« ゴロウ・デラックス 12月15日(#231) | トップページ | SMAPXSMAP 12月19日 »

2016年12月19日 (月)

雑誌など

各TV誌がメモリアルとしてSMAP特集を組んでいたり番宣をしたりしてます。
特に印象に残ったものを。

bookTVLIFE
"We can't stop loving you,SMAP!"
~さよならなんて言わない、SMAPへ、愛を込めて~

見開き2頁に大きく5人のグラビア~すました決め顔ではないそれぞれメンバーらしい表情がいかにもSMAP。
そして、テレビ誌の年末年始版に初めて登場したのはTVLIFEだそうで、その時からずっと担当していた編集者が語るSMAPとの思い出。
メンバーひとりひとりへのコメントが温かくて。吾郎のエピソードもとっても嬉しい。
本当にSMAPに接していてくれた人だからこその言葉だなと嬉しく思いました。

book月間ザ・テレビジョン
「不機嫌な果実スペシャル」
年齢不詳な吾郎がにこやかにこちらを見て笑っているグラビア。
インタビューでは不機嫌な果実について、航一のキャラクターについてなど。
17年の抱負としては「僕らの仕事はこの人にこの役をやらせたいと思ってもらえる事が全てなので、日々人間を磨いておかないと、心も体も。どんどんお芝居をやっていきたい、舞台も映画も」と俳優の仕事について熱く語っていました。

book月間TVガイド
「ゴロウ・デラックス」
お髭の渋い吾郎さんなのに2枚目の写真は超キュート。ギャップ萌えheart04
毎回1時間半くらいの時間をかけてじっくり収録しているというゴロウ・デラックス。
いつも驚くのが無駄のない編集!
吾郎もインタビューで、外山さん、スタッフさんのおかげと言っていますが、もちろん吾郎をはじめとして全員の力・才能・人格の結集という感じがします。

番組が始まった時すら、そしてその後もずっとTV誌でも取り上げてもらえていませんでしたが、このところ急に雑誌で取り上げてもらえるようになり大感謝です。
もっと多くの地域で放送になりますように。
吾郎も言っていますが、長寿番組になりますように油断せずに応援続けないといけないですね。

bookanan
稲垣吾郎のシネマナビSpecial!

*2016年ベストムービー
1位:「消えた声が、その名を呼ぶ」
2位:「ディーパンの闘い」
3位:「素敵なサプライズ」

まず、グラビアの吾郎に目を奪われしばらくは内容が入ってこなかった。
お髭の吾郎が細かい千鳥格子のツイードのスーツで椅子に座っている。
・・・どこの大学教授ですか?映画などで観てみたい。こういう役。

今年、感動したりテンション上がったりした映画はいくつもあったけど、それらは一般にも知られて話題になっている作品だったので、地味だけどずっと心に残っている映画を紹介したという吾郎。
1位・2位の作品共に、大量虐殺でバラバラになった家族を探す旅や内戦が続く祖国から脱出するお話だったり・・・今まであった生活を壊され失ったもの新しい地を求めて生きる人たちの壮絶なストーリー。
2016年この年に、この作品を選んだ吾郎の心境を少しだけ考えてしまいました。
3位は、変な(笑)設定とは言え、ラブコメで良かった。
2017年、良い年になりますようにと思わずにいられなかったです。

book別冊宝島「ありがとう!SMAP」
解散前提としたこの本をここに載せては怒られてしまうかもしれませんけど、媚びない率直な言い方が私は好きです。
SMAPについてシングル曲アルバムについていろいろな方が書いています。
SMAPのファン層に合わせたのか字が大きいのに笑いました。
少し落ち着いたらゆったりした昼下がり、この本を片手にSMAPのアルバムをはじめから聴くのもいいなと思いました。
どうなろうとSMAPの28年は消えないですし、5人(6人)で歌ってこそSMAPの曲だと思いました。

|

« ゴロウ・デラックス 12月15日(#231) | トップページ | SMAPXSMAP 12月19日 »

Goro」カテゴリの記事

SMAP」カテゴリの記事

雑誌」カテゴリの記事

コメント

数々の雑誌の紹介ありがとうございます!買いそびれた物もあるので、要点を書き出していただけると本当に助かります。

特に吾郎さんの17年の豊富はいいですね。舞台、映画、ドラマでの活躍に期待しています。

SMAPとしての28年間は解散しても、彼らの功績は人々の脳裏から消え去ることなく残って行くでしょう。それだけ大きな存在だったということですね。ファンのみならず、SMAPに携わってきた人達の想いと共にそれぞれの道で活躍していって欲しいです。

始まりがあれば何時かは終わる時がくるとは予測していたものの、この終わり方は誰もが納得していないでしょう。彼らが今まで以上に活躍してこそ、ファン、SMAPに携わってきた関係者の方達の納得を得るのではないかと思うのです。

雑誌の掲載もこれで終わるのではなくずっと5人の近況を追い続けファンに報告して欲しいですよね。

吾郎さんには今まで通りの才知で新しいお仕事にも挑戦していって貰いたいです。

投稿: あや | 2016年12月20日 (火) 15時35分

bookあやさま
コメントありがとうございます。
やはり年末になって急に出てきましたね。
長年SMAPと仕事をした方にも、いろいろな思い出がありファンとはまた違った思いもあるだろうなと思いました。
若い人達は、生まれた時から当たり前のようにSMAPがいたのですし、人それぞれいろいろな思いがあるのだと思いました。
SMAPの名前や記憶を消そうとしても、そんな事は不可能ですね!

2017年の抱負、いつもと変わらない吾郎のしっかりした言葉がとても嬉しかったです。
ただただ、これからの活躍を祈るばかりです。

投稿: サイトー | 2016年12月21日 (水) 11時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ゴロウ・デラックス 12月15日(#231) | トップページ | SMAPXSMAP 12月19日 »