« 1月2月ノート(復活) | トップページ | ゴロウ・デラックス 3月16日(#242) »

2017年3月17日 (金)

編集長 稲垣吾郎 3月16日

3月16日号【目次】
clip今週の
【GORO's Search】ゴローズサーチ特集ネタ編集会議
*神の手の整体師さんによって整えられた編集長のその後!
*
中居くんが嵌まった海外ドラマ
*
Time After Time /Cyndi Lauper
*は
じまりのうた
/SMAP
*
眠れぬ夜は君のせい/MISIA 連続ドラマ「恋愛偏差値」の思い出

稲垣吾郎です。
僕が編集長となって皆さんと一緒に女性誌を作っていくというラジオ番組、今週はどんなネタが
が届いているんでしょうか。
それでは編集会議を始めましょう。

【GORO's Column】 
コラムメールをご紹介します。埼玉県ののどかさん。
loveletter
神の手を持つ整体師さんによってシンメトリーメンズに生まれ変わった編集長吾郎さん。あれから数ヶ月が経ちますが、その後股関節の具合はいかがですか?この話をしていた時に、吾郎さんは「春までに座禅が組めるんじゃないかな」「開脚がペタッと出来るんじゃないかな」とワクワクしていましたが、長年の願いは叶いましたか?あまりに体が整うと編集長がプロゴルファーに転職してしまうのではないかと少し心配でもあります。
はい。その通りでございます。ねぇ、シンメトリーメンズになりたくて。
やっぱりねぇ!人間モテる秘訣っていうのはシンメトリー、いかにシンメトリーかという事ですからね、人間に限らず動物全て。男である以上ね、シンメトリー・・まぁ男に限らず生きとし生けるものとしてはやっぱりシンメトリーが正しいので。はい、目指していますけれども。
まだ、いまだに座禅は組めてないです。これね、春までには・・・訂正します。やっぱりさすがにそれは無理。うん・・・それはちょっと厳しいかな。(笑)あの・・かなり、行ってはいるんですけど、やっぱりねぇ時間が少し・・・かかりますね。
うん・・・ちょっと多く・・言い過ぎましたね。当初。
まぁホント、徐々に徐々にやっていきたいな、と。
結構ね・・身長3~4センチ伸びる方、多いんですよ。普通に。40代過ぎてから。
ホントですよ(笑)、あんまりラジオでこういう事言うと誤解されちゃいそうですけど、やっぱり体が整ってくると背骨の骨と骨の間の隙間がだんだん広がっていくんですって。1個1個の骨がどんどん・・・こう、何て言うのかな、積み木を重ねているようになっているじゃないですか、背骨って。この間がどんどんどんどん縮まっていっちゃうんですって。この間をだんだん広げていく事によって体がまた整っていくんですって、背骨が真っ直ぐに。そうすると1ミリずつでも伸びていくと骨の数から考えるとトータルで2~3センチは背が伸びる事も可能だという。
まぁでもね、あのホントに体を整えるっていう事、人間として正しいと思うので、う~ん。
でも間違い無くプロゴルファーに転職は出来ないですけどね。
はい、でもゴルフも楽しくしたいですし、体やっぱり整えて春ぐらいには・・開脚はちょっと言い過ぎてしまいましたけれども、ま、でも凄く絶好調ですね。
顔なんかも凄くいいですしね。顎のこういう・・いわゆる顎関節とか。あの僕なんか、前・・番組とかでちょっと話しましたけれども、多少一過性の顎関節症みたいな所があって、たまにちょっと痛くなるんですね、この顎関節・・耳の横の骨のところが。これもだいぶなくなってきて。
顔もすっきりしますしね。顔は結構・・・最近、ちっちゃくなってるんですよね。はい。あの・・・これ自分で言う事じゃなくて、みなさんに指摘していただいて「・・・そおぉ?」みたいな感じがいいんですけど。自分で(笑)アピールしちゃいましたけれども。やっぱり顎の周りとかに何か余計なものが・・リンパ液とかそういったものが溜まったりすると、やっぱ顔もむくんできますし、やっぱりこういうのをすっきりさせていく事が・・まぁ、いわゆる小顔エステとかさ、小顔矯正とか言うじゃないですか、ああいう事と一緒なんですよね。
その顎関節の左右差をホントに無くしてバランスを整えていくと、やっぱり余分な筋肉もなくなって顔もスッキリしてくるという・・・うん、そういう事らしいんでね。
何か最近は体を整えるために時間があると整体師さんの所に行ったりしているんですけれども。
ちょっと皆さん、僕の開脚楽しみにしててください(笑)。
以上、ゴローズコラムでした。

penゴロウ・デラックスの吾郎さん、ますますお肌にハリが出てつやっつや。
お髭大好きなんですけど、一度お髭を剃って眼鏡を取ってそのますます整ったお顔を隅々までちゃんと見たいなぁ。
是非、早いところ舞台ででもお会いしたいですheart

musicTime After Time  Cyndi Lauper

【GORO's Search】
本日は皆さんから寄せられたゴローズサーチの特集ネタを元に編集会議をいたします。
ラジオネーム神奈川県スマ支部ピンクの焦げ猫さん。
loveletter
編集長はグランピングという言葉を知っていますか?グラマラスなキャンピングの造語だそうです。テントの中にまるでホテルのようなお洒落なインテリアにベッドも完備、食事は手ぶらでできるバーベキュー。名前の通り自然の中で豪華なキャンプが出来るんです。最近では気軽にできるアウトドアという事で女子会などに使われていたりして、今の寒い時期にも週末になればテントが埋まるほどだそうです。吾郎さんにもその豪華さを味わって欲しいです。
いいですね~これ。グラマラスなキャンピング。
う~ん・・・何か非常に矛盾してるような感じもしますけれども。そもそものキャンピングの趣旨と全く逆行してるんじゃないのかなって・・ねぇ。
でもいいですよ、その矛盾が。う~ん・・・分かります分かります。
それ、楽しそうですよね。うん・・外は・・虫が飛んでても雨が降ってきても、中はホント快適に過ごせるっていう、まぁ、いいとこ取りですよね。
うん、分かります分かります、これは、この感覚は。非常に興味ありますね。
だから何かいわゆる東南アジアとかに多い高級リゾートグループ!アマンリゾートグループとかあるじゃないですか。アマンとか。アマンとかでもありますよね、こういうの。
へぇ~~~
(このへえ~~え♪がすっごく可愛かった)いやいや、ちょっとコレ興味ありますね。日本であるんですかね。日本であるんですね。
いいよね、でもね、ホントのキャンプだと怖いもんね、オオカミとか出てきたりね。(笑)何か分かんないけど(笑)オオカミいないか。
ホントのキャンプだったら、だって女性だけだったら不安な事もあるでしょうし、ちょっとこういうアウトドア感覚を楽しむっていうのは、女性とか好きそうですよね。ちょっと見てみたいですね。

   *国内でグランピングが体験できるスポット20選
   *アマンリゾート全27ホテル

penグランピングは、ラジオでのリサーチではなく吾郎にロケに行ってもらっての映像がいいわ~5人旅の次はグランピングでも良かったのに。まあ、今更ですが。
キャンプと言えば虫、な吾郎は今でも健在・・・と思ったら、オオカミ出た!
笑いながらオオカミいないかって自分につっこむ所までがセットなんですね。
グランピング知らなかったのでググってみたら、本当に素敵!(写真の撮り方にもあるとは思いますけどw)
ついでに最近お気に入りみたいなアマンリゾートも貼っておきました。
吾郎はこっちの方が似合うかなぁ、やっぱり。

*まだまだ続きます→「続きを読む」

続いて、東京都にお住まいのめぐみさんです。
loveletter
最近、日本画が流行っているようですが、一見違うデジタルアートで浮世絵を楽しむのはいかがでしょうか。スーパー浮世絵江戸の秘密展素敵でした。江戸の日常の生活やお洒落、芝居見物、吉原、妖怪など各テーマ毎に数枚の浮世絵を組み合わせた映像と、らぶりんの解説が楽しめる展示会です。お薦めは吉原のコーナーです。中央を花魁が歩き、周りにいる遊女は前を通ると口が動いたりウィンクしたり、とても楽しいので是非編集長も行ってみてください。
へぇ~~~何かデジタルアートで浮世絵を楽しむっていうのは何かバーチャル的な楽しみが出来るって言うんでしょうか、これ。ふぅぅぅ~~ん・・・
まぁ江戸の街を体感できるって事なんですよね、要は。ふぅぅぅ~ん・・・江戸っ子たちの粋なファッション、・・・いいですね、吉原で伝説の遊女と恋に落ちるっていう。
これはこの特設会場でさ、茅場町にある、うん、これは・・ま、だから江戸の街を体感する・・立体空間として体感できるって事なんですよね。
うん、でも何かいいですよね。あの・・江戸に興味ある方とかは。う~ん、非常にいいんじゃないかなっていう。楽しそうですね。
   
*スーパー浮世絵江戸の秘密展

続いて大阪市大阪支社のスマ部所属ライターのえりんぎさんです。
loveletter
編集会議にかけてもらいたいネタを見つけました。有坂塁さんという方がやられているキノ・イグルーという団体です。移動映画館をされているんです。場所は雑貨屋さんやパン屋さんなどで、敢えて映画館じゃないような場所で、映画離れが進む中、あまり見ないような方にも映画に触れる機会を持って欲しいという事で始められました。
へぇ~~~移動映画館!ふ~~ん、パン屋さんとかで?雑貨屋さんとかで・・・ふ~~ん。
スクリーンとか、これどうなるんでしょうかね。・・でもいいですね。プロジェクターみたいな感じなんでしょうかねぇ。何か面白い試みなんじゃないのかなと思いますし、イベントとしては。
あと、何かいろんな映画を紹介できそうですよね。そういうバジェットとか関係なくね、まぁビジネスの事とか関係なく、インディーズのものとかね。
ふ~~ん、映画を盛り上げるという意味では凄く面白い企画なんじゃないかと思いますけれども。
   
*キノ・イグルー
という事で、今日はゴローズサーチの特集ネタを元に編集会議をしました。
以上、ゴローズサーチでした。

【Goro's Break Time】
山口県ニコさんからのリクエストメールです。
loveletter
編集長こんばんは。早速ですがSMAPの「はじまりのうた」をリクエストさせてください。東日本大震災から6年目を迎えると思いますが、復興支援に向けて少しでも協力ができればと僅かながらではありますが、募金を続けています。同じように応援を続けているリスナーの方、そして何よりもラジオを聴いていらっしゃる被災地の皆さんへの力強いエールになると思うので、よろしくお願いします。
ニコさんからのリクエストです、SMAPで「はじまりのうた」

musicはじまりのうた SMAP

【Goro's Essay】
ゴローズエッセイでは仕事の話やプライベートの話にお答えします。大阪支店新人のシルクピンさんです。
loveletter
編集長こんばんは。先日中居正広さんがラジオにて「入院した時に海外ドラマ24を見てからすっかり嵌まってる。嵌まりすぎて口調がジャック・バウワーになってしまう」と話しておりました。映画をよく観られる吾郎編集長ですが、海外ドラマは見られますか?ちなみに何かお薦めの作品があれば教えてください。
・・今更?って言う(笑)ふふふ・・・いやいやいや(笑)それは言ってはいけないですけど。
でも24って・・・今でもやってる?もうseason8とかです?凄いですよね、多分。
ねぇ!はい。いやいやいや、でもやっぱり海外ドラマのさきがけですものね。これね、僕パート1かパート2くらいまでは見たと思うんですよね。
確かに面白いよね、24って。
どんなタイミングで(笑)・・何で24を(笑)・・・急に。
でもアレでしょうね、入院してたのでお友達とか・・お見舞いとかであれなのかな、頂いたりとかしたのかな、DVDとか。それか病院の・・ね、テレビでやってたとか・・分かんないですけど。
ほぉぉう!でも確かに好きそうですよね。こういうエンターテインメントもの、はらはらドキドキ・・やっぱり作りホントに上手いですし、やっぱり衝撃的でしたものね、このドラマ出た時。
絶対好きだと思うし、分かりますよ、それは。
へぇぇ!今、口調がジャック・バウワーになってても周りの方は誰も気付かないでしょうね。
でもこれいいよ、だって、これホントにseason8くらいまであるんじゃないかなぁ。楽しみずっと続きますよね。
(笑)あの・・別に冷やかしている訳じゃないんですけど。(笑)へぇぇぇ~~
いや、僕もまた観たいなぁ。ねぇ!長いよね、これ絶対シリーズ・・・でもこれ一気に見ようと思うとさ、買おうと思うと結構高いよね。これは借りていいんじゃないかなぁ。こんな・・・多いもんねぇ、本数が。本数全部買うとなると値段凄いものね。そこ心配になっちゃうんですけどね。
・・・面白いですね、24。
あと何だ・・・僕ね、実はごめんなさい、上からものを言ってる感じですけど、あんまり海外ドラマ知らないんですよ、僕も。はい、あの24は見たって感じなんですけど。
でも何かよく言いますよね、海外ドラマ嵌まるってね。医者ものかいっぱいあるんでしょう?逆に教えてください、お薦め。ホントにね、映画好きとか言えないくらい知らないですよ、僕、海外ドラマって。恥ずかしいくらいに。
韓流の・・・韓国の作品とかも分かんない・・・映画・・やっぱ映画ばっかだし、映画観るお仕事をさせてもらっているので、それに追われているので。
なかなか・・・はい、そうですね!
いや、ちょっと僕も嵌まりたいです。僕も何か口調が変わってしまうくらい影響されたいなって感じもあるので。皆さん何かあれば教えていただけるといいかなという。
以上、ゴローズエッセイでした。

pen中居くんの本の好みに続き、好きなドラマの傾向をも分析する編集長。
いやいやいやいや・・・楽しいというか微笑ましいというか。
海外ドラマは大好きで結構見ていますが、時間がある人じゃないとなかなか続けて観られないですよね。吾郎さんは映画を極めていただければ~なんて個人的に思っちゃいます。

【GORO's Music Library】
loveletterMISIAさんの「眠れぬ夜は君のせい」をリクエストします。ドラマ「恋愛偏差値」の主題歌で暑い夏を忘れさせてくれるようなしっとりした曲調が好きでした。吾郎さんの演じる夏目くんのツンツン具合もたまらなく、「ヨイショの男」からの演技の振り幅に当時驚くと共にときめきました(読みながら楽しそうに笑う吾郎)。吾郎さんの恋愛物もまた見てみたいです。

music眠れぬ夜は君のせい MISIA

「ヨイショの男」からの演技の振り幅っていうのが面白いとこですね、これは。確かに同じ年ですよね。20001年・・2002年でしたね、う~ん。そうかぁ、懐かしいですねぇ・・・まぁ、つい最近の事のように僕は感じるんですけれども。
う~ん・・常盤貴子さんと、ね、やらせていただいて。
要するにツンツンツンツンした男でしたね。
4話完結で凄い面白いドラマの・・連続ドラマとして面白い試みで、何かまたああいうドラマがあってもいいんじゃないかなって。3本立てになっているんですよね、4話完結で。だから主人公が3人いるっていうか、まぁ3作品があるんですね、当時まぁ常盤貴子さんと中谷美紀さんと柴咲コウさん、3人やられたんですね。
覚えていますけどね、代官山で結構・・夜中の結構遅い時間までロケやってて、いやぁ、真夏の暑い日だったので、確かにこのMISIAさんの曲がちょっとその・・ひんやりさせてくれるような・・そんなイメージありましたけれど、懐かしいなぁ。

pen「恋愛偏差値」、きっと吾郎ファンなら大好きなのではないでしょうか。
まさに吾郎!ツンツンツンツンなんだけど寂しげな瞳が、これは何かあると思わせておいて・・・やっぱり生い立ちにありましたね。でも女の子(心だけでもww)だったら好きな設定てんこ盛り。しかもビジュアル的に満点なドラマ。
2章(吾郎さんの出ている話)最終話で急遽決まったという長セリフ(パーティーでの挨拶)がありまして、エキストラで出演していた知り合いが「最初から全くノーミスな吾郎さんに驚いた」という報告をもらった事が忘れられません。
もう一つ、吾郎は次の章で使うワインの監修もやったというエピソードもありました。
ピアノを弾く吾郎も素敵、キスシーンも美しい・・・
今の吾郎さまで、是非是非しっとりした恋愛ものを!

皆さんからのメッセージをお待ちしております。
季節感のある話やちょっと僕に聞いてみたい事がある方は、
Goro'sColumnへ。
特集コーナーに取り上げて欲しい事があれば、
Goro'sSearchへ
リクエストは、
Goro'sBreakTimeに。
お仕事やプライベートな話題は
Goro'sEssayへ。
メールアドレスは、
goro@joqr.net 、お葉書の方は郵便番号105-8002 文化放送「編集長 稲垣吾郎」まで。
お相手は吾郎編集長こと、稲垣吾郎でした。
それでは、また来週!バイバ~イ♪

clip編集後記、メールの宛先などは、こちらから⇛編集長 稲垣吾郎

|

« 1月2月ノート(復活) | トップページ | ゴロウ・デラックス 3月16日(#242) »

吾郎ラジオ」カテゴリの記事

コメント

毎週木曜日9時、「編集長稲垣吾郎」のタイトルコールと吾郎さんの声を聞くとどういうわけか安心します。何事も無かったかのようにリスナーの要望に応えてSMAPの歌を流し、メンバーの話を楽しそうにする吾郎さんの冷静沈着で暖かみもあるコメントを聞くと、マスコミの心無い記事で時々揺らぐ自分の気持ちが恥ずかしくなります。

吾郎さんファンの投稿は素晴らしいですよね。今回も、GORO'S Searchに取り上げられた案件はどれも甲乙つけがたい内容でした。デジタルアートで浮世絵とか、移動映画館とか、皆さんの情報収集力の見事さに感心しました。興味や趣味の持ち方の質が高いですね。さすが吾郎さんファンです。そういうファンの投稿に、さらに内容を充実させて自分の考えを自分の言葉で語ってくれる所にこの番組の魅力があるのだと思います。
ミーシャさんの曲からの「恋愛偏差値」の話も語っても語り尽くせない話題が満載!本当に彼のファンで良かったとしみじみ思う今日この頃です。

感想、要望と共に、編集後記を読む為にHPの訪問も大切ですね。

投稿: あや | 2017年3月17日 (金) 19時59分

eventあやさま
コメントありがとうございます。
吾郎さんのラジオ、本当に癒やされますね。
いつも大丈夫と言っているような温かさで包んでくれますが、最近昨年のSMAPXSMAPを編集していたら、年末に向かってどんどんどんどん痩せていく吾郎さんがいて、きっと自身の中では本当に大変だったんだろうなと思いました。
愚痴や言い訳を一切言わない吾郎さんですから、精神的苦痛はどれほどだったか。
そんな時でも、いつも同じにラジオを続けてくれた吾郎さん、それに対して私たちが出来るのは応援すること、無理をしない範囲内で労力を惜しまずに応援していこうと改めて思いました。

リスナーからのお便り、本当に優秀ですね。
それぞれを調べてみて、どれもこれも面白そうでビックリ。
番組の構成も、各コーナーでいろいろ発展できる可能性を秘めていて、本当に素晴らしいです。
文化放送さんにも番組スタッフさんにも感謝の気持ちでいっぱいです。
そして、いつも楽しそうにお喋りをしてくれる吾郎さん、毎週毎週更に好きになっています。
私たち、本当に幸せですね。

投稿: サイトー | 2017年3月17日 (金) 21時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 1月2月ノート(復活) | トップページ | ゴロウ・デラックス 3月16日(#242) »