« SMAPXSMAP 8月29日 | トップページ | ゴロウ・デラックス 9月1日(#219) »

2016年9月 3日 (土)

STOP THE SMAP 9月1日

SMAPの稲垣吾郎です。まずはオープニングの呟きメッセージをご紹介したいと思います。
loveletterこの前二十歳になり、お香を買って焚いてみました。吾郎さんはお香を焚きますか?
おおお~二十歳になってお香、何か・・・大人になってって事なのかな?
そうですね、何か大人な感じしますね、お香を焚いてるとか。あの~僕は・・そうですね、アロマとかは焚きますけど、お香はね、好きですけどね。白檀とかいいですけどね、すごくいいものは本当にお香にしかない香りっていうのかなぁ、うん・・・
お香の香り風のアロマとかね、そういうのもありますよね、最近。
何か、煙を焚いてって事まではね・・・実際、火を付けてって事はあんまりしないんですけれども。
どっちかって言うと、アロマとかが出る、出るって言うか今みたいにこんなアロマキャンドルとか何だって出る前に、やっぱり僕も二十歳前後とか昔、お香って流行りましたよね。まだあんまりそういうものが無かったのでね。
あと洋服屋さんとかで、よくお香を焚いてる店とかありましたけどね。
ね、いいと思います、すごくリフレッシュできて。

【SMAPな時間】
loveletterゴロウ・デラックスの蜷川実花さんの回、今まで観たことのないような吾郎さんが作品の中にいて、ホントに素敵でした。是非、未公開があれば見たいです。
ありがとうございます。
ね、何かこれいろいろと言っていただける機会があって、好評だったらしくて・・・あの、なかなか普段ないような・・ああいう写真っていうのかな、何でしょうね、やっぱり蜷川さんって凄い・・やっぱり凄いカメラマンなんですね。
僕がどうのこうの・・今までないような表情をしてやろうとか、新しい自分を写真の被写体として写してみようとか、そういう事ぜんぜんなくて。どっちかっていうと番組ですから、あれは。蜷川実花さんがゲストで、あんまりこう・・撮られてるとき周りにテレビカメラもあったんで、番組をやってる中で写真を撮られるっていう前提ですから、あんまり正直、その写真を撮られる事に重きを置いてなかったんですよね。それが良かったのかな。
まあでもホントに、あの短時間で、うん・・・サクッと撮って、ねぇ、ファンの方にも今まで見たことがないような吾郎さんなんて言っていただけるような写真を撮ってくださったのはホント嬉しかったですし。何よりも蜷川さん、あの・・僕も写真家としてすごく好きでしたし、番組の中でもそれ言ってたのかな、何か海外でホント偶然に会ったのが出会いだったのでね、何かそれ以降、お仕事したいカメラマンの方でもあったので。
あと映画もすごく好きでしたし、彼女のビジュアル、世界観というものかなぁ、それこそ蜷川さんの写真って蜷川さんにしかないですからね。誰っぽいとか・・・もちろん影響を受けた方とかいろいろいらっしゃるとは思うんですけど、ホントにこれはオリジナルですよね。写真見るだけで分かりますものね。すごくいいコラボレーションができて、ファンの方も喜んでくださったんなら、すごくいい時間だったなと思いますし。
ねぇ、でもカメラマンというと、アラーキーさんに撮っていただいた時も、あの写真も雑誌の方にちょこっと掲載されたんですよね、番組で撮ったときの写真が、ダヴィンチの方で「男の顔シリーズ」というものなんですけれども・・それもねぇ、僕の中では凄く気に入っていて。でもそれもホントに、この「アラーキーに撮られる稲垣吾郎」みたいな感じの・・それを番組で押さえてる構造だったので、あんまりそのために何か、まあ眼鏡もかけっぱなしだったし、うん・・・でもその位の方がいいんでしょうかね。
まぁ後はこの巨匠たちの力によるものと・・・僕なんかもあんまり構えすぎない方がいいのかもしれないね。もしかしたら、こういうスチール・・・写真撮られる時って言うのは。
でも本格的にね、蜷川さんも映画とか写真とか、実花さん素敵な方だったので、また何かお仕事一緒にできる機会があればいいなぁなんて思っています。

pen確かに、できあがった写真が素晴らしくて興奮しましたけれども(笑)、考えてみたら吾郎は番組を進めながらその中で被写体として仕事をしただけですものね。それなのに一つの世界ができあがってしまうのは、やはり蜷川さんの才能と写真を撮られるプロでもある吾郎の才能が見事に合わさって作り上げたものですね。
周囲からも好評の声が多かったようで嬉しいです。
海外で偶然に会ったのが出会い~そんな話、オンエア無かった!是非是非撮影風景ノーカットと、このエピソードを放送して欲しいですね。
そして、写真集を是非!出してくださいsign03

musicButterfly (1997年 SMAP11枚目アルバム「ス」)

【メンバーとの時間】
loveletter中居さんはトイレに行った時、小さい方を済ませた時は手を洗わずに大きい方を済ませた時は手を洗ってるそうです。理由は、小さい時はおちょんちょんを触ってない(笑)ので、手を洗わないそうです。それに対して木村くんは、大きい時も小さい時もどちらも手を洗うとおっしゃってました。吾郎さんはトイレに行くと必ず手を洗ってから出ますか?
う~ん・・・そんな事、答えたくないですよね(笑)あの~洗ってようが、洗っていまいが(笑)・・・いやいやいや・・・これ、中居くん面白いですね。すごく神経質そうですけどね。清潔好きというか。コレ、触らないでできる?(スタッフさん、ひそひそ声『ベルトから・・・』)ベルトから全部下げるんだ!噴水の・・・少年状態って事?それも垂れ流しと言うか。(スタッフさんと密談?)いやいや・・・ホントかなぁ。よく分かりません。どっちでもいいよ。(スタッフさん笑い声)
ねぇ、これ全員にリサーチしてるんですかね。
木村・・拓哉さんに対して、トイレで手を洗いますか?ってハガキを送る(笑)ってのも凄いよね。(笑い)
僕には聞いてもいいですけどね。
ま、普通洗いますよね。それはもう幼い時からの・・何かルーティーンというか癖になってる事だからね。
何度も言ってるかもしれないけど、僕はあのぅ「小」を済ませる時は座りますよね、便座に。家だと、全て。立つと跳ねるでしょ。その話しはよくしてると思うんだけど。

(ちょっと内緒話風に)でもさ、やっぱりさ、外だとさ、座らない時、あるよね。やっぱ自分ちじゃなかったら多少飛び散ってもいいっていう邪悪な自分がいるのかな(スタッフさん「そんな・・」と笑い声)
(開き直って)そういう事じゃないんだよ。あのさ、多少飛び散っても外の場合ちゃんと僕、拭きますよ。あのホントに。これはもうね、神様に誓って!うはは!(笑)(笑)
外だとさ、やっぱりさ、ちょっと座るのに抵抗ある時あるじゃないですか。やっぱり男子トイレの個室だとさ、座るの・・そんな僕も潔癖じゃないけど、やっぱり座る時にちょっとこういうペーパーとか敷くじゃないですか、今はそれ用のペーパーもあるしさ、それを敷いたり除菌とかするんだったら、立ってしちゃうよね。要するにあれですよ、もちろん男子トイレで個室があるとこと、その小さい・・小をする時の便座(便器?)二つある時はもちろんわざわざ個室に入ったり僕はしないですよ。一個しかない時あるじゃないですか、トイレなんて。そういう時はだいたい座るんですけれども、外に限ってはちょっと立っちゃう時もあるっていう。
どうなんでしょう、皆さんね。個室しかないトイレの時は。だから小だけのために、小する便座があるのにわざわざ個室に入ったりとかはあんまりしないですね。そういう人もいますね。まあいろいろありますけれども。

penそんな事こたえたくないと言いながら、たくさん話してくださいました(笑)!
しかも神様に誓っちゃいましたから。
SMAP、解散について何か喋るのではないかと聞いていた記者さんがいらしたら、当てが外れちゃいましたね(笑)。トイレ事情についてとても楽しそうに話されてました。

健康のためにしてること、昔懐かしい雑誌の切り抜きについては、「続きを読む」からどうぞ。

【吾郎の自由時間】
loveletter剛くんがラジオで、健康のためにストレッチポールでストレッチをしたりウォーキングをしてるって言ってました。吾郎さんはよくジョギングをされてるそうですが、他に健康のためにしてる事はありますか?
僕もそうですね、ストレッチポールは・・・元祖ストレッチポールですよ、僕も。そうですよ、草彅くんに多分ストレッチポールを教えたのは僕だった記憶が・・・
まあでも俺が最初にしてたんだよ、アイツに教えたのは俺なんだよ~みたいな大人になりたくないので訂正します(笑)。いやいやいや・・・まぁでも草彅くんすごく健康的ですもんね。
あの、そうですね、ストレッチはしますね僕も。身体固いので。多分ね、ストレッチポール以外で、最近、こう・・三角形をさ、こういう板、椅子みたいなのがあってさ・・何て言ったらいいのかなこれ、ラジオで非常に説明しづらいんだけど、要するに骨盤が立つんですよね。斜面になってて、そこに座るんですよね。三角形の滑り台みたいな・・三角形になってて、まあ座り心地のいいクッションになってて、堅めなんですけど・・・底の上に座ると結局おのずと骨盤が立つ形になるんで、そこの上に座りながらストレッチを前傾したりとか開脚したりとかすると、結局骨盤を立たせてからストレッチしないと意味が無いですから。
あと、それを逆に・・何だろ、寝てそこに脚を乗っけて腹筋するとかね、傾斜をつけて。
まぁちょっとすごく説明しづらいんですけど(笑)ラジオだと。
そういうものを使ったりもしますけどね。
まあ、ストレッチですね。僕の場合体が硬いのでね~やっぱり。ジョギングとストレッチ、あとは長くお風呂に入ったりとか、まあよくこの番組でも話してますけど、まあいろんなものを食べたりとか食生活を多少気を遣ったりとか・・・っていう事くらいですかね。
あと何か、こないだゴルフ専門のトレーニングみたいなのがあって、それはゴルフコンディショニングって言う言い方するんですけど、コンディショニング・・要するにホントにプロのゴルファーの方とかが、そういうトレーナーさんに付いて、要するにストレッチをしたりとか、体幹を鍛えたりとか、アマチュアのゴルフやられる方もよく通うそうなんですよ、そこに。
やっぱり腰痛くなる人とか多いので。やっぱりゴルフやった後にこういうストレッチがいい、とか、ゴルフやるにはこういう体幹をトレーニングした方がいいとか、その専門のトレーナーの方がやっているゴルフ・コンディショニングというのがあって、それはアマチュアゴルファーとして興味があったので僕行ってみましたけどね。
そこで教えていただいたストレッチとかは、まあ骨盤を揺らしたり動かしたりとか、あとはストレッチポールとかも使いますし、あとはまあ昔からあるバランスボールみたいなものに乗って体幹を鍛えたりとか・・・ちょっとゴルフのスイングの形をしながら体を鍛えたりとか腹筋を鍛えたりとか、何かちょっとゴルフ好きには面白い、気分はプロゴルファー!みたいなね、そういうトレーニングに行ったりとかは僕もしたりとかしましたけれどもね。

music真夏の夜は振り向いてはダメなのさ (1996年 SMAP22枚目シングル「青いイナズマ」B面)

【五六二三】
loveletter実家の整理をしていたら、とても懐かしいものが出てきました。雑誌MYOJO93年11月号です。そこに「初公開、これから僕らのマイホーム」と題してスマップメンバーの自宅写真とインタビューが掲載されていました。中居くんは牛柄のパジャマと私服コレクション、木村くんはお洒落な部屋でギターを抱えて、森くんはDJブースとレコードとバイク、慎吾くんは自作の絵とユニークな雑貨たち。剛くんは散らかっていても気にしない男の子らしい部屋。それぞれの部屋にメンバーの個性が溢れて興味深かったのですが、何故か吾郎さんだけはお姉さんの部屋で(笑)お姉さんと一緒に写っていました(笑)。どうしても自分の部屋は見せたくなかったのですね。それも吾郎さんらしいと思いました。
ありがとうございます!今と何にも変わってないですね。自分の部屋は見せたくないっ!(スタッフさん笑い声)もう、みんな変わってないな、基本的に。
お姉さんの部屋だったかなぁ、でも!何か自分の部屋でも撮った記憶があるんだよなぁ~ヤダなと思いながら。
(スタッフさんヒソヒソ)
これさぁ、自分の部屋だったんだけどお姉さんの部屋って嘘ついたのかなぁ、当時。やだったから。でもねぇ・・・何か恥ずかしかったんですよね、すごく。ウチは普通~のまぁ高島平の公団住宅で団地で、何か芸能人が住むようなゴージャスな夢のあるような部屋とかではないから、それを公開するっていうのがすごく抵抗があって。うん・・・まぁ、そんな事言っちゃ、うちの親に悪いですけどね、でも何かちょっと恥ずかしかったんですよね。ほんと、ふつ~~の団地ですから、四畳半の部屋だったのでね、僕の。で、姉の部屋が六畳だったんですね。まあでも子供二人、それぞれ小さくても部屋を与えてくれてたっていうのは今考えればね、すごい事なんですけど。まぁでもホントに団地ですからね、狭い。何かそこに・・・写真を撮ってっていうのが恥ずかしかったんでしょうね。多分、草彅くんとか何にも考えてないですよ、これね。うん・・・もう23年前ですからね、これね。
まあだからでも何か自分の部屋とかっていうものをこれから大人になって作っていくとか、リビングに拘るとか、何かそういう事に対して憧れがあったんですね、子供の頃からね。そこで満足してなかったんですね、子供なりに。ね、何かその原動力っていうものは、やっぱり今の自分と繋がっていたのかもしれないし、いやね、親にそんな事言ったら悪いんですけど。うん、でも何かあこがれはありましたよね。ちょっとこうキラキラしたものとか、大きなお部屋とか、ねぇ、毛足の長い絨毯とか・・何かそういう憧れがあったから何か今の分の趣味嗜好に繋がってるものもあるのかなぁ、やっぱり。何かクリスタルの入ったガラスの・・・グラスとかさ、白い食器とか、そういうものにも憧れていましたからね、子供の頃ね。
ワインとか好きになったり、そういうのもやっぱり、。そういうちょっときらびやかなというか、う~ん・・・何かそういう憧れがあったんですね。本読んだりとかして、ヨーロッパ文化とか、何か貴族の・・ねぇ、本とか読んで貴族とか出てくるじゃないですか、何かそういったものに対して。今(笑)別に自分が(笑)貴族の生活をしている(笑)訳じゃない(笑)んですけど(笑)、何かこういうヨーロッパ貴族とかね~何かそういうきらびやかなハイソな世界っていうのにね、子供の頃から非常に憧れていたんですよね。いつかお城に住んでみたい、とかさ、子供ながら。
う~ん・・・そんな事思い出しますけれども。
まあ、姉とはね、いまだにすごく交流・・交流とは当たり前ですけれども、たまに会ったりもしますし、甥っ子もおかげさまでもう大きくなってきたのでね。もう高校3年生と中学2年生と小学生かな・・・ねぇ、もう早いもんですよね。

pen吾郎って、本当に正直で飾らなくて。
本人の部屋をわざわざ公開なんてする事ないと思うし、そういう企画が全部本当に本人の部屋を使ってないかもしれないし。思わず当時の心情を語ってしまって、両親に申し訳ないと言ってしまうところとか、何て素直な人なのかと。
直ぐ下の弟の剛をいつものように弄っちゃったけど、23年前と基本みんな変わってないな、と懐かしい話もちょっと切ない。

お姉様とはいつまでも仲良くていいですね。甥っ子さんたち、そんなに大きくなったんですね。昔、スマスマのエンドトークでみんなで祝ってましたっけ。

music話をしていたくて (1993年 SMAP10枚目のシングル「$10」のB面)

番組にはたくさんのお便りをお待ちしています。
メールの方は
smap@joqr.ne ストスマのホームページから番組宛てにメッセージも送れます。お葉書の方は郵便番号105の8002 文化放送 稲垣吾郎のSTOP THE SMAPの係まで。
お相手はSMAPの稲垣吾郎でした。それではまた来週、バイバイheart04

pen今週は夏の名残と共に、とても懐かしい3曲。
でも吾郎の声は明るくて、スタッフさんとのやり取りも楽しそう。どういう状況であるにしろ、どのような結果になるにせよ、今楽しいラジオをお届けしようという吾郎とスタッフさんの気持ちが伝わってくる30分でした。

【応援メール・ハガキの送り先】
〒150-8550 渋谷区渋谷1-10-10 ミヤマスタワーB1F ジャニーズ・ファミリー・クラブ

〒119-0188 フジテレビ 「SMAP x SMAP」 

〒107-8066 港区赤坂5-3-6 TBSテレビ「ゴロウ・デラックス」 番組HP内からメール

〒105-8002 文化放送 「STOP The SMAP」 smap@joqr.net

〒102-8080 東京FM 「中西哲生のクロノス!」内「おはようSMAP」 

〒104-8003 東京都中央区銀座3-13-10 株式会社マガジンハウス「an・an 稲垣吾郎 シネマナビ!」

<舞台関係>
パルコ劇場 公演・メールマガジンに関するお問合せ→公式ページより

ラッパ屋(鈴木聡さん)へのお問合せ→公式ページより

〒150-0013 東京都渋谷区恵比寿1-22-20 恵比須幸和ビル3F 有限会社シス・カンパニー 北村明子 様宛

〒107‐8006 東京都港区赤坂5‐3‐2  TBS ( 事業局赤坂サカス推進部長 熊谷信也様宛)

*順次追加していく予定です。

|

« SMAPXSMAP 8月29日 | トップページ | ゴロウ・デラックス 9月1日(#219) »

吾郎ラジオ」カテゴリの記事

コメント

吾郎さんのプライベートがバッチリわかっていい30分でしたね。
吾郎さん、アロマだけでなく、お香まで焚くのですね。吾郎さんの家の玄関を開けた時、どんなにおいがするか、気になってしまいます。吾郎さんの実家のお部屋事情も覗けてとても嬉しかったです。吾郎さんは昔から、ミステリアスなお方だったのですね。それじゃ、今ではどんどんはがされているというか、オープンにしているというかw。
吾郎さん、甥っ子がいらっしゃるんですね。ずっと気になっていたので、知ることができて嬉しかったです。甥っ子さん達、そんなに大きいとは思いませんでした。SMAP×SMAPのエンディングトーク、覚えていますよ。海外旅行に家族で行ったけど、お姉さんは妊娠していたからお留守番していたんですよね。そして5人で手をつないで「ハッピーバースデー」を歌ったのが印象的でした。何人目だったんでしょう・・・。お姉さんとも会ってるなんて仲良し姉弟で羨ましいです。ISOROでもお姉さんと、高野家も交流があること言ってましたね。
「ゴロウ・デラックス」の継続、よかったですよね。やっぱり週に1度は吾郎さんの顔を観ないとテンション下がってしまいますものね。
2週に渡って、夏の終わりを感じて切なくなりました。最後の♪話をしていたくて♪は五六二三からかな、と思いました。今回は、聴きなれない曲が2曲ありました。声が若かったので、昔の曲なんだと思いました。懐かしいですよね。♪話をしていたくて♪が頭から離れなくなって、エンドレスで聴いています。この間、SMAPがテレビでデビュー曲初披露をした所が映っていました。その場面とSMAP×SMAPの最終回お知らせと今の吾郎さんを繰り返し観ていました。これだけ容姿が変わっているのに、ずっと好きでい続けてる私ってすごいな、と思いました。

ストスマで流れた曲でほしい曲が溜まってきたのでリストに書き出しました。お店に行きたいけど、暑いから外出が億劫になったり、次週のストスマでまた出るかもしれないから、それまで待とう、なんて思っていてなかなか行けずにいます。今週こそ、行こうと思っています。
来週も楽しいお話しと選曲楽しみですね。

投稿: ルー | 2016年9月 4日 (日) 00時59分

お香の話からトイレ事情まで、あまりにもギャップがあるので笑ってしまいました。密かに漏れ聞こえてくるスタッフの話声や笑い声が和やかで、スタッフとの関係性の良さが出ていて微笑ましいですね。

蜷川実花さんとは初対面ではなかったのですね。海外での偶然の出会い!聞いてみたかったですねぇ~。写真集の要望も出さなければ。

剛くんに教えたというストレッチポールの件も、教えたのは僕と言っていいと思いますよ。吾郎さんは「そういう事は喋らない」が彼のモットー、美学なんでしょうが、たまには話した方がいいですよね。昔、ドラマの差し入れにラーメンの屋台ごと依頼してスタッフにふるまったのは吾郎さんが最初で、メンバーに教えて広まったのに、全く違う流れになっていて複雑な思いをしたのを覚えています。謙虚なんですよねぇ。子供の頃育ったといわれる団地も当時は最先端の間取りだったと記憶しています。畳で座る生活から、食事は椅子での生活に変わり始めた時期ですね。それでも子供2人に個室を与える余裕があるご両親は素晴らしいと思いました。ここでも謙遜しすぎですよ。でもその向上心が独特の感性に磨きをかけたのでしょう。全てを自分の肥やしにする・・・見事です。

美人のお姉様と優しいご両親。愛情たっぷりの中で育った吾郎さんがご家族の話を嬉しそうにされるのが好きです。心温まりますよね。明るい声で、リズム良くリスナーの質問に答える吾郎さん。スタッフとのやりとりも台本?を捲る紙の音も全てが穏やかに聞こえて心が休まります。

ファンにとって何物にも代えがたいこのラジオ放送と「ゴロウ・デラックス」の今後の継続要望を強く訴えていきたいですね。

投稿: あや | 2016年9月 4日 (日) 12時46分

cameraルーさま
コメントありがとうございます。
今週も楽しい話がたくさん聞けましたね!
>吾郎さんの家の玄関を開けた時、どんなにおいがするか、気になってしまいます
・・・あ、それって、ありますよね。お家の匂いって大事です。
きっといい香りがするんでしょうね。
吾郎さんの甥っ子さんの話と言えば、任天堂のゲーム機Wiiが出た時に買ってあげようと思いお店に行って「ウィル下さい」って言ったというエピソードが好きです。
私も最初、WiiがWillに見えていましたし!
高校3年生だなんて、早いですね。もう来年大学生っていう事でしょうか。
3人のうち、一人くらい誰か吾郎さんに似ていないかしら(笑)。
そういえばISOROでも話題が出ていましたね!
みんな仲の良い素敵なご家庭なんだなといつも思います。
今週は、懐かしい曲でしたね。
93年Myojoの話の後は、93年の曲だったんですね。
アルバム曲にシングルB面(この頃はB面って言っていましたね)というのも何か吾郎らしい選曲だと思いました。
いよいよ今週は9月9日ですね。

cameraあやさま
コメントありがとうございます。
スタッフさんのこそこそ声とか笑いがとっても和やかで、いい雰囲気でしたね。
楽しい30分にしようという思いが伝わってきて、心が温かくなりました。
蜷川さんと海外で出会っていたなんて!その時のお話、是非聞きたかったです。
吾郎さんは、いつもアンテナを広げていて、美容健康・食べ物から音楽まで新しいものにとても敏感で、気に入ったら何でも取り入れてみようという姿勢がありますよね。最初は何だそれ?のように言われていたのに、いつの間にか・・・(苦笑)という事もよくあり~
私も、たまには自ら言ってみてもいいと思います。
でも「まあでも俺が最初にしてたんだよ、アイツに教えたのは俺なんだよ~みたいな大人になりたくないので訂正します」がとっても可愛かったので、これが聞けて良かったです(笑)。
東京の住宅事情を知っていたら、そんなに団地団地と言えないと、いつも思います。東京23区内で充分恵まれた生活だったと思います。言い方だって、団地と言うかマンションと言うかですごく印象が変わってきますもの。
でもまあ吾郎さんにとって、そんな事はたいしたことではないのかもしれないですね。
しかも優しくて人生の楽しさをたくさん知っていらっしゃるようなご両親と美人で仲の良いお姉様とそのご家族・・・一番の財産だと思います。

ストスマとゴロウ・デラックスの存続は何としてでも守りたいですね。

投稿: サイトー | 2016年9月 4日 (日) 23時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« SMAPXSMAP 8月29日 | トップページ | ゴロウ・デラックス 9月1日(#219) »