« 2016年8月14日 | トップページ | ゴロウ・デラックス 8月11日(#216) »

2016年8月19日 (金)

STOP THE SMAP 8月18日

こんばんは、稲垣吾郎です。
既に報道で皆さん、ご存じだとは思いますが、SMAPは「解散」という形をとらせて頂くことになりました。え~・・ファンの皆さまには突然の報告で驚かせてしまって本当に申し訳ございません。わたくし稲垣吾郎はこれからも頑張っていきますので、STOP THE SMAPも引き続きよろしくお願いいたします。

loveletter久しぶりに使っていたパソコンを開いたのですが・・・吾郎さん、最近昔使っていたものを久しぶりに使用しているものは何かありますか?
お~~~う!そうですね、僕は何か・・・20代の頃から30代前半にかけて使っていた腕時計が、ずっとしてなかったんですけど、何かまた今の気分にぴったり合ってきたなと思って、あの・・オーバーホールしてまた使えるようにしましたね。やっぱり流行とか雰囲気って、ぐるぐる回ってきますよね。何か、今またしたいな~と思い始めて。またちょっと使用頻度が増していくんじゃないかなと思いますけれども。

【SMAPな時間】
loveletter映画「少女」の公開、とっても楽しみです。少しでも早く観たいので、試写会申し込みました。当たるといいな。吾郎さんも完成品をご覧になったのでしょうか?本田翼さん、山本美月さんとの共演はいかがでしたか?是非、見どころなど教えてください。
そうなんですね、これ去年、ちょうど舞台ベートーヴェンが終わった頃から、よく豊橋の方へロケに行っていたんですけど。
まあ湊かなえさん原作の「少女」というものなんですけど、はい、この映画で、ま、僕はちょっと変わった・・・ま、いつも変わった役多いんですけど(笑)(スタッフさん笑い)変わった役どころで、登場してくるんですけれども。ま、二人の少女の話で・・・まあでもこれは非常に湊かなえさんの作品の中でも、何だろうなぁ少し難しい、難解な作品ではあるんですけれども、何かこういう取り扱い要注意みたいな映画っていうのは、あまり最近ないと思うので、う~ん、ホント多くの方に観ていただいて、多くの方に賞賛を得られるっていうのはちょっと難しい映画なのかもしれませんが、でも好きな人はす~ごく好きだと思いますし、うん、でも観ていただきたいですね、多くの方に。
本田さんも山本さんも僕は共演初めてだったんですけれども、まあこの役柄を理解するっていうのは非常に難しい題材だと思うので、それほど若い二人が見事演じきったのは素晴らしい事だと思いますし、僕も完成品というのは観させていただいたんですけれども、二人凄く良かったですし、そこに僕も参加させて頂くことになったのもホント良かったと思いますしね、うん、すごく楽しみですね、この反響と言うか・・・まあ、10月公開なんですけどもね、皆さん楽しみにしててください。

pen試写会で観てきましたが、三島有紀子監督によって湊かなえさんの原作で美しい独特な世界が作られていました。主演のお二人は勿論、吾郎の演技も素晴らしかったです。
簡単な感想はこちらに→「少女」試写会

musicススメ!SMAP 016 / MIJ)

【メンバーとの時間】
loveletterKis-My-Ft2の藤ヶ谷くんが店頭で買う物を悩んでいた時に偶然お店にやってきた草彅くんにその品物を見せて相談したところ、「これ買った方がいいよ」と背中を押され、1937年物のビンテージデニムを購入した事を雑誌で語っていました。吾郎さんは人にこれ買った方がいいよと薦められて買ったお気に入りはありますか?
やっちゃいましたね、これまた。これさぁ、だって断れないじゃん藤ヶ谷くん。大先輩にさぁ。「これ買った方がいいよぉ~」と言われたらさぁ、どうなんだろ、背中を押されたと言うけど(笑)ちょっと強引だったと思うけど、大丈夫ですかね?かなりこれは高価なものですよね。うん・・・何十万の世界ですよね。
ああ、でも好きですよね~男の子ってみんな、こうゆうの。
そもそもビンテージモノって僕はあまりこないんですよね、気持ちの中で。アンティークものの時計とか、アンティーク家具、洋服で言うと古着、古い車とかいろいろありますけれども。
何だろね。一つだけアンティークのバカラのグラスだけ使っていますけど。
これ、頂いたものなので、自分からは買わなかったと思うんですけど。でも何か使ってるうちに自分のものになってくるから。
でもやっぱデニムもそうなのかな。使っているうちに自分の色が染み出てくるのかな。
ねぇ、そんなことよりも、この店の中でのこの大事件ですよね。
二つで迷ってたのかな。う~ん・・・例えばこの1937年もののビンテージデニムで、もう1個がね19・・他の年のもので、両方で悩んでいて、多分草彅くんはGパン博士だから、こっちがいいいよとか言ってくれたんだったらいいですけどね。
大丈夫なんでしょうかね、これね。
まあでもやっぱり嬉しいのかな。先輩にね、言われたらね・・・って何か僕も全然フォローになっていませんけれども。まあまあまあ、いい思い出にはなったんじゃないかな。

pen1年のうち5ヶ月は同じ年齢ではあるけれど、剛くんは吾郎にとって可愛い弟なんでしょうね。いつも愛があるけど遠慮ない言い方、しかも言い方真似しててそっくりだし。
同じ部屋にいて、喋らなくても大丈夫な感じ、すごく分かります。

こだわりの食べ方、エスカルゴ、名前の呼び方、ゴロウ・デラックスについては、「続きを読む」からどうぞ。

loveletterラジオで中居くんはトマト、木村くんはおにぎり、香取くんはアイスのモナカの食べ方について語っていました。吾郎さんは何かこだわりの食べ方はありますか?中居さんはちなみにトマトは砂糖をつけて食べる、木村さんはおにぎりは三角の頂点から食べ始め、途中まで行ったら左側の頂点から右側に向かって食べる、香取さんアイス最中は四角いブロック毎に食べる。
もう・・・(笑)どうでもいいっちゃ、どうでもいいですよね。
でもさ、これね、おにぎりは誰でもそうじゃない?頂点からいって次、横からいかないとバランスくずれるじゃん。だから左側から右向かってくか、右側から左向かってくかって事の違いであって、おにぎりはみんなこうなんじゃないかなぁ。
アイス最中はそっか・・・僕はあんまりモナカとか食べないんでね、あれですけど・・・
何だろうな、こだわり。うん・・・こだわりで変わってきたものと言うと、たとえば今の季節、トウモロコシ美味しいですよね。焼きトウモロコシ、茹でたトウモロコシ、いろいろありますけれども。トウモロコシもきれ~いに・・・何て言うんですか?キレイに食べてたんです、昔は。根もとから。下の歯を使ったりして。う~ん・・・でも、あれ雑に食べた方が美味しいです。要するにトウモロコシって、根元の方はそんなに美味しくないですから。だからむしゃむしゃ汚く雑に食べた方が、トウモロコシは結果美味しいんじゃないか、って。
それか、後はトウモロコシは根元から食べようとすると少し固い部分が残ったりするので、もう包丁で切っちゃう。カットしちゃう、身だけを。ちょっと贅沢目に。上の4分の3くらいだけをカットする、そぎ落としていく・・・うん、ちなみにこれはヒロくんのやり方ですけれども。
まあトウモロコシひとつでもいろいろな食べ方がありますけれども。草彅くんはどんな食べ方のこだわりがあるんでしょうかね。

penどうでもいいっちゃどうでもいい、と言いながらSMAPメンバー全員の名前を出す吾郎。
トウモロコシにかぶりついている吾郎をあまり想像できないんだけど、でも舞台「ぼっちゃま」でスイカにかぶりつきながらタネをぺっぺっとしてる吾郎(夏の設定なので生足首付き)は超絶可愛かった。のを思い出しました。

music夏楽園 (SMAP16枚目アルバム「SAMPLE BANG!」)

【吾郎の自由時間】
loveletter先日、慎吾さんがエスカルゴを時々食べると言ってました。草彅さんは吾郎さんのワインを4人でパリに買いに行った時以来エスカルゴは食べていないと言っていました。吾郎さんはエスカルゴを最近食べましたか?高級そうなレストランでワインを飲みながら、そんなイメージがありますが、どうでしょう?
おお~エスカルゴ、最近食べてないですね。う~ん、そうですね、そう言われてみるとエスカルゴ最近食べてないけれど、これ香取くんがどこで時々最近食べているのか気になりますね。
何かまあ、何だろうあれはオイルとガーリックの味がちょっと大きい気がしますけれどね。あと食感と。いいですね、ワインとエスカルゴ、ね。
そうか、多分北海道のKさんは、エスカルゴを食べた事がないんですね。どうなんだろう、あまり普通の店に置いてないのかなぁ。
まあエスカルゴ用の食器とか鍋もあるくらいですからね。あそこに入れてそのままオーブンでって事で海外ではポピュラーな料理だと思うんですけれども。
代わりになるモノが結構ありますからね、食感で言うならばね、日本にもね。比べちゃいけないのかもしれませんけれど、まあ貝類とか・・あとコリコリっとした感じを楽しみたいなら、たとえば日本だったらアワビとかねぇ。でもアワビとエスカルゴはちょっと違うのか・・・でもエスカルゴの代わりになるもの・・・まあ、無くはないよね。ああいうものはね。
北海道に住んでるんだったら、Kさん、きっと代わりになるものがいくらでもあると思うんですけど、まぁでも経験としては全然いいと思うし、たまにはいいかもしれないですね。

pen「エスカルゴがなかったら、アワビでwine」マリーアントワネット・ゴロウ、キタ━(゚∀゚)━!!
でも本当はすごく普通の金銭感覚を持っている人達なんですよね、SMAPって。

【五六二三】
loveletterこの前テレビでKinKi Kidsの光一くんが「吾郎くん」と呼んでいるのを見て思ったのですが、キンキの二人は「吾郎くん」、イノッチも「吾郎くん」ですよね。城島くんは「吾郎ちゃん」。「吾郎くん」と「吾郎ちゃん」の世代的境目はどこら辺でしょうか。
細かいですね。言われてみりゃそうですよね。
昔っからの後輩は「吾郎くん」なんじゃないですか?よくほら「くん」付けするじゃないですか、ジャニーズのタレントっていうのは先輩に対して。なんとかさんと言うよりもね。だから何かキンキとかだったら、やっぱり近い世代ですから「吾郎くん」なんですね。イノッチもね。
そうですね、でも僕「吾郎ちゃん」っていう言い方は元々されてはいたんですね。自分が10代くらいの時とかは。だからその時に年上だった人は今でも「吾郎ちゃん」って言う人多いですね。だからもっと下になってくると「吾郎さん」になったりしますよ。
それと最近知り合った人だと年上でも同世代でも、そりゃまあお互い大人ですから「稲垣さん」「吾郎さん」になってきますけど、「吾郎くん」って言う人は逆に少ないからドキっとしますよね。
あと国分太一くんとかも「吾郎くん」って言いますよね。う~ん。でも山口達也くんは「吾郎ちゃん」って言う気がするなぁ。
V6に関しては、名前を呼んでくれた事がない気がしますね、上の二人は。坂本くんと長野くんですよね。あんまり仕事場で会う事が少なかったんでね、特にV6くらいになるとね。一緒のステージっていうのも少なかったので。長野くんと坂本くんに関しては何て僕の事を呼んでるかっていうのは今ぴんとこないですね。岡田くんは「吾郎くん」って言いますね。
年下で昔っからの仲の人の場合は「吾郎くん」なんでしょうね。最近の人は「さん」になってきちゃうって・・・不思議ですねぇ。
嵐のメンバーとかは、あんまり僕の事を名前で・・というか、あんまりそんなに密に喋るメンバーが今まであんまりいなかったし、共演も凄く少なかったので・・・
でもあの二宮くんとかはたまにスタジオとかで会うとすごく人なつっこい性格というか、う~ん・・昔、ドラマ「流れ星」っていう作品の時にちょうど二宮さんもあの「フリーター家を買う」というドラマをやってたので、よくスタジオとかで会った時に、あの時はよく「せんぱぁ~い!せんぱぁ~い!」とか言ってましたけどね。こいつ舐めてんのかなとか思いながら(笑)。(スタッフさん笑い)はい、何となくあしらってましたけどね。面白いですよね、二宮くんね、あの感じが。う~ん、甘え上手なのかな、ね。
面白いですよね、この辺の呼び方っていうのがね。
例えば先輩で言うと「東山さん」だったり、「東くん」だったりね、「マッチさんは「マッチさん」だよね。
でも東山さんの場合は何か「東くん」って言ったりもしますね。僕らくらいだったらギリギリ。外ではやっぱり「東くん」とは言いづらいですね。「東山さん」って言いますけどね。
う~ん、面白いですね、こういうのもね、検証してみるとなかなか面白い気もしますけれども。

penとても面白いお便り。更にお便りへの答えを広げ、この時期にジャニーズ事務所のタレントの名前を次々にぶっ込んでくる吾郎、最高!
吾郎は、いつもフラットで、誰に対しても「人は人、こういう人だ」と認め穏やかに優しく接し語る人です。
解散の報告という事で、興味津々で初めて吾郎のストスマを聞いた方の中には驚いた方も多かったのではないでしょうか。

loveletterゴロウ・デラックス観ました。さいとう先生のモデルガンにクイ気味に語る吾郎さんがとても良かったです。その時の感想を聞かせていただけますか?
そうですね、僕も昔っからモデルガンとか子供の頃凄く好きだったので。何か懐かしいなと思いながらゴルゴ13の作者であるさいとう・たかお先生のアトリエにお伺いして、凄い面白かったですね。ちょっと子供の頃に戻ってしまうというか。何かちょっと無邪気な自分がそこにはいたんですけど。
はい、でも、ゴロウ・デラックスやってると、漫画家の先生の家にお伺いする事とか、最近ロケも多いのでね、凄い面白いですね、やっぱりね。何かああいうアトリエとか漫画を・・・作られる行程とかも今まであまり僕も見た事がなかったですし、まあホントに・・・別世界のお仕事なんでね。
ゴロウ・デラックスってホントにやってて凄く勉強になりますね。いろんな本を読む機会、いろんなものに触れる機会が多くて。でもまあ結構デラックスも長寿番組になってきたので、これからもずっと続けていきたいなと思いますし、自分の中の楽しみの一つでもありますね。

penゴロウ・デラックス、素晴らしい番組です。作家の方をゲストに迎え、課題図書として1冊の本を紹介、時にはゲストの方も交えて朗読したりしてお話を伺う。
毎週きっちりとこのテーマに沿っているのに、扱うジャンルの振り幅が広いのが素晴らしい。これは、本が出版される限り続いて欲しい、冠の「ゴロウ」は他の人の名前を入れ替えたら成り立たない唯一無二の番組になっています。続くようしっかりと応援していきたいと思います。

musicBANG! BANG! バカンス! (SMAP37枚目シングル)

番組にはたくさんのお便りをお待ちしています。メールの方はsmap@joqr.ne ストスマのホームページから番組宛てにメッセージも送れます。お葉書の方は〒番号105の8002 文化放送 稲垣吾郎のSTOP THE SMAPの係まで。
お相手はSMAPの稲垣吾郎でした。それではまた来週、バイバ~イheart04

pen今週のストスマは、SMAPメンバーが初めて解散について語るというのでWSやスポーツ紙で注目されていました。
後で収録されたというコメントは、短い時間内にファンへの報告という形ではありますが、
私は、吾郎らしいコメントだと思いました。
メンバーからのコメントという事でいろいろ期待していたファンやファンでなくても心配してくださったり、または興味本位で聞いていた方からの「これだけ?」という反発や失望・・・などは十分すぎるくらい分かっている事と思いますが、でも吾郎はいつも潔いです。
「これからの僕をみていてください」と、いつも言いますよね。
これからの吾郎、これからのSMAPをしっかり見ていきたいと思いました。
「ススメ!」の曲が胸にしみました。

まずできることは、今ある番組が続くよう応援すること。
番組宛てにメール、局宛てにはハガキなどをどんどん出す。
今の事務所ではSMAPの窓口がどうなっているか心配なので、今までお世話になった舞台関係、PARCO、シスカンパニー、TBSなど思いつく所にもどんどんお願いしていこうと思っています。

【送り先】
〒150-8550 渋谷区渋谷1-10-10 ミヤマスタワーB1F ジャニーズ・ファミリー・クラブ

〒119-0188 フジテレビ 「SMAP x SMAP」 

〒107-8066 港区赤坂5-3-6 TBSテレビ「ゴロウ・デラックス」 番組HP内からメール

〒105-8002 文化放送 「STOP The SMAP」 smap@joqr.net

〒102-8080 東京FM 「中西哲生のクロノス!」内「おはようSMAP」 

〒104-8003 東京都中央区銀座3-13-10 株式会社マガジンハウス「an・an 稲垣吾郎 シネマナビ!」

*順次追加していく予定です。

|

« 2016年8月14日 | トップページ | ゴロウ・デラックス 8月11日(#216) »

吾郎ラジオ」カテゴリの記事

コメント

解散報道への吾郎さんの肉声コメント見事でしたね!それ以上でもそれ以下でもない、シンプルで余計な事を差し挟まないコメントは良かったです。あのコメントではマスコミも憶測で作文は出来ず困ったでしょうね(笑)もっと詳しく話して欲しかった等とファンがインタビューで話していましたが、何が聞きたいのでしょうか。吾郎さんは日頃から、人の良い所しか話さない人だし、ましてや、人のせいにするような事は一切言わない人ですよね。解散に至るまでの経緯を聞いても結局は誰が○○という事になる。彼は決して話さないだろうと思ったので、吾郎さんの声のトーンに注目しました。

明るいしっかりとした声、活舌も良く、あの30秒の短いコメントでも安心できました。吾郎さんがいる限り年下のメンバーは大丈夫だろうと!!

その後の放送内容は何時もの様に、多岐に亘る話題で楽しませてくれましたね。メンバーの話、事務所の先輩、後輩の話も、楽しそうでした。特に嵐の二宮くんのエピソードは、スタッフの笑い声も入り、その関係性にほのぼの。

吹き荒れている邪悪な風等感じさせないオアシスの様な平和で穏やかな一時でした。

映画「少女」の話、「ゴロウ・デラックス」の話まで含めて、これら全て吾郎さんがファンに向けて発信してくれたメッセージだと受け止めました。選曲も素晴らしかったですね。

今回、稲垣吾郎さんの男気、強くてしなやかな対応能力に触れ、もっと、もっと応援していこうと思っています。

投稿: あや | 2016年8月19日 (金) 19時16分

腕時計。吾郎さんのファッションの一つですよね。テレビで時計してる吾郎さん観ると、かっこいいなぁ、と思ってしまいます。
「少女」の予告観たけど、かなりシリアスな映画のようですね。封切まで楽しみにしています。
今回はメンバーのお話がたくさんで楽しかったです。剛君は「お兄さん」って感じがするので、テレビを観ていてものんびりします。そして、剛君もお兄ちゃんのように観ている。お互いの兄弟愛が伝わってくるようです。グラスの話を聞いていたら、また舞台を思い出しちゃいました。
トウモロコシの食べ方、勉強になりました。いつも、どう食べようか悩んでいるんです。吾郎さんは、料理が堪能なので、食べ方も詳しいのでしょうか。そして、洋食のお話し。この話が出るとワインはつきもの。吾郎さんがワインを飲みながらお食事をしている姿が目に浮かんでしまいました。サイトーさんは、このお話で舞台を思い出したのですね。要所要所で舞台を思い出して、懐かしいですよね。
名前の呼び方、吾郎さんはいろいろありますよね。「吾郎ちゃん」が多いけど、最近は「ゴロチ」も増えたのでしょうか。「吾郎さん」「吾郎ちゃん」「吾郎君」「ゴロチ」。これだけ呼び方があると、皆さんとの交流も楽しめるので、いいですよね。
テレビ番組は、予算や視聴率などの事情で継続云々が決まりますが、ラジオは、私達リスナーで作られているものだと思います。「吾郎の女子力研究所」、「メンバーの髪型総選挙」等。局は違いますが「剛&慎吾のSMAP POWER SPLASH」のマッキープレゼンツ シンツヨ即興ソング。私達も、楽しいお話が聴けるように頑張りましょうね。

いつも言いたいこと言わせていただいてごめんなさい。でも熱弁できる場がないので…。サラッと聞き流してください。
挨拶は悪魔で「追加収録」です。そして、ラジオの内容は解散発表のずっと前に収録したものだと思います。だから、挨拶の内容とラジオの内容はなんのつながりもないと思います。♪ススメ♪は、この挨拶にかけてないと思いますが、普段聴いたことない方にとっては、そうなんでしょうね。きっとこれは時計の話の流れだと思います。テレビでは「こんばんは、稲垣吾郎です。なのに終わりではSMAPの稲垣吾郎といってるんです。」と注目していますが、追加収録だから、違っていて当然だと思います。そういう私も「STOP THE SMAPも引き続きよろしくお願いします。」の意味をずっと考えていましたが。
挨拶なんて、長く言えばいいというものではないと思います。吾郎さんの「これから頑張る」に理由はいらないと思います。解散理由なんて、メディアが散々教えてくれているし、少なくとも私は、納得しています。レポーターの方やファンの皆さんはきっと「続ける」という言葉がないから納得してないのかと思います。でも、私は正直、「解散」と明言しているのだから、そのまま終わらせてあげてほしい、と思います。最近、私はCDを借りてはmp3に入れたり、思い出の曲を買ったりしていますが、それはもう二度と手にすることができないからなんです。14日に解散発表のスポーツ新聞、そして19日付の「稲垣吾郎解散を語る」のスポーツ新聞を買いました。それはテレビに出てから、SMAPとして過ごした日々、そして舞台役者、テレビ俳優として再出発する日をスクラップブックにして作りたいと思ったからです。
これから先、メディアで、吾郎さんがラジオで発した言葉を分析されることも多くなると思いますが、私達は、惑わされずにいつものように楽しく聴いて、「この状況でこのお便りはまずいかな?」と考えないようにしましょうね。
いろいろ熱弁してしまってごめんなさい。でも、吾郎さんが好きなことに変わりはありません。来週のストスマも楽しみですね。


投稿: ルー | 2016年8月19日 (金) 22時26分

dramaあやさま
コメントありがとうございます。
吾郎さんのきちんとした礼儀正しいコメントはとても良かったです。
おっしゃる通り、解散に至るまでの事など語ったら絶対に悪者設定になる人が出てきますよね。そんな事できるはずないです。
そして思わせぶりな言い方をしたりもしない。
潔い吾郎さんが大好きです。
あの後の放送、いつにも増して最高に面白かったです。
スタッフさんの笑い声も健在で。
吾郎ラジオのファンが増えたらいいなと思いました。
この心洗われ、癒やされるラジオ番組、終わらせてはいけないですね。

dramaルーさま
コメントありがとうございます。
吾郎さんは細いのに食べるの大好きだから、食べ物の話・お料理の話しも面白いですよね。
そういえば去年はとうもろこしでドレッシングを作る話だったので、来年はどんなとうもろこしの話をしてくれるのか楽しみです。

ラジオはリスナーによって作られる~ありがとうございます。
ますますお葉書など頑張ります。
来週は聴取率を調べる期間らしいので、尚更いつもより多くのおたよりを出さなくては♪と思います。
どうぞ、おっしゃりたい事を書いてくださいね。
吾郎さんの挨拶は余計な言葉はなく、コンパクトにまとめられてすごく良かったと思います。特にメンバーのうちで最初の発言だから、吾郎さんはものすごく言葉を選んでいたと思います。誠実さが伝わってきました。
私も吾郎さんが大好きです。

投稿: サイトー | 2016年8月20日 (土) 16時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2016年8月14日 | トップページ | ゴロウ・デラックス 8月11日(#216) »