« STOP THE SMAP 6月30日 | トップページ | STOP THE SMAP 7月7日 »

2016年7月 3日 (日)

ゴロウ・デラックス 6月30日(#210)

今週のゲストは番組3回目のゲストとなるジェーン・スーさん。

book今週の課題図書:「女の甲冑、着たり脱いだり、毎日が戦なり
独身アラフォー女性の心をざわつかせるアイテム」への葛藤を描いた1冊
「自分を守るため」なのか「世間に認識してもらうため」なのか、単に「内側からわき起こる欲求」が故なのか、服や音楽、髪型などを甲冑としてまとっている。
「自分をどう見せるかという時に何を装具として装着するか、または一般的に多くの人が好きとするものに対してどう自分がスタンスをとるかで、「所属する軍」が変わってくる。

・・ここを朗読した後で、吾郎が「男もあるよね」と。男にとっての甲冑は時計、そしてネクタイ・スーツ・・・これに「車」を吾郎が付け足す。確かに~

吾郎:「外山さんは女性としてこの本はかなり響いた感じですか?」
外山:「そうだな・・・(笑)」
スー:「外山さんのいいところは正直なところだよね」(笑)
外山さんとスーさんのやり取りも遠慮が無くて楽しい。

【甲冑アイテム】
rouge赤い口紅・・・どうせ私になんて似合わないわと諦め気味なアイテム
女性は子供の頃の原体験として、赤い口紅=化粧、いつかは自分も似合うようになるもの、という気持ちがある。
更にジェーン・スーさん世代としては、中学生の頃に見た今井美樹の赤い口紅のCM~赤い口紅をカジュアルなスタイルに合わせる~が衝撃だった。
吾郎がそのCMを知っていて、ビックリ。子供の頃から綺麗なもの新しいものに目が行ったんですね。
外山さんの赤い口紅体験は「お祭りでお神輿を担ぐ時に塗ったことがある」でした(笑)!
口紅について
吾郎:「ちょっと一瞬お化粧室とかに食事中、女性が立ってさ、帰ってくると塗り直してくるよね。あれいいよね。」
外山:「天ぷら食べた後みたいに(笑)」
吾郎:「そうじゃないよ!(笑)」「想像しちゃうよね、どうやってつけてるかとか」
グロスの塗り方についてジェーンさんに振ってから、どうでもよくなった外山さん。
スー:「あのさ、フッといてさ、0.5秒で外野になるのやめてもらっていい!?何その置き去り(笑)」
吾郎:「よくやるよくやる・・・」
そんなジェーン・スーさんが出会ったのは野宮真貴さんがプロデュースした赤い口紅。
その人それぞれに似合う「赤」があるのだという事が分かった、と持ってきた口紅を外山さんに塗ってみたら~と薦める。
尻込みしながらも塗ってみる外山さん。
この時、目の前の外山さんが口紅を塗る間、下を向いて待っている吾郎。
そして塗り終わって直ぐに見て率直な感想を~
「いいじゃないですか!そのくらい色をつけた方がいいよ、普段から」

appleオーガニック野菜・・・本心では仲間に入れて~と指をくわえてしまう流行りもの
無農薬だ何だと本気の人と違って、オーガニックってファッションだと思っていたスーさん。
あるとき、オーガニック野菜を使ったサラダのランチを食べてみたら美味しかった。
試食:食べ比べ。吾郎の食レポがすばらしい。
*トマト・・・フルーツトマトで糖度が高いだけというのではなく、ちゃんと甘みと酸味がある昔のトマトみたい。
*クレソン・・アロマとしてつけたくなるような素晴らしい香り、そして美味しい。

「ああ、何だ。野菜clover美味しい」とぱくぱくクレソンを食べる外山さん。
「お嬢さん、何言ってるんです?」と慌てるジェーンさんに「野菜食べないんだよね」と吾郎。
可愛い妹の代弁をする兄貴みたい。ほんとにこの二人は微笑ましい。
その後も、ただの茎だけをむしゃむしゃ食べている外山さんと吾郎。
「ちゃんと真面目に作ったものは美味しいっていう事で、何でもかんでも斜めに見た気になっているのは本当に良くないな」と、スーさんは実際に食べてみて気付いたそうです。

hairsalon前髪パッツン
スー:「おでこって裸体と同じようなもの。おでこを隠すことによって鉄壁で自分自身の素を隠せるような気持ちになれる」
吾郎:「僕もそうだもん。前髪なかったら嫌だもん。僕の髪型は甲冑だ!」
前髪を甲冑とする事により、素の自分をちらつかせたくないのではないかというような「女心をざわつかせるもの」としての「前髪パッツン」

外山:「できるだけ隠れていると眉毛とか描かなくて楽かなとは思いますけど」
スー:「また楽か!?めんどくさいと楽以外で話してみろ!」

パッツン前髪のカツラを被ってみる外山さん。
すっごく似合って可愛い。本当に嬉しそうに大笑いしていた吾郎ですが
「似合ってるよ。出しちゃえば、写真集。」~~本当に優しいな。

「似合ってますよ、相席屋とかでモテそう」珍しく山田くんにまで弄られる(笑)。
外山さんって、さっぱりしていて親しみやすいんだろうなと思う。

スー:「分かるっていう風に同意してくれるのが毎回稲垣さんの方なんですよね。」
吾郎:「僕、結構何度も言ってるけど、心はおばちゃんだから」

楽しかったsign03
何だろう、昼下がりの青山辺りのカフェのテラス席にいるみたい。
お酒も強そうな3人だけど、今週の話題は夜ではなくて昼間っぽい感じ。
テンポ良い会話が最高でした。

ゴロウ・デラックスはゲストとその話の内容によって、カフェのテラス席だったり、夜景の綺麗なラウンジバーだったり、焼き鳥屋さんだったり、隠れ家的ワインバーだったり・・・ゲストの本の内容とかお人柄と共にいろいろな空気感が楽しめる気がします。
来週はブックデザイナーの祖父江 慎さん。楽しみです!

pencil番組へのご意見・ご感想は、こちらまで

|

« STOP THE SMAP 6月30日 | トップページ | STOP THE SMAP 7月7日 »

ゴロウ・デラックス」カテゴリの記事

コメント

3人のトーク、良かったですね。3人それぞれ自分というものをしっかりと持っていながら、誰一人「自分が、自分が」でないところが、好感が持てます。多くの女子が夢中になっている流行り物を、興味無さ気な外山さんを突っ込むジェーンスーさんに笑ってしまいました。外山さんのあのさっぱりとした感じが好きです。口紅を塗った外山さんを誉める吾郎さんはさすがですね。共演者にさりげなく誉めて貰えるのは嬉しかったでしょうね。心憎いほどの気配りと優しさが、チームワークの素晴らしさに繋がるんでしょうね。外山さんも山田くんも決して前へ出ることなく、吾郎さんを立てる姿にもこの番組が心地良く見られる要因だと思っています。

オーガニック野菜も前髪ぱっつんも3人のトークの回し方が絶妙で楽しく、笑ってしまいました。何時間でも続きそうなトークを傍で黙って聞いていたい!そんな気持ちにさせてくれた、女子力最高の吾郎さんに感謝です。

投稿: あや | 2016年7月 4日 (月) 20時10分

appleあやさま
コメントありがとうございます。
本当に楽しい30分でしたね。
3回目の出演でしたが、毎回新鮮なトークを聞く事ができて、スーさんの新しいものを関知する力が凄いのと絶妙な組み合わせの3人、ずっと聴いていたいお喋りでした。
「この人は、これで弄ろう」という目的のためのトークではなく、それぞれの感じ方から発展するトークなので、みんなアンテナを張り相手の言う事をキャッチして発信、そして優れた編集があって成り立つものですよね。
女子力が高い上に紳士な吾郎さん、最高です!

投稿: サイトー | 2016年7月 5日 (火) 23時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« STOP THE SMAP 6月30日 | トップページ | STOP THE SMAP 7月7日 »