« 映画「少女」関連雑誌 | トップページ | ゴロウ・デラックス 9月15日(#221) »

2016年9月16日 (金)

STOP THE SMAP 9月15日

SMAPの稲垣吾郎です。まずはオープニングの呟きメッセージをご紹介します。

loveletter最近はほとんどの施設のトイレにエアータオルが設置されていますが、吾郎さんは使いますか?ハンカチ派ですか?
はいはいはい。エアータオルじゃなくてホントにタオルもありますよね、こう・・・ガラガラってひいていくヤツね。ペーパーもあるし。実際に布みたいなのもあったりもしますけれども、最近はないのかな、なかなか。まあ普通にエアタオルだったりも・・・するのかなぁ。すごくいいレストランなんかだとタオルがね、置いてあったりもする場合があったりもしますし、ホテルとか凄いですよね。タオルをロールにして積み重ねてあって(笑)あれはすごく贅沢な感じがしますけれども。家だと普通にタオルをね、かけてますけれども。ちょっと気にして見てみると面白いかもしれないですけれども。
でもエアータオルって、結局最後まで水滴取れなくない?相当な時間がかかりますよね。1回入れて引き抜くだけでは絶対に・・何かちょっとシトっとしてますよね、手がね。最終的にちょっとズボンのポッケとかで拭いてる自分がいると、何か悔しいんですね。エアータオルやってズボンで拭くんだったら、最初からズボンで拭いちゃえばいいじゃん、誰も見てないんだから(笑)な感じの気持ちになる時もありますけれども。
一応、あるものは使うという感じです。

【SMAPな時間】
loveletter映画「少女」試写会行ってきました。予告を見ていた時点では少しホラー的要素もあるのかなと思っていました。でも実際には、虐め・介護・家族などの闇を少女たちの目線で書いてあり、広い層の方が引き込まれ考えさせられる内容でした。三島有紀子監督の演出も良いですね。その中で吾郎さんの登場辺りから話しが動き始め、大きなキーパーソンとして、そして様々な愛情が感じられる中年男性を演じられていて感動しました。
ありがとうございます。試写会まで行ってくださったんですね。
そうですね、本当にこれはなかなか日本映画では珍しいタイプの映画だと思うんですよね。ホラー的な要素も、はい・・そうですね、予告ではそういう風に捉えがちかもしれませんが、深い話ですね。
これ、やっぱり湊かなえさんの初期の頃の作品で、すごくいろんな小説ファンだったら知ってる方多いと思うんですけれども、多分映画で初めて「少女」を見る方も多いと思うんですけど、原作を読まれてから映画を観てもまた違った楽しみ方できると思いますし、まあとにかく観ていただきたいですね。
僕はホントにこれは何かを表現するような役ではない・・凄い繊細な役だったので、うん・・最近のドラマとかの役柄とはまた違って、一見すごく普通の人間だったりするので、何かその中でちょっとこう・・繊細に役を演じる事ができたらなぁと思いながら。
こういう自分の役回りもあるんだなぁという、何かやった事ありそうで、やった事ないような役だったので・・・でも何か彼の抱えている闇みたいなものとか、何か平凡な人間故に何かこういう闇を抱えてしまう所とか~まあ、ちょっと説明も下手なんですけど、とにかく自分の中では新鮮な役だったので、新しいお芝居としても新しい挑戦だったのでね、とにかく・・・ちょっと・・映画も独特な、ちょっと取り扱い注意みたいな映画なんですけど、こういう映画も日本映画の中にあるんだなという感じの・・また楽しんでいただけるものになると思うし、是非、もう公開近いのでね、観ていただきたいなと思っております。

pen説明が下手だといいながら一生懸命役柄についてネタバレ無しで説明してくれる吾郎。優しくて真面目で・・・そういう所は「孝夫」みたいなのかもしれない。
吾郎の繊細な演技を何回もw見るのが楽しみです。

musicLet It Be (2000年 SMAP31枚目シングル)

【メンバーとの時間】
loveletter
中居くんは朝起きたらまずポストに新聞を取りにいくそうです。じっくり新聞に目を通す日課が20年以上続いていると話されていました。活字離れが問題視されていますよね。今は情報が溢れていますが、じっくり読む事でしっかり記憶に残るんだと最近気付きました。もちろんネット情報は敏速で便利です。でも情報量が多い分、どんどんリセットされていく気もします。新聞に限らず雑誌や小説などの本の匂いを感じながらページをめくる、その作業もたまらなく好きな私です。
そうですね、確かにネットだと便利ですけどね、もちろん、ただ活字をちゃんと読むからこそ残るっていうのもありますよね、小説なんかそうですよね。
まあ僕は映画も大好きなんですけど、もちろん映画を観るよりも・・・1本の映画を観るよりも1冊の小説を読む方が・・(笑)やっぱ小説の方が・・大変ですからね、映画だったら2時間半で観れるものが、一つの作品でも小説だったら倍はかかりますからね。その分、細かく浸透はしてきますよね。
映画はもちろん大好きで、映画の良さっていうのもありますから、比べるモノではもちろんないと思いますけれども、うん・・・そうですね、小説っていうのは・・まぁ、映画とか映像っていうのは黙ってても向こうから来てくれる、浴びる事が出来るんですけれども、活字っていうのは自分から入って行かなきゃいけないし、集中力も必要になってくるので、やはりゴロウ・デラックスとか番組をやらせていただいているので、ホントにこれは本の良さっていうのをやっぱり皆さんに伝えていきたいなと思いますし。
本もね、昔に比べるとなかなか・・こう・・売れにくい時代になってきて、本屋離れしてる世の中でもあったりするので、作家さんの方がホントにこう・・作家さんからの要望っていうのも凄く感じますので・・・う~ん・・・本屋に行って欲しい、とかね、実際・・こう紙をめくって活字に触れて欲しいというのが・・そういう何か情熱というか気持ちというものを結構作家さんから、凄く僕は毎週番組をやってて凄く感じる事ではあるので、なるべく僕も本をね、読みたいし、読んでいこうと思いますし、それを大勢の人にああいう番組を通じて何か伝える事が出来ればなぁなんて思うんですよね。
確かに大変ですよね、本を読むっていうのは。あの~何だろう、集中してないと読んでいるようで全く入ってない時もね・・頭の中に・・ありますしね。
僕も本を読むのがすごく遅いんですよ、恥ずかしい話なんですけど。でもやっぱり読み終わった後の達成感ってありますし。あと、あれですよね、習慣ですね。何かずっと読み始めると結構読む速度も速くなってきますし、読む事が苦痛じゃなくなってくるんですね、日課になってくるとね。
まあでもこの中居くんが新聞を20年読んでるっていうのは、凄いね・・・素晴らしいですね。
うん、僕もちょっと小説に関しては毎週毎週、まあ小説に限らずいろんな本を読ませていただいていますので、その日課というのはこれからも続けていきたいなと思っていますね。

musicidea (1999年SMAP13枚目アルバム「SMAP 013~BIRDMAN」)

pen本の楽しさを伝え、本を読む事を推奨する・・・最近の吾郎にはゴロウ・デラックスを続けていく事の意欲をとても強く感じます。こちらも充分に応援しなければ~という気持ちになります。最近のゲストが、ますます豪華で素晴らしい。贅沢な番組です。
本を読むのが遅いと自ら言う吾郎・・・別に読むのが早ければいいとも思わないし、番組でゲストの作家さんと深くお話しするには読み込まなければいけないと思う。
普通にストーリーを追うのとは違うと思いました。

食べ物のブーム、ドラマ「ヨイショの男」、お財布の中は・・・については「続きを読む」からどうぞ。

【吾郎の自由時間】
loveletter私の中で去年の夏からトムヤムクンラーメンブームが続いています。出先でタイ料理屋さんを見かければ飛び込み、家でもインスタントでも構わないので食べたくて、ピークの時は毎日食べていました。今は落ち着きましたが、週に1回は食べています。そして次はジェノベーゼのパスタブームが来そうです。吾郎さんは食べ物のブームとかありますか?
あああ~無くはないですね、僕もね。番組で前言いませんでしたっけ、最近しょっちゅうビーンズサラダに凝ってますね(笑)。あのメキシカンみたいな、豆を使ったビーンズ・・ひよこ豆であったりとかね、いろんな種類の豆が・・ちょっとスパイシーなドレッシングで和えて。
豆系結構好きですね。枝豆とかも好きですしね。そういうのありますよね、う~ん。
トムヤムクンもいいですよね。トムヤムクンラーメンなんて絶対に美味しそうじゃないですか。カップラーメンとかでもありますよね、トムヤムクンラーメンって、見たことあるな、そういうの。タイ料理屋さん、う~ん・・・まぁでもね、家でも作れない事なさそうですし。
ジェノベーゼのブームが来そうとか予感するんですね、ブームに関してね。「来そう」ってどういう事なんでしょうね。
う~ん・・でもありますよね。鍋とかでよくありますよね、凝るとね。前も言いましたが、生姜鍋凝ったらずぅ~っとやるとかね、うん。でも何か比較的いろんなものをバランス良く食べたいなと思う方なんで、あんまり執着まではしないですね。
いいですね、Sさん、これジェノベーゼパスタブーム、せっかくだったらジェノベーゼ作ったらどうでしょうかね、バジルを自分で買ってきて。やっぱり香りも全然違うと思いますよ、自分で作ると。ねぇ、ちょっとやってみてくださいよ。自家製ジェノベーゼソースで。

【五六二三】
loveletter最近2002年に放送されたドラマ「ヨイショの男」のDVDを観ています。まず驚いたのは14年前のドラマにもかかわらず、お世辞抜きで吾郎さんが今と全然変わっていないということ。お肌もキレイだし若さも体型も当時のままキープされています。放送当時は私は吾郎さんにはこの役は合わないんじゃないかと実は思っていました。今振り返ると、この役作りが今の吾郎さんの中間管理職キャラとしての立ち位置を作ったのかなと思っています。
はい。懐かしいですね、これ。確かに連続ドラマでコミカルな役を演じるっていうのは、僕これ初めてだったのかな。まあまあ無くはなかったのか、うん・・昔・・・1997年とかにやった「恋の片道切符」という江角マキコさんとやったドラマが多分コミカルなオトボケな役で、うん・・森慎一って役でね、当時やらせていただいた・・・このドラマが多分一番コミカルだった・・始まりですけれども、連ドラの主演とかでコミカルな役っていうのは、多分これ初めてだったのかな、2002年。
いや、もう14年前ですか・・・まぁでもね確かに結構テンションの高い役で、何かやっぱり舞台とかでも・・このくらいから・・やっぱちょっと舞台だともっと前からコミカルなコメディを演じる事があったのでね、何となく、舞台をやってきたから、あ、この役できるんだなって、その時、28歳ながら何か感じた事がありましたね。29歳か・・・うん、懐かしいですね。
浅野ゆう子さんとかとね、共演させていただいて。何か浅野ゆう子さんて、初めて連続ドラマに昔十代の頃に・・ゆうこさんのね学園ドラマに出させていただいた以来、ここで共演させていただいて、そしてあの・・もう3~4年前になっちゃいますけど「心療中」という深夜のドラマでもね、浅野ゆう子さんと共演させていただいて、何か何年か置きにずっと共演させていただいてる感じがしてね、うん・・・何かこのドラマって言うとゆう子さんを思い出してしまうんですけどね。
やぁやぁやぁ、すごい面白いドラマだった・・・今観る勇気はちょっと、なかなかないですけどね。
まぁ確かに体重とかは変わってないっちゃ変わってないですね、僕も、14年間。僕の場合はでも比較的太りにくい体質っていうのもあるのでね、これは助かっているという感じもあるのですけどね。すっごい努力してるって事でもないので、あまり偉そうな事は言えないのですが、はい。でもこれはもうずっと14年先も変わらずにキープしていきたいなって・・・タレントやってる以上はね、すごく思う・・お肌とかはね、年齢と共に多少は変わってはくるとは思うんですけど、自分にできる事はね、最大限、やっぱり見てる方になるべく綺麗なものをね、見せたいじゃないですか。うん・・そういう思いはあるんですけれども。

pen「ヨイショの男」、当時は何か上司のご機嫌ばかりとっている社員~みたいな変な印象が根付いちゃったらどうしよう・・とか余計な心配をした上に、日本でのワールドカップと重なって数字まで気にしたりとか、あまり素直に楽しめなかったドラマなんですけど、後で観るととっても可愛くてひたむきで素敵なドラマなんですよね。吾郎復帰して直ぐのドラマだったので、共演者の方々が温かくて・・・いろんな意味で忘れられないドラマでした。
しかも、吾郎がすっごく可愛いheart
吾郎は浅野ゆう子さんとの共演の印象が強いのね。「心療中」もすごく良かったです。続編を観たいです、大人バージョン。
そして、14年後も変わらずにキープしていたいという吾郎、謙遜していますが、太りにくい体質を作り上げたのは吾郎の努力もあると思います。
あのスタイルとお肌、素晴らしいです。

loveletter吾郎さんはお財布に入っているお札は全て同じ向きに揃えますか?それとも気にしない方ですか?
ああ・・・これ、不機嫌な果実のドラマの時に役柄の航ちゃんは全部揃えてましたね、これね。潔癖な役柄でしたから。
僕はねぇ、気にする時と気にしない時がありますね。何か気がついたら直しますけれども、ほぼほぼ・・バラバラですね。
何か、急に領収証の整理とかさ、1週間に1回くらいちょっとまとめてやるじゃないですか。僕は1週間に1回くらいなんですけど。でも向きまでは揃えないかもしれない。うん・・・
あと、どこまで財布に入れてればいいか迷う時ありません?カードとか。
病院の診察券、病院行くとき持ってけばいいんじゃないか、電器屋さんのポイントカード、電器屋さんに行く時に持って行けばいいんじゃないか、クリーニング屋さんのサービス券とか、入れとかないと使えないよね、そういうのは。いろいろ・・どこまで財布に入れとけばいいのか迷うモノってありますよね。
1年に1回くらいしか使わないカードだったら、入れて・・364日持ってるだけですからね。そう考えると(笑)なるべく財布って軽量化したいなっていつも僕思うんですけどね。
皆さんはいかがですか?財布。

pen別にお札の向きまで揃えない私としては、ちょっと安心(笑)。
そんな事より、クリーニング屋さんのサービス券とか・・・自分でクリーニング出しているんだなとか、すごく当たり前の生活とか価値観が素敵だなと思いました。

musicfreebird (2002年 SMAP34枚目シングル)

番組ではたくさんのお便りをお待ちしています。
メールの方は
smap@joqr.net ストスマのホームページから番組宛てにメッセージも送れます。お葉書の方は郵便番号105の8002 文化放送 稲垣吾郎のSTOP THE SMAPの係まで。
お相手はSMAPの稲垣吾郎でした。それではまた来週、バイバイheart04

pen今週最後の曲がfreebird♪SMAPの曲って本当に良い曲が多い。
6人でスタートしたSTOP THE SMAPは、デビューの1ヶ月後1991年10月7日スタート、今年で25年になるんですね。
そんな事を考えながら、fureebirdの歌詞を読んでいました。

【応援メール・ハガキの送り先】
〒150-8550 渋谷区渋谷1-10-10 ミヤマスタワーB1F ジャニーズ・ファミリー・クラブ

〒119-0188 フジテレビ 「SMAP x SMAP」 

〒107-8066 港区赤坂5-3-6 TBSテレビ「ゴロウ・デラックス」 番組HP内からメール

〒105-8002 文化放送 「STOP The SMAP」 smap@joqr.net

〒102-8080 東京FM 「中西哲生のクロノス!」内「おはようSMAP」 

〒104-8003 東京都中央区銀座3-13-10 株式会社マガジンハウス「an・an 稲垣吾郎 シネマナビ!」

<舞台関係>
パルコ劇場 公演・メールマガジンに関するお問合せ→公式ページより

ラッパ屋(鈴木聡さん)へのお問合せ→公式ページより

〒150-0013 東京都渋谷区恵比寿1-22-20 恵比須幸和ビル3F 有限会社シス・カンパニー 北村明子 様宛

〒107‐8006 東京都港区赤坂5‐3‐2  TBS ( 事業局赤坂サカス推進部長 熊谷信也様宛)

<映画「少女」舞台挨拶について>
〒104-0061 東京都中央区銀座3丁目2番17号 東映株式会社 映画宣伝部宣伝室 

*順次追加していく予定です。

|

« 映画「少女」関連雑誌 | トップページ | ゴロウ・デラックス 9月15日(#221) »

吾郎ラジオ」カテゴリの記事

コメント

汚い世間の喧噪が嘘のような静かで穏やかな時間を共有できる「ストスマ」。なんなんでしょうねぇ。心が浄化されるようなこの気持ちは・・・吾郎さんの澄んだ声と穏やかな話方がそう感じるのか、自分の事は二の次にしてファンの事を考えてくれている心情が伝わるのか、最初から最後まで、崇高な気持ちで聴けるのがありがたいです。

本当にどれも日常的な話しなのに、全てが大切に思えるこの感覚を楽しみながら何時も聴いています。メンバーの話、本、映画の話、そこには何時もの変わらぬ吾郎さんがいてくれる安心感が、リスナーの気持ちを心地よくさせてくれるのでしょう。これからもずっと続けて貰うためにたくさんのお便りで応援しなければですね。

投稿: あや | 2016年9月16日 (金) 20時39分

chairあやさま
コメントありがとうございます。
SMAPのいろいろな騒ぎさえもなかったような、毎週、平和で心穏やかなストスマですね。
確かに、心が浄化される感じです。
柄でも無く、自分がいい人になったような気分にさせてくれます。
>メンバーの話、本、映画の話、そこには何時もの変わらぬ吾郎さんがいてくれる安心感
・・・これが全てなんでしょうか。
ストスマはずっと続けていかなくてはなりません、と心から思いました。
まずはお便りですね!

投稿: サイトー | 2016年9月17日 (土) 00時32分

こんばんは。
ハルと申します。
吾郎さんのラジオもゴロデラも、本当に穏やかな気持ちになれますね。
ニュースなどでは不安な情報も入ってきますが、番組サイトにいっぱいメール送って今後も応援していきます‼

投稿: ハル | 2016年9月21日 (水) 01時03分

chairハルさま
コメントありがとうございます。
本当に、いつも穏やかな気持ちになれます。
観ながら聴きながら自然に笑顔になっています。
こんな素敵な番組を終わらせてはいけないですね。
応援は、できる範囲でがんばっていきましょう♪

投稿: サイトー | 2016年9月21日 (水) 17時01分

初めまして。
私の住む所では、ストスマが聞けないので、ネットラジオ?みたいなので聞いていました。
ところが、最近なぜか聞けなくなってしまって…。サムガもワッツもパワスプも、同様に聞けません。
なので、こうして文字に起こして下さる方がいて、本当にありがたいです。
まるで、吾郎さんの声が聞こえるようでした。
本当にありがとうございます。

投稿: みるっち | 2016年9月23日 (金) 14時43分

chairみるっちさま
はじめまして。コメントありがとうございます。
なぜか、急に違う地域のラジオが聞けなくなった・・・と聞きました。
ラジオくらい、聞かせてくれても良いのに!
お役に立てて良かったです。
吾郎さんの声が聞こえたら、とっても嬉しいです。

投稿: サイトー | 2016年9月23日 (金) 21時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 映画「少女」関連雑誌 | トップページ | ゴロウ・デラックス 9月15日(#221) »