« ゴロウ・デラックス 2月2日(#236) | トップページ | 編集長 稲垣吾郎 2月9日 »

2017年2月 8日 (水)

緊急対談:SMAPとは何だったのか?稲垣吾郎は・・・

chair緊急対談:SMAPとは何だったのか?稲垣吾郎は、名・編集長である
相田冬二さんと小林淳一さんの対談です⇛こちら

*与えられたシークエンスを成立させるために、それを的確に演じるのみ。役者として(作品の)“部品”になれる人。職人に近い。
つい最近、ゴロウ・デラックスの収録を終えた芥川賞受賞作家山下澄人さんが吾郎の事を稲垣さんは長年その道を歩いて来た寡黙で厳しいまっとうな職人のような人」とおっしゃってました。SMAP内での役割として、何となく努力よりも楽を選んでしまう人~のような印象づけがずっとされてきたように思うので、これはとても嬉しかったと同時に、日を置かずして「職人」という言葉が使われているのも嬉しかった。もちろん生まれ持っての素晴らしい才能があるのは前提だと思うのですが。
*ダンスを観ていても、稲垣の動きはすごくキレイ。足運びとか非常に的確でスマート、「型の人」。

吾郎のダンス~これは本人もネタにするのが良くないとも思いますが、吾郎と言えばダンスが苦手~というキャラ、でも実はとってもキレイなんです。とても嬉しい。
もちろんフィギュアのような素晴らしいスタイルも助けになっているかもしれませんが。
*クリエイターや制作側の気持ちや事情を理解して、ちゃんと開き直って演じられるし、それがきちんと画になる身体性がある。
*いろいろと一番辛酸をなめた人なのに「かわいそう」な感じがなく、どこか笑みを含み、陽性の明るさがある。

私も吾郎のお芝居とか存在自体に、陽性の明るさがあるところがとても好き。悲劇の中にもどこか滑稽さを感じさせるところが、一直線の怒りや恨みの演技(こちらの方が評価されやすいと思うが)よりも好きです。
*SMAPにおける品の良さや艶の部分を担ってきた。
*人間としての滑稽さを演じられる。
*インタビューすると頭の良さが分かる。大変頭の良い人であるが、それをひけらかさない。

ここでも吾郎の頭の良さはなかなか伝わっていないのではないか~とそこまでご存じのようでした。「借り物ではない自分の言葉」というフレーズも嬉しかった。

デビューして28年、先入観や偏見なしに吾郎の歩んできた道をきちんと見てくれて語ってくれたのがとても嬉しい。
今まではどうしても「中間管理職」だの悪役がどうだのそういうのが多かったのですが、舞台も含めて吾郎の仕事を語ってくれているのは初めてじゃないでしょうか。
とにかくネットの片隅でファンが叫んでいるのと違う、Yahoo!ニュースになっているのも嬉しいです。
是非、吾郎関連のヤフーニュースを見たら、簡単でも良いのでコメントを書きましょう!
くだらないと思わずに、せっせとコメントを書いてくれるファンがどれだけ付いているか~の指標になるからです。

book今日発売のザレレビジョン「ジャニーズフェロモン音声解析
一人ずつ話し声の分析がされています。
稲垣吾郎heart:頭の回転の速さに比例した流ちょうなトーク力。
腹式発声がしっかりできていて、ピッチを非常に上手く操りキーワードとなる単語を印象づけるのが上手。
頭の回転がとても速く話の着地点をしっかり見据えてトークを進められる。
総合して向いている仕事を分析した結果、吾郎はニュースキャスター。
以前、ゴロウ・デラックスでニュース原稿を読んだ事がありましたが、すごく上手で驚きました。原稿を読みながらカメラ目線を作るところなども上手すぎて(笑)・・・是非、ニュースキャスター役を見たいと思います。
実際の記事はもっと詳しく書いてあるので、是非読んでみてください。
16日ゴロウ・デラックスゲストは岩合さん、猫ちゃんとの写真も載ってます。

最近のシネマナビも解き放たれたように自由を感じて素晴らしいのですが、それに関してはまた今度。

|

« ゴロウ・デラックス 2月2日(#236) | トップページ | 編集長 稲垣吾郎 2月9日 »

Goro」カテゴリの記事

コメント

サイトーさま

こういう対談や雑誌で取り上げられている吾郎さん記事をブログに上げていただき、いつも感謝しています。ともすると軽く見過ごしてしまいそうな記事の中に大事なメッセージが込められていることがありますね。ファン歴が長いと、表面的な事に目がいって、吾郎さんの持っている内面的凄さを見過ごしてしまっている・・・芥川賞作家の山下さんの吾郎さん評には、はっとさせられました。さすが作家さんですよね!見る観点と表現が素晴らしい。相田さんと小林さんの対談は多くの吾郎さんファンが感じていたことをやっとお二人が表に出してくださった感がします。今まで何故語られてこなかったのか疑問ですが、吾郎さんが人知れずしてきた努力や磨いてきた知性がこういう形で記事になり、多くの人の目に触れる事は嬉しいですね。今まで相当誤解されて報道されたこともありますから。音声分析の事も載せてくださり感謝!!舞台で鍛えた複式呼吸の発声は1か月の舞台公演でも最後まで声を嗄らすことなくやり遂げていて凄いですよね。頭の回転の速さの記事にも納得です。

「ゴロウ・デラックス」の放送後、BOOK Bangの配信する記事が、Yahooニュースに載ります。必ず読んで感想を書くことが少しでも全国放送の流れに役立てばと思っています。

投稿: あや | 2017年2月 9日 (木) 20時29分

chairあやさま
コメントありがとうございます。
この記事は嬉しいですね。
吾郎さんの場合、SMAPでいる時はいつもヲチでしたし、なかなか見えないところまで感じ取ってくれる人は多くなかった・・・今になって~もう少し速ければとも思いますが、無理だったのでしょうか。
ただこの数年で、吾郎さんについては今まで積み重ねてきたものが一気に花開いた感じがします。
ゴロウ・デラックスに出演される方は初対面でも長い時間お話をするので、職業上鋭い感性で吾郎を見てとても褒めてくださる方が多くて感激します。
音声分析については、毎週ラジオレポをしていて本当に感じる事だったので、なるほど~と思う事ばかり。
これも、生まれつきの頭の良さに加えて、いつも助言を率直に聞いて取り入れ精進してきた結果ですよね。
これからも、ひたすら応援していきたいです。

投稿: サイトー | 2017年2月10日 (金) 15時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ゴロウ・デラックス 2月2日(#236) | トップページ | 編集長 稲垣吾郎 2月9日 »