« 2016年7月 | トップページ | 2016年9月 »

2016年8月

2016年8月30日 (火)

SMAPXSMAP 8月29日

restaurantビストロゲストはオリンピック金メダリスト・ベイカー茉秋くん。
大学生の茉秋くん、素直で本当にいい人。
柔道一筋で遊ぶ時間もない学生生活を送っていても、それが本当に自分の選んだ道、好きなものだから~という明るい表情がとっても良かった。
しかも顔も可愛い♪面食いです。

*ベイカー茉秋プロフィールクイズ
早押しでサクサク進む感じが良くみんな張り切って回答していましたし、中居くんさすがの進行でした。
手押し相撲対決は、あんなにサッサと勝ってしまって良かったのだろうか・・・
というのがちょっと気になりましたが、まあ放送時間は限られているからいいのか。

*試食
・・・中居くんの「下ネタですか?」にちょっとニヤニヤ(笑)。
おいしい!で出てきた茉秋のおばあちゃまが最高に面白かった、慎吾お疲れ様!
「判定の時間です」で、「もう判定か」と呟く茉秋くんの言葉が、ビストロが楽しかった事を表していて良かった。
「オリンピックという舞台は一生掛けて頑張れる舞台なので、東京も頑張りたい」という茉秋くん、これからも応援します。
ゴロウ・デラックスにしてもビストロにしても、ゲストのいい所を引き出してくれるので、これからも応援したい!と思うようになります。

ひと区切りついて吹っ切れたような、年内続ける限りは意地でも頑張るという印象を受けたビストロでした。
楽しかったです。

shadow堅井堅
その時々の平井堅さんに似せて作っている堅井堅さん。
もう、大好きです。
今回はゲストの方にドッキリを仕掛けられるという企画で、コーヒーの代わりにめんつゆ飲まされたり、ペットボトルの水が爆発したり椅子が壊れたり・・・
めんつゆ、匂いで分からなかったという吾郎、コントとは言えものすごく集中しているんだなと思いました。
床に座ったツーショット、可愛かったheart

music平井堅xSMAP 「魔法って言っていいかな?」
水を使ったセットが幻想的で美しい。
そして吾郎、ウエーブのかかった前髪が額に垂れて、何とも美しかった。
【美】・・・ありがとう。

| | コメント (2)

2016年8月29日 (月)

ほんとにあった怖い話・2016年

夏の風物詩「ほん怖」と言ったら「はい、吾郎さん♪」

押し入れが怖い
病棟に棲む五円玉
呪いの絵馬
もうひとりのエレベーター
誘う沼
夏の知らせ

今年で17回目という「ほん怖」
Sexy Zoneの中島健人くんのように、小さい頃から大好きだったという番組ファンがドラマ主演というのは何か感慨深くて嬉しいです。

「病棟に棲む五円玉」に出てきた女の子が上手くて怖かった(笑)。
いつも締めくくりを感動的ストーリーにするのもいいですね。
「夏の知らせ」は父の愛に思わず涙しました。どんどん涙もろくなってる(笑)・・・

怖い話は大好きだけど、やはり「はい、吾郎さん」があると嬉しい。
贅沢を言えば、以前のように「霊についての話」があると、より理解できていいのに。
先日、ストスマで吾郎さんが「墓地が怖いなんて言ってはいけないんですけど」と言ってましたが、「ほん怖」で勉強するって、そういう事なんですよね。
来年も是非吾郎さんで♪

| | コメント (2)

2016年8月28日 (日)

ゴロウ・デラックス 8月25日(#218)

今週のゲストは番組最年少、山本健太郎くん13歳中学1年生。

book今夜の課題図書:文房具図鑑
最初は大好きな文房具をテーマに書いた夏休みの自由研究だった。
100ページ全て手書き、168個のアイテムが全て実寸大に描かれている。
良い所だけでなく改良すべき点なども率直に書いてあるのも人気の秘密の一つ。

図鑑を書くきっかけになったのは、イラストレーターをしているお母さんから貰った白い本。
これに好きなように描いているうちに図鑑ができた。
ここから、図鑑を見て気になった文房具、お薦めの文房具を紹介しながら話を聞く。

pencil山本健太郎くんお薦めの文房具
*ゼブラデルガード(486円)
中に入ったバネが力を吸収するので、芯が折れにくい。

*ぺんてるオレンズ(540円)
0,2ミリの細さを実現したシャーペン
文房具図鑑のカバーを外した表紙のイラスト

*ぺんてるノック式エナージェル(216円)
乾きが早いので、左利きの人に最適。
色むらもないと吾郎さん、大変気に入ったご様子。
0,3ミリから1,0ミリまで種類も豊富。
欧米ではアルファベットなので0,7ミリ、日本では漢字を書くので0,5ミリが人気だそう。
ちなみに吾郎さんは、0,5ミリがお気に入り。

drama吾郎さんお気に入りのボールペンPhoto_3
イタリア製デルタドルチェビータ ミディアムボールペン。
(私も同じデザインのを持っているのですが、私はミニでした。残念!)右の画像は私のドルチェビータ・ミニ

house山本くんと山田くんが文房具店「たんたん」へ
山本くんは小さい頃からおもしろ文房具が大好き、集めるきっかけになったのは、「たんたん」という文房具屋さん。
変わり種消しゴムの取り扱い数は日本一。
一人はしゃぐ山田くん(笑)、山本くんの方が落ち着いてる。

山本くんは現在550個くらいの文房具を持っているとの事で、山田くんご自宅も訪問。
中学生男子の部屋なのに、整理整頓されていてキレイにディスプレイされている。
空箱がぶら下がっているコーナーもあり、これは機能をちゃんと分かるためにとっておくそうです。

clip山田くんお薦め今すぐ買いたくなる最強文房具082512
*三菱鉛筆パワータンク(216円)
ボールペンの欠点を全てなくした。
上向きで書いてもずっと書ける。
濡れた紙にも書ける。
これを山田くんに手伝ってもらいながら吾郎が試し書き。
「通販番組みたいだね」

吾郎は試し書きのノートに様々な線と自分の名前やサインを次々に書いていく。
知らないうちに、何か顔の半分のような絵まで(笑)。
指毛をうっとり眺め、深夜のヘンタイと化す30分でした。
それにしても、手まで美しい。
このノート、赤坂サカスとかTBSの入り口辺りにガラスのケースに入れて展示して欲しいわ♪

*サクラクレパスアーチ(108円)
100円なのに死ぬほど工夫がある消しゴム。

*コクヨプラスチック消しゴム<リサーレ>プレミアムタイプ(129円)
図鑑には載っていないが、健太郎くんが今一番のお気に入りの消しゴム。
とにかく消しやすく、消しかすがまとまる。
集めた消しかす(消しゴムと同じくらいの大きさ)まで持ってきてくれた健太郎くん。
外山:「集めたんですか?」
山本:「えっと・・授業中、暇だった時に・・・」
吾郎:「暇じゃないよ、授業中(笑)」

吾郎:「将来の夢は文具メーカーに勤めるの?」
山本:「僕は漫画家になりたいです」
吾郎:「そっか、事細かい描写といい・・・作家とか漫画家さんになれるよね」
実は小学2年生の頃からギャグ漫画を書いているんだそう。

最後は山田くんからハンコ作品のプレゼントと
健太郎くんから吾郎さんへ、イラストが描かれた「ありがとうカード」のプレゼント。

「漫画家さんになって、また番組に来て欲しいよね」

ちょっとはにかみ笑顔の健太郎くん、「緊張してます」と言いながらも落ち着いていて、とてもお話も分かりやすくて、凄かったです。
今日は文房具という事で、山田くんもロケをしたり大活躍。
山田くんはネーミングも興味があるみたい。
番組中、右上のテロップのデザインがMONO消しゴムと同じになっていて(上画像参照)、ゴロデラスタッフさんのこういう遊び心も好きなところの一つ。
吾郎も外山さんも、いつもと変わりなく大人の人のように接していて、ゴロウ・デラックスやっぱりいいなぁと思いました。

漫画家になった健太郎くんをゴロウ・デラックスでまた見るのを楽しみにしています。

pen番組へのご意見・ご感想は、公式HPまで
番組存続のお願いは、TBSの方へも送ってみてはいかがでしょうか。

| | コメント (2)

2016年8月26日 (金)

STOP THE SMAP 8月25日

SMAPの稲垣吾郎です。まずはオープニングの呟きメッセージをご紹介します。

loveletter吾郎さんは夏の終わりを感じる時はどんな時ですか?
夏の終わり・・ねぇ。何かわくわく・・・自然とわくわくしてくる時ですね。まあその匂いであったりとか空の色であったりとか食べ物であったりとか、いろいろあるんですけど、何故わくわくするのかと言うと・・・秋が好きだからですね。(笑)はい♪うん・・何かね(笑)夏が、あの・・まあ夏は夏の良さがあるんですけども、どっちかって言うと秋冬が好きなワタクシとしてはちょっと秋の気配を感じたりするとちょっとわくわくしてきますけれどもねぇ。普通、逆ですよね。

【SMAPな時間】
loveletterスマスマのコント「不機嫌なゴロー」がとても面白かったです。おぉ~っと言いながら障子を破る吾郎さんが猫ちゃんみたいに見えました。そしてひとしきり破り終わってから栗山千明さんに上もあるとばかりに顎で指摘されて、ピョンピョンしながら障子を破る姿が何度見ても笑えました。吾郎さん、なかなかパワーのいるコントだったのではないかと思いますが、いかがでしたか?
ま、久々のコントだったんでね、楽しかったんですけれども。あの~何故か栗山さんとドラマ終わってから久々の再会で、何かやっぱり不思議な感じもしますし、ね、ず~っと夫婦の役をやっていて・・本人もおっしゃってましたけど、マネージャーの役とタレントの役でしたが・・ね、コントの中では。凄い不思議な感じがして。
まあ、やっぱり久々に会っても栗山千明さんは本当にお美しい方だな、と。はい。もう凄いですよね。彫刻のような、もうホントに完璧なるシンメトリーな顔立ちに、デスマスクとかちょっととってみたい位な・・・ねぇ、顔立ちですよね。やっぱり相変わらず・・凄い・・日本のこういう芸能界というか、まあねぇ映画とかドラマとか女優さんの中で、なかなかない魅力を持った女優さんなので・・うん、やっぱり凄いなぁなんて思いながら・・ねぇ、演技も凄くお上手ですし。感心してドラマの最中はずっと見てたんですけれども。もう女優さんになるべくしてなった感じですよね。ねぇ!ちょっと・・吾郎さん絶賛ですけれども(笑)!まあ本人とはね、こういう話しはなかなか、あんまり・・気持ち悪いと思われたら嫌なんであんまりしないですけども。
久々にお会いできて、
綺麗なものって見てるだけでも凄くいい時間になるのでね、その時間が。
そんな印象でしたけれども。心の中は不機嫌の真逆です。上機嫌なゴローだったんですけれども。

pen吾郎大絶賛!確かに栗山さん、とってもお綺麗。
でも吾郎さんも・・・栗山さんへの賛美を全て吾郎さんにも~
そして、綺麗なもの=吾郎って観ているだけでも凄く素敵な時間になって幸せになってますheart
それにしても「気持ち悪いと思われたら嫌なんで~」と、そんな事心配する必要なんてこれっぽっちもないのに、そういう普通の人の感覚を持つ吾郎が大好きです。

musicMoment (2012年 48枚目シングル)

【メンバーとの時間】
loveletterこないだパワスプがスケジュールの都合で剛くん一人の放送でした。吾郎さんはパワスプにゲストで出た後、「何?あの緩さ」と言ってましたが、慎吾くんがいないとあんなレベルではありません。法令線とほうれん草を間違えて話を進めてるし、塩水の事を「えんすい」と読むし、お手紙の宛先も言えないし、ギターをぽろんぽろん弾きながら適当にずっと話してて、度を超した緩さにずっと笑ってしまいました。吾郎さんが聴いたらイラチ間違い無しです。
そんな事でイライラしませんよ、だって自分に害がないんだから。だいたい僕がイラチになる時って自分に対してストレスを感じる時なので、ねぇ、はい。
何かちょっと希薄な感じがしますけれども、僕のこのコメントも。(笑)
あ~そうなんだ~凄いですね。法令線とほうれん草(笑)・・これ、ディレクターさんっているんでしょ?ねぇ。だってビクターさんもいるんでしょ?(スタッフさんとやりとり)・・うん・・
凄いね。もう神の領域だよね。何しても許されるんだよ。まぁ、それが草彅くんの魅力・・という事しか言えないんですけどね。こういう話しになると(笑)。でも魅力なんですよ、やっぱり。うん・・だって結局楽しかったんでしょ?Kさんだって聴いてて。ファンの方は大爆笑だよ!
みんな大爆笑だよね。凄いですね、これをそのまんま放送できるんだからね。
別に僕も・・計算して凄く皆さんの事を思いながら、こうしたら楽しんで貰えるのかなとか、こういう展開がいいかなとか僕も別に考えては喋ってないですよ。今だって考えて喋ってないわけだし。まあ同じっちゃ同じですけどね。
うん・・・まあ僕の中では、あの~分かってるんですよ自分の面白さっていうのは。この何かちょっと理屈っぽく草彅くんの事を分析している僕が面白いんですよね。それも分かってますよ(笑)・・って自分で言うのもおかしいですね。しかもこの番組も今も多分これもあまりカットしないと思う、今僕喋ってる事ね(笑)・・・このまま流すもんね(笑)多分ね。
いやいやいや・・皆様には感謝しますよ。ホントに。付き合ってくださるんですもの、こういう・・ああでもない、こうでもない・・僕が言ってる事も、ね!
ギター弾きながらラジオやって許されるのは、その道のアーティストの方しか許されないよね。南こうせつさんとかさ、ね、アルフィーの皆さんとかさ、泉谷しげるさんとかさ、福山雅治さんとか・・そういう方だったら分かるよ、うん・・・いやいやいや、まあ、今後ともこのパワスプもストスマも、皆さま今後ともよろしくお願いいたします、という事で。

penさりげなく、パワスプの宣伝も怠りなく~
稲垣吾郎、草なぎ剛の魅力を語るラジオにファン喜び」などというネットニュースにもなっていて、こんな時でも何か微笑ましいわ。

好きな空、ジェンダーレスな装い、千円札の顔、会津の名物についてのお便り~でもここから吾郎独自の展開になっていくところが、ストスマの楽しみ。この後は「続きを読む」からどうぞ。

続きを読む "STOP THE SMAP 8月25日"

| | コメント (3)

2016年8月22日 (月)

ゴロウ・デラックス 8月18日(#217)

今週のゲストは中村文則さん。
2005年「土の中の子供」で芥川賞受賞
人間の中に潜む悪を描き続け、これまでいくつもの賞を受賞した若き文豪ですが・・・
入ってくるなり「華やかすぎて落ち着かないです・・・僕、明るい人間ではないので・・・こういう所に来ると、どっか隠れたくなる~」と周りを見回す、可愛い(笑)。小動物系?
何と、あの「西加奈子さんのお花見会」で、吾郎とは出会っていたとのこと!
西加奈子さん、凄い!

shadow人生年表
1977年愛知県生まれ
子供の頃は本に興味なく、高校1年の時に出会った「人間失格」をきっかけに本に夢中になった。
2002年25歳「銃」新潮新人賞受賞で作家デビュー
「銃」の舞台が高島平、当時中村さんは西高島平に住んでいたという事で話しが盛り上がる。
実は中村さん、「銃」の前に2作書くが一次予選に落ちていたそうです。そこで作家は「客観的に見ること」「書く能力と読む能力」が必要と気付いた。
2005年「土の中の子供」で芥川賞受賞
2014年デイビッド・グーディス賞(アメリカ・優れた犯罪小説に贈られる賞・日本人初受賞)

「銃」銃をいつも持ち歩いているうちに殺意が芽生えた話。
「遮光」亡くなった恋人の指をホルマリン漬けにしていつも持ち歩く主人公。
・・・人間は「悩み」をいつも持ち歩いているのではないか。

pencil小説のテーマの書き方
書きたいモノは途切れない。いつもモヤモヤしたものを抱えている。0818
テーマが決まりかけたら、テーマにあったデザインの創作ノート選びから始まる。
思いついた言葉をノートに書いていく。そして一番集中できる時間にPCで書く。
一番頭が働く時に集中して書くと、あんまり覚えていない。それは人間の無意識まで降りていけるので普段では思いつかないフレーズが書けたりする。
吾郎:「ハイというか・・ゾーンの感覚を読者は味わえるんだね、読んだ時に体感できるんじゃない?読む人もそれが気持ちいいかもしれない」
時々、「大丈夫ですか?変な人になっていませんか?僕は大丈夫かどうか不安でいっぱい・・」と不安がる中村さん(笑)。
「ホントに不安性で・・・早く岩の下に隠してあげたい(笑)」と吾郎。どっか隠れたくなるっておっしゃってたのを覚えていたのね。

chair中村さんの作品に吾郎を登場させるとしたら
完全犯罪をする人。直接的な殺し方ではなく、例えば知り合いに羊羹を贈る。その一つに毒を仕込んでおいて、いつ毒入り羊羹を食べるのか隠しカメラで観察する。相手が死んだ時も表情一つ変えないが、いつもより少し上等なワインを開けて飲む事で、嬉しいんだなと分かる~そんな人。

book今週の課題図書:「」の中に収められた短編小説「
放火によって両親を殺害した中年娼婦、自らの反省を精神科医に告白する1作。
文中にはト書きは一切無く、主人公の一人語りのみで展開する実験的な小説。
*「」というタイトルにしたのは・・・
火というものは不思議で、最初に火を付けた時から行為者から手が離れて後は火が勝手に増殖していく。それが悪を表すのに魅力的なテーマだった。

movie映像化不可能といわれた「火」が今年映画化
「火 HEE」監督・脚本・主演の3役を桃井かおりさんがつとめる。
こういう作品は演じる人は皆やりたいのではないか、舞台ならありそうだけど~という吾郎。
是非、吾郎でも観てみたい!舞台もいいなぁ、一人芝居。

「待ちきれない」と桃井かおりさんが登場。
「桃井さん、原作の『火』を読まれて・・・?」とMCをつとめる吾郎を見て、
「大人になられて(笑)」と桃井さん。久しぶりに会う教え子?を見る眼差し。

*映画「火 HEE」について、桃井さん
プロデューサーに「一番映画化しにくい原作をもらったからやらない?」と誘われ、一番困難なものだから一番勇気が奮えると思い、引き受けた。
メイキング映像から「リハーサルなし、撮り直しなし、一発本番、モニターを見ながら演技」の撮影風景。撮影に使われたのはLAにある桃井さんの自宅。撮影はわずか10日。予算がないので、衣装は自前、スタッフの食事作り、片付け掃除も桃井さんが全部行った。

ベルリン映画祭にも出品。
俳優だとバレたくない、俳優としてその技術を手に入れていた。
映画祭では素人の人だと思っていた人が多かったそう。
中村さんに渡した脚本とはまた全然別のものができあがっていて、
「台詞をちゃんと覚えて上手く演じるだけでは「火 HEE」にならないと思う、その場で生まれてくるものをやってみようと思った。」

本について、そして原作を映画化する過程も見られて、今週も面白かった。
いちいち吾郎を想定してお話を聞いてしまいました。

clip番組へのご意見・ご感想は、loveletterこちらまで。
番組継続へのお願いはメールの他に
〒107-8066 港区赤坂5-3-6 TBSテレビ「ゴロウ・デラックス」

| | コメント (2)

ゴロウ・デラックス 8月11日(#216)

ミルクセーキで30分押し通します!

book今週の課題図書:きまぐれミルクセーキ
能町みね子さんが、ミルクセーキが大好きなあまりミルクセーキについて書いた1冊。
ミルクセーキもお店によって味が違うそうです。

今週もロケ、ゲストは能町みね子さん。
特にお薦めのミルクセーキのお店を紹介してくださいます。

house喫茶すーぱーみるく 新宿区榎町
ミルクセーキ=卵黄+牛乳+砂糖+バニラエッセンス~氷がたくさん入ったグラスに注ぐ
お店の看板メニューであるスーパーミルクも試食。

house純喫茶KONA 文京区新大塚
ミルクシェイク=卵黄+牛乳+砂糖+バニラエッセンス多め+氷~シェイカーで振る=氷が溶けないので濃厚な味
ナポリタンとミルクシェークの組み合わせが能町さんのお気に入り。

house喫茶ロマン 新宿区髙田馬場
本の表紙にも使った能町さんお気に入りの店。大きな窓と角の丸いテーブル。
ミルクセーキ=卵黄+牛乳+バニラアイス+ガムシロップ+バニラエッセンス~ミキサーでクラッシュアイスの入ったグラスに注ぐ。
能町さんお気に入りのメニュー「スパゲッティロマン」
ナポリタンの上に生卵が載っている。
これが吾郎さん、すごくお気に入りのようで、食べる速度が速い!
能町さんの本が出てから、ミルクセーキの注文が激増したとのことでした。

subway早速、髙田馬場駅前ロマンに行ってきました。
甘いものが苦手なので、ナポリタンとコーヒー。
ナポリタンは生卵がのっているだけで、すごくまろやかで美味しくなってました。
卵かけご飯を思わせる懐かしい味。

名物ママさんがいろいろお話してくださいました。
放送翌日から、吾郎ファンがたくさん訪れたこと。
吾郎さんは、思ったよりずっと背が高くて細くてスタイルがとっても良くて、キレイ。
とにかく優しくて、ものすごく礼儀正しい方だったこと。
「すごく美味しいよ」とスタッフさんにも薦め、後日スタッフさんも食べに来店したとのこと。
しかも、別の日に吾郎さんがお友達を連れて食べに来たんですって!

写真は、ナポリタン(卵は混ぜてしまった後)と、吾郎さんが座った席からの眺めです。
08181 08182

| | コメント (0)

2016年8月19日 (金)

STOP THE SMAP 8月18日

こんばんは、稲垣吾郎です。
既に報道で皆さん、ご存じだとは思いますが、SMAPは「解散」という形をとらせて頂くことになりました。え~・・ファンの皆さまには突然の報告で驚かせてしまって本当に申し訳ございません。わたくし稲垣吾郎はこれからも頑張っていきますので、STOP THE SMAPも引き続きよろしくお願いいたします。

loveletter久しぶりに使っていたパソコンを開いたのですが・・・吾郎さん、最近昔使っていたものを久しぶりに使用しているものは何かありますか?
お~~~う!そうですね、僕は何か・・・20代の頃から30代前半にかけて使っていた腕時計が、ずっとしてなかったんですけど、何かまた今の気分にぴったり合ってきたなと思って、あの・・オーバーホールしてまた使えるようにしましたね。やっぱり流行とか雰囲気って、ぐるぐる回ってきますよね。何か、今またしたいな~と思い始めて。またちょっと使用頻度が増していくんじゃないかなと思いますけれども。

【SMAPな時間】
loveletter映画「少女」の公開、とっても楽しみです。少しでも早く観たいので、試写会申し込みました。当たるといいな。吾郎さんも完成品をご覧になったのでしょうか?本田翼さん、山本美月さんとの共演はいかがでしたか?是非、見どころなど教えてください。
そうなんですね、これ去年、ちょうど舞台ベートーヴェンが終わった頃から、よく豊橋の方へロケに行っていたんですけど。
まあ湊かなえさん原作の「少女」というものなんですけど、はい、この映画で、ま、僕はちょっと変わった・・・ま、いつも変わった役多いんですけど(笑)(スタッフさん笑い)変わった役どころで、登場してくるんですけれども。ま、二人の少女の話で・・・まあでもこれは非常に湊かなえさんの作品の中でも、何だろうなぁ少し難しい、難解な作品ではあるんですけれども、何かこういう取り扱い要注意みたいな映画っていうのは、あまり最近ないと思うので、う~ん、ホント多くの方に観ていただいて、多くの方に賞賛を得られるっていうのはちょっと難しい映画なのかもしれませんが、でも好きな人はす~ごく好きだと思いますし、うん、でも観ていただきたいですね、多くの方に。
本田さんも山本さんも僕は共演初めてだったんですけれども、まあこの役柄を理解するっていうのは非常に難しい題材だと思うので、それほど若い二人が見事演じきったのは素晴らしい事だと思いますし、僕も完成品というのは観させていただいたんですけれども、二人凄く良かったですし、そこに僕も参加させて頂くことになったのもホント良かったと思いますしね、うん、すごく楽しみですね、この反響と言うか・・・まあ、10月公開なんですけどもね、皆さん楽しみにしててください。

pen試写会で観てきましたが、三島有紀子監督によって湊かなえさんの原作で美しい独特な世界が作られていました。主演のお二人は勿論、吾郎の演技も素晴らしかったです。
簡単な感想はこちらに→「少女」試写会

musicススメ!SMAP 016 / MIJ)

【メンバーとの時間】
loveletterKis-My-Ft2の藤ヶ谷くんが店頭で買う物を悩んでいた時に偶然お店にやってきた草彅くんにその品物を見せて相談したところ、「これ買った方がいいよ」と背中を押され、1937年物のビンテージデニムを購入した事を雑誌で語っていました。吾郎さんは人にこれ買った方がいいよと薦められて買ったお気に入りはありますか?
やっちゃいましたね、これまた。これさぁ、だって断れないじゃん藤ヶ谷くん。大先輩にさぁ。「これ買った方がいいよぉ~」と言われたらさぁ、どうなんだろ、背中を押されたと言うけど(笑)ちょっと強引だったと思うけど、大丈夫ですかね?かなりこれは高価なものですよね。うん・・・何十万の世界ですよね。
ああ、でも好きですよね~男の子ってみんな、こうゆうの。
そもそもビンテージモノって僕はあまりこないんですよね、気持ちの中で。アンティークものの時計とか、アンティーク家具、洋服で言うと古着、古い車とかいろいろありますけれども。
何だろね。一つだけアンティークのバカラのグラスだけ使っていますけど。
これ、頂いたものなので、自分からは買わなかったと思うんですけど。でも何か使ってるうちに自分のものになってくるから。
でもやっぱデニムもそうなのかな。使っているうちに自分の色が染み出てくるのかな。
ねぇ、そんなことよりも、この店の中でのこの大事件ですよね。
二つで迷ってたのかな。う~ん・・・例えばこの1937年もののビンテージデニムで、もう1個がね19・・他の年のもので、両方で悩んでいて、多分草彅くんはGパン博士だから、こっちがいいいよとか言ってくれたんだったらいいですけどね。
大丈夫なんでしょうかね、これね。
まあでもやっぱり嬉しいのかな。先輩にね、言われたらね・・・って何か僕も全然フォローになっていませんけれども。まあまあまあ、いい思い出にはなったんじゃないかな。

pen1年のうち5ヶ月は同じ年齢ではあるけれど、剛くんは吾郎にとって可愛い弟なんでしょうね。いつも愛があるけど遠慮ない言い方、しかも言い方真似しててそっくりだし。
同じ部屋にいて、喋らなくても大丈夫な感じ、すごく分かります。

こだわりの食べ方、エスカルゴ、名前の呼び方、ゴロウ・デラックスについては、「続きを読む」からどうぞ。

続きを読む "STOP THE SMAP 8月18日"

| | コメント (3)

2016年8月14日 (日)

2016年8月14日

SMAPが今年12月31日をもって解散することが発表されました。

1月18日スマスマでの謝罪からずっと、SMAPはいったいどうなっているんだろう?と思い続けてきた日々でした。
突然の出来事に連日マスコミは大騒ぎ、ちょっとした言葉の端々まで意味を邪推される毎日、そんな中でも、吾郎はいつもと変わらずにパルコ劇場の舞台に立ち、カーテンコールで「皆さんの気持ちは受け取っています」「30年後の未来が歪んだものにならないように頑張りますと語り続け、更に客席を笑わせていました。
強い人だなぁと改めて惚れ惚れしたのも2016年パルコの思い出の一つ。

笑顔も会話もないビストロを見ながら(私には、そう見えました)どうなってしまうんだろうと不安は抱えながらも、なぜか「解散」はもっと先だと思っていたのに。

昨夜遅く突然発表された解散、どうせ「解散か!?」という記事かと思っていたら、まさかの本人たちからのコメントまで。
こうなったら、「解散」を事実と受け止めるしかありません。裏の事実はどうであれ。
ずっとファンクラブに入って応援してきたファンにとっては、納得のいく解散の理由を聞きたいですが、それもきっと言えないだろうなと思う。
一番辛いのは彼ら。
いろいろな事を乗り越えて、「自分たちで意思をもって形を作っていった新しい形のアイドルグループ」として25年間トップを走り続けてきたSMAP。
こんな形で終わりを迎えるなんて、きっと彼らも納得がいかないでしょう。
でも、そうせざるをえなくなってしまった。こういう事の真相なんて明かされる事はないのだと思います。

”今の状況で5人での活動は難しいと思い、辛い決断ではありますが「解散」という形を取らせていただくことになりました”
・・・吾郎のこの言葉から、決断を下した責任を自ら取り謝罪している気持ちが伝わってきて、受けいれる他ないと思っています。
ただ「今の状況」というのがWSやスポーツ紙で報じられているものを指しているのかどうかは私たちには分からないと思います。
これが本人たちの言葉のはずがないという意見までありますが、疑っていったらキリがないと思うので、私は一応受け取ります。

解散するけど事務所に残る・・・いったいどういう風になっていくのか不安でいっぱいですが、今は私たちにできる事をするだけだと思います。
少なくとも今レギュラーで持っている番組を続けられるよう、番組に感想や応援のメールやハガキを送り応援する、今できる事はそれくらいでしょうか。

【送り先】
〒150-8550 渋谷区渋谷1-10-10 ミヤマスタワーB1F ジャニーズ・ファミリー・クラブ

〒119-0188 フジテレビ 「SMAP x SMAP」 

〒107-8066 港区赤坂5-3-6 TBSテレビ「ゴロウ・デラックス」 番組HP内からメール

〒105-8002 文化放送 「STOP The SMAP」 smap@joqr.net

〒102-8080 東京FM 「中西哲生のクロノス!」内「おはようSMAP」 

〒104-8003 東京都中央区銀座3-13-10 株式会社マガジンハウス「an・an 稲垣吾郎 シネマナビ!」

*SMAP全員の番組について書きだしてみたのですが、多すぎたので吾郎関連に限らせていただきました。
同時にSMAPのレギュラーのお仕事の多さを改めて実感しました。

pen2~3日前、急に読みたくなって吾郎表紙の演劇ぶっくのインタビューを出してきました。
客席の一番後ろの白井さんと、舞台の上の吾郎が同じ時に「演劇っていいなぁ」と思ったという大好きなエピソード。
「演劇っていいなぁ」という気持ちを抱ける人がずっと演劇をやっていくのかな、だから僕もこれからもずっと演劇を続けていこうと思います」
・・・この言葉を何回もかみしめて読んでいました。
SMAP全員そうだと思いますが、これを読んで吾郎がずっと打ち込めるものがあって良かったと心から思いました。

それにしても、95年秋にSMAPを知りスマスマが始まって毎週月曜日が待ち遠しかった事、ビストロで中居くんの「オーダー!」を聞いて期待に鳥肌が立つ思いだった事、ゲスト、衣装から演出まで楽しみだった歌のコーナー、楽しかったコントや特別編、ライブでいろいろな会場に行くのも初めてでしたし、暑くても寒くてもコンサートの楽しかった事、歌番組やいろいろな特番・・・冷静にしているように見えるかもしれませんが、SMAP大好きですし楽しい思い出が数えきれないほど!
全部思い出になってしまった・・・寂しさで今はいっぱいです。
少しでも彼らが、これからも良い仕事ができますように、できることはやって祈ります。

| | コメント (10)

2016年8月12日 (金)

STOP THE SMAP 8月11日

loveletter吾郎さんは餃子を食べる時に何かをつけて食べますか?何も付けませんか?
おお~餃子、いいですね~好きですよ、基本的に点心とか。餃子に限らず、シュウマイ、ニラまんじゅうとか、ああいう・・やっぱり皮で巻いたものとか好きなんですけど。
餃子は・・・モノによりますよね、何かつけないで食べられる肉汁餃子みたいな~結構中に小籠包のようなスープがあったりとか、お肉に味が付いてるものとかだと、つけないですし、ものにもよりますけれど。
うん、でもまあちょこっとはつけたいですね、基本的には。作るのも結構僕、得意で。意外と。具を一杯入れて、野菜いっぱい入れて、キャベツ入れてって感じで、たまに作ったりするんですけど。お醤油、ラー油、お酢をちょこっとつける感じが好きですね。

【SMAPな時間】
loveletterほん怖、今年もやるんですね。番組ホームページを見たら、館主稲垣吾郎となってました。吾郎さんは館主だったんですね。ところで吾郎さんは霊とかオバケとか感じた事、ありますか?また今までの人生で一番怖かった体験を教えてください。
そうなんですよね、ほん怖、今年もやらせていただける事になってると思うんですけども、もうずっと続いて10年以上ですよね。ほんとに・・・早いもので。もう13年くらいなのかなぁ。今・・・最近では真夏のほん怖で、年1回になってしまったんですけど。まあスペシャルで呼んでいただいて。ねぇ嬉しいですよね、こうやって続けていけるっていうのは。
僕自身はあまり霊とかオバケというのは感じたこともないし、見たこともないし・・・ね。これだけ番組やってるんですけど、詳しくはなってるんですけど霊とかオバケに関していろいろ知識に関してはね。でも何か基本的には全く無縁ですね。
昔、ほん怖の収録をしてる時にちょっとハプニングが起きたり、これは心霊のせいなのかなとか、例えば撮影している時の機材が壊れてしまったりとかね、明かりが落ちてしまったりとか、そういう事はよくありましたけどね。それは何か多分霊の仕業だったのかなぁなんても思いますけれども、だからと言ってあまり怖いとかはないんですよね。何ででしょうね。
ま、子供の頃は怖かったですけどね。
ね、あんまり経験がないし今後も心霊体験って言うのは・・・よく言うじゃないですか、若いうちになかったら、もう無いとかね、うん・・・もうないのかなとも思いますし、あんまり怖いと思ったこともないですね。
たまに夜道一人で歩いてる時とか、ちょっと怖いなと思う事ありますけどね。
こないだ、あの~港区六本木辺りで食事をしていて、歩いて帰ったんですね。歩いても結構距離あるんですけど、もちろん。ちょうどその道中が青山墓地通っていく所だったんで、青山墓地って意外と夜遅く、いないですよね、人。車しか走ってないですものね。車もそんな走ってなくて、まあでも夜中の12時過ぎてたのでね、さすがにちょっと一瞬怖かったですけど(笑)。まあ墓地怖いって・・・そういう風に言ってはいけないですけれども、ただ何か・・ちょっと・・寒気がしましたけどね。それは何か霊を感じて寒気が起きたのではなくて、怖いって自分で一瞬思ったから、寒気が来たのかもしれませんし。
東京の・・・都心のど真ん中で、ちょっと一瞬ヒヤッとしましたけれども、まあ僕自身はホントに霊能力もないし霊感もないし、あまりそのスピリチュアルな経験っていうのはないんですけどね、これだけ番組やってるから1回くらいありそうですけどね。

pen今年の「ほんとにあった怖い話」は8月20日です。
公式HPはこちら

musicSummer Gate SMAP 016 / MIJ)

【メンバーとの時間】
loveletterぷっすまで草彅くんがトライセラトップスのライブに参加する企画がありました。ギターソロで「夜空ノムコウ」を生演奏する企画です。練習のためスタジオに和田さんやトライセラのメンバーが来られたのですが、そこで草彅くんが突然のサプライズ、何と和田さんと上野樹里さんに曲を作ってきたとのこと、和田さんの前で曲を弾き語りで披露されてました。タイトルは「ワダソン、わははおめでとう。トーストorライス?」という曲。素朴な歌詞にも曲にも感動しました。が、肝心の夜空ノムコウはボロボロだったようです。
やっちゃいましたか、また。やっちゃいましたか、この忘れもしないぷっすまでの・・ねぇ!トライセラトップスのライブに参加する企画、忘れもしない!ああ~やりましたよね、前ねライブに参加して、結構さんざんな結果になってしまったという・・・リベンジしたんですか。知らなかったなぁ。ああ、そうですか。
ぷっすまはね、あの・・・アイドルダンス学園でしたっけ、モーニング娘。さんと踊りをやった・・・ダンス部か、あれがトラウマになってね、僕見てなかったんですけれども。
ああ、そうですか、道理で何か楽屋の向こうから夜空ノムコウの音楽が流れてくると思いました、ギターで。弾いてましたもん。
最近、湾岸スタジオで収録する事が多いので、たまにちょっと違う楽屋の事があるんですけどね、草彅くんと僕は同じ楽屋っていうのが多いんですけど、ちょっとたまにね、スタジオとか収録の時間とかいろんな諸事情で楽屋が別々になってしまう事も最近あるんですけれども。隣の楽屋から聞こえてましたもん、何でこの人「夜空」を弾いてるのかなぁって。
あ、そうですか。でも凄いですね、曲を作ったっていうのは。僕も前・・・以前ゴロウ・デラックスに草彅くんが来てくれた時に曲を作ってくださいまして、大切に歌詞を持って帰らせていただきましたけれども。
うん・・・へぇ~凄いですね。
まあでもおめでたいですよね、和田さんと上野樹里さんがご結婚されたという事で、草彅くんも多分嬉しかったし、ホントに気持ちのこもった曲だったと思うんですけれども。
ただ何ですかね、この「トーストorライス」って。いやぁ~・・・
夜空ノムコウ、ボロボロだったんだ。結構ちゃんと弾けてましたけどね。楽屋から聞こえてくる音で言うと。

penえええ~あんなに一生懸命やって完璧なダンスだったのに(しかも超カワイイ)、トラウマなんですか!?ダンスについてはずっと二十何年間言われ続けているからね。誰でも言っていいものだと思っているけど、あれは失礼だと思うわ。中居くんの歌苦手ネタにしても。仲間内で言い合うネタですよね。
もう、みんなそういう目でしか見てくれない。
でも吾郎のダンス、苦手なものもあるかもしれないけど、形が決まっているものだととってもキレイだと思う。

藤沢辻堂ウォーカー、金髪、マリウス葉くんの実家、留学については「続きを読む」からどうぞ。

続きを読む "STOP THE SMAP 8月11日"

| | コメント (3)

2016年8月 9日 (火)

「少女」試写会

movie「少女」試写会 8月8日スペースFS汐留 18時30分開演

湊かなえx三島有紀子ワールドを堪能してきました。
今まで観た三島監督の映画が穏やかに時間が流れるような美しい世界だったので、湊かなえさんの作品の持つ「毒」がどのように表現されるのか興味津々でした。

舞台を観ているような冒頭のシーンが印象的。あの部分をこういう風に表したのか!と驚きました。
そして過去と現在が行き来し、現実と抽象的な世界が交差して流れていく前半。
夕陽が照らす海、揺れるカーテンに感じる風・・・三島監督の美しい映像にクラシック風な音楽も心地よい。

本田翼さん、山本美月さんはちゃんと女子高校生でした。
若いって美しい、彼女達を見ているだけでも眼福。主演がこの二人で良かったと思いました。

夏休みが始まり、吾郎演じる高雄孝夫が登場する辺りから物語りがどんどん動き始める。
由紀と敦子それぞれの周りで起きる出来事がラストに向かって収束していく湊かなえ作品の緻密な謎解きの醍醐味を感じながら、監督の行き届いた演出と演技を楽しむ事ができました。

ちょうど昨年秋、舞台「No.9」の地方公演との間に撮影した高雄孝夫さん役。
ベートーヴェンとは真逆な人物をどう演じるのか、それもとても楽しみでした。
登場の時から、心に傷を持った高雄孝夫を全身に纏っていました。威圧するようなルイスの面影はどこにもなく。
ただベートーヴェンの最中だったので、少し低めでよく通る声。声がとても印象的でした。
ネタバレになるといけないのでどこかは書きませんが、その声を生かして聞かせる演出もすごく良かったです。
孝夫さん、ものすごく普通の格好なんですけど、とっても綺麗。普通だからこそ、綺麗が目立つのかしら。
でも今回の映画、その綺麗なお顔が見えない後ろ姿の演技も凄くいいんです。
雑誌のインタビューでもありましたが、監督と吾郎で高雄孝夫という人物について話し合ったという事がよく分かる後ろ姿。
何度か出てくるのですが、こんなに雄弁な背中って・・・と涙が出ました。
あ、でもお顔と言えば、クライマックス的シーンでの表情が素晴らしかった。
台詞は無くとも、高雄孝夫の全ての思いが痛いように伝わってきて、美しかった。

主題歌GLIM SPANKY「闇に目を凝らせば」もこの世界観にとても良く合っていて、エンドロールに流れる稲垣吾郎の4文字(空間配分に注目w)が嬉しかった。

全体的に説明的な台詞は少なめで美しい映像、これが三島監督の世界なんだなと思いましたが、細やかな演出が湊かなえワールドを形作っていたと思います。
高校生だけでなく、大人も楽しめる映画。
ものすごく残酷な少女たちの世界、醜い大人の世界も絡めつつ、「死ぬこと」を問い詰めていく先に「生きること」を見いだす少女たち。湊かなえの”イヤミス”もしっかり存在。
美しい作品でした。

語りすぎず観客にいろいろ考える余地を残す~よく吾郎も言っていますが~見終わった後いろいろ語りたくなる映画でした。

| | コメント (2)

2016年8月 7日 (日)

ゴロウ・デラックス 8月4日(#215)

今週もロケ、写真家蜷川実花さんのオフィスを訪問。
玄関を入るとそこはもう蜷川実花さんの世界。
色彩のアミューズメントパークとは、吾郎の言葉。
オフィスなので入ってきてひと目で世界観が分かるようにしたとのこと。
賃貸なので、壁紙の所をデザインしているだけ。元に白く戻せば大丈夫だそう。

chairまずは書斎を拝見0804_3
壁も床も天井もカーテンもエアコンも全部赤!
今まで3回くらい変わった事務所でも書斎はずっと赤、蜷川さんは、かえって落ち着くそうです。

book今週の課題図書:「蜷川実花になるまで
写真家デビューから21年、クリエーターとして母親としてどんな人生があったのかを振り返る。

*蜷川さんにとって子供の頃からずっと「特別なもの」だったのは写真を撮ること
写真だけは人から教わりたくない、何か言われたくない大事な聖域。
教わっていないので「しちゃいけない事がない」
初めて何かを撮ろうと思って撮ったのは、小学校高学年の時。バービー人形を溶岩が流れて固まった所に置いて撮った写真。 0804_4

*演出家蜷川幸雄を父に持ち、家にはおどろおどろしいものが普通にありアングラ的なドロッとした感じが基にあって、キルト作家である母親の作品の色彩に影響を受けたそうで、ものすごく納得。

*25歳の時に出した最初の写真集から、その鮮やかな色彩は変わらない。
蜷川さんの写真の色は自然の中にあるもの~色を足したりしてはいないので、いろいろな色を集めていくと世の中は光と色に溢れているんだという事が分かったそうです。

*1996年23歳 第7回ひとつぼ展グランプリ (写真界の登竜門)
最初にこの賞に入選した時「作家の皆さん、こちらにどうぞ」と言われた言葉が未だに鮮明に覚えているくらい嬉しかった。
ずっと蜷川幸雄の娘として見られていたので、一個人として認められたと思った。
絶対に父親のコネは使いたくなかったので、小さな1枚の写真から一人で売り込み少しずつ受け入れられ認められ現在に至る。

吾郎:「僕だったら、絶対にコネ使う!(笑)」
自分を落として笑い話にして外山さんに「いやらしいわ(笑)」って言われてました。

*2001年28歳 「Pink Rose Suite」「Sugar and Spice」の2冊で木村伊兵衛写真賞受賞
振り幅を感じてもらいたいので同じ時期に同じサイズに揃えてこの2冊を出版。
吾郎:「情熱とか・・・若さのパッションだけでなく、意外と冷静で戦略的ですね」
蜷川:「自分の作品が自分のものじゃないくらい冷静に判断できる目と、
何も見えないで猛進できる目と、その二つが欲しいなといつも思っている」

こういう会話を聞いていると、吾郎は相手がどのように考えているかを会話をしながら即座に理解し感じ取る能力がとても優れていると思う。

*2010年「noir」
母親になった事で変わった世界観。子供が出来た事で仕事が出来なくなってしまうのではないかという恐怖心と闘いながら、よりエッジ-で死の香りが強くする作品に傾いていった。
母=聖なる生き物のようなとらえ方に反発。

*第2子を出産した時は考えが変わり素直に柔らかく現実を受け止めるようになった。

吾郎:「我々は同じ年代だもんね。変わってきますよね、40くらいになると。
受け入れられるようになるというか、こう思われようとか自分はこうだった言っても、
ちゃんと努力だけしていれば、決めるのはやっぱり世間

蜷川:「ちょっと突っ張っていたものがほどけるというか・・・」
吾郎:「ほどけます、ほどけます」
蜷川:「自由になりますよね」

「ちゃんと努力だけしていれば、決めるのはやっぱり世間」
こう言い切れるようになったことに吾郎の静かな自信がうかがえてとても嬉しい。
私たちの見えない所でも、ここ何年かで花開いた仕事の成果がきちんと評価されているのだろうなと思った。

子供を二人育てながら、限られた時間の中で写真を撮っていると、だんだん効率が良くなってきて、今までは「神が降りてくるのを待つ」だったのが「降臨させられるようになる」。
今まで数々の作家さんと話してきた吾郎が「作家さん達もそうみたいです」と同意。

*蜷川実花x文春文庫「夏の青春フェア2016」で本のカバーを担当
湊かなえ「花の鎖」
桜庭一樹「私の男」
角田光代「対岸の彼女」
西加奈子「地下の鳩」
綿矢りさ「勝手にふるえてろ」
・・・この5冊を担当、ご自身で選んだ5冊は全部ゴロウ・デラックスに出演された作家さん。
ゴロウ・デラックス、凄いわ。

表紙やジャケットを撮影するということ
「作家さんにしてみたらずっと書かれていたことの最後のパッケージだったり
CDでもずっといろんな方たちが一生懸命作られた曲の一番最後の表面のコーティングというか、手に取るきっかけになるものなので、いつも背筋伸ばしながら気合い入れてやってますね。」

外山:(突然)ものすごく良い人ですね」
蜷川:「よく、怖くない方で良かったですぅとか言われます(笑)」
私も、もう少し難しい自己愛の強いような方かと思っていたら、穏やかでお話が上手で真摯な方で印象を新たにしました。

cameraスタジオ撮影
蜷川:「基本的にはその方の持っているものを撮らせてもらう感じなので、指示全然しないんですよね。優しい顔をしてくれとか・・」
吾郎:「しないんですか」
蜷川:「しないんですよ。『笑ってくれ』もよほどの事がないと言わない」
吾郎:「『笑ってくれ』っていつも言われる。あまり笑わないし」
蜷川:「笑えるかって思うでしょ?」
吾郎:「『可愛いぃ~』とか言われて(笑)」
蜷川:(吾郎の顔を眺めながら?)可愛いは言っちゃうかもしれないけど♪
言葉でのせるみたいなのが嘘っぽくて嫌で~喋らなくても撮って撮られて何となく繋がるものがあるので」

吾郎:「男性と女性は違います?」
蜷川:「女性の方が安定して撮れるんですけど、男性はすごい好みが写っちゃうかな(笑)」

テレビの企画での撮影は初めて。
蜷川:
「どうして今回撮影を受けてくれたんですか?と聞かれたんですけど、シンプルにゴロウちゃんに会いたいからって(笑)~すみません♪頑張って撮ります」
吾郎:
「こんなスーツに眼鏡で大丈夫ですか?」080511
蜷川:
「最高です。何ならキュッキュッと(ネクタイを緩めて)」

オフィスに入ったところに置かれたアニマル柄のソファに横たわって写真を撮られる吾郎。
周りを花に囲まれ、クッションに頭を置いて長い脚はソファの向こう側の肘掛けに乗せ、ちょっと窮屈っぽい姿勢。
なのにできあがった写真はゆったり花の中に埋もれているように見えた。
撮る側・撮られる側共に、凄い。
蜷川さんの華やかな世界にスーツと眼鏡・・一見不釣り合いみたいでいて、そこが凄く危うい不思議な世界になっていて色っぽいと思った。

吾郎:「撮られてて不思議な安心感がありますね。
シャッターを切るタイミングとか心地いいです、ちょっと偉そうですけど。

(撮られてて)看護師さんみたいな感じ。はい、ここ座って、すぐ終わりますからね~不思議な癒やされる感じ」
撮影は10分足らずで終了。

吾郎:「男の人でもこういう蜷川さんの花とか色彩とかおかしくないんですね」
蜷川:「でもやっぱり稲垣さん似合うんです」
外山:「そうですよね、私も何言ってんだろうって今思ってました(笑)」
蜷川:「誰でも似合う訳じゃない」

この外山さんの言い方がすごく面白くて、この会話何回も聴いてしまいました。
テレビを見てる人の多くも「誰でも似合う訳じゃない、吾郎だから似合うんだ」と思ったはず。

「あまり僕、写真撮られるときの顔じゃないです。ホントはもっとスカしちゃうかもしれない」
とできあがった写真を見ながら吾郎が言っていましたが、確かにいつもとは違う表情のように思った。何かカメラのレンズを通してというよりも生身の人間の色っぽさを感じると同時に、花の中に埋められた年齢不詳国籍不明のアンドロイドのような非人間っぽさ。
とても不思議な写真。もっともっと蜷川さんが撮る吾郎を見てみたい。
そして、撮影している蜷川さんに目を移した時の訴えるような瞳の色気にハッとした。

蜷川実花さん、吾郎の写真集をお願いしますheart
言い値で買います
sign03

clip番組へのご意見・ご感想は、こちらへ。

pencil最近恒例となった Book Bangさんのサイト、今週の記事のタイトルが最高。
見透かされてます・・・
稲垣吾郎x蜷川実花 吾郎さんの妖艶な写真にファン騒然!

蜷川幸雄さんの訃報を聞いたのは記憶に新しいけれどその事には触れず、あくまで蜷川実花さんについての話題に終始したのも、ゴロウ・デラックスらしくて嬉しかったです。

| | コメント (2)

2016年8月 5日 (金)

STOP THE SMAP 8月4日

loveletter吾郎さんは、好きな家事、嫌いな家事はありますか?
そうですね・・・好きな家事って~まあ料理とかはね好きですけど、そんな掃除とか洗濯とか好きって事ではないですけど、すっきりしますからね、自分でしててね、うん。嫌いではないと思うんですけど、キレイになった時がすごく気持ちいいから、ちょっと我慢してでもというか一生懸命やってしまうという自分がいますけどね。
うん、でも料理が楽しいかな、いわゆる炊事洗濯みたいなそんな感じで言うとね。

【SMAPな時間】
loveletter中居さんがTBSオリンピックメインキャスターになり、TBSオリンピックのテーマが「感謝」という事でテーマ曲がSMAPの「ありがとう」になったそうです。一生懸命闘った選手への感謝、選手を支える周囲の方々への感謝を伝えるには相応しい曲だと思います。今回のオリンピックではこの曲を聴いて競技と合わせて表には出てこない様子なども楽しめたらなと思っております。
う~ん、あっという間ですね。もう8月5日開幕ですから明日という事ですね、これね。
あっという間ですね、4年間経つのが。中居さんもず~っとやってますよね、メインキャスター。
ねぇ、いろんな事でちょっと・・話題になってるオリンピックではあるんですけどね、何かほんとに無事にみなさん闘って、まぁ・・・できればもちろんいい結果をもたらして日本中を盛り上げて、そして何か安全にと言うか、健康状態も万全な状態で帰って来て欲しいなと思いますけれども。
ゴルフなんかもオリンピック競技に加わったりとかして、ねぇ、出る選手と出ない選手とそれもまた話題になってましたけどねぇ。
そっかそっか・・この曲はでも合ってますもんね、すごく。はい、あの・・・合ってますもんねって自分で言うのも変ですけれども。
いろんな人への感謝とか、ありがとうの気持ちを込めた曲なのでね。
やっぱりそういうものを感じたりだとか、伝える?そういう場でもありますからね、オリンピックってね。ただ各々の得意なスポーツで競い合って得点をとるという事だけでなく、そこにいろいろなドラマがあったりとか、いろいろな感動があったりとか、いろいろな感謝があったりとかするのでね。それに何かこのSMAPの曲で参加できるというか、ま、応援歌というかテーマソングですか、今回はね。携われることがすごく嬉しく思っています。
どんなオリンピックになるんでしょうか。やぁ何か寝不足の日が続いてしまい・・・あっ、また結構な時差なのかな。リオの場合はね。真逆ですからね。
まあでもこれ、中居くんも頑張って欲しいですね。ホントに。この期間凄い大変だと思うので。う~ん、あと中居くんの場合はほら、自分もスポーツの観戦とかそういったものも大好きで趣味でもあるので、キャスターやりながらも多分全種目すごい時間見たりもすると思うのでね、プライベートでも。結構、体には気をつけて、ねぇ、このメインキャスターという仕事を全うしてもらいたいなと思いますけれども。応援しています。

musicありがとう

penメンバーの中居くんには真っ直ぐに「体には気をつけて、頑張って」と伝え、テーマソングとしてSMAPの曲で参加できる事を嬉しく思うとラジオで言う。
大切なお仕事については、少しも茶化したりせずにしっかりと応援する姿勢が好きです。
こういう時は素直に「ありがとう」を選曲してくれるストスマが大好き。

【メンバーとの時間】
29歳C男子さん、あれ?この方30歳にならないんでしょうか。(スタッフさんとのやり取り)前28歳だったかぁ!上がったんだね、そこに気付かなかった。今更ですけどね、おめでとうございます。ちょっと想像付かない・・・ルックスが。ね、いつもちょっと・・・どんな感じなのかなって・・・こっそり写真でも添付してもらいたいんですけど。

loveletter草彅剛くんが、一人暮らしだけど家に帰ったら「ただいま」と必ず言うそうです。当然返事はないけれども、無言でいるよりも気が遙かに外で感じたストレスを解消できる言葉だと言っていました。「ただいま」の一言で仕事とプライベートのオンとオフのスイッチの切り替えをしてると話していました。吾郎さんは誰もいないと分かっている時でも独り言を言う事ありますか?
いや~あんま無いね、独り言。「ただいま」はないね。う~ん、余計寂しくないですか(笑)?一人暮らしで(笑)。ま、でもいいですね、外でのストレスとかオンとオフのスイッチの切り替えとか、本人の中でこれはルーティーンなんでしょうね。
僕はなかったですけどね、「ただいま」って自分で言うのは。ま、ずっと一人暮らし歴も20年以上ですからね。うん・・・
あ、でも朝ホントに眠い時とかベッドから起き上がる時とか「よしっ!頑張ろう!」みたいな、そういう一言を言ったりする時は、たまにありますけどね。うん・・・「がんばろっ」って。
いや、みんなちょっとくらいはあるんじゃないですかね、何か。
あんまりないよね、でも。無意識のうちに言ってる事あるんでしょうかね。テレビに対して喋ったりはしないですね、僕は。ないなぁ、うん。
でもこれ剛くんらしいですね、想像つきますよね、ほのぼのとした感じで。また好感度上げてますけれども。

penリスナーさんの年齢を把握している吾郎さん!20代男性だからかしら。
お仕事の事はいつも真摯に対応するけれど、こういう話題の時、中居くんや剛をちょこっと弄る感じが何か微笑ましいというか、それぞれの番組で中居くんや剛くんもそうですし普段から気軽に言える関係なのかな~と思います。
剛くんの好感度、妬けますか(笑)?
それにしても、朝「がんばろっ」って起きる吾郎を想像しただけで、こちらも元気になります!

ワンプレートご飯についてのこだわり、吾郎のプチ旅行とは、懐かしい定食屋さんの話題、パルコ劇場の思い出~については、「続きを読む」からどうぞ。

続きを読む "STOP THE SMAP 8月4日"

| | コメント (3)

2016年8月 2日 (火)

SMAPXSMAP 8月1日

restaurantビストロゲストは松嶋菜々子さん主演ドラマ「営業部長 吉良奈津子」から、松島さんをはじめとして6人の出演者がゲスト。
番宣は慣れている松島さんをはじめとしてゲストの皆さんが楽しく盛り上げてくださいました。
吾郎と剛チームの牛肉とウナギのすき焼き鍋がとっても美味しそう。
中居オーナーが手伝ってくれて、また楽しいナカゴロ劇場も見ることが出来た上に、圧勝!
おめでとうございます!

wine不機嫌なゴロー
マディウォーターの曲に乗せて、栗山さん扮するマネージャーと俳優ゴローが繰り広げる不機嫌なゴロー。
放送当時から他局ながら、コントをコントを!という声が多くて、今回栗山さん出演の映画番宣にかけて、とうとう登場。
栗山マネージャーが発する言葉を頭の中で髪の毛ネタに結びつけ勝手に不機嫌になるゴロー。
自分の気持ちを独り言で喋っていくところも、ドラマ「不機嫌な果実」と一緒。
しかも、内容は映画にも沿っているらしい。
吾郎のイライラする独り言は最高に面白いし、最後は障子を破るという予想もしなかった展開へ(笑)・・・
途中で辞めそうになったら、栗山さんが顎をクイッとして「もっと上も!」と示し、それに従う俳優ゴロー。
最初は偉そうにしてたのに、美人マネージャーに顎で使われる俳優ゴロー(笑)。
猫みたいだし、可愛いし、面白いし。
全部破り終えた所で「はい!お疲れ様ぁhappy01って。
癖っ毛とイラチ~自分のマイナス(だと思っている)な所をこんなに面白くコントにしてしまう吾郎って、最高。
しかも、お顔がシュッとしてすっごくキレイで可愛かった。栗山さんもお美しいし。
衣装のギンガムチェックのシャツが、ドラマでバーベキューの時に着ていたシャツに似ていた。これもわざわざ探したのかしら。
スタッフさん、こんなに面白いコントを作れるのだから、時々はコントもお願いします。
まずは、「不機嫌なゴロー」の続編を!

musicS-Live 水曜日のカンパネラxSMAP
水曜日のカンパネラって実は初めてでしたが、とっても良かった。
この不思議な世界にもSMAPはじんわり嵌まってしまう。
もちろん、MIYAVIさんの世界もきゃりーぱみゅぱみゅさんワールドも。
今回はアンドロイド風なダンスの動きと歌が合わさって演出も面白くてキレイだし・・・
好きな世界でした。
また、スーツ姿の吾郎が美しくて本当にお人形みたい!
また少し痩せてキレイになった。

| | コメント (2)

« 2016年7月 | トップページ | 2016年9月 »