« STOP THE SMAP 1月14日 | トップページ | 土曜プレミアム Theミッション! »

2016年1月16日 (土)

ゴロウ・デラックス 1月14日

今年最初のゲストは絵本作家ののぶみさん。
37歳で絵本のベストセラー作家であるのぶみさんが今まで出した絵本は160冊以上だという。

book今週の課題図書 「ママがおばけになっちゃった!
2015年売り上げ第1位のこの本は交通事故で亡くなった母親が息子を心配してオバケになって現れるというお話。
従来、絵本には禁断のテーマとなっていた「死」を描いている。
ものが増えすぎている現在、「当たり前のものが一番たいせつなんだよ」「自分のそばにいる人がいちばん大切なんだよ」という事を伝えたいと思って書いたそう。
のぶみさんはリアルな反応をとても大切にして、ラフの段階で1000回読み聞かせをして反応を見ながら書き直していったそうです。

chair今週は番組収録の2時間前、横浜の幼稚園で主に6歳の園児とそのママを相手に実際に読み聞かせを行った。その様子も。奥さん、ロケですよ、ロケ!

読み聞かせのポイントをお教室の前でのぶみさんから教わる2人。
*本ばかり見ていないで、子供の方も見よう。
*指を指して誰の台詞か分かるようしよう。

教室に入りながら「こんにちは・・こんばんは!」と放送時間に合わせた挨拶に切り替える吾郎。ものすごくスタイリッシュなスーツ姿がちょっと違和感あったけど、どうやってもスタイルいんだから仕方ない。でも入り方が一番素人っぽいのが可愛い♪
こういう時、控えめに・・・決して「SMAP」を出さない吾郎が好きだ。
「おばあちゃん」「かんたろう」と会話以外の文を吾郎が、「ママ」を外山さんが読む。
天国へ行ってしまったママと残された息子の会話がユーモアも交えてあってとっても良かった。
外山さんの明るくてあったかい声がこの物語によく合っていると思いました。
吾郎と外山さん・・・朗読に酔いしれない感じ(笑)が凄く好き。すごくまっすぐなの。

朗読後、お母さんたちと話す吾郎が凄く自然で優しかった。

shadowのぶみさんの波乱人生
*小学生の時は虐められる。
*弱い自分を断ち切ろうと、高校に入ると総勢160人の暴走族の総長になる。
*保育の専門学校に入り恋をする。その子が言った「私、絵本が好きなの」の一言に「俺、絵本書いてるぜ」と言ってしまったのが絵本を描いたきっかけ。
「絵本で賞とったら付き合ってもいいよ」と言われ、一生懸命絵本を書いて受賞。
その時の彼女が今の奥さまだそう。
吾郎:「絵本みたいな話だな」

heartのぶみさん「誰かのために描かないと愛がはいらない」

movie「ゴロウ・デラックス」オリジナル絵本作りに密着
のぶみさんのご自宅で絵本作りとその環境を見せていただく。
絵本作りのこだわり
*現代の子供を意識する・・・読んでみて3分半から5分以内に収める(アニメで育った今の子は集中力がもたない
*ストーリーの進め方・・・会話部分を多くする(アニメは会話部分で成り立っている)

番組からゴロウ・デラックスオリジナル絵本を依頼されたのぶみさん、
「SMAPから稲垣吾郎さんから、手に入る作品を色々見てみて、『あ~SMAPって、だから愛されてるんだ』っていうのが何個も何個もあった。僕にとっては『そうなんじゃないのかな』と思った事を絵本にしようかなと思って・・・描きました。」0114

presentゴロウがおばけになっちゃった
「SMAPがなぜこんなにも愛されているのか」というその理由をのぶみさんの解釈で1冊の絵本に。
乞うご期待!だそうです。今の騒動で未公開に。

これは是非、番組に放送のお願いをしていかないと。
また、ゴロウ・デラックスの存続を願ってメッセージも忘れずに。

山田くんのはんこを見て「わ~凄い!やっぱ上手ですね」と声を裏返して(笑)感動したのぶみさん、朝6時に起きて消しゴムハンコを作ってきてくださいました。
「山田さんの消しゴムハンコはゲストの方を喜ばせようとして作っているのが伝わる、山田さんのハンコには愛がはいっているなと思います」
山田くん、ほんとうに良かったね。
そして、のぶみさん、ほんとうに良い方!
だから、きっと子供にも伝わるんでしょうね。

のぶみさんが、気持ちを込めて番組のために書き下ろしの絵本を描いてくださったり、消しゴムハンコまで作ってきてくださったのは、きっとスタッフの方の番組に対する愛情や熱意が伝わったのだなと思います。
収録時は今の騒動が分かっていたのだと思うけれど、いつもと変わらず愛に満ちたゴロウ・デラックス、素晴らしい番組です。

番組へのご意見・ご感想は、ゴロウ・デラックス公式

|

« STOP THE SMAP 1月14日 | トップページ | 土曜プレミアム Theミッション! »

ゴロウ・デラックス」カテゴリの記事

コメント

ここの処、世の中の理不尽さ、それも最悪のものを嫌というほど見せつけられた者にとって、この放送は、清々しく、一服の清涼剤を飲んだような爽やかな後味の良い内容でした。人間性の違いと一言ではかたずけられない善意の塊の様な人達が織りなす絵本の紹介と、読み聞かせ!絵本の内容も感動的で人の温かさ、優しさに満ち溢れていましたね。のぶみさんの絵本には愛がぎっしり詰まっていました。「ママがおばけになっちゃった」は、今自分が一番大切なもの、当たり前に過ごしている日々がいかに大切なのかを教えてくれる素晴らしい作品でしたが、吾郎の読み聞かせが優しくて、小さな子供にもよく理解できる語り口だったので、絵本の良さが倍増したように感じました。「ゴロウがおばけになっちゃった」は時期を見てぜひ披露して欲しいですね。吾郎のSMAP愛も聞きたいし。わざわざ絵本をのぶみさんに依頼してくれた、スタッフの愛、その絵本を描くにあたって吾郎とSMAPの事を調べたのぶみさんの愛!きっと素敵な作品にしあがっているのでしょう。醜いものを見ていると救われますね。来週も心洗われる内容になっているでしょう。この時期、ゴロデラのスタッフの心意気に感謝しかありません。

投稿: あや | 2016年1月16日 (土) 19時51分

nightあやさま
コメントありがとうございます。
心の温まる素敵な30分でした。
ユーモアも交えながら深刻な「死」という事態に向き合い、大切なものに気付かせてくれるのぶみさんの絵本、現代っ子の心をつかむには感動だけでなく徹底した調査や下準備があった事を知り、なるほど~と感心しました。
吾郎の読み聞かせ、とっても良かったです。
のぶみさんに教わった通り、時々子供の目を見て語りかけているのも・・・私なんかだったら気絶しちゃうわ~と思いながら見ていました(笑)。
「ゴロウがおばけになっちゃった」・・・これは是非放送して欲しいです。のぶみさんが時間をかけて吾郎とSMAPを見て感じたことを絵本にしてくださった事に感動しました。
そしてこの番組は存続しなくてはいけないですね。
しっかりお願いに日参しようと思います。
・・・そうですよね、スタッフはこの事態を知っていての番組作りですよね。
童話・来週は藤城清治さんの美しい影絵、その次も童話作家の佐藤さとるさんの予定になっているようです。
今から楽しみです。

投稿: サイトー | 2016年1月17日 (日) 23時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« STOP THE SMAP 1月14日 | トップページ | 土曜プレミアム Theミッション! »