« 「少女」試写会 | トップページ | 2016年8月14日 »

2016年8月12日 (金)

STOP THE SMAP 8月11日

loveletter吾郎さんは餃子を食べる時に何かをつけて食べますか?何も付けませんか?
おお~餃子、いいですね~好きですよ、基本的に点心とか。餃子に限らず、シュウマイ、ニラまんじゅうとか、ああいう・・やっぱり皮で巻いたものとか好きなんですけど。
餃子は・・・モノによりますよね、何かつけないで食べられる肉汁餃子みたいな~結構中に小籠包のようなスープがあったりとか、お肉に味が付いてるものとかだと、つけないですし、ものにもよりますけれど。
うん、でもまあちょこっとはつけたいですね、基本的には。作るのも結構僕、得意で。意外と。具を一杯入れて、野菜いっぱい入れて、キャベツ入れてって感じで、たまに作ったりするんですけど。お醤油、ラー油、お酢をちょこっとつける感じが好きですね。

【SMAPな時間】
loveletterほん怖、今年もやるんですね。番組ホームページを見たら、館主稲垣吾郎となってました。吾郎さんは館主だったんですね。ところで吾郎さんは霊とかオバケとか感じた事、ありますか?また今までの人生で一番怖かった体験を教えてください。
そうなんですよね、ほん怖、今年もやらせていただける事になってると思うんですけども、もうずっと続いて10年以上ですよね。ほんとに・・・早いもので。もう13年くらいなのかなぁ。今・・・最近では真夏のほん怖で、年1回になってしまったんですけど。まあスペシャルで呼んでいただいて。ねぇ嬉しいですよね、こうやって続けていけるっていうのは。
僕自身はあまり霊とかオバケというのは感じたこともないし、見たこともないし・・・ね。これだけ番組やってるんですけど、詳しくはなってるんですけど霊とかオバケに関していろいろ知識に関してはね。でも何か基本的には全く無縁ですね。
昔、ほん怖の収録をしてる時にちょっとハプニングが起きたり、これは心霊のせいなのかなとか、例えば撮影している時の機材が壊れてしまったりとかね、明かりが落ちてしまったりとか、そういう事はよくありましたけどね。それは何か多分霊の仕業だったのかなぁなんても思いますけれども、だからと言ってあまり怖いとかはないんですよね。何ででしょうね。
ま、子供の頃は怖かったですけどね。
ね、あんまり経験がないし今後も心霊体験って言うのは・・・よく言うじゃないですか、若いうちになかったら、もう無いとかね、うん・・・もうないのかなとも思いますし、あんまり怖いと思ったこともないですね。
たまに夜道一人で歩いてる時とか、ちょっと怖いなと思う事ありますけどね。
こないだ、あの~港区六本木辺りで食事をしていて、歩いて帰ったんですね。歩いても結構距離あるんですけど、もちろん。ちょうどその道中が青山墓地通っていく所だったんで、青山墓地って意外と夜遅く、いないですよね、人。車しか走ってないですものね。車もそんな走ってなくて、まあでも夜中の12時過ぎてたのでね、さすがにちょっと一瞬怖かったですけど(笑)。まあ墓地怖いって・・・そういう風に言ってはいけないですけれども、ただ何か・・ちょっと・・寒気がしましたけどね。それは何か霊を感じて寒気が起きたのではなくて、怖いって自分で一瞬思ったから、寒気が来たのかもしれませんし。
東京の・・・都心のど真ん中で、ちょっと一瞬ヒヤッとしましたけれども、まあ僕自身はホントに霊能力もないし霊感もないし、あまりそのスピリチュアルな経験っていうのはないんですけどね、これだけ番組やってるから1回くらいありそうですけどね。

pen今年の「ほんとにあった怖い話」は8月20日です。
公式HPはこちら

musicSummer Gate SMAP 016 / MIJ)

【メンバーとの時間】
loveletterぷっすまで草彅くんがトライセラトップスのライブに参加する企画がありました。ギターソロで「夜空ノムコウ」を生演奏する企画です。練習のためスタジオに和田さんやトライセラのメンバーが来られたのですが、そこで草彅くんが突然のサプライズ、何と和田さんと上野樹里さんに曲を作ってきたとのこと、和田さんの前で曲を弾き語りで披露されてました。タイトルは「ワダソン、わははおめでとう。トーストorライス?」という曲。素朴な歌詞にも曲にも感動しました。が、肝心の夜空ノムコウはボロボロだったようです。
やっちゃいましたか、また。やっちゃいましたか、この忘れもしないぷっすまでの・・ねぇ!トライセラトップスのライブに参加する企画、忘れもしない!ああ~やりましたよね、前ねライブに参加して、結構さんざんな結果になってしまったという・・・リベンジしたんですか。知らなかったなぁ。ああ、そうですか。
ぷっすまはね、あの・・・アイドルダンス学園でしたっけ、モーニング娘。さんと踊りをやった・・・ダンス部か、あれがトラウマになってね、僕見てなかったんですけれども。
ああ、そうですか、道理で何か楽屋の向こうから夜空ノムコウの音楽が流れてくると思いました、ギターで。弾いてましたもん。
最近、湾岸スタジオで収録する事が多いので、たまにちょっと違う楽屋の事があるんですけどね、草彅くんと僕は同じ楽屋っていうのが多いんですけど、ちょっとたまにね、スタジオとか収録の時間とかいろんな諸事情で楽屋が別々になってしまう事も最近あるんですけれども。隣の楽屋から聞こえてましたもん、何でこの人「夜空」を弾いてるのかなぁって。
あ、そうですか。でも凄いですね、曲を作ったっていうのは。僕も前・・・以前ゴロウ・デラックスに草彅くんが来てくれた時に曲を作ってくださいまして、大切に歌詞を持って帰らせていただきましたけれども。
うん・・・へぇ~凄いですね。
まあでもおめでたいですよね、和田さんと上野樹里さんがご結婚されたという事で、草彅くんも多分嬉しかったし、ホントに気持ちのこもった曲だったと思うんですけれども。
ただ何ですかね、この「トーストorライス」って。いやぁ~・・・
夜空ノムコウ、ボロボロだったんだ。結構ちゃんと弾けてましたけどね。楽屋から聞こえてくる音で言うと。

penえええ~あんなに一生懸命やって完璧なダンスだったのに(しかも超カワイイ)、トラウマなんですか!?ダンスについてはずっと二十何年間言われ続けているからね。誰でも言っていいものだと思っているけど、あれは失礼だと思うわ。中居くんの歌苦手ネタにしても。仲間内で言い合うネタですよね。
もう、みんなそういう目でしか見てくれない。
でも吾郎のダンス、苦手なものもあるかもしれないけど、形が決まっているものだととってもキレイだと思う。

藤沢辻堂ウォーカー、金髪、マリウス葉くんの実家、留学については「続きを読む」からどうぞ。

loveletter7月に中居くんの表紙で、藤沢辻堂ウォーカーが発売されました。藤沢・辻堂と言えば中居くんの地元ですが、吾郎さんも地元版・板橋区の板橋ウォーカーの表紙をやってみたいと思いますか?

東京ウォーカーと同じっていう事ですか?同じ会社で?んん~~~あるんだ、藤沢ウォーカーって。板橋ウォーカーって。あるのかどうか分からないし、東京ウォーカーでしょ、板橋ウォーカーの場合は。
まあでもやってみたいですよね。板橋区、好きですからね。今でもね、実家があるので、ちょこちょこ帰ったりするので。そういう話しがあれば。でも地元の人、嬉しいですよね、これ中居くんに・・・藤沢・辻堂ウォーカーやってもらってねぇ。
まぁ、何かそんな話しがあればですけれども。

【吾郎の自由時間】
loveletter慎吾くんが金髪にしましたね。私が知る限り、吾郎さんがカラーリングしたのってホントに短い期間だったと記憶しているのですが、今まで金髪にしてみたいと思った事ありますか?
いや、ないですねぇ。カラーリングした事・・ああ、短い期間っていうか少し赤みがかったいた事ありましたけど。あとホント10代の頃ですよね。10代の頃は結構髪の毛茶色い時とか多かったんですけど、もう大人になってからは・・・ほとんどないですね。
1回ね・・・MIJツアーとかやってる、もう13年くらい前ですかね、その頃に少しだけ髪が、少し赤みがかってた事ありますけれども、もうなかなかないですね。してみたいとも思った事ないですし。似合わないしね、多分。
役 柄とかお芝居とかだったらねぇ、いいですけれどもね。外国人の役とかでね、例えば舞台とかで。でもこないだやったベートーヴェンもね、外国人の役ですけれ どもベートーヴェンも黒髪ですからね、黒髪からの白髪ですからね。なかなかカツラでもないですからね、イメージがないんでしょうかね。金髪っぽい役がない ですよね。確かに言われてみると。
うん、まあホントに実際はないですよね。僕が役柄とかでなくて、髪の毛の色をカラーリングするっていうのは。 だったら眉毛とかも色を落とさなきゃおかしくないですか?金髪の方見てて思うんだけど。眉毛が・・・ねぇ。でもどうなんだろ、眉毛が黒くてもいいの か・・・うん・・・
髪が傷むっていうのもあるよね。あんまり考えた事がないっていうのが本当にところかもしれないですね。してみたいとかしてみたくないとかいう以前に、あんまりそういう発想がない・・・はい。

pen2006 年「ヴァージニアウルフなんかこわくない?」で吾郎が演じたニックは、原作では確か将来有望な金髪碧眼のイケメンという設定でしたが、吾郎はいつもと同じそのままで しっかりニックになっていました。吾郎の場合、「VENUS IN FUR」でもアメリカ人と19世紀のオーストリア人をそのまま演じていましたが、顔立ちスタイル・・・全く違和感ないんですよね。でも一度舞台で金髪も見てみたい。
ただ、真っ黒な瞳と綺麗に弧を描く黒い眉毛があるので、黒髪が似合うんでしょうね。

music真夏の脱獄者 (2012年 GIFT of SMAP)

【五六二三】
loveletterテ レビでマリウス葉くんのドイツハイデルベルクの実家のロケがありました。1100平方メートル、9LDKの5階建てのビルで、内装も和テイストを取り入れ た素敵な家でした。マリウスのお父さんとお兄さんもご出演されていました。吾郎さんはマリウスくんの実家、ご存じでしたか?ハイデルベルクの街並みが自然 が多く美しく、私も行ってみたいと思いました。吾郎さんも老後にドイツ辺りに別荘とかどうですか?中居さんに買ってもらって。
ふふふ(笑)・・・面白いですね。
確かに僕が9LDKの5階建てのビル、買えなそうですものね。中居さんだったら買えそうですもんね(笑)。
(スタッフさん笑い声)このハガキで一番面白いポイントですね(笑)。
これ、どうなんだろうねぇ。あの~ドイツと言っても凄いですよね、敷地面積。1100平方メートルって・・・坪で言うとどれくらいだ?333坪か。これ、凄いですね。300坪だもん。ちなみに僕の友達のヒロくんの実家、400坪です(笑)。テレビで紹介した、ねぇ。
だけど、これ、凄いわ。
実 は僕ね、これ見たことあるんですよ。行った事はないんですけど、これね、マリウスのお母様が、これ写真集作ったんですよ。発売とかはしていないのかな、記 念で作ったのかもしれない。で、僕それ見たことがあって。でもそれマリウスがこの事務所に入る前の事だったんだけど、その写真集見る限りでは、このWさん の言う通り、ちょっと和テイストで立派なお部屋だったっていう・・・ホント、写真集にできるくらいのね、まあモダン建築なんですけれども、中がちょっと和 テイストになっていて、素敵だな~なんて思って・・・そういう記憶がありますけどね。
いいですね、何かドイツっていうの僕もすごく興味ありますし、ハイデルベルクとかこの辺の何て言うんですかロマンティック街道って言うのかな、ドイツのいろんな古い街並み、お城があったりするこういう所だって行ってみたいですよね。僕も行った事がないので。
ま、老後に買ってもらいますか!それか、借金して中居くんに(笑)買いましょうか。ねぇ。

penマリウスくんが事務所に入る前に、もうその写真を見せて貰ってたというのが凄いけど、全く違和感なくなるほど♪と思わせるエピソードです。
やはり、吾郎にはドイツに行ってもらって紀行文と写真からなる本を出してもらいたい。すごくドイツ似合うと思います。なんと言っても前世はドイツの飛行機乗りでしたものね。
そして、気に入ったら老後は中居くんとお城でも買って焼酎とワイン飲みながらどっちが先に結婚するのか、ず~~っと言っていればいいと思う。確か、ブラックバラエティで楽しそうにそんな話ししてましたよね。
そういえば何かのアンケートで、一番結婚しなさそうな芸能人で1位中居、2位吾郎という結果も出ていました(笑)。

loveletter私は高校3年間の語学留学を無事に終え、先月帰国してきました。吾郎さんが留学するとしたら、どこに行って何を習いたいですか?私の勝手な予想ではワインの生産国のフランスとかイタリアだと思うんです。
良 かったです。無事帰ってこれてね、ホントにおめでとうございます、と言うか、高校3年間、3年間いたんだ・・・ふぅ~ん・・・留学って言うと1年間とか ね、それか高校卒業して・・ね、語学留学とかだと分かるけど、高校の3年間の間、それが全部留学っていうのも、あるんですね、そういう高校の学校のスタイ ルって言うのも。
やあ、これはいい経験になったし、3年間Yさんにとってすごくそれは素晴らしい体験・経験になったんじゃないかなと思うし、羨ましいよね、う~ん。
いいですよね、留学ねぇ、うん・・・もうするんだったら高校3年生くらいの昔にタイムスリップして留学したいなと思いますけれども。
まあでも人生ねぇ、いつからでも遅くないですし、まあ長い人生ですからね、そんな経験が今後あってもいいのかな~なんても思ったりもしますけれども。
ま、確かにフランス、イタリア、いいかもしれない。

musicこの瞬間、きっと夢じゃない (2008年 43枚目シングル)

penそういえば、ストスマにはこれから留学する方、独立して一人暮らしをする方のお便りが時々寄せられて、こうして留学を終えて帰ってらした方の報告があって・・・何か素敵な番組だなぁと思います。
今週は夏にちなんだ3曲、とても良かったです。最後の1曲はオリンピック繋がりでしょうか。
SMAPの曲って本当にバラエティに富んでいて名曲揃いですね。

house番組HP
稲垣吾郎のSTOP THE SMAP

mailto便りの宛先

〒105-8002 文化放送「稲垣吾郎のSTOP THE SMAP」
メールアドレス smap@joqr.ne

pencilNewsign03
映画「少女」の前売り券が発売中です。素敵なポストカード付きで!
詳細はこちらから。

bellお願いsign01
*ストスマへのお便りは、SMAP関係のいろいろな部署のスタッフさんが目を通してくださるそうです。
吾郎さんやSMAPのお仕事についての要望などは仲間内やTwitterなどで呟いているだけでは伝わりません。
各TV局などへの要望と共にストスマにも送って、ラジオで読んでもらえなくてもファンの熱い気持ちを吾郎さんやスタッフの方に伝える事は大切だと聞きました。
TV 関係の仕事をしている方に言わせると、とにかく吾郎ファンは(舞台などは観に行くのに)応援の行動を起こさないので有名だそうです。今は芸能界で仕事をし ていくにも本当に大変な時代だそうですので、ファンの応援はとても大切との事、せっかく稲垣吾郎のストスマがあるのですから、これを大いに利用したら、と 思いました。
どうぞよろしくお願いします<m(__)m>

*【これも大切!】
各方面に要望を伝えても事務所のOKがないと難しいようですので、同時に事務所にもどんどん要望を送った方が良いようです。
ジャニーズファミリークラブ宛て(宛先はHPに)
名前・電話番号・住所・(会員番号~入会している場合)
ご意見・ご要望

*【放送地域拡大と共に、TBSでの番組を応援するのが大切!】
ゴロウ・デラックスの感想は、公式サイト

pencilTwitterでRTされてきたものです。ラジオだけでなく全番組に通じる事だと思うので、こちらに紹介させていただきます。

”ラジオは聴くだけじゃなく、是非ハガキを送るなどして参加することが大切。局では番組ごとにメールやFAXの枚数を集計していて、それが改編を乗り切るための重要資料になる。数を報告することで編成部にアピールできる”

|

« 「少女」試写会 | トップページ | 2016年8月14日 »

吾郎ラジオ」カテゴリの記事

コメント

今年もほん怖あるんですね。スマスマでしか吾郎さんに会えないと思っていたので、嬉しいです。子供たちの悲鳴と館主吾郎さんの夏の風物詩に会えるのを楽しみにしましょうね。そして、「ぷっすま」。剛君の演奏観ましたけど、上手でしたよ。和田さんも、歌が上手で、サビのところで剛君と変わってあげたりして、優しいな、と思いました。吾郎さん、聴いていたのですね。ホント、アイドルダンス部かわいくてよかったのに、何がトラウマなんでしょう。やっぱりエガちゃんポーズかな?でも、吾郎さんが踊り終えた時、みんなに「表情がいい。ソロが最小限の動き」って絶賛されていたのに、と思いました。それを観て、ミュージカル経験が活きてるからだよ、って思っていました。「恋と音楽2、Final」を観て、吾郎さん、踊りが滑らかですごいなって見入ってましたよ。
金髪って確か、こち亀の白石麗次役でやっていましたよね。あれは違和感感じました。吾郎さんは、黒髪から白髪がいいですよ。
9LDKと聞いて、ビックリしました。吾郎さんにとっても夢なんですね。職権乱用するのもいいかもしれないですよね。それか、プライベートで、56歳になったら、一度はそんなところに行くといいかもしれないですね。
留学についても、励ましの言葉や、「おかえりなさい」の気持ちがこもったメッセージも素敵ですよね。いつか吾郎さんも、海外で勉強してみたい、と言ってたことがありましたね。いつか吾郎さんもできるといいですよね。
♪SUMMER GATE♪を聴いて、吾郎さんみたいに、ビーチで、フルーツカクテルを飲んでいるのを想像してしまいました。そして♪この瞬間、きっと夢じゃない♪はオリンピック以外考えられないと思います。私はたぶんオリンピック期間のどこかでSMAPが歌ったテーマソングがかかったらいいな、と思っていましたし、mp3プレイヤーにも、オリンピックに合う曲…ということで♪この瞬間、きっと夢じゃない♪を入れています。ということは、また当たっちゃいましたw。これ、2008年発売なんですね。ということは、2008年×2年…。感慨深いです。
来週のスマスマのお話しや、オリンピック、パラリンピック期間中の選曲にも注目ですね。

先週のストスマで吾郎さんが素で言ってた「よし!頑張ろ!」これトリミングして、目覚ましに使いましたw。眼がパッチリ覚めて、1日爽やかに過ごせましたw。たぶん他の人に言ったら思いっきりひかれるんだろうな、と思いながらも、我慢できずにやりました。

投稿: ルー | 2016年8月13日 (土) 14時55分

今週もリスナーの質問、メッセージにきちんと応える吾郎さんがいて、聞いていて心地よい30分でした。リスナーの立場に立って考えての対応は、ラジオを通してリスナー=ファンと言葉のキャッチボールが出来ているから聞き手もストレスが溜まらないんですよね。雑誌の記者の質問に対して、何を聞きたいかを瞬時に判断して応えてくれるので、会話が楽しく、何時までも話していたくなるというの聞いた事がありますが、ラジオを聞いていると記者の気持ちが分かりますね。

「ぷっスマ」のダンスがトラウマなんて信じられませんよね!きちんと踊れていたし、よく吾郎さんのダンスをブログ等で家族で笑ったとか書いている人を見かけますが、一生懸命努力して踊っている人に対して失礼だと思います。基本に忠実なんですよね。曲に相応しい振付を考えてくれたその道のプロに敬意を表してアレンジしない。だから細かく見ていると手先、指先等、伸ばすところは最後まで綺麗にきちんと伸ばしていますよね。丁寧にしているので、皆より少し遅れる事がありますが、ダンスは美しいと感じています。これは、ドラマ、映画、舞台の作品は、演出家、監督のもので、その考え方に従うべきという、吾郎さんのポリシーがダンスにも表れていると思うのです。剛くんのギターもちゃんとフォローして、何時も思いやりのある一言が吾郎さんの人間性の豊かさを物語っていますよね。

それは、若いリスナーの旅立ちの報告等のお便りにも丁寧に言葉を選び、リスナーの身になって、応えている様子には、何時も頭が下がる思いで聞いています。選曲も素敵で、「ゴロウ・デラックス」と共に木曜日が待ちどう遠しい今日この頃です。

投稿: あや | 2016年8月13日 (土) 15時21分

nightルーさま
コメントありがとうございます。
「ほん怖」はちゃんと夏の風物詩になっていますものね。
小学生の時から観ていて今では成人しているほん怖ファンも多いと思いますし、長く続く事はいいですね。
吾郎さんと子供という、ちょっと面白い組み合わせも良かったですし、初めの頃のフィールドワークも面白かったです。
「ぷっすま」ダンス部で、表情がいい!と口々に言われたのって、確かにミュージカルをやったのもすごく良かったのですね。
とってもいい笑顔で歌って踊って~観ているこちらも楽しくなります。
そうそう!こち亀の白鳥麗次役はかなり明るい茶髪でしたね。
あれは漫画っぽい感じにしていたので、あまり似合っていませんでしたが、本格的に役作りするならもっと素敵な金髪姿になれると思うのですが、どうでしょうか・・・
ビーチでフルーツカクテルって、SoftbankのCMですね。
あのCM面白くて大好きでした。
順調に、曲の予想が当たっているんですね、おめでとうございます!
そして、吾郎さんの声で「よし!頑張ろ!」の目覚まし、素晴らしいです。
絶対に目が覚めますね!

nightあやさま
コメントありがとうございます。
おたよりにきちんと答える吾郎さんのラジオ、滑舌よく聞き取りやすいし、ストレスが貯まりませんね。
更に予想もしなかったような事まで教えてくれたり(笑)最高です。
記者さんもお仕事やりやすいですね。以前、やはり雑誌の記者さんがインタビューの後で、吾郎さんはそのまま載せられるような完璧な文章を話してくれるというような事を書いていたのが忘れられません。
ラジオのレポを書いていても、一度聞いたものを打っていくだけなので本当に楽です。
あやさんが書いてくださった通り、吾郎さんはその道のプロを本当に尊重しますね。
静止画像を切り取るのが好きで吾郎さんのダンスを細かくみていくと、本当にひねりの角度とか指先、視線など細かいところまできちんと踊っているのが分かります。だから、どんな瞬間を切り取っても美しいです。
でも、いつもいつも笑われていると、バカにして笑ってもいいと思ってしまう人がたくさんいるんですよね。ちゃんと見もしないで。
でもきっとそのうち、予備知識のない若い人が見てきちんと評価されるようになるのではないかと思います。
毎週木曜日はますます吾郎を好きになる日になっています。

投稿: サイトー | 2016年8月14日 (日) 00時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「少女」試写会 | トップページ | 2016年8月14日 »