« STOP THE SMAP 5月26日 | トップページ | 「不機嫌な果実」第5話 »

2016年5月29日 (日)

ゴロウ・デラックス 5月26日(#207)

今週のゲストは”バブル時代を代表するトレンディ俳優”今は素敵な2枚目実力派俳優の風間トオルさん。信長のシェフ2にも出ていらしたのですね。

book今週の課題図書:「ビンボー魂
5歳の時に両親と生き別れになり貧しい祖父母に育てられた、その壮絶な貧乏生活を綴った一冊。

両親に裏切られたとも取れる幼少期からの貧乏生活・・・グレなかったですね~という言葉に対して、「グレるというのは対象の人がいるからであって、自分がグレても誰にも助けてもらえない迎えにきてもらえないと思ったら、グレても自分が困るだけと思った」という言葉にハッとしました。グレるというのも甘えなんですね。

今週は風間さんの証言を元に再現した当時住んでいたアパートの模型を見ながら少年時代の生活を振り返る。
貧しいながらものんびりして懐が深い祖父母に育てられ、小さい頃からいろいろなアイディアを考えつくのが得意だったそうです。
洗濯機をお風呂代わりにしたり、公園の花や河原の草を食べたり、寒い冬は河原の石やお屋敷の石塀で暖を取ったり・・・さまざまなアイディアと、おばあちゃんから教わった生活の知恵で貧しさを乗り切った少年時代。

海辺での水着若さ満載な88年発売のイメージビデオを見ながら、風間さんに当時の話を伺う。
風間さんのお話が何故心地よかったのか・・・どんな壮絶な話でも淡々と穏やかに語るからなんだと今気付きました。

どうも自分はついてないなという人も、たまたま今がついていない時期なだけ。
ついていない時期というのは、新しい自分を発見できるチャンス。


風間さん、楽しいお話をありがとうございました。何か心が温かくなりました。

ゴロウ・デラックスへのご意見・感想はこちらまで。

|

« STOP THE SMAP 5月26日 | トップページ | 「不機嫌な果実」第5話 »

ゴロウ・デラックス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« STOP THE SMAP 5月26日 | トップページ | 「不機嫌な果実」第5話 »