« ゴロウ・デラックス 1月26日(#235) | トップページ | 編集長 稲垣吾郎 2月2日 »

2017年1月31日 (火)

ゴロウ・デラックスを応援するために

時々、内容を更新いたしますが、更新したら2~3日の間、トップに置かせていただきます。

apple2011年4月に始まったゴロウ・デラックス、最初のゲストは西村賢太さん。
芥川賞受賞後、ゴロウ・デラックスに出演。すっかりそれが話題になって、「本を読みましたよ」ではなく「ゴロウ・デラックス見ましたよ」が挨拶になった頃もあったようです。
その後はいろいろなジャンルの本を紹介、ものすごくマニアックな雑誌などから伊集院静さんのような大作家さんまで。
漫画家さんの仕事場訪問なども楽しいですし、内容の振り幅の広さも素晴らしいです。
その後はテレビには滅多に出られない作家さんがゴロウ・デラックスだからと出てくださる番組になりました。
芥川賞・直木賞受賞作家さんがペアでご出演が恒例になり、今回は逆に選考委員である浅田次郎さんに選考会のお話を伺ったり・・・
1冊の本について、その作家をゲストにお迎えして本について作家活動についてお話をお聞きするという基本はずっと変えずに、今年の4月で7年目を迎えます。

吾郎さんも外山さんも、ゲストに好きなようにお話していただく姿勢なので、ゲストの方も徐々にリラックスして楽しいお話が伺えます。
番組が進めたい方向に台本通り誘導する方が楽だと思いますが、二人ともしっかりと深く課題図書を読み込んでいるからこそ出来る形式なのではないかと思います。

遅い時間ではありますが、だからこそ内容も比較的自由に数字を気にせずにできるのではないでしょうか。
2016年4月21日のお花見で、羽田圭介さんが

「地上派のテレビというところで、稲垣さんのカリスマ性で一般の人をたくさん集めてもらって、そこで真面目な本の話をするってなると結構凄い影響大きいんですよ。ほんとに小説家にとっては貴重なありがたい番組ですね」
とおっしゃってました。
BSだと全国で見られるのかもしれませんが、地上波という所も大きな意味があるのかもしれないですね。

まずはTBSのゴロウ・デラックスが続くように応援するのが重要だと聞きました。
もちろん、未放送地域のTV局にお願いのメールやハガキを送るのも大切です。

【ゴロウ・デラックスを応援するために】

・番組を見たら、直ぐに意見を送る。
・新聞に投書を送る。
・放送後できるだけ早く、本を買う、または図書館で借りる(予約する)。
・テレビ局の編成宛てに、応援のハガキを送る。
・ゴロウ・デラックス公式サイトをこまめに訪問する(アクセス数を増やす)。
・ツイッターでハッシュタグを付けて呟く。
・ゴロウ・デラックスについてのツイートをどんどんRTする。
・ゴロウ・デラックスだけではないですが、Twitterで関連記事を紹介ツイートするときは、内容を全部書かずに元記事をクリックして読んでもらうように誘導する。(記事やサイトへのアクセス数も大切)
・書店に、紹介した本に「ゴロデラで紹介」のポップを付けて貰ったり、ゴロウ・デラックスのコーナーを作ってもらうようお願いする。
・TBSさんにゴロウ・デラックスのオンデマンド放送をお願いする。
・現放送地域でももっと視聴を増やすために、番組スポットCMを流してもらうようお願いする
(放送終了後、作家ファンの方からの見逃して残念な声をたくさん聞きます)
   
*この先はコメントから引用させていただきました~
Twitterをされている出版社・編集の方へのリプライはこまめに。
・作家さんご本人へもちょっとハードルが高いけど、感想など送る。

・TV誌などのアンケートには必ず「ゴロウ・デラックス」の事を書く。
・作品を読んだら、感想を編集部へ、その時はゴロウデラックスの事も添えて・・・
・放送後の感想は番組公式だけでなく、TBSのご意見お問合せの方へも送る。

TBS TV番組へのご意見お問合せはこちら
 ・番組で扱った本を買ったらすぐにハッシュタグを付けてTwitterで「ゴロデラを見て買った」報告を~出版社のアカウントさんが見つけてくれます。
出版社や作者本人へのツイートがハードル高い方は、ゴロデラの名を入れて感想ツイートする

番組で取り上げて欲しい本や作家さんをゴロウデラックス宛や出版社編集部宛にリクエストしたりハッシュタグ付けてつぶやく
・Instagramなどもどんどん活用する。
・Yahoo!などで吾郎さんについての記事が出た時には、1行でも良いのでコメントをする(そう思う・思わないの数よりも、コメント数が大切だそうです)
・YahooTVの見たい!にゴロウデラックスを登録して感想を書く、また「共感する」に1票。

私はハガキに宛名を印刷しておいて、いつでも気軽に出せるようにしています。
ツイッターについては、まだの方は吾郎応援のためだけでもアカウントを作って欲しいなと思います。正直なところ、数が欲しいです。
確かに付き合いは面倒なところはありかもしれませんが、吾郎の良いニュースや嬉しい感想など他の人の呟きをリツイートするだけのアカウントでも良いと思います。

有料ですが、放送批評懇談会の会員になりゴロウ・デラックスに投票する~なんていうのもあります。

また、他にもありましたら、どんどん教えてください。
上に加えさせていただきます。
どうぞ、よろしくお願いいたします。

|

« ゴロウ・デラックス 1月26日(#235) | トップページ | 編集長 稲垣吾郎 2月2日 »

ゴロウ・デラックス」カテゴリの記事

コメント

 サイトーさんありがとうございます!他局での本を扱った番組が特番的だったり、縮小されるなか、地上波で続いてるということは何としても継続していかなくてはと思います。多彩なキャラクターからバラエティに出ることの多い作家さんも、この番組では真摯に作品について語っているという貴重な番組です。
 ちょっと直接的ではないかもしれませんが、いろんな角度からも応援できますね。私はTV誌などのアンケートには必ず「ゴロウ・デラックス」の事を書いています。Twitterをされている出版社・編集の方へのリプライも大丈夫ですよね。作家さんご本人へもちょっとハードルが高いけど、感想なども。作品を読んだら、感想を編集部へ、その時はゴロウデラックスの事も添えて・・・。これは、まだ出演されていない作家さんにもできますね。応援がんばります。
 

投稿: 柊 | 2017年1月31日 (火) 06時45分

apple柊さま
コメントありがとうございます。
確かにおっしゃる通り、純粋に本を扱う番組というのは貴重であると同時に続けていくのが難しいのかもしれませんね。
毎週、いろいろなゲストをお呼びして、今回の浅田次郎さんのようにオファーし続けようやく念願叶ったり、「1冊の本を紹介する」という基本は変えずにロケをしてみたり、実際に何かをやってみたり~というスタッフさんの熱意も素晴らしいですね。
応援方法もありがとうございます。
ゴロウ・デラックスで扱っていない作品への感想にもゴロウ・デラックスの事も書くって素晴らしいですね。
本文の方にも引用させていただきます!
ありがとうございました。

投稿: サイトー | 2017年1月31日 (火) 09時52分

サイトーさん

ありがとうございます!「ゴロウ・デラックス」の評判を受けて同じような番組が出来ましたが、継続は難しかったようですね。伊集院さんが「ゴロデラ」ご出演の後、著書の宣伝の為に他の番組に出られているのを見ましたが、「ゴロデラ」のような雰囲気ではなく、MCがとても目立つていたような印象でした。作家の方達や出版社の編集者の信頼を得るには生半可の事では出来ませんね。吾郎さんがゲストの全てを事前にリサーチして本を熟読し、深い敬意を持って収録現場に臨んでいるからこそ、今まで出演された作家、付き添った編集者のクチコミでこの番組の素晴らしさが業界に伝わっていると聞きました。あの時間帯はそういう業界の方達が仕事をしながらリアルタイムで見るのに丁度良い時間でもあるようで・・・読書愛好家、吾郎ファン向けと同時に今や玄人向けの番組になっているようです。

サイトーさんが上げてくださっているように番組を見た感想、反応は早い方が良いですね。私は公式に送ると同時にTBSのご意見にも送っています。公式は担当者のみが読む可能性が高いので、ご意見には時々編成局宛に書いたり、要望も入れるようにしています。

地方局への放送要望も勿論大切ですが、キー局の放送をもっと盛り上げていくことで、地方の書店の協力が得られたり、地方局がもっとこの放送に関心を持って貰えるのではないかと感じています。

smapショップが全盛の頃、長蛇の列の中、忙し気にメールのやり取りをしているファンを見て、制作会社勤務の友人の一言「あの中の一人でもいい、140字でいいので感想を送ってくれたらねぇ~」が強烈に胸に突き刺さっています。

要望が通っても見続ける事、感想を送り続けることですよね。継続は力なり!です。サイトーさんのように声を上げてくださる事が最も大切なことで感謝感激です。

投稿: あや | 2017年1月31日 (火) 10時36分

サイトーさま、いつもありがとうございます。
出版社や作家の方はエゴサーチしているので、本に関してツイートすると気軽にいいね!やRTをしてくださいます。やはりゴロウデラックスや吾郎さんのことを絡めて、ハッシュタグも使って、本の感想をツイートすることが大切だと思いました。
あと、これもTwitterで見つけた応援の仕方ですが、本屋さんで本を探すとき、必ず「ゴロウデラックスで見たのですが…」と店員さんに告げるのも有効だそうです。図書館で顔なじみの職員さんに言ってみるのもいいかもしれません。

私は、自分が知ってる西日本の放送局に重点的にハガキを送っています。良質な番組ですので、もっと広く知ってもらいたいです。これからも応援を続けます。

投稿: りり | 2017年1月31日 (火) 10時55分

appleあやさま
コメントありがとうございます。
本当に素晴らしい番組ではありますが、柊さんもコメントで書いてくださったように、他の本を扱う番組の様子を見るとこういうテーマの番組はTVを気軽に見る層には受け入れにくいのかもしれないですね。
しかし!最初2年くらいは番組改編期に総集編がありましたが、最近はそんなヒマもないくらい(笑)いろいろなゲストがどんどん出演されていて、スタッフ・キャストの熱意とか番組の勢いが感じられます。
数字でしか判断されにくい今、時間帯を弄って内容が変わってしまうより(一度だけの特別編の悪夢が~)今のままでも大切に応援していきたい気持ちが強いです。
とにかく応援し続ける事が大切ですね。
アドバイスありがとうございました、TBSへのご意見も忘れてはいけないですね。こちらもメールで送れますので簡単です。
付け加えさせていただきました。

投稿: サイトー | 2017年1月31日 (火) 10時58分

appleりりさま
コメントありがとうございます。
やはりTwitterは今、手軽に情報を得られるだけでなく今まで不可能だった相手に意見や感想を伝えたりする事ができるのが良いです。
出版社や作家の方に「いいね」やRTをして貰えたら、それだけでも嬉しいですものね。
せっかく誰でも使えるのですから、有効に活用したいです。
そうか!本屋さんでのアピールもいいですね。
理想は定位置に毎週ゴロウ・デラックスで扱った本を置いてもらう事なのですが~~
地方局へのお願いもできるだけ協力していきたいです。

投稿: サイトー | 2017年1月31日 (火) 12時13分

久しぶりにコメントさせて頂きます。
こうして並べてみると応援の仕方もいろいろありますよね。忙しくても必ずひとつは出来そう。あと付け加えさせて頂くならYahooTVの見たい!にゴロウデラックスを登録して感想を書くというのもありますよね。私は別名義でときどき書き込みしてますが、残念ながら件数はあまり多くはありません。いいコメントが浮かばなくても「共感する」に1票入れる、という手もありますね。頑張りましょう!

投稿: みらん | 2017年2月 8日 (水) 10時19分

appleみらんさま
コメントありがとうございます。
YahooTVの見たい!ありますね。
最近は行かなくなってました。大反省。
やはりYahoo!は見られていると思うので大切ですね。
ありがとうございます。
頑張ります!

今、書店にゴロウ・デラックスのコーナー(と言ってもポップを付けてもらうだけでも)を作ってもらいたいとメールを出したりもしています。
こちらも買いやすいですし。
いろいろ頑張って定着させていきたいですね。

投稿: サイトー | 2017年2月 8日 (水) 16時45分

ご提案ありがとうございます。私は、back numberを見て、興味がある作家さんや予告が出ていたら、その都度放送をお願いしています。
最近は、私の地域でもゴロウデラックスが見られるようになり、観たらすぐに、感想を何通も何通も送っています。
ラジオですら、ポップが立ったのだから、ゴロウデラックスも立てられないことはないと思います。アウトレットモール等に入っているご意見箱に、「お店の名前:~書店、意見蘭:ゴロウデラックスで放送された本の所に番組で取り上げられました、というポップスを立ててください」と投書するのもありかもしれませんね。継続のお願いもそうですが、私と一緒に地域放送の拡大のお願いも手伝ってくださいw。
解散するけど、番組継続と安心しきっていましたが、新年度への番組改変期の時期なんですね。時が経つのは早いですね。吾郎さんの姿をずっと観たり、聴いたりできるように応援しましょうね。

投稿: ルー | 2017年2月11日 (土) 23時21分

appleルーさま
コメントありがとうございます。
ルーさんの地域も最近見られるようになったんですね。
確かに、ラジオでもポップが立ったんですから、テレビで30分その本について取り上げたのならポップくらい付けても良いですよね!
今はなかなか本も売れないそうですし、だからこそこういう番組を広める事によって本好きを開拓する方法もあるのに。
地元の本屋さんにお願いのメールを出しましたが~
なかなか返信はいただけません。
できる事を毎日少しずつでも実行しようと思います。

投稿: サイトー | 2017年2月12日 (日) 21時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ゴロウ・デラックス 1月26日(#235) | トップページ | 編集長 稲垣吾郎 2月2日 »