« WOWOW勝手に演劇大賞 | トップページ | 「ミュージカルスターへのお花企画」メッセージブック »

2016年3月 4日 (金)

STOP THE SMAP 3月3日

loveletter吾郎さんは絹豆腐と木綿豆腐どっちが好きですか?吾郎さんは絹なイメージですが実際はどうでしょう?
(笑)つるっとしたイメージなんですかね。料理によるんじゃないですか?湯豆腐なんかやっぱり絹の方が・・・いいのかな?そんなことない?料理による・・冷や奴だったら・・?
うん、あんまりね、ゴメンナサイ
(ここ凄い早口)、そんなに拘ってない・・ですね。うん・・・

pen(イメージ通りじゃなくて・笑)ごめんなさい、と早口で謝る吾郎。何かそんなにこだわってない吾郎にギャップ萌え~というか、見た目と違って結構おおざっぱなところが好きよ。

【SMAPな時間】
loveletter大阪で行われた「恋と音楽FINAL」を観に行きました。札幌在住なのでなかなか足を運ぶ事が出来ず今回ミュージカル初体験だったのですが、ミュージカルって最高ですね。音楽と言葉が融合した時のパワーを肌で実感し心から感動しました。
あ、ありがとうございます。札幌からわざわざ大阪まで来て頂いたんですね。ミュージカルって言ってもちょっと独特なミュージカルですけれども、これは。ま~本格的ミュージカルというのとはまた違うと思うんですけれども、新しい形の音楽劇っていうのかなぁ、ライブに近い・・まぁ、ミュージカルって言っちゃあミュージカルなんですけれども。いわゆる宝塚さんとか劇団四季さんとかでやられているような東宝さんとかでやられているような・・・大ミュージカルとは少し違うような、しかもそういうのをあんまり観たことがないのでね、宝塚とかはたまに観させていただいたりするんですけども、ホントにこの音楽と言葉が融合した時って・・これがやっぱり一番の面白さでしょうね。
僕も初めてミュージカルを、このパート1の時に経験して凄くそれを思いましたし、歌を通じて言葉を伝えるっていう事がより・・何か自分自身実感し、少しはできるようになってきたのかな~と今回パート3で自分で思いましたね。
特にパート3なんで、曲を作ってくださる音楽家の方も演出家の方ももうホントに気心が知れて僕の事分かって下さっているので、歌なんかも凄く歌いやすい曲を作ってくれるんですね、僕の音域で。だからより言葉に集中する事ができて・・・でもまぁポップスと違って独特の音階であったりとかねぇ、ちょっとシャンソン的な音楽であったりとか、リズムが普通だったら4拍子なのが3拍子のワルツであったりとか・・・なかなか普段ポップスではないような事もやらせてもらっているので、難しいところもあるんですけど、まぁそれも含めて僕は凄く楽しいなぁと思ってやらせていただいていますしね、う~ん。
もうベートーヴェンの時は1回終わる頃に髪の毛真っ白になっちゃうんじゃないかなっていう位(笑)結構パワーを使っていたので・・・実際髪の毛真っ白になっていましたけどね、まぁあれはカツラですけど。もうあしたのジョーみたいになっちゃうんじゃないかなっていう位、消費というか・・・う~ん・・それも気持ちよかったし楽しかったんですね、ベートーヴェンに関しては。ただあの一発一発の重みに比べると今回はすごく気楽に楽しくやらせてもらっているので。
もちろん、そのどんな音楽劇っていうかどんな舞台でももちろん毎回毎回やっぱり魂込めてますから疲れないって事はないんですけど、コンサートであろうと舞台であろうと、毎回消費はするんですけど、気持ちのいい疲労感というかね、達成感というかね、そういうのを日々感じながらやらせて頂いてますね。

penこの新しい形の音楽劇をきっかけにミュージカルに嵌る人がたくさん出てきたら、吾郎も嬉しいだろうなって思いました。吾郎はいつも新しい道を行っていますね。
謙遜して「僕の音域に合わせて曲を作ってくださる」と言っていますが、佐山さんはパンフレットでもご自身のブログでも「吾郎ちゃんは一度覚えてしまえばどんな難しい歌でも歌える」っておっしゃってます。
今回の舞台、ほとんど出ずっぱりで唄って踊って早口のセリフの応酬も素晴らしく2時間たっぷり大活躍なんだけど、それでも楽しい作品だから疲れ方が違うのでしょうか。
ベートーヴェンは毎回、世界的に偉大な楽聖を生き抜くんですものね、その精神的な消耗ぶりは共演の方々の言葉からも伝わってきました。でもそんな凄い舞台の後の「恋と音楽FINAL」でも観客を虜にしている吾郎、ファンとして本当に幸せです。

music働く人々 (『SMAP 006〜SEXY SIX〜』)

【メンバーとの時間】
loveletter中居くんはパスタを作る時に2種類同時進行で作るそうです。フライパンを二つ火に掛けてペペロンチーノとカルボナーラのレトルトソースを入れ、茹でたパスタ・アスパラやベーコンなどを炒めて入れて絡めるそうです。ラーメンを作る時も麺を茹でながら野菜を炒めてラーメンにのせると話していました。中居くんはこんなの料理とは言わないよねとおっしゃっていましたが、一手間かけたところが偉いなと感心しました。ただ夜の12時にラーメンと炒飯を食べる時もあるみたいです。それはどうかと思いました。
うん、2種類同時進行・・・パスタでもそうだよね、うん・・・パスタを茹でながらソース作るよね、どうしても。ペペロンチーノとカルボナーラのレトルトって、これ混ぜるという事ですか?ペペロンチーノ・・2種類作るっていう事かな。うん・・・
レトルトもいいけど、ペペロンチーノとかだったら結構簡単に作れるのにね。ペペロンチーノはオリーブオイルとニンニクと赤唐辛子で出来るのでね、まぁでも意外とやってますよね、中居くん・・のイメージよりはね。うん・・・何か・・ホッケを焼いているだけかと思っていましたけどね。野菜を炒めてラーメンにのせてるの偉いですね。ま、男の一人暮らしって感じですよね。夜中の12時に炒飯とラーメンかそっか・・・
中居くん、しかもどうしたら炒飯上手く作れるか、ずぅ~~~っと聞くよね。ビストロん時とかに。シェフに。俺、炒飯上手く作れないんだよね、何?アレどうすんの?火加減が重要なの?卵とご飯絡めてからちゃんと炒めた方がいいの?とかお冷やご飯がいいの?とかさ、いっつも聞きますよね。炒飯ん時に。炒飯のお題とかで、ゲストに炒飯を誰かシェフが出す時、必ず話題になりますよね。多分、いまだに中居くんの中での炒飯っていうのは完成してないんじゃないの?どうしたら家庭で美味しく炒飯が出来るかっていう結論をさ、そろそろ出そうか。
僕もね実は炒飯作るのへたですよ、これね難しいんですよ。あのもうやっぱホントに中華鍋と火加減で・・ちゃんと中華鍋でやるっていうのがポイントではあるんですけれども、やっぱりね最初に炒める時のラードとかそういうのにも結構ミソがあるんですよ。
あと何が炒飯の正解かっていう事だよね。そのパラパラにすることが必ずしも正解かっていうのも僕分からないと思うんですよ。
凄く高級中華料理屋さんに行くと炒飯パラパラですよね。でもラーメン屋さんの庶民的な炒飯ってちょっとメチョってしてる時あるじゃないですか(笑)。あれはあれで別に美味しい時もあるじゃないですか。パラパラ過ぎたら丸く固まらない訳だしさ、お玉で。何かそれぞれだよね、おいしさって。炒飯、僕も炒飯好きですよ、確かに。でも家で作る炒飯の究極まで上り詰めたいよね、うん・・・ちょっと研究しますよ。中居くんに伝えればいいんですよね。中居くん、どうやって炒飯作っているんでしょうね。
ちょっと・・・また聞かれたら、ね、ちょっと余計なお節介かもしれませんけれどもレクチャーしてみようかな。

penビストロで作っている所に中居くんがうろうろして作り方聞いている所とか映せば面白いのに。食べ物の話で雄弁になる吾郎、いいなぁ。

100年前のウィスキー、冷蔵庫の使い方、「恋と音楽」からカップル誕生!舞台期間中のルーティン、去年のBDプレゼントのチーズその後・・については「続きを読む」からどうぞ。

【吾郎の自由時間】
loveletter先日100年前のウィスキーを口にしました。普段ウィスキーはあまり飲みませんがグラスにあけて頂いた途端芳醇な香りが立ちこめて驚きました。44度のアルコール度数でしたので量は飲めず舐める程度でしたが、この出会いは今後のアルコール人生を変えそうです。
おう~いいですね。女性の方でウィスキーを芳醇な香りで感動したっていうのは、お酒結構飲める方なんでしょうね。100年前って凄いですね。僕もウィスキー・・もちろん好きですね。ワインも好きですし、お酒好きなんで。ウィスキーはちょっと飲み過ぎると次の日に残ってしまうっていう・・僕は比較的、体質があるので、まぁこのS子さんが言う感じで舐める程度、あとは本当にウィスキーをちょこっとストレートなりロックなり・・という位で充分ですね、僕も。
まぁ100年前って凄いですね。ワインはさすがに100年前は・・もうダメなんでね、僕は最高ワインって50年くらい前までのワインは飲んだ事ありますけれども、それはホントに感動しましたね。その・・古いから感動したっていうよりも、やっぱり味ですね。素晴らしいワインだったので。まぁ高級ワインなんですけどね。いわゆるボルドーの5大シャトーと言われるシャトーラトゥール、うんシャトーラトゥールの1957年だか8年だかを一度いただいた事があったんですけど、それは今までワイン飲んだ中で感動ではかなり・・・うん。
何か古いから凄いな希少価値があるんだなって何かそういう概念で美味しいと思ってしまう事ってあると思うんですけれども、意外とやっぱりちゃんと古くて美味しいものもありますしね。僕はワインなんて基本的にやっぱり行ったって30年くらいだろうって思ってましたけど、やっぱりさすがですよね、ボルドーの5大シャトー・シャトーラトゥールってものに関しては。そんだけ長持ちするからこそ、やっぱり値段も付いたし第1級として君臨し続けたワインなんだなって思って。まぁちょっと自慢になってますけどね、僕のワイン人生の中ではトップ3に入るかなぁ。感動しましたけれども。
ま、でもロマンはありますよね、何か歴史をいただけるというか・・・うん。

pen「歴史をいただける」という表現がホントに素敵heart50年モノのシャトーラトゥールもこれを聞いて嬉しいと思うわ。

loveletter冷蔵庫に食べ物以外のものを入れてる人が多いそうです。吾郎さんは冷蔵庫に食べ物以外のモノをいれますか?
これはね、僕は基本的にあんまり好きではないですね。お薬とかですよね。カメラのフイルムとか(笑)最近はフイルム入れないか(笑)。そういう事ですよね。
何かね、ニキビ薬だけ入れます。冷蔵庫で保存してくれっていうニキビ薬・・・ニキビって言うかこの歳だから吹き出物ですけど(笑)・・・軟膏というかクリームみたいな。
僕、昔自分の家の鍵がなくなったなと思って探してたら冷蔵庫で発見した事ありましたけどね。何か疲れて帰ってきてビールでもプシュッと開けたりとかしたんでしょうね。その時に鍵をそこに入れちゃったという。う~ん、一番ビックリしましたけどね。
まぁでも冷蔵庫整理しないと。意外と冷蔵庫の中ってすぐ散らかっちゃいますよね。

penTwitterのTLが一斉に「財布も冷蔵庫の中に入れたよね!」というツッコミでいっぱいになりました(笑)。私も思わずつぶやいたけれど。
・・・と言うか、昨日は観劇に行っていた吾郎ファンも多かったのでお留守番組で一生懸命「#ストスマ」のタグ付けて呟いて、ストスマをホットワードにしました(笑)。

musicBattery

【五六二三】
loveletter個人的な事ですが、最初の「恋と音楽」は当時仙台に住んでいた弟と一緒に拝見しました。その時、弟は吾郎さんのファンの女性と知り合い、「恋と音楽」を観劇したおかげで見事結婚へとゴールインしたんです。そんな訳でFINALは3人で観る事になりました。とても楽しみです。
へ~え!これ、嬉しいですね!すごいねぇ!へ~え、弟・・しかも弟!弟が劇場で・・・知り合ったんですね。劇場で声かけたのかなぁ。ねぇ、何かどんな出会いだったのか、そこが知りたいですけどね(笑)。まぁでも舞台見終わって何かちょっと恋と音楽な気持ちになってくれ・・胸がドキドキ・・してくれてたのかなぁ。この舞台の効能というか・・・うん・・・それは嬉しいですね。
ふぅ~~ん・・・そうかぁ。ご結婚されて、もう・・いつしたのか分かんないですけど、でも3人で観に来るってね。へぇぇぇ~そうなんだ!
これ、仙台に住んでいた弟と観たって事は「恋と音楽」パート1って仙台でもやったんですね、お芝居一回。そこの劇場だったのかな。仙台に弟住んでたんだから、そうかもしれないですね。
でも何か結婚とか男女っていう事ではなくても、そこで何かいろんなお友達が出来たりとか、いろんな出会いがあったりとかっていうのもね、よく伺いますし、そういうの凄い嬉しいですね、そういう場になってもらえるとね。同じものを同じ空間で共有したって事で意気投合するって事もありますし、ねぇ何か僕の話で盛り上がってくれたら嬉しいですしね。
そういう繋がりっていうのもホントに素晴らしいなって思うし、やっぱりこういうのは、やっぱりこういう仕事をやってて一番嬉しいな~と言うか、何か僕にとってのご褒美みたいなもんですよね、有り難いなと思いますけれども。

pen吾郎の舞台、しかも「恋と音楽」で結ばれたカップルなんて、もうドラマみたいなお話。
舞台が1年に1回あるおかげで全国各地そして海外からもファンが集まり、吾郎ファンはどんどんファン友達の輪を広げていけるのです。そしてそれを吾郎が喜んでくれて「僕にとってにおご褒美」とまで言ってくれるって、本当に幸せです。

loveletterある番組でV6の坂本くんが舞台期間中はお酒を飲まない、舞台が終わってからスーパーで買い物してから翌朝は朝食を作りながら体を起こして、それから劇場入りするようなルーティンが出来ていると話していました。吾郎さんが舞台公演中に何かルーティンにしてる事はありますか?
う~ん、お酒は・・僕は飲まないって事はないですけど。まぁでもホントに声が勝負なんでね、舞台っていうのは。ただお酒が喉に悪いっていうのは僕はそうは思わないで、お酒を飲んで喋るから喉に悪い(笑)んですよね。まぁ分かんないですけどね。正確には。人それぞれの体質にもよると思うんですけど。
こうしなきゃいけないってルーティンで決めつける事はあんまり僕は逆に・・基本的にないですね,生活していて。その時その瞬間、自分に聞いてみるっていうか、うん・・良く言えばですけど。
まぁあと強いて言えば、午前中に長くお風呂に入る事はありますね。舞台はホラ、朝からって事はないので。早くてもお昼からなんでね。まぁお昼公演の時、やっぱり朝声は出にくいですから比較的午前中長い間お風呂に入って、ゴロウ・デラックスの課題図書とかを読みながら、ねぇ何か体を起こして・・・って言う。
午前中無理して発声練習とかもしないように最近してますね。朝起きて声ヤバいなと思って、昼からの公演だから何か朝お風呂でも入りながら発声練習しながら起こしていかなきゃ・・って焦らないで、昼くらいまではゆったりした気持ちで、そこから一気に声を出していくって言うか、何か最近はそういうルーティンにしてますけどね。

pen「決めつけることはしないで、その時その瞬間自分に聞いてみる」って、言う事は簡単だけどよほど意思が強くないとできないと思う。楽な方へ欲望のある方へ流されてしまうもの。改めて、吾郎さんって強い人だなって思う。

loveletter12月に誕生日プレゼントとしてレコード会社の方にチーズを頂いていましたが、あの後どれくらい消費されていましたか?
これねぇまだねぇ、一口も食べていませんね。(スタッフさんの笑い声)
何でしょうね(笑)・・・パルメザンチーズ・・・ですけど、まだねキッチンに置いてありますね。
でも持つんだよねパルメザンチーズね。何かね、やっぱり人が来たりとかホームパーティーとかしないと、パルメザン大量に使わないよね。まぁちょびちょび切って家でおつまみに食べてもいいんですけど、うん・・・まだ新品でビニール袋が巻いたままですね。
一応報告しておこうかな、と思いまして。

music幸せになってよ (『SMAP 004』)

pen律儀なチーズ報告(笑)。まだ封を開けていないパルメザンチーズ・・・でも考えてみたら、お誕生日の後は怒涛の年末多忙期、年が明けたらすぐに舞台のお稽古~春のお花見とかでゆっくり開けられたらいいですね。
今週の選曲も素晴らしい!「幸せになってよ」・・・ほんと、お幸せに~heart04

house番組HP
稲垣吾郎のSTOP THE SMAP

mailto便りの宛先

〒105-8002 文化放送「稲垣吾郎のSTOP THE SMAP」
メールアドレス smap@joqr.net

bellNEWsign03恋と音楽FINAL」ただいまパルコ劇場で公演中です。
舞台の感想だけでなく、舞台のBlu-ray化、曲だけでもCD化なども何でもお願いしちゃいましょう。
今回はアンケート用紙がないので、パルコのサイトお問合せからDVDのお願いなどをしてみても良いのではないかと思います→パルコお問合せフォーム
はがきまたは電話が良いのでしょうか。Twitterアカウントはこちら @parcotheater
諦めずに、事務所やストスマへ希望だけでも伝えるのは大切だと思います。

bellお願いsign01
*ストスマへのお便りは、SMAP関係のいろいろな部署のスタッフさんが目を通してくださるそうです。
吾郎さんやSMAPのお仕事についての要望などは仲間内やTwitterなどで呟いているだけでは伝わりません。
各TV局などへの要望と共にストスマにも送って、ラジオで読んでもらえなくてもファンの熱い気持ちを吾郎さんやスタッフの方に伝える事は大切だと聞きました。
TV 関係の仕事をしている方に言わせると、とにかく吾郎ファンは(舞台などは観に行くのに)応援の行動を起こさないので有名だそうです。今は芸能界で仕事をし ていくにも本当に大変な時代だそうですので、ファンの応援はとても大切との事、せっかく稲垣吾郎のストスマがあるのですから、これを大いに利用したら、と 思いました。
どうぞよろしくお願いします<m(__)m>

*【これも大切!】
各方面に要望を伝えても事務所のOKがないと難しいようですので、同時に事務所にもどんどん要望を送った方が良いようです。
ジャニーズファミリークラブ宛て(宛先はHPに)
名前・電話番号・住所・(会員番号~入会している場合)
ご意見・ご要望

*【放送地域拡大と共に、TBSでの番組を応援するのが大切!】
ゴロウ・デラックスの感想は、公式サイト

bellNewsign03 *【SMAP・吾郎さんのために今できること】
まとめてみました→改めて、今やっておきたいこと

|

« WOWOW勝手に演劇大賞 | トップページ | 「ミュージカルスターへのお花企画」メッセージブック »

吾郎ラジオ」カテゴリの記事

コメント

最初から最後のバイバイ~まで、温かいですよね。リスナーの質問も吾郎さんの答えもどれも人柄の良さが表れていて外の喧騒が嘘のような素敵な時間です。中居くんのチャーハン話も、ほっけを焼いているだけかと思った等毒づきながらも、自論を展開しつつ中居くんを気遣っている様が吾郎さんらしく微笑ましかったです。振り幅が広いリスナーの質問に淀み無く答えられるコミュニケーション能力はさすがとしか言いようがありません。ウイスキーの話からワインの話に上手く移行して、専門的な話を聞かせてくれるので、思わず聞き入ってしまいますね。
誕生日プレゼントのチーズの話でスタッフの笑い声にも心暖かくなりました。きっと何でも言い合える仲のスタッフが思わず漏らした笑い声だったのでしょうが、わざとらしく無く、ラジオの現場の雰囲気が伝わって癒されました。
毎回の選曲も良く、あっと言う間のの30分ですが、あの声を聞いていると精神が安定して、ラジオがあって本当に良かったとつくづく思います。

サイトーさんのレポも楽しみ!!拝読しながら、あの時間に戻れるからです。

投稿: あや | 2016年3月 4日 (金) 19時53分

サイトーさん、レポをありがとうございます。3・4日と観劇して、これからまた東京観光をして夕方帰ります。札幌から大阪へ行かれた方のおハガキ紹介されてましたが、北海道から行くのは本当に大変です。「夜曲」から見続け、どんなに大変でも吾郎ちゃんの舞台はやめられません。まだ胸が一杯で文章が支離滅裂だったら、ゴメンナサイ!
Good Timingで“桃の節句の日”にお花が新しくなりましたね。いつも写真で拝見していましたが、生で見て、まるで梅の花が咲いているようで、とても綺麗です。もちろん写真に納めました。本当にありがとうございます!
今回久々に一桁台のどセンターの素晴らしい席で、吾郎ちゃんがとびきりの優しい笑顔を向けてくれた時「僕もSMAPも大丈夫だよ」って言ってくれてるような気がして、ホッとして涙が出てきちゃいました。
私の中で「No.9~不滅の旋律」があまりに強烈に残りすぎていたのですが、吾郎ちゃんはさらに高みに上っていましたね!王子様の衣装でため息ものだし、伸びやかな歌声ととても丁寧に大切演じているいて、何より吾郎ちゃんは自身が本当に楽しんで演じているのがひしひしと伝わってきます♪演者者さん達が楽しんでこそ私達も楽しめるんですよね!
生バンド大好きだし、贅沢な舞台だなぁと思います。バンドの音が修司や麗子の感情の起伏まで表していて、ミュージカルと言うよりお芝居と音楽が素敵に融合した新しい音楽劇ですね!佐山さんと仙波さんの小芝居もどをどんエスカレートしていって、二人の修司が自分しか知らない話を確認し合い抱き合う場面を再現し、さらにその二人に吾郎ちゃんが抱きついて大爆笑でした♪何で楽しくて素敵なカンパニーなんでしょう!!
カーテンコールは2回で、3日は本番中台詞とてもスムーズだったのに、何故か挨拶がカミカミになって「僕今噛みましたよね」って自虐的に言って笑わせたり、4日ば「2月になって」って言って客席からもう3月って指摘されたり、なんだか名残惜しそうに話してくれて、自分でゴロチって言ったり、吾郎ちゃん、めちゃめちゃ可愛い!!「皆さんとこういう楽しい時間をすごせることが幸せです」こういう思いを直接伝えてもらえる私達は本当に幸せですね!パルコ劇場大好きです」舞台が始まる前、ふっと「広島に原爆を落とす日」のディープ山崎を演じた吾郎ちゃんが甦ります。吾郎ちゃんが舞台で20年積み重ねてきた凄さを改めて感じています。公園通りの空気も思いっきり堪能してきました♪吾郎ちゃんは永遠のアイドルであり、素晴らしい役者でありエンターテイナーです!本当に長々と支離滅裂にゴメンナサイ!落ち着いたら、思い出した事等またコメントしますね♪サイトーさん、千秋楽楽しんできてくださいね!

投稿: としこ | 2016年3月 5日 (土) 13時34分

wineあやさま
コメントありがとうございます。
確かにストスマを聞いていると、面倒ないろいろを忘れられとても心が癒されて何か自分でもその時は優しい気持ちになれたような気がします。
中居くんとの話は何か微笑ましくていいですね。そんなシーンがあるのならもっと映してくれたら見ている人も楽しめるのに。
いつもよりもっと早口になっているのは舞台の影響でしょうか。
吾郎さんの話の広げ方は本当に上手ですね。
お便りにある人るの話から派生して思いがけない事まで聞けるのも楽しみです。
ストスマで少しずつキッチンの様子などを聞いていたので、先日のシャッフルビストロでの間取り図は更に嬉しかったですね(笑)。

チーズの経過もお話しなくては~と律儀な吾郎さんも可愛いなと思いました。
後ろで本当に楽しそうに笑ったり、時には何か資料を渡したりしているようなスタッフさんの気配もとても好きです。
ストスマ、大切にしなければいけないですね。

wineとしこさま
コメントありがとうございます。
行ってらしたのですね!
私も札幌から大阪まで観劇に行ったというお便りを聞きながら、としこさんの事を思いましたよ!
やはり吾郎さん、遠くから来てくれるって凄く嬉しいですよね。
としこさんは「夜曲」から全部いらしてるんですね。
東京以外の地での公演に行くとき、舞台のチケットだけでなく交通機関や宿泊などの手間が本当に面倒だし出費も多いし、遠くからいらっしゃる方いつも大変だなぁと思います。
でもそれだけの価値がありますものね。

特に「夜曲」から見ている者にとっては、舞台における吾郎さんの進化が素晴らしくて、元々あった才能に加えて作品を理解する力や芝居の技や声・滑舌とかさらには歌も~この素晴らしい段階を見てきて幸せだなって思います。
関わってきた作品も素晴らしいものばかりですし、選ぶ順番も凄いですよね。「No.9」の後に「恋と音楽FINAL」、しかも間を置かずに全く違う魅力を見せてくれました。
いつも、こんな凄い舞台を見せてくれたら、次はどうするの?と思うのですが、その心配はいつも良い意味で裏切られるのです。
3日と4日のレポをありがとうございます。
良いお席で本当に良かったですね!
私も、そろそろ感想をまとめたいなと思っているのですが、素敵すぎて何が何だか(笑)~
千秋楽、楽しんできますね!

投稿: サイトー | 2016年3月 5日 (土) 16時18分

サイトーさんは 恋と音楽 FINALの舞台は
何回も 見にいってるんですか?
同じ舞台を何回も見にいってるんですか?
同じ舞台でも 何回もみることで 分かることもありますよね!
私も もう一度だけ リピートで
見にいきたいのですが お金が なくて…
(o_0)
羨ましいです 楽しんできてください(^ ^)

投稿: ゆうこ | 2016年3月 5日 (土) 23時20分

wineゆうこさま
はい、どうしても何回か行ってしまいます。
千秋楽、楽しんできますね。

投稿: サイトー | 2016年3月 7日 (月) 00時23分

千秋楽の舞台のカーテンコールは
吾郎さん なんて言っていましたか?
もし 覚えていたら教えてください(*^^*)
私も行きたかったので 気になります(^ω^)

投稿: ゆうこ | 2016年3月 8日 (火) 17時36分

wineゆうこさま
千秋楽のカーテンコールについては、もちろん書こうと思っているので、もう少し待っててくださいね。
今、下書き中です。

投稿: サイトー | 2016年3月10日 (木) 00時16分

ありがとうございます(*^^*)
カーテンコールについて教えてほしいだなんて 図々しいことを書いてしまい ごめんなさいm(_ _)m
でも わざわざ書いてくださっているなら
楽しみに待っていようと思います(^ ^)
サイトーさんのレポは 読みやすくて
分かりやすいので とても気に入っています(^o^)

投稿: ゆうこ | 2016年3月10日 (木) 18時11分

wineゆうこさま
ありがとうございます。
カーテンコールについて、おおざっぱなまとめですが、「恋と音楽FINAL大千秋楽」に書きました。
ファンの事を思ってくれる吾郎さん、とっても優しいです。

投稿: サイトー | 2016年3月10日 (木) 21時49分

千秋楽のレポ 読みました(*^^*)
とても分かりやすかったです!!
千秋楽は 出演者の皆さんが 出てきてくれるなんて 豪華ですね(≧∇≦)
カーテンコールは やっぱり千秋楽が 一番盛り上がりますよね(*^^*)
私も 今度から 舞台は 千秋楽を狙って チケットをとろうかな〜って思いました(笑)

投稿: ゆうこ | 2016年3月10日 (木) 22時56分

wineゆうこさま
こちらにもコメントありがとうございます。
今回は「恋と音楽」シリーズのファイナルという事もあって、特に挨拶も濃かったのではないでしょうか。
千秋楽は盛り上がりますね。
それだけチケットを取るのも大変ですが、お互い頑張りましょう!

投稿: サイトー | 2016年3月11日 (金) 00時09分

サイトーさん Twitterもやられてますよね? この間 吾郎さんのファンの方のTwitterを見ていたら 偶然見つけました(^o^) サイトーさんのTwitterも いつも
読ませていただいています(*^_^*)
サイトーさんのレポもTwitterも とても
気に入っています(^ω^)

投稿: ゆうこ | 2016年3月11日 (金) 13時40分

wineゆうこさま
はい、Twitterやっています。
見つけてくださったのですね。
どうぞ、よろしくお願いします。

投稿: サイトー | 2016年3月11日 (金) 21時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« WOWOW勝手に演劇大賞 | トップページ | 「ミュージカルスターへのお花企画」メッセージブック »