« 編集長 稲垣吾郎 2月16日 | トップページ | 家庭画報4月号! »

2017年2月18日 (土)

ゴロウ・デラックス 2月16日(#238)

今週のゲストは動物写真家・猫写真家1人者の岩合光昭さん。
「一応これを持ってないとカメラマンらしく見えない」と、首からカメラを提げて登場。

shadow岩合光昭さん
・1979年 写真集「海からの手紙」で木村井兵衛写真賞受賞
・1986年「おきて~アフリカ・セレンゲティに見る地球の約束」英語版が15万部を越える世界的ベストセラー
・日本人写真家としては初めて、学術誌「ナショナル・ジオグラフィック」誌の表紙を2度も飾った。
・これまで出版してきた猫写真集は41冊
・猫を撮影してきた場所は30カ国以上
・NHKで「世界ネコ歩き」  1年の半分は世界各地でネコを撮る生活。

吾郎:「僕も15年くらい(ネコを)飼っていたので、二匹・・・」
岩合:「飼ってるなんて猫に言ったら怒られますよ。一緒に暮らしてるって言わないと」
吾郎:「確かに。猫って主従関係というよりも共存しているって感じがしますね」 

book今夜の課題図書:ネコへの恋文02161_3
41冊目の猫写真集、日本や海外で出会った猫たちを写真とエッセイで綴った猫愛たっぷりの1冊。

movieゴロウ・デラックス オリジナル岩合光昭さん写真展
~岩合さんの写真を見ながら、お話を伺う

*猫との出会い

高校生の時、友人の家の猫を間近で見て思わず感動の涙を流した。
「世の中にこんな美しい生き物がいるんだ」と。*この言葉の後、カメラが吾郎のアップを捉えて2~3秒・・・ああ、美しい。
高校生の頃からこういう感性を持っていらっしゃるからこそ、愛情溢れる猫の写真を撮り続けられるのでしょうねと納得。

*猫の写真を撮るようになったきっかけ~「原点の猫」の写真を見ながら
父が動物写真家で、小さい頃からアシスタントとして動物の世界に触れていた。
大学生の時捨て猫と出会い写真を撮るようになり、就職をせず動物写真家になる決意。

*LOVE CAT~初めて出した写真集
雑誌に写真を掲載した時、野生動物よりも猫の写真の方が反応が多かった。
当時は高価な猫の綺麗な写真しか本には載せてもらえなかったが、やがて岩合さんが撮影したありのままの猫の写真が喜ばれるようになった。

cat猫の撮影術
*だるまさんが転んだ戦法
猫がそっぽを向いた時に少しずつ近づいていく。
*猫が好きな場所
冬だったら陽だまり、坂の上など猫の居そうな場所がある。
*子猫を撮影する時は、親猫の許可を得る。
*スマホで可愛く撮る方法。

猫は普段の生活でスマホに慣れているので、大きなカメラと違って警戒しない。
*挨拶をする。
*猫と同じ目線になる。
*猫の事をまず思い、自意識を捨てる。

camera撮影会
~吾郎と外山さんは自分が撮影した写真からベストショットを選んで岩合さんに評価していただく。
吾郎は早速猫と同じ目線になって「いい子だね~可愛いでちゅね~こっち向いてくれまちぇんかぁ~」と甘い声で呼びかけながらも、モデルの猫ちゃんが正面に居たカメラマンのカメラが気になって自分の方を向いてくれないもんだから、「後ろのカメラマンの方、邪魔ですよ~」と普通の調子で声かける・・・面白い。02162

そのうち床に這いつくばっておもちゃで猫をあやしながら撮影する吾郎。
あまりに猫と戯れている姿が面白いので、「こっちから吾郎さんの動画を撮りたい」と外山さんに言われる始末。それ欲しいです!
猫に夢中になっていると思ったら、急に「岩合さん!」って呼びかけて岩合さんの写真を撮ったり。「いいよ、いいよ~フォトジェニックだよ~heart04と声を掛けたりもう本当に自由な吾郎さん。

おもちゃで猫と遊んでいる吾郎に「あんまり僕はこういうおもちゃを使わないんですよ。何故ならおもちゃに夢中になって、その顔しかしなくなっちゃうからです」と岩合さん。
岩合:「自然な姿を撮ろうとすると、猫の自然な動きの中から発見するのが大事」

・・・と言いながらも、急に猫じゃらしを使って面白くなってしまう岩合さん。
長い脚を折って跪きながら写真を撮る姿が優雅な吾郎、でも最後にはカメラなんて忘れてベッドの上に乗りだして自分も猫みたいな格好になって写真を撮り続ける。02163

真っ白な美人猫を抱いてツーショットを撮ろうとする吾郎、猫ちゃんが暴れて面白い事に。
そこを岩合さんがパチリ。美人猫とツーショットの吾郎の美人な事!さすが、瞬間的にカメラを向けられてもキレイな顔が出来てる、28年間無駄にアイドルやってないわ。

撮影終了!の声がかかり、今度は仕事を忘れて自分が撮った写真を見て顔が緩んでくる吾郎、外山さんに「顔!顔・・・」って言われてます(笑)。

bellベストショット発表会  *写真は「続きを読む」から
岩合さんのベストショット「可愛い猫」「子猫が成長する躍動感を感じるショット」の2枚。
外山さんのベストショット「好奇の目で見つめる猫が可愛い」

吾郎の二匹の猫が見つめ合うようなショット「男と女みたいな~」
岩合さん「スーパーショットですよ。僕より上手い。構図がすごく出来てる。猫の動きを捉えている」
もう一枚子猫の写真「猫の事、良く知っておられるから、次の動きを予測して撮っている。凄いでう、やられました」とべた褒め。
吾郎さん、大満足heart

岩合さん、穏やかでホントに良い方、そしてとても説明や褒め方がお上手で楽しい30分でした。岩合さん、そしてスタッフの皆さん、楽しい時間をありがとうございました。

clipゴロウ・デラックスへの
ご意見・ご感想そして次週予告はこちら
番組存続へのお願いは
〒107-8066 東京都港区赤坂5-3-6   TBS『制作・編成』御中

pencilBook Bangさん記事
スマホで猫をかわいく撮る方法 猫好きの稲垣吾郎に岩合光昭が伝授
*毎週、ゴロウ・デラックスを取り上げてくださっているので、是非お読みになってください。
(アクセス数が多い方が、応援になります)

0216402165_2

02166_2

0216702168

02169
 

|

« 編集長 稲垣吾郎 2月16日 | トップページ | 家庭画報4月号! »

ゴロウ・デラックス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 編集長 稲垣吾郎 2月16日 | トップページ | 家庭画報4月号! »