« anan No.1982 | トップページ | ゴロウ・デラックス 12月3日 »

2015年12月 4日 (金)

STOP THE SMAP 12月3日

loveletter初めての北九州は満喫できましたか?
はい、そうですね。舞台で北九州の方でまあ無事に千秋楽終えたんですけど・・・そうですね、3日間くらいだったので、いろいろと満喫する事ができたんですけれども。
また行ってみたいですね、福岡はあるんですけどね、あの~要するに関門海峡とかあちらの方・・・小倉の方は初めてだったので。楽しかったですけれども。

【SMAPな時間】
loveletter舞台お疲れ様でした。北九州での大千秋楽、観に行きました。私自身、初めての舞台観劇で前から4列目だったんですが、近さにビックリしました。吾郎さんに会えると思ってドキドキ待ってましたが、始まってしまえば直ぐにベートーヴェンの世界に吸い込まれました。意外とコメディ要素もあって笑えて楽しかったです。言葉じゃ言い表せませんが本当に最高でした。最後は拍手が鳴り止まず、私も手を止める事ができませんでした。何度も大島さんと出てきて下さってありがとうございました。
はい、ありがとうございます。無事に千秋楽を終える事ができまして、大千秋楽・・まあ東京赤坂でやって大阪でやって・・無事に~と言うか、おかげさまで。
北九州は初めての場所だったので、すごく満喫できましたし、北九州芸術劇場って素晴らしい劇場でね、初めてだったんですけども。ああ、こんないい劇場知らなかったんだなと思うくらい、また行ってみたいなと思いましたね。
また九州もね、コンサートで福岡に行く事はあるんですけど、小倉までね北九州まで行くっていうのは・・・昔ドラマの撮影で行った事はあるんですけれども舞台では初めてですしね。
SMAPでコンサートというのも多分昔も小倉ではやってないと思うんでね、すごくいい経験でしたね。
まあ、あの最後の方だったんでね、舞台の・・カンパニーのみんなとも凄く仲良くなって夜ご飯を食べに行ったりとか、九州だったらもつ鍋とかラーメンとか、あとは北九州の門司港がある関門海峡・・いわゆる小倉の港の方に行くと、焼きカレー屋さんとか結構有名みたいで、焼きカレーの店にもキャストで行ったりとか・・楽しかったですね。
東京ではやっぱりそこまで余裕はなかったので・・・やっぱり結構この舞台は、そういう皆さんと和気藹々ご飯食べに行って飲みに行ってという余裕も自分自身あまりなかったので、でも最後くらいはそういう時間が作れて良かったなぁとも思いましたし。
大阪でもね、みんなでキャストで焼き肉を食べに行ったりとか・・という事も出来たりとか。
なかなか一緒に仕事をしてて、ここまで家族のように仲良くなれるっていうのは、映画やドラマでは難しいのでね、やっぱり舞台っていうのは稽古を1ヶ月含めると、やっぱり2ヶ月3ヶ月と毎日のように顔合わせるので、凄くこう・・絆が結ばれるというか、まぁお芝居の上でも心通い合って・・・いいものですよね、そういう絆が生まれるっていうのは。
あとは観に来てくださる方との絆っていうか、そういった心の通い合いも生まれたりして、ホントにいい時間を過ごせたなぁと思いますし。
終わってしまうの凄い寂しいなと思ったんですけれども、またそう思った気持ちを大切にね、していきたいなって、そうするとね、また皆さんとの再会もありますし、またこの作品ともまた再びこのベートーヴェンを再演とかでやらせてもらえるかもしれませんし。そういう事もね、まだ具体的には全然分かりませんですけれども何かその気持ちは大切にしたいなと思いますし。
最終の・・・大千秋楽では拍手が鳴り止まなかった、ってね、このNさんもおっしゃってますけれども、カーテンコールも4回も5回もやらせてもらって、こっちもご挨拶したいなっていう気持ちもあったりしたんですけれども、ただやっぱり作品の世界観とか、役柄の扮装して・・その自分で喋る事っていうのが・・もしかしたらそれを求めてない方もいらっしゃいますし、今回の舞台に関しては、やっぱり最後まで作品の世界観で、皆さんに浸っていただきたいので、そこに稲垣吾郎が立っているというよりはベートーヴェンが立っていると思っていただきたいなという風に思って。まあ白井晃さんもそういう事を繊細に大切にされる演出家だったので、最後まで素の僕に戻るというよりはベートーヴェンで居させて・・・千秋楽ですら居させてもらった形にはなってしまったんですけれども。
まあでも本当に舞台は、ちょっと・・・ホントにコンスタントにやっていきたいと思ってますし、また近々お会いしたいなと思っておりますので、楽しみにしててください。

pen東京ではまだみんなと食事に行く余裕はなかったんですね。あれだけのハードな役だったら・・・しかも東京だと舞台をやりながらいろいろなお仕事も同時進行していますものね。
大阪・北九州では、みんなと行けて本当に良かった。共演者のTwitterやブログで、キャストと食べに行った写真などを見て、吾郎は一緒だったのかなぁなんていつも思っていたので。
更に最近、キャストとその家族が集まってバーベキューパーティーをしたそう(JONTEさんと高岡さんのブログより)で、これもまた楽しそうでした。高岡さんと吾郎の誕生日が近いという事でパースデーケーキまで用意されていて、吾郎が持ってきたお肉を加藤くんが美味しく焼いてくれたとか、何て素敵な兄弟!
終わってしまって寂しいという気持ちを大切にして、前に進む~再演の希望も送りつつ、新しいお仕事も楽しみ。
カンパニーとの絆に加え、観に来て下さる方との絆、心の通い合い~とても嬉しい言葉です。
吾郎の舞台ではカーテンコールの時に挨拶してくれる事も多いので、今回千秋楽にもなかった理由までちゃんと話してくれて、本当にファンの事を考えてくれてますよね、優しい。
演出家の方の考えを尊重するところもいいなぁ。
「また、近々・・・」って、次の舞台決まっているんですね、きっと。楽しみです。

loveletterスマスマのボージョレ・ヌーヴォーの旅、面白かったですし、ボージョレ・ヌーヴォーができるまでの過程を学ぶ事が出来、良かったです。最初は吾郎さんも思ってたように優雅な旅かと思いましたが、タンクの清掃や葡萄の収穫をされてました。アサンブラージュではたくさん飲まれたんですか?ちょっとフラフラしてきたと言ってました。
そうですね、あのスマスマの方で放送したんですけれど。セブンイレブンさんとコラボレーションさせていただいたワインなんですけれども、皆さん飲んでいただけたでしょうかね。
ホントに美味しくできあがったという自信があります、僕も。もう、ボージョレを・・・超えましたね。通常のボージョレ・ヌーヴォーと思えないくらいのクオリティで、ワインがもう・・ホントにいろいろと・・じゃぁ、そのクオリティーってどんな事かっておっしゃる方もいて、またそれを説明するにもすごく時間がかかったりする難しいものではあるから、まぁwine飲んで美味しいなと思ってもらえるのが一番なんですけど、まぁ特に今年のボージョレ・ヌーヴォーっていうのは本当に葡萄の出来も良かったみたいなので、やっぱりすごくいい品質のものができあがったんじゃないかと思いますし、うん。結構これは好評だったんじゃないでしょうかねぇ。
まぁ、ワイン好きな方はもちろんのこと、あまりワインとかお酒とかがそこまで詳しくなかったりとか、お酒をそこまで飲まれない方とか、そういったワイン初心者の方にも楽しんでいただけるようなワインになったと思いますし、僕自身もこれすごく出来の良いワインだなと思いますし、僕自身がこのようなボージョレ・ヌーヴォーを求めていましたから・・・
うん、夢のようでしたね。自分のプロデュースでワインができるなんていうのは。
もうホントにおかげさまで、自分の中ではかなり盛り上がってたんですけど。
経験もすごく良かったですし、フランスも久々に行けて、ボージョレ地区というのも初めてだったんで、うん・・・近くにはブルゴーニュの畑もあって、ブルゴーニュと言えばワインの王様ですから、そのブルゴーニュいわゆるロマネコンティとかあるところですよね、シャンベルタンとか。そのロマネコンティとかシャンベルタンとかあるそのブルゴーニュの畑にも行きましたし、ワイン好きにとってはたまらない聖地のような場所にいろいろと出向く事ができて、すごくいい経験になりましたね。
こういう仕事はホントにもっともっとやりたいなって(笑)ホントに思いましたね。

pen吾郎プロデュースのボージョレ・ヌーヴォー美味しかったですものね。
そしてこの仕事をこんなに喜んでいるのを聞くと本当に嬉しい。
ワイン好きとしては、そのクオリティーについて吾郎から長い説明を聞いてみたい。
タンクの清掃とか葡萄摘みなんて、普段の仕事に比べたら本当はきっと楽なのではないかしら。バラエティ的にぶーぶー言っているだけで(笑)。
そして、ブルゴーニュの畑も訪れる事ができたようで自分の事のように嬉しい。
写真くらい見てみたいな。写真集、早うsign03

そろそろ近づいた誕生日、ネイルアート、そして誕生日プレゼント”生ハムの原木”について喋り倒す吾郎・・・は、「続きを読む」からどうぞ。

musicありがとう

【メンバーとの時間】
面白いペンネームですね、男性の方ね。
loveletter11月13日はメンバーの木村さんのお誕生日でした。吾郎さんはその日は北九州での舞台の公演のため直接木村くんにお祝いはできなかったと思いますが、メールやプレゼントなどを何かされたのでしょうか。吾郎さんのお誕生日も近いですね。42歳を迎えるまでにやり残したこと、やりたい事などありますでしょうか?
うん!特にメンバーの誕生日にプレゼントとかっていうのは、あまり普段ない事なんでメールもしてないんですけどね、う~ん。
意外と近いんですよね、木村くんと僕の誕生日っていうのは、1ヶ月ちょっと・・・僕は12月8日なので。う~ん、でもあっという間だったんでね~今年2015年も・・・やぁ~しかしホントにあっという間でしたよね、う~ん。だから誕生日だから特に何かやるっていう事、毎年ないのでね。まぁまぁその年その自分でいたいな・・・と思っていますけれども、特に誕生パーティー開いたりっていう事、僕自身はないと思うんですけどね。
 

【吾郎の自由時間】
loveletter
近ネイルアートに嵌まっています。爪の先までキレイにしている友人を見て、とても女性らしさが溢れていて、つい見入ってしまった事がきっかけです。吾郎さんは女性のネイルアートは好きですか?最近は男性の方でもネイルアートをされている方が増えてきました。吾郎さん自身は興味ありますか?
自分はないですね~あまり。爪はキレイにしてちょっとヤスリで削ってとかっていう事は意識しますけれども、ネイルアートまでは全く興味がないですね、僕自身は。美容師さんとかはやるのかな、キレイにするために。アートまではいかないけど、少しね透明の光るものを塗ったりとか。どうなんでしょうかねぇ。
でも女性のネイルアート見てていいなぁと思いますし、凄い羨ましいですよね、やっぱり何か男にはない楽しみがあって。キレイだな羨ましいなと思って見たりもしますし、逆にネイルアートしてなくても魅力的だなとも思います。炊事洗濯とか料理とかすごくされてるのかなと思ったりとか・・いろいろですよね。美しいは美しいですけど、あんまり・・・こうかなり大げさにネイルアートしてると、じゃ家のこと何もやってないのかな~とか料理何もやってないのかな~運動とか出来るのかなとか、そういう事を疑ってしまうし・・・なきゃないで全然いいと思いますし。まぁ女性の楽しみの一つとしてすごくいいんじゃないでしょうかね。アレってほんとに楽しそうだなって、男から見ると思いますけれども。

penどちらもそれぞれの良さがあると言いながらも、あまりデコラティブだと普段の生活がどうなってるのかとか思ってしまうところが意外に堅実な吾郎らしいなぁと思った。
前にフレンチネイルくらいが好きって言ってませんでしたっけ。

musicHappy Birthday

【五六二三】
loveletter吾郎さん、お誕生日おめでとうございます。木村くんが一足早い11月13日にバースデーを迎えられました。木村くんは過去にドラマのスタッフさん一同からラブラドール・レトリバーをプレゼントされた話をしていました。困惑したけど連れて帰って長年飼っていたそうです。ちなみに今年のビクターさんからのプレゼントは男二人で担がないと無理なほど大きなフットマッサージャーだったそうです。ビクターさんって一ひねり加えたプレゼントを一生懸命チョイスされてるんですね。サプライズ感があって素敵です。吾郎さんが過去イチ困惑したプレゼントは何ですか?さすがにビクターさんからいただいた生ハムは完食されましたよね。
う~~~ん・・・これ、どうかな?フットマッサージャー、嬉しかったかなぁ、木村くんホントに。
必要だなって思わないと嬉しくないよね。誕生日だから何でももちろん嬉しいですけどぉ。
フットマッサージャー、どうかなぁ・・
ちょっと聞いたんですかねぇ、でもビクターさん多分サプライズ感を大切にしているから、聞かないんです、敢えて。
ちなみに僕は去年生ハムの原木でしたからね。もちろん残しましたよ。
あれはね・・無理だよ。絶対に!
あのぉ・・やっぱ半年くらい食べ続けましたけれども、カビが生えてくるんですよ。カビはいいんです、切れば。白くなってくるのアミノ酸だし、気になったら切ればいいし、旨味だから。やっぱり生ハムなんて保存食ですから、ホントに1年くらい平気なんですけど、う~ん・・・で、最後はバラした。バラさないと冷蔵庫に入れられないから。
完食まではしてないけど結構食べました、でも。最後は炒めたりとかね、生ハムだけど。
ただね、生ハムの原木をキッチンに置いておくとね・・・何かキッチンでね、わんちゃんか何か飼ってる位、臭うんだよね。だって生ハムの原木をプレゼントしてくれたのはビクターのスタッフの方だけど、ビクターの中で生ハムの原木を家に半年間置いた経験のある人なんで、いないでしょ。経験がないとプレゼントするのはさぁ、やっぱ考えないとダメだよ。
だってマッサージャーはさ、大丈夫だよ。だって、電気屋さんでちょっと試してみればいいんだからさ。生ハムの原木半年間キッチンに置いとくとね、まぁまぁ
(声ひっくり返って)やっぱり獣の臭いって凄いですから。
いい匂いですよ。でも毎日置いてたら、それを。焼き肉の匂いだって毎日嗅いでたらさ、アレでしょ?でも面白かった。まぁまぁ食べたからね!ホントに。
最初セッティングするの結構むずかしくて。あの原木って言うんですね、1本の丸々。原木を上手くカットしていくための何か・・ビデオとか付いてくるんですよ、DVDで。レクチャーの・・・説明書が。ビデオの中で生ハムのプロフェッショナルが上手~く生ハムを切るんですよ、絶対に切れない、あんな上手く。スライサーじゃないの、サーベルみたいなの。サーベルが付いてくるの。結婚式のあの~ウェディングケーキをね、カットする時の・・位の細くて長いヤツ。こう・・・手で曲がっちゃうようなサーベルなんですよ。それで切るのはすんごい難しい、ホントに。
薄い方が美味しいもん、薄くなかったら生ハムじゃないもん、何かサラミみたいになっちゃうもん・・・
いや、面白かったよ!嬉しかったよ!一番インパクトはあった。
なかなかないでしょ、生ハムの原木、家に。思ったより臭いが強かったっていうことと、あと切った分放っておくだけで、やっぱ切り口から1週間10日経つだけで白くなっちゃうから、そこは。やっぱレストランとか飲食店とか大勢家族がいる家だったらいいかもしれないよね。
結局さぁ、お前貰っといて何言ってんだよって話だけどね(笑)。
(スタッフさん笑い声)
この番組やってる時に一応そこの前室にビクターさん、居るから、何を欲しいか伝えといた方がいいかなって今、考えてるのよ。何がいいかなぁ。難しいよね?SMAPに誕生日プレゼントあげるのってね。悩むよね。どうしようか、今年。
(楽しそうなスタッフさん笑い声)
商品券とかでいいよ、別に笑)
(ハハハハ!!スタッフさん笑い、机まで叩いた?)
そんな捻らなくて。何かないかなぁ、何かちょっといいワインとかでいいんじゃない?普通に。(笑)ワインセラーにその高級ワイン入れた瞬間に誰から貰ったワインか忘れちゃうかもしれないけどぉ。
迷いますよね、プレゼントって。あげる方もね・・・迷いますよね。僕も結構プレゼントするのやっぱり迷いますもん、いつも人に・・・。難しいよね。
あと特に大人の男の人にあげるの難しいよね、あと男から女性にも難しい、その恋愛感情とか無い場合が難しいよね。
うん・・・考えよう!後で。ビクターから僕のプレゼントは(笑)。(笑)サプライズじゃないか・・ここまで言ったら(笑)。ちょっと考えときましょう!ね!
貰う側としてこんだけ偉そうっておかしいですよね。
以上五六二三(ごろうふみ)の時間でした。

penこれはもうビクターさんの圧勝でしたね。吾郎さん、絶対に忘れないもん!
楽しそうに早口で若い時に戻ったみたいな口調で。
少しまだ擦れ気味ではあるけれど、先日までの喉をいたわる感じとは大違い。
男から”恋愛感情とか無い”女性へのプレゼントも難しいっていうところが、リアル。どちらかと言うと恋愛感情のある女性にはどんなプレゼント送ってきたのかなぁという所に勝手に興味を持ったんだけど。
独身者に生ハム原木1本は大きいですよね。獣の臭いって(笑)・・・
スタッフさんの笑い声も本当に楽しそうだし、今年は更にひねったプレゼントを選んで欲しいなぁ。かえってセンスが合わなくて文句言えないより、こんな感じで笑った方が楽しいですし!
ビクターさん、ハードル上がりましたねlovely今年のプレゼント、すごく楽しみです。

house番組HP
稲垣吾郎のSTOP THE SMAP

mailto便りの宛先

〒105-8002 文化放送「稲垣吾郎のSTOP THE SMAP」
メールアドレス smap@joqr.net

bell提案
舞台「No.9-不滅の旋律-」を観て素晴らしかったので、TVで放送して欲しい、Blu-rayが欲しいというtweetをよく見かけます。
呟いているだけではどうにもなりませんので、とりあえずお願いしてみませんか?

TBSへ感想・再演のお願い→TBSお問合せフォーム

TBSヴィンテージ・クラシックスに感想・再演などのお願い→TBSヴィンテージ・クラシックスお問合せフォーム

感想・「同じキャストで」再演などのお願い→赤坂ACT倶楽部

bellお願いsign01
*ストスマへのお便りは、SMAP関係のいろいろな部署のスタッフさんが目を通してくださるそうです。
吾郎さんやSMAPのお仕事についての要望などは仲間内やTwitterなどで呟いているだけでは伝わりません。
各TV局などへの要望と共にストスマにも送って、ラジオで読んでもらえなくてもファンの熱い気持ちを吾郎さんやスタッフの方に伝える事は大切だと聞きました。
TV 関係の仕事をしている方に言わせると、とにかく吾郎ファンは(舞台などは観に行くのに)応援の行動を起こさないので有名だそうです。今は芸能界で仕事をし ていくにも本当に大変な時代だそうですので、ファンの応援はとても大切との事、せっかく稲垣吾郎のストスマがあるのですから、これを大いに利用したら、と 思いました。
どうぞよろしくお願いします<m(__)m>

*【これも大切!】
各方面に要望を伝えても事務所のOKがないと難しいようですので、同時に事務所にもどんどん要望を送った方が良いようです。
ジャニーズファミリークラブ宛て(宛先はHPに)
名前・電話番号・住所・(会員番号~入会している場合)
ご意見・ご要望

番組への要望・意見はどんどん放送局にも送りましょう。
フジTVは各番組HPの他に「新・週刊フジテレビ批評」に送るのが効果的だそうです。

*【放送地域拡大と共に、TBSでの番組を応援するのが大切!】
ゴロウ・デラックスの感想は、公式サイト

*【ananシネマナビの書籍化のお願い】
「群像」で小野さんが「すごく面白いのに本になってないなんてもったいないですよ」っておっしゃってくださったので、これを機会にananシネマナビの書籍化をお願いしてみませんか?
・anan編集部宛てにお願いのはがきを
・ジャニーズファミリークラブにも要望を
・ストスマの吾郎さんにも「読まれる読まれない」は別にして気持ちを届けてみませんか?

*吾郎さんの過去作品を再び大きなスクリーンで観たいと思いませんか?
こちらからリクエストの票がたくさん集まると夢が叶います→ドリパス
DVDが発売されていれば、SPドラマでも可能だそうで、今「飛鳥へ、そしてまだ見ぬ子へ」
が「上映候補」に上がっています。
記事にも上げましたが、復活上映って贅沢で素敵な体験でしたので、是非多くの方がまた行ける機会があるといいなと思います。
これからも実現できるよう、「映画館で観たいワケ」も投稿して応援しませんか?

「稲垣吾郎さんの映画を観たい!」という意思表示になると思うので、こういう機会はどんどん利用すべきだと思っています。どうぞ、よろしくお願いいたします。

 

|

« anan No.1982 | トップページ | ゴロウ・デラックス 12月3日 »

吾郎ラジオ」カテゴリの記事

コメント

サイトー様
またコメントさせていただきます
もうすぐ 吾郎さんの誕生日ですね!!!
吾郎ファンのみんなで集まって 吾郎さんの生誕祭などは やらないんでしょうか?
いつかは 吾郎さんの生誕祭とかもやってみたいですね!

投稿: ごろラブ | 2015年12月 4日 (金) 15時38分

何時も何時も、楽しいレポ、ありがとうございます。舞台が終わってからの万雷の拍手のスタオべの中、大千秋楽まで素の吾郎さんではなく、最後までベートーヴェンであり続けた吾郎さんの気持ちに感動しました。演出家の白井さんの意図を汲み、周りとの調和を常に保とうとする吾郎さんは、素的です。主役だから、座長だからと決して前へ、前へと出る人ではなく、先輩を立て、共演者に心を配る・・・どの舞台もそうですね。ファンも素の吾郎さんに戻って話をしてくれる時と、そうでな無い時とをきちんと理解して応援したいですね。そういう吾郎さんだから誰にでも好かれ、信頼されるのでしょう。

ワインの話、誕生日プレゼントの話には、最近嫌なモヤモヤした情報を見聞きしたばかりだったので、一服の清涼剤を飲んだ様な爽やかで楽しい気分になりました。確かに吾郎さんへのプレゼントは難しいですよね。食通だし、絵画や美術品、陶器まで拘りがありそうだし、何でも持っていそうだし、結局商品券には笑ってしまいました。確かにそうだけれど、贈る側としては、もうひとひねり欲しいところですね。ビクターの方が、吾郎さんのこの注文を受けて何を贈るかが楽しみです。誕生日プレゼントの話をここまで広げて、それもスタッフまで巻き込んで楽しそうに語ってくれたことに感謝です。それも何を贈られたかの後日の楽しみまで付けて(笑)本当に彼の声とリスナーに応えるコメントを聞いていて、ラジオ放送があって良かったと思う今日この頃です。

何時も提案やお願いの提示ありがとうございます。サイトーさんの地道な努力に頭が下がります。吾郎さんの「近いうちに~~」の近いうちに強く反応してしまいました。頑張っている吾郎さんの為にも、コツコツと努力をして応援をしていきたいと思っています。

投稿: あや | 2015年12月 4日 (金) 17時12分

北九州では、公演も大成功だし、美味しいものを食べられて安心しました。北九州で食べ物探訪できるかな、と思っていたので。
吾郎さんの去年のプレゼント、そういえばそんなこといってましたね。吾郎さん、注文多すぎ。でも商品券だと、好みだとか気にしなくていいから、その辺りも吾郎さんの気遣いなん
でしょうね。今年のプレゼントも気になりますね。誕生日のお便りもそうですが、誕生日プレゼントのお話も聞けるといいですね。

投稿: ルー | 2015年12月 4日 (金) 18時58分

コメントありがとうございますheart04

wineごろラブさま
吾郎さんの生誕祭、楽しそうですね。
「恋と音楽」の時、ちょうどお誕生日に公演があって、みんなで「おめでとう!」を言えたのが凄く嬉しかったです。

wineあやさま
吾郎さんはすごく作品を大切にしますよね。
脚本に敬意を払い、自分よりもまず作品の事を考える。
でもファンの気持ちも分かっているので、何故挨拶をしなかったか、をきちんと話してくれる。私たちも作品によっての違いはもう分かっていますが、やはり吾郎さんの口から言ってくれたらみんな納得しますものね。
何て素敵な人なんだ~と毎回好きになるばかりです。
ワインのお仕事、こちらが思っていたよりもずっと面白かったようでホントに良かったと思いました。
吾郎が監修する味に間違いないですね。
以前やった麺職人の白湯スープ味、あれもインスタントとは思えないほどのおいしさでしたし、セブンコラボ弁当もいつも美味しい。
でも、やっぱりお芝居している吾郎さんが一番好きなので・・・たまにやってくれたら嬉しいですね。
プレゼントの話は最高に面白かったですね。
ビクターさんはじめとしてスタッフさんたちとも良い関係なのが伝わってきて楽しかったです。
商品券には笑いました。
本当にストスマがあって良かったです。

wineルーさま
北九州公演も大成功で本当に良かったですね。
そしてキャストの皆さんと仲良くなれたのも嬉しかったです。
生ハムの原木の話、面白かったですね。
スタッフの方達の笑い声も楽しかったです。
是非是非、もっとひねった面白いプレゼントを用意して、吾郎さんを困らせて?欲しいです(笑)。
報告が楽しみですね。

投稿: サイトー | 2015年12月 4日 (金) 22時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« anan No.1982 | トップページ | ゴロウ・デラックス 12月3日 »