« STOP THE SMAP 6月23日 | トップページ | 境界線クイズ2時間SP! »

2016年6月27日 (月)

ゴロウ・デラックス 6月23日(#209)

アフロヘア、シルバーのミニワンピースの今週のゲストは、元朝日新聞記者の稲垣えみ子さん。
今年の1月まで朝日新聞社の社員、編集委員も務め「節電生活」を書いたコラムも連載していた。

book今週の課題図書:「魂の退社
朝日新聞社を退社すると言った時、周囲から言われたのは「おいしいものを捨てて辞めるなんて、もったいない」
でも自分の気持ちとしては「おいしい事から逃げ出したくなった」から。
いつかは人間は死ぬ~お金・健康などを失う時は必ずやってくる、「おいしいものをたくさん持っている=幸福」という価値観だと死ぬとき一番不幸になってしまう。

*なぜ朝日新聞社を退社したのか?
いい記者=特ダネを書く記者と言われていて、稲垣さんはインタビュー取材が好きで独自のインタビュー記事を書いていた。
しかし気がついてみると出世コースから外れていて、またその事にショックを受ける自分も嫌だった。
一方、自分の存在証明のようにシーズン毎にたくさんの服を買うような金満生活も経験していた。
38歳の時、大阪本社から香川県高松支局へ異動。
高松支局では休日は山登りをしていたが、その時に出会ったおじいちゃんのお遍路さんの笑顔を見て、「捨てていく事の重要さ」に気付いた。

東日本大震災の原発事故をきっかけに究極の清貧ライフを始めた。
原発に頼らない生活を実践するために単純に電気代を半減してみようと節電に努めたがなかなか減らなかったため、「電気がない」事を前提に生活を始めた。
定年ではなく、自分できっかけを作るために50歳で退職を決意した。

それでは、一体どんな生活をしているのか稲垣さんの家を見たいという話になって
「僕ら、独身だしさ、お金もモノも貯まっちゃうじゃん」
面白くしようとして言った言葉を普通に受け止められてちょっと慌てる吾郎が面白かった。

house都内某所の稲垣さんのお宅を訪問
エレベーターを使わず階段を使う~個人にかかる電気代の問題ではなく「節電」
カーテンは使用せず、電気もつけず街の明かりを利用。
野菜はベランダで乾燥させる→太陽が半分調理してくれるので調理時間が短くなる。
ガスは契約していないので、キッチンはカセットコンロ一つ、お風呂は使用せず銭湯へ。
洗濯機はないので、小さな洗面器で洗濯。
ごま油が主な化粧品。稲垣さん、お肌つやつやです。
1ヶ月の電気代は160円也。

shadow朗読・・暗闇の中で山田くんが差し出す提灯の灯りで本を読む。
稲垣さんがこの生活にたどり着いた気持ち
「あったら便利」は次第に「なければ不便」に転化、いつのまにか「なければやっていけない」ものがどんどん増えていく。
「なくてもやっていける」ことを知ることと、そういう自分を作ることが本当の自由だったんじゃないか。
(「魂の退社」より)

「全てのテーマですよね」

吾郎が言ったように「節電生活、電気代付きに160円」とかいう事ではなく、多くの事を考えさせられた回でした。
こちらに考える余地を残してくれる吾郎の話し方がいいなぁと思う。

ゴロウ・デラックスへのご意見・ご感想は、こちらへ→ゴロウ・デラックス公式サイト

読み終わって(提灯を持って照らしてくれていた)山田くん、ありがとう」も良かったな。

|

« STOP THE SMAP 6月23日 | トップページ | 境界線クイズ2時間SP! »

ゴロウ・デラックス」カテゴリの記事

コメント

本当に多くの事を考えさせられましたね。共感する部分と、とてもそこまでは出来ないと尊敬に値する部分と別れましたが、その潔さに感銘を受けました。人間誰しも人生の岐路に立つ時が必ずあるもので、吾郎さんも外山さんも参考になったのではないかと感じました。

えみ子さんの生活ぶりを見る為にご自宅へ。そこでの吾郎さんとスタッフの対応の仕方に感激しました。吾郎さんが、多くの知識人から愛される理由、この番組に出演したいと願う作家の方が多いという理由が改めて分かり感慨無量でした。今まで見てきたバラエティー番組のMCは、先ず理解出来ないと否定から入り、弄ったり、落ちに持ち込んだり、自分と違う生活を認めない様な体で終始するのが通常でした。吾郎さんはえみ子さんの生き方に共感する部分があったのでしょうが、先ず受け入れ、ゲストに添った考え方をしていますよね。スタッフも同じくで、その生活を尊重しているから強いライトを入れずにありのままの状態を視聴者に提供してくれた。素晴らしい事だと思いました。

山田くんに向かっての吾郎さんの「ありがとう」素敵でしたね。

余計な事なのですが、本の原稿を執筆なさる時は、未だに手書き?編集者等との連絡は?PCやスマホ等の文明の利器はどうしていられるのかと知りたくなりました(笑)

投稿: あや | 2016年6月28日 (火) 11時48分

appleあやさま
コメントありがとうございます。
今週も良かったですね。
私はモノを捨てられないけれど、でも精神的な部分でとても考えさせられ勉強になりました。
あやさんがお書きになっている通り、決して否定せずまずは受け入れる吾郎の姿勢がとても好きです。
ゴロウ・デラックス番組自体がそうなっていますね。
ですから視聴者もそういう気持ちで見る~ゲストに対するMCの接し方でイメージは随分変わると思います。
ゴロウ・デラックスを見て、こういうゲストの迎え方もあるんだな気持ちよいなと思う人が少しでも増えたらいいですね。

PCやスマホ、どうなんでしょうね、私も気になりました(笑)。
今や、これがないと陸の孤島のような気分になりますもの。

投稿: サイトー | 2016年6月28日 (火) 22時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« STOP THE SMAP 6月23日 | トップページ | 境界線クイズ2時間SP! »