« 編集長 稲垣吾郎 2月9日 | トップページ | 稲垣吾郎の楽屋を一人で訪れた放送作家が驚いた、思いがけない一言とは・・・ »

2017年2月13日 (月)

ゴロウ・デラックス 2月9日(#237)

ゲストは三田寛子さん。
結婚して25年の銀婚式を迎え、歌舞伎界史上初・親子4人同時襲名を迎えた今、初めて本を書いた。
歌舞伎界ならではのしきたりに戸惑い梨園としての妻として奮闘する毎日を振り返って綴った1冊。

芸能界にいた時はアイドルとして活躍していたが、結婚してからは「成駒屋」という会社に入り新入社員になったような気持ちで教わる毎日だった。
全く違う世界に入りいろいろ厳しい事もあったけれど、「恋愛結婚だから嬉しくて嬉しくて~」と語る三田さんの笑顔に、何か全てがあるような気がしました。

book今日の課題図書:銀婚式

*結婚式までの長い道のり
付き合い始めた頃はまだ21歳だったので、結婚を認められるまで3年かかった。
*梨園の妻の役割(義父から言われたこと)
つらあかりから舞台側は役者の仕事、つらあかりから客席側は妻の仕事~裏方として夫を支える。
(つらあかり:歌舞伎の舞台と客席の境界線にあたる位置にある照明)
*梨園の妻の心得
亭主関白は当たり前~大事な役者には荷物を持たせない。
お芝居への意見は禁物。
劇場への送迎も妻の役割(車内も芝居の稽古場)。
*親子4人同時襲名
関係者・ご贔屓筋への挨拶回り・襲名記念グッズ・季節毎の新しい着物
襲名披露パーティーの準備(会場の装飾、料理の選別、招待状の手配など
祝い幕のデザイン、手ぬぐい・扇子などお配り物・・・・・
1月2日に大阪の松竹座で行われた襲名披露公演の裏の様子を撮影した映像
共演する先輩方に準備したお弁当を持って一人一人ご挨拶。
劇場関係者への挨拶・受付でお客様への挨拶。02091
お祝い幕は役者・デザイナーと相談、デザインは佐藤可士和さんに依頼。

亭主関白の歌舞伎の世界、裏では荷物を持ってくれる芝翫さんも皆のいるところでは「君が悪く言われるから」と三田さんに荷物を持たせる・・・そういう表に出ない優しさって本物ですね。
劇場への送迎は三田さんの妊娠をきっかけにご主人が免許を取り自分で運転する事に。
実は三田さんの運転が怖かった(笑)とのこと。
「多分、運転怖そうですよ(笑)」と返す吾郎に笑顔の三田さん。
襲名披露の時、舞台の脇から4人の様子を見つめている三田さんの横顔がカメラの前の柔らかな笑顔と違い、凜とした美しさがあった。

当時のアイドルブームが正直言って苦手だったのでアイドルとしての三田さんはほとんど見たことがないのですが、全く違う世界に入って25年、しっかり務めてきた笑顔からは控えめな自信が感じられました。

pencil歌舞伎界のゲストの方に恒例?のご家族へのアンケート。
今回はご主人の中村芝翫さんから三田さんへ。
「今までの苦労を称え、子供達と襲名したこれからもよろしくお願いします。」

・・・面と向かって言葉にしてくれないのでよく受けてくれた~と喜ぶ三田さん。

後書きを書いてから昨年の騒動があったそうで、急いで後書きも書き直したとのこと。
こういう事を聞く時、吾郎もそうですが外山さんってすごくいいなって思う。
何と言う事もない普通の事として尋ねる。きっとくだらないゴシップなんて何でもないと思っているから、そういう風に聞けるんでしょうね。
ゴロウ・デラックスの品の良さって、こういうところにもあると思う。

02093山田くんのハンコ、今回は成駒屋の家紋も素晴らしかった。
とても楽しみにしていたと言う三田さん。
笑顔と気遣いと優しさで溢れた30分でした。

mail後日、吾郎宛に三田さんからお礼状が届きました。
放送最後にそのお手紙を紹介。
美しい毛筆の字で綴られたお手紙から三田さんの25年が伝わってきたように思いました。

02092_2

clip番組へのご意見・ご要望、そして次週ゲストはこちらから⇛ゴロウ・デラックス

 *全然関係ない話ですが・・・
浅田次郎さんの回と同じ衣装なのに、眼鏡どころかお髭も変わっていてビックリ!
浅田さんの時かなりワイルドでドキドキするくらいだったのが、少し整えるだけでかなりマイルドに。
ゲストによってお髭まで変えたんでしょうか。
素敵heart

|

« 編集長 稲垣吾郎 2月9日 | トップページ | 稲垣吾郎の楽屋を一人で訪れた放送作家が驚いた、思いがけない一言とは・・・ »

ゴロウ・デラックス」カテゴリの記事

コメント

アイドルだった女性が歌舞伎界の名門「成駒屋」に嫁いで25年。今や偉大な名跡を継ぐ襲名披露公演を陰で支える梨園の妻になっているとは素晴らしいですね。美しいきちんとした言葉遣いとゆったりとした品の良さの中に様々な事を乗り越えてきた芯の強さも感じられました。大変さを感じさせない凜とした風情は吾郎さんと共通したものがありますね。

山田くんのハンコや吾郎さんに対してのお礼状等の配慮は、ご贔屓すじへの気配りをきちんとされている様子が伺われてさすが!と思いました。達筆ですしね。三田さんも25年間ひたすら自分を磨いてこられたのでしょうね。40歳を過ぎたら内面的な物が容姿に全て出ると言われているように、三田さん、吾郎さんには納得させられる美しさがありますね。

三田さんの著書がアマゾン書籍のベストセラー1位になっていました。「ゴロウ・デラックス」で紹介された本が注目されて読まれると思うと嬉しいです。

三田さんのお話から外れますが、週刊女性PRIMEの樋口卓治さんの記事がYahooニュースに載っていましたね。樋口さんと言えば「ゴロウ・デラックス」にゲストで出演されましたが、とても良い記事であの番組で吾郎さんと一定の時間接しないと分からない吾郎さんの人柄を書いてくださり、ファンとして誇りに感じ嬉しかったです。
公式HPの次回予告にゲスト岩合さんと本の写真が!何かが少しずつでも動いている感がします。

投稿: あや | 2017年2月13日 (月) 21時05分

appleあやさま
コメントありがとうございます。
三田寛子さん、ゆったりと相手をリラックスさせるような雰囲気がとても良かったです。
世間では「アイドル」という言葉にあまり尊敬を込めませんが、お弁当を配り関係者各位・お客様ににこやかに挨拶している様子を見ると、それは傍では分からない苦労をものともせず笑顔で皆を楽しませる事が出来る人だからこそだと思いました。
お手紙、良かったですね。
メールで済ませず、手紙も大切にしないとと改めて思いました。
>三田さんの著書がアマゾン書籍のベストセラー1位になっていました。
・・・嬉しいですね。少しずつ実績を重ねていくのが目に見えるようになりましたね。

樋口卓治さんの記事、嬉しかったので別に上げました。
ゴロウ・デラックス公式HPが、次週ゲストと著書の写真入りになったのも嬉しいです。

投稿: サイトー | 2017年2月14日 (火) 00時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 編集長 稲垣吾郎 2月9日 | トップページ | 稲垣吾郎の楽屋を一人で訪れた放送作家が驚いた、思いがけない一言とは・・・ »