« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »

2016年10月

2016年10月30日 (日)

ゴロウ・デラックス 10月27日(#224)

「経済のこと・・・?大丈夫ですかね、僕らで」
「ねぇ・・・」

で始まった今週のゴロウ・デラックス、ゲストは滅多にバラエティ番組には出演されないという大和総研専務理事、引頭麻美さん。
スタジオに入ってきて、まずは「よろしくお願いします」と名刺。
名刺を持っていない吾郎は「僕、名刺ないんですけど。顔が名刺でございます

吾郎:「一言で言うと、大和総研はどういう会社なんですか?」
引頭:「大和総研というのは一言で言うと、シンクタンク。」
シンプルで率直な質問と明快な回答、頭の良い会話は気持ちいいです。

book今夜の課題図書:「JAL再生~高収益企業への転換
2010年、経営破綻したJALが、経営のスペシャリスト稲盛和夫氏を迎え僅か1年半でV字回復した。JAL破綻の要因と奇跡の復活の裏側を分析のプロである引頭さんが徹底取材。
「あらゆる企業に適用する問題ですね」

JAL経営破綻の最大の要因
*「自分の会社は潰れない」という意識
プライドの場所を「ナショナル・フラッグ・キャリア」から「お客様に喜んでもらう」という所に変えた。
*マニュアル主義からの脱却。
JAKL工場見学者へのお土産として、従来社外に持ち出すのはマニュアルで禁止されていた飛行機のスクラップで作ったキーホルダーを考案した20代の女性の整備の社員。それを取り入れた上司の判断も素晴らしいと思った。
昔は定型文だった機長の挨拶が、自分の言葉でお伝えするようになった。
すると、機長さんの姿が浮かんできて安心感に繋がる~とは吾郎の言葉。

【引頭さんの忙しい1日の紹介】
大和総研の会議室までカメラが入るという、ゴロウ・デラックスさすが!
滅多に見られないホンモノのキャリアウーマンのお仕事ぶりやお茶目なランチ現場を覗き見させていただきました。

【引頭麻美の学べる経済学】
*電力・ガスの自由化
自分のライフスタイルに合わせて・・・よく使うポイントカードなどと合体している所を選ぶ。
自分の信条と合った所を選ぶ。
→価格比較サイトで検討すれば良い。

*貯金ってした方がいいのかな。
バランスが重要、自分への投資をお薦め
引頭:「ゴロウさんは社会にもお願いしたい(笑)」

経済のお話~と構えていたら、とっても分かりやすく楽しいお話。
これはもう、番外編の特別編で「やさしい経済学講座」など、設けて欲しいレベルです。
吾郎さんと一緒にお勉強したいheart

clipご意見、ご感想は~
番組HP内からメール
〒107-8066 港区赤坂5-3-6 TBSテレビ「ゴロウ・デラックス」 
〒107-8066 港区赤坂5-3-6 TBSテレビ制作・編成 (御中)

| | コメント (2)

2016年10月29日 (土)

STOP THE SMAP 10月27日

SMAPの稲垣吾郎です。まずはオープニングの呟きメッセージをご紹介いたします。
loveletter私は毎日寝る前にほうじ茶を飲んでいます。寝る前にやってることありますか?
そうですね・・・決まったルーティーンはないですね(笑)。眠くなったら寝るっていうか、朝起きてね何か必ずお水を一杯飲んだりとか、そういった事は絶対しますけどね。
寝る前は結構、まばらかな。本を読んでたりして何となく眠くなって寝る事が多いですね。何か摂取してって事はあんまり・・ないですけどね。
何か落ち着いて寝れそうですね、ほうじ茶。う~ん・・・やってみようかな。これ、眠れなくなっちゃう?あ、でもカフェインはそんなにないのか、ほうじてるとね。
ほぅ~・・・渋いっすね、23歳なのにMさん。いやいや、いいと思います。これで何か安眠できるんでしたらね。
稲垣吾郎のSTOP THE SMAP、今夜も30分間おつきあいください。

【SMAPな時間】
loveletter郵便局で発売されている雑誌「Kiite」を購入しました。ところで「Kiite」に載っていた吾郎さんのプロフィールで「英国貴族にあこがれる」とありましたがとても興味深いです。英国貴族のどのようなところに惹かれたのか、今は憧れがあるのかお話を聞きたいです。
すみませんね、何か・・・何か多分その場のインタビューで思いつきで喋っただけでね(スタッフさん大笑い)何の、その・・思い入れもなく言った事なんですね、これ。
非常に申し訳ないような、何よりも「Kiite」の方に申し訳ないですよね。多分、子供の頃どんな子だったかみたいな、そんな特集だったと思うんですよね。子供の頃にそういうものに憧れたみたいな事を言っただけだと思うんですけどね(笑)。でも僕、憧れはありますけどね。英国貴族って。映画とか観ててもね。(笑)凄いブルジョワな感じで、誰でも何かその憧れはありますよね。
まああと何か最近ファッションであったり、まあいろんな文化、車であったりとかぁ、ゴルフなんかもそうですけど、何かイギリスのものってこの年になってから結構惹かれるものが多かったりするんですよね。まああとワインが僕好きですけれどもね、最近ウィスキーとかそういったものもちょっと好きだったりするので、ちょっとアイラ島とか行ってみたいですね、スコットランドとかね、北の方とか・・ちょっと憧れはありますけどね。
ああでも音楽とかも意外とケルトミュージックとかも好きですしね、あとイギリスの映画とかも最近多いですし、そうですね、昔はちょっとフランスの文化みたいなのに憧れたり映画が好きだったり、ファッションだったりとか、フランスが生み出したいろんなアイコンであるもの、そういったものに憧れがあった時期もありましたけれども、ワインなんかもね、フランスですからね。
まあまあ興味深いじゃないですか(笑)僕もちゃんと(笑)適当には言ってないんじゃないですか?こんだけ喋っているっていう事は。
まぁでも面白いですね、この雑誌ね。郵便局で発売されてるって。しかし、この情報を知ったAさんも凄いですよね。
(スタッフさん「結構来てましたよ!」ん~何かこう隅々までチェックしてくださって、ホントありがとうございます。

pen吾郎さん!ファンは隅々までチェックしてますから(笑)!
後ろでスタッフさんの「(Kiiteに関するお便り)結構来てましたよ」の声にほのぼのしました。
吾郎が出演している映像、載っている印刷物だけでなく、ロケ地を初めとして吾郎が行ったところ、食べたもの、着てるもの・・・あらゆるものを検索して見つけて(笑)~ファンの行動を教えたら怯えてしまうかもしれないので、内緒にしておいた方がいいかな。
吾郎には「(充分、周りにはバレているのにw)バレてないぞ」と思いながら、自由にプライベートを楽しんで頂きたいので♪

music友だちへ ~Say What You Will~2005年1月19日発売 SMAP36枚目シングル)

【メンバーとの時間】
loveletter先日中居さんがラジオで快眠方法を教えて欲しいと言っていました。中居くんのポリシーで湯船に浸かること、本を読むこと、映画を観ることは快眠方法として頼りたくないそうです。でも最近湯船に浸かるのは、もうやり始めようかなと言っていました。早寝早起きの吾郎さん、是非中居くんに快眠方法を教えてあげてください。きっとストスマで話してくれればリスナーの誰かが中居くんのラジオにお葉書書いてくれると思うので伝達手段は確保できています。(スタッフさん笑い)
うん・・・でもさ、これ言ったとしてもさ、どうせ中居さんラジオでこんな感じでしょ。
(低い声で)あ~あぁ稲垣さんからの?はい、メッセージね?あぁこれ稲垣さんだからそうだけど、俺にはそれ関係ないね。はいはいはい」(スタッフさん大笑い)
「はいはい、稲垣さんらしいね、はいはい」
・・・
みたいな感じでしょ!?多分、ラジオだと、テンション的に。
聞かないでしょ!「知らねぇよ」・・とか言いそうじゃん、何か(笑)。
(スタッフさん笑い)
だって、だったらそんな事言われるんだったらさ、こっちも一生懸命考えて何で伝達しなきゃって思いますし、ねぇ!まぁ、こんな・・ちょっと今のは悪口になっちゃいましたけどね、ちょっと言い方きついですけど(笑)、でもこれぇ・・まぁ冷たく突き放すにしても茶化すにしても、あんまり言う事きかないと思いますよ。
「だって、稲垣さんと俺違うもん。あの~生き方が、根本が」とか、言いそうじゃん(笑)そういう事。
「あ~やだやだ、(早口で)稲垣さんにはなりたくない」とかさ、言うから(笑)。
だってさ、ポリシーとして湯船に浸かる事、本を読む事、映画を観る事はしたくないって言ってるんだよ、そんな頑固ジジイみたいな人にさ、何か教えたってさ(笑)無理でしょっ!
う~ん・・まぁでもね、僕は優しいですから、今から快眠方法を考えますよ(笑)。
(スタッフさんずっと大笑い)
何だろうねぇ快眠方法として。
でも眠れないとか昔っから言いますよね、よくね。う~ん、お酒飲まないんですかね。お酒・・だって、晩酌する方
(かた)でしょ。焼酎とか・・だってお酒飲むもんね。お酒飲むと普通眠くなるけどね。僕なんかもやっぱり一人で深酒っていうのはあまりないですけども、寝る前に何かしますか?なんてさっきのお便りありましたけれども、確かに軽くお酒飲むことっていうのはありますよね。うん・・それこそ本を読みながらお酒を飲むとか、映画観ながらちょっと軽くお酒を飲むとか・・・そうしていくと眠くなっていきますけどね。
「まぁ、稲垣さんほど・・・そんな神経回路が単純じゃないんだよ」とか、きっと言われそうですけどね。
「いろいろ考えてるからさぁ」みたいな感じですよね。
「明日の司会の事とかいろんな事考えると眠れないんだよ」
とかって、言われてしまいそうですけどね。うん・・・
すごくいろんな事を熟考する、いろいろ考える方ですからね、ホントに繊細で。やっぱりまず頭をこう・・何だろうな、うん・・空っぽにしないとね、夜寝るときは。
うん・・・どうしたらいいんだろうなぁ。まあだって・・僕が薦めそうな事って、じゃぁちょっとラベンダーのアロマキャンドル焚いてみなよとかって言いそうだけどさ、「なんだ?それ
(この「なんだ」の「な」の感じが凄く中居くんに似てたって言われそうでしょ。いいですけどね、アロマキャンドルとかリラックスできるし、多少のお酒・・・うん・・湯船につかるのは別にいいと思うんだけどね、まぁ最近は始めようかなと思っているみたいですよね。確かにね、体温めると眠くなりますから。これはね、湯船につかると目が覚めちゃうんじゃないかなと思いきや、湯船につかるとやっぱり眠くなってきますよね、ちゃんと。
・・・運動・・(笑)ストレッチとかさ、当たり前だけど。ストレッチすると眠くなりますけどね。リラックスして。これはもうやっぱりね、僕と一緒にヨガ始めるしかないですよ、もう・・ね。僕も体硬いですし、ヨガ、ストレッチ、運動・・・伝達はしなくて大丈夫です。
(スタッフさん爆笑)
以上、メンバーとの時間でした。

pen中居くんと声質が違うんだけど、中居くんのものまねがいちいち面白くて、なかなか愛情が見え隠れしていて最高です。
今度は吾郎のところに中居くんがISOROして、一緒にヨガやってストレッチしてお風呂は別々でいいから・・・お酒飲んで語りあってください!

吾郎のワイン講座、モテ吾郎、心の中のおばちゃん・・・については「続きを読む」からどうぞ。

続きを読む "STOP THE SMAP 10月27日"

| | コメント (4)

2016年10月28日 (金)

東京国際映画祭「少女」

第29回東京国際映画祭「JAPAN NOW」部門Img_1144
movie「少女」10月27日20時55分からTOHOシネマズ六本木ヒルズスクリーン1で上映

英題"NIGHT'S TIGHTROPE"
英語字幕入りが新鮮でした。
私は滅多に観ませんが、日本語の漢字の持つ意味の豊かさに驚かされます。
例の文学誌「蒼穹」は"blue sky"でした。
当たり前だけど、高雄孝夫さんはTakao Takaoさんですし。

エンドロールでは主演の二人、本田翼さん、山本美月さん、そして吾郎の名前がGORO INAGAKI と大きく画面の左側に英語表記でも記され感動しました。
他に原作者/湊かなえさん、脚本/松井香奈さん、三島有紀子監督、監督/三島有紀子監督に英語表記がありました。

karaoke上映後Q&A
三島監督、相変わらずお洒落でかっこいいです。
今回は、ノースリーブの黒のワンピース、ローウエスト辺りからシルバーになってます。
残念ながら足元は見えなかったのですが、お洒落なスニーカーだったのかしら。

【三島監督とJapan Now部門アドバイザー安藤紘平氏のアフタートーク】
*出だしと最後の儀式的・演劇的な作りについて
冒頭の「遺書」は誰の言葉か分からないようにした。
「遺書」の内容は、女子高生の多くが持っているであろう気持ちだと思ったので、グサリと刺さるような始まり方を考え、宗教的な空間で演劇的に語らせた。

*メイポールダンスについて
閉塞感など、由紀の心理をそのままメイポールダンスとして表した。
メイポールダンスは美しくリボンを結ぶためにはバランスが大切、周りとバランスをとって生きていかなくてはならない気持ちをダンスで、そして原稿が盗まれた事により全てが壊れてしまった事をポールが倒れる事で表した。

この2点について、安藤氏が非常に映画として文学的であると評価していらっしゃいました。

*女子高生と「死」について

たくさんの女子高生と実際に話した。
「死」と背中合わせの年頃で、簡単に「死」という言葉を発してしまう。
自分自身の足元の深い闇を覗き、死んでいるような毎日を送っている自分自身を観ながら日々綱渡りをしているのではないか。
水の中=「死」のイメージとして描いた。実際に息苦しい感覚。水際の死の淵を歩いている。
疾走するシーン=生きていると感じる瞬間として。
「生きていること」と「死」については、安藤氏は寺山修司の言葉を、三島監督はニーチェの言葉を引用されていました。

二人の友情回復物語としてはハッピーエンド。
安藤氏はこの映画自体をハッピーエンドと感じられたようで、いろいろなとらえ方の出来る映画なのですね。

【Q&A】

*Q:繕い裁つ人(2015年三島有紀子監督)」の大ファンで三島監督の「少女」を観たら全く違う映画だった(笑)。スローモーションの映像が大好きです。
監督:生きているという象徴的な瞬間は時が止まるという印象がある。
ハイスピードで撮影、どれくらいの速さでその瞬間を捉えるかを考えながら撮影する。

*Q:監督はイメージが違う俳優をキャスティングするように思うが、見事に嵌まった俳優さんは?
監督:全員です(笑)。皆さんが、それぞれ持っているものを生かしたつもり。常に観察をしていて、例えばバラエティ番組で思わず「素」が見えた瞬間などを捉えて、そこを見せるようなキャスティングをする。

*Q:「音」が素晴らしい。もし明日目が見えなくなったとしても、この映画を楽しめる。音楽だけでなく台詞の響きまでもが素晴らしい。
監督:音楽・音、素晴らしいです。と、会場にいらした音楽の平本正宏氏を紹介。
安藤氏も音楽についても絶賛されてました。

だいたいこんな感じだったでしょうか。(次第にメモを書く速度が落ちてきて(笑)・・・)
終電の事も気遣いつつの23時頃からのトークでしたが、監督の作品に対する気持ちが聞けてとても良かったです。

「この作品はとても知られていないので、皆さん、面白いと思ったらツイッターなどでどんどん宣伝してください!」と監督が笑顔でおっしゃっていました。
確かに宣伝少なすぎですもの。

| | コメント (2)

2016年10月26日 (水)

土曜プレミアム「特命指揮官 郷間彩香」

見応えありました!
もったいぶった余計な「間」などなく、どんどん物語が進んでいき息つく暇も無い。
豪華キャストなのに出過ぎる事がなく、それぞれの役を真摯に演じている。
簡単に予測が付くような物語ではなく最後の最後まで・・・
映画並みのクオリティがあったのではないでしょうか。

吾郎の役は犯人犯人言われていましたが、まさかのヒーローだったなんて。
前半の「犯人か?」という部分と、後半の「正義のために闘う、悲しい過去を持つ男」の部分の表情が全く違いました。
瞳の奥の悲しみや無念を静かに演じていて凄い。

ガンマニアでもある吾郎、銃を持ってどう感じたかしら。
撃たれ方がすごくリアルでした。
体が硬いとか言われながら、撃たれた瞬間のけぞって後は体の芯が崩れていくように後ろに倒れ込む~このリアルさが凄かったです。
倒れてからのショック状態もリアル。

しかも終始美しい。
ブルーがかった映像に吾郎がよく合う。
川岸に現れた白シャツの國井なんて、ファンタジー映画の水の妖精ですか?と言いたくなる儚げな美しさ・・・
ごちそうさまでしたheart

ラストは続きがある終わり方でした。
松下奈緒さんと鈴木亮平さんの警察側長身コンビにユニット中心人物國井を演じる吾郎が加わってのシリーズ化、これは面白そう。次回からは鈴木さんと吾郎のやり取りも多くなるはず!
是非、続編を!

感想・要望はこちらまで→フジテレビ公式土曜プレミアム「特命指揮官郷間彩香」

| | コメント (2)

2016年10月23日 (日)

ゴロウ・デラックス 10月20日(#223)

今週は笑点ならぬ「ゴロ点」のセットに水色の着物を着た稲垣吾郎が登場して始まりました。
ゲストは、今年5月に「笑点」司会を勇退した桂歌丸師匠。

「歴史上の偉人を見てるみたいな気が・・・」と吾郎。
それにしてもゴロウ・デラックスって、各界の大御所の方がゲストに出て下さってそれって凄いと思います。
誰に対しても敬意を持ってフラットに接する吾郎と、柔らかで朗らかな外山さんがMCという事は大きな意味を持っているのではないでしょうか。

歌丸師匠、ご病気をなさったりで大変でしたが、とってもお元気そう、そして何よりもお話が面白いです。
それでも昔に比べると長く続けて喋れず「間」が狂ってきているとおっしゃる師匠に、間髪置かず「この番組なんか間だらけですよ」と真面目な顔で返す吾郎(笑)。

book今夜の課題図書:「歌丸の極上人生
~噺家生活65年、どんな人生を歩んできたのか~

wrench本日の企画
~桂歌丸さんの人生を日本の歴史的事件に照らし合わせてお聞きする

*1936年:横浜で生まれる/二・二六事件
師匠:「あたしが仕掛けた訳じゃ、ありません」
生まれたところが女郎屋、人の裏側を見て育ったので噺家になって「郭話」の時のマクラは全部自分の家の話をすれば良かった。
ラジオの寄席に憧れ、小学校4年で落語家を志し、中学3年生で古今亭今輔師匠弟子入り。

*1958年:落語界の反逆児になり損ねる。/明仁さまと美智子さまがご婚約
師匠:
「あたくしが取り持ったわけではありません」
落語界の仕組みに疑問を持ち師匠に内緒で協会に抗議するが味方だと思った仲間に裏切られ、破門同然で仕事ゼロになった。
喋るのが商売だからと、化粧品の訪問セールスなどをした時期もあった。
その後、詫びを入れ落語会に復帰。

*1966年:「笑点」レギュラーの座を獲得/ビートルズが初来日
師匠:「あたしが呼んだわけじゃない」
笑点の前身である「金曜夜席」を作った立川談志さんから呼ばれた。
談志さんの意見が80%くらい通る番組で、当時の日本ではあまり好まれないのに解答者にブラックユーモアを求められた。
ある時の地方録りでの出来事で内部抗争が勃発、談志さんは番組を降り司会者は次々と変わり5代目を歌丸さんがつとめた。
このような事があったが、談志さんと歌丸さんは二人会を開くなど終生の友人となった。

*長寿番組になる秘訣
舞台に上がればメンバーの立場は同じ、でも楽屋では先輩後輩の上下関係をよく心得「和」を大切にする。
番組を無理に変えようとしない、自然に変わるのを待つ。

ゴロウ・デラックスもずっと基本を守って続けてきました。少しずつそのゲストに合わせたコーナーなどが企画されながら。
ずっと長く続いて欲しいです。

*2016年:「笑点」50周年の年に「笑点」を勇退。

日本の歴史的事件について、一つ一つ「アタシが仕掛けた訳ではありません・・・」シリーズが面白かったのですが、心の中で、この年の大きな事件を思い、まだまだブラックユーモアにはならないな・・・と思ったりしたのでした。

eyeglass趣味は化石集め。
アンモナイトの化石がオパールになったもの、巻き貝がメノウになったものなど美しい化石を持ってきてくださいました。

event特別企画大喜利~ゴロウ・デラックス版
歌丸師匠が大喜利の司会をつとめてくださいます。
TBSなのに「ゴロ点」(笑)!
「笑点ならぬゴロ点の時間がやってまいりました。司会の桂歌丸です、どうぞよろしく。まずはアタクシを司会にしてゴロ点をやりたい等とおっしゃった図々しい皆さん方のご挨拶からどうぞ。」で始まったゴロ点。
稲垣亭吾郎と外山屋絵莉さん、座布団運びの山田くん。

*謎かけ「桂歌丸と掛けて何と解く」
まずは外山アナによるヨイショから(笑)始まった大喜利。
吾郎:「一流のスタントマンと説く、その心は怪我ない(毛がない)」
師匠:「山田くん、座布団2枚差し上げて。恐ろしさもわきまえずに、よくもここまで。」
外山:「最新のスマホと解きます、その心はずいぶん薄くなりました」
吾郎:「行く年来る年と解きます、その心はもうカウントダウンが始まっている」
どんどんブラックになっていったところで、お時間のようで。
座布団を4枚貰って嬉しくなった吾郎さんには「座布団が一番多かった方から1万円ずつ頂きます」というオチまで付きましたsign03

「はい!」「はい、吾郎さん」のやり取りも嬉しかったです。

最後は山田くんのハンコ。
師匠から「もうちょっと毛があった方が~」と注文が出ました。

ものすごい贅沢なゴロウ・デラックス。
歌丸師匠のお話はさすがに面白くて聞き入ってしまい、ツイッターで呟いている暇がない。
1ヶ月ぶりのゴロウ・デラックス、堪能しました。

clip番組HP内からメール
〒107-8066 港区赤坂5-3-6 TBSテレビ「ゴロウ・デラックス」 
〒107-8066 港区赤坂5-3-6 TBSテレビ制作・編成 (御中)

| | コメント (0)

2016年10月21日 (金)

STOP THE SMAP 10月20日

SMAPの稲垣吾郎です、まずはオープニングの呟きメッセージからご紹介します。

loveletter吾郎さんは魚の皮を食べますか?私はむしろ皮が好きなので、残さず食べます。
焼き魚だよね、これって。煮魚とかの皮は何か・・ブヨっとしてて残しちゃいますけど、確かに、う~ん・・・まぁモノに、う~ん・・・あの鮭とかね、ちょっと・・いいですよね、ちょっと塩気があって、モノにもよるのかな。あじの開きとか、普通の魚は皮は、う~ん・・・
でも僕、魚食べるのすっごい下手なんですよね。何か、すごい恥ずかしいくらい魚食べるのが下手で、あのまぁ、ホッケとか鯖とかは・・誰でも上手く食べれるか・・鮭とかね、もう全然・・・秋刀魚とかね、あじの開きとかね、食べるの下手で、すごくそれが大人じゃないなって思いながら・・・はい、ちょっと告白してしまいましたけれども。

さて、稲垣吾郎のSTOP THE SMAP、今夜も30分間お付き合いください。

【SMAPな時間】
loveletterすごく嬉しいことに12月21日にSMAP25YEARSのCD、12月28日にはClip!SMAPのPV集が発売されます。SMAP25YEARSはファン投票で決まった曲、PV集は今までのPVが収録されていますが、吾郎さんはどの曲がランクインして欲しいですか?ちなみに私は吾郎さんのソロで一番大好きなWonderful Lifeへ投票しました。
ありがとうございます。これ、Wonderful Lifeが、あの~これ、ソロで出した曲ですよね、あのこれが25周年のね、25YEARSのCDにランクイン絶対されないから。(笑)ゴメンナサイ、Aさん。でもその気持ちは嬉しいですね。あ、でも分かんないですよね、そんなのね、そんな・・・ハナからそんな事言ってしまってはいけないですよね。
いやいや、だってこれ・・そっか、これソロ曲も含まれるのか、そっか、そっか・・・奇跡のランクインとかあったらちょっと面白いですよね。うん、いい曲なんでね、Wonderful Lifeって。ソロでああいう曲ってあんまりないですよね。他のメンバーの皆さんもああいう曲では・・皆さん、企画モノとかそういうものが多かったりするので。キャラクターものとかね。
うん・・・&Gさん、出したCDは1枚でしたけれども(笑)、まぁね、ちょっといろんな思い出ありますけれども。
 

bellここで、告知です。
フジテレビ系列で10月22日土曜日の夜9時から「特命指揮官郷間彩花」というドラマがオンエアされます。主演はね、松下奈緒さんで、僕はその・・・犯人役で、最近また続いている(笑)ちょっとまぁ変わった役ではあるんですけども。松下さんの女刑事ぶりもかっこいいですし、ちょっと皆さん、楽しみにしててください。

musicWonderful Life (2004年3月10日 吾郎が&G名義で出したソロ曲)

musicWonderful Life♪いい曲です。今の吾郎が歌うのも聴いてみたい。カップリングの「平和の歌」も大好き。
そして、&Gでもっと曲を出して欲しい。

【メンバーとの時間】
loveletter吾郎さんはパスタを茹でる時、アルデンテなどこだわりがありますか?先日、草彅くんと香取くんのラジオで、草彅くんはアルデンテがあまり好きじゃないと、香取さんはどちらでもいいとおっしゃっていました。草彅くんはパスタに限らず、どの麺類も芯があるのが苦手だとおっしゃってました。
うう~ん・・・まあ、いろんな好みがありますよね。やっぱね、パスタのソースとか、麺とかね、乾麺であるとか生麺であるとか、いろんな種類にもよると思うんですよね。あとその時の自分の気分にもよるんで、特に僕も絶対にこうじゃなきゃっていうのはないんですよね。
まぁ多少芯があった方が、多少アルデンテの方がいいとは思うんですけどね。でもホント、イタリアとか行くと、結構アルデンテな所多いですよね。で、何かちょっと本場のイタリアンに拘りすぎていて、日本のイタリアンレストランでもアルデンテ過ぎるところもありますしね。本場だったら(笑)アルデンテがいいのかどうかっていうのも難しい問題ですけれども。
まぁ日本人は麺と言うとね、蕎麦だとかうどんだとか、そういったものをずっと食べてきてて、急にパスタになったからって、真ん中にすごく芯を感じすぎるものは、ちょっとアルデンテすぎるものはね、どうなのかなぁとも思いますよね~うん・・・

pen何でも「こうであるべき」と言わない吾郎。自分というものがしっかりあれば、あとはそれほどこだわらない~という気持ちの余裕からくるものなのでしょうか。
そういえばビストロで作る料理も、自分の思い込みや好みではなくゲストの方に合わせた料理や食べ方に拘っているように思います。

ゴルフの話、お気に入りの店、盆栽の話、甥っ子さんとの微笑ましいエピソードについては、「続きを読む」からどうぞ。

続きを読む "STOP THE SMAP 10月20日"

| | コメント (4)

2016年10月18日 (火)

SMAPXSMAP 10月17日

restaurantビストロはリオ五輪レスリング最強女子会!
吉田沙保里選手 登坂絵莉選手 土性沙羅選手 川井梨紗子選手 栄和人監督の5人がお客様。
大活躍されるスポーツ選手の方って、みんな凄い!
普通だったら、黙々と練習して良い結果を出すだけでいいのに、バラエティ番組でこんなに楽しませてくれるなんて~
皆さん、キレイにメイクしてお洒落して、監督もお茶目で楽しかった!

mobaq乙女プロフィールクイズ
あらかじめ書かれたアンケートの答えを本人以外が早押しで当てる。
まずは吉田沙保里選手から。
第1問「今、嵌まっていること」に一発で「ネイル」と答えた吾郎。
そういえば前から、女性のネイルとかにめざとく(笑)気付く吾郎でした。
女性は嬉しいですよね。
登坂絵莉選手の「寝る時の服装」から出た「ブラトップ」という回答からの騒ぎも面白かった。こういう話題に中居くんが絡むと楽しい。

ribbon妄想デート~乙女の願い叶えます
ゲストがやってみたいデートのシチュエーションをSMAPと一緒に♡
まずは吉田選手から
「家まで彼が迎えに来てドライブデート。彼が見せたい場所に連れて行ってもらう。車の中では西野カナちゃんの『トリセツ』を流し、急ブレーキをかけた時に彼の腕につかまり腕の筋肉を確かめたい」・・・で、吾郎をご指名。
さっそくソファを車のシートに見立ててドライブデート。サッと右側のドアを開ける吾郎、左ハンドルか。
CDを聞きながら「沙保里のトリセツ、僕まだ分からないからさ~」などといいながらデートは続く。急ブレーキではしっかり吾郎の腕につかまる吉田さんheart04
「あっ、かっこいいheart筋肉出てたsign03
いや~楽しかったです、吉田選手ありがとうございました。

musicS-Live : THE YELLOW MONKEY x SMAP
今年の1月、活動休止から15年経って再集結したTHE YELLOW MONKEYがゲスト。
バラ色の日々
ALRIGHT の2曲を歌う。

吾郎の衣装が、ヒョウ柄のロングジャケット、細身の黒いパンツにゴージャス柄をあしらったストール・・・間違ったら水商売風になるところが、全く逆に気品高くなるのが凄い。
いつも思うのだけど、吾郎がアニマル柄を着ると更に高貴になる。
でも考えてみたら、王族は昔から毛皮を纏っていましたものね。

歌もすごく良かった。

吾郎って、どうしても女性の曲とかバラード要員になるようだけど、ロックもすごくいいです!「茨が絡みついて~♪」とか、吾郎の声で聞けて幸せ。





THE YELLOW MONKEY x SMAPの組み合わせ、素晴らしいパフォーマンスだった。
どちらのグループもオーラを互いに更に引き立てていたように思う。
このコーナーも年内で終わりだなんて~本当に惜しい。




| | コメント (0)

2016年10月16日 (日)

SMAPの中の吾郎さん

【連載8】SMAP5人の役割を考察:稲垣吾郎
解散発表後初めてファンの前に立った、個性派集団の中のバランサー
~ORICON STYLEのサイトで連載中の記事。present記事はこちら

何年もファンをしていれば知っている事ばかりですが、こうして記事になっていると正直、嬉しいです。
”SMAPの魅力質量保存の法則”という表現で書かれていますが、吾郎はいつもグループを俯瞰で見ていて、その時々で素早い機転により自分が出て行くべき時は出て、そうでない時は控えている。
でも、そういう吾郎の事はファンでない人にはなかなか知ってはもらえないものです。
しかも、ファンであればこそなかなか書けないような事も書いてくださっていて、長く現場で取材を続けてきたからこそ、書ける記事だと思いました。
記者の方への思いやりも、嬉しいエピソードです。

SMAPの中では、比較的控えめに口数も少なくしていますが、例えば個人の冠番組、番宣で出たバラエティ番組、自分が年長・先輩な時などは積極的に場を盛り上げまとめていきます。
今回の映画「少女」の舞台挨拶でも、そういう吾郎を感じる事ができました。
この事について書かれた記事はこちらです。

また、10月8日「少女」初日舞台挨拶について、山田美保子さんが詳しくレポを書いてくださっています→朝日デジタル

pen嬉しい記事が重なりましたので、自分用のメモも兼ねて記事にしました。

| | コメント (0)

2016年10月15日 (土)

来週は!土曜プレミアム特命指揮官 郷間彩香

tv土曜プレミアム「特命指揮官 郷間彩香」
10月22日(土)21時~23時10分 フジテレビ 
主演の松下奈緒さんが演じるのは捜査二課知能犯第二係主任 警部補 郷間彩香。
原作:梶永正史作「警視庁捜査二課・郷間彩香 特命指揮官」(宝島社文庫)、第12回「このミステリーがすごい!」大賞を受賞

立てこもり事件の主犯を演じるのが吾郎。
元刑事でもあり、捜査のために家族を犠牲にしたなど複雑な過去を持つ男。

構成企画の方がツイッターで呟いていらっしゃいましたが、「ある映画を見て何て凄い演技をする人なんだと思ったその衝撃をベースに今回の役を作り込みました」と、更に「ゾクゾクするほど怖くて美しい・・・」と書いていらっしゃいました。
今から楽しみでなりません。

clipこのドラマ、実は去年の夏の終わりに撮影があったようです。
ちょうど連ドラ「HEAT」が終わって舞台「No.9-不滅の旋律」のお稽古に入る前でしょうか。
舞台は10月10日からだったので、レギュラーの仕事をこなしつつ単発ドラマを撮影しながらのお稽古・・・と考えると、舞台初日の完成度の高さに驚きます。
吾郎にとってはいくら忙しくても一つ一つの事を丁寧にやり抜くのが当たり前の事でしょうから、こんな事で驚いては申し訳ない気もしますが。
昨年は春に「世にも奇妙な物語」があり、夏は連ドラ、
その間に8月にはボージョレーワインのためにフランスに行き、単発ドラマの撮影、舞台のお稽古、セブンイレブンビストロ弁当を売りに行ったり、映画「少女」の撮影、舞台の地方公演など、本当に忙しい1年だったんですね、2015年も!

shadow詳しくはこちら→土曜プレミアム「特命指揮官 郷間彩香」

| | コメント (2)

2016年10月14日 (金)

STOP THE SMAP 10月13日

SMAPの稲垣吾郎です。まずはオープニングの呟きメッセージをご紹介します。

loveletter吾郎さんは好きな香りってありますか?私はシトラスの香りが好きです。ロクシタンのハンドクリームがとても好きな香りで嵌まりました。
う~ん、シトラスって言ってもいろいろありますよね、柑橘系。ねぇ!香りって無限ですよね。
まぁ、僕は良く言ってますけど、ラベンダー系の香りとかが結構好きなんですけど、最近は結構ユーカリとかミント系?スッキリした香りも最近好きですね。イランイランとか結構クセのある香りも好きですし。気分によってですね、ホントに。
あんまり甘すぎる香りは・・・そんなに好きじゃないかなぁ・・・花の香りとかは好きですけれども甘すぎるのはね・・・ココナツとかね、よくありますよね。そういうのはあんまり好きではないですけれども。まぁ、どっちかっていうとEさんと同じでスッキリ系が好きかもしれませんね。あと季節とかにもよって変わってきますし、決めつけなくて、その時の気分によっていろいろと・・・何か・・使用していってもいいんじゃないかなと思いますけれども。
稲垣吾郎のSTOP THE SMAP、今夜も30分、お付き合いください。

【SMAPな時間】
loveletter映画「少女」の完成披露舞台挨拶に参加しました。三島監督が吾郎さんについて「何かあっても常にとてもフラットな方。長回しのシーンを何度も何度もやり直させてもらったのに大丈夫大丈夫とずっと付き合ってくれた」とお話してくださって、とても嬉しかったです。上映終了後、湊かなえさんに握手をして頂いたのですが、私がビストロスマップにいらっしゃった時に私、観覧に行ってたんですと言うと、湊さんが「わっ凄い、稲垣さんとってもいい方です」と少し興奮気味におっしゃってくださってました。吾郎さんに会えなかったけれど、凄く嬉しかったです。
ありがとうございます。ね、行かれたんですね。
はい、ちょうど公開中という事で。
そう・・・まぁ、長回しのシーンを何度も何度も・・・って、多分これ自転車を押して・・山本美月さんと二人のシーンだったと思うんですけど、確かにこのシーン、5~6回やりましたね。日が結構暮れてきちゃって危なかったんですけどね、夕方のシーンで。自転車を押しながら歩いてて。まぁでも、いいシーンになったんじゃないかな。あまりにも自転車が似合わなくて僕、ビックリしましたけどね、自分で。また自転車乗ってる姿が凄く不器用な感じがして。あの役作りでもなんでもないんです、僕が自転車漕ぐとすごく不器用に見えるんでしょうね。
ま、監督はそこも分かっての演出だったんですが。あそこは元々、自転車乗るシーンじゃなかったみたいですね。二人で歩いて帰るシーンだったんだけど、確か監督が自転車に代えたらしいんですよね。まぁ確かに孝夫さん自転車で通ってったっていう方がリアルですものね、う~ん。まぁ歩いては通わないんじゃないかな、多分・・・あの映画の設定的に・・あの勿論電車で通ってるって事ではない、あの辺、近所に住んでいるのかなぁ。主人公は歩いて施設に行ってましたから・・・孝夫さんがどこに住んでいるのかは細かくは描かれてはいないんですけど。うん、あれは何かそんな事で自転車に監督が代えたっていう風におっしゃってましたけどね。
湊かなえさんもいらしてたんですね。湊さんもホントにいい方で、あの雰囲気から湊さんのような作品が描かれるって・・・人は分からないなっていう・・・こんな方がこんなモノを描くの!?っていう・・ナンバーワンの方ですよね。
全く・・こう(笑)・・想像がつかないですよね、作家と作品が・・・何か・・見た目とかね表面的なお話した印象だと・・いやぁちょっと結びつかないんですけどね。そこがまた湊さんが面白いな~って感じるところなんですけど。
あの~公開中っていう事で、2度3度見ても楽しめる映画なんじゃないかなと・・・ちょっと嫌らしい宣伝みたいですけど(笑)まぁでも僕も2回観ていろいろ気付いた事も多かったんですよね。うん・・・台本を読んでるはずなのに、やっぱり2回くらい見ると見えてくるものがあったりとかして~うん・・・
ホントによほど気に入った方だけでいいんでね(笑)、あの・・まぁ、いいんじゃないかなって言う、何回か観てみるのも。
以上、SMAPな時間でした。

pen完成披露試写会の時のこの話題、孝夫のアパートでのシーンだったと思いますが、キャベツ畑のシーンも何回も撮り直しがあったんですね。このシーンもとても好きです。まだ孝夫が無愛想で、そこにまた孝夫の心の傷の深さが表れていて、それだけで切なくなります。
ぎこちなく自転車を漕ぐ後ろ姿が悲しげで・・・
吾郎さん、「少女」では後ろ姿での感情の表し方が素晴らしくて、アップがカットされたというシーン、監督は後ろ姿だけで充分だと思ったんだろうなと納得しました。
映画「少女」回を重ねて見る度に新しい発見がありますし、意味が深くなっていくように思います。

musicスーパースター 2009年8月26日 そっときゅっと/スーパースター SMAP44枚目のシングル)

【メンバーとの時間】
loveletter香取くんが今取りたい資格としてバイクの免許を取る勉強をしたいと語っていました。バイクは決して好きという訳ではないけれども、若い頃に芝居でバイクに乗るシーンがあった時に乗れたらいいなと思った事があるようで、バイクの免許が欲しいと言ってました。また、木村くんは小型船舶の免許を絶対に取って海に出てみたいと話していました。吾郎さんが取りたい資格は何かありますか?
う~ん!バイクねぇ。う~ん・・・バイク、好きなんでしょうかねぇ。
まぁ草彅くんはバイク分かりますけれども。
車とかも・・・あんまりモーター系のねぇ、話をする香取くんってそこまで・・まぁ、洋服とかアートとか、そういうものには精通してますが、どうなんだろうな。でも車とかも好きだと思うんですけどね。バイクも好きなんでしょうかねぇ。
いやぁ~でも今後、僕バイクはないかなぁ。たまに原付は乗りたいなと思いますけどね(笑)。近所にお買い物行くときとか。
自転車だと・・ちょっと久々に自転車乗る時に空気なくなってる事、多くないですか?やっぱ、基本的に車なので~自転車も好きで駐車場に置いてあるんですけど、自転車乗ろうと思う時に限って空気ないんですよ。あれ、1ヶ月で空気なくなるよね、自転車って。1ヶ月くらい乗らない事って、まぁあるじゃないですか、自転車の場合は。空気がなくなっちゃうんだよね。車だったら1ヶ月乗らなくたって空気なくならないじゃないですか。こういう時、何か車出すのもアレだし、サッと行ってサッと~っていう時には何か・・近所のコンビニに行きたいとか、本屋さんに行きたいとか、クリーニング屋さんに行きたいとか・・あ~何か原付があると便利だなと思う時、結構あるんですよね。原付だったら、乗れるのか(笑)車の免許あるから。ねぇ、でも自転車の空気をちゃんと入れてればいいんでしょうけれども。つい。ねぇ・・・
空気がなくならない自転車とかあるんでしょうか。

pen散歩は好きだけど、用事はサッとすませたい・・・という気持ちはすごく分かります。
コンビニの袋下げて歩く吾郎さんとか・・・生活の一部みたいなのは見せたくないものね~と思うのですが、そういう事ではないのかな。
クリーニング屋さん、自分で行くのね~私、芸能人なんてみんなマネージャーさんに行って貰っているのかと思ってました。

いつもバッグに入れておくもの、作り置きのおかず、買い置きしておきたい食品、ビストロで贈られた切り子のグラス、リスナーさんの不幸中の幸い事件については「続きを読む」からどうぞ。

続きを読む "STOP THE SMAP 10月13日"

| | コメント (4)

2016年10月11日 (火)

週刊朝日~マリコのゲストコレクション

book週刊朝日10月21日号
マリコのゲストコレクション~林真理子さんとの対談
この時期に登場という事は、映画「少女」の宣伝だったのでしょうか。
若い人達の間に入って話すのは、気を遣わせては申し訳ないと吾郎が気を遣っているようで(笑)、同年代や年上なら大丈夫だそう。

「稲垣さんには業界のミドルファンがいっぱいいますよね」とマリコさん。
これに対して
「ありがとうございます。心変わりされないようにがんばります(笑)」っていう返しがすごく素敵。

そして、変わらずに断言する「お芝居は観るのもやるのも好き」発言。
出ずっぱりで凄いセリフ量のあの舞台が「ストレスが全く無い」というのが、凄い。本当に好きなんですね。

さり気なく今後のお仕事の予定(言える範囲で)など林さんならではの聞き方で、それに対して現状をごまかすわけでなく、きちんと言える範囲で答える吾郎。
その信頼関係がとっても心地よい対談です。
結構、いろいろな事について話し、最後は結婚話まで(笑)。
全部で5ページぎっしり、読み応え充分です。

「その後いかがですか」という後記のようなコーナーのお話もとても嬉しい。
その素敵な私服姿、是非見たいです~heart

| | コメント (2)

2016年10月 9日 (日)

「少女」舞台挨拶 10月8日

「少女」初日舞台挨拶、新宿バルト9、1回目、2回目に行ってきました。
だいたいの感じをレポします。
上映後の挨拶もありましたし、どんな話が出たか書いておきたいので、ネタバレを含みます。

movie新宿1回目(上映後)

吾郎は、濃紺のスーツ、細いネクタイ、胸元に横に太いラインの入った白いシャツ・・・相変わらずホッソリとして美しかった。
「高雄孝夫を演じられた稲垣吾郎さん・・・」
という紹介でもう楽しい笑いがおきる。
吾郎:「人が生きていく中で抱えていく心の闇や傷にそっと寄り添ってくれる素敵な作品。
皆さん、2回、3回を劇場に足を運んでください、その時には僕たちはもういません。児嶋さんはいるかもしれませんが」

児嶋:「出る時はギャラをもらいます」
・・・こんな感じで児嶋さんを弄っていました、二人息が合って楽しい。
こんな楽しい話だったのに「その時に僕たちはもういません」なんて意味深なタイトルで記事が出ていてビックリ。

三島監督は、吾郎の言葉を受けついで「闇の先にあるものをみつめてもらえたら。」というような事をおっしゃっていました。

三島監督
「各地で試写会をしてきたが、上映後にハッピーエンドと思うかバッドエンドと思うかを聞いたが、ハッピーエンドと思う人の方が若干多かった。
ほとんどの男性は稲垣吾郎さんが登場するとホッとした。自分が抱えてきたものを高雄孝夫に投影。」
「舞台「No.9」の後、吾郎さんと最初に会った時、いつもように近くで観察しようと近づいたら、吾郎さんが一歩離れた。孝夫さんって、こういう人だというインスピレーション。”近づいたら離れる”というお芝居をしてもらった。」


吾郎
「撮影した時は、(主演の)お二人は制服を着た女子高生だったのに、今日はshineイタリア女優さんshineみたいでびっくり。撮影中はあまり話す事はなかったけれど、二人とも大変な役で自分が20代だったら乗り越えられるのかなと思った」
と主演二人をフォロー。

湊かなえさん
「一番ギャップがあったキャスティングは高雄孝夫さん。
この名前はふざけて付けたものではなく、タクシーに乗ったら運転手さんの名前が”たかしたかし”だった事があり、これからヒントを得て高雄孝夫という印象的な名前にした。
ほうっておけない、うさんくさいこの役を稲垣吾郎さんがやってくださると知りビックリした。
稲垣さんと話をするのはとても緊張するけど、たかおさんだと思うと普通に話せる。」

それに対して、吾郎「湊さんの中で、ずっとたかおさんと思っていただきたい。」
・・・このイタリア男(笑)!モテるはず。

pencilテーマに絡めて「最近見た闇、感じた闇」
児嶋さん・・録画した自分の番組を見て自分のネタに笑わない人をチェックしてしまう。
本田さん・・休みの日、一日中何も食べずにゲームしていた。
山本さん・・・3日の休みを貰った時一人で映画観に通い詰めた。
吾郎:「二人とも友達とかいないんですか?」「僕はいます、中年のおじさんとか」
吾郎・・・基本が闇、家に帰ると部屋が暗い。
監督・・・知人の体験の闇を集めてネタにしている自分
湊さん・・・自分の作品をすごく褒めてくださる知人のブログをたまたま見つけたら、悪口ばかり描いてあったので、ブログチェックをする自分

「自分にとっての闇」という事で、何かSMAPの事を絡められるのかと期待するような空気が客席一部にもありましたが、皆が精神的な闇について話す中、実際の暗闇について話し出す吾郎。ユーモアを交えて会場を笑い声で満たす吾郎の頭の回転の良さには惚れ直しました。

*映画撮影裏話
教師のPCにあったラブホでの映像は監督不在の撮影現場で児嶋さんがスマホで撮影したものだそうです。

cameraフォトセッション
1回目はweb用、吾郎抜き。
2回目吾郎が参加、客席を背に撮影なので、私たちから見えるのは後ろ姿。
スーツを着た後ろ姿、背中からウエストにかけてのラインの美しい事!
時々、確認するように吾郎が後ろを振り返って、「顔がテカっている方は拭いていただいて」「真後ろの方は映りません」など恒例の観客弄り。

「映画少女!」「大ヒット!」の練習の後も「どうでしょうか?もう一度練習した方がいいでしょうか?稲垣さん」と言われる。(40分くらい)

ネット記事にあった「SMAPのファンに一言~お騒がせしてます。がんばりますんで」という会話は、舞台挨拶の会場ではなかったと思います。
退場してから会場の外であったのでしょうか?
(追記)10日朝WSにて確認、セッションが終わって戻るところで聞かれていました。
ほぼ真ん中辺りの私の席からは見えなかったようです。

*こちらに詳しいレポがあります→映画情報どっとこむ

movie新宿2回目(上映前)
賑やかな拍手で迎えられ、今日4回あった舞台挨拶の中で一番盛り上がっていると言われる。
今回は上映前の舞台挨拶なので、ネタバレを言わないように気をつけなくてはと言う本田翼ちゃん。
吾郎の団扇を持っているファンが何名か。
湊かなえさんは、「そのプラカードに目を奪われて皆さんと一緒にお辞儀をするのを忘れてしまいました、すごい!と同じファン心理で見てしまって」と言うと、すかさず吾郎が「僕もしなかったです。髪の毛が乱れるのがいやなので」とフォロー。
湊さん「映画化は4作目だけど、初めて女性監督に撮ってもらって美しい映画になった。」

karaoke高雄孝夫を演じてみて
「たかおたかおという名前が~」と、新宿1回目で出た名前の由来を”自分で喋るのではなく"ちゃんと湊さんに振ってお話してもらう。
自分が話そうとした時、隣で本田翼ちゃんと山本美月ちゃんがコソコソお喋り(笑)。
「そこ大丈夫ですか?」と、まずはつっこんで笑いをとってから、高雄孝夫を演じたことについて語る。
「今まで演じてきたのは変わった役が多かったですが、今回は名前だけは変わっているけど普通の人。父親というのも珍しくて・・・あ?これネタバレ?どうせ2時間後には分かっちゃうんだからsign03
「全部話しちゃいましょうよ」

eye注目して欲しいシーン
児嶋さん・・・当日凄い量のセリフが出てきて覚えられなくてカンペを出してもらった(授業のシーン)
監督・・・「由紀と敦子の友情物語」「前半を児島さん後半を稲垣さん」

吾郎:「児嶋さんに絵の力がなくなって飽きてきた頃、僕が登場するので、僕が出てきたら皆さん拍手してください」
児嶋:「僕が出てる時はずっと拍手しててください」
児嶋さんと吾郎のやり取りは相変わらず面白くて一気に会場が笑いの渦に。

湊さん・・・「本田さんの堤防全力疾走、稲垣さんのママチャリ、ある人が刺されて血が出るシーンでは30種類の生地で血のにじみ方をテスト、一番キレイににじんだものを使ったので血のにじみ方が凄い」

監督:「たくさんテストして一番いいものを稲垣吾郎さん・・・」
全員で「ええ~~~~」と突っ込む。
「もう2時間後には、皆さん(笑)・・・」 と監督もやけくそになって、吾郎の逆ギレに続く(笑)。
会場中が大笑い。三島監督、すっごくかっこよくて面白い。

更に乗っかって「ママチャリに乗ってウサギのダンスをして刺されるお父さんですね」とネタバレして喜ぶ吾郎(笑)。

日本で挨拶するのは最後だと思うと寂しくて~と泣きそうになる美月ちゃんともらい泣きしそうになる本田さん。二人の挨拶で和気藹々と楽しい雰囲気の中で終了しました。(20分)

2回とも楽しい舞台挨拶でした。
主演のお二人が若くて原作者も監督も女性、何となく和気藹々となるのでしょうか。
また4回の挨拶で全員の気持ちが一つになってとても打ち解けてきたように思えました。
湊かなえさんは、吾郎の事をたくさんお話してくださったし、監督も気さくで面白い方。
更に児島X稲垣コンビの楽しさ。
今までの映画初日舞台挨拶で一番笑ったような気がします。
吾郎は相変わらず、いつでもフォローできるようにマイクを構えているけれど決して出しゃばらず、要所要所で笑いを取ったり話をまとめたり、素敵な働きをしていました。
お話している方の方に体ごと向いて話を聞くのも、そうでない時は客席全体をしっかり見渡しているのも、いつもと同じでした。

pen1回目の試写を観るまでに原作を何回も読みすぎたので、湊かなえさん独特のいろいろな要素がぎっしりと詰まって同時進行しながらお互いが絡み合い、一つのシーンへと繋がっていく面白さとは少し違うと思っていましたが、しばらく原作から離れて観たら凄く好きな作品だと改めて気付きました。
少女が抱えている秘密とか傷・・・思い切り美しい二人の主人公と美しい映像、心理描写にも意味を持って使われている音楽~など、単なる謎解きだけでない深い面白さがありました。
監督が思いきり拘った海辺の風景、夕陽の輝く一瞬も素晴らしかったし、私は敦子が剣道の竹刀を背に自転車を漕いでいる映像もすごく好きです。
そして、高雄孝夫。
子供とベッドに並んだ後ろ姿、普段のキリッとした細身の吾郎とは全く違う、40前後の男性の背中に見えました。
大きなスクリーンで観ると、いつも吾郎の声の良さにハッとします。
どんどん映画に出て欲しいですね。

朝日新聞デジタル

| | コメント (3)

2016年10月 7日 (金)

STOP THE SMAP 10月6日

bell1991年10月7日に始まったSTOP THE SMAP、
今日は25回目の誕生日おめでとうございます!

SMAPの稲垣吾郎です。まずはオープニングの呟きメッセージをご紹介します。
loveletterさて、食欲の秋ですが、吾郎さんは秋になると無性に食べたくなるものはありますか?
う~ん、いいですね。ワタクシの季節がやってまいりましたよ。秋から冬にかけて~いいですよね、食欲の秋、スポーツの秋、ファッションの秋・・・といろいろありますけれども、食欲と・・秋と言うとね、まぁそうだなぁ・・・うん、キノコ類とかね、好きですね。キノコって来たか!って皆さん思いましたよね。(笑)きゅ・急ですよね(笑)。普通は秋刀魚とか、お魚とか、秋になって食べれる野菜とかね、いろいろありますし、う~ん。はい、ボクはキノコですね。別に松茸という訳でなくて、キノコ全般。いいですね。はい。

稲垣吾郎のSTOP THE SMAP、今夜も30分お付き合い下さい。

【SMAPな時間】
loveletterゴロウ・デラックス、吾郎さんも新しい世界が広がるとおっしゃってますが、私もいろいろなジャンルの方が出演されるので、興味が湧きます。今回も建築家の隈研吾さんで、建築物をいろいろと見てみたくなりました。吾郎さんも建築物が好きそうですが、好きな建物はありますか?
そうですね、すごく興味深いテーマだったんでね、建築家、建築物というのは。
あんまり僕も詳しくないんですけどね、ただ何か眺めててかっこいいな、キレイだなとか、こう街歩いてたりすると気になるものはありますよね。
うん、何だろうなぁ・・古・・昔ながらのね~あの、何だろうな、東京駅周辺の建物・・東京駅なんかもそうですけど、やっぱり古い建物っていうのも凄くいいなぁと思いますしね、あの辺の皇居周りの・・・大使館とかもキレイですね、フランス大使館とかね、イギリス大使館とか。
やっぱりあの辺は凄い歴史的建築物で素晴らしいなと思うのも多いですよね。
かと思いきや、そのまま何だろうな皇居の周りから246に行って、今度渋谷区の方に向かっていくと(笑)ベルコモンズ・・・今もうないですけど・・・過ぎて、結構モダン建築であの辺で代表的な・・あのいわゆるプラダ・・ね、青山にある・・あのプラダとかも結構好きですね。あれは独特ですよね。まあ全くクラシカルな建築とは全然違いますけれども、ああいったものもすごく目を惹きますよね。
まあ何か凄くレトロなものと、うん・・・近未来的なものと、まぁ何かいろいろとそれぞれ魅力はあるなぁと思いますけれども。
まぁ海外とか行ったらもっとキリがないですけれども。
何か建築物をこう・・・観光する旅とかしてみたいですね。
ずぅ~っと行ってみたいって言ってなかなか行ってない場所、結構世界各国ありますからね。ブラジリアとかね、ああいう建物・・・北欧とかね、いろいろ見てみたいですよね。
以上、SMAPな時間でした。

pen世界の建造物を見て歩く旅・・・是非、番組と紀行エッセイ+フォトブックをお願いします!
ファンとしては素敵な建造物を見ると、吾郎を置いて写真を撮りたくなりますよね。
そうそう!クラシカルなものはもちろん似合いますけど、近未来的なものも似合いそう。モノトーンの中にいるモノトーン吾郎・・・

musicYes we are (「Yes we are/ココカラ」2014年4月9日 SMAP52枚目シングル)

【メンバーとの時間】
loveletter慎吾くんが剛くんの私物のTシャツや帽子を気に入ると持って帰る、それも剛くんに断りなく~とラジオで告白していました。剛くんは言われるまで気付いていなかったようで、うそ~と凄く驚いていました。ちなみにTシャツはサイズが違うので着れないそうです。さすがに吾郎さんは黙って持ち帰ったりしないと思いますが、メンバーが持っている物で自分も気に入って買ったり、いいなと思って貰ったりしたものってありますか?
これ、凄いですよね、だって、これ気付かないんですかね。ね、どっちもどっちと言うか・・・
帽子に関しては僕、分かるんですね。帽子被って現場に行って例えば髪の毛をセットしてもらって帰る時って、朝被っていた帽子を忘れてしまう~なんて事、僕も結構あるんですね。うん・・・何かホラ、家出る時はラフに帽子被ったりとかするじゃないですか、まぁ芸能人の方は結構多いと思いますけれども(笑)。そんな時に身なりを整えてもらって・・・で、まぁ仕事が終わって帰る時に意外と忘れてしまうって事が、帽子とか僕は多いですね。もうホントに自分でも呆れるくらいに。
うん、まぁでもTシャツはこれ(笑)・・・どういう事なんでしょうね。いくら僕でも分析はできないですね、ちょっとこれは(笑)。もう2人で勝手にやってって感じですよね。
まぁ、でも結構皆さんお洒落なんでね、見てて「あ、いいなぁ」と思うもの多いですよ、僕も。あの別に口にしないですけどね(笑)。いちいち口にはしないですけれども。ああ、いいなぁ~なんて思って見てたりして。まぁ全く真似するって事はさすがにないですけど。何かそういうエッセンスを取り入れたり、参考にしたり・・・皆さんお洒落なんでね。そういう事は結構ありますけどね。腕時計なんかしてると結構見ちゃいますね。

loveletter先日、香取くんが吾郎ちゃんのことで「ちょっと気になったことがある。ゴロウ・デラックスのようにアシスタントのMCの二人の方がいて、2人で番組を進行していくスタイルならまだ分かるけど、吾郎さんが1人で喋ってるところなんて全く想像がつかない。そういう意味では、稲垣吾郎のSTOP THE SMAPはかなり未知の番組になっていると思います。まだ聴いた事ないけど、今度聴いてみようと話していました。
ちょっと・・今更ですか、これ。これ、まだ一回も聴いた事がないって事ですね。まぁ僕もでも・・ふふん(笑)・・皆さんのラジオ聴いた・・生で聴いた事はないですけどね。うん・・・もしかしてこの番組も今、聴いてくれてるかもしれないって事ですよね。うん・・・今この僕の肉声を香取くんが聴いてるって可能性は・・・もう0,01%くらいですね、多分。でもそんな事を言うと意外とこういう時に限って聴いてたりする~(笑)そういう運というか・・持ってる人ですからね、分からないですけど。
いやぁ・・・1人喋りっていうのは、でもまぁそんな事を言ったら、あまり1人喋りってないよね、テレビだとね。ラジオくらいしかね。まぁ、そういった意味で、ラジオって独特ですよね。うん、まぁでもこの番組に関しては・・このまぁ思いつきで脱線しちゃう感じも許していただきたいなっていう・・感じもね、あるんで。
聴いてくださる方が1人でもいるんならば、僕はもう1人でも喋り続けますけれども。
以上、メンバーとの時間でした。

musicラストシーン (2000年『S map 〜SMAP 014』(エス マップ〜)は、SMAPの13枚目のアルバム)

pen「聴いてくださる方が1人でもいるんならば、僕はもう1人でも喋り続けます」
・・・って、すごく素敵な事をサラッとおっしゃいました。だから毎週好きになるんですよね。
聴きたい人、たくさんいますから!番組を続けてください。
お願いのハガキ、出し続けます。

掃除機を買い換えた話から家電製品いろいろの話まで、SMAPデビュー25周年について、カードブームについて・・・は「続きを読む」からどうぞ。

続きを読む "STOP THE SMAP 10月6日"

| | コメント (2)

2016年10月 5日 (水)

SMAPXSMAP 10月3日

restaurantゲストに小池都知事をお迎えしてのビストロ
-クイズ小池百合子!-
なかなか男っぽい小池さんが素敵。
何と「ストレス解散は?」に吾郎が「カラオケ」と答えた事から話題は意外な方向へ。
小池都知事は、”稲垣パパ”と池袋のカントリーウェスタンのお店でカラオケを一緒に歌うお友達だそうです。
「台本にも書いていない事を!」と慌てる中居くん。
いくらバラエティとは言え、何回も「支持率が下がる」というのは、ちょっと失礼だぞ!とは思いましたけれども・・・
でも楽しかったし、話がグダグダになりそうなところを吾郎が、きっぱりと
「これからも父をよろしくお願いします!」としめたのが、スマートでとても良かった。

ラーメンと言えば小池さん~という事でラーメン+もう一品対決、
どちらも美味しくて甲乙付けがたいので、カラオケで稲垣パパと一緒に歌ったから、稲垣香取チームの勝ち!とする小池さん。
たまに、こういう判定の仕方をするゲストの方がいらっしゃいますが、私は好きです。
どちらも一生懸命作ったお料理ですから。
「お父さん、勝ったよ!ありがとう。今度はボクも連れていってね」とカメラ目線で喋る吾郎。

そういえば、以前星野仙一監督とか宇崎竜童さんとか、ビストロで吾郎パパの交友関係の凄さが明かされる事が何度か。これは吾郎パパが大学時代の繋がり。
吾郎パパの素敵なところは、芸能人である息子と全く関係のないところで、いろいろな交友関係があるんですよね。
舞台にはよく観にいらっしゃるという稲垣パパ。私はお見かけしたことがないのですが、雰囲気が吾郎にそっくりの素敵な方だそうです。きっと人間的にも魅力的だからこそ、いろいろなお友達の輪が広がっていくんでしょうね。
そして、いつも自分からは決してそういう交友関係を言わない吾郎も素敵。
これが「品」なんですね。

tvSMAPXSMAP MEMORIES FILE
突然来たのでビックリ!
1996年~1997年「青いイナズマ」「SHAKE」「ダイナマイト」に乗せて、当時のSMAPXSMAPのコントなどが編集された約11分の映像。
当時、毎週月曜日はワクワクしながら家に帰った事を思い出しました。
ちゃんと「お忍びマイケル」「サンキューゴロー」など、「8秒の壁」では、吾郎の「まいけるじゃくしょん」も!
数々ある映像を編集するのは大変な作業だったと思います。
スマスマスタッフの愛が伝わってきました。
でも、SMAPXSMAPの終わりが近づいてきて、何事も終わりはあると覚悟していたけれど、これはやっぱり寂しい。

musicS-Live JUJUさんをゲストに迎えて「
吾郎の低音がすっごく素敵。
JUJUさんと一曲まるごと聴きたくなりました。
それにしても、S-Liveのクオリティの高さ。
私は大好きなコーナーで、これだけをまとめて編集してBlu-rayに保存しています。

今週のスマスマも、SMAPの魅力とスマスマスタッフさんのやる気が伝わってくる楽しいひとときでした。

| | コメント (3)

2016年10月 1日 (土)

STOP THE SMAP 9月29日

SMAPの稲垣吾郎です。まずはオープニングの呟きメッセージをご紹介します。
loveletter吾郎さんはお家に帰ったらまず何をしますか?ちなみに私はまず靴下を脱いでリラックスします。
そうですね、服はまず全部脱いで・・・時間帯にもよりますけれど、まあ直ぐにシャワーを浴びちゃったりしますね。もうなんか外から連れて帰ってきてしまったものを洗い流したくなるというか、何かリセットしたくなりますよね。
何か、1回帰って来て食事に出かけるとか遊びに出かけるとかいう時も1回シャワーを浴びますしね。そうですね、そのまま帰って来た格好でダラダラしてるって事はあまりないですね。んで、まあ部屋着に着替えるとか、感じですけど。

 稲垣吾郎のSTOP THE SMAP、今夜も30分お付き合いください。

pen「服はまず全部脱いで・・・」とわざわざ間を持たせて読んで、ファンを弄ぶ吾郎さまheart

【SMAPな時間】
loveletter柔道の金メダリスト、ベイカー選手のビストロ拝見しました。ピアノが弾けたり、美味しそうに食べて「美味しいです」とメンバーの顔を見て言ってたり、すごくしっかりされていて、成人男性に対して失礼かと思いますが、ものすごく可愛いなと思って観ていました。オリンピック後の会見で、金メダルを取って嬉しかった事は?に対して「ビストロスマップに出られた事です」とおっしゃってて、本当にSMAPって凄いグループなんだなと改めて思いました。メダリストの方で、よくメダリストになればスマスマに出てSMAPに会えるとおっしゃってるのを耳にします。みんなすごくいい笑顔で楽しい様子が画面から伝わってきて、めちゃくちゃ幸せな時間となりました。いろんなスポーツ選手との共演が観たいです。
そうですね、あの~来て頂いて・・・すごいんですよね、何か90キロ級というのはなかなか難しくて初めてなんですよね。僕もあまり柔道の事は詳しくないんですけど。
でもホントに、何かすごく素直で、このM子さんの言う通り可愛らしい感じもしましたし、何よりも喜んで頂いて、すごく良かったなと思いますね。
まああの闘っている時はすごく・・何かこう・・険しい感じというか、まあ実際は何かすごく皆さん笑顔が素敵で可愛いらしい印象を持つような方が多いので、これは本当に・・喜んでいただきたいなあと思ってやっている事なので、他にもまだメダリストの方来て頂けるといいなぁと思っているんですけれど。

penSMAPに関してのいろいろな話題が飛び交うこの時期に、「本当にSMAPって凄いグループなんだな」というお便りを読む、吾郎。いつもどんな時でもフラットで揺るがない。強い人だなって思います。

musicTop Of The World (2014年7月16日 SMAP53枚目シングル)

【メンバーとの時間】
loveletter先日、中居くんが「靴下は、家から少し古くなったのを履いていって、そのまま履いてきた古い靴下で収録して、帰りにその靴下を捨ててスタイリストさんが用意してくれた靴下を履いて帰ると言ってました。吾郎さんは、そのような事をされてますか?ちなみにスタイリストさんが用意した靴下は1回履いたら、どのみち捨てられてしまうらしく、もったいないからだそうです。今後、真似をする時は「中居くん考案」だと言って欲しいです。
あ~このゴミ箱の底のゴミ袋に続いてって事ですよね。
ね、これ履いて帰っちゃいけないんじゃないの?そもそも!どうなの?
えっ、これ捨てるんですか?必ず。でも捨てない靴下もあると思うよ。うん、でもまぁ靴下って自分の使う事が多かったりもしますけどね。まあ、言ってもそんなに見えないじゃないですか、靴下って、衣装だと。まあ脚を組んだときに見えたりもしますけど、そんな汚い靴下じゃない限り自前のまんま、自前のだから黒い靴下はいてる事が多いですね、僕も。そうすると衣装でそのまま使える事が多いので。黒いスーツとかね。白い靴下を合わせるようなスタイリングってあんまりないのでね、柄のソックスっていうのもあんまり・・・好きではないので、やっぱり黒い靴下が僕も多いので、そのまま衣装で使っちゃって・・・って言うか、靴下そのまま自前で履いてて、まあ下着と一緒ですね(笑)要は。ね。
で、そのまま帰る事はあってもスタイリストさんが用意した靴下を履かない事が多いですね。だって、そのまんま自分のソックスで帰って、スタイリストさんが用意した靴下を履いて帰らなければ、スタイリストさんの経費もかからないって事だよね。スタイリスト的には、靴下貯金ができるって事ですよ。中居さんは、その靴下貯金をさせてあげてないって事なのかな。すごい、これどっちなんだろう。
履いて帰っちゃダメなんじゃないの、これ(笑)!
言えないだけなんじゃないの、これ(笑)!
ちょっと中居さん、それ止めてもらえませんか(笑)って(笑)・・・
これ、真似しないから大丈夫。中居くん考案って別に言うこともない。
間違えて履いて帰っちゃう事とか、たまにありますけどね。
あと、テレビドラマとか映画とか舞台の時っていうのは、脱ぐと洗ってまたそれを使う事になりますよね。何度も。さすがにそれ毎回毎回スタイリストさんも、いっくら3足千円といえども新しいものを買ってくることはないので、ドラマとかの場合は結構もう最終回に近づくにつれてあの~結構靴下毛玉だらけになったりしますし、舞台の時なんか結構・・・1日何回も・・もちろん何足が用意してますけど、ねえ。もうベートーヴェンの時とか終わりの頃、黒い靴下がグレーになってましたしね、洗ってばっかりで。
や、これはどうなんだろうな。あとは中居さんにまた聞いてください、これ、皆さん。僕はこれ以上のことは言わないので。以上、メンバーとの時間でした。

pen中居くんのラジオとの飛脚付き往復書簡みたいになってきていますよね。楽しい。
靴下貯金とか3足千円とか、いつも庶民の金銭感覚を理解しているのが見かけと違って面白くて好き。
3足千円の靴下・・・舞台など見ていると結構小物など100均だったりするので、あまり意外ではありませんでした。
ベートーヴェンの衣装は凝った生地で体に合ってキレイに作られていてうっとりしましたが、ズボンなどは後半、てかてかになってたりしました。出ずっぱりな上に転がったりぶつかったり、かなり激しい舞台でしたものね。ああ、舞台を観たい!
吾郎って、観察眼が鋭そうなので、結構いろいろ見ているのではないかしら。

ヘアスタイルに関するアドバイス、お肌のシミ対策ケア、古いけど手放せないもの、靴のお手入れ・・・については、「続きを読む」からどうぞ。

続きを読む "STOP THE SMAP 9月29日"

| | コメント (2)

« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »