« 稲垣吾郎の楽屋を一人で訪れた放送作家が驚いた、思いがけない一言とは・・・ | トップページ | ゴロウ・デラックス 2月16日(#238) »

2017年2月17日 (金)

編集長 稲垣吾郎 2月16日

2月16日号【目次】
clip今週の
【GORO's Search】東京マラソンを前に千葉真子さんにマラソンの魅力について伺う。
*読者投稿コーナー・・・リスナーから編集長へお礼のメール
*番宣での失敗談
*松方弘樹さんの思い出
*
Runnin' Down A Dream/Tom Petty
*笑顔のゲンキ
/SMAP
*
TAKE FIVE/JUJU

稲垣吾郎です。
僕が編集長となって皆さんと一緒に女性誌を作っていくというラジオ番組、今週はどんなネタが届いているんでしょうか。
さあ、それでは編集会議を始めましょう。

【GORO's Column】 
コラムメールをご紹介します。福岡県ののんちゃんさん62歳の方です。
loveletter編集長、ご紹介してくださった草鍋は家族にも大好評でした。美味しいお汁が残ったので、うどんを入れて食べました。次の日に残ったお汁にまた野菜を入れて食べたりもしました。
ありがとうございます。鍋ってね、何かまた活用できますよね、次の日にいろんな出汁が出てるお汁美味しいですから、またそこにね野菜を入れたりできますし、う~ん、健康にもいいし、あったまりますし、ねぇ、僕もやってますので。
まあ、あのホームページのレシピ、皆さん参考にしていただいて作ってみてはいかがでしょうか。以上、ゴローズコラムでした。

musicRunnin' Down A Dream Tom Petty

【GORO's Search】
さぁ、ゴローズサーチに届いたメールをご紹介いたします。ラジオネーム抹茶大好きさん。
loveletter
私の夫はフルマラソンにも出る位走ることに夢中なのですが、シューズが多くて困っています。練習用と大会用と常時8足はあります。
ほほぉ~凄いですね。僕もマラソン好きですけどね、ジョギング・・・マラソンっていうかジョギング。軽く走る事は僕も好きなんですが・・・8足って凄いですね。
8足って・・・違うんですかね、練習用と大会用と。
僕もあんまり、その・・シューズにまで拘りが・・そこまで、まぁ・・自分の足にあったものを履いているつもりではいるんですけど。
よく言いますよね、大会の時と練習の時と違うとか・・ね。マラソンのランニングシューズだけでも多分いろんな種類があるんでしょうね。その・・こういう時に向いているとか、練習に向いているとか、走る場所とかね、きっとあるんでしょうけれども。
・・・という事で、そういえば東京マラソンがそろそろですね、2月の26日日曜日という事で、今年はしかもですね、コースが変更されたみたいですね。
ゴールが東京ビックサイトから東京駅前の行幸通りという・・・どちらかと言うと今まではお台場とかの方に行っていたのですが、今回は途中両国とか門前仲町という下町のね、エリアを走るという~東京の昔ながらの歴史ある街並みを楽しみながら走れるコースになったという事なんですけど。
そこでですね、本日はランニングをする女性をはじめ、マラソン観戦をする方にもお薦めのゴローズサーチをお送りしたいと思います。それではゲストの登場ですね。
ランニングの楽しさをですね、千葉真子さんに教えていただきましょう。

[吾郎]もしもし。
[千葉]もしもし、よろしくお願いいたします。
よろしくお願いします。お待たせいたしました。
はい、お願いいたします。
よろしくお願いします。あの・・千葉さんはこの文化放送で番組を持っていらっしゃるんですよね。
そうなんですよ、毎週土曜日の朝6時25分から35分、千葉真子BEST SMILEランニングクラブなんです。トップアスリートから市民ランナーまでの幅広いランニング情報に加えまして、ランニングですとかスポーツを愛する全ての人が参加できるコミュニティーとして月に1回ですね、実際に練習会を実施していましてどなたでも参加できるんです。もちろん私が指導を担当しております。
へぇ~今、流行ってますもんね。(は~い♪)ランニングっていうのは。
一人だとなかなか続かないっていう方もランニングクラブでみんなと一緒なら続けられるかなぁというところも利点ですよね。
いいですね~マラソン。僕もすごい好きではいるんですけれども、全く知識は無いんでね。
いや~吾郎ちゃんがランニングをしていらっしゃったとはビックリしました。
そうなんですよ、僕が街でランニングしてるとみんなビックリして二度見しますからね、僕のこと。
街で走られてるんですか!?
そうですね・・(えええええ~~~!)最近はね、部屋の中にルームランナーを置いてルームランナーの方が多いんですけど、冬場とかは。
ああ、寒いとね、どうしても。
あと、真夏なんかもね。(はい、そうですね、季節とかによって)何か・・僕は走る事が気持ちいいし健康管理の一環として運動として走ってて、あんまり知識もないし、どの位走ればいいのかとか分からず結構走っているんですけれども。何か大切なポイントとか、あるんでしょうかね。
そうですね、やはり効率の良いフォームというのがかっこいい体型を作る事にも繋がっていきますし、楽に走れますよね。
何かね僕もジムに通っていた時に、やっぱりジムのトレーナーさんに走る時のフォームを凄く指導していただいて、やっぱりダメなフォームで走っていたら負担も大きいでしょ?カラダに対して。
そうですね、何か走り始めてふくらはぎがポコッと太くなってしまった~とかする方もいらっしゃいますので。
基本的には、僕は姿勢を良くして(あ、大事ですね)、腹筋はちゃんと入れて、足の幅とか気をつけながら左右バランスを整えながら。
ああ、なるほど。ジムなんかですと鏡とかもありますしね。
そうなんです、横から見たりとかもして・・ちゃんと、その・・ だから凄くお行儀がいい感じのフォームで走るのがまあ、とりあえず大切なポイントなのかなぁって思って。
ああ~なるほど。やっぱりリラックスをしていただいた方が楽じゃないかな、長く続かないので、まずはリラックスというのが大事ですね。
結構街中でランニングしてる方って、あ、これ体に負担がかかるでしょって走ってる方多くないですか?
確かに、あの上半身の腕フリを箱根駅伝の選手のように一生懸命振られている・・ペースはゆっくりなのに腕だけ箱根駅伝!・・・ってそういう人結構多いので、もっと肩の力をぬいて時々腕を脱力したりしながらリラックスされるといいのになぁと思う事多いですね。

*まだまだマラソン話は続きます~「続きを読む」からどうぞ

[千葉]どれくらいの頻度で走られるのですか?
[吾郎]週に3回くらいで、基本的には3キロから5キロくらい。
あ、一番気持ちのいい距離ですね。
はい、で、だいたい30分くらい、時速9キロとか8キロとか。どれくらいの設定にすれば良いですか?ランニングマシーンで。

楽しんでやられる方でしたら、時速というよりかその日の体調によると思いますので、お喋りができるくらいのペースで余裕を持って楽しんで走られるといいと思いますね。
僕なんかよく舞台なんかやるときにセリフを喋りながら結構・・・セリフを覚えながらとか、よく走るんですよ。

走ると脳が活性化されます (そうそうそう!)ので入りやすいかと思います。

そうなんですよ。僕はね、結構走りながらだと舞台のウォーミングアップになってね、セリフとか覚えられて・・よくやるんですよね。

なるほど。一つですね、ルームランナーですと、走路が勝手に動いてくれるんですよね。足を上げれば前に進む事ができるので、外で走っているのと同じようにするのであれば、少し傾斜を付けてあげると外に近いようなランニングに・・・

確かに、0,5とか1くらいには付けるんですけど。もうちょっと付けてもいいんですね?

そうですね、傾斜を2~3度付けると (そんな付けていいんだ) 外に近いと言われているんですね。

へーーー気持ちいいですよね、最初は辛いですけれども。

は~~い。汗をかくと汗と共にカラダの毒が外に出ていって、心もリフレッシュできるようになると思いますね。

最近、女性のランナー多いですよね。皇居とかでも。

増えましたよね~東京マラソン、2月にあるんですけれども、3月には名古屋Women'sマラソンというのがありまして、何と女性だけで約2万人の方がフルマラソンを走られるという大会なんですよ。

すごいですね。女性の方ってマラソンするのってやっぱりキレイになりたいとか健康になりたいって・・・まぁ僕らもそうですけど、あるじゃないですか。でも何かほら、結構・・走り方分からなかったり、どうしたらいいか分からない方多いと思うんですよね。よく言う・・筋肉が付き過ぎちゃうんじゃないか、女性らしい体つきではなくなっちゃうんじゃないか、とか。

でもマラソンっていうのは全身運動ですので、足だけがボコッと太くなるような事はないですね、正しい走り方をしていれば。(なるほどね~) はい~全身がスリムになっていくような競技ではあるんですね。

でも気持ちいいのが一番大切ですね、だって続かないもんね。気持ちよくないとね。

そうですね。だから頑張りすぎない事が大事ですよ~という風には伝えてますね。

頻度はどうなんですか?ちょっとでもいいからホントは毎日の方がいいんですか?それとも1日開けた方がいいとか、お薦めはありますか?

お薦めはですね、ビギナーさんは週に2~3回くらい、週に1回でも充分効果があると言われていまして、超回復という言葉があるんですけれども、1回トレーニングをして筋肉が破壊されますと、それが修復されるまでに約48時間を要するという風に言われていますので、2日くらい開けていただいた方が、怪我をしにくい効率の良いトレーニングが出来るんじゃないかなと思いますね。
なるほどね~終わった後のケアとかは、これは何か素人でもできるんですか?
あ、やっぱりね練習と同じくらいケアも同じくらい時間をかけてやっていただきたくて、今、冬の時期でしたらランニング終わった後に体操なんか外でやってると汗でカラダが冷えてくる事もあると思うので、走り終わったら直ぐにお風呂に入っていただいて、お風呂をあがってからゆったりとストレッチ運動、充分時間をかけてやっていただいた方がいいんじゃないかと思いますね。
冷えちゃうとカラダ、良くないですね。僕なんか、たまに結構走って遠くまで行くじゃないですか、帰りが面倒くさくなっちゃってタクシーで帰る事があるんですけど。(あら~~
(笑)ダメですよね。
お金を持っていかれていた?
お金持って出かけるんですよ、ジョギング行く時、必ず1万円札は。そんないらないんですけど(笑)。ちょっと頑張って走り過ぎちゃって10キロくらい行くと、帰り10キロだぁ~と思うと(笑) (確かにね~)諦めてタクシーで帰ってくるんですね。そん時すごく自分は何やってるんだろうって思いながら。
そうですか。誘惑に負けそうな方は、お金を持たないで(笑)~
そうですね、だったら最初から5キロ走ってればいいのにね。戻ってくればいいのに。まぁでもねホントに気持ち良さですね、後はケアも大切にして。続ける事が大切なんですね。
は~い。今健康である事がもちろん大事なんですけれども、3年後5年後も生き生き健康に走れるようなカラダ作りというものを私はお薦めしてますね。
なるほど~ちょっと走りたくなりますね。話してるとね。(ね~~~)
今回、どうですか?東京マラソン変更されて、観戦する時のポイントとか楽しみ方って。

は~い、東京マラソンって市民マラソンでもありながら実はワールドマラソンメジャーズという世界の6大大会の一つという事もありましてね、世界のトップランナーが集結するんですよ。(はいはい、そうですよね)しかも今回、コースが変更されたという事で、今まで以上に平坦になりましたから記録が期待できるんです。もしかしたら世界記録が見られるかもしれないという事で、そういったトップランナーのスピードというものも是非体感していただきたいなと思いますね。
そうですよね。だって優勝する人、だいたいプロだもんね、いつもね。
そうですね、2時間3分台くらいの選手が今回も。あと市民ランナーの方を応援してあげるのであれば30キロ以降の一番苦しい所で是非声をかけてあげるといいと思います。
分かります。僕もフルマラソン、昔走った事があった時に、やっぱりねぇ25キロくらいからホントに辛くなってくるんですよね。(は~い、そうなんです)なんか気持ちいいんですよ、15キロから25キロくらいの間が一番・・・
一番ね、体が動く・・オレ、このまま行けるんじゃないかっていうような。
そう、それでね最後ガクッと落ちるんですよね。じゃあ、やっぱこの辺りですね、30キロ地点から・・・

そうです、30キロが銀座で、その後高輪・日比谷と・・・
ねぇ、芝に行って、また上がってきて東京タワーに向かって最後日比谷からで、ここですね、この辺りですねポイントは。
その辺りでね、是非お名前を呼んであげるといいと思いますね。自分のね・・頑張れだけじゃなくて名前を呼ばれるとね、よし頑張ろうってもう一回スイッチが入ると思いますので。
そうですよね・・・(はぁ~い)
ありがとうございました。失礼いたします。

また、ランニングクラブの方にも是非、遊びに来てくださ~い。
は~い、ありがとうございました。

さあ、今日はですね、千葉真子さんにランニングの魅力についてお話を伺いました。ありがとうございました。以上、ゴローズサーチでした。
   
*千葉真子 BEST SMILE ランニングクラブのHPはこちら

pen千葉さんはさすがラジオ番組を持っているだけあってお話し上手だし声もカワイイし「はぁ~い♪」が気持ちよかったし、とても楽しかったです。二人とも話したい事がてんこ盛りみたいで間断なく話すので書き起こすと凄い量に!
編集長も走っているので、こういう質問が滑らかに進んでとても聞きやすいです。聞きたい質問を逃さないですものね。
マラソンってTVで見たことないのですが、今年のコースはちょっと気になります。
私をこういう気持ちにさせるゴローズサーチ、凄い!ラジオでお話聞くだけなのに。 

【Goro's Break Time】
さて、大阪府りのっぷさんからのリクエストメールをご紹介いたします。
loveletter
1月25日に「姫ちゃんのリボン」の新刊が23年ぶりに発売されたそうです。アニメ版姫ちゃんのリボンのオープニング曲をリクエストします。
あ、そうなんですか・・・23年ぶり、へぇぇ~
はい、それでは聞いていただきましょう、SMAPで笑顔のゲンキ

music笑顔のゲンキ SMAP

【Goro's Essay】
ゴローズエッセイでは仕事の話やプライベートの話にお答えいたします、東京都東村山市のなほさんです。
loveletter草彅剛くんがラジオでドラマ「嘘の戦争」のストーリーの事を”ありきたりな設定”と言ってしまい、慎吾くんに叱られていました。後に番宣か何かで、その放送を聞いた監督さんにも突っ込まれていました。吾郎さんはドラマの番宣で失敗したなと思った事はありますか?
はいはいはい、これは”ありきたりの設定”・・まぁでも照れもあったんじゃないでしょうかね、どうなんでしょうかね。ありきたりの設定って言ってしまうと、まぁ監督に怒られてしまうのも分かるような気はするんですけれども。
まぁ設定としては何か”よくある”イコール分かりやすいと言うか、馴染みやすいと言うか、そういう事だったんでしょうかね。まぁありきたりの設定ではあるんだけれども、ストーリーが複雑に展開していくとか、そういう意味での番宣文句だったんじゃないかなって・・・僕がフォローするのもおかしいですけれども。
番宣でね・・でもどうでしょうね、あの~番組的には秘密でなきゃいけないような事をつい喋ってしまったりとか、ね、そういう事はあるかもしれないですね。最終回前の番宣の時にちょっと結末を匂わせてしまうような事を言ってしまったりとか、それで失敗!とか、生放送だったら取り返しが付かないですからね。
あんまり僕は・・・多分無い・・とは思うんですけどね。
まぁあと雑誌の取材とかだと番組の取材を受けてる時には横にプロデューサーの方が座って見ててくれたりしますよね。ちょっと気にはなるんですけどね。何か間違った事を言っちゃいけないのかなって監視されてるような気分になってしまう時もありますけれども。
ついプロデューサーさんが喜んでくれるような事を雑誌の取材のインタビューで、聞こえてると思ってつい答えてしまったりとか。そんな事もあったりもしてますけれども。
 

続いて新潟市にお住まいのももさんです。
loveletter吾郎編集長、お疲れ様です。デスペラードを聴きながら「十三人の刺客」のお話をされていましたが、共演された松方弘樹さんがお亡くなりになられましたね。ご冥福をお祈りします。当時映画の宣伝にお出になられていて「一番良かったのは吾郎くん」と言っていたのをよく覚えています。映画の中での松方さんの立ち回りはものすごくかっこよく重みがありました。その松方さんが吾郎くんが良かったなんて言ってくださって、とても私も嬉しかったです。共演された時のエピソードなどありますか?
そうなんですよね。僕もあの~映画以外でもドラマとかでもお世話になっていた大大大先輩でね、ホントに可愛がっていただいていたので、ね、非常に残念というか・・・
う~ん・・・映画の時も直接絡みみたいなシーンはほとんど無かったんですけれども、立ち回りのシーンなんかも、もう近くで見たいなって思いが強かったので見させてもらったんですけれども、す~ごいですよね、もう・・やっぱりもうお一人だけ違いましたよね。やっぱり映画を観てても思いましたし、もう何か松方さんのスタイルっていうものが確実にできあがっていて、もう映画やテレビを見ているような感覚で、撮影現場を見学させていただいた記憶もあるんですけれども。
これからも天国で、僕ら後輩達の姿というものを温かく見守っていただきたいなと思います。
改めて、ご冥福をお祈り申し上げます。
以上ゴローズエッセイでした。

pen剛くんの失言?(たいした事ではないですが)に対するフォローの何気なさぶりが素晴らしい!
そして松方さん・・・確か撮影現場で市村さんと一緒に松方さんの殺陣を見学していたのではなかったでしたっけ。
Dr.検事モロハシでの上司役も素敵だったなぁ。
「モ~ロ~ハ~シィ~」って声が聞けないなんて、とても寂しいです。
心からお悔やみ申し上げます。
明日は「十三人の刺客」を見ようと思います。メイキングも見ちゃおうかしら。

【GORO's Music Library】
loveletter編集長、こんばんは。リクエストはJUJUさんのTAKE FIVEをお願いします。ドラマ「TAKE FIVE~俺たちに愛を盗めるか」の続編も見たいです。
はい、ね、あの~唐沢寿明さんと共演させていただいて、それがやっぱりすごく印象に残っているんですけれども。やっぱりずぅ~っと・・・先ほどの松方さんのお話ではないですけど、子供の頃から・・と言うかず~っと見させていただいてきた方なのでね、そういった方と共演させていただく時って言うのは、何かとても不思議な感覚で・・・もちろん緊張感もありますけれども、何かウキウキするような感じもあったりして。ちょっとミーハーな自分も居たりとか。
また眼鏡をかけながらパソコンを打ってあの・・ちょっと独特な役ではあったんですけど、やりたいですねぇ。
ラジオネーム、トクトクママさんからのリクエストで、JUJUさんでTAKE FIVE

musicTAKE FIVE JUJU

JUJUさん・・・この曲カバーで歌って下さって、実際にライブハウスのシーンでジャズシンガーであるっていう設定でJUJUさんがこの・・みんなが溜まっているライブハウスのね溜まり場でTAKE FIVEを歌うJUJUさんの撮影もして、その時近くで聞かせていただいてて、何かJUJUさんてホントに・・当たり前ですけど(笑)すごく歌上手いじゃないですか、ホントにプロのシンガーで日本に限らず海外とかアメリカなんかでも凄く賞賛を得てライブハウスでやったりとかして、もう場慣れして歌う事なんかもうホントに余裕なのかなって思いつつも、この撮影の時JUJUさんが非常に緊張してたのが伝わって、凄く意外だというか・・・そういう所も逆に素敵だなぁと思いましたし、そのJUJUさんの事を何となく思い出しますけれどもね。

皆さんからのメッセージをお待ちしております。
えぇ、季節感のある話や僕にちょこっと聞いてみたい事がある方は、Goro'sColumnへ。
特集コーナーに取り上げて欲しい事があれば、
Goro'sSearch
リクエストは、
Goro'sBreakTimeへ。
お仕事やプライベートな話題は
Goro'sEssayへ。
メールアドレスは、
goro@joqr.net 、お葉書の方は郵便番号105-8002 文化放送「編集長 稲垣吾郎」まで。
お相手は吾郎編集長こと、稲垣吾郎でした。
それでは、また来週!バイバ~イ♪

clip編集後記、メールの宛先などは、こちらから⇛編集長 稲垣吾郎

pen今週も本当に密度の濃いぎっしり詰まった宝箱のような30分でした。
長くなって長くなって(笑)・・・・・でも楽しいです。
そして吾郎の「バイバ~イ♪」の声が、明るくて聞いている人の心を軽やかにする。
来週も楽しみです。

|

« 稲垣吾郎の楽屋を一人で訪れた放送作家が驚いた、思いがけない一言とは・・・ | トップページ | ゴロウ・デラックス 2月16日(#238) »

吾郎ラジオ」カテゴリの記事

コメント

ワクワクしながら楽しく聴いているので「あっ」という間の30分ですが、文字に起こしてくださると凄い量に驚きます。サイトーさんの努力に頭の下がる思いと感謝の気持ちしかありません。

早くも稲垣吾郎ならではの内容になっていて優秀ですね。以前のストスマは完全にSMAPファンとのキャッチボールでしたが、そのストスマの良さを残しつつ、広く一般のリスナーも興味を持つような話題に触れているところが素晴らしいなと思っています。ゴローズサーチがこんなにも魅力的な企画になるとは想像していなかったので嬉しいです。これも偏に吾郎さんの知識と話術によるところが大きいと思いますが、対応してくださる専門家の方も楽しそうに話されるのがいいですね。話の広がりが、こちらの聞きたい事をしっかりと聞いてくれるので、納得することが多く、それだけでも勉強になります。最後にきちんとまとめて終了させる話術はお見事です。

「十三人の刺客」の松方さんの殺陣はそう、市村さんと見学してその凄さに感動したような事を当時市村さんが吾郎さんと並んで見たと嬉しそうにコメントされていましたね。松方さんも吾郎さんの演技を褒めてくださいましたが、それも大仰でなくさりげない褒め言葉だったので、それだけに真実味があって嬉しかったです。市村さんも、西田さん、多くの先輩の俳優さんが吾郎さんの演技を褒めてくださいましたが、同じような感じでした。時代劇が少なくなり見事な殺陣ができる人がいない中、松方さんには後輩の演技指導をしていただきたかったのに残念です。吾郎さんが歴史ある「毎日映画コンクール」で最優秀助演男優賞をとった時も大変喜んでいらしたと聞いた事があります。

剛くんへの見事なフォローもリスナーからのお便りを更に広げて自分の言葉で発信してくれる魅力。他には無い稲垣吾郎だから成立する「編集長稲垣吾郎」が益々楽しみです。

投稿: あや | 2017年2月18日 (土) 15時23分

shoeあやさま
コメントありがとうございます。
書き起こすのは苦ではなく楽しいのですが、書き終わってからの量に驚きます(笑)。でも流れるようなお喋りなので、読むのも大変ではないと勝手に思っています。
いつも相手の専門家の方も楽しそうにたくさんお話してくださるので、文章にするとこんなに長くなるのですね。
ストスマの良い所を残しつつ、すっかり新しいラジオ番組になりました。
スタッフの方の愛情も伝わってきますし、今の話題に絡めて極く自然にSMAPの曲をリクエストしてくるリスナーさんの知恵も素晴らしいと思います。
ゴローズサーチ、面白いですね。完全に確立しましたね。
それから、ミュージックライブラリーも大好きです。
吾郎さんのいろいろな作品に思いを馳せ、毎週その作品を見返したくなります。

松方さんのお話も良かったです。「十三人の刺客」を思い出し、本当に素晴らしいお仕事が出来て良かったと思いながらも、松方さんにはもっともっと日本の時代劇の為に後輩を育てて欲しかったですね。
いろいろと心残りです。
「編集長稲垣吾郎」これからが楽しみですね。

投稿: サイトー | 2017年2月18日 (土) 23時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 稲垣吾郎の楽屋を一人で訪れた放送作家が驚いた、思いがけない一言とは・・・ | トップページ | ゴロウ・デラックス 2月16日(#238) »