« 2017年1月 | トップページ | 2017年3月 »

2017年2月

2017年2月27日 (月)

ゴロウ・デラックス 2月23日(#239)

第156回芥川賞受賞・山下澄人さんがゲスト。 Photo_4
授賞式の時の革ジャンを着て登場、番組スタッフに頼まれたそうです。

shadow山下澄人さん
脚本家倉本聰さん主催の演劇塾「富良野塾」出身の俳優。
俳優を続けながら小説を書き、4度目の候補で受章。

book今日の課題図書:山下澄人 しんせかい

受賞作「しんせかい」は、山下さんの富良野塾での2年間の生活と先生との交流を描いた自伝的な青春小説。
「しんせかい」の表紙の字は倉本さんに書いてもらった。

高校卒業後、新聞の募集広告を見て富良野塾に入った(2期生)。02231
1984年、俳優・脚本家養成の為に倉本聰氏が私財を投じて作った完全無料の演劇塾。
毎年オーディションに合格した20人の若者が集まり、2年間を過ごす。
芝居を学ぶだけでなく、農作業・大工仕事も行い自給自足の共同生活を送る。02232

karaoke山下澄人Xゴロウ 芥川賞「しんせかい」を掛け合い朗読
~農作業ばかりで愚痴るスミトと怒る先生のシーンを朗読。
先生を山下さん、スミトを吾郎。
「なんかホントにお芝居みたいですね」と読み終わって吾郎。
俳優二人の掛け合い朗読、とっても良かったです。
ちょっとハスキーな山下さんと、ベルベットボイスの吾郎、素敵な組みあわせでした。

pencil山下さんの執筆スタイル
スマホのメモ帳に書く。
ギガ数を気にする吾郎(笑)と、意外とたくさん書けるんですよと山下さん。
どこでも時間がある時に書けるのが便利。
喫茶店とかでもずっと書いていたりするので
「あのおっさん、ずっとメールしてんな」と思われているかもしれない(笑)。
あんまり長い時間はいないように、1時間か1時間半くらいしたら店を変えるそうです。

会見の時とは印象が違う。
だから、同じジャンパーを着てくるように頼まれたのかと思いました。
ゴロウ・デラックスという番組は、番組側の狙う方向へゲストの話を持っていくのではなく、さり気ない気遣いでゲストの方の本来の姿が見えたらいいな~という姿勢が伝わってくるように思います。

chickTwitterでの山下さんの呟き
”稲垣さんは長年その道を歩いて来た寡黙で厳しいまっとうな職人のような人で、外山さんは『しんせかい』の中の少しを朗読してくれたのだけどとても良くてびっくりした。”

改めて番組で富良野塾の生活を見て、あんなにストイックな生活を送っていた山下さんが「厳しいまっとうな職人のような人」と吾郎を表現するのに感銘を受けました。
そして17年前「七色インコ」のパンフレットのメッセージに、前年舞台で共演したホリヒロシさんが吾郎の事を「ひたすら精進する姿に一人の修行僧を見る思いがした」と書いてあったのを思い出しました。


clipゴロウ・デラックスへの
ご意見・ご感想そして次週予告はこちら
番組存続へのお願いは
〒107-8066 東京都港区赤坂5-3-6   TBS『制作・編成』御中

search今週のBookBang
あの芥川賞作品はスマホで書かれたものだった!稲垣吾郎も驚愕 

clip新潮社「しんせかい」のページ身ひとつで【谷】へ飛び込んだ青年は、【先生】の生き様に何を学んだのか。文学界の異端者が描く、自らの原点!第156回芥川賞受賞作
・・・こちらから感想なども送れます。

| | コメント (2)

2017年2月24日 (金)

編集長 稲垣吾郎 2月23日

2月23日号【目次】
clip今週の
【GORO's Search】歴女についてレキシズルの渡辺麗さんにお話を伺う。
*餃子とスパークリングワインのマリアージュ
*
「黒書院の六兵衛」
*編集長の爪のお手入れは?

*History/Olivia Hastings Holt
*
無我夢中なLIFE/SMAP
*Wonderful Life/&G ~&Gの思い出

稲垣吾郎です。
僕が編集長となって皆さんと一緒に女性誌を作っていくというラジオ番組、今週はどんなネタが届いているんでしょうか。
さあ、それでは編集会議を始めましょう。

【GORO's Column】 
コラムメールをご紹介いたします。熊本のもこさんより。
loveletter今、女性の間で餃子にビールではなく、スパークリングワインが流行っているのご存じですか?カフェのようなお洒落な餃子とワインのお店があるんです。編集長は餃子に何を飲みますか?
いいですねぇ~~まぁちょっと仕事帰りの男女が気軽に利用できるバルスタイルという事で、写真を見る限りではもうホントにバルとかカフェバーみたいな感じで、ワインなんかも置いてありますし。まぁ、餃子と言ったらビールでしょうと言う感じでは、まぁ確かにあるんですけれども、基本的には中華料理とワインって合いますからね。やっぱり油を使っているので絶対合うんですよね。餃子なんて絶対にワイン合うと思います、スパークリングワインに限らずに白ワインとかも全然合うと思います。少しスパークリング・・・シュワッとする方がアレなのかな、油ものを食べた時にキレがいいというか。
いや、これ全然中華にワインってもう普通に合うと思うので、何にも疑問を感じないですけれども・・・でもいいですね!絶対美味しいですからね、餃子って。
僕もね意外と餃子作るの得意なんですよ、この番組でも何度か言ったかもしれませんけれども。美味しいですしね、餃子って絶対に。嫌いな人いないし。
基本的にこういう点心系というかシュウマイとか餃子とか、こういう皮を使ったものって僕は中華の中では大好きですねぇ。いいと思います、ホントに。
ねぇ、行ってみたい♪


musicHistory Olivia Hastings Holt

【GORO's Search】

さて、巷ではですね、カープ女子とか山ガールとか森ガール、スー女・・相撲女子ですね、あとまぁ鉄子、これ鉄道ファンらしいんですけど・・あるものに興味を持つ女性の事を何々女子と呼んでるんですけど。カープ女子とか最近聞きますけど・・・う~ん、この鉄道ファンの事を鉄子というのは初めて聞きましたけれども。面白いですね、何とか男子ってあんまり言わないけれどもね。スイーツ男子とか言うか・・でも女子が圧倒的にこういう・・・言葉になりやすいですよね。
さあ、そしてですね、今回は歴史好きな女性、歴女にね、スポットを当てていきたいと思います。ま、その謎の生態を教えてくれるのはですね、歴史クリエイターの渡辺麗(りょう)さんです。

[吾郎]もしもし
[渡辺]もしもし、渡辺でございます。
はじめまして、稲垣と申しますけれども。
はじめまして、編集長よろしくお願いいたします。
よろしくお願いします。さぁ、渡辺さんは歴史クリエイターという事なんですけれども。具体的にどのような事をされているのでしょうか?
え~ちょっとこう・・・歴史って難しいイメージを持っている人が多くてですね、それを分かりやすく面白くポップ化してる仕事なんですけれども。ま、具体的にはスライドを使って歴史のプレゼンテーションやったりとか、後は歴史のコラム書いたりとか、イベントいろいろ企画して歴史を盛り上げる仕事ですね。
やっぱ、難しいイメージありますからね。
どうしてもそれがぬぐえないので、柔らかくユーモアも交えて。
何か一度、徳川将軍全員の何か・・それぞれのパーソナルに触れるという、そういう本があって・・女性の方が書いていたんですけれども。1回番組のゲストに来られて、スイーツが大好きだった何々将軍とか虫歯だらけだったとか・・・意外と教科書なんかで教えてくれないような・・(小話ですね)そう徳川将軍の話とか聞いた時に面白いなぁと思ったりとかして。
そういったものがちょっとポップですよね。

そうですね、そういったアプローチを僕も心がけてます。・・・はい、そんな事をやっております。
本拠地がお茶の水にある・・え?レキシズル・・・?
レキシズルというんですけれども。
これはどういう活動をされているのですか?
これはですね、具体的に二つのハコがありまして、ビルの1階にカウンターだけのバーがあるんですけど、毎週水曜日だけレキシズルバーと呼んで歴史好きが来ています。それで3階が畳敷きのイベントスペースになっていて、ここは50人くらい入れるんですけど、そこで先ほどお話ししたスライド使ってプレゼンテーションやったりイベントやってます。
写真があるんですけど、楽しそうなんですもん、宴会してるみたい。
ありがとうございます。バーは凄い小さいんで、もう12席しかないんですけど、毎週30人くらい来てくれてます。
これ、プレゼンテーションするのは全部これ渡辺さんなんですか?
えっと・・僕以外にあと3人先生がいまして、それで1時間半ほどやります。それが寺子屋っていうイベントなんですけれども。
面白いですね、ちょっと塾とか違うのかな、やっぱり。
あの完全にですね、特色としてはですね、プレゼンターもお客さんも酒に酔ってる・・・(あっ、お酒に・・(笑))酔ってますんで・・・
だって・・これ、みんな飲んでますもん、写真。
思いっきり飲んでます。そしてたまに飲み過ぎて口まわんなくなる時あります。(楽しそう!)そうですね・・・
真面目なんだか不真面目なんだか。
そうですね。油断してもらいたいんですよね、楽に聞いてもらいたいと言うか。歴史に触れてもらいたいというか。
歴史の授業って凄い難しかったもんね、昔子供の頃。
そうなんですよ、あの年号羅列されたり・・(そう、もう・・・)ちょっとアレルギーが出ますよね、そういうアプローチだと。
ノートに書く分量が違いますもんね。
そうなんですよ、だから僕らがやってるスライドはホントにシンプルでごちゃごちゃしていない形で、ワンコピーでどんどん行ったりとか・・・あと画像を見やすく出したりとかいうのは心がけてやってます。

*まだまだ続きます。「続きを読む」からどうぞ。

続きを読む "編集長 稲垣吾郎 2月23日"

| | コメント (4)

2017年2月20日 (月)

ラジオスペシャルウィーク

bell今月のラジオスペシャルウィークは20日~26日。
文化放送2月のスペシャルウィーク⇛こちら

ラジオの聴取率の調査をする期間中、各ラジオ局はスペシャルウィーク等と称してしていつもより豪華なゲストを呼んだり、賞品をたくさん出したりする。
聴取率だけでなく、届いたメールや手紙などの量も対象になる~という説もあります。0220201756_2
これは調べてみたのですが正確な事は分からず・・・でも、スペシャルウィークに特別メールを募集するという試みは多いようなので、こちらもいつもより多く出すのもお祭りっぽくて楽しいし、番組への応援にもなるし、一石二鳥かなと思います。

今日の朝日新聞朝刊にも、こんな広告が。
編集長 稲垣吾郎の紹介もあって嬉しいです。

どんどんお便り出していきたいですね。

| | コメント (2)

2017年2月18日 (土)

家庭画報4月号!

bell家庭画報4月号(3月1日発売)
ファッションページ「オーラを放つ時代の主役たち」に吾郎が載ります!Photo_2

 

家庭画報 2017年 04月号

”篠山紀信さんの撮りおろしによるファッション&インタビューページ〈2017年春夏最新コレクションでもっと輝く オーラを放つ時代の主役たち〉。 パリ、ロンドンで発表された最新春夏コレクションをまとって、仕事にかける思いや、ファンとの絆、プライベート、今後の目標などを語っていただきました。”

一体何年ぶりでしょうか。
ファッションページを飾るのに相応しいのに、どんなお仕事があっても吾郎に番が回ってこなくなってから10年以上経つと思います。
「夢と美を楽しむというコンセプト、美しき伝承というテーマを掲げ、次世代にも受け継いでいくべき伝統・芸能を伝える雑誌。」・・・吾郎にぴったりなのではないでしょうか。
今から楽しみです。

clip家庭画報からのお知らせ に撮影裏話などが載っています~
こちらから⇛「家庭画報」4月号に、新たなスタートを切った稲垣吾郎さんが初登場!

pen私服のお洒落さに目がとまったという編集者の方、さすが上質のものをさりげなく身につける吾郎のお洒落を理解してくださっていて嬉しいです。
白いセーターと言えば、SMAPのライブの帰りの新幹線で出会った方からの目撃情報でもグレーの上質のウールのパンツに白いセーターと白いニットの帽子・・・意外な感じが一瞬戸惑った程だったそう。何となく黒ずくめというイメージを覆しての吾郎の白・・・白に負けない綺麗な肌と輝く瞳だからこそ似合うのではないかしら。
私服コレクションも見てみたい・・・

| | コメント (3)

ゴロウ・デラックス 2月16日(#238)

今週のゲストは動物写真家・猫写真家1人者の岩合光昭さん。
「一応これを持ってないとカメラマンらしく見えない」と、首からカメラを提げて登場。

shadow岩合光昭さん
・1979年 写真集「海からの手紙」で木村井兵衛写真賞受賞
・1986年「おきて~アフリカ・セレンゲティに見る地球の約束」英語版が15万部を越える世界的ベストセラー
・日本人写真家としては初めて、学術誌「ナショナル・ジオグラフィック」誌の表紙を2度も飾った。
・これまで出版してきた猫写真集は41冊
・猫を撮影してきた場所は30カ国以上
・NHKで「世界ネコ歩き」  1年の半分は世界各地でネコを撮る生活。

吾郎:「僕も15年くらい(ネコを)飼っていたので、二匹・・・」
岩合:「飼ってるなんて猫に言ったら怒られますよ。一緒に暮らしてるって言わないと」
吾郎:「確かに。猫って主従関係というよりも共存しているって感じがしますね」 

book今夜の課題図書:ネコへの恋文02161_3
41冊目の猫写真集、日本や海外で出会った猫たちを写真とエッセイで綴った猫愛たっぷりの1冊。

movieゴロウ・デラックス オリジナル岩合光昭さん写真展
~岩合さんの写真を見ながら、お話を伺う

*猫との出会い

高校生の時、友人の家の猫を間近で見て思わず感動の涙を流した。
「世の中にこんな美しい生き物がいるんだ」と。*この言葉の後、カメラが吾郎のアップを捉えて2~3秒・・・ああ、美しい。
高校生の頃からこういう感性を持っていらっしゃるからこそ、愛情溢れる猫の写真を撮り続けられるのでしょうねと納得。

*猫の写真を撮るようになったきっかけ~「原点の猫」の写真を見ながら
父が動物写真家で、小さい頃からアシスタントとして動物の世界に触れていた。
大学生の時捨て猫と出会い写真を撮るようになり、就職をせず動物写真家になる決意。

*LOVE CAT~初めて出した写真集
雑誌に写真を掲載した時、野生動物よりも猫の写真の方が反応が多かった。
当時は高価な猫の綺麗な写真しか本には載せてもらえなかったが、やがて岩合さんが撮影したありのままの猫の写真が喜ばれるようになった。

cat猫の撮影術
*だるまさんが転んだ戦法
猫がそっぽを向いた時に少しずつ近づいていく。
*猫が好きな場所
冬だったら陽だまり、坂の上など猫の居そうな場所がある。
*子猫を撮影する時は、親猫の許可を得る。
*スマホで可愛く撮る方法。

猫は普段の生活でスマホに慣れているので、大きなカメラと違って警戒しない。
*挨拶をする。
*猫と同じ目線になる。
*猫の事をまず思い、自意識を捨てる。

camera撮影会
~吾郎と外山さんは自分が撮影した写真からベストショットを選んで岩合さんに評価していただく。
吾郎は早速猫と同じ目線になって「いい子だね~可愛いでちゅね~こっち向いてくれまちぇんかぁ~」と甘い声で呼びかけながらも、モデルの猫ちゃんが正面に居たカメラマンのカメラが気になって自分の方を向いてくれないもんだから、「後ろのカメラマンの方、邪魔ですよ~」と普通の調子で声かける・・・面白い。02162

そのうち床に這いつくばっておもちゃで猫をあやしながら撮影する吾郎。
あまりに猫と戯れている姿が面白いので、「こっちから吾郎さんの動画を撮りたい」と外山さんに言われる始末。それ欲しいです!
猫に夢中になっていると思ったら、急に「岩合さん!」って呼びかけて岩合さんの写真を撮ったり。「いいよ、いいよ~フォトジェニックだよ~heart04と声を掛けたりもう本当に自由な吾郎さん。

おもちゃで猫と遊んでいる吾郎に「あんまり僕はこういうおもちゃを使わないんですよ。何故ならおもちゃに夢中になって、その顔しかしなくなっちゃうからです」と岩合さん。
岩合:「自然な姿を撮ろうとすると、猫の自然な動きの中から発見するのが大事」

・・・と言いながらも、急に猫じゃらしを使って面白くなってしまう岩合さん。
長い脚を折って跪きながら写真を撮る姿が優雅な吾郎、でも最後にはカメラなんて忘れてベッドの上に乗りだして自分も猫みたいな格好になって写真を撮り続ける。02163

真っ白な美人猫を抱いてツーショットを撮ろうとする吾郎、猫ちゃんが暴れて面白い事に。
そこを岩合さんがパチリ。美人猫とツーショットの吾郎の美人な事!さすが、瞬間的にカメラを向けられてもキレイな顔が出来てる、28年間無駄にアイドルやってないわ。

撮影終了!の声がかかり、今度は仕事を忘れて自分が撮った写真を見て顔が緩んでくる吾郎、外山さんに「顔!顔・・・」って言われてます(笑)。

bellベストショット発表会  *写真は「続きを読む」から
岩合さんのベストショット「可愛い猫」「子猫が成長する躍動感を感じるショット」の2枚。
外山さんのベストショット「好奇の目で見つめる猫が可愛い」

吾郎の二匹の猫が見つめ合うようなショット「男と女みたいな~」
岩合さん「スーパーショットですよ。僕より上手い。構図がすごく出来てる。猫の動きを捉えている」
もう一枚子猫の写真「猫の事、良く知っておられるから、次の動きを予測して撮っている。凄いでう、やられました」とべた褒め。
吾郎さん、大満足heart

岩合さん、穏やかでホントに良い方、そしてとても説明や褒め方がお上手で楽しい30分でした。岩合さん、そしてスタッフの皆さん、楽しい時間をありがとうございました。

clipゴロウ・デラックスへの
ご意見・ご感想そして次週予告はこちら
番組存続へのお願いは
〒107-8066 東京都港区赤坂5-3-6   TBS『制作・編成』御中

pencilBook Bangさん記事
スマホで猫をかわいく撮る方法 猫好きの稲垣吾郎に岩合光昭が伝授
*毎週、ゴロウ・デラックスを取り上げてくださっているので、是非お読みになってください。
(アクセス数が多い方が、応援になります)

続きを読む "ゴロウ・デラックス 2月16日(#238)"

| | コメント (0)

2017年2月17日 (金)

編集長 稲垣吾郎 2月16日

2月16日号【目次】
clip今週の
【GORO's Search】東京マラソンを前に千葉真子さんにマラソンの魅力について伺う。
*読者投稿コーナー・・・リスナーから編集長へお礼のメール
*番宣での失敗談
*松方弘樹さんの思い出
*
Runnin' Down A Dream/Tom Petty
*笑顔のゲンキ
/SMAP
*
TAKE FIVE/JUJU

稲垣吾郎です。
僕が編集長となって皆さんと一緒に女性誌を作っていくというラジオ番組、今週はどんなネタが届いているんでしょうか。
さあ、それでは編集会議を始めましょう。

【GORO's Column】 
コラムメールをご紹介します。福岡県ののんちゃんさん62歳の方です。
loveletter編集長、ご紹介してくださった草鍋は家族にも大好評でした。美味しいお汁が残ったので、うどんを入れて食べました。次の日に残ったお汁にまた野菜を入れて食べたりもしました。
ありがとうございます。鍋ってね、何かまた活用できますよね、次の日にいろんな出汁が出てるお汁美味しいですから、またそこにね野菜を入れたりできますし、う~ん、健康にもいいし、あったまりますし、ねぇ、僕もやってますので。
まあ、あのホームページのレシピ、皆さん参考にしていただいて作ってみてはいかがでしょうか。以上、ゴローズコラムでした。

musicRunnin' Down A Dream Tom Petty

【GORO's Search】
さぁ、ゴローズサーチに届いたメールをご紹介いたします。ラジオネーム抹茶大好きさん。
loveletter
私の夫はフルマラソンにも出る位走ることに夢中なのですが、シューズが多くて困っています。練習用と大会用と常時8足はあります。
ほほぉ~凄いですね。僕もマラソン好きですけどね、ジョギング・・・マラソンっていうかジョギング。軽く走る事は僕も好きなんですが・・・8足って凄いですね。
8足って・・・違うんですかね、練習用と大会用と。
僕もあんまり、その・・シューズにまで拘りが・・そこまで、まぁ・・自分の足にあったものを履いているつもりではいるんですけど。
よく言いますよね、大会の時と練習の時と違うとか・・ね。マラソンのランニングシューズだけでも多分いろんな種類があるんでしょうね。その・・こういう時に向いているとか、練習に向いているとか、走る場所とかね、きっとあるんでしょうけれども。
・・・という事で、そういえば東京マラソンがそろそろですね、2月の26日日曜日という事で、今年はしかもですね、コースが変更されたみたいですね。
ゴールが東京ビックサイトから東京駅前の行幸通りという・・・どちらかと言うと今まではお台場とかの方に行っていたのですが、今回は途中両国とか門前仲町という下町のね、エリアを走るという~東京の昔ながらの歴史ある街並みを楽しみながら走れるコースになったという事なんですけど。
そこでですね、本日はランニングをする女性をはじめ、マラソン観戦をする方にもお薦めのゴローズサーチをお送りしたいと思います。それではゲストの登場ですね。
ランニングの楽しさをですね、千葉真子さんに教えていただきましょう。

[吾郎]もしもし。
[千葉]もしもし、よろしくお願いいたします。
よろしくお願いします。お待たせいたしました。
はい、お願いいたします。
よろしくお願いします。あの・・千葉さんはこの文化放送で番組を持っていらっしゃるんですよね。
そうなんですよ、毎週土曜日の朝6時25分から35分、千葉真子BEST SMILEランニングクラブなんです。トップアスリートから市民ランナーまでの幅広いランニング情報に加えまして、ランニングですとかスポーツを愛する全ての人が参加できるコミュニティーとして月に1回ですね、実際に練習会を実施していましてどなたでも参加できるんです。もちろん私が指導を担当しております。
へぇ~今、流行ってますもんね。(は~い♪)ランニングっていうのは。
一人だとなかなか続かないっていう方もランニングクラブでみんなと一緒なら続けられるかなぁというところも利点ですよね。
いいですね~マラソン。僕もすごい好きではいるんですけれども、全く知識は無いんでね。
いや~吾郎ちゃんがランニングをしていらっしゃったとはビックリしました。
そうなんですよ、僕が街でランニングしてるとみんなビックリして二度見しますからね、僕のこと。
街で走られてるんですか!?
そうですね・・(えええええ~~~!)最近はね、部屋の中にルームランナーを置いてルームランナーの方が多いんですけど、冬場とかは。
ああ、寒いとね、どうしても。
あと、真夏なんかもね。(はい、そうですね、季節とかによって)何か・・僕は走る事が気持ちいいし健康管理の一環として運動として走ってて、あんまり知識もないし、どの位走ればいいのかとか分からず結構走っているんですけれども。何か大切なポイントとか、あるんでしょうかね。
そうですね、やはり効率の良いフォームというのがかっこいい体型を作る事にも繋がっていきますし、楽に走れますよね。
何かね僕もジムに通っていた時に、やっぱりジムのトレーナーさんに走る時のフォームを凄く指導していただいて、やっぱりダメなフォームで走っていたら負担も大きいでしょ?カラダに対して。
そうですね、何か走り始めてふくらはぎがポコッと太くなってしまった~とかする方もいらっしゃいますので。
基本的には、僕は姿勢を良くして(あ、大事ですね)、腹筋はちゃんと入れて、足の幅とか気をつけながら左右バランスを整えながら。
ああ、なるほど。ジムなんかですと鏡とかもありますしね。
そうなんです、横から見たりとかもして・・ちゃんと、その・・ だから凄くお行儀がいい感じのフォームで走るのがまあ、とりあえず大切なポイントなのかなぁって思って。
ああ~なるほど。やっぱりリラックスをしていただいた方が楽じゃないかな、長く続かないので、まずはリラックスというのが大事ですね。
結構街中でランニングしてる方って、あ、これ体に負担がかかるでしょって走ってる方多くないですか?
確かに、あの上半身の腕フリを箱根駅伝の選手のように一生懸命振られている・・ペースはゆっくりなのに腕だけ箱根駅伝!・・・ってそういう人結構多いので、もっと肩の力をぬいて時々腕を脱力したりしながらリラックスされるといいのになぁと思う事多いですね。

*まだまだマラソン話は続きます~「続きを読む」からどうぞ

続きを読む "編集長 稲垣吾郎 2月16日"

| | コメント (2)

2017年2月13日 (月)

稲垣吾郎の楽屋を一人で訪れた放送作家が驚いた、思いがけない一言とは・・・

放送作家の樋口卓治さんのコラムより
稲垣吾郎の楽屋を一人で訪れた放送作家が驚いた、思いがけない一言とは

”古舘プロジェクト所属の鮫肌文殊、山名宏和、樋口卓治という3人の現役バリバリの放送作家が、日々の仕事の中で見聞きした今旬なタレントから裏方まで、TV業界の偉人、怪人、変人の皆さんを毎回1人ピックアップ。勝手に称えまくって表彰していきます。第15回は樋口卓治が担当します。”
・・・という記事です。

ゴロウ・デラックスに2度出演後のこの言葉はとても嬉しかったです。
何故、樋口さんがこう思ったのか、もう一度録画を見直してみました。

【樋口卓治さんゲストのゴロウ・デラックス】2015年4月23日放送
台本はほぼ白紙、今日の内容は放送作家でもある僕に任せてもらっていいですか~というような感じで始まった。
樋口さんは2度目の出演、1回目の出演の時の事を吾郎がすごくよく覚えていた事にも驚いておられたようだ。
樋口:「この番組はどうですか?」
吾郎:「楽しいです。本を読むのがルーティーンになった。いろいろな方からよく見ていると言われる。作家さんたちから本をきちんと取り上げてくれてディレクターさんが本当に向き合ってくれて、本をちゃんと紹介してくれるのが有り難い・・・と言われる」
この答えを引き出しておいての樋口さんからの
「バラエティ番組が突然終わる怖さ~みたいなのは感じますか?」
「この番組に関しては、今までの番組とは違って、テイストは変わったし他にこのような番組がないので面白いかなとは思ってます。」と落ち着いて答える吾郎。
何かやり残した感はないのか、と迫ってくる樋口さんに
「この番組は地味に細長く続けていく事が大切な番組」
「パーン!と何かをヒットさせて視聴率がどうした~とかいう番組ではなく、ずっと続けていけるような番組にしたい。ラジオ的な感じ。奇をてらった事をやる必要はない」
「ゴールデンの時間帯に行くという夢は誰でもあると思うけど、僕はこの時間帯があっていると思っている」
と静かに語る吾郎。
樋口さんは「細く長くの中にたまに刺激を与えた方が良いのではないか」
と更にたたみかける。

当時放送を見た後はどうしてこんな事を言うのだろう、ゴロウ・デラックスは「本とそれを書いた作家を紹介する」番組として、余計な事はせずに吾郎の色を出しながら真面目に続けば良いと思っていた。
今日、このコラムを読んで、これは企画自体がそういうお遊びだったのかなと理解する事ができました。
揺さぶりをかける放送作家に対して、落ち着いて自分の考えを述べる吾郎・・・何と頼もしいのか。
吾郎はいつも吾郎でした。

改めて、いつもと違う方向から吾郎の良さを実感させてくれた記事でした。

吾郎もこの時、語っています。
今のこの時間で長く続けていきたい、と。
そのためにもできる限りの応援をしたいと思いました。

| | コメント (3)

ゴロウ・デラックス 2月9日(#237)

ゲストは三田寛子さん。
結婚して25年の銀婚式を迎え、歌舞伎界史上初・親子4人同時襲名を迎えた今、初めて本を書いた。
歌舞伎界ならではのしきたりに戸惑い梨園としての妻として奮闘する毎日を振り返って綴った1冊。

芸能界にいた時はアイドルとして活躍していたが、結婚してからは「成駒屋」という会社に入り新入社員になったような気持ちで教わる毎日だった。
全く違う世界に入りいろいろ厳しい事もあったけれど、「恋愛結婚だから嬉しくて嬉しくて~」と語る三田さんの笑顔に、何か全てがあるような気がしました。

book今日の課題図書:銀婚式

*結婚式までの長い道のり
付き合い始めた頃はまだ21歳だったので、結婚を認められるまで3年かかった。
*梨園の妻の役割(義父から言われたこと)
つらあかりから舞台側は役者の仕事、つらあかりから客席側は妻の仕事~裏方として夫を支える。
(つらあかり:歌舞伎の舞台と客席の境界線にあたる位置にある照明)
*梨園の妻の心得
亭主関白は当たり前~大事な役者には荷物を持たせない。
お芝居への意見は禁物。
劇場への送迎も妻の役割(車内も芝居の稽古場)。
*親子4人同時襲名
関係者・ご贔屓筋への挨拶回り・襲名記念グッズ・季節毎の新しい着物
襲名披露パーティーの準備(会場の装飾、料理の選別、招待状の手配など
祝い幕のデザイン、手ぬぐい・扇子などお配り物・・・・・
1月2日に大阪の松竹座で行われた襲名披露公演の裏の様子を撮影した映像
共演する先輩方に準備したお弁当を持って一人一人ご挨拶。
劇場関係者への挨拶・受付でお客様への挨拶。02091
お祝い幕は役者・デザイナーと相談、デザインは佐藤可士和さんに依頼。

亭主関白の歌舞伎の世界、裏では荷物を持ってくれる芝翫さんも皆のいるところでは「君が悪く言われるから」と三田さんに荷物を持たせる・・・そういう表に出ない優しさって本物ですね。
劇場への送迎は三田さんの妊娠をきっかけにご主人が免許を取り自分で運転する事に。
実は三田さんの運転が怖かった(笑)とのこと。
「多分、運転怖そうですよ(笑)」と返す吾郎に笑顔の三田さん。
襲名披露の時、舞台の脇から4人の様子を見つめている三田さんの横顔がカメラの前の柔らかな笑顔と違い、凜とした美しさがあった。

当時のアイドルブームが正直言って苦手だったのでアイドルとしての三田さんはほとんど見たことがないのですが、全く違う世界に入って25年、しっかり務めてきた笑顔からは控えめな自信が感じられました。

pencil歌舞伎界のゲストの方に恒例?のご家族へのアンケート。
今回はご主人の中村芝翫さんから三田さんへ。
「今までの苦労を称え、子供達と襲名したこれからもよろしくお願いします。」

・・・面と向かって言葉にしてくれないのでよく受けてくれた~と喜ぶ三田さん。

後書きを書いてから昨年の騒動があったそうで、急いで後書きも書き直したとのこと。
こういう事を聞く時、吾郎もそうですが外山さんってすごくいいなって思う。
何と言う事もない普通の事として尋ねる。きっとくだらないゴシップなんて何でもないと思っているから、そういう風に聞けるんでしょうね。
ゴロウ・デラックスの品の良さって、こういうところにもあると思う。

02093山田くんのハンコ、今回は成駒屋の家紋も素晴らしかった。
とても楽しみにしていたと言う三田さん。
笑顔と気遣いと優しさで溢れた30分でした。

mail後日、吾郎宛に三田さんからお礼状が届きました。
放送最後にそのお手紙を紹介。
美しい毛筆の字で綴られたお手紙から三田さんの25年が伝わってきたように思いました。

02092_2

clip番組へのご意見・ご要望、そして次週ゲストはこちらから⇛ゴロウ・デラックス

 *全然関係ない話ですが・・・
浅田次郎さんの回と同じ衣装なのに、眼鏡どころかお髭も変わっていてビックリ!
浅田さんの時かなりワイルドでドキドキするくらいだったのが、少し整えるだけでかなりマイルドに。
ゲストによってお髭まで変えたんでしょうか。
素敵heart

| | コメント (2)

2017年2月11日 (土)

編集長 稲垣吾郎 2月9日

2月9日号【目次】
clip今週の編集会議~ネタ出し編集会議 
【GORO's Search】に集まった特集ネタを編集長が斬る!
*リスナーから編集長へお礼のメール
*慎吾くんと旅をするなら?
*初めてのアルバイトへのアドバイス
*
Vogue/Madonna
*JOY!
/SMAP
*
If You Give Your Heart/Goro Inagaki ~編集長”青春の思い出”

稲垣吾郎です。
僕が編集長となって皆さんと一緒に女性誌を作っていくというラジオ番組、今週はどんなネタが届いているんでしょうか。
さあ、それでは編集会議を始めましょう。

【GORO's Column】 
Columnメールをご紹介します。北海道にお住まいのラジオネームのどかさん、小学生6年生。
loveletter吾郎さん、こんにちは。ストスマの時に、小学生でも読める大人向きの本を教えてもらい嬉しかったです。ありがとうございました。早速お薦めしてもらった桜庭一樹さんの「ゴシック」の第1巻を読みました。すごくお話に入りやすく、読むのは楽しかったです。推理物は凄いなって思いました。
う~ん♪僕が紹介したんですね。・・・と言っても小学生にね。
桜庭一樹さんのゴシックというのは、あの・・もちろんストーリー的には小学生でも読みやすいとは思うんですけど、やっぱり言葉の表現とか、あの~難しい漢字とかね言葉とか、出てくるものですからね、やっぱり。大人向けの文学ではあるので・・・凄いですね。
いやいや、推理物が凄いっていうか、のどかちゃんがすごいですね。う~ん、でも嬉しいですね、それで凄い面白くてお話に入り込めたという事なので、何か紹介した甲斐があったなぁという感じなんですけれども。
「ゴシック」に関してはこれはもうず~~っと続いてるんでね、あの・・ゆっくり読めるんじゃないでしょうかね。
いや、何かこれをきっかけにね、ちょっと大人っぽい文学とか・・・どんどんね、いろいろと入っていって貰えると・・・楽しいし、凄い自分のためにもなるんじゃないのかなって。
え~読書、頑張ってください。井ジョジュ、ゴローズコラムでした。

ここで1曲聞いてください。マドンナでヴォーグ

musicVogue Madonna

【GORO's Search】
さあ、今日はですね、皆さんから寄せられたゴローズサーチの特集ネタを元に編集会議を実際にしてみたいと思います。
え~まずは埼玉県にお住まいのユミさん。

loveletter編集長こんばんは。毎週編集会議が待ち遠しいです。ところで女性向け雑誌ならお洒落スポットはチェックしないと♪という事で、早速ユミ特派員が去年オープンしたばかりの中目黒高架下に行ってきました。美味しそうな店がズラリとあるんですが、その中で気になる柱を発見しました。高架下なので橋脚があるのですが番号が振ってあって、「56」もありました。柱に向かってキャーと興奮してしまいました。吾郎編集長がサインでもしてくれたら更に盛り上がると思いますが、いかがでしょうか。
はいはいはい。(笑)面白いですね、これ。写真があるんですけど。
これ何番まであるんでしょうかね、橋脚って。
これ、でも中目黒って僕もたまに行くんですけど、気になってましたね、僕自身も。
うん!いろんなお店入ってますよね。何か・・・銭湯もあるんでしょ?お風呂入れる・・何か銭湯みたいなのが。ねぇ、話聞いたんですけど。
う~ん、でも凄い賑わってるでね、まだ何か余りにも人が多くてね行きづらいなっていう僕の印象ではあったんですけど。
なるほど!56って番号見ると確かにドキッとしますけれども。
   
*[参考までに]中目黒高架下の公式サイトはこちら

続いて、静岡県にお住まいのハナビさんです。

loveletter編集長こんばんは。私が住んでいる静岡県は緑茶の産地でよくお茶を飲みます。お茶にはカテキンやビタミンが含まれているので美容健康にもとてもいいと思います。でも最近は緑茶を飲まない方も増えてるそうです。そんななか、スウェーデン人のブレケル・オスカルさんが日本茶インストラクターとしてお茶の普及に尽力されています。お茶の伝道師、ブレケル・オスカルさんを是非取り上げてください。
んん~~これ、面白いですね♪へぇ~スウェーデンの方なんですけど、高校生の時に日本茶に魅了され日本茶の専門家になりたいと日本語を学び来日して国内外で普及活動に力を注いでいます。
いや、これは興味がありますね。
あの~僕自身も最近すごくお茶・・・緑茶すごく好きなので興味ありますね。あの~詳しい事全然分かんないんですけども、ちょっといい茶葉とかをいただくと、ちょっとそのまま置きっぱなしにしていてももったいないので自分でいれたりするんですけれども。
何かイマイチね、僕緑茶の正解がまだ分かっていないんですよ。いわゆる・・・なんだろな、玉露とか煎茶とかあるじゃないですか。玉露の場合は人肌・・・触れるくらいの温度60度から70度くらいのお湯でいれた方がいい、と。たとえば大さじ2杯の玉露の茶葉に対して80ccのお湯だけでいいって。80ccっていわゆるヤクルト1本分くらいなんですよね。そのくらいの量しか水を入れてはいけないっていう。それで実際にやってみるとやっぱり凄い濃いですしね、大さじ2杯につき。で、温度も低いと何か・・ちょっとピンとこないんですよね。
でも玉露というものは香りを楽しむものだから熱湯ではダメだし濃くいれる。
で、また抹茶とは違う。
で、煎茶の場合はもう少しお湯を入れた方がいい、とか温度が高いといいとか。うん、でも玉露を煎茶みたいにしていれちゃいけないのかなと思ったりとか。
何かいろいろと僕・・周りにあんまりお茶内詳しい方がいないので、自分なりに何かいろいろと実験してやってるんですけどね。
うん、もう多分こういうインストラクターの方とか、プロの方ですからね、こういう方にちょっと教えていただいて・・・ねぇ、ちょっと興味深いですよね、僕もやっぱり紅茶とかコーヒーっていうのは今まで飲んでたんですけど、最近はちょっと日本の緑茶に嵌まっているので、非常に僕は・・個人的にはこのブレケル・オスカルさんには興味がありますけれどもね。
ちょっとお話してみたいなって感じがありますけれども。

   *[参考までに]ブレケル・オスカーさんのHPはこちら

続いて、岡山市にお住まいのゆららさんです。
loveletterネットや雑誌で気になるものをピックアップしてしまいました。是非、ご調査を。関東バス完全個室形の豪華バス、ドリームスリーパー、1月18日から東京・大阪間で運行。ドリームスリーパーは業界で初めて、全11室を扉で仕切る完全個室形の夜行バス。
へぇ~~~写真にありますね、これ完全個室ですね。廊下があって11室を扉で仕切ってありますね。まあちなみにですね、東京大阪間なんですけれど~2万円。うん、ホテルのような感覚で東京から大阪を移動できるバスという事なんですけれども。
高いの!?安いの!?ま、でも新幹線・・・で考えたりすると高いよね。だけど感覚としてはホテルに一泊すると考えると安いかもしれないって事ですね。う~ん・・・何かこれはお金とかコストパフォーマンスとかを引き合いに考えるのではなくて、やっぱりこの何か・・うん、ホテル感覚を楽しめるかどうかって事ですよね。豪華なね。ちょっと寝台特急のような。
ふ~ん・・・どのくらいの設備かどうかって事は非常に気になりますけれども。ホテル感覚と言うんだったらね。うん・・・
個室だったら防音とかになっててカラオケとか出来たら楽しいなとかいろいろありそうですけれども、うん・・ちょっと比較としてはちょっと面白いですね。
ドリーム・スリーパーって名前もいいですし。うん・・・

   *[参考までに]関東バスドリームスリーパーに関してはこちら

さあ続いて、神奈川県のロディさんです。
loveletterゴローズサーチで鋳物鍋を調査して欲しいです。ル・クルーゼやストウブなどいろいろありますが、IHにもOKで冬の鍋にも使えます。自分もたくさん持っていますが、その会社毎の使い心地の違いとか詳しく教えて欲しいです。
ふ~~ん、なるほどね。はいはいはい。ル・クルーゼは有名ですよね。ストウブもね。ああいう鍋の事を鋳物鍋と言うんですよね、いわゆる・・重い鍋ですよね。あとはシャスールというものもあるみたいですね。あとはバーミキュラ。う~ん、何かお洒落ですよね。鍋ごと、こう・・・何て言うんですかね、食卓に持って行く~みたいな。よく海外の食卓なんかでの映像とかにありますけれども。ま、要するに旨味とか栄養とかを逃さない鍋なんですよね。しっかり味をギュッと引き締めて。密閉性が強いっていう事ですね。
ちなみに僕はル・クルーゼの・・あの昔木村カエラさんが番組のゲストに出ていただいた時に、ル・クルーゼの黄色い鍋をプレゼントしてくれたんですね。そのル・クルーゼの黄色い・・・木村さんにいただいた鍋をずっと僕は未だに・・・使っていますね。もう野菜を入れてね、オリーブオイルだけ少し足して後はもうホント蓋するだけ。そうするともう蒸し野菜ができるんで、野菜の水分で。これだけでも野菜を食べるのにもすごく美味しいものなんですけど、何かメインの料理の付け合わせに、この野菜を横に置いたりとかね、するのも凄くいいですし、豚の塊を買ってきて、まあいろいろタイムとかローズマリーとかを入れて、オイルとかニンニクとかを刻んで入れて火にかけて、完全にこれは蒸して柔らかくしながら焼いていくっていう・・・これはまた普通にステーキを焼くのとはまたちょっと違う、蓋をしながら焼くので。これ、柔らかくできあがって豚のローストは最近ちょこちょこやったりもしますけれども。
ある程度こだわりを持っている人にとってみると、この鍋っていうのはいいんですけれども、この種類の鍋っていうのは。
う~ん・・・何かこの手の鍋っていうのは、やっぱり料理をする気になりますよね、やる気に。凄い料理っぽいじゃないですか。いかにも。時間もかけて作るものが多いですしね、蓋をしながら。
バーミキュラがちょっと気になっているんですよ。今、僕もスタッフの方も。
ル・クルーゼはさぁ、何度も言うけれどもう昔っから、ストウブとル・クルーゼってこの手の代表格じゃないですか。シャスールは・・・これ、フランス製らしいんですけど、バーミキュラっていうのがね、実はメイドインジャパンなんですよね。非常に気になるんですよね。

   *[参考までに]最強鋳物ホーロー鍋は?ストウブ、ルクルーゼ、シャスール、バーミキュラを23項目徹底比較だ!

さあ、という事で、非常に・・・全部興味ありましたね。うん・・・
僕はこのちょっと・・・鋳物鍋の中のバーミキュラ、後はこの日本茶のインストラクターのこのスウェーデン人の方ね、非常に・・僕もちょっとレクチャーしていただきたいなと。一度勉強したいですね、日本茶に関しては。
はい、あと中目黒に関しては・・これはどうしようかね(笑)まぁ覚えてたらちょっと観に行ってもいいけどね。豪華バスもありましたけれども。
もうちょっとリサーチの必要があるんじゃないのかなって気がしますけれども。
まあでも面白いいろんなリサーチネタをみなさんありがとうございました。
以上、ゴローズサーチでした。

pen今週のように集まったネタを編集長があれこれ言うのも面白いです。採用されなくても一応検討してもらえているという~提案する励みにもなりますしね。
56という数字に内心ドキッとしている吾郎とか(ポーカーフェイスで)、いろいろ説明を読みながら緑茶をいれる実験wをしている吾郎とか、結構庶民感覚で考える事のできる編集長とか、鋳物鍋を使ってローストポークを作っている吾郎とか・・・ものすごくいろいろ妄想できてしまいました。

続きを読む "編集長 稲垣吾郎 2月9日"

| | コメント (3)

2017年2月 8日 (水)

緊急対談:SMAPとは何だったのか?稲垣吾郎は・・・

chair緊急対談:SMAPとは何だったのか?稲垣吾郎は、名・編集長である
相田冬二さんと小林淳一さんの対談です⇛こちら

*与えられたシークエンスを成立させるために、それを的確に演じるのみ。役者として(作品の)“部品”になれる人。職人に近い。
つい最近、ゴロウ・デラックスの収録を終えた芥川賞受賞作家山下澄人さんが吾郎の事を稲垣さんは長年その道を歩いて来た寡黙で厳しいまっとうな職人のような人」とおっしゃってました。SMAP内での役割として、何となく努力よりも楽を選んでしまう人~のような印象づけがずっとされてきたように思うので、これはとても嬉しかったと同時に、日を置かずして「職人」という言葉が使われているのも嬉しかった。もちろん生まれ持っての素晴らしい才能があるのは前提だと思うのですが。
*ダンスを観ていても、稲垣の動きはすごくキレイ。足運びとか非常に的確でスマート、「型の人」。

吾郎のダンス~これは本人もネタにするのが良くないとも思いますが、吾郎と言えばダンスが苦手~というキャラ、でも実はとってもキレイなんです。とても嬉しい。
もちろんフィギュアのような素晴らしいスタイルも助けになっているかもしれませんが。
*クリエイターや制作側の気持ちや事情を理解して、ちゃんと開き直って演じられるし、それがきちんと画になる身体性がある。
*いろいろと一番辛酸をなめた人なのに「かわいそう」な感じがなく、どこか笑みを含み、陽性の明るさがある。

私も吾郎のお芝居とか存在自体に、陽性の明るさがあるところがとても好き。悲劇の中にもどこか滑稽さを感じさせるところが、一直線の怒りや恨みの演技(こちらの方が評価されやすいと思うが)よりも好きです。
*SMAPにおける品の良さや艶の部分を担ってきた。
*人間としての滑稽さを演じられる。
*インタビューすると頭の良さが分かる。大変頭の良い人であるが、それをひけらかさない。

ここでも吾郎の頭の良さはなかなか伝わっていないのではないか~とそこまでご存じのようでした。「借り物ではない自分の言葉」というフレーズも嬉しかった。

デビューして28年、先入観や偏見なしに吾郎の歩んできた道をきちんと見てくれて語ってくれたのがとても嬉しい。
今まではどうしても「中間管理職」だの悪役がどうだのそういうのが多かったのですが、舞台も含めて吾郎の仕事を語ってくれているのは初めてじゃないでしょうか。
とにかくネットの片隅でファンが叫んでいるのと違う、Yahoo!ニュースになっているのも嬉しいです。
是非、吾郎関連のヤフーニュースを見たら、簡単でも良いのでコメントを書きましょう!
くだらないと思わずに、せっせとコメントを書いてくれるファンがどれだけ付いているか~の指標になるからです。

book今日発売のザレレビジョン「ジャニーズフェロモン音声解析
一人ずつ話し声の分析がされています。
稲垣吾郎heart:頭の回転の速さに比例した流ちょうなトーク力。
腹式発声がしっかりできていて、ピッチを非常に上手く操りキーワードとなる単語を印象づけるのが上手。
頭の回転がとても速く話の着地点をしっかり見据えてトークを進められる。
総合して向いている仕事を分析した結果、吾郎はニュースキャスター。
以前、ゴロウ・デラックスでニュース原稿を読んだ事がありましたが、すごく上手で驚きました。原稿を読みながらカメラ目線を作るところなども上手すぎて(笑)・・・是非、ニュースキャスター役を見たいと思います。
実際の記事はもっと詳しく書いてあるので、是非読んでみてください。
16日ゴロウ・デラックスゲストは岩合さん、猫ちゃんとの写真も載ってます。

最近のシネマナビも解き放たれたように自由を感じて素晴らしいのですが、それに関してはまた今度。

| | コメント (2)

2017年2月 5日 (日)

ゴロウ・デラックス 2月2日(#236)

今週のゲストは日本でただ一人の時代劇研究家・春日太一さん。02021
という事で、番組オープニングはいつもと違う・・・
東映映画のオープニング映像っぽくしたゴロデラスタッフさんの遊び心が嬉しい。

吾郎の時代劇といえば代表的な作品は「十三人の刺客」
春日さんにも「とても評判良かったですからね」と褒められ、
「僕、芸能生活やってて一番褒められたのが『十三人の刺客』で~」と吾郎。
多くの人があげる代表作があるのは、とても素晴らしい事だと思います。

shadow春日太一さん。
父親の影響で幼少時から「七人の侍」など時代劇が大好きだった02022
日大芸術学部の大学院では時代劇を研究対象に選び、京都太秦の撮影所に半年住み込み徹底した取材を行った。
テレビシリーズの撮影を見学しながらスタッフの仕事ぶりを間近で見て、時代劇を作る上でのスタッフの創意工夫に感動。
その時に貰った数々の古い台本は春日さんの台本コレクションとなっている。
その中には、1963年公開オリジナル「十三人の刺客」の台本も。

book本日の課題図書:鬼才五社英雄の生涯
スキャンダラスで波瀾万丈の生涯、”虚実ハッタリ入り混じった何もかも極端な生き方に惹かれて、どうしても春日さんはこの本を書きたかった。
五社監督は日本放送に入社、後にフジテレビ創立時にフジテレビへ出向、テレビ演出家の道を進む。
黒澤明監督に憧れ、テレビ時代劇ドラマを作った。
テレビドラマ「三匹の侍」が大ヒット、後に映画「三匹の侍」を撮る。日本でテレビ局の局員として初めて映画を作りテレビディレクターから映画界への転身のパイオニア。
当時はテレビより映画の方が上だったので、助監督などスタッフの反発があったが、毎日白スーツで登場し撮影で泥だらけになって一生懸命さもアピール。
映画でも大成功を収め、ヒット作品も次々に作ったが、その後家庭内のトラブルと知人から身の事件で全てを失う。
1982年映画「鬼龍院花子の生涯」02023
復活の作品にかける強い気持ちは台本の書き込みの量からも伝わってくる。
ヒロイン役がなかなか決まらなかったが、夏目雅子さんが自ら名乗り出たというドラマのようなエピソードがある。
この映画で夏目さんの有名な台詞
「なめたらいかんぜよ」は、実は台本には書いてない。
今までアクションの監督だったので、東映内では情念の世界を描いたこの作品を撮れないのではないかと言われていた~そんな中での五社監督の心からの叫びが「なめたらいかんぜよ」だった。

吾郎:「新しい映画もいいけれど、古い映画も見直したりとかも必要。若い人達にも見てもらいたい」
春日:「今と全然違う文化の中で、人間の求めている情念とかワクワクするものってそんなに変わらない~それをとんでもなく本気でやっている人達の世界だから、(今の若い人達も)心を打つと思う。」

春日さんの時代劇に対する熱い思いに吾郎もいつもより情熱的に語り、最後に「感動した」と。

以下は春日さんがゴロウ・デラックスについてTwitterで呟いてくださったものの一部です。

稲垣吾郎さんとは「十三人の刺客」だけでなく「炎立つ」の話もしました。「あれも知ってくれてるんですね!」と、とても喜んでくれました。 あと、最後に「役者のあるべき姿を教えてください」と稲垣さんに聞かれた時の私の返答とか、まだまだ見所はあります。 ただ、放送分も見事な編集でした。

話した内容に対して稲垣吾郎さんはいつも的確なリアクションをしてくださるので、こちらもかなり乗って話すことができました。
 

「ゴロウデラックス」収録終了後に稲垣吾郎さんが食い入るように読まれていたのが、こちら 「役者は一日にしてならず」|小学館 shogakukan.co.jp/books/09379869 先日亡くなられた平幹二朗さん、松方弘樹さんを含む名優16名へのインタビュー集。生き方の参考になる本です。

pen吾郎からの質問「役者のあるべき姿」についての春日さんの返答がこの本だったと思います。
昨年辺りからそして今年に入ってから特に、芝居に対する意気込みを遠慮せずに前に出すようになった吾郎。
「役者は一日にしてならず」を読んでどのように感じたか、これから黙ってお仕事への姿勢で見せてくれると思っています。

 

| | コメント (2)

2017年2月 3日 (金)

編集長 稲垣吾郎 2月2日

2月2日号【目次】
clip今週の特集 
チョコレート】今年のバレンタインチョコのトレンドは~スタジオから編集長による食レポ♪
*編集長の寝姿♡
*ストパーをかけちゃうぞ!中居くんには気をつけて♪
*
After The Lights/sweetbox
*
White Message/SMAP
*
Desperado/Eagles 映画「十三人の刺客」のイメージソング

稲垣吾郎です。
僕が編集長となって皆さんと一緒に女性誌を作っていくというラジオ番組、今週はどんなネタが届いているのでしょうか。
さあ、それでは編集会議を始めよう。

【GORO's Column】 
Columnメールをご紹介します。東京都のマンゴーサボさん。
loveletter吾郎編集長、お疲れ様です。吾郎さんは寝る時にはどんな姿勢で寝ていますか?私は仰向けで両手をばんざいした状態で寝ています。このポーズが楽なのです。埴輪のようだと言われる事もあります。ちなみに実家の父も娘も親子3代で埴輪ポーズです。吾郎さんは仰向けですか?うつぶせですか?それとも埴輪ポーズですか?
いや、これは珍しいですね。マンゴーサボさん、ばんざいした状態で寝るって・・・しかも親子3代って笑えますね、これ。何なんでしょうね。肉体的に何か遺伝してるんでしょうかね。その格好が楽だという身体的なもの・・・でも基本的にはあれですね、両手をばんざいしてるって肩甲骨のストレッチになってますよね。よくストレッチをすると腕を伸ばされるじゃないですか。そういう事なのかな。肩甲骨寄せる・・・両方肩甲骨が寄ってくるので、これ何となく本能的にストレッチをしてるんでしょうかね。
よく寝てる時に寝返りをうったりとかってよくするじゃないですか。あれって何か自分自身で体を整えて整体をやっているともよく言いますよね。
僕は基本的にはホントに穏やかに、もちろん仰向けでキレイに寝る・・多分・・タイプなんじゃないかって自分では思っているんですけど、あんまり寝返りもうたないタイプなんですよね。
ただあのぅ上半身はキレイに寝てると思いきや、足だけちょっと寝ながらあぐらをかくようにしてたりとか・・・はい、いろいろありますけど。
埴輪はかなり・・・これは珍しいですね。
以上、ゴローズコラムでした。

musicAfter The Lights sweetbox

【GORO's Search】
さあ、ゴローズサーチに届いたメールをご紹介します。神奈川県にお住まいのアクアブルーさんです。
loveletter吾郎編集長、今年もバレンタインシーズンが到来し、店頭では美味しそうで華やかなチョコレートが並んでいて、ついつい自分用に買いたくなってしまうのですが、自分でチョコを買い自分でそのチョコを食べるのもちょっと哀しいかな~と思うと食べてみたいチョコを手にする事がなかなか出来ず、毎年バレンタインデーはバレンタインコーナーを見て終わってしまいます。
う~ん、そうですね。そろそろシーズンですね、バレンタインねえ、やってきましたけれども、まぁ女性の方は結構ざわざわしてくるシーズンですよね。男もちょっと期待してしまう季節ですけれども。ま、バレンタインデーというとね、女性が男性に告白する、告白できる日というね、そういうイメージがあったんですけれども、まぁいつ頃からか義理チョコとかね友チョコとかね、いろいろ言い方ありますけれども、それが当たり前の様になり、最近は好きな男性に告白のためにチョコレートを送るとか、付き合ってる彼氏にチョコレートを送るとか言うよりも、チョコのお祭り・・になったそうですね。
去年、松坂屋大丸百貨店でも「彼には愛を。チョコは私に」という(笑)キャッチフレーズで、ご褒美チョコの需要を掘り起こそうとしていたそうです。
そういう事でですね、今年2017年、今年のバレンタインデーのトレンドはどんなものか興味深いですよね。
という事で本日は大丸東京店の営業促進部の西野きょうこさんにお話を伺います。

[吾郎]もしもし
[西野]もしもし、にしのです。
はじめまして、稲垣です。
はじめまして~というか、いつもテレビで拝見してるので(笑) (ありがとうございます)とてもはじめましてとは思えないのですが。
はい、ありがとうございます、今日は出演していただいて。
光栄です、ありがとうございます。
はい、あのぅ・・今ちょうどご紹介させていただいたんですけど、やっぱ、あれなんですか?告白するためのアイテムではなくて、女性が自分へのご褒美としてチョコレートを買うっていうのはトレンドなんですか?
もう、ホントにそういう方が流行ってて、今日一日私頑張ったよね~っていうご褒美でやっぱり美味しいチョコレートをちょっと・・というような感じの方々が増えています。
そうですよね、僕もチョコレートって・・昔甘い物あんまり好きじゃなかったんですけど、最近すごい好きなんですよ。
あっ、そうですか~
はい、あのお酒がやっぱ好きで、あのワインが好きとか言ってるんですけど、何かお酒好きな人って甘い物ってあんまり好きじゃない人多いじゃないですか。(はい)でも僕も結構甘い物には抵抗がず~っとあったんですけど、最近なんかこういう高級チョコっていうのかなぁ、やっぱ素晴らしいじゃないですか、一つ一つ。僕も何かたまに買いにいったりするんですよ。
(そうですか?)はい、そうすると、ほとんど女性客。

そうですね、でも最近は甘い物をご自身で買われるスイーツ男子という方も増えておられて・・(そうですか) はい、事前にお電話でお問合せ頂くのは実は女性よりも男性がちょっと増えてきてるんです。
あ、そうなんだ。それは男性が女性へのプレゼントというよりも、みんなそれも自分自身へのご褒美という・・
だいぶ入念に考えておられてカタログに載ってるこれは、どんな味だろうとかどんな感じだろうというような事をおたずねになられる、で詳しくホントに・・逆に勉強されてて教えて頂く事もあったり、男性の方の凝り具合は本当に凄いですよね、やはり。
あ、そうなんですか。ねぇ・・ちなみに西野さんはワインもお好きなんですよね。
そうなんです、実は稲垣さんと同じシャンパーニュ騎士団を私も頂いておりまして。
はいはい、凄いですね。
あの~ワインはだいぶ・・チョコレートも大好きですけどワインも大好きです。
へぇぇぇ~やっぱりワインとチョコレートって合いますよね。
はい、相性も凄くいいので・・・楽しいですよね、ホントに。
そうなんだ~~今まで全く無かったですけど。ワインは好きだったけどチーズとかね料理だっていうのは当たり前なんですけれども、何かチョコレート合うなって気付いたの僕も結構最近で。
具体的にどういうものが合うと言われているんですか?ちょっとビターなものが合うの?

苦みがきいたものと濃い赤ワインであるとか、少しフルーツの入ったようなものと例えばシャンパーニュであるとか、おんなじ雰囲気のお酒、おんなじ感じのものが相性としてはいいかと思うんですよ。(なるほど~)
今日はたくさん試食をお手元の方に届けさせていただいているので、是非ちょっと見ていただければなぁと思うんですけど。

そうですね、ちょっと何かいろいろと・・・あって。カタログ見るだけでもね、大丸さんのね、ちょっと種類が多すぎて分かんないよね、これ。
今回は特に3種類くらいこんな感じが今年の流行~みたいなものをピックアップさせていただいているので・・(分かりました)ちょっと心にとめて頂けたらなと思うんですけれども。(はいはい)

*長くなってしまうので、食レポは「続きを読む」からどうぞ。

続きを読む "編集長 稲垣吾郎 2月2日"

| | コメント (3)

« 2017年1月 | トップページ | 2017年3月 »