« 東京国際映画祭「少女」 | トップページ | ゴロウ・デラックス 10月27日(#224) »

2016年10月29日 (土)

STOP THE SMAP 10月27日

SMAPの稲垣吾郎です。まずはオープニングの呟きメッセージをご紹介いたします。
loveletter私は毎日寝る前にほうじ茶を飲んでいます。寝る前にやってることありますか?
そうですね・・・決まったルーティーンはないですね(笑)。眠くなったら寝るっていうか、朝起きてね何か必ずお水を一杯飲んだりとか、そういった事は絶対しますけどね。
寝る前は結構、まばらかな。本を読んでたりして何となく眠くなって寝る事が多いですね。何か摂取してって事はあんまり・・ないですけどね。
何か落ち着いて寝れそうですね、ほうじ茶。う~ん・・・やってみようかな。これ、眠れなくなっちゃう?あ、でもカフェインはそんなにないのか、ほうじてるとね。
ほぅ~・・・渋いっすね、23歳なのにMさん。いやいや、いいと思います。これで何か安眠できるんでしたらね。
稲垣吾郎のSTOP THE SMAP、今夜も30分間おつきあいください。

【SMAPな時間】
loveletter郵便局で発売されている雑誌「Kiite」を購入しました。ところで「Kiite」に載っていた吾郎さんのプロフィールで「英国貴族にあこがれる」とありましたがとても興味深いです。英国貴族のどのようなところに惹かれたのか、今は憧れがあるのかお話を聞きたいです。
すみませんね、何か・・・何か多分その場のインタビューで思いつきで喋っただけでね(スタッフさん大笑い)何の、その・・思い入れもなく言った事なんですね、これ。
非常に申し訳ないような、何よりも「Kiite」の方に申し訳ないですよね。多分、子供の頃どんな子だったかみたいな、そんな特集だったと思うんですよね。子供の頃にそういうものに憧れたみたいな事を言っただけだと思うんですけどね(笑)。でも僕、憧れはありますけどね。英国貴族って。映画とか観ててもね。(笑)凄いブルジョワな感じで、誰でも何かその憧れはありますよね。
まああと何か最近ファッションであったり、まあいろんな文化、車であったりとかぁ、ゴルフなんかもそうですけど、何かイギリスのものってこの年になってから結構惹かれるものが多かったりするんですよね。まああとワインが僕好きですけれどもね、最近ウィスキーとかそういったものもちょっと好きだったりするので、ちょっとアイラ島とか行ってみたいですね、スコットランドとかね、北の方とか・・ちょっと憧れはありますけどね。
ああでも音楽とかも意外とケルトミュージックとかも好きですしね、あとイギリスの映画とかも最近多いですし、そうですね、昔はちょっとフランスの文化みたいなのに憧れたり映画が好きだったり、ファッションだったりとか、フランスが生み出したいろんなアイコンであるもの、そういったものに憧れがあった時期もありましたけれども、ワインなんかもね、フランスですからね。
まあまあ興味深いじゃないですか(笑)僕もちゃんと(笑)適当には言ってないんじゃないですか?こんだけ喋っているっていう事は。
まぁでも面白いですね、この雑誌ね。郵便局で発売されてるって。しかし、この情報を知ったAさんも凄いですよね。
(スタッフさん「結構来てましたよ!」ん~何かこう隅々までチェックしてくださって、ホントありがとうございます。

pen吾郎さん!ファンは隅々までチェックしてますから(笑)!
後ろでスタッフさんの「(Kiiteに関するお便り)結構来てましたよ」の声にほのぼのしました。
吾郎が出演している映像、載っている印刷物だけでなく、ロケ地を初めとして吾郎が行ったところ、食べたもの、着てるもの・・・あらゆるものを検索して見つけて(笑)~ファンの行動を教えたら怯えてしまうかもしれないので、内緒にしておいた方がいいかな。
吾郎には「(充分、周りにはバレているのにw)バレてないぞ」と思いながら、自由にプライベートを楽しんで頂きたいので♪

music友だちへ ~Say What You Will~2005年1月19日発売 SMAP36枚目シングル)

【メンバーとの時間】
loveletter先日中居さんがラジオで快眠方法を教えて欲しいと言っていました。中居くんのポリシーで湯船に浸かること、本を読むこと、映画を観ることは快眠方法として頼りたくないそうです。でも最近湯船に浸かるのは、もうやり始めようかなと言っていました。早寝早起きの吾郎さん、是非中居くんに快眠方法を教えてあげてください。きっとストスマで話してくれればリスナーの誰かが中居くんのラジオにお葉書書いてくれると思うので伝達手段は確保できています。(スタッフさん笑い)
うん・・・でもさ、これ言ったとしてもさ、どうせ中居さんラジオでこんな感じでしょ。
(低い声で)あ~あぁ稲垣さんからの?はい、メッセージね?あぁこれ稲垣さんだからそうだけど、俺にはそれ関係ないね。はいはいはい」(スタッフさん大笑い)
「はいはい、稲垣さんらしいね、はいはい」
・・・
みたいな感じでしょ!?多分、ラジオだと、テンション的に。
聞かないでしょ!「知らねぇよ」・・とか言いそうじゃん、何か(笑)。
(スタッフさん笑い)
だって、だったらそんな事言われるんだったらさ、こっちも一生懸命考えて何で伝達しなきゃって思いますし、ねぇ!まぁ、こんな・・ちょっと今のは悪口になっちゃいましたけどね、ちょっと言い方きついですけど(笑)、でもこれぇ・・まぁ冷たく突き放すにしても茶化すにしても、あんまり言う事きかないと思いますよ。
「だって、稲垣さんと俺違うもん。あの~生き方が、根本が」とか、言いそうじゃん(笑)そういう事。
「あ~やだやだ、(早口で)稲垣さんにはなりたくない」とかさ、言うから(笑)。
だってさ、ポリシーとして湯船に浸かる事、本を読む事、映画を観る事はしたくないって言ってるんだよ、そんな頑固ジジイみたいな人にさ、何か教えたってさ(笑)無理でしょっ!
う~ん・・まぁでもね、僕は優しいですから、今から快眠方法を考えますよ(笑)。
(スタッフさんずっと大笑い)
何だろうねぇ快眠方法として。
でも眠れないとか昔っから言いますよね、よくね。う~ん、お酒飲まないんですかね。お酒・・だって、晩酌する方
(かた)でしょ。焼酎とか・・だってお酒飲むもんね。お酒飲むと普通眠くなるけどね。僕なんかもやっぱり一人で深酒っていうのはあまりないですけども、寝る前に何かしますか?なんてさっきのお便りありましたけれども、確かに軽くお酒飲むことっていうのはありますよね。うん・・それこそ本を読みながらお酒を飲むとか、映画観ながらちょっと軽くお酒を飲むとか・・・そうしていくと眠くなっていきますけどね。
「まぁ、稲垣さんほど・・・そんな神経回路が単純じゃないんだよ」とか、きっと言われそうですけどね。
「いろいろ考えてるからさぁ」みたいな感じですよね。
「明日の司会の事とかいろんな事考えると眠れないんだよ」
とかって、言われてしまいそうですけどね。うん・・・
すごくいろんな事を熟考する、いろいろ考える方ですからね、ホントに繊細で。やっぱりまず頭をこう・・何だろうな、うん・・空っぽにしないとね、夜寝るときは。
うん・・・どうしたらいいんだろうなぁ。まあだって・・僕が薦めそうな事って、じゃぁちょっとラベンダーのアロマキャンドル焚いてみなよとかって言いそうだけどさ、「なんだ?それ
(この「なんだ」の「な」の感じが凄く中居くんに似てたって言われそうでしょ。いいですけどね、アロマキャンドルとかリラックスできるし、多少のお酒・・・うん・・湯船につかるのは別にいいと思うんだけどね、まぁ最近は始めようかなと思っているみたいですよね。確かにね、体温めると眠くなりますから。これはね、湯船につかると目が覚めちゃうんじゃないかなと思いきや、湯船につかるとやっぱり眠くなってきますよね、ちゃんと。
・・・運動・・(笑)ストレッチとかさ、当たり前だけど。ストレッチすると眠くなりますけどね。リラックスして。これはもうやっぱりね、僕と一緒にヨガ始めるしかないですよ、もう・・ね。僕も体硬いですし、ヨガ、ストレッチ、運動・・・伝達はしなくて大丈夫です。
(スタッフさん爆笑)
以上、メンバーとの時間でした。

pen中居くんと声質が違うんだけど、中居くんのものまねがいちいち面白くて、なかなか愛情が見え隠れしていて最高です。
今度は吾郎のところに中居くんがISOROして、一緒にヨガやってストレッチしてお風呂は別々でいいから・・・お酒飲んで語りあってください!

吾郎のワイン講座、モテ吾郎、心の中のおばちゃん・・・については「続きを読む」からどうぞ。

【吾郎の自由時間】
loveletter去年のスマスマで吾郎さんが作ったボジョレーヌーヴォーは去年は美味しくいただきました。今年もボジョレーヌーヴォー解禁日が近づいてきました。そこでワイン通の吾郎さんのお薦めのワインなどボジョレーヌーヴォーに限らず教えて頂けると嬉しいです。私の好みは赤ワインでブドウの味がしっかりとする重ためのものがいいです。お手頃のお値段5千円未満でお願いします。
そうですね、今年も解禁日が11月第3木曜日ですね。午前零時になるんですね。だから11月17日ですね。午前零時から解禁という事で。
早いですね、あっと言う間に1年で。ワイン好きの僕としてはホントに凄いいい思い出になった事で、うん・・・凄い嬉しかった・・・ボジョレーヌーヴォーの企画プロデュースという事だったんですけど。
でもこれ、5千円未満って当たり前だと思いますよ。
うん、ワインってホントに値段がピンキリでね、やっぱりもう・・・果てしないほど高いワインもありますから、それ稀少価値だったりもするのでね、必ずしも高いワインが絶対に美味しいという事は限らないんですね。ただ勿論ある程度の値段出したら、失敗はないですよね。うん・・・そりゃそうですよね。うん、そりゃワインが好きな人が作ってきた価値ですからね、ただ5千円未満って全然普通の値段だと思いますし。
好みの段階で赤でしっかりとした重めのものがいいと言っているくらいですから、結構重くていいんじゃないかと思いますね。これ、基本的にはブドウ品種で言うとカベルネソーヴィニヨンとかメルローとかあるんですけど、ピノノワールとか。そういった意味ではカベルネとかメルローを多く使ったワインがいいんじゃないかなと思いますね、こういった方は。で、やっぱりあの・・味がしっかりした、重めっていう事に重きを置くとしたら、値段の・・コストパフォーマンスも考えていくと、何となく僕はこの話を伺っていると、やっぱりカリフォルニアとか。これヨーロッパのワインに限らないで、カリフォルニアとかチリワインがいいんじゃないかなと。それで3千円くらいのもので、カベルネソーヴィニヨン、メルローなんかを多く使ったものを選べば、まず外れはないですね。
やっぱりニューワールドと言われているね、チリワインであったりとかね、今、いろいろありますから、ニュージーランドとかもありますしね。インドとかにワインもありますし。
フランス、イタリアワインって僕もすごく好きですけども、何かこのAさんのこの2行の文面から言うと、何となく僕は・・5千円未満で、カリフォルニアワインとか、しっかりと重めで外れの無いものが多いと思いますね。カベルネソーヴィニヨン、メルローがいいんじゃないかな。
これ、分かりやすく言うと、瓶がなで肩かいかり肩かっていう所で見ていただくと凄く分かりやすいですよね。基本的には、カベルネソービニヨンとかメルローとかしっかり目のブドウ使っているものは瓶が、ワインの瓶が、いわゆる・・こう、いかり肩。シャンパンみたいにちょっとなで肩のボトルあるじゃないですか、ボジョレーなんかもそうですね、ああいったものは、ボジョレーなんかもそうですけど、ブドウが違うんですよね。ピノノワールとか。そういうブドウを使ったりすると、なで肩になってくるんですよね。白ワインなんか多いですよね。
まあ、これで結構・・・ざっくりですけどね。まあこのザックリな中から自分好みのものを見つけていくと非常にいいんじゃないかなと思うし。
いやいやいや、きっと楽しいですからね、はい。

pen吾郎のこの普通の人の感覚がすごく健全で好きです。
ワインはちょっとスクールに行って勉強した事があるので、吾郎の言っている事がすごく分かる。決して何かを貶したりせずに、一番良いと思うモノを分かりやすくお薦めする。そして高価なワインもワインが好きな人が作ってきた価値ですから”と、きちんと認める。
見栄を張らず、わざとらしく質素ぶることもせず、普通に当たり前のように話すのが素敵だと思います。

musicHey Hey おおきに毎度あり 1994年3月12日発売SMAP12枚目シングル)
*
デビュー3年目にして初のオリコンシングルチャート1位を獲得。

【五六二三】
loveletter中居さんが言ってました。番組で「稲垣さんはモテるよ」って。その後に中居くんが「吾郎さんは女性に優しくするからモテる」って言ってましたが、吾郎さんはやはりモテるんでしょうか?女性にやさしい吾郎さん、女性との対応で特に心がけてる事は何ですか?
いやいや、これ中居くん・・言ってたみたいですね、誰かからも言われましたよ、これ。
いやいやいや、でもそんな事は・・その基準なんて分からないですからね。モテるモテないってねぇ。いや~そんな僕、モテないですよ~って、のっけから否定しないっていうね(笑)。だってあんまり否定するのもヘンでしょ、だって。いやいやいや、そんなそんなって言うのも何かさぁ。
でもホントに!そんな事ないですよ、うん。
女性にやさしいって、僕、男性にもやさしくしてるつもりですけどね。
「やさしさ」って人それぞれですからね。うん・・・
それじゃ例えば中居さんのやさしさと吾郎さんのやさしさって、やっぱ違いますからね。やさしい場所が違うって言うか、表現が違うからね。
多分、中居くんもやさしいから女性にモテると思いますし。
人にやさしく自分にもやさしいという・・人に厳しく自分にも厳しい人間になりたいんですけど、比較的僕はどっちかって言うと、人にやさしい分(笑)自分にもやさしいという・・・ダメだなぁ、大人として。ねぇ、もうちょっと成熟しなきゃな~と思う事あるんですけど。
あと僕の場合、姉がいるのでね、どっちかっていうと女性兄弟で・・うん、何かそういう女性兄弟に囲まれて子供の頃とか育ってきたのでね、家に帰れば姉が居て姉の友達が居て・・とかさ、そういった環境が多かったので、うん・・・こんな性格になってしまったと思うんですけれども。何か、そのう・・・女性と接する時は多分僕は男としてやさしいというよりも、同じ女性になっちゃうんじゃないかなって・・
(スタッフさん笑い)僕の中の”おばさま”な部分が出てきて同性として話す、みたいな。何か話しやすい、とは言ってもらえますけどね。うん、何か、男らしいやさしさって感じではないのかなぁと思いますし、うん・・・やさしい男になりたいですよね。

pen吾郎は絶対にモテますよね!男女関係なく好かれると思います。
以前mixiをしていた時、吾郎の事ばかり書いている私に(笑)、以前TV局に勤務していた方から「受付や事務の女性から一番人気は吾郎ちゃんでしたよ」と教えて頂いた事がありました。とても礼儀正しくて誰にも優しくて、しかもとてもキレイで♪とおっしゃっていました。

loveletter吾郎さん、ご自身の事を「中身がおばちゃんですから」とおっしゃったりしますが(笑)(スタッフさん笑い)映画監督の山崎貴さんは、自分の中に一人おばさんを飼っておくそうです。映画を作る時はその心のおばさんに意見を聞くそうです。吾郎さんも仕事の時、心のおばさんと対話する時はあるんでしょうか。
いやぁ、おばさん繋がりでしたね、これね。
いやいやでもすごく分かりますよ、これは。ものを作る人とか・・特にねいろんな女性にも男性にも理解して頂けるような作品を作る人はやはりいろんな・・・両性を自分の中に持ってるんじゃないのかなぁって。
う~ん・・・対話するって、わざわざって感じではないですけど、自分にはそういう部分もあるのかなぁ・・それが自然とわき出る感じでしょうかね。まあでも大切な事なんじゃないのかなぁって思いますけどね。女性の場合、逆なんですかね、心の中におじさんを飼ってたりするんですかね。
(スタッフさん、楽しそう)
以上、五六二三(ごろうふみ)の時間でした。

musicKANSHAして (1995年3月3日発売、SMAP16枚目のシングル)

番組ではたくさんのお便りをお待ちしております。メールの方は、smap@joqr.net、ストスマのホームページから番組宛てにメッセージも送れます。お葉書の方は郵便番号105-8002 文化放送稲垣吾郎のSTOP THE SMAPの係まで。
お相手はSMAPの稲垣吾郎でした。それでは、また来週、ばいば~い♪

pen吾郎の軽快なお喋りとスタッフさんの楽しそうな笑い声、そしてSMAPの曲。
3曲中2曲は90年代の曲でした。みんなの声が若い!
曲について深く考えると切なくなってしまうので、若い声を楽しみました。
最高に楽しい30分、中居くんの真似のところ、何回繰り返して聞いたことか。
是非、「伝達」されてますように。

【応援メール・ハガキの送り先】

〒119-0188 フジテレビ 「SMAP x SMAP」 

〒107-8066 港区赤坂5-3-6 TBSテレビ「ゴロウ・デラックス」 番組HP内からメール

〒105-8002 文化放送 「STOP The SMAP」 
〒105-8002 文化放送 制作・編成 宛て
smap@joqr.net

〒102-8080 東京FM 「中西哲生のクロノス!」内「おはようSMAP」 

〒104-8003 東京都中央区銀座3-13-10 株式会社マガジンハウス「an・an 稲垣吾郎 シネマナビ!」

<舞台関係>
パルコ劇場 公演・メールマガジンに関するお問合せ→公式ページより

ラッパ屋(鈴木聡さん)へのお問合せ→公式ページより

〒150-0013 東京都渋谷区恵比寿1-22-20 恵比須幸和ビル3F 有限会社シス・カンパニー 北村明子 様宛

〒107‐8006 東京都港区赤坂5‐3‐2  TBS ( 事業局赤坂サカス推進部長 熊谷信也様宛)

*順次追加していく予定です。

|

« 東京国際映画祭「少女」 | トップページ | ゴロウ・デラックス 10月27日(#224) »

吾郎ラジオ」カテゴリの記事

コメント

中居君のお話がたくさんでした。なんだかんだ言っても、吾郎さんは優しいな、と思います。快眠方法なんて、たくさんあるのに、中居君のことを分かったうえでのアドバイスは素晴らしいですね。ISOROはいい考えですね。いっそのこと、アロマキャンドルをこっそりたいて帰っていくのはどうなんでしょうか?w。
それぞれのラジオで言われたことが、結構「ラジオでこう言っていたのですが・・・」みたいに伝わっていることもあるようですよ。
Kiite、反響凄かったのですね。甥っ子さんの話だけでなく、憧れの話まで。一つの雑誌で2つの世界がのぞけて、嬉しいですね。ヨーロッパは吾郎さんの憧れの場所ですものね。ボージョレ-のお話しがくると1年の終わりが来るのかな、と思います。今年は、吾郎さんプロデュースじゃないのが残念ですが、吾郎さんのワインの世界を堪能できる時期でもありますよね。こんな話を聴いてるだけでも吾郎さんの優しさが感じられて、28年間、吾郎さんをTVで観ることができてよかった、と思ってしまいます。
11月のストスマも楽しいトークが聴けるといいですね。

投稿: ルー | 2016年10月29日 (土) 15時58分

wineルーさま
コメントありがとうございます。
中居くんの真似、面白かったですね。
是非、中居くんに聴いてもらって感想を聞きたいです。
今や、ストスマはSMAPメンバーについてのお便り交換場所みたいになってますね。ラジオで○○くんがこう言ってましたが、吾郎さんはどうですか?のようなお便りが毎週のように聞けて楽しいです。
それにいつも丁寧に答える吾郎さん、真面目で優しいですね。
吾郎さんのヨーロッパについての語りも大好きです。
こういう事を考えると寂しいですが、少し時間ができたらヨーロッパをゆっくり旅をして写真を撮りエッセイを書いて書籍化して欲しいとも思います。
吾郎さんの文が大好きなので。

11月もきっといつもと変わらず楽しいストスマだと思います。
吾郎さんってそういう人ですよねheart

投稿: サイトー | 2016年10月29日 (土) 22時03分

サイトーさん、お久しぶりです。

テレビ局での一番人気の話、ありがとうございます。
吾郎ちゃんは「誰にでも丁寧で優しい」そうなので、好かれるのでしょうね。

私も昔、マーメイドブリンスの吾郎ちゃんが、年下のデレクターさんに話を聞く態度と、テレビ朝日の社長さんに挨拶をしてる時の態度が変わらなかったのをこの目で見てるので納得です。


前に、カニ蔵とテレビガイドの編集社に行った時も、担当した方が、ブログで吾郎ちゃんの話を沢山してくれて、気に入られたのかな?と思ったので、色々と納得でした。

投稿: なおなお♪ | 2016年11月 7日 (月) 11時53分

wineなおなおさま
コメントありがとうございます。
お久しぶりです~♪
マーメイドプリンスの時の素敵な目撃談、ありがとうございます。
年下のディレクターさんとテレビ局の社長さんに対する態度が変わらないって素敵ですよね。
ゴロウ・デラックスでも、どんなゲストの方がいらしても、いつもフラットでいいなぁと思って見ています。

投稿: サイトー | 2016年11月 8日 (火) 19時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 東京国際映画祭「少女」 | トップページ | ゴロウ・デラックス 10月27日(#224) »