« 2016年3月 | トップページ | 2016年5月 »

2016年4月

2016年4月29日 (金)

STOP THE SMAP 4月28日

loveletter吾郎さんはどこの県の方言が好きですか?
方言ね、あんまり考えた事なかったですけど、沖縄とかカワイイですよね、何とかさ~とかね(笑)、あと京都とかもね凄く何か女性なんかは可愛らしいし綺麗だなと思いますし。
ま、でも何か・・ね、いいですよね。自分にはこういう田舎というか東京生まれ東京育ちなので、方言も喋れないし周りにないものだったので、ちょっとした憧れみたいなのはありますけどね。

【SMAPな時間】
loveletter中居さんのミになる図書館を見ました。とても面白かったです。舞台の直前まで収録されて長時間だったそうですが、撮影中のエピソードなどありましたら教えてください。吾郎さんのゴルフのコーチも出ていらっしゃいましたが、コーチとゴルフコースを回った事はありますか?その後、髪の乾かし方は変わりましたか?
そうですね、初めて出演させていただいて、面白かったですね。ミになりましたよ、ホントに。「ミになる図書館」ってホントにミになるんだな~って。
あのゴルフの事はちょっと面白い感じになっちゃってましたけど、あの~基本的に髪の毛の乾かし方に関してはホントに気をつけてドライヤーで乾かすようになったら、何か地肌が良くなったような気がしましたね。まぁとにかく濡れたまんまで、ちょっとタオルドライで放ったらかしにしてたんですけど、朝なんかも現場行く時シャワー浴びて・・わざわざ乾かすっていうかそのまま半分濡れた髪に帽子被って行っちゃう事もあったんですけど、やっぱりあんまり良くないってあの時言われて、結構あれから毎日ちゃんと乾かしてますよね。
意外と素直な自分がそこにいるんですけど(笑)。
でもね、ホントに頭皮とかちょっと良くなった気がしますね。そんなとこに落とし穴があったのかと言う・・・
まぁ、ゴルフに関しては・・・そうですね、僕のコーチで友達でもある森さんが出てくださって、面白かったですね、すごい。本人はね、いろいろとDVDを発売・・結構有名なコーチの方なので、いろいろDVDを出されたり本を出されたりとか、ラジオ番組も出たりとかする方なんですけど、さすがちょっと緊張されてましたね。ちょうど沖縄で女子のトーナメントやってる時でそこから生中継で(笑)、ね、琉球ゴルフクラブからやってくれたんですけれども、凄い面白かったですね。
やっぱり友達が結構(笑)テレビ出る回数が僕の場合多いのでね、最近面白いですね。やっぱ、みんな確実に違うんですね。ちょっとこう・・見たことない顔してましたからね。まぁ、高野・・・ヒロくんなんか全然最近慣れっこになってますけどね。
やぁ・・・皆さんが面白がってくれるんだったらお友達をどんどん出しても面白いのかなとも思いますしね。意外とボクの場合はどういう人と交友関係があるとか逆にあまり喋ってきてなかったし、意外と謎めいたところもあると思うのでね、ヒロくんをきっかけにいろんな人をこれからも出していっても面白いかなと(笑)。
で、皆さんね、意外と最初抵抗あるみたいですけれど、意外とちょっと嬉しそうだったりするんですよね。やっぱりテレビ出るっていうのは・・・うん。
森コーチなんてやっぱりこれでまたいろんなテレビとか出てもらったりとか、コーチとしてもゴルファーとしても、もっともっと有名になってもらいたいなと僕も思いましたしね。
はい~でも面白かったですね。
まだ出たいですね「ミになる図書館」、何かネタがあったらまた出たいですよね。他の方のミになる話でも凄い勉強になりましたよね。きみまろさんのジョギングの話とか、押切もえさんの健康食品の話とか、僕も凄く興味がある事だったので、これは何かいい番組だなって思いましたね。
またちょっと中居さんに呼んでもらえれば出演させていただきたいなと~

pen「ミになる図書館」ほんと面白かったです。素直な吾郎も素敵。専門家の言う事を素直に聞くのは大切って事ですね。
ゴルフの件では結構笑われていたけれど、みんなが面白かったらそれでいいっていう姿勢は本当に変わらないし、お友達も面白くなるならば~って出てくださるんですよね、吾郎のために。いいお友達がたくさん・・・
そして、吾郎がいくらテレビで家の間取り図を書いてくれても、寝室の様子やキッチンの床の材質を教えてくれても、お友達がテレビに出てくれても、電車に乗っても・・・吾郎がミステリアスなのには変わらないんだなって思います。

music胸騒ぎを頼むよ

【メンバーとの時間】
loveletter先日慎吾ちゃんが初めて中野ブロードウェイに行かれたそうです。ロケでしたが合間に本気でお店を物色していたそうです。私は大阪にいるので何となくのイメージしかないのですが、サブカルの聖地なんですよね。昔のアニメのお宝とか眠っているのでしょうか。吾郎さんは行った事ありますか?
うん、中野ブロードウェイは僕は行った事あります、全然いっぱい。
あの学校が中野だったんでね。高校が堀越学園で。ブロードウェイとは逆側なんですけども、それこそ堀越学園の卒業式って中野サンプラザでやりますしね。ブロードウェイも何回か高校生の時行った事ありますし、僕もロケで行きましたね前に。えっと、コマ・・あのコマの・・要するに遊ぶコマ、ベーゴマとか、コマの店に番組で行った事がありましたけど。
面白いですよね、ファッションもいろいろありますし、あと時計屋さんなんかも多いですね。ちょっと安くあの正規の値段よりも買えるような。宝石屋さんとか時計屋さんとかも多いですし。あとアニメなんですね。う~ん・・・面白いですよね、たまに行ってみてもいいですよね。
僕も最近全然行ってないんで。都内で意外と気になってるけど行った事のない場所ってありますよね、きっと。東京に住んでいても、いるのってほとんど渋谷区であったり世田谷区港区ってなっちゃうもんね。なかなか下町の方とか行かないですからね。
北千住の方とかはたまに行きますけどね。わざわざ焼き鳥を食べに行った事もありましたし。1回タクシーで行ったんですけどね、北千住まで。お金かかるかかる。もう7千円近く。何しに行ってるのかなと思って。帰り電車で帰りましたよ、千代田線で。ふふ(笑)
別にさぁ、いいんですけど・・良くも無いか。でもさぁ、往復いくらになる・・1万5千円くらい?タクシー、ちょっと問題ですよね。うん・・・いくら大人でもね。何のために焼き鳥食べに行ったかよく分かんない・・・と思ってね(笑)帰り電車で帰ってきたんですけど。
何でしょう、やっぱ遠いんですか?北千住ってタクシーで行くと。8千円くらいかかったかもしれない。板橋区より遠いのかなぁ。ま、渋谷辺りからなんですけどね。うちは実家が板橋なんでタクシーで帰っても6千円くらいで帰れるんですけど。
あんまり行かないよね~~千住の方とかっていうとね。懐かしいですね、森くん思い出しますね。
あとは~自由が丘とかもあんまり行かないですね。そう考えるとホントに都心部に集中してますよね。東京、意外と広いですからね。地方都市行くと思いますよね、東京って広いんだなってね。まぁまぁまぁ・・いろいろと目先に面白いものがあるかもしれないということで。

pen北千住の焼き鳥屋さん、行きはタクシー帰りが電車だったんですね。どんな感じで電車に乗っていたのか、そればかり想像しちゃいます。
でも単に焼き鳥を食べにいくだけに往復1万5千円かかるのは変だと思える吾郎の考え方がとっても普通で嬉しくなります。お金に余裕がある無しではなくて、価値観の問題ですよね。
ストスマを聞いていると、新たにいろいろな吾郎を知って、ますます好きになります。

loveletter中居くんは海外に行くと必ず自分用に白いスニーカーを1足買うとラジオで言ってました。吾郎さんが海外に行くときに必ず自分用のお土産として買う物は何ですか?教えてください。
へぇ~そうなんですか中居くん。・・・って面白いですね、そういうこだわりが(笑)。何で白いスニーカーなんでしょうね。
でも白いスニーカー好きですね。よく見ますよね。何か・・・僕も意外と、テレビでは履かないですけどプライベートでは白いスニーカー好きですよ。黒い服が好きなので足元だけ白いスニーカーとか結構プライベートではやりますね。テレビだと黒い服でもそのまま黒いブーツとか、せいぜい黒い・・ソールが白いスリッポンとか。ねぇ・・・そういう感じになっちゃうんですけど。
プライベートでは僕は全然スニーカー、白いスニーカーも履くことが多いんですけど。
ブランド物って言ってますね。まぁ、でもブランド物って必ず白いスニーカーありますもんね。
中居くん、服の数とか靴の数とか凄そうですけどね。靴とか、どうしてるんでしょうね。洋服とか多分絶対に洋服用の部屋とかありそうですよね、あんだけ服持ってると。靴とかってどうしてるんでしょう。絶対に普通に下駄箱に入んないよね。う~ん・・・

musicHi-Fi

penお風呂上がりに髪の毛につけるものは?雑誌の連載、BANG!BANG!バカンス!の歌割りについては「続きを読む」からどうぞ。

続きを読む "STOP THE SMAP 4月28日"

| | コメント (2)

2016年4月28日 (木)

映画「少女」

湊かなえ小説映画「少女」に出演が発表!

昨年11月はじめ、舞台「No.9-不滅の旋律-」の地方公演の合間に、愛知県の方でロケの目撃情報が出たのが最初。
撮影を見ての共演者、そして撮影中の映画作品を調べ照らし合わせて「少女」だという事になる。いつも情報をなかなか出してもらえない吾郎ファンは、こういうの慣れてますし(笑)。
ネットで拾った衣装・小道具の注文からの推理とか、それも楽しみの一つでもありますが。

時間があったらまずは先に原作を読む私は、早速「少女」を読み始めた。
どの役か悩むところですが、花火を見てる設定のロケの目撃情報→「おっさん」役と特定。
出ずっぱりで膨大な台詞のある舞台の地方公演がまだ待っている時期に、夏のシーンを11月の浜辺で撮影・・・俳優さんって本当に過酷な職業だなぁと思いました。
「おっさん」は(原作では)いかにも平均的日本人な容姿で何を考えているか分からない謎の男。そして過去にある事件に遭遇して大きなトラウマを持つ。
役者としてとても演じがいのある役だと思い、何回も何回も「おっさん」の出てくるシーンを読んで、吾郎だったらどういう風に演じるのかなと想像しては楽しい毎日でした。

「十三人の刺客」で吾郎が演じた大名の暴君ぶりに魅了された三島有紀子監督は「今度は普通の男が普通の幸せを失い、傷つきながらも受け入れて淡々と生きる姿を演じてほしい」と吾郎を起用したそうです。
原作にはない部分まで監督と話し合って役作りをしたとのこと、
最近吾郎が演じている役とは違う役だと思うので、どんな「おっさん」が見られるのかとても楽しみです。
公開は10月8日。

シネマトゥディ
吾郎のコメントなど→東映
「少女」公式サイト

| | コメント (3)

境界線クイズ2016

bellSMAPXSMAPプレゼンツ 境界線クイズ

スマスマなんだかそうでないのか分かりませんが、面白いからいい!
SMAP下3人が司会進行役。
吾郎が真ん中で主に進行、自由な剛と盛り上げとつっこみの慎吾・・・ゆるくて楽しい。
境界線という事で、3人ともボーダー柄を取り入れた衣装。

【ゲスト】
月9  ラブソングチーム
火10 僕のヤバイ妻チーム
木10 早子先生、結婚するって本当ですか?
優勝チームにはドラマの撮影現場に高級焼き肉弁当100個差し入れ!
フジテレビドラマ番宣番組だったんですね。

【境界線クイズ】
小学生と大人の境界線
整形美人とナチュラル美人
ジェンダーレス男子と女子

テレビを見ながら、はっちゃけたゲストの方達と一緒になって考えるのも楽しかった。
それにしても整形ってすごいのね・・・
水野美紀さん、佐藤仁美さん、八嶋智人さんが特に大活躍。

吾郎:「皆さん、撮影中とは思えないほど元気ですね」
水野:「適当にやってんだよ」
八嶋:「何だと!このヤロウお前・・水野真紀黙ってろ」
水野:「真紀じゃねぇわ。美紀だわannoy

司会なのに自由に踊る吾郎、先に答えを言っちゃう剛、そして吾郎の苦笑いheart04も最高に笑った。
何も考えずに1時間笑っているのって楽しいheartと思わせてくれたつよしんごろうによる境界線クイズでした。

| | コメント (2)

2016年4月26日 (火)

ぷっすま「アイドルダンス部」

boutique今回の課題ダンス:モーニング娘。'16 「ワクテカ Take a chanse」

もう一人のゲスト鈴木拓さんが加わり、4人が4つのパートに分かれて完コピ。
部長のユースケさんの一存で、吾郎は2番目の一番難しいパート。
もう一人の乱入者、江頭さんは全パートを完コピすると宣言!

アイドルダンス部VS江頭2:50 部長の座をかけた仁義なきダンスバトルが始まる!

一人ずつ順番に踊り合計のミスが5回未満で最後まで踊り切れたらクリア。
途中でミスが5回になったら強制終了、最初からやり直す。
吾郎は2番目なので、たくさん見られるかな・・・ありがとう!

【練習】
時間いっぱいを使ってきっちり何回も練習する吾郎。
黒いジャージの裾を上げて細い足首を見せてくれるところが、密かにファンサービスなのよね♪眼福heart01

【challenge】
「余裕・余裕」
と現れた吾郎は、いつも見たことのないファッション、スキニーデニムの上にスカート履いてます。動きにくそうだけど、腰高が強調されてかっこいいわ♪

「5万人の前で踊っているからね」とかハードル上げられて「あのね・・・結構緊張する」ってカワイイ笑顔。でも、さすが1回小さなミスをしただけでクリア。

*吾郎のパートはフリーダンスもあって、ここも見せ所。ものすごくカワイイ。
これ別に毎回変えなければいけないという決まりは言っていなかったけれど、律儀に全部変えてくるところも吾郎は真面目でサービス精神があるわ。
1回目:髪を弄る
2回目:アイーン、投げキッス
3回目:じゃんけん
4回目:コマネチ、江頭

*吾郎が踊っている時のみんなの声
・・・「ごろーちゃぁ~ん、冗談じゃないよぉ~(ユースケ)」「カワイイ」「表情がいい」「顔で魅せる」「かわいい」
表情豊かな吾郎のダンスがとっても受けてました。

結局、後のメンバーのミスで4回チャレンジした訳だけど、吾郎は最初の小さなミスが1回だけ。
緊張する~と言った1回目から表情は豊かだったけど、2回目からは更に歌いながらの余裕のダンス!

ダンスの上手い下手・ダンスのセンスがあるなしなど技術的な事は私には分かりませんが、手足が長くてポーズが美しいところはいつもいいなぁって思います。私は、映像をコマ送りしながら静止画をキャプチャーするのが好きなのですが、吾郎はいつもどこを切り取っても美しいです、ちゃんと基本通りに踊っているから。
・・・私の感想だけですので、お許しを~

とっても楽しい企画をありがとう、剛くん・ユースケさん。
そして、きっちり一人で4人分ミス無しで踊りきった江頭さん、その後俺のキャラじゃないって消えていったところまでを含めて彼の人気の秘密の一つを見た気がしました。

少しずつ出てくる「不機嫌な果実」の予告映像。
ドラマがますます楽しみです。

| | コメント (3)

2016年4月24日 (日)

ゴロウ・デラックス 4月21日(#202)

cherryblossom桜が満開の4月上旬、中目黒でオフ会~お花見編

朝井リョウさん、羽田圭介さん、柴崎友香さん、桜庭一樹さんがご出席。
中目黒・南蛮亭の2階、窓の外は満開の桜、すでに楽しそうに盛り上がっています。
以前、西加奈子さんと小野さんがゲストでゴロウ・デラックスに出演されたとき、収録後に飲みに行ったそうで、更に昨年は西さんの家で作家さん仲間とお花見。
吾郎曰く、もうデラックス・ファミリーだそうです。

present手土産
吾郎:EYEFUNNY2003年ワイン(お友達が作っているワイン)Gd1
羽田:お手製筑前煮
朝井:瀬戸内レモンイカ天(最近はまっているレモン味のイカ天)
柴崎:牛せん(お酒に合う牛肉を使ったせんべい)
桜庭:アボカドオイル(星形に切ったアボカドの皮が入っている・カワイイ)

wineワインで乾杯、オフ会が始まる。
去年のお花見で、羽田さんは手作りクッキーを小分けにしてラッピングして持ってきてくれたそうでlovely今回はMY鍋ごと筑前煮を持ってきてくださいました。意外な一面!
筑前煮は栄養的にも地球上で最強のメニューだと力説する羽田さんと、絶妙な間合いで「いや、地球上は・・・」と謎の微笑みで否定する柴田さんが何か面白かった。
蓋を開けたら湯気が立っている筑前煮はとっても美味しそうでした。

*吾郎の感想
筑前煮「やさしい味」
レモン味のイカ天「面白い!スナックから柑橘を感じる事ってないよね!」
牛せん「旨い!これ、はまっちゃうね」(実際、はまってたようです)
アボカドオイル(野菜スティックにつけて食べて)アボカドする!」
吾郎って初めての食べ物も何のためらいもなく普通にかぶりついてしまう所が案外男っぽくて素敵(もちろん、ゲテモノ以外よ)。好き嫌いがないからなのね。

bookリレー朗読「憂鬱なる花見」萩原朔太郎
窓の外からお花見のざわめきが聞こえる中での作家さんたちを交えての朗読会。しかも「憂鬱なる花見」~何て贅沢!
朔太郎の文章が吾郎によく合う。
羽田さんが突然大きな声で読み出した時、柴崎さんと桜庭さんが笑いながら同時にのけぞって、ああみんな仲が良いんだなって思った。

pencil芥川賞・直木賞作家は春をどう文学的に表現するのか。「春」はNGワード。
「最初に発表したい方はいますか?」の言葉が終わるか終わらないうちに朝井さんが勢いよく「はい!」と手を上げる。何かまだ学生っぽくてカワイイのね。

*朝井:「踊り場は四季の外側」
会社員だった頃、管理業務で年次が上がった社員のために椅子に肘掛けをつける作業を階段の踊り場でやっていた。その四季を感じない空間が好きだったので、それを一言で表したかった。
吾郎:「会社員だったんだな・・・」

*羽田:「稲垣さんにだけなつく猫」
春と言えば西さん宅のお花見。西さんが飼っている猫はとても人見知りをするのだが、吾郎が声をかけると一瞬で来たそうだ。「さすがSMAPすげぇなぁ~」

*柴崎:「猫の声 迷いし路地に花明かり」
最近、句会にも出席したという柴崎さんは俳句で。
酔っ払って帰る道、ひっそり咲いている桜を見つけ、そこだけふわ~っと明るくなっているような感じを表した。
吾郎:「見たことのない桜とか発見しますよね。桜って冬の間分からないじゃないですか、枝だけだと。」
吾郎のこの感性が好きです。日頃から、周りの自然とか四季の移り変わりを感じながら歩くのが好き、と言っていますが、それが本当だと分かる一言。

*桜庭:「男装の麗人ゴロウシリーズ・第2回お花見編」
ミステリー界を代表して(後でTwitterで”代表してすみません”って呟いていらしてキュートな方なんですね)、春をイメージしたショ-トストーリー。
今回のオフ会に出席した作家さん達も登場、1回目と同じ方の挿絵付き。とても面白い展開!みんなで「ちゃんと仕事してきてる」と口々に感心。
これは是非続編を作って出版して欲しいです。
ゴロデラ出版から「男装の麗人シリーズ」「ゴロウがオバケになっちゃった」等々、出版希望heart

楽しそうな雰囲気に吾郎が「みんなでお芝居してもらうのもいいんじゃない?」と言うと、朝井さんが手を叩きながら「文士劇をやりたい」
「やりましょうよ~」と。次はこの劇団デラックスによる文士劇が見られるのかしら。とっても楽しみ。

shadowお互い気になる事を質問
*スケジュール管理は上手くできていますか?
朝井さんは大きなカレンダーにスケジュールを路線図のように色分けしてひと目で分かるように記入。

*何本もの小説を小説を執筆する時、欠かさずにする事は?
朝井さんはエッセイを書き、書き終えた達成感で小説の方も進んだりする。
小説になりそうなテーマはとっておく。
エッセイはできるだけ書きたくないという羽田さんも新聞の連載は原稿料がめちゃくちゃいいので続けている。”新聞の連載は原稿料がいい”という情報も(笑)。

*担当編集によって作品への影響はありますか?
桜庭さんは結構影響されるそうですが、男性二人は全く影響はうけないそうです。

ゴロウ・デラックスでは、バラエティ用に強調したりしない飾らない作家さんたちの本音や人間性、また編集者の方達との関係も垣間見えたり、本の事だけでなく他では知り得ないいろいろな世界が見える貴重な番組だと、この企画で改めて思いました。

apple6年目を迎えたゴロウ・デラックスに一言
桜庭:「吾郎さんも外山さんも本当に読み込んで内容の事を丁寧に扱ってくれるので、表面的じゃないことが本当にありがたい」
羽田:「地上派のテレビというところで、稲垣さんのカリスマ性で一般の人をたくさん集めてもらって、そこで真面目な本の話をするってなると結構凄い影響大きいんですよ。ほんとに小説家にとっては貴重なありがたい番組ですね」
吾郎:「(照れて)何か言わせちゃってるみたい(笑)・・・でも、嬉しいよね、そう言っていただけると」
朝井:「よろしくお願いします、また」

基本的にゲストの方が何回も登場する事はあまりないので、放送後の反響がうかがえるようなこのような感想はとっても嬉しかった。
長く続けるためにも、欠かさず感想を送る事は大切ですね。
番組ファンが多くいるという証拠があれば、番組存続の大きな支えになるとの事です。

ゴロウ・デラックスへの意見・感想はこちら04216

今週はお花見という事で、時折映る桜の映像も本当に美しかったです。
金のダルマも小さくなってちゃんと出演、スタッフさんの行き届いた心遣いも嬉しく、関わっている方みんながこの番組を愛している事が伝わってきました。

後で気がついたのですが、今回は「番組でお世話になった芥川賞・直木賞の人気作家とオフ会~お花見編~」になっているのですね。
番組の基本的な形式は変えずに、たまにロケやオフ会で変化をつけていったら面白いだろうなと思いました。まずは屋形船で納涼オフ会@ドレスコードは浴衣とか、忘年会で文士劇とか。
テーマに沿ったリレー朗読もとても良かったので、実現したらいいなぁ。

| | コメント (5)

2016年4月22日 (金)

STOP THE SMAP 4月21日

loveletter吾郎さんは服を着るときに袖から通して首を通しますか?首から通して袖を通しますか?
あ~~確かにこれ、分かれますよね。僕は首からですね。多分ね、肩甲骨が硬いからだと思います。(笑)袖から通す・・・何だろな、可動域が狭いから多分服が伸びちゃうんじゃないかな・・・って、分かんないですけど。必ず首からですね。首・・袖から通した方が硬い人にはいいのかな。どっちなんでしょうね。まぁ、首からだよね。袖から?あ、そう。いろんな人がいるみたいですけど。

【SMAPな時間】
loveletterテレビ朝日のドラマ「不機嫌な果実」にご出演なさると聞いてとても嬉しいです。今回演じる役どころはまさかのマザコン。吾郎さんを始めSMAPのメンバーにはマザコンのイメージはないので、マザコンの吾郎さんを見るのは楽しみです。
そうなんですね、金曜ナイトドラマで4月の29日から金曜日なんですね、やらせていただくんですけども。夜11時からですね(ホントは11時15分からです)、皆さん是非楽しみにしていただきたいんですけど。今回の役どころっていうのがね、まさかのマザコン潔癖ダメ男みたいな・・ねぇ!凄いですよね。もうそういうイメージなんでしょうね。もう全然イメージは勝手に作っていただいて構わないんですけれども(笑)。う~ん、まぁまぁでも面白いですね。久々のドラマですし、何か最近ホントに象徴的な役というか、威厳があってあまり動かないような役?偉い会社の社長さんであったり、あとはとってもミステリアスな存在であったりとか・・・謎の多い役とかが多かったので、何か今回はホントに人間と人間がぶつかり合うような~まぁ、ラブストーリーなんですけどね、ラブストーリーというかちょっと危険な題材な・・ま、不倫モノというかですね、ちょっとドロドロとした内容なんですけど、まぁでもこういう人間ドラマの何か真ん中に入ってかき回していくような役ってちょっと久々だったんでね、楽しみですね。
奥さん役に主人公の栗山千明さんで、その他にも成宮くんとか六角さんとか、女優さんもそのほかいろいろ皆さん出演されるんですけども、元々これはあの20年前に林真理子さんの原作で一世を風靡したもので、一度ドラマ化もされているんですよね。で、久々のリバイバルという事で、何か香りとしては80年代後半から90年代前半のトレンディドラマとか、いわゆるジェットコースター式ドラマと言われたようなものを思い出させるような、そんな感じのドラマなんで、最近では逆に新鮮なんじゃないかな
僕は凄く面白いと思いますし、ちょっとこれはまぁ危険な題材ではあるんですが、まぁでもダメな事だから見てみたい・・・そういうのはあると思いますし、ちょっとこう・・癖のあるドラマになるんじゃないかなと~はい、4月29日からなので、皆さん楽しみに、僕のマザコンぶりも潔癖症ぶりも観ていただいて~あとラブシーンなんかも今回ラブストーリーなんであるので結構最近の中では珍しいものであるので僕の中では、いろいろと新しい自分をまた皆さんにお見せできるのではないかheartと思いますので、楽しみにしててください。

pen「真ん中に入ってかき回していくような役」「なつかしのトレンディドラマ」「ジェットコースター式ドラマ」・・・何かわくわくするようなフレーズがてんこ盛り。
しかも吾郎のラブシーンがあるんですと!?
あと1週間、待ち遠しいです。
そして、曲が”Mistake!"

musicMistake!

【メンバーとの時間】
loveletter郎大先生、シンツヨ2人のラジオゲスト出演聞いていました。とても楽しかったです。シンツヨの曲を3人で歌うところなど笑ってしまいました。ストスマにもたまにメンバーがゲストで来てくれたら楽しいなと思いました。
そうなんですよね、2人のラジオに、ついにですよね。何かちょこっと出た事とか今まであったんですけどね、正式に出演したのが初めてというか・・・いやぁ何か・・ゆる~い感じでやってましたよ2人。結構僕は普段真面目にラジオやってんだなっていう・・・思いましたよね。
何か緩いんですよ。草彅くんとか、酷いんですよ。なぁ~~んにも考えてないで。何か滑舌悪いし・・(笑)あの~(笑)宛先とか読む時とか、お決まりのね雄叫びとか喋る時とか・・・番組にはたくさんのお便りをお待ちしております~とかあるじゃないですか、ラジオではね、そういうのとかも全然早口で適当だし。あ~何かラジオってこんなんでいいんだ、SMAPになると違うな~みたいな。僕もまぁ・・別に普通ですけど確かに、そんなにまぁ人に物言える程ではないと思うんですけど、それにしても2人のあのゆるさ、2人だから余計ああなるんでしょうね。でも、あれが面白いのかもね。楽屋みたいなもんですものね。う~ん。
いやぁ~何か・・あのラフさに僕はビックリしてしまいましたけれどもね。でも5人でラジオやってたって随分前の話なのでね、他の中居さんや木村さんがどういう・・・モチベーションでラジオやってるのか分からないですけど(笑)、あの2人はもうちょっとちゃんとラジオやってそうですよね。
何を「ちゃんとしてる」って定義とするか、ですけどね。ファンの方はああいうカジュアルな感じがいいのかなとも思うし、こっちが気を遣っちゃいましたよ、何かゲストに行って。
いやぁでもね、面白かったですよ。あの即興の歌とか、ね、凄いですよね。
で、この番組にもお便りくださっている方が、慎吾と剛くんの方のラジオにもお葉書を下さったりしていて、ああこの方僕のラジオにも来るよ~なんて会話もしたりして、掛け持ちで聞いてくれてるんだなと思って。局は違いますけれどもラジオ局は違いますけれども、何かいい交流になっているのかなと思うし、これはメンバーならではの事ですよね、ホントに。
やぁ、でも面白かったですよ。凄い新鮮でしたし、うん・・・何か2人のね感じが心地よかったというか、良く言えば癒やされたと言うか、そういう感じだったんですけど。

pen吾郎のラジオは真面目できっちりしていて、しんつよラジオは癒やしで~とそれぞれが違う個性を持つSMAPだからこそですね。
ずっと続いて欲しいです。

loveletter中居くんがハワイで泊まったホテルの枕が自分に合っていて買いたかったようですが、生産が終了していたらしく残念がっていました。中居くんって頭の枕は2個重ねているそうです。それと、足にはさむ枕、抱っこして寝る枕と3パターン使っていると話されていました。想像しただけで可愛い寝相だなと思います。
ああ~凄いですね。枕4つ使っているって事ですか?邪魔じゃないかな。だって、その場所に、朝起きた時に絶対枕ないよね。足に挟むんですか。ほう~~ 何かきっちりされてるから寝相とか良さそうに見えるけどね、でも普通の感じと寝相の良さとは関係ないんだろうね。
寝相が悪いって事でしょうかね。でも僕も比較的枕は高い方なんで、2個重ねって事はないですけど、何かまだうとうとしてる時は枕を折って使ったりする時はありますよね。
でも何か高いと気持ちいいんですけど、首にはあんまり良くないですよね。ちょっと違和感あっても低めの方がいいんじゃないかなってよく思うんですけどね。当たり前ですよね、体真っ直ぐの方がいいですものね、やっぱり。
僕もね、自分が使ってるベッドっていうのは、地方行って必ず泊まるホテルがあって、そのホテルが使っているブランドのベッドにしたんですよ。ちょっと豪華なベッドなんですけど、結構厚みがあるんですよね。前も話したかもしれませんが、横から見ると四角くてスポンジみたいに見えるという・・・気になりますね、これ。どこのホテルだったんでしょうね。
でもこのハワイ特集、面白かったですね。凄い楽しそうだなっと思って、見てて。
もう何か中居正広と愉快な仲間達ですよね。ヒロミさんをはじめとして。すごく何か楽しそうにね、釣瓶さんをつっこみながらやってて。何かあの番組の中で凄いコンドミニアムというか・・家を物件を紹介してましたよね。中居くんがスッゲェ気に入った11億とか?これいいなぁなんて言ってましたけどね。さすがにちょっとこれは誰も手が出せないよ~みたいな・・芸能人の方々もみんなおっしゃってましたけど。あれは凄かったですね。映像見てて。
う~ん、いいですね何か。ハワイ辺りに別荘とか買ってもらったら、僕も遊びに行けるんですけどね。

musicGAIAにお願い

pen中居くんのバラエティ番組見ていたんですね。
左利きでイラチになるごろち、パリピアのデニムお揃い疑惑、SMAPを目標にする60代アイドルグループについては「続きを読む」からどうぞ。

続きを読む "STOP THE SMAP 4月21日"

| | コメント (5)

2016年4月20日 (水)

ドラマ「不機嫌な果実」制作発表

4月19日13時からテレ朝にて「不機嫌な果実」制作発表記者会見が行われました。
これは通りがかりの人も見られるような方式。
テレビ朝日見学に来た年配の方も「吾郎ちゃん」「吾郎ちゃん」と喜んで見ていらっしゃったそうです。
テレビ朝日1階アトリウムに設けられたステージには吾郎他出演者5名(栗山千明さん、市原隼人さん、高梨臨さん、橋本マナミさん、成宮寛貴さん)と林真理子さんが出席。
その前には何列も記者席が設けられていました。

pencil一人一人の紹介とコメントが終わり、次は質問タイム。
それぞれにフリップが渡され、結婚・恋人・友達にするなら誰にするか、役名でなく実名で書いてくださいと言われる。
この時も、わざと”隣の人に見えないように書きますよ”アピールで体を斜めにしてみたり、それがまたかっこいいんですheart04

*栗山さんと吾郎は「友達」相手どうし。
役では夫婦なのに友達・・・?~何となく残念な空気が流れたのを察して、「でもこれって別に1番2番って順位になっているものではないですよね」と吾郎が発言。
普段から男女関係なく友達でいられると言っている、また安易に順位付けはしたくないという吾郎らしい発言でした。
ここでも会場は和みます。

*橋本さんと吾郎は「恋人」どうし。
何故選んだかというと、お互い趣味がゴルフだったから。
役の上では不倫をしている栗山さんにあてつけるように(笑)、「つきあっちゃおうか!」と真後ろの橋本さんの方を見ながら誘う吾郎。自由自在♪

*吾郎が選んだ「結婚」相手は高梨さん。
でも話を振ってもらえず理由が聞けなくて残念。

*成宮くんが選んだ「友達」は林真理子さん。
「結婚」のところには「稲垣」と。でもこれもMCの方に拾ってもらえませんでした。せっかく成宮くん、面白くしてくれたのに残念。
「林さんとはロンドンでお会いした事があって」と言う成宮くんに、林さんは「では後でメルアドの交換を」
ここですかさず吾郎が乱入!
「本当は僕は全部(恋人・結婚・友達)林さんです!」
と、後ろ斜め一番遠くに座っている林さんの方に身を乗り出して訴えていました。
「舞台はいつも観ています」とおっしゃる林さんに「つきあっちゃいましょうか!」と迫る吾郎。林さん、いいなぁ。
こんな感じで、単調になりがちなインタビューの合間合間に面白い発言を入れて会場を沸かせる吾郎。

drama結婚式の写真(寝室に飾られる)を撮った時、意外にとても(一番?)緊張したという栗山さん。
栗山さん「麻也子にとってこれが人生の絶頂の時なんだなって思いました」と役になり切ってちょっと悲しげにおっしゃっていました。
ステージ横に飾られたこの写真を見ながらのそれぞれの感想も面白かった。ちゃんと覚えてなくて、ほぼニュアンスですが~
成宮:「僕は(演じる役としては)こんなのはどうでもいい浮気するだけです!」
市原:「僕は中学生のようなピュアな恋なので、こんな写真は全く目に入らないんです」

結婚式の写真は撮影が始まって少ししてから撮ったそうです。
ポーズなどは最近の結婚式の写真を参考にしたそうですが、「ちょっとこれで良かったのかな?」と思い始める吾郎、”セクシー先生”と呼ばれている成宮くんを呼んで、このポーズで良かったのかと質問。
全員が席を立って横に貼られた結婚式の写真を見ながらわいわいがやがや楽しそう。こういうとき、控えめだけどちょっとみんなを引っ張っていく吾郎。
そういえばこのメンバー全員「自分が」と前に出る人がいないんです。

bellドラマは「不機嫌」ですが、「最近ご機嫌だったこと」を質問。
順番にご機嫌だった事を話していく中、たまに何となくちょっと大げさに体を椅子の背もたれに預けて斜め上を眺めてみたり下を見たりしていた吾郎。
自分の番が来たら
僕は今、不機嫌です。何故なら横に座っている妻が、(成宮くんと)ラブシーンについて楽しそうに語っているからと、番組のタイトルと自分の役柄もかけての受け答え、会場の大きな笑いを誘っていました。
もしかして、あのちょっと退屈そうな感じもこれの前振りだったのかしら(笑)。
後ろにいたTV関係者のような男性、吾郎の話にいつも楽しそうに笑っていらっしゃいましたが、「稲垣くん、本当に面白いね」と隣の方に話していらっしゃいました。

movie最後は撮影タイム。

そして、中央に敷かれたレッドカーペットを通って退場。この時は目の前を通るのを見る事ができました。

このような会見に行ったのは初めてだったのですが、吾郎の常に空気を読み求められる以上の受け答え、作品のタイトルや自分の役柄にかけてウィットのあるコメントを編集される事なしに聞けたのが本当に嬉しかったです。

最初の挨拶で、脚本読んだときに最初は情熱的なピアニストの役かなと思って。もしかして、イケメンプレイボーイの役なのかなとも。まさかのマザコンダメ男の旦那の役で……(会見記事より引用)」と吾郎が言っていましたが、あるWSでは「不機嫌な吾郎」としてここのコメント「まさかのマザコンダメ夫だった」を繋げていて、これだけ見た視聴者は、吾郎が役に対して不満足に感じて不機嫌だ、と受け取れてしまうのではないか、この方が面白いと思ったのかもしれないけど誤解を招くような操作はどうなのかと思いました。こういう編集ってきっとよくある事なんでしょうね。怖いです。

舞台が終わって1か月と少し、生の吾郎さんは相変わらず本当に美しくて~
実はお顔ばかり眺めていたので、かなりいい加減なレポではありますが、少しでも伝われば嬉しいです。

pen【追記】
「不機嫌な果実」公式HPが更新、会見のレポがupされてました。
自分、どれだけ吾郎の顔にみとれていたのか・・・って感じです(笑)反省!
会見の様子がとても丁寧に書かれていて、ドラマに対する愛を感じました。
29日からのドラマがとても楽しみです。

| | コメント (2)

2016年4月15日 (金)

STOP THE SMAP 4月14日

loveletter吾郎さんはラーメンの中で何味が一番好きですか?
おう~ラーメン。いいですね、ラーメンってあんまり僕は食べてなかったんですけどね、今まで人生の中で(笑)・・
あの、去年ベートーヴェンの舞台をやった時に北九州の方に行った時にラーメン屋さんに行ったら凄く美味しいなと思って、それからちょっと・・まぁ嵌まって・・までは言わないですけどね、何度か食べる機会があったりしたんですけど。何味かなぁ、みんな好きですね。味噌は味噌の良さがあるし、醤油も塩もとんこつも・・・一番はちょっと決められないな。でもSさんはね札幌市なんでお薦めは味噌ラーメンなんでしょうかね。どうなんでしょうか。

【SMAPな時間】
loveletterゴロウ・デラックス、チョーヒカルさんの回を観ました。とってもリアルなボディペイントにビックリしました。吾郎さんの目や山田くんの本棚、外山さんの顔のヒビ、ヒカルさんの独特な世界観に引き込まれました。そして吾郎さんの手に描かれた目は写メを撮ってどなたかに送ったのでしょうか?そして吾郎リンゴはあの後、どうなったのでしょうか?03034
はい、そうなんですよね、これ。チョーヒカルさん、ボディペイントアーティストの方がゲストに来て下さったのが・・・あれは多分まだ2月だったと思うんですよね。なのにね、あのりんごはまだ全然キープできてるんですよね。すごいですよね、でもりんごってへたしたら半年くらい持ちますからね。ちょうどね、吾郎りんごに関しては僕の家の・・どっちかっていうと涼しい所に置いてありますので・・・まぁ、でもこれは2ヶ月持つんじゃないでしょうかね、普通に。
ペイントに関してはしっかり描かれているので、その何か絵が剥がれちゃうとかぼやけてしまう、触るとちょっと絵がにじんでしまうって事もないんですよ。
りんごに関してはまだ僕の部屋の涼しいところって玄関なんですけどね。玄関・・家帰ってくると吾郎りんごが迎え入れてくれるという・・・何かちょっとシュールな状況なんですけれども(笑)。もうちょっと持つんじゃないかな。
それか、冷凍しちゃうか、ね。でももったいなくてとっておきたいなと思って。
手に描かれたペイントに関してはその日のうちに取れてしまったんですけど。まぁでも貴重な経験でしたし嬉しかったですし・・ヒカルさんのアーティストとしての才能というものに凄く感激しましたし、ちょっと今後楽しみですよね。チョーヒカルさん。何かまだ凄い若い方なんで、今後もっともっとアーティストとして幅広くそして飛躍して、自分の世界を突き詰めていくんじゃないのかなって、すごい才能を感じた方でしたね。

pen画像がチョーヒカルさん作「リンゴロウ」です(3月3日ゴロウ・デラックスより)。
ゴロウ・デラックスに出演するにあたってチョーヒカルさんが吾郎の画像などいろいろ観たらフォルムがリンゴっぽいと感じて、リンゴに描いて持ってきたんですよね。
ヒカルさんの才能を惜しみなく褒める吾郎。
玄関に置いてあるなんて、素敵。
ヒカルさんにも伝わるといいなと思っていたら、Twitterで「家に置いてくださっていて嬉しさがすごい」って呟いていらっしゃいました。

musicココカラ

【メンバーとの時間】
loveletter慎吾くんが海外のお城が大好きで、シュノンソー城に行ったことがある、一番好きなお城はノイシュヴァンシュタイン城と話していました。ノイシュヴァンシュタイン城か、うん。いつか吾郎さんと慎吾くんで海外のお城巡りをしている番組を見たいななんて思ったりしました。
へ~え、いいですね。僕、行った事ないですね・・・ふ~~ん・・・あのこのノイシュヴァンシュタイン城ってこれ、あれですよね、あのドイツの大きなお城で、よく見たことありますよね、これは絵はがきとか写真とかで。ロマンチック街道の最終地点なんですね。終点として人気の観光スポットになっている・・・まぁ、城好きだったらここは絶対行きたい所ですよね確かに。僕も行ってみたいですね、いつかね。ドイツ、南部、ロマンチック街道・・・行った事ないので。
これもう一つの方はフランスですね、フランスのロワール地方、シュノンソー。これも凄い素敵な・・これはもう湖の上に建っているみたいな感じなんですよね。
でも慎吾くんがお城好きっていうのも、いい趣味ですよね。お城好きっていうよりも海外が凄い好きですよね。何か楽しそうですね、一緒に旅番組とかね。どんな感じになるのかっていうか、でも意外と香取くんとは趣味が合うというか、お互い好きなものが共通してたり、好きなものでも・・何だろうな・・あの、ちょっとした趣味はもちろん違ったりするんですけど、大きく分けて好きなものが似てたりするところもあるんでね、うん、面白いかもしれないですね。

pen大きく分けて好きなものが似てたりする・・・って凄く分かります。
慎吾と吾郎のヨーロッパ紀行・・・目に浮かびますね。シンゴローにはヨーロッパの街並みが似合いそう。しっかり正装してオペラとか。思い切りおしゃれしてお城巡りしてショッピングして美味しいもの食べてワインやビール飲んで。写真集も付けてBlu-rayも出しちゃおう!

musicはだかの王様

pen家電の説明書について、好きな卵料理、そして舞台について二通のお便り・・・「続きを読む」からどうぞ。

続きを読む "STOP THE SMAP 4月14日"

| | コメント (2)

2016年4月12日 (火)

ニッポン芸能史を生きた男・森田さんの愉快な一生

ニッポン芸能史を生きた男・森田さんの愉快な一生1
   原案・構成 鈴木聡
   噺・柳家喬太郎 X ピアノ・佐山雅弘
   2016年4月11日 紀伊國屋ホール

2011年5月~6月にパルコ劇場で上演された「ぼっちゃま」のスピンオフ企画。
「ぼっちゃま」では、喬太郎さんは、吾郎演じる井上幸一郎=ぼっちゃま宅に出入りする怪しげな古物商の榊原さん、佐山さんは隣のアパートに住むピアニストの森田さんを演じられました。
佐山さんは様々な曲の演奏からちょっとした言葉までピアノで表現、体を張った喬太郎さんの熱演は客席を沸かせてくださいました。
震災直後、余震が続き日本中が悲しみと不安に包まれ上演すら危ぶまれたであろう時、その時だけでも笑いに包まれ温かな気持ちにさせてくれた舞台でした。

この経験がとっても楽しくて、「森田さんってどんな人だったんでしょう」という話から企画ができあがったそうです。
「ぼっちゃま」本編は私が脚本を書き河原雅彦氏が演出、稲垣吾郎氏と白石加代子様が初共演し、震災直後の公演だったこともあり、大変印象深い作品となりました(配られたリーフレット(プログラム)に書かれた鈴木聡さんの『ご挨拶』より)”

第一幕 1917年(大正6年)・・・森田さん6歳
      ↓
     1945年(昭和20年)・・・森田さん28歳

第二幕 1956年(昭和31年)・・・森田さん39歳
      ↓
     2016年(平成28年)・・・森田さん99歳

 

魚屋の倅として生まれた森田さんがお客さんたちの人気者だった6歳の頃から、やがて音楽に目覚め自分で紙にピアノの鍵盤を描いて練習していた青春時代までの森田さん(異常に性欲が強いらしいw)。
関東大震災を経て第二次大戦で出征(
歩兵第38連隊・・・ここだけ細かい設定だが後で意味が~)した森田さん。
敗戦で帰国し、国分寺に住んだ時にそこの大家が没落貴族の倅井上幸一郎「ぼっちゃま」(←ここだけが接点)。幸運にも進駐軍でピアノを弾くという仕事を得て、そこから森田さんのピアニストとしての人生が始まる。

柳家喬太郎さんの巧みな話術で、第二次大戦前後の日本の様子に絡め近代芸能史まで、お勉強できちゃう。更に佐山さん(森田さん)の素晴らしいピアノ演奏で、時代と共に移りゆく音楽の変遷も。
実は生で落語を観るのは初めてで、いろいろな噺家さんのものまねなどは分からなかったのですが、それでも面白かったです。

戦時中の禁演落語五十三席の話から
紙入れ」喬太郎さんの落語が、もう素晴らしかった!新吉とおかみさんと旦那とその他大勢を見事に演じ分けていて、おかみさんの色っぽい事ったら。
こんなに面白いなら、もっと知っておけば良かったと反省。

喬太郎さんはノリにノって「こんなのやって引かれないかな」と言いながら、新作落語の例として「肥辰一代記」も披露。

佐山さんのピアノは、ジャズから戦後日本の歌謡曲、そしてビートルズからカーペンターズまで。自由自在に奏でる音がまた素晴らしくて。
私は佐山さんのあの柔らかなタッチからくるピアノの音がものすごく好き。
ビートルズ大好きなのでとっても嬉しかったのですが、ビートルズから解散ネタになった時はちょっとドキドキしました。

ところで、森田さんはというと1972年、上官だった(という設定)横田さんがグアムで発見されたニュースをテレビで見て驚愕、単身グアムに飛び、まだ残っているかもしれない仲間を探す旅に出たという・・・そこから現在2016年に飛び、話していた榊原さん実は・・・という結末。

喬太郎さん、さんざん話して話しまくり突然佐山さんに「なんでもいいから弾いて」と2度もムチャ振りを。
2回目の「なんでもいいから弾いて」の曲は「恋と音楽のテーマ」豪華アレンジ版。
汚穢屋だのうん○だのさんざん聞かされた後で、いきなりこの曲。何も心の準備は出来ておらず衝撃は大きかったです。それくらい恋音heartロスは大きかったのね。

ラストの演奏は「スターダスト」。
NHKミュージカルドラマ「ホシに願いを」でも「恋と音楽FINAL」でもお話の鍵になったこの曲。
是非一度鈴木聡さんに、この曲に対する思いを伺ってみたいと思いました。

鈴木聡氏は「挨拶文」で、森田さんの伝記まがいをでっち上げ、曲目はこんな感じで、みたいなト書き入れて台本を作りご両人に渡した。自分が書いたものは骸骨、そこに喬太郎さんが肉付けして語り倒し佐山さんが自由奔放に乱れ弾く~”と書いていらっしゃいますが、お三方がとっても楽しくこの作品を作り上げているのが伝わってきました。
自分の思いを表現できる才能って凄いなと、この一夜限りのライブを観る事ができて嬉しかったです。

「ぼっちゃま」で共演の健ちゃん、「恋と音楽Ⅱ」の相島さん、「ぼっちゃま」「恋と音楽FINAL」の福本さんもロビーで発見。
ちょっと懐かしくもなって、ロビーで次々といろいろな方と話していらっしゃる鈴木聡さんの背中に心の中でそっと「また、あのメンバーでミュージカルをなにとぞどうぞよろしく・・・」とお願いしてきました。

| | コメント (0)

2016年4月 9日 (土)

STOP THE SMAP 4月7日

loveletter桜の季節です。私は毎年、友達数人で近所の公園で桜を見ながら宴会するのが恒例です。吾郎さんはお気に入りのお花見スポットはありますか?
そうですね、あの~お花見シーズンで。あっという間ですよね、何か本当に。1年が過ぎるのが。桜の季節になる度に、1年が早いなって(笑)・・・感じるのは僕だけではないと思うんですけど。僕の場合はお気に入りスポット・・・やはり近所がいいですね。家の近所に公園があったりして、ちょっと散歩しながら見上げると綺麗な桜が咲いてる場所があったりとか、あとはあの~うちはマンションなんですけど、僕の家から部屋からちょうど桜が見えるんですよね。あの~やろうと思ったら家でお花見ができると言うか・・・結構我が家はいいお花見スポットなんじゃないかなと思うんですけど。

【SMAPな時間】
loveletter「恋と音楽FINAL」素敵な舞台ありがとうございました。カーテンコールで30年後も40年後も舞台を続けていきたいと聞いて、とても嬉しく思いました。吾郎さんは今後どのような舞台の役にチャレンジしてみたいですか?
そうですね、あの~いろんな事にチャレンジして、しかもいろいろやりつくした感があるように思われがちなんですけど、まぁ~舞台なんてホントにいろんな作品やジャンル、いろんな役柄が、映像よりも可能性が広いですからね。映像だったら例えば何だろうな分かりやすく言えば、まぁベートーヴェンの役は映像ではできないじゃないですか、僕は。
やっぱり舞台ではね、国籍を越えても年齢もあまり関係ないですし、幅広く役柄に挑戦する事ができるんじゃないかな~と思うので、逆にまだやってない役の方が多すぎるので、いろいろやってみたいですけれどね~
シェイクスピアなんかも僕はやった事がないので、非常に興味はありますね。先日、あの~宝塚の、宝塚歌劇団の公演のシェイクスピアのお話を観に行かせていただいたんですけれども、ウィリアム・シェイクスピアの人生のお話だったんですけれども、ね。
まぁ何かシェイクスピア作品とか僕は一度もやった事はないので、興味はありますね。

pen多くの吾郎ファンの夢の一つ、吾郎の舞台でシェイクスピア作品!
吾郎も大切なので2回言ってるし、これはもしかしたら近いうちに・・・と期待してしまいます、勝手に一人でね。
その時は是非、写真集を作ってもらいたいなぁ、コスプレ写真集heart舞台の台詞を朗読したCD付きで。

musicはじまりのうた

【メンバーとの時間】
loveletterラジオで中居くんが、最近毎日朝起きた時に足の土踏まずが痛い、歩けないほどではないけれどイタタタタという感じで痛い。心配になりネットで調べてみると、どうやら加齢から来るものだそうで病気からとかではなくて安心したとの事でした。吾郎さんは何か小さな体の不調とかってありますか?
う~ん・・・足の土踏まずが痛い、怖いですねコレ。痛風じゃないのかな。痛風は土踏まずじゃないのかな。あ、でも結構そうですね・・足の裏側ですもんね。加齢から来るものって。これも心配ですよね、何でしょうね。何かやっぱりあちこち肉体を酷使していると、やっぱり足の裏で重要だって言いますよね。マッサージとかでも足の裏とか、そういうのが実は大切だっていう・・・まあ腰痛であったり肩こりであったりしてもね、足の裏から攻めていく施術師の方とかもいますしね。やっぱり地面に接している部分ですからって言う方、多いですよね。足の裏って結構重要なんでしょうね。
う~ん・・・ちょっと中居くんのこの土踏まずっていうのは・・・加齢から来るものっていうのがあまりにもザックリした診断なので、心配は心配ですけどね。
僕と言えば、特にそう・・・・・・気になることはないですね。
ああ、でも今年、そうですね、加齢から来るっていう事ではないですけども、僕の場合は個人的には、ちょっと今年は若干花粉症気味かなぁっていう。何か毎年違うんですよね。去年なんか全然平気だったんですけど、何か3年に1回くらい来るんですよね。何なんでしょうね、これね。
まぁでも立派な花粉症だと思うんですけれども、僕の場合は鼻水は一切出ない、目がちょっとしょぼしょぼして、喉が若干イガイガっとくるくらいですかね。後はちょっと肌が赤く荒れますね、目の下の辺りとか。充分花粉症の症状だと人には言われるんですけれども、鼻水があまり出ないので・・・何か・・自分の中では認めたくないんですよね。
まぁでもやっぱりこの季節に来るものなので何かしらのアレルギーだとは思うんですけれども。花粉症には間違いないんじゃないかなと(笑)最近は自分でも認め始めたんですけれどもねぇ、うん。
まぁでもあと少しの辛抱かなぁという感じもするので、まだ僕の花粉症に関してはそんなに深刻な問題ではない、と言う。

penこの何年か、この季節になると花粉症っぽいけど、でも違うとか認めたくないとか言っているような気がしますが、とうとう認めたのか(笑)!

良く飲むソフトドリンク、「恋と音楽」シリーズの素敵な生演奏、吾郎のアドバイスで無事志望校に入学した喜びのお便りは、「続きを読む」からどうぞ。

続きを読む "STOP THE SMAP 4月7日"

| | コメント (7)

2016年4月 4日 (月)

おはスマ 4月1日

3月21日から、おはスマは吾郎が当番です。
毎日爽やかな声を聞かせてくれますが、4月1日の新社会人へ向けての言葉が吾郎らしくて印象に残ったので~

【吾郎】

さぁ、今日から4月ですね。学生から社会人になられた方もたくさんいらっしゃると思います。
ドキドキですよね。これからちょうど支度をして出勤する頃だと思います。
新社会人、ねぇ・・・よくアドバイス求められたりとか、そういう年頃になってきましたけど、僕らも・・あんまり何か偉そうな事言えないんですよね。ほんとにね。
まぁまぁでも何かホントにきっとこれからいろんな事を経験して、またいろんな選択・・ですよね、いろいろなものを節目節目で選んで、そして人生を切り開いていくと思うので、その選択だけを間違えないように、ま、間違ってもね、またいいとは思うんですけどね。また道を修正しても。だからその自分の選択をするにあたって、どういう人々と出会うかって事も大切ですよね。アドバイスをしてもらえる人間とかね、周りの人間の環境とか一番大きいと思うんで、どういう人と出会うかって、それも選択だと思うんですけどね。
人との出会い、ホントに大切なんじゃないかなと、つくづく思いますけどね。この歳になってね。
さぁ、という事で新社会人の方に何かアドバイスをしていただきたいな、と。

【速水】
はい、稲垣さんもねアドバイスを求められる年頃になって、って言っていますけど、まぁSMAPのメンバーで言うと、木村拓哉さんとかねホント適切にアドバイスしてもらえそうな気がします。稲垣さんは真剣に聞いてくれそうだけど実はそういう人はあんまりされなかったりするような気がするんですが、はい。(最後のところは何回聞いても聞き取りづらかったので曖昧です)

pen
節目節目での選択が大切、でも間違えたら修正すればいい、というのがとても吾郎らしくていいなぁと思った。人間との出会い・・・最近のバラエティ番組における吾郎のお友達の温かな協力っぷりが、吾郎は本当に素敵なお友達に囲まれているなぁという印象を強くしました。みんな自分の事より友達を大切にする方たちのようですね。
「僕は人を選ぶ目がある」と自信たっぷりに言える吾郎と、そういってもらえる友達。
1本しっかりと通っている強い芯を持った吾郎のしなやかな生き方が本当に素敵だと思います。

金曜日だけ中西さんではなくなってしまったんですね。残念。
中西さんだったら、どんなアドバイスをしてくださったのかしら。

| | コメント (9)

2016年4月 3日 (日)

ゴロウ・デラックス 3月31日 (#201)

6年目に突入、1回目のゲスト・・・
まずは薄紫の着ぐるみが登場、埼玉県マスコット「コバトン」というらしい。
吾郎に「この人、必要ですか?今」と言われる。いつも可愛いキャラには冷たい吾郎(笑)。好き。
そして
karaoke「なぜか埼玉」 唄:さいたまんぞう

今夜は埼玉づくしの30分!だそうです。

chair本当のゲストは 漫画家魔夜峰央さん。
1973年 デラックス・マーガレットに掲載された「見知らぬ訪問者」で少女漫画家としてデビュー。
1978年 代表作となる「パタリロ」誕生、アニメ化・映画化・CD化、スピンオフも含めると単行本は100冊を越える。
1982年 「飛んで埼玉」発表、一部のファンの間で根強い人気。
2015年 同作が、漫画レビューサイト「この漫画がすごい!」で大きな話題になり異例の復刊、Twitterで大きな話題になり、雑誌などでも大々的に取り扱われる。

book今週の課題図書:「飛んで埼玉

テレビに出演する事はほとんどないが、今回の出演のオファーが来た時、奥さんとお嬢さんがいらして「是非出たら?」という事になり出演を承諾したそうです。
「生ゴロウさんを見たい」と奥さまとお嬢さん、更に息子さんもスタジオ隅で収録を見学。奥さまとっても美人、美形一家でいらっしゃいました。
「ありがとうございます。生です~」と挨拶する吾郎。

「今日はいっぱい朗読しちゃおう!」
shadow「飛んで埼玉」で、埼玉県がどのように虐げられているか書かれた部分を朗読
主に説明部分を外山さん、埼玉県民を吾郎が朗読。
あまりにも大げさなので、かえって腹は立たないかもしれません(笑)。
感想を言いながら思わず二人で声が合ってしまった「埼玉狩り!」・・・

新潟から東京に出てこようとして所沢に住んでいた頃、埼玉の人達に「東京への憧れ」を感じてそれをマンガにしてみたのが「飛んで埼玉」

shadow埼玉県所沢育ちの主人公麗・麻実が留学を終え東京の名門校に入学した時の事が書かれている部分を朗読
麗・麻実、白鵬堂百美の声を吾郎が担当、最後は急な腹痛をおこした生徒に向かって「そこら辺の草でも食わせておけ!埼玉県民ならそれで治る!」と言い捨てる(笑)。
この白鵬堂学院では都会指数に応じてクラス分けされている。A組の生徒は赤坂か青山に住んでいる、都下だとE組、元埼玉県民だとZ組・・・
読み終わって、「うちも板橋区の端だから、E組だよね学校だったら」立ち上がって地図のところまで行って「俺ホントこの辺だから、住んでるの。ここ荒川だから~」と詳しく説明・・・スタジオ爆笑。
吾郎って本当に飾らない人なんですよね。

吾郎:「当時これ描かれて埼玉の方々は?」
魔夜:「何も言われませんでした」
吾郎:「センスいいんじゃない?埼玉の人」
魔夜:「と思いますよ。自分を笑い飛ばせる人なんですよ、埼玉県民って。埼玉県以外のどの県でやってもぶつかると思います」
外山:「いい人多いんですね」
魔夜:「だと思います」
吾郎:「草彅くんも、いいひとだもんね」 剛くん写真で登場!

clip実は埼玉県庁がPR誌として発行した「埼玉県のひみつ」も自虐的要素が盛り込まれている。
埼玉県の歴史を見ていくと古代から有力な支配者層が育たなかった。
江戸時代は官僚の天下り先だったため藩主がコロコロ変わり、時流に流され県民性が薄くなったと分析されるが、それは「たくましさ、したたかさ」だとも言えるそうです。

shadow埼玉県よりも虐げられている県があった~という部分を朗読
それは茨城県だった。
実は美人の奥様が茨城出身だったので、つい身内感覚で気軽な気持ちで書いてしまったけれど、親戚からクレームが来たそうです(笑)。

魔夜さんが連載の途中で県外に引っ越したので、自虐ネタではなくなってしまうため完結する事なく終了。
魔夜:「お話はよくいただくんですけどね、無理です。ほかの土地に住みながらこれは描けません」
吾郎:「息子さんだけ住ませるとか」
スタジオ隅の息子さんとお嬢さんはすかさず両手でX
先生のこういう1本芯の通ったところが、きっと埼玉をdisりながらも面白く読ませてしまう何かに通じているんでしょうね。読みたくなりました!

spade魔夜先生プライベートでの趣味
19年間、奥様にバレエを習っている。子供たちの送り迎えをしていた頃、待っているだけだったら、あなたもやったら?と言われ続けて始めたそうです。
何と!発表会に出た時の「瀕死の白鳥」の貴重な映像も公開。
真面目に踊る先生も凄いし、何と言っても中の良い素敵なご夫婦、ご家族と思いました。

201回目の放送にふさわしい楽しい回でした。

loveletterゴロウ・デラックスへのご意見・ご感想はこちらから

| | コメント (0)

2016年4月 1日 (金)

STOP THE SMAP 3月31日

loveletter突然ですが心理テストをしたいと思います。あなたは知らない街を歩いています、迷子になりました。向こうから誰かがやってきます。その人はどんな人でしょう。
笑ゥせぇるすまん・・さて答えは、それはあなたの第一印象です。
僕は
笑ゥせぇるすまんみたいな第一印象なんですか、喪黒さん・・・?納得いくなぁ。

【SMAPな時間】

loveletterメンバーの香取さんは「僕はドラマの撮影中に何か違和感を感じても、それを言わずに全て脚本家や監督の方達に任せるタイプ。小道具の向きがおかしかったりしたら自分で位置を直してる」と言ってました。吾郎さんはドラマの撮影中に自分の考えている事と違う事があった場合、それを監督に言うタイプですか?
あ~僕もあんまり言わないですね。何かおのおのそれぞれの持ち場でプロフェッショナルなので、脚本について脚本家の方に言うのおかしな話だし、演出について監督さんに言うのも、やっぱり自分よりもそれに対していろいろ考えてると思うし、その事ばっか考えていると思うので、それぞれがそれぞれで役割を全うするのが何か総合的な・・・総合芸術というとちょっと大げさかもしれませんが、そう思うのでね。
う~ん、よほど気になる事があったら、これは間違っているなと思ったら言うかもしれませんが、あんまりないですね、ホントに。それくらい、おのおのがプロとして独立している現場だと思うので。


music前に!

【メンバーとの時間】

loveletter先日ラジオで中居くんが、子供の頃買えなかったプラレールを全部買っちゃおうかな~と嬉しそうに大人買い願望を明かしていました。吾郎さんは今、大人買いをするとしたら何を買いますか?
プラレールって中居くん、好きだったんですね。プラスチックの多分ね鉄道ですね。Nゲージとはちょっと違うのね。
う~ん・・・そうだねぇ、大人買いねぇ・・・うん、何だろうね、子供の頃買えなかったもの、もちろんいっぱいありますけど。うん、でもまぁ大人買いだと思う事、多いですよね。何か気に入ったりするとまとめて同じものを何種類も買ってしまったりとかね、色違いの同じもの買ってしまったりとかっていう・・・ありますもんね。ホントにその量必要なのかなと思う事もありますしねぇ。スーパーなんか行ってもちょっと多めに買ってしまったりねぇ。やっぱりそれ子供の頃からするとダメな大人ですよね。反省しますよね。
子供の頃の方がよっぽど知性的だったんじゃないかなと思いますよね。逆にお金ない事の方がね。何か、お金がありゃいいってもんじゃない事、多いですよね。知恵もつくしね。限られた財力の中で生活するって事はね。
結構反省する事多いですよ、僕なんか冷蔵庫で食材が余ってしまったりとかね、うん・・・使わないのにいろんなものを・・・あんまり買い物で失敗はないですけどね。ただ、ちょっとここまで買わなくてもいいんじゃないかなって思う時とか、たまにありますよね。
うん・・ね、何だろうな・・・僕だったらワインとか好きだとね、何かなくなっちゃったら寂しいから、ちょっとこれはダースで買っとこうとか。なくなったら買えばいいのにさ。ね、そういう気持ちの独占欲っていうか何か、そういう欲望の方がよっぽど子供返りしてるっていうか、どうなのかなって自分で反省する事ありますね。自分で言い聞かすんですけどね。なくなってしまっては困るから買いだめしておかなきゃいけない、とかね。
あと結構なくしてしまいがちなモノ、いっぱい買っちゃう物ありますよね。僕なんか、そのリップとかさ。リップクリームとか皆さんいっぱい買っちゃいませんか?いろんなとこ置いちゃって、車の中持ってったりとかさぁ、鞄の中でもポケット入れっぱなしだったりとかして、僕常にリップクリーム10個くらい持ってますよ。多分、車にも1個あるし現場のメイクバッグにももちろん入ってますし2本くらい、自分の鞄の中にも二つくらい入ってますしね、あとリビングにも置いてあるし寝室にも置いてありますしね、洗面所にも置いてありますしね、リップ。しかもリップクリーム最後まで絶対使わないよね。ダメでしょ。最後まで回してあげようよって感じですよね。うん・・・リップクリームは結構反省しますね。子供の頃だって絶対ないですよね、お母さんに怒られちゃいますよね、リップクリームなくしたら。ねぇ、ほんとに。
みなさん、こう気付いたら教えてあげましょうね、皆さん。大人同士ね、こういうこと。

pen”大人買いしてしまう大人”について、子供の頃の方がずっと知性的だったのではないかという表現に( ゚д゚)ハッ!としました。そういう考え方が出来る吾郎が本当に素敵だと思う。
でも、ワインは仕方ないですよね(笑)、美味しいワインがあったらまとめて買いたくなる!良いと思ったワインは後から同じものは作れないし早々悪くなるものでもないし・・・と、私はいつも自分に言い訳してダースでは買えないけれど、ちょっと余分に買いますwine

loveletter草彅くんは機械音痴なので、パソコンから音楽を取り込めないとぼやいてました。パソコン操作が分からず、もう音楽なんて聞かねぇよと暴言を吐いてました。こんなお茶目な草彅くんに救いの手をさしのべる訳ないですよね。吾郎さんが最近ヘビロテされている曲が知りたいな。
何?パソコンから音楽がとりこめないって、何?iTunesで音楽が買えないって事?それともパソコンにCDを入れて1回そのう・・・ああ、そういう事か、それ僕でもできますよ。
僕なんか、パソコン・・一応使ってますけど、あんまりパソコンに対してのこだわりがなくて、携帯電話はiPhoneだし、もちろんiPadも使ってますけど、パソコンはWindows使ってますよ。あの~何でかって言うと、未だにCD付きの中に入れられる・・もうCDなんてものは・・ねぇ、使わないんだよって言う事なのかな。ダウンロードできるし。まぁでも何かCDってありますからね、今でも当たり前のように。僕らもCDを発売させて頂いているので皆さんにCD買ってもらいたいと思うので、やっぱりCDの良さってあるし、ジャケットとかもそうだし、僕ももちろんダウンロードして音楽を買う事ももちろんありますけど、やっぱり何かホントに好きなものってCDで買いますしね。頂いたりって事、僕らも多いですしね、関係者同士とか。そんな時にやっぱり自分のiPodとかiPhoneに取り込みたい時はパソコンを使うので、それだって結構簡単に・・・どっちにせよ、簡単は簡単ですよね。運動神経はいいって自慢してるのに(笑)ねぇ。
最近ヘビロテされている曲は、そうだな・・・もう結構ずぅっとクラシックが多いですね、僕は。やっぱり何か舞台やってからピアノをずっと聞く事が多いですね。「恋と音楽」とかミュージカルをやりながらもね、意外と。でも家帰るとピアノとか聞いている方が落ち着いたりするので、結構バッハのピアノが多いですね。バッハイギリス組曲とかフランス組曲とかね。いろいろあるんですけれども。特にフランス組曲が最近は好きで、何かたら~っとかけてますね。
まぁちょっと暗いよという方もいるかもしれませんけどね、まぁでも何かピアノは少しメランコリックというか、まぁ少し切ない感じというか、う~ん、そういうのも良さだったりするので。
ショパンとかも好きですし。
やっぱりずっとピアノの曲が多いかな、最近は。もちろんジャズも聴くし・・あ、極端にヘビロテって感じは僕はないかもしれないですね。その時のいろいろな気分によって。

penストスマを聞いていると、吾郎の新しい一面がどんどん出てきてますます好きになる・・・
そうか、今はバッハのフランス組曲なのね。
聴く度にルイスの人生を辿ってしまいそうなベートーヴェンは、普段は休まらないかもしれないですね。私でも舞台の場面が蘇ってしまいます。
ピアノ曲が大好きな私は、とっても嬉しい♪

車から見える景色、朝のセロリ、今どきの本屋さん、水分補給、については「続きを読む」をどうぞ。

続きを読む "STOP THE SMAP 3月31日"

| | コメント (2)

« 2016年3月 | トップページ | 2016年5月 »