« STOP THE SMAP 4月28日 | トップページ | 「不機嫌な果実」第1話 »

2016年5月 1日 (日)

ゴロウ・デラックス 4月28日(#203)

今週のゲストは草彅くん。
外山さんはSMAPのメンバーがゲストに来ると「そういえば吾郎さんもSMAPの人」と思うそうで、それくらい普段の吾郎はSMAPという冠?を外して仕事をしているんだなと思いました。
ゲスト登場前、外山さんの「草彅さんってどんな方なんですか?」に対しての吾郎の返答
「草彅さんは優しいですね。繊細な面もありますし、僕はそこに気付かないふりして、僕の方が無神経に接しちゃってることが多いと思います」
・・・この言葉に何かとても胸に迫るものがありました。

restaurant何と、剛くんはお鍋を持って登場。
「何を持ってくれば皆さんの心を掴めるか」と考え、吾郎が大好きなタモリさん家のおでんのタマネギを研究して作ってきたとのこと。
山田くんも一緒にごちそうになって、とっても嬉しそうでした。
まさに同じ味だったそうです。
剛:「最近は吾郎さんの事ばかり考えていたなぁ」

*ゴロウ・デラックスの吾郎について
剛:「とても自由。楽屋にいる時の吾郎さんに一番近い」
ここで楽屋話
はじめはみんな一緒だったのに一人二人と抜けていった。上も下もアクが強いって(笑)。
剛:「慎吾とは何でも話したい関係、吾郎さんとは別に話したくない(笑)」
吾郎:「剛と慎吾は仲の良い友達。剛と僕は縁側に佇む老夫婦」

book今週の課題図書:「Okiraku2」
月間ザテレビジョンで連載中のエッセイ。2007年から8年分のものをまとめた1冊。
SMAPのこと、仕事のことなどその時のリアルな気持ちを時系列で綴られている。

*デニムコレクション
読まれた部分は2009年SMAPでNYに行った時のことを書いたもの。
吾郎と一緒に買い物に行って、Gパンを買った話に関連して、スーツケースに入れてお宝のGパンやGジャンを披露。古くは1910年頃のものまで。
意外と吾郎も詳しくてびっくり。
慎吾とサンローランやエディ・スリマンの話を嬉々とする吾郎は想定内だったけど、ビンテージジーンズに詳しかったのは意外でした。

*結婚観
40歳になった頃(2014年)、結婚して子を持つべきだと思った。
吾郎もこの頃コンサート終わった後の打ち上げなどでこの話になったのを憶えているという。何でもちゃんと憶えているのよね。
吾郎:メンバーに結婚して欲しい。中居くんは家族を大切にするし、結婚したほうがいい要素の方が多い」
剛もテレビカメラに向かって「中居くん勝手な事言ってごめんね」と言いながら「僕とか中居くんは急に結婚するかもしれない」「吾郎さんが一番結婚に向いていないかもしれない」

ずっと結婚できないのかなぁと言いながら、寂しい時ってない?
剛:「ふとした時、寂しいと思う事ある。帰って誰もいない時とか」
吾郎:「朝ご飯を6人掛けの大きなテーブルの端で、ランチョンマットを敷いて食べながら、俺何やってるのかなと思う。モーツァルトを聴きながら思うんだよね」

*吾郎に捧げる歌「HYSTERIC ゴロチ」
外山:「吾郎さんの事をすごい好きなんだなというのが伝わってきます」

”今の吾郎はヒステリックにはほど遠いけど、あの頃の面影は今も胸にある”という気持ちを歌ったもの。
瞳を閉じてクールな吾郎さん、素直になれなくてブルーになっている吾郎さん・・・剛くんの胸の中にはいろんな吾郎の思い出が詰まっているのね。
吾郎だけじゃなくて、SMAPの。

「凄いよね、曲を作って・・・」と言いながら、歌詞が書かれた紙を折りたたむ吾郎。
外山:「持って帰るんですか?」
吾郎:「持って帰りますよ」
剛:「嘘だ!絶対捨てるよ」

「昔はヒステリックだったんですか!?」と驚いている外山さんでした。

山田くんがハンコを持ってきて~
剛:「あ、ハンコ・・・見たことある」
番組最初に「いつも見ています」と言ってたのに(笑)。
吾郎がすかさず「早寝早起きだから(最後まで見ていられない)」と優しく擁護。
山田くんの作ってきたハンコ、「ラブラブな感じで~」と、剛と吾郎の周りにたくさんの♡が飛び交うカワイイ作品でした。
ラブラブって(笑)・・・

剛くんが、とっても穏やかな優しい顔をしていて、楽屋ではこんな感じなのかなぁと思った。
本の紹介よりも、吾郎さんを喜ばせるために料理を作ってきたり、歌を作ってきたり・・・
これも剛くんらしいと思ったし、ゴロウ・デラックスって温かくていい番組だなと思った。

|

« STOP THE SMAP 4月28日 | トップページ | 「不機嫌な果実」第1話 »

ゴロウ・デラックス」カテゴリの記事

コメント

優しさと、気配りに溢れた内容でしたね。今までよく見てきたバラエティー番組では、ゲストが大事にしている趣味や拘りに対して話出したりすると、「時間が無いから」と言って話の腰を折ったり、話させない事を多々見てきたので、剛くんに心行くまで話して貰う吾郎さんはさすが!と思いました。歌もそうですね。照れて茶化してしまう事無く、じっくりと聴いている所に吾郎さんの人間性の素晴らしさを感じたと同時に、剛くんの素直な想いも素敵だと思いました。他ではなかなか見聞き出来ない2人の様子が見られたのも、この番組ならではですね。

投稿: あや | 2016年5月 1日 (日) 12時58分

appleあやさま
コメントありがとうございます。
優しさと気配り・・・そうですね。ゴロウ・デラックスはいつもゲストを尊重してゆっくりとお話を聞きますよね。
たとえ親しい間柄であっても礼儀がちゃんとあるように思います。
とにかく二人の表情が良かった!
SMAPって5人集まった時と、それぞれが2人・3人と集まった時とでは全く違うそれぞれの空気を作るんだなと思いました。
いくつもの言葉の中に30年近く一緒にやってきた中のそれぞれの関係性が表れているようで、今回は何かいろいろな事を考えてしまいました。
でも、この時期でメンバーを呼んだゴロウ・デラックス、とても良かったと思いました。

投稿: サイトー | 2016年5月 1日 (日) 23時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« STOP THE SMAP 4月28日 | トップページ | 「不機嫌な果実」第1話 »