« 映画「笑の大学」 | トップページ | ananシネマナビ 2017年1月11日号 »

2017年1月 6日 (金)

編集長 稲垣吾郎 1月5日

1月5日創刊号【目次】 
clip今週の特集!美肌に効く温泉、玉造温泉
*お雑煮~お正月の過ごし方
*ドラマ「不機嫌な果実スペシャル~3年目の浮気」
*U2 ”Walk on”
*テストの時に聴く~SMAP ”Moment”
*ChariceFar As The Sky” ドラマ「ブルドクター」の思い出

musicCARNIVAL

編集長 稲垣吾郎です。
さあ、本日から装いも新たにスタートしました。
ホームページなどでもご存じだと思いますが、僕が女性誌の編集長になって興味のある事を深く掘り下げていくという番組です。
まあ、基本的にはいつもの吾郎さんと変わらないんですけれども(笑)番組の・・・ちょっとタイトル変わると、ちょっとこっぱずかしい感じがありますよね。
まぁ、新たなるモチベーションで僕も頑張っていきたいなと思うんですけれども。
その編集長を僕として、その・・雑誌を作っていくという。ラジオの前の皆さんは僕と一緒に雑誌を作っていくという気持ちになっていただき、番組に参加していただきたいなという~
はい、実際に今ある・・・数多くある女性誌、いろんな雑誌、情報誌、いろいろありますけれども、まあそこからページのオファーとか頂いたら嬉しいですよね。
ないと思いますよ、編集長 稲垣吾郎って、このタイトル。ラジオのタイトルっぽくないもんね。
僕、最初どうかなって思ったんですけど、このタイトル(笑)。
ま、でも何かスタッフの方々とね、新番組でタイトルを変えるという会議をした時に、何かもう・・・いくつかタイトル用意されていたんですけどね、スタッフの方が絶対「編集長 稲垣吾郎」でいきたいみたいな雰囲気がすごい強かったんですよね。
まぁでも実際何か・・:このタイトルいいんじゃないかなって、はい、あの~思い始めてる感じですね、僕の中では。
実際、あの~雑誌を作るとかって僕も興味ありますし、確かに女性誌とかよく読みますしね、やっぱりこう・・・深く掘り下げてますよね、ほんとにね。
ま、そんな雑誌のような番組を作っていけたらな、と思ってますので、はぁい。
さ、という事で、まず最初の決め言葉ですね、こちら。
では、編集会議を始めましょう!

【GORO's Column】 (ゴローズコラム!は女性の声)
loveletter稲垣吾郎新編集長、こんばんは。お正月にはお雑煮を食べる家庭が多いと思いますが、吾郎さんが好きなお雑煮には何が入っていますか?ちなみに私の家は、醤油ベースで餅とゆずと三つ葉が入っています。
これは、ラジオネームなおさんからのメールでした。
はい、そうですね、お雑煮ね。う~ん・・・そうですね、ウチは関東なんでね、関東ベース・・あっさり系が多かったんですけども、何か・・・いろんなお友達が増えていくに連れて、あの~味噌ベースの関西のお雑煮って美味しいんだなって気づき始めて。お正月にはだいたい、あの~僕もよく話している3歳児の娘さんがいる僕の親友の家に、お正月遊びに行く事が多いんですけれども。その家に行っても、集まる人の中で、やっぱり関西出身の人とかいるので、何か味噌のね、どっちかっていうと白味噌ベースっぽいですよね薄味の・・・なんかもいいなぁと思ったり、最近はしてましたけどもね。ホント楽しいんですよ、お正月に友だちの家に集まるっていうのが。何かみんなそれぞれオリジナリティ溢れるおせちを持ってきてくれたりとか、で何か一人お友達で秋田県出身の人がいるのでね、そのお友達は秋田のねホントに農家のおばあさまが手作りで作ってくれたようなきりたんぽを持ってきてくれたりして。きりたんぽの鍋をしたりとか。関西出身の友だちは自分のオリジナリティ溢れた味噌ベースの関西のお雑煮を作ってくれたりとか、僕なんかは頂き物のおせちを持っていったりとかして、結構集まるのが行事になってるんですけどねぇ。まぁあの3歳児の僕の・・・自分の娘のように思っている子供がいらっしゃるので、ねぇ、あの~いつもその子と遊んで僕は癒やされてる時間を過ごしているんですけれども。はい、そんなお正月ですけれどもね。僕にとっては。

pen本当に楽しそうなお正月。
そして、”ボクの娘のように可愛がっている女の子”・・・是非、柱の陰から見てみたい。
美しくてカワイイ光景なんでしょうね。

それではここで1曲お聞き下さい、U2で”Walk On”

musicWalk On U2 東日本大震災のチャリティー・アルバム『SONGS FOR JAPAN』より)

【GORO's Search】
という事で(笑)あの~・・番組のアタックって今初めて聞いてるんですよね。これ、何かいろんなパターンで「編集長 稲垣吾郎」ってナレーションで入れて、それをスタッフの方がこうやってミックスしてね、あの~アタック作っていただいているんですけれども。
あ、こういう使われ方してるんだなとか、最後の「ゴローズ サ~チ」って面白いですね。「(偉そうな言い方で)編集長 稲垣吾郎」(笑)って・・・なぁ~んでこんな喋り方したのか(笑)分かんないんですけどね、まぁ何かだんだん耳に慣れてきて(笑)いくといいかなと思うんですけれども。まだちょっと・・・多少若干の違和感を感じながら今収録させていただいているんですけれども。

 さぁ、という事で「ゴローズ サーチ」、ね、コーナーです。
お正月はですね、皆さま、ま、もう5日で、あの~そろそろお正月気分からも離れて少しずつ気持ちを切り替えていかなければな~っていう、ちょうど今それくらいの時期だとは思うんですけれども。まぁ、その正月にね、結構皆さんいろいろと旅行に行かれる方も多いと思いますね。まぁ僕は先ほども話しましたけれども、今年はあまり旅行とかも行かずに、とにかくお友達の家に居座ったという・・ね、感じだったんですけれども。
あの~~~日本の旅行だと、ねぇ、あのぅ・・一つ、こう冬ですし、何か温泉!?温泉街でのんびり過ごす方も多いと思うし、いいんじゃないのかなっていう・・・で、あの僕自身も温泉、興味あるんですけれども、あんまり詳しくないんですね。
はい、温泉と言えば、やっぱり美肌ですからね。ちょっとこの番組のファンの方にも紹介したいなというのがいくつかありましたので、ちょっと調べさせていただきました。
ま、そこでですね、温泉総選挙2016というのがありまして、そこで環境大臣賞うる肌部門1位となったのが、実は島根県松江市の玉造温泉、そこで玉造温泉観光協会の角幸治さんにお話を伺いたいと思います。

【吾郎】え~もしもし!
【角】もしも~し!
あは~(笑)すごい、ラジオっぽい。初めまして!
あ、どうも~はじめまして。
稲垣吾郎と申します。
感動してます、稲垣さんだ。ホンモノの。
いやいや、僕もまさか角さんをお話できるとは。
いやいや(笑)
角さんって誰なんだか分からないんですけど(笑)。
(笑)光栄です。
いや、こちらこそ。この番組第1回目の電話ゲストとして参加していただき~
ありがとうございます。
ありがとうございます。それは・・・何はともあれ、去年の総選挙受章おめでとうございます。
ありがとうございますぅ~
あるんですね、こういうものが。
ええ、初めて・・・僕らも初めて去年ね、エントリーしましたけれども。国がこうやってね・・・私たちの取り組みを評価していただけたのはホントに嬉しく思っております。
そうですね・・これ、あのうる肌部門っていうのはいろんな部門があったんですか?総選挙の中で。
はい、健康部門とか、女子旅部門とか、インバウンド部門とか8つあったんですよ。
あ、あるんですね、レジャー部門とかファミリー部門とか、ここにもあるんですけれども。でもこのうる肌部門っていうのは、まさに女性にとっては一番・・・この番組にもすごくぴったりだなと思いまして。(角さん、はいとかなるほどとか相づちもしっかりしてくださる)
女性を美しくしていこうという、まぁ・・・番組でもあるので(笑)~
で、玉造温泉というのはどちらにあるんですか?

はい、島根県ですが、島根で言うと多分出雲大社が一番有名なんじゃないかと・・・縁結びの。その出雲大社からだいたい車で1時間圏内ですので、東京とか都会の方は出雲大社の縁結びと美肌温泉の玉造温泉というようなセットで旅行来られる方が多いです。
ええ~じゃぁ、もう温泉好きの人は、これ常識というか皆さん知ってるんですね。
割とね、多いと思うんですよ。で、東京からも飛行機使ってもらうと羽田空港から1時間で最寄りの出雲空港に着くんですよ。
1時間で!?
はい、1時間で。都内からですと2時間もあれば玉造温泉着いていると・・・あの来た方は「意外と近いね」という感想が・・
ねぇ、2時間だったら別に関東周辺の温泉に車で行ったら・・修善寺とかでもそれくらいかかりますからね。あ、そうなんだ・・・
まぁでもいろんな美肌の湯っていうのは日本各地にあると思うんですけど、こちらの玉造温泉の効能というか特徴は、どういったものなんですか?

はい、あのコスメで言うと化粧水って皆さん言われます。洗顔石けんとかクレンジングとか保湿クリームとかいろんなのがありますよね。その中でも玉造は潤いを与える化粧水の役割が強いと。
僕もあの~唯一行く温泉がありまして長野県の佐久平・・あの僕の大親友のヒロくんというおじさんがいるんですけど、そのヒロくんの仕事先が長野県にありまして、よくその佐久平に行くって話してるんですけども・・・すっごく濃いんですよ。何かカフェオレみたいな色してて、(ああ~なるほど)そこの五右衛門風呂みたいな小さいカフェオレのお湯の中に僕とヒロくんがくっつき合って入っているんですけど(角さん、平然と、はいはいはい)・・・はい(笑)。(笑)
結構、そこいいんですけど、でもやっぱちょっと湯あたりっていうのかな、刺激が強い感じがあって・・・大好きな温泉なんですけど。

あの小分けするといいって言いますね。5分とか入って上がって・・・とか、1時間2時間おいてからまた入るとか。10分くらい入っちゃうと、一気に成分が肌から入ってくるので気持ち悪くなったり。
濃いっていうのは、いい事もあるけど使い方なんですね。
そうですね、はい。何回も入った方がいいですね。
でもこの玉造に関しては、ちょっと薄い・・化粧水のような。
ほどよい化粧水なんですね。浴槽のお湯が全部化粧水だと思ってくださいと言われました。

へ~え、詰めて持って帰りたいですね。
あ。それもねぇ~~できるようになってるんですよ~専用ボトルがあったり、持って帰って使えるようにコスメになってたりとか。
へぇ~でも実際皆さん効果あるから・・・女性はだってそういうところ厳しいですものね。その・・評価聞いて来てもさ、実際キレイにならなかったら、すぐプンッとされちゃいますものね。
効果的な入浴方法ってあるんですか?

はいはい、玉造温泉は化粧水なのですが、お顔も潤したいじゃないですか、タオルパックという方法があるんですよ。これ、超簡単なんですけれども、温泉の桶かなんかに綺麗なところから、お湯汲みますね。そこにタオル軽く浸し、軽く絞る~と。そのホカホカのスチームみたいな奴を顔にこう当て・・・30秒くらい。毛穴が開きましてね~美肌成分とかメタケイ酸(温泉に含まれる美肌成分)とか入っていって、30秒5回くらい繰り返してもらうと・・・明日の朝が。
すごい事になっている!
はい、化粧のノリが良くなっていると。はい、らしいです。
角さんも肌キレイなんじゃないですか?
あ、僕もおかげさんで、ちょっと若く見られます。
でもありますよね、絶対ね。
温泉地の人、皆キレイでね、お肌が結構ピカピカしてる・・・
やっぱりお肌大切ですからね。美しさとか清潔感とか・・印象も変わってきますからね、人の。自信にも繋がるしね、女性だったら。
これちょっと・・・行きたいです、僕。

ああ是非、お待ちしております。
角さん、ちゃんと迎えて下さい、僕の事。
ああ、写真一緒に撮らせてください。
ああ、いいですよ、写真も~
ホントは今日も「ずるいなぁ」って言われて・・・一人だけ稲垣さんと喋れて・・
いやいや光栄です。
じゃ、もし来られた時は是非。良かったら五右衛門風呂みたいなのに一緒に入らせてもらって。
あ、それはヒロくんだけでいいので、僕。(笑)幸治くんはいいです(笑)。
(笑)いいですか(笑)・・・ありがとうございます。
ハルくんは写真だけで(笑)。
じゃあ、ホントにご協力ありがとうございました。

ありがとうございました。
はい、失礼いたします。

以上、ゴローズサーチでした。

pen大人男子二人による電話での温泉美肌談義、吾郎はラジオ番組内での電話という事でテンション高めテンポ良く、角さんもお話し上手でノリがいい・・・とても楽しかったです。
吾郎の話はいつも無駄がない。生放送でもイケるのではないかといつも思います。
このコーナーは雑誌の巻頭特集みたいなものなのでしょうか。
気になった事柄を更に自分で調べてみたりすると更に面白くなりそう。
今回は「メタケイ酸」とか(笑)。
今後も期待のコーナーです。
いろいろなゲストを呼んだり電話かけちゃったりするのも面白そう。

【Goro's Break Time】
北海道やえこさん18歳からのリクエストメールです。
loveletter私が吾郎編集長にリクエストする曲は、SMAPさんのMOMENTです。私はかつて大学のセンター試験や高校の受験シーズンは毎日この曲を聴いてきました。サビのフレーズに登場する”この一瞬のために”という歌詞がとっても自分の中で励みになりました。もうすぐ私は大学のテスト期間に入るので、編集長稲垣吾郎でかけてくれると嬉しいです。
はい、あの頑張ってください。もうすぐですもんね。この曲を聴きながら頑張っていただければ、良い結果になるんじゃないかなと祈っておりますので、頑張ってください。
やえこさんからのリクエスト、SMAPでMoment

musicMoment SMAP (2012年8月1日発売 SMAP48枚目シングル)

SMAPでMomentでした。

【Goro's Essay】
そう、この最後の「ゴローズエッセイ~♪(女性の声で)」という言葉が凄い気になってしようがないんですけどねぇ~言ってる方どなたなんでしょうね(笑)。ねぇ、何かちょっと綺麗な女性な感じが・・イメージしちゃいますけども。
さぁ、この「ゴローズエッセイ」ではですね、仕事の話やプライベートの話にお答えしたいと思います。
千葉県にお住まいのちょびはげ男子さん。

loveletterドラマ「不機嫌な果実スペシャル~3年目の浮気」が1月6日と1月13日に2夜連続で放送されますね。今回から新たに山本裕典さんや南沢奈央さん、MEGUMIさんが出演されるという事で、新キャラクターにも注目しています。ドラマの見どころなどがあれば教えてください。
はい、そうなんですね1月6日、明日になりますね・・・はい、放送でスペシャル。なかなかドラマでスペシャル化って珍しい・・・あ、僕の中で珍しい事だったので凄い嬉しいんですども、まぁもちろん撮影の方は終わりまして。
いや~~これは相変わらず・・ねぇ、航ちゃんハチャメチャにやってますよ。もう・・笑って泣いて・・もう凄いことになってますね、これは。
山本裕典さん、ね、今回ゲストで・・栗山さんの相手役と言っていいのかな・・出てくるので、とんでもない事がまた繰り広げられていくんじゃないかなと思いますし・・・すごい楽しかったんでね、やりたい放題やっているので、もうね、このドラマ独特な全員がちょっとどうしようもないという・・普通ドラマって誰かに感情移入してみたりとか、どうしようもない人間がいる中で、そこを制する人間がいたりとか・・まぁボケと突っ込みがいるじゃないですか、ちゃんと。このドラマに関しては視聴者が突っ込みで、出てる出演者が全員ボケになってしまうので。まぁでも何かそういう新しいパターンのドラマだし、ねぇ、気楽に楽しんでいただければなぁ(笑)という感じで2週続けてなのでね、また皆さんに観ていただきたいなと思います。
以上、ゴローズエッセイでした。

【GORO's Music Library】
さあ、ここで僕のミュージックライブラリーから1曲、お聞き下さい。
シャリースで Far As The Sky

musicFar As The Sky Charice  (2011年放送(日本テレビ)ブルドクター」主題歌)

さあ、これはですね、2011年7月日本テレビ系ドラマ「ブルドクターの主題歌だった曲ですね。覚えてますか?皆さん、ブルドクター。
ねぇ、江角マキコさんが主演で僕は江角さんの同僚で、ちょっと・・江角さんにやたら突っかかる役だったんですけど、まぁこれは死因を調べるために情熱を燃やす法医学者の生き様を描いた医療ドラマだったわけですけどね。恋人役に石原さとみちゃんがいたりとか・・して。何か江角さんと石原さとみさん・・女性二人に挟まれて、いつも聞き役とかになっていた(笑)気がして~でも凄い何か3人仲良くなれましたし、懐かしいですね。
女優さん二人と・・何か3人だけでご飯を食べに行くって事が・・僕は今まで・・まぁ、二人っきりだったら(笑)まぁいろいろ(笑)あったんですけども(笑)・・・女優二人に囲まれて食事に行ったりとかいう経験が今までなかったのでね、そういうプライベートでも3人でそういう機会を設けたりとかあったので、すごくそれも印象深いなと。
まぁ、江角さんは僕がホントに24歳くらいの時から共演させていただいているのでね、何か・・・さとみちゃんもそうですけど、あの何か3人の友情が面白い感じだったので、何かまたお会いしたいですよね。共演できる機会があればいいなぁといつも思っているんですけれども。

musicL-O-V-E

さぁ、という事であっという間にエンディングですね。
いや~何か楽しいですね。新しいパッケージで。はい、あの電話で・・ゲストの方というか・・お話できるっていうのが、久々ですよね。何か前よくファンの方とね、STOP THE SMAPの時お話しさせていただいたりとか、あったんですけど。
ねぇ、何か今後いろいろちょっと・・いわゆるラジオとしてはベタですけれども、電話を使ったりとか、まぁね第3者と・・僕一人でこうやって喋ってるのではなくて、お話したりとか、もちろんゲストの方を迎え入れたりとか、いろんな事をやっていきたいなと思ってるんですけれども。
皆さんからのメッセージお待ちしております。
季節感のある話とか、ちょっと僕に聞いてみたい事がある方は、
Goro'sColumnへ。
そしてですね、特集コーナーに取り上げて欲しい事があれば、
Goro'sSearch
そしてリクエストは、
Goro'sBreakTime
そして仕事やプライベートの場合は
Goro'sEssayへ、お便りお願いいたします。
メールのアドレスは、
goro@joqr.net です。お葉書の方は郵便番号105-8002 文化放送「編集長 稲垣吾郎」まで。
お相手は吾郎編集長こと、稲垣吾郎でした。
それでは、また来週!バイバ~イ♪

pen「編集長稲垣吾郎」第1回目放送分、まだ完成形ではありませんが、少しずつ工夫していけたらと思っています。
冒頭は”CARNIVAL”、ラストは”L-O-V-E”~と、どちらも吾郎がカバーした曲がかかっていて、とても嬉しい。
でもSMAPの曲をリクエスト曲としてかけるのは良いけれど、番組に使ってはいけないのかしら。生で歌ってくれればいいのに!
ドキドキしながらの第1回でしたが、吾郎さんが言っていたようにSTOP THE SMAPのテイストを残しつつ新しいコーナーを入れて、とても刺激的で楽しい30分でした。
公式ページも番組終了後、「編集後記」も書かれているので、私たちも負けずに応援していきたいと思います。

編集長 稲垣吾郎公式HPはこちら

|

« 映画「笑の大学」 | トップページ | ananシネマナビ 2017年1月11日号 »

吾郎ラジオ」カテゴリの記事

コメント

「編集長稲垣吾郎」、始まりましたねぇ。どんな内容、企画なのか分からなくて、応援メッセージだけは送りましたが、聞いていて吾郎さんらしくてとてもお洒落で楽しかったのでほっとしました。まだまだ続く憶測、妄想と悪意さえ感じる記事。そういう外野の喧噪が嘘のような品の良い吾郎さんならではのトークを聞いていると心が洗われますね。

ストスマのスタンスを崩さず、新しい試みに挑戦する企画は素晴らしいですね。玉造温泉の名は知っていましたが、化粧水にしても良いというような名湯だとは・・・勉強になりました。温泉広報の角さんとの電話でのやり取りも、話上手ですよねぇ~。初めての方との会話を滞る事無く、あれだけ楽しそうに相手の心を掴む術は天性のものもあるのでしょうが、心がぶれずに綺麗なんでしょうね。魅力的な人です。
リクエスト曲もSMAPの曲を流してくれたし、以前のSMAPの枠を飛び越えて吾郎さん独自の自由でのびのびとしたお話、企画で盛り上がりそうな予感がする創刊号でした。採用されるよう何か知恵を絞って企画書を提出したいですね。編集長がどれを採用するか迷うくらいに案が集まる事に期待して頑張りましょう。

投稿: あや | 2017年1月 7日 (土) 11時56分

chairあやさま
コメントありがとうございます。
素敵な番組が誕生しましたね。
雑誌を作る編集会議~テーマは限られているのに、扱う事やできる事は限りなく広がるって凄いなと思いました。
相手に安心感を与え自然にお喋りさせてしまう吾郎さんの話術を使って、いろいろな方に電話するのも面白そう~とか、本当に雑誌にしてもらいたい~とか、いろいろ妄想が広がります。
SMAPの曲も嬉しいですし、吾郎さんが選ぶ曲にとても興味があります。
創刊号からのたっぷりなお喋りも嬉しかったです。
たくさんお便りを出して、応援していきたいですね。

投稿: サイトー | 2017年1月 8日 (日) 00時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 映画「笑の大学」 | トップページ | ananシネマナビ 2017年1月11日号 »