。
そうなんですよね、う~ん。フランスの・・・パリでお土産を買って帰ったんですけど。もうずいぶん前の話にはなるんですけど、8月の末だったので。
え~とね、木村くんのトリュフのオイル・・トリュフオイルとかトリュフの塩とか・・トリュフ専門店があって、その・・ちょっと料理に使えるようなものプレゼントして。
中居くんにはキャンドル・・・老舗のキャンドル屋さんがあって、フランスにはあるんですね。ちょっと可愛らしいピンクのキャンドルを買って。
で、香取くんには画材を買ったんですね。ルーブル美術館の向かいくらいにある川沿いにあるフランスの有名な画材屋さんで、ピカソとかゴッホとか昔の有名な画家の人達も使った画材みたいですよ。油絵の具とか画材を買っていきましたね。
草彅くんにはマグカップを買ったんですね。何かちょっとお洒落なセレクトショップみたいなのがあって、そこにあったマグカップ、お茶が好きだという事だったんで。
結構考えて買ったんですけどねぇ・・・だた、これオンエアされなかったって言うね・・・う~ん、ちょっとここで報告させて頂きました。

penこんな素敵なお土産買ってきたのにオンエアされないなんて~「あんなものを流す時間に・・・」っていうものが山ほどありますよね。もったいない。
それにしても、吾郎が一生懸命選んだ感じが素敵。
中居くんへピンクのキャンドルはヲチでしょうか。中居くんの反応が見たかったです。
・・・でも、やっぱり見たいから、改めてお願いしてこよう!!

musicTAKE OFF

【吾郎の自由時間】
loveletterお誕生日おめでとうございます。ストスマでお誕生日プレゼントの話、面白かったです。ラジオ聞きながら大爆笑でした。今年は何だったのか、また教えてください。
はい、そうですね。頂きました、今年も。(スタッフさんのヒソヒソ声と笑い声)
(笑)今年は・・・先ほど頂いたんですけど、パルメザンチーズをね、頂きまして。
懲りねぇな、って言う(笑)・・・
(スタッフさん笑い)
去年は生ハムでね、半年間くらいキッチンがず~っと動物の香りが・・獣臭がしていて。美味しかったんですけどね、生ハム自体は。やっぱ食べきれないですよね、原木は。1本は。
今年は本当に大~きなパルメザンチーズ。
あのビストロスマップとかで木村シェフとかが、そのパルメザンチーズをくりぬいてそこでパスタとかを作って「わ~スゴイheart04」とかゲストの方に言われてる、あの本当に大きなダルマのようなパルメザンチーズですね。
どうすんのかな、あれ。ねぇ!
ビクターさんは「パルメザンチーズはほとんど賞味期限も無くて長持ちするから今回は大丈夫です」とか言って。しかもね、結構ビクターの・・5人くらいで来たんですよね。渡しに来てくれたんですよ。このSTOP THE SMAP担当している一人だけだったらぁ、そこで突っ込み入れる事出来たんだけど、ビクターのちょっと偉い人もいたので、とりあえず「あっ。ありがとうございますっ!おぉ~去年生ハムだったけど今年はパルメザンチーズだ。あ~面白いし、ラジオで報告するよ」とか言っときましたけど
(スタッフさん笑い声)心の中では、
「懲りねぇな」って言う・・って思ってましたね。
(スタッフさん大笑い)
こんな事言っちゃいけないんですよぉ~人からプレゼント頂いているんだから。ねぇ、いい歳してさぁ、誕生日のプレゼントを頂いているのに、こんな事言っちゃいけないですけどね。
まぁ・・ラジオって本音を喋っていい番組ですからね。
でもねぇ、ちょっとイケるんじゃないかって、パルメザンチーズは。もちろん生ハムだってイケたわけですよ。ただ、巨大なパルメザンチーズあるんですけど・・・ネズミが発生するんじゃないかなって心配もありますけれども。
まぁ、でも。小分けにしてみんなにあげるかな。(笑)ウチに居候する高野さんとかも喜んでくれそうですし。
は~い。まぁまぁまぁまぁ生ハムほど半年間も放置されることはないと思うんですけれども。
はい。大切に使わせていただきます。

musicユーモアしちゃうよ

pen海外からのお土産話の後に「TAKE OFF」、ビクターさんのユーモアたっぷりのプレゼント話の後に「ユーモアしちゃうよ」をかけるなんて素晴らしい♪
スタッフさんもずっと笑ってて本当に楽しそう。
今年一番印象に残った出来事、吾郎の中での今年流行った言葉、今年を振り返って~は「続きを読む」からどうぞ。

続きを読む "STOP THE SMAP 12月24日"

| | コメント (4)

2015年12月24日 (木)

2015年さんま&SMAP

今年は”うらやむ人を実名初告白!憧れの人がスタジオに登場”ですって。
さんま&SMAPの楽しみなところは、衣装が豪華ビジュアルが素晴らしい。

diamond剛くんがうらやむ人とは・・・人気女性タレントに嫉妬
自分よりみんなにウケた食レポをした鈴木奈々さんに嫉妬。
自分の汗から天気までコントロールしてしまう美人モデル長谷川潤さんに生まれ変わりたい。それにしても剛くんの紹介VTR、もっとちゃんと代表作のドラマくらい紹介しないと。

cherry木村くんが憧れ続けるのはムツゴロウ王国の犬担当の石川さん。
少年時代、憧れすぎて真似して叱られたりしたこともあるというトム・ソーヤー。
あまりの王道の憧れ伝説に、つっこむ事もできないゲストの方々。そこで吾郎がハックルベリー役をした友達は、今何してるんだろうね、と言った途端、さんまさん始め各方面から一斉攻撃が。吾郎と剛の言う事を頭から否定しようとするいつものこの空気は感じ良くないなぁ。
中居くんがソッと隣で援護射撃「広げてるの!稲垣さん」。ありがとう。
まあ、ちゃんと説明したら「吾郎ちゃん、広がった」って、さんまさん言ってくれたけどね。

fishさんまさんは、浅田美代子さんに生まれ変わりたいそうだ。悪いけど全然面白くない。

spade中居くんは野球選手の大谷翔平さんに生まれ変わりたい、そして小林麻耶さんのハートの強さが本当に羨ましいそう。小林さんも、どう思われるか分かっていて自分のキャラを迷いなく貫き通しているところはスゴイと思う。可愛いと思うかは別として(笑)。

club慎吾の小学生の頃からのあこがれはジャッキー・チェン。でも今生まれ変わりたいのは、何をしても怒らない剛だという。ご自慢のクラシックカーにサインを落書きされて、4ヶ月経った今も気付いていないという剛。でもこういう事をしちゃうって事が理解できない。お金で買えないものもあるのに。

wineそして、吾郎。
VTR始まる前から「吾郎ちゃん、そっちなの?」って。「そっち」だったら、どうだって言うのよ!ここでも中居くんが「すっごく女の子、好きです」
VTRでの紹介で「18歳の時SMAPで最年少連ドラ初主演」「十三人の刺客では悪役として高い評価(毎日映画賞も)」「サービス精神旺盛で女性からも男性からも好かれる」
ロバート・パーカーに憧れているという事で、「ワイン騎士号」の事や、BGMにピアノソナタ月光が流れたり・・・そこは嬉しかった。
でも吾郎の扱いがそこで終わるはずがない・・・「第2のヒロくん=ジュエリー・ショップのしのぶさん」を紹介。
花火が大好きで、休みの日には全国の花火大会を観に行くという自由人のしのぶさんに生まれ変わりたいそうです。
しのぶさんの語る吾郎の魅力
「全体がすごい魅力的。中身も外見も素敵。1人の人としてスゴイと思っておつきあいさせて頂いている」
「これ、どういう事なの?」と問い詰められ「お友達ですよ」
「だいたい(みんなが)どん引きな感じ、自分でも分かってます」
作りすぎのVTRについても指摘。ヒロくんもしのぶくんも「人間愛」
まとめてみると~月に何度か食事・誕生日が同じなので一緒に祝う・プレゼントに貰った線香花火を2人でやった・2人ともしのぶさんの店のネックレスを持っている
・・・これのどこがキモくてヤバいのか。
アイドルばかりじゃない、最近はバンドとかお笑いまで腐女子相手のサービス過剰に、まんまと載せられキャーキャー言っているじゃないですか。
番組側の持って行き方で自分の考えまで左右される事をまずは恥ずかしいと思って欲しい。
吾郎が出る番組のためにVTR出演してくれる友達がいるって素敵じゃないですか?
どちらにしても、(ゲイが悪いと言っている訳では全く無いですが)ジャニーズ事務所に居て本当にゲイだったら、こんな企画事務所が許さないでしょ。

結局SMAPの4人は「うちらを誘ってくれなかったから、うちらは(吾郎の好みと)違うんだよ」なんて言い出す始末。
「ぶっちゃけ、ここにいる男性だったら誰を選ぶか」と問い詰められた結果、
「さんまさんかなheart01と即答する吾郎が素敵。

でも個人的意見として、こういうネタはもう乗らないで欲しい。
吾郎の毅然とした態度はすっごく素敵なんだけど、いつもひな壇の人達から観覧の人にまで大げさに否定されるような事、断ってもいいんじゃないかしらと思ってしまう。
何者にも左右されないフラットな考え方を素晴らしいと言ってくれる人も最近は増えたようですが、ヒステリックに否定する声の方が大きいし、すぐに内容をねじ曲げたネットニュースになってしまう・・・吾郎にとって良い事ないんじゃないかしらと心配になってしまいます。
吾郎だって、子供の頃から憧れの人いるじゃないですか、クリント・イーストウッドの真似してパパのジャケット着て渋く歩くチビ吾郎・・・なんて可愛いのにsign03

| | コメント (9)

2015年12月19日 (土)

ゴロウ・デラックス 12月17日

2015年最後のゲストは脚本家山田太一さん。

book今週の課題図書:「夕暮れの時間に」

「結構、難しい所もあったんですけれども、僕が読んでない本の話であったりとか。
すみません、勉強不足でした」

と、最初にお断りして反省する吾郎。どんな本の事が書いてあるのか気になった。

数々の名作を生み出してきた山田さんから、そのこだわりを伺う。

pencilこだわり・その1)日常を描く
*チャエフスキーの言葉「ある男が何故殺人を犯すかより、何故結婚するかのことの方にはるかに刺激的なドラマがある」に魅惑され、犯罪物は書くまいと思ったそうです。
日常の話ってつまらないと思われがちであるけれど、少し立ち入ると一人一人違う。
自分たちが生きている日常、細々した事を面白く書けば、それぞれ思い当たる事がある。
人間は生まれた時から違う、親も選べない、顔も選べない。
「稲垣さんみたいに綺麗ならいいけど」
人は選べないものだらけで生まれてきて育ってきているから、マイナスの世界を経験している人の方がより人間の「不条理」「不公平」が身にしみて、長い目で見ると味わい深い人生になる事が多い。

「ふぞろいの林檎たち」・・・学歴社会に苦しむ若者の日常を描いた青春群像劇

*結末まで想定して企画書を作るような書き方は絶対反対。
演じる役者さんが生き生きと演じられるように書いていくため途中で役が膨らんできたりするので最後まで決めてしまいたくない。

*既存のイメージを裏切る配役
「岸辺のアルバム」・・・不倫をする主婦の役に八千草薫さんをキャスティング。
暗い話なのでTVには向かないと最初は新聞小説だったのを途中でTBSからドラマ化の話があったそうです。さすがドラマのTBS!

81歳になられる山田さん、一緒に仕事をしてきた俳優さんたちが次々に亡くなってしまい、あの人がいないとこのキャラクターが書けないなと思う事が多い。
あて書きが多く、その人の声まで頭に入って書いているので・・・とおっしゃる。
山田:「稲垣さんも長生きしてください」
吾郎:「そういう風に思っていただけるような俳優になりたいですね。やっぱりまだ何年も先だと思うんですけど」

pencilこだわり・日常
健康のため、1日1時間歩く。
こたつで(すごく綺麗に整理整頓されている!)、原稿用紙に鉛筆で書く。
橋田壽賀子さんと同じ原稿用紙だそうです。

pencilこだわり・その2)オリジナル作品を書くこと
オリジナルでストーリーを書こうと思って脚本家になったのに、原作ばかり頼っているのは脚本家をバカにしているという事。
プロデューサーも作家であるべき。何でも作れる立場にあるのに。
脚本家のオリジナリティを尊重しないやり方はその業界がどんどん安っぽくなってしまう。
穏やかな方だけど、ここは強くおっしゃってました。

でも本当にそう思うので、久しぶりにがっつりとした意見が聞けて嬉しかった。
ドラマ制作の場に身を置いている吾郎の真剣な眼差しがいい。

是非、何気ない日常を描いた作品で吾郎が演じるところを見たい!
ドラマとしては推理物とか警察物(FBIとか科学捜査とか)が好きなんですけど、大好きな俳優には、そうでないドラマをじっくり演じるところを観るのが好きなので。

今年最後の放送にふさわしいゲストのお話、とても良かったです。
この振り幅の大きい・・・でも、どんなゲストが見えてもいつもフラットで同じ空気感のゴロウ・デラックス、とっても素敵な番組です。
ずっと続くよう、一言でも感想を送るのは続けていきたいと思います。

appleゴロウ・デラックスへご意見・ご感想はこちら

そうそう!あんなに気にしていたフラワーカンパニーズの武道館公演が今日でしたね。
吾郎からのお花も届いていたようです。良かったheart

| | コメント (2)

2015年12月18日 (金)

STOP THE SMAP 12月17日

loveletter昔からポストを覗くのが好きで郵便屋さんの音がするとウキウキするのですが、吾郎さんがウキウキする時って、どんな時ですか?
うん。郵便物は嬉しいですよね、僕も。ウチはマンションなんで宅配ボックスがあるので、宅配ボックスに物が入っていると割に結構嬉しいですよね。何かいろいろ通販で物を買ったりとか・・ねぇ、した時に。忘れている頃に届いたりとか。人からの頂き物だったりとか。
郵便物はねぇ、昔から嬉しいですよね。お手紙とか。

さぁ、今年もあっという間にクリスマスウィークです。夜の街はイルミネーションが綺麗です。
ねぇ、早いですよね~もう、ホントに・・・「早いですよね」しか言えない人間なんてつまらないですけど、まぁ今年は特に早かったですね、毎年同じ事言ってるんですけど。
クリスマス・ムードになるのが、年々早いですよね。
今年は一番最初にクリスマスが来るんだなぁと思ったのが、北九州で舞台やってる時にファンの方にプレゼントを頂いた物の中にトナカイのぬいぐるみがあって、ちょっと窓に飾っておいたんですけど・・ね。
いやぁ、でも11月20日前・・・だからもう11月の中旬くらいからクリスマスムードになりますからね。
もっとビックリするのが、11月後半くらいから、おせちの予約が始まるでしょ、スーパーとか行くと。あれはビックリしますよね。何でもかんでも先取りっていう 感じですしね・・・ちょっと寂しい気もしますけどね。1年があっという間に終わってしまうみたいな寂しい気分もありますけど、でもクリスマスムードってい うのは別に悪い事じゃないしね、何かちょっとウキウキはしますよね、確かにねロマンチックな感じとか。
 

さぁ、という事でですね、今週は冬に聞きたいSMAPの歌を特集します。
まずはこちらを聞いてください。

music友だちへ ~Say What You Will~

はい、この歌最近歌ってなかったですね。
エリック・クラプトン、独特ですよね、アップテンポでもないし ミディアムっていうんですかね・・・多分こういう曲って、SMAPこの曲しかないんじゃないかなぁ。クラプトンとこの曲のコラボレーションでっていうのを 一度やってみたいですよね。この曲作ってからお会いした事ないので、ちょっとそれはいつか実現させて頂きたいなっていうか、エリック・クラプトン withSMAPでこの”Say What You Will~”を歌ってみたいなっていう思いはずっとあるんですけど。
 

SMAPで「友だちへ ~Say What You Will~」でした。
冬に聞きたいSMAPの曲、続いてはこちらです。

music真冬のラブレター

これもあんまり歌わないよね~SMAPねぇ・・いい歌なんですけどね。多分、真冬のラブレターどういう歌?って5人に聞いたら答えられる人、半分くらいしか いない、僕は何となく口ずさめましたけど・・・あんまりやってない歌ですものね。これもね。でもこの季節にぴったりな曲だし、素敵な曲なので、またTVと かでもやる日も来るかもしれません。

【SMAPな時間】
loveletter今年も残すところあと僅かになりました。この時期気になるのはSMAPショップです。今年は何とSMAPショップ10周年の記念Year、僕は毎年390円のCDを楽しみにしています。
うん。これも早いですねぇ。また来ちゃったか、っていう。
ねぇ~でもこれ有り難いですよね、毎年毎年。とにかくこれ、凄い寒いですから、いつも。あの赤坂のビルの中。風強いですね、あの辺ね。何かビル街で。
遊び行くといっつも寒いなぁっ て思いながら、でもそれでも並んで下さる方がいて、何か申し訳ないような嬉しいような、うん・・・結構いろんな地方から来て頂く方が多いと思うので、まぁ まぁちょっと寒い季節で、また皆さんに並んで頂いちゃう事になるかもしれませんけれども、まぁでも店の中入ったら温かい気持ちになっていただきだいなって 思いますし、年末年始素敵な時間を過ごせるような手助けはできるようなグッズを皆さんに手にして貰えるんじゃないかなと思っております。

冬に聞いたいSMAPの歌、続いてはこちらで

music愛の灯~君とメリークリスマス

musicChristmas Night

はい、2曲続けてお聞きいただきました。Christmas Nightね。
これ、「愛の灯」って、これいい曲・・僕凄い好きなんですよね。ちょっとロマンチックでメルヘンチックすぎるのかな、もしかしたら。メンバーのみんなはどう 思ってるんだろう。ファンの方は凄い好きですよね、こういう曲は。北川悦吏子さんが作詞してくださって。こないだゴロウ・デラックスに北川さんゲストに来 た時にもこの話をしたんですけど。
ちょっと照れくさいのかな、メンバーもしかしたら、こういう曲をやるっていうのが。そんな気もしますけどね。で もこういう歌はずっと歌い続けたいですよね、SMAPとしても、まぁ自分で言うのもあれですけどアイドルグループとして(笑)こういう歌っていうのは常に 女性に向かって歌ってなきゃ、やっぱりやってられないのかなSMAPはと思いますし、凄い僕は好きですね、この曲は。ドラマの中でもやりましたものね、ク リスマスドラマSMAPの・・・この曲がテーマで使われてたり。コンサートのね、アンコールか最後の方のブロックで階段を降りながらみんなクリスマスカラーの赤いコートとか緑のジャケットとかを着ながらこの曲を歌って降りて行くっていうシーンが凄く印象的だったんですけども、僕は凄い好きな曲ですね。
この
「Christmas Night」の方も、ここまでストレートな冬のラブソングっていうのは、そうあるようで無いので・・・いいですね。

【五六二三】
loveletter私はアマチュアのオーケストラに入って毎年第九を演奏しています。第九は技術的にもかなり難しい箇所がたくさんあって自分が弾くことで精一杯になってしまう 事もあるのですが、今年はステージの上のオーケストラの仲間、ソリスト、合唱団と客席の方々と全てお互いに刺激を受けて共鳴し調和する音楽を楽しみたいと 思います。私は「不滅の旋律」の皆さんから頂いた感動を胸に演奏しています。
はい、ありがとうございます。お役に立てて。ねぇ、舞台きっと観に来 てくださったんでしょうね。この方は実際にアマチュアのオーケストラで演奏され・・・何をやっているんでしょうかねぇ。フルオーケストラなんで・・・第九 やっぱり難しいんですか?交響曲の中でも。プロの音楽家ではないので僕も何が技術的に難しいのか全然分からないんですけども、でも第九っていうのはとにかく、もうね、全て第4楽章まで考えるともういろんな表情見せる曲なんで、元々ベートーヴェンの交響曲全部そうですけど、特にこの第九っていうのはもう何か いろ~んなパターンがありますものね、曲の中での構成として、合唱があったりとか。合唱もいろいろですものね、ソロで歌ったりとか大勢で歌ったりとか。でも楽しそうですね、これね。
多分皆さんと調和する共鳴しあう楽しさっていうのはあるんでしょうね。僕なんか舞台やってるだけでも、それを感じたので。実際にオーケストラで、フルオーケストラでやってないので、多分これ第九のフルオーケストラをその中でやっていたら何か震えるものあるんでしょうね。 僕も第九のフルオーケストラでの演奏っていうのは多分聴いた事がないと思うので、年末は聴きたいですね。
「一万人の第九」とかもありますしね、佐渡さんがやられてる。もうやっぱり日本の年末年始の恒例行事ではありますけれども、でもやっぱりこの第九の持つ力は大きいので、舞台を終えて改めてフルオーケストラで第九全て第4楽章まで聴いてみたいなぁっていうのはありますね。
歌 での参加っていうのも面白いかもしれないですね。ただ僕そこまで歌詞をハッキリ憶えてないので(笑)ず~っと28公演やってたくせに多分歌詞に関しては完 璧に、どっちかっていうと指揮をする方だったんでね、完璧にドイツ語の歌詞が歌えるかっていうと実は妖しかったりするんで、まぁ合唱で参加するんだったら ちょっと練習しなくてはいけないんですけど。
まぁでも楽しそうですね、こういうのもね。機会があれば是非参加したり見にいったりしたいなと思っております。

musicそっときゅっと

pen今週は冬に聴きたいSMAP曲特集で、SMAPのラブソングをバックに吾郎のトークが入っていたり・・・とっても素敵でした。
いつも思うんだけど、吾郎の記憶力って凄い。頭の中、どうなっているんだろう・・・
舞台が終わって、毎週一つは「No.9」の話題が出るのも嬉しい。吾郎にとってもそれだけ印象深く大きなお仕事だったんだなと。
吾郎がドイツ語で歌う「歓喜の歌」を聴きたいんですけどsign03

mailto便りの宛先

〒105-8002 文化放送「稲垣吾郎のSTOP THE SMAP」
メールアドレス smap@joqr.net

bellNEWsign032015年に上演された演劇について個人が投票できる賞です。
是非、「No.9-不滅の旋律-」関係へ投票をsign03

*「エンタステージアワード2015
~投票はこちらから・・・12月20日締め切り
*wowow「勝手に演劇大賞2015~投票はこちらから・・・12月31日締め切り

book全国からの御要望にお応えして、TBS-ishopにて期間限定で公演プログラム販売が決定いたしました! ■販売期間 12月31日まで ■販売価格 2000円+送料
詳しくはこちら

bell提案
舞台「No.9-不滅の旋律-」を観て素晴らしかったので、TVで放送して欲しい、Blu-rayが欲しいというtweetをよく見かけます。
呟いているだけではどうにもなりませんので、とりあえずお願いしてみませんか?

TBSへ感想・再演のお願い→TBSお問合せフォーム

TBSヴィンテージ・クラシックスに感想・再演などのお願い→TBSヴィンテージ・クラシックスお問合せフォーム

感想・「同じキャストで」再演などのお願い→赤坂ACT倶楽部

bellお願いsign01
*ストスマへのお便りは、SMAP関係のいろいろな部署のスタッフさんが目を通してくださるそうです。
吾郎さんやSMAPのお仕事についての要望などは仲間内やTwitterなどで呟いているだけでは伝わりません。
各TV局などへの要望と共にストスマにも送って、ラジオで読んでもらえなくてもファンの熱い気持ちを吾郎さんやスタッフの方に伝える事は大切だと聞きました。
TV 関係の仕事をしている方に言わせると、とにかく吾郎ファンは(舞台などは観に行くのに)応援の行動を起こさないので有名だそうです。今は芸能界で仕事をし ていくにも本当に大変な時代だそうですので、ファンの応援はとても大切との事、せっかく稲垣吾郎のストスマがあるのですから、これを大いに利用したら、と 思いました。
どうぞよろしくお願いします<m(__)m>

*【これも大切!】
各方面に要望を伝えても事務所のOKがないと難しいようですので、同時に事務所にもどんどん要望を送った方が良いようです。
ジャニーズファミリークラブ宛て(宛先はHPに)
名前・電話番号・住所・(会員番号~入会している場合)
ご意見・ご要望

| | コメント (2)

2015年12月17日 (木)

ベビスマとスマスマ 12月14日

nightベビスマ 星野源さんゲスト未公開トーク
中居:「さぁ、変態師匠 稲垣さん」
吾郎:この人が変態だったら面白いなと思う人が変態にされちゃうんだよ
だって僕、結構真面目な顔してこういう風に話してて、変態だったらおかしいじゃない?
草彅くんとか僕とか星野さんとか、面白いじゃん、変態だったら。
中居くんとか、そんなに面白くないじゃん、変態でも」

中居:「ショック。。。俺、変態おもしろくない?」
吾郎:「オープンだから。吾郎ちゃんが変態の方が面白いじゃん
中居:「まあねぇ。そういうの掴んできてるんですね
吾郎:「僕も一度(星野さんと)ご一緒させて頂いて・・・」
吾郎はゴロウ・デラックスで、星野さんのコアな部分が描かれたエッセイから入ったので、歌を歌っている星野さんがとても新鮮だったそうです。
スマスマ放送の時も気付きましたが、星野さん「吾郎さん」呼びで、ゴロウ・デラックスでいろいろお話できたんだな~と思いました。
ベビスマでも隣同士で、星野さんも吾郎が話している時は体ごと向き合って話しを聞いているような感じがとても良かったです。

flairスマスマ 
電気グルーヴを迎えてのS-Live、いけ好かない程真っ直ぐな吾郎の脚のアップから始まった「シャングリラ」。
ストライプのスーツがとんでもなく似合っていて素敵。
”つながる様な色めく世界 麗しの時よ♪”の声がとっても色っぽくて麗しい。
「N.O.2016」ちゃんと見ると細長い手足が合っててダンスもいいのよheart

| | コメント (0)

2015年12月13日 (日)

ゴロウ・デラックス 12月10日

t-shirt吾郎のチェックのシャツがとってもキュート。
エレガントに着こなしたチェック柄が好きなんです。

今週のゲストはしりあがり寿さん。
抱える連載は13作!手塚治虫氏も「真似ができない!」と絶賛したシュールな面白さ。
昨年は紫綬褒章を受章、メダルと一緒に3Dプリンターで作ったフィギュアも持参。
優しそうで朗らかで楽しい方。

book今週の課題図書:「おとぎの国のメメントモリ
あらゆるおとぎ話のその後を妄想して書いた。
ハッピーエンドが嫌いで、「このやろう!」と思ってバッドエンドにしてしまうそうで(笑)。

朗読『一寸法師のその後
一寸法師を吾郎、お姫様を外山さんが朗読。
めでたく結婚した二人・・・お姫様は打ち出の小槌で一寸法師を好みの男に変えていく。
怒った一寸法師は!
・・・「ちんちん」連呼に深夜に声を出して爆笑。

『SMAPのその後』1210
50年後のSMAP神曲「世界にひとつだけのおしめ」
”いっしょうけんめい、はくがいい~♪”
ちゃんと歌う吾郎に、「歌ってくれた~♪」と喜ぶ、しりあがり寿さん。
とってもいい方。

clipしりあがり寿さん
静岡県に生まれ、大学卒業後キリンビールに入社、「一番搾り」のマーケティングを担当。
サラリーマン時代「エレキな春」で漫画家デビュー。
その後もサラリーマン体験を生かしたギャグ漫画を発表。
「少年マーケッター五郎」なんていうのもあるのね。字が違うけど(笑)。

karaoke朗読「流星課長」
中間管理職が電車で席取りするマンガ。
会社勤めをしながら考え、更にいろいろなキャラも増えていったという(笑)・・・
本当に楽しそうにお話するしりあがりさんを見ながら、
「しりあがりさん、今回この番組でTVのオファーいっぱい来ちゃったらどうします?
第2の蛭子さんみたいな感じで・・・」
と、吾郎。
でも確かにゴロウ・デラックス出演後、急にいろいろな番組に出演するようになった方多数ですものね。
誰も傷つけないしりあがりさんの明るくて優しいキャラは、求められているかも。

その後、キリンビールを退社し、次々と新作発表。

pencil朝日新聞新聞4コマ漫画「地球防衛家のヒトビト」が出来るまで
新聞連載の漫画には珍しい時事ネタ。
1)新聞を読んだりニュースを見たりしてネタ探し。
2)それぞれのネタをどこの連載に載せるか整理。
3)下書き→ペン入れ→アシスタントさんが仕上げ作業
4)原稿はバイク便で朝日新聞社に届けられる。
5)担当編集者がチェック、ストック分と比べ掲載する日を決定

「その日に起こった事をマンガにするのは勇気がいる事、でもしりあがりさんには自由に描いてもらいたい」と編集者さんの言葉。

まずは「おとぎの国メメントモリ」を読みたい!
私もバッドエンドが見てみたいし、一緒に妄想するのも楽しそう。

| | コメント (0)

2015年12月11日 (金)

STOP THE SMAP 12月10日

loveletter吾郎さんにとっての「おふくろの味」って何ですか?
まぁ、誰にでもありますよね、おふくろの味。
うちはそうですね・・・まぁ、母親もそこまで料理を(笑)やるほうではなかったので、うちも共働きでね、うちの母親意外とパートしたり新聞配達とか、いろいろ働いてたんで、何かすごい仕込んで料理作ってっていうほど時間なかったりしてたのでね・・・そんな事言ったら怒られてしまいますけれども。
何か普通に炊き込みご飯とか懐かしいかなぁ。あと餃子とかね。
何か、うちの母親が作る餃子が美味しいって、僕初めてアイドル雑誌、中学生くらいの時出た時に、そうやって喋ってそのコメントが掲載されたら、母親がすっごい喜んで毎日餃子作って・・・や
っぱり母親って嬉しいんでしょうね、そういうの。う~ん・・・懐かしい記憶ですけど。

pen本当に心温まるエピソード。それはもう、息子がそんな事を余所で言ってくれたら、母親は嬉しいですよね。そして、そんな事も今でもちゃんと憶えている吾郎、お母様嬉しいだろうなぁ・・・嬉しいの連続sign01本当に素敵なご家庭なのね。

【SMAPな時間】
loveletterシャッフルビストロ「木村拓哉に食べさせたい料理対決」勝利おめでとうございます!ハモと松茸の土瓶蒸しと、九条ネギとからすみのパスタ、最後は土瓶蒸しをパスタにかけてスープになって、とても美味しそうでした。そして木村くんから貰ったモンローリップの絵、素敵でした。吾郎さんの家に本当に合いそうだなと思いました。ちなみにどちらに飾りましたか?
ねぇ、嬉しいですよね、シャッフルビストロで勝てるってね、メンバー対決で。
結構考えましたもん、これ。こういうの好きそうかな~っていうのじゃない、今リアルに何が好きかなぁっていう事を考えて、やらせてもらいました。
イメージではね、木村くんだったらこうかな、とか、香取くんだったらこうだなとか、あるんですけど、ちょっとまた「ホントはこういうの好きじゃないか」って、メンバーだからこそ分かるようなものをチョイスして得た調理だったので嬉しかったんですけど。
ね、絵を頂きまして。う~ん、唇の絵。うちにあるインテリアとは全く違う・・・結構刺激的な感じで・・・額が白かったので意外とうちにも合うかなって思って。もちろん、飾らせていただいてますね。何か壁に今立てかけてて、壁に・・なんていうんですかね、ちゃんと杭を打って掛けてないというか・・・う~ん、でも凄いかっこいい絵で、嬉しかったですね。慎吾くんからも絵を貰ってますからね。
ね、いずれ今度僕がゲストに出たりって事もあるので、考えなきゃいけないですけど。

music雪がふってきた

【メンバーとの時間】
loveletter健康志向の剛くんが野菜ジュースを作れない状況になると、舌打ちしたり冷蔵庫を蹴っ飛ばして不機嫌になっちゃう話を聞いてビックリ仰天。温厚なイメージの草彅くんにもそんな一面があるんだなと。吾郎さんはメンバーの意外な一面を目撃したり聞いたりした事ありますか?また、吾郎さんも毎朝ジュースを作りますか?
意外な一面ねぇ・・・まぁ、あるんでしょうけど。どんな一面でも人間持ってますからね。草彅くんだって怒る事あると思いますし。それは「意外」とは僕は思わないんですよね。う~ん・・・人間それぞれ、いろんな場面でいろんな自分がいますからね。・・・ただ冷蔵庫を蹴っ飛ばす必要はないと思うんですけどね。面白いですよね、野菜ジュースが作れない(笑)。
野菜は・・・買っておかないといけないしね、忙しいとなかなかスーパーにも行けないんでね。野菜、高いですしね、持ちも悪いですから、やっぱり忙しくなるとこういうのは出来なくなりますよね、僕も。
意外な一面はメンバー同士は逆に隠すんじゃないですか?何か別に隠すっていうか、そんな事で相手に動揺させても悪いから、あんまりそういう意外な部分っていうのは逆に出したら悪いかなって僕は思っちゃいますよね。隠している訳じゃないんですけど。結構皆さん繊細なんで、動揺するんじゃないかなって、意外な部分があると。良く見てますしね。
もちろん隠してもバレてしまう事も多いと思うんですけれども。まぁ、それがエチケットでもありますからね。全ての面を全てさらけ出す事が友情の印であったりとか、絆の証だったりするって言うよりも、まぁそういった事を隠す事も一つのエチケットだったりするのが、大人の社会ですからね。「隠す」って言うと何か言い方が冷たいように感じるかもしれませんけれども、意外な一面を隠すから自分も平常心を保てたりとかね、そういう場合もありますから。
きっと皆さんもあるんでしょうね、僕もありますし。
それを出さないのも、ウチらのメンバー同士の感じなのかなぁ・・という気もしますけれども。
ちょっと草彅くんの目撃情報・・・ではなく本人が言ってたのかな、僕も少しビックリ仰天な気がしますけれども。

pen人間、いろいろな面を持っているから「意外な一面」なんて思わないとか、「友情の印」「絆の証」なんていう言葉に拘らないのがとても吾郎らしい。
SMAPって、まさに出来る大人の企業トップたち、って感じですね。かっこよくて痺れます!

渋谷シネマライズの想い出、舞台で共演した片桐さんについては「続きを読む」からどうぞ。

続きを読む "STOP THE SMAP 12月10日"

| | コメント (2)

2015年12月 8日 (火)

Happy birthday! GORO❤

吾郎さま、42歳のお誕生日、おめでとうございます!
Bd

ちょうど20年前の(多分)12月頃、夕方アイロンをかけながらつけたTVで「愛ラブSMAP」が流れてた。
何故、テレ東だったのか・・・普段ほとんどTVを観なかった私には分からなかったのだけど。
後ろの方にいる控えめだけれど、とんでもない美少年。
何故か気になって戸惑いながらも観るようになった。
新しいゲームをやる時、コツが分からないので先を譲り合う中、「吾郎先にやれ」と言われると平気な顔して始めちゃう・・・ガラス細工のように繊細そうなのに妙に図太い神経をしてるところが気になった。

やがてSMAPXSMAPが始まって、吾郎が単独で舞台「夜曲」をするという話が聞こえてきた。
どうしようか・・・迷いながらもお昼休み公衆電話でチケットぴあに電話したらチケットが取れた!
舞台の上で、マッチの火に照らされたとんでもない美しい顔を見て、沼にはまり込んだのを自覚しました。
そこからは一直線、今に至ります。
20年、同じ人を好きでいられる事どんどん好きになっていく事の幸せをかみしめています。

「夜曲」から吾郎の舞台は欠かさず観ているので、今年の「No.9-不滅の旋律-」は本当に嬉しかった。別に全部観ているから偉いのではないですけど。
1年に1回しか出来なくても、でも確実に一つ一つの作品から多くの物を学んできたと思う。
そして観客の感動・舞台の好評が、確実に吾郎に伝わっているのが嬉しい。
こんな凄いのを見せられちゃ、次はどうなるの?という心の隅の不安を見事に裏切ってきた吾郎、これからの吾郎が本当に楽しみです。
そして、そんな吾郎をちゃんと目に見えるように形になるように応援していきたいと、改めて思います。

pen41歳のお仕事を「続きを読む」にまとめてみました。

続きを読む "Happy birthday! GORO❤"

| | コメント (9)

2015年12月 7日 (月)

NHKのど自慢 12月6日

千葉県柏市からの生中継、ゲストは北島三郎さんとSMAP
小田切アナのさり気なく温かいサポートのおかげで、3回目になったSMAPも更に「のど自慢」に馴染んできたように思えました。
今回は北島三郎さんのファンの方、SMAPファンの方・・・ハグ祭りでした(笑)。

剛ファンの奥さんとハグする剛の後ろから、中居くんの誘導によりご主人とハグする吾郎。
空手部の女子高生の後で空手の真似をさせられ、小田切アナに「カワイイ」と言われる吾郎。
ダンスが得意、ジャニーズを目指した事もあるという男性の踊りに目が釘付けだったような吾郎、「お尻(の動き)がいいですね」って(笑)・・・確かにあの席で座ったまま見ていると、目の前がお尻になりますよね。
「世界に一つだけの花」を歌った中学生に、「出だしのところは中居くんに変わって歌って欲しい位」と、いつもの弄りに反撃する(笑)吾郎。
中居くんの「顔面蒼白」も面白かった。

目の不自由な方が木村くんと吾郎の間の席に座っていらっしゃいましたが、歌い終わって席に戻るとき席までTVでは中居くんと木村くん2人のサポートのように映っていました。観覧に行った方によると、中居くんの誘導を受けて木村くんと吾郎が最後まで寄り添っていたそうで、それは3人の美しい光景だったそうです。

musicがんばりましょう

中居くんが鐘一つだけ鳴らしてました。
「残念でしたSMAPの皆さん、鐘一つでしたね」・・・きっとやりたくてたまらなかったんでしょ(笑)!
鐘が二つの人も合格の人も、みんな心から楽しそうで歌が好きな気持ちが伝わってきて、本当に温かい番組。
次は来年の1月11日に、チャンピオン大会にSMAP出演だそうです。

| | コメント (2)

2015年12月 6日 (日)

ゴロウ・デラックス 12月3日

今夜のゲストは『21世紀の実写化のクィーン』有川浩さん。

*番組はじめの二人の会話
吾郎:
「実写化、いいですね。今日、やらしい感じになってもいいですか?」
外山:「ダメですよ(笑)・・・あ、いいですけどね」
吾郎:「本人来てから、あんまり売り込む感じの・・いやらしい感じは出さないけど、さりげなく・・・今日収録終わった後に『あ。稲垣さん印象良かったわ。心のメモに残しておこう』って思われるくらいにサラッといくから」
外山:「でも全部、聞こえてますから」
こういう時はちょっと外山さんがお姉さんっぽく。

ここだけで済ませない吾郎さん、有川さんが入ってきたらわざわざ椅子の所まで行って、椅子を引くなんていうサービスまで(笑)。

「フリーター、家を買う」「阪急電車」「図書館戦争」「空飛ぶ広報室」「県庁おもてなし課」「3匹のおっさん」「レインツリーの国」・・・と誰でもタイトルは知っているようなヒット作がズラリ。

book今夜の課題図書:「レインツリーの国」
・・・「図書館戦争」の中に出てくる架空の小説、それを後で小説にしたもの。

ペンネーム有川浩さん・・・「有川」はアイウエオ順に本棚に並んだ時、前の方に来るようにとの計算もあって(笑)、浩というのは本名から一字取ったそうです。

図書館が大好きだった有川さん、出会いの本は佐藤さとるさんの「コロボックル物語~誰も知らない小さな国」、作家になってから佐藤さとるさんと対談した際に続編の執筆をオファーされたそうです。10月発行「誰もが知ってる小さな国」有川浩

*有川さんの着想の仕方は独特~「面白そうなことがあったら、とりあえずやってみよう」
「図書館戦争」・・実際にある「図書館の自由に関する宣言」を一番極端な状況で使ったらどういう風になるのかな、という所から始まった。

「フリーター、家を買う」・・・有川さんはずっと小説家を目指していたため、就職活動があまり上手くいかず、その時の経験を生かして「主人公を逆境からスタートさせる」事で書いた。

「阪急電車」・・・有川さんの最寄りの駅が阪急電車で、電車に乗っている人達を見て妄想をたくましくしてその人達のドラマを作った。

外山さんはこの「阪急電車」が好きすぎて大阪まで行ったそう。突然、吾郎が振り返って
「一人で?」「缶チューハイ飲みながら?」・・・・(笑)
こういう時は兄妹みたいになるし、こういう二人のやり取りで、ゲストの方も何か安心するのではないかしら。

「県庁おもてなし課」・・・高知県観光特使になってくれという話が来て、観光特使の仕事として小説家は小説を書けば良いと思い提案。県庁をかっこよくはかかないけどそれでも良いかと聞いたところ、「よろしくお願いします」とその場で即答。有川さんは、この人達ラストでかっこよくなれると確信したそうです。

「空飛ぶ広報室」・・・「戦闘機に乗せてあげるから小説を書きませんか?」と売り込んできた空爆広報室が面白いから、広報室を舞台に書いた。

こういう風に、面白いことがあったら書いてみよう!という有川さん、いろいろと某事務所のタレントさんが主演の作品も書かれているのでお気づきですよね、すっごく変な現実。
同じ事務所なのに率先して派閥を作る経営者とそれと戦うタレントたち~みたいな小説、読んでみたいけど何されるかわからないからshock、私の頭の中の妄想に留めておきます。

有川さんは、頭が疲れた時の回復法として、脳のエネルギー源ブドウ糖でできている「ラムネ」を一気に食べるそうです。
そこで、実食!
ラムネをもぐもぐ食べる吾郎が可愛いの知ってるでしょ・・・ありがとう!

*有川作品で稲垣吾郎に合う役は?
有川:「いろんな役が出来る方だなって思って、何を投げても吾郎さんなりの面白いものをやって頂けそうな気がするので、最初は外連味のある悪役かなとか思ったりしたんですけど、逆にすごくアットホームな感じの人も面白いのかな」

今週も楽しかった!

penご意見・感想はこちらまで・・・ゴロウ・デラックス

| | コメント (0)

2015年12月 4日 (金)

STOP THE SMAP 12月3日

loveletter初めての北九州は満喫できましたか?
はい、そうですね。舞台で北九州の方でまあ無事に千秋楽終えたんですけど・・・そうですね、3日間くらいだったので、いろいろと満喫する事ができたんですけれども。
また行ってみたいですね、福岡はあるんですけどね、あの~要するに関門海峡とかあちらの方・・・小倉の方は初めてだったので。楽しかったですけれども。

【SMAPな時間】
loveletter舞台お疲れ様でした。北九州での大千秋楽、観に行きました。私自身、初めての舞台観劇で前から4列目だったんですが、近さにビックリしました。吾郎さんに会えると思ってドキドキ待ってましたが、始まってしまえば直ぐにベートーヴェンの世界に吸い込まれました。意外とコメディ要素もあって笑えて楽しかったです。言葉じゃ言い表せませんが本当に最高でした。最後は拍手が鳴り止まず、私も手を止める事ができませんでした。何度も大島さんと出てきて下さってありがとうございました。
はい、ありがとうございます。無事に千秋楽を終える事ができまして、大千秋楽・・まあ東京赤坂でやって大阪でやって・・無事に~と言うか、おかげさまで。
北九州は初めての場所だったので、すごく満喫できましたし、北九州芸術劇場って素晴らしい劇場でね、初めてだったんですけども。ああ、こんないい劇場知らなかったんだなと思うくらい、また行ってみたいなと思いましたね。
また九州もね、コンサートで福岡に行く事はあるんですけど、小倉までね北九州まで行くっていうのは・・・昔ドラマの撮影で行った事はあるんですけれども舞台では初めてですしね。
SMAPでコンサートというのも多分昔も小倉ではやってないと思うんでね、すごくいい経験でしたね。
まあ、あの最後の方だったんでね、舞台の・・カンパニーのみんなとも凄く仲良くなって夜ご飯を食べに行ったりとか、九州だったらもつ鍋とかラーメンとか、あとは北九州の門司港がある関門海峡・・いわゆる小倉の港の方に行くと、焼きカレー屋さんとか結構有名みたいで、焼きカレーの店にもキャストで行ったりとか・・楽しかったですね。
東京ではやっぱりそこまで余裕はなかったので・・・やっぱり結構この舞台は、そういう皆さんと和気藹々ご飯食べに行って飲みに行ってという余裕も自分自身あまりなかったので、でも最後くらいはそういう時間が作れて良かったなぁとも思いましたし。
大阪でもね、みんなでキャストで焼き肉を食べに行ったりとか・・という事も出来たりとか。
なかなか一緒に仕事をしてて、ここまで家族のように仲良くなれるっていうのは、映画やドラマでは難しいのでね、やっぱり舞台っていうのは稽古を1ヶ月含めると、やっぱり2ヶ月3ヶ月と毎日のように顔合わせるので、凄くこう・・絆が結ばれるというか、まぁお芝居の上でも心通い合って・・・いいものですよね、そういう絆が生まれるっていうのは。
あとは観に来てくださる方との絆っていうか、そういった心の通い合いも生まれたりして、ホントにいい時間を過ごせたなぁと思いますし。
終わってしまうの凄い寂しいなと思ったんですけれども、またそう思った気持ちを大切にね、していきたいなって、そうするとね、また皆さんとの再会もありますし、またこの作品ともまた再びこのベートーヴェンを再演とかでやらせてもらえるかもしれませんし。そういう事もね、まだ具体的には全然分かりませんですけれども何かその気持ちは大切にしたいなと思いますし。
最終の・・・大千秋楽では拍手が鳴り止まなかった、ってね、このNさんもおっしゃってますけれども、カーテンコールも4回も5回もやらせてもらって、こっちもご挨拶したいなっていう気持ちもあったりしたんですけれども、ただやっぱり作品の世界観とか、役柄の扮装して・・その自分で喋る事っていうのが・・もしかしたらそれを求めてない方もいらっしゃいますし、今回の舞台に関しては、やっぱり最後まで作品の世界観で、皆さんに浸っていただきたいので、そこに稲垣吾郎が立っているというよりはベートーヴェンが立っていると思っていただきたいなという風に思って。まあ白井晃さんもそういう事を繊細に大切にされる演出家だったので、最後まで素の僕に戻るというよりはベートーヴェンで居させて・・・千秋楽ですら居させてもらった形にはなってしまったんですけれども。
まあでも本当に舞台は、ちょっと・・・ホントにコンスタントにやっていきたいと思ってますし、また近々お会いしたいなと思っておりますので、楽しみにしててください。

pen東京ではまだみんなと食事に行く余裕はなかったんですね。あれだけのハードな役だったら・・・しかも東京だと舞台をやりながらいろいろなお仕事も同時進行していますものね。
大阪・北九州では、みんなと行けて本当に良かった。共演者のTwitterやブログで、キャストと食べに行った写真などを見て、吾郎は一緒だったのかなぁなんていつも思っていたので。
更に最近、キャストとその家族が集まってバーベキューパーティーをしたそう(JONTEさんと高岡さんのブログより)で、これもまた楽しそうでした。高岡さんと吾郎の誕生日が近いという事でパースデーケーキまで用意されていて、吾郎が持ってきたお肉を加藤くんが美味しく焼いてくれたとか、何て素敵な兄弟!
終わってしまって寂しいという気持ちを大切にして、前に進む~再演の希望も送りつつ、新しいお仕事も楽しみ。
カンパニーとの絆に加え、観に来て下さる方との絆、心の通い合い~とても嬉しい言葉です。
吾郎の舞台ではカーテンコールの時に挨拶してくれる事も多いので、今回千秋楽にもなかった理由までちゃんと話してくれて、本当にファンの事を考えてくれてますよね、優しい。
演出家の方の考えを尊重するところもいいなぁ。
「また、近々・・・」って、次の舞台決まっているんですね、きっと。楽しみです。

loveletterスマスマのボージョレ・ヌーヴォーの旅、面白かったですし、ボージョレ・ヌーヴォーができるまでの過程を学ぶ事が出来、良かったです。最初は吾郎さんも思ってたように優雅な旅かと思いましたが、タンクの清掃や葡萄の収穫をされてました。アサンブラージュではたくさん飲まれたんですか?ちょっとフラフラしてきたと言ってました。
そうですね、あのスマスマの方で放送したんですけれど。セブンイレブンさんとコラボレーションさせていただいたワインなんですけれども、皆さん飲んでいただけたでしょうかね。
ホントに美味しくできあがったという自信があります、僕も。もう、ボージョレを・・・超えましたね。通常のボージョレ・ヌーヴォーと思えないくらいのクオリティで、ワインがもう・・ホントにいろいろと・・じゃぁ、そのクオリティーってどんな事かっておっしゃる方もいて、またそれを説明するにもすごく時間がかかったりする難しいものではあるから、まぁwine飲んで美味しいなと思ってもらえるのが一番なんですけど、まぁ特に今年のボージョレ・ヌーヴォーっていうのは本当に葡萄の出来も良かったみたいなので、やっぱりすごくいい品質のものができあがったんじゃないかと思いますし、うん。結構これは好評だったんじゃないでしょうかねぇ。
まぁ、ワイン好きな方はもちろんのこと、あまりワインとかお酒とかがそこまで詳しくなかったりとか、お酒をそこまで飲まれない方とか、そういったワイン初心者の方にも楽しんでいただけるようなワインになったと思いますし、僕自身もこれすごく出来の良いワインだなと思いますし、僕自身がこのようなボージョレ・ヌーヴォーを求めていましたから・・・
うん、夢のようでしたね。自分のプロデュースでワインができるなんていうのは。
もうホントにおかげさまで、自分の中ではかなり盛り上がってたんですけど。
経験もすごく良かったですし、フランスも久々に行けて、ボージョレ地区というのも初めてだったんで、うん・・・近くにはブルゴーニュの畑もあって、ブルゴーニュと言えばワインの王様ですから、そのブルゴーニュいわゆるロマネコンティとかあるところですよね、シャンベルタンとか。そのロマネコンティとかシャンベルタンとかあるそのブルゴーニュの畑にも行きましたし、ワイン好きにとってはたまらない聖地のような場所にいろいろと出向く事ができて、すごくいい経験になりましたね。
こういう仕事はホントにもっともっとやりたいなって(笑)ホントに思いましたね。

pen吾郎プロデュースのボージョレ・ヌーヴォー美味しかったですものね。
そしてこの仕事をこんなに喜んでいるのを聞くと本当に嬉しい。
ワイン好きとしては、そのクオリティーについて吾郎から長い説明を聞いてみたい。
タンクの清掃とか葡萄摘みなんて、普段の仕事に比べたら本当はきっと楽なのではないかしら。バラエティ的にぶーぶー言っているだけで(笑)。
そして、ブルゴーニュの畑も訪れる事ができたようで自分の事のように嬉しい。
写真くらい見てみたいな。写真集、早うsign03

そろそろ近づいた誕生日、ネイルアート、そして誕生日プレゼント”生ハムの原木”について喋り倒す吾郎・・・は、「続きを読む」からどうぞ。

続きを読む "STOP THE SMAP 12月3日"

| | コメント (4)

2015年12月 2日 (水)

anan No.1982

bookSMAP the GENTLEMAN 強く、やさしく、美しく。
表紙は白シャツの5人。ただの白シャツに大人の色気がヤバい。
中のカラーページ、それぞれのスーツ姿が更にヤバい。

吾郎はスーツも中のシャツも大きさの違うチェックでお洒落!
ジャケットの打ち合わせはダブル、眼鏡を小物に使っているのも素敵。
ビジュアルも最高。

ですが、一番感動したのはインタビュー。
*「大きな収穫は舞台経験」
今年の舞台「No.9-不滅の旋律」への各方面への感謝が語られています。
でも、この作品を引き寄せたのは今までの積み重ねとあなたの力だから!と力説したくなる気持ち。
勇気づけられたという田山さんからの言葉を今回のテーマの一つ「やさしさ」に関連づけて語っています。
吾郎は謙遜しているけれど、同じ言葉を2010年新国立劇場「象」の時の『ススめる!ぴあ』にあったのを思い出しました。
今まで舞台でお仕事をした方からから取材していて、シス・カンパニーの北村さんがこうおっしゃっていました。

「舞台は関係性で成り立つものですが、稲垣さんの場合にはその関係性を持つ時にも、すくっと一人で立っている感じがします。すごく個人という事を意識していらっしゃる。稽古場でも『居方』がとても良くて、それが舞台に出ていますね。すごく個人ということを意識していらっしゃる。
人に調子を合わせたりせず、業界ズレしていないマイペースさがあります。マイペースだけれども関係を拒否しているわけではないんですよ。(ススめる!ぴあ
2010年3/18より)」

*「やさしさと甘さはまた違うものだから」
メンバーの優しさの形はそれぞれ~と言って、4人のやさしさを分かりやすい言葉で語る。
そして、自分は「他人に厳しく自分にやさしい」と言いながらも「やさしさ」と「甘やかすこと」とは違うと、ズバリ。こういう表現の仕方が本当に好き。

何回も何回も記事を読んで写真を眺め・・・

movieシネマナビSpecial
2015年BEST MOOVIE 発表。
これまた椅子に座ったザ・イナガキポーズが素敵heart04
1位~3位の作品も納得のいくものですし(3位は観てなかったsweat01)、最近はありませんがスマステ映画コーナーなどで語るのとは別の吾郎の本当の好みのようなものが知れて嬉しい。
そして今週のシネマナビもまた、正直な感想が楽しい。
私も、そういうの 絶・対・に・嫌(笑)!

| | コメント (0)

2015年12月 1日 (火)

SMAPXSMAP 11月30日

restaurantビストロゲストは月9ドラマから美男美女8名
本音恋愛トークの時から、古川くんを弄る中居くん。
試食になって今度はやたら吾郎が迫る。
古川くんは映画「脳内ポイズンベリー」を観ていいなと思ったそうですが、これはドラマに「BL」大好きなキャラがいるという事にも繋がっていたのかな。
すぐ横にいた田中圭くんと顔見合わせて笑い転げている吾郎も楽しそうだった。
ゲストの男子4人がみんな黒が基調のお洒落なスーツだったのも素敵だった。

オーダーは「カニを使った料理」
シンゴローチームのタイ料理が物凄く美味しそう!これは是非作りたいと思った。
魚介のマリネ(カニ・ホタテ・エビ・貝類などとレモングラス)と冷やしパッタイ・ワタリガニのタイ風カレー

flag五郎丸ゴロー
短髪の鬘に少しアイラインで目尻を下げてほくろとヒゲで・・・あまりにもそっくりになったので、本家五郎丸選手の顔が分からなくなってしまい、11月2日のビストロを見直したくらい(笑)。
似ていたし、面白かった。
昔から地味に真似が上手だったけど、最近更にメキメキと上手くなっているようで・・・
でも普通の演技がもっと観たい!

musicS-Live ゲストはback numberの皆さん。
中居くんがとても好きだそうで、2曲目は自身でリクエスト。
吾郎も言っていたように歌詞が独特で面白くて、メロディーが美しい。
「クリスマスソング」ではラストの”君が好きだ~♪”を吾郎に歌わせてくれてありがとう!
「高嶺の花子さん」の”君を惚れさせる 黒魔術は知らないけれど~♪”も凄く良かった。
最近、高音も無理なくキレイに出ていて、来年のライブが今から楽しみです。

| | コメント (0)

« 2015年11月 | トップページ | 2016年1月 »